検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

9件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
声の上ずりなどあがり症の症状を緩和するコツ
あがり症には人によってさまざまな症状があります。その一つが、緊張する場面で声が上ずってしまうというものです。

声が上ずることには交感神経が関係しています。交感神経とは自律神経系の一種で、人が日常生活を送るのに必要なあらゆることを司っています。交感神経が活発になるのは、運動時など体を動かしている時です。それに対して、体がリラックスしている時には副交感神経が活発になります。

緊張する場面ではどちらが優位に働くでしょうか。緊張状態は体がリラックスしているのではなく活動状態にあると言えるので、交感神経が優位になります。逆に言えば、交感神経優位の時は筋肉が緊張状態になるので、筋肉がこわばりやすいのです。これが、緊張した時の声の上ずりと関係しています。

声を出すのは空気を出し入れする肺の働きだと思ってしまいそうですが、実は肺自体は自分で動いていません。肺を取り囲む呼吸筋が動くことで、肺を膨らませたり縮ませたりしているのです。そのため、緊張すると呼吸筋も緊張してこわばりやすくなります。呼吸筋がこわばると呼吸が浅くなり、声も上ずりやすくなるという仕組みです。

この仕組みを考えると、声の上ずりをなくすには緊張しても呼吸筋をこわばらせないようにすることが大切だとわかるでしょう。筋肉の緊張を解くにはストレッチが有効です。呼吸筋のストレッチのために、以下の運動を緊張しそうな場面の前にやってみてください。

まず、肩を大きく前に回します。5~10回ほど回したら、今度は後ろ向きに同じように大きく回してください。次に、両肩を上下させます。首を縮めたり伸ばしたりを意識しつつ、これも5~10回ほど行いましょう。仕上げに、首、手首、足首をぐりぐりと回します。一方向だけでなく、逆方向にもそれぞれ5~10回ほど回してください。

上記の運動を緊張しそうな場面の前に行うだけで、呼吸筋が以前よりずっと柔らかくなるはずです。すると、息苦しくなくなるため、声が上ずることも少なくなります。

上記の運動は、呼吸筋の緊張をほぐすと同時に、緊張を強いる場面からあなたの意識をそらす意味もあります。緊張することばかり考えるとますます緊張してしまいますから、体を動かして意識を上手にそらしてあげましょう。

加えて、緊張する場面を前にした運動には、血流を良くする効果も期待できます。緊張すると交感神経優位の状態になり、そのために末梢血管は収縮して血流が悪くなってしまいます。緊張すると手が冷たく感じることがあるのはそのためです。上記の運動で体を動かし、交感神経を鎮めることで、筋肉だけでなく血管もリラックスします。体がぽかぽかと温まり、声の通りも良くなるため、以前のような声の上ずりに悩まされることは少なくなるでしょう。

あがり症の人たちは姿勢が良くないことが共通しています。特に猫背の人が多いです。背筋が曲がった猫背の状態では、肺が圧迫されやすくなるため息苦しくなります。声が上ずりやすくなるのもそのせいです。上記の運動だけでなく、日ごろからふだんの姿勢に気をつけてみてください。

昨今、オンライン会議の機会が増えていますが、会議中にあがってしまう人はモニターの位置が良くないのかもしれません。モニターは目線より下の位置にあることが多いため、目線が下がり、そのせいで背筋も丸まりがちです。モニターアームなどを使って、モニターの位置を目線の高さに調節してみましょう。それだけで、会議中の発言の際に、声の張りがこれまでよりハキハキとするはずです。

あがり症は、ふだんから体を活発に動かしているスポーツ選手にも見られます。練習では力を発揮できるのに、本番では緊張からミスをしてしまうというような例です。このようなケースでは、自意識が強すぎるのが原因と考えられます。

練習時は特に意識せず動けるものです。ところが、本番では正確にプレイすることを意識しすぎて、ふだん無意識のうちにできている動作さえスムーズにできなくなってしまいます。

スポーツだけでなく、自意識のせいであがってしまうという人は、自分から意識を離すトレーニングをしてみましょう。自分ではなく周りの人を観察するトレーニングがおすすめです。写真家になったつもりで周りの人を観察し、細かいところまで心の中で描写します。そうやっているうちに、自分に向けられていた意識が自然と周囲に向かうようになるので、不安や緊張が和らぎやすくなるでしょう。

あがり症には上記以外にもさまざまな症状がありますが、大切なのは気にし過ぎないことです。緊張しやすい人ほど、不安を克服するために事前準備が丁寧になるという特徴があります。もちろん病気と診断されるようなケースもありますが、そうでない場合はあがり症だからと気に病む必要はありません。

どうしても気になる時には、インデラルやメインテートなどの緊張緩和に役立つ薬があります。個人輸入代行サイトを通じて簡単に購入できますので、興味があれば検討してみてください。
スピーチがうまくなるには上手い人のまねをしてみよう
スピーチがなかなかうまくできなくて悩んでいる人はいませんか?もしスピーチがなかなか上達しないのであれば、うまい人のまねをするのも一考です。スピーチの上手い人を見てみると、いくつか共通する特徴があります。その特徴を押さえて、少しでもレベルアップしてみましょう。

スピーチの上手い人の特徴として、下準備をしっかり行っていることが挙げられます。まず情報収集をしっかり行っています。スピーチのテーマに関して入念に情報収集して、それを自分なりに分析して話す内容に反映しています。このため説得力があるわけです。プレゼンなどの場合、傍聴者からいろいろと質問されることもあるでしょう。情報収集が不十分だと質問されたときにあたふたしてしまいます。しかしあらかじめいろいろな情報を仕入れておけば、どのような質問が来てもしっかり応えられます。

スピーチの上手い人は天性のものだと思っていませんか?確かにそのような人もいるでしょう。しかしスピーチがうまいと思っている人の中には、本番前に何度も練習している人も少なくありません。何度も練習すれば、どんなことを話すのか頭にしっかり入っているでしょう。また「これだけ練習をしたのだから本番も大丈夫だろう」という自信も持てます。このため極度に緊張することもなく、堂々とスピーチできるわけです。もしスピーチが苦手というのであれば、何度でも繰り返し練習してください。「あまりに多くやりすぎて、原稿を見なくてもしゃべれる」くらい繰り返すのが目標です。スピーチの練習は5分10分あれば十分できるはずです。寝る前、お風呂に入る前、トイレで用を足しているときなどに実践すれば、かなりの数繰り返し練習できるはずです。

練習する際には、鏡の前で行うのもいいかもしれません。いわゆるあがり症の人の中には「自分が今どんな表情をしているのか?」「緊張で真っ赤になっているのではないか?」と余計なことをあれこれ考えがちです。そこでスピーチをしているときに鏡を見れば、自分がどんな顔をして話しているのか確認できます。「もっとこういう表情をすればいいのでは?」「身振り手振りが足りない」など改善すべきポイントも見えてきます。

スピーチの上手な人を見ると、内容が簡潔な傾向が見られます。スピーチの上手い人を見てみると、3分前後でスピーチが終わるようにまとめられているケースが多いです。3分くらいであれば、聞いている人も集中力を切らさずに話を聞けます。ところがこれが5分以上になると、ちょっと長すぎるように感じます。集中力も散漫になって、場がだらけた雰囲気になってしまうでしょう。「あれもこれも入れたい」となると、話がだらだら続いている印象を与えてしまいます。ですから先ほどのスピーチの練習をする際には、ストップウォッチで時間を測っておきましょう。もし3分を大きくオーバーするようであれば、話が長すぎます。

スピーチするにあたって、あらかじめ時間が決められている場合もあります。その場合には割り振られた持ち時間以内で終わるように話の内容を調整してください。持ち時間ピッタリ、もしくは少し早く終わらせるような原稿にまとめましょう。持ち時間を少しでも超えないように注意してください。

スピーチが苦手な人を見てみると、原稿を丸暗記してしまう方が少なくありません。スピーチ初心者は特に致し方ないかもしれません。しかし丸暗記してしまうと、もし途中で言葉が詰まった場合にパニックになってしまいます。しかも言葉に詰まるとそこで時間が浪費されます。その分持ち時間をオーバーする可能性が出てきます。そこから焦りが生じて、ますますスピーチがうまくいかなくなり悪循環に陥ります。ですからスピーチの原稿は丸暗記する必要はありません。おおよその内容を把握して、細かな表現はある程度自由に当日話すような感覚で覚えたほうがいいです。

またスピーチするときには、気持ちゆっくりめで話すのがおすすめです。人は緊張していると、どうしても早口になりがちです。早口でスピーチすると「緊張しているのかな?」と聞いている人に悟られるかもしれません。そこでいつもよりもペースを意図的に下げてください。そしていつもよりもハッキリしゃべるように心がけましょう。ゆっくりハッキリ話すと余裕をもってスピーチしている印象を与えます。

スピーチをうまくする方法はいろいろとあります。しかしスピーチをする際には極度に緊張してしまうのは、もしかするとあがり症なのかもしれません。この場合には自分で対処するのは難しいでしょう。そこでおすすめなのは、薬を服用することです。あがり症に対して効果の期待できる薬として有名なのは、インデラルです。インデラルはもともと不整脈や狭心症など心臓に疾患を抱えている患者さんのための治療薬です。交感神経の働きを抑制することで、心臓の動きを落ち着かせる効果があります。これが緊張の症状を和らげる効果があると考えられています。通販サイトでも購入できるので、インデラルを取り扱っているサイトにまずはアクセスしてみませんか?
あがり症の対策にインデラルを活用してみよう!
あがり症とは人と話すとき、人前で何かをするときに極端に緊張してしまう状態のことです。プレゼンや発表会などで、事前の練習では何の問題もなくできていたことがいざ本番になると声が震えてしまったり、赤面してしまったりなどで失敗してしまう、といった問題を引き起こすこともあります。本人の努力を台無しにしたり、パフォーマンスの低下をもたらしてしまう厄介な面もあるわけです。

さらにはあがり症の症状に悩まされているうちに、人と接することに不安や恐怖を感じてしまうケースも見られます。誰かと話すたびに声が震えたり、顔が紅潮したり、手が震えてしまったりする症状に襲われることで「恥ずかしい」「相手に呆れられてしまうんじゃないか」といった不安症状を抱えてしまうのです。

その結果、人と接するのを怖がってしまい孤立しがちになったり、せっかく自分の能力を発揮するチャンスに恵まれても失敗のリスクを恐れるあまりそれをみすみす逃してしまったりといった状況を引き起こしてしまうこともあります。それが悪化すると引きこもりや「何をやってもうまくいかない」と無気力になってしまい、さらにはうつ病などの心の病を抱えてしまうことになりかねません。

こうした怖さを見れば、あがり症はなんとしても改善したい悩みとなるわけですが、本人は好きで緊張しているわけではもちろんなく、なんとかしたいと思ってもなかなか思うように改善できないものです。さらに「難しく考えすぎずにリラックスして臨んだほうがいい」「話すときには深呼吸をしよう」といった周囲からのアドバイスがかえってプレッシャーになってしまうこともあります。こうした「心構えを変える」方法での対策はなかなか思うようにいかないというのが現実です。あがり症の症状に悩まされている方はもっと本格的な治療が必要です。

ではあがり症にはどんな治療方法があるのか?代表格としてまず挙げられるのが、認知行動療法です。これも心構えを変える方法ですが、変えられるようになるまでトレーニングを積んでいくのが大きな特徴です。急に「緊張しないように」と言われてもうまくいかないわけですから、過度に緊張しないための考え方や行動方法をトレーニングを通して学んでいくわけです。

その際にはあがり症の症状を抑えるためのトレーニングだけでなく、症状を抑えるための対策も学んでいきます。できるだけ震えない声の出し方、体が震えないための姿勢など、あがり症の症状が出てしまうことを前提に症状を和らげるためのトレーニングを行っていくのです。最初から症状をすべて抑え込むのではなく、症状が出てしまってもできるだけその影響を抑えることで「症状が出ても大丈夫」な状況をまず目指していく形です。

これは人と接するときにつきまとう過度な不安と緊張を和らげるうえで、非常に有効な方法と言えます。「もし症状が出てしまってもそれほど目立たない」と思えば、または「この程度の症状なら相手も気にしないだろう」と思えば心に余裕を持って振る舞うことができるものです。

こうした過度な緊張や不安に苦痛を覚えにくいシチュエーションを準備したうえで、実際に人前で振る舞うトレーニングを積んでいきます。いわば実践を通して「周囲の視線を気にする必要はない」「自分が思っているほど他人は自分の振る舞いを変に思っていない」といった手応えをつかんでいくことで緊張・不安を和らげていき、「自分は緊張しやすいかもしれないけど大丈夫」と前向きな姿勢を身に着けていくことができるようになります。

この認知行動療法のポイントは「まず症状を和らげ、そのうえで人と接する機会を作る」点にあります。あがり症は症状のせいで失敗や恥ずかしい経験をしたことでますます緊張・不安を抱えやすくなり、それが症状を悪化させて失敗しやすい環境を作り上げてしまう悪循環が生じるのがもっとも厄介な部分です。その悪循環を断ち、逆に症状を和らげながら人前でうまく振る舞える経験を積んでいくことで、緊張・不安を解消していく好循環を生み出すことが治療・改善のうえで非常に重要な意味を持ってくるわけです。

そんな症状を和らげる手段としてもうひとつ有効なのが薬物療法です。あがり症の薬物療法では抗うつ作用でよく知られるSSRIなども用いられていますが、インデラルも効果的な選択肢として知られています。

このインデラルはもともと血圧を下げる作用を持った薬剤で不整脈や狭心症、偏頭痛などの治療に用いられています。β受容体という交感神経を遮断することで心臓の動悸を抑える作用が生じます。

このインデラルを服用することであがり症の典型的な症状として見られる紅潮やのぼせ、動悸の高まりなどを抑えることができるのです。紅潮やのぼせによって頭の中が真っ白になってしまったり、動悸が高まることで焦りを覚えてしまったりといった問題を解消し、落ち着いて振る舞える環境を用意できるのです。

まずあがり症がもたらす体の症状をインデラルