検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

9件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
あがり症で電話が怖い…そんな人の克服法
あがり症にはいろいろな症状があります。人によってどんな症状があるかも個人差があります。あがり症の代表的な症状の中の一つに、電話恐怖症があります。電話恐怖症とは文字通り、電話を受けるのが苦手、恐怖を感じてしまう症状のことです。電話で話している声を周囲に聞かれているのではないか、と不安に感じます。自分の電話の話し声を職場の同僚がきいているかもしれないと思って、それがプレッシャーになってうまく話せなくなってしまいます。またその不安から電話を取るのも恐怖になって、電話に出られない人もいます。

ほかの業務に関しては問題なくこなせているので、電話対応のできないのが余計に目立ってしまいます。電話対応ができずに周囲から白い目で見られているのでは、と思って窮屈な思いをしている人も少なくないようです。

電話恐怖症をそのままにしていると日常業務に支障をきたしてしまいます。電話恐怖症ですが、まずは意識を自分からずらしましょう。電話恐怖症は「自分の話し声や言い方が変ではないか?」「周囲からバカにされているのではないか?」と思うことによって生じます。この自分への意識のベクトルを別の方向に向けるように努めましょう。

そもそも電話は受話器の向こう側との相手とのコミュニケーションです。ですから意識すべきは相手であるべきなのです。相手は何か用事があって、あなたに電話をかけている事実を忘れてはなりません。「電話の相手は誰なのか?」「どんな要件か?」「相手の要件に対して自分ができることは何か?」このようなことを考えましょう。そうすれば、相手のことが頭の中で占めるウエイトが増えて、自分への意識は軽減されるでしょう。

それでもまだ自分に意識を向けてしまうというのであれば、電話対応で定番のフレーズを頭で暗証しましょう。英会話のレッスンの時、最初のうちはグダグダになるでしょう。これはまだ英語の語彙力がまだ多くないので何から話せばいいのかわからないからです。しかし「ちょっと待っていただけますか?」「辞書で調べてもいいですか?」「それはどういう意味ですか?」「スペルで言ってもらえますか?」といった困ったときの定番のフレーズがあると、会話の途切れることもなくなります。

ですから電話応対するときの定番のフレーズを頭の中で思い出してみましょう。もし緊張して頭が真っ白になってしまうのであれば、箇条書きにしてメモ帳に書き留めておくといいでしょう。それを手元に置いておけば、頭が真っ白になってもそれを読めばいいという安心感につながります。そして気持ちにも余裕が出てくるでしょう。電話対応するときの準備をしておけば、たとえ言葉に詰まっても安心です。一種のお守りのような効果が期待できます。

このように相手に意識を集中させ、いざというときの準備をして電話に出てみましょう。そうすれば何とかうまく対応できる可能性も出てきます。すると「自分は電話応対ができるんだ!」という成功体験につながり、自信が持てます。あがり症を克服するためには成功体験を積み重ねて「自分はできる!」と思うことが大事です。

もしそれでも不安であれば、取次や雑用の電話など難易度の低いものから経験を積むことも大事です。そして電話でコミュニケーションをとることに対する苦手意識を払しょくしていきましょう。小さなことの積み重ねが、電話恐怖症を克服するためのポイントです。

またあがり症で苦しんでいるのであればインデラルを服用するのも一つの方法です。インデラルは狭心症患者のための医薬品として使われることが多いです。インデラルには交感神経を抑制する効果があります。交感神経とは自律神経の一種で、興奮状態にする働きがあります。緊張すると心拍数が上がったり、冷や汗が止まらなくなったり、震えが起きたりする人も多いでしょう。このような緊張したときに現れる症状を抑制してくれます。自分の体の状態で自分が緊張していることを改めて認識して、ますますあがってしまう人もいるでしょう。症状が軽減されることで気持ちも落ち着いてくる可能性が高いです。

このインデラルは通販サイトでも手軽に注文できます。インターネットで注文して、自宅に商品が届くので薬局などのお店にいちいち足を運ぶ必要がありません。しかもネットで注文できるので、24時間好きな時にオーダーの出せるのもおすすめポイントといえます。またインデラル通販サイトの場合、中にはインデラルのまとめ買いも可能なところも見られます。中には600錠セットで販売しているサイトなども見受けられます。これだけたくさんのインデラルがあれば、突然の緊張する場面でも安心です。

「インデラルを購入したいけれどもお金が…」という人もいるでしょう。通販サイトの中にはジェネリック薬も取り扱っているところも見られます。インデラルと同じ効果が期待できる薬をリーズナブルな価格で販売しています。安くあがり症を克服したければ、ジェネリックをチェックしてみてください。
インデラルで社会不安とあがり症を改善しよう!
インデラルはもともと狭心症や不整脈といった心臓の悩みの治療に用いられている薬剤ですが、近年では社会不安・あがり症の対策方法としても注目されるようになっています。

人前に立つと過剰に緊張してしまうという方も多いようです。それどころか誰かと話をするときやペンで文字を書く時に声や手が震えてしまう、さらには誰かと一緒に食事をするだけでも緊張して顔が紅潮したり頭に血がのぼって冷静に考えることができなくなってしまうといった悩みを抱えている方もいらっしゃいます。こうした症状は社会不安障害やあがり症と呼ばれており、日常生活を送る上で非常に深刻な問題ともなっています。

この社会不安とあがり症が厄介なのは症状に見舞われることでさらに悪化してしまう恐れがあることです。例えば人前で緊張して声が震えてしまう人がスピーチをしなければならなくなり、その場で大失敗をしてしまうことでさらに緊張してしまう状況に陥ってしまうなどです。一度「自分は人前ではうまく振る舞えない」という思い込みが本人の中で固定してしまうと人前で何かをする時には条件反射のように緊張状態に陥ってしまう恐れがあります。

さらに、失敗の記憶がトラウマになって人前に立つたびに思い出されて緊張状態をもたらしてしまうこともあります。経験を繰り返せば繰り返すほど苦手意識が強化されてしまい、ますます悪化してしまいかねないのです。「とにかく慣れろ」というわけにはいかない難しさを抱えています。

そんな社会不安・あがり症を改善・克服する方法としてさまざまな選択肢が知られています。まずなんと言っても意識改革。人前で緊張するのは当たり前のことですし、誰だって失敗することはあるものです。過剰に意識しすぎずにいかに自然体で接することができるか、人前で接する時の心構えを切り替えていくことが求められます。

不安障害・あがり症の不安を抱えている人はちょっとした失敗をしただけで過剰に反応し、パニック状態に陥ってしまった結果さらなる失敗を誘発してしまう傾向も見られます。誰でも失敗はするもの、その失敗をしたときにうまくフォローできるか、過剰に反応してさらに失敗を上書きしてしまうか。ここに人前でうまく振る舞える人と失敗しがちな社会不安・あがり症の人との大きな違いがあると言えるでしょう。

具体的な方法としては日頃から口をうまく動かせるよう発声トレーニングをする方法、心身を落ち着かせるために呼吸をコントロールできるようトレーニングする方法、さらにネガティブな心境に陥ってしまう自分の思考のメカニズムを改善する認知行動療法などが知られています。緊張やパニック状態に陥った時にはまず深呼吸をしろ、とよく言われますが、社会不安やあがり症でも同じことが言えるわけです。

認知行動療法ではやや過剰気味になっている自意識を改めることがポイントになってきます。例えば周囲の人たちが自分の一挙手一投足に注目している、とか、ちょっとした失敗も見逃さずにネガティブな評価をしてしまうに違いない、などです。周囲の人達はちょっとした失敗程度なら気にしないし、そもそもあなたのことをそれほど気にかけてもいない、さらに失敗したところですぐにあなたのことをダメな人間などと結論を下したりはしない、周囲の人達も、自分の存在ももっとも軽く扱うことで過剰な反応を抑え込んでいくことができるのです。

とはいえ、一度発症してしまった社会不安・あがり症を改善するのは難しいというのが現実です。そこでもうひとつ別のアプローチとして登場するのが薬剤による治療です。そしてこの薬物療法の分野で注目されているのがインデラルなのです。

冒頭で触れたようにこのインデラルは不整脈や狭心症といった心臓に問題を抱えている人向けの治療薬として使用されているもので、開発されたのは1960年代とかなり古く、すでに効果や安全性の面でも高い評価を得ているものです。

このインデラルは「ベータ遮断薬」という系統に分類されており、交感神経を抑えることで心臓の働きを落ち着かせる効果を持っています。つまり、過度な緊張で自律神経が乱れて交感神経か優位になってしまった状態を落ち着かせるのにも使えるわけです。

交感神経は脳を刺激し、心臓の働きを活性化することで紅潮やのぼせ、手足・声の震えなどをもたらします。そしてこれは過度な緊張やストレスによって過剰に働くようになります。ですから、薬の力でこの交感神経を抑え込むことで社会不安・あがり症につきまとうさまざまな症状を緩和させることもできるわけです。

先程あげた改善方法の場合、一度症状を抱えてしまった方には思うように効果が得られないという難点を抱えています。周囲はあなたのことをそれほど気にしていない、失敗を恐れずに思い切ってやったほうが良い、と言われてもなかなかうまく行かないからです。「そんなことわかっているけど実際に人前に立つと緊張してしまう」と疑問を抱く方も多いはずです。

しかし薬剤で不安障害・あがり症の症状を医学的に抑え込んだうえでこうした治療法を実践することで相乗効果を目指すこともできます。症状を抑え込んで声や手足が震えずに人前で振る舞うことができれば、その成功体験をもとに「失敗を過度に恐れる必要はない」と自信を持つことができるからです。

普段のトレーニングや認知行動療法だけでは効果がなかなか上がらない方はこのインデラルの力を借りて改めて対策を行ってみてはいかがでしょうか。個人輸入代行業者を利用すれば海外製のインデラルをネット通販と変わらない感覚で購入ができます。テジャスメディシンなど、安心して利用できる業者で製品のラインナップをチェックしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販&個人輸入・テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。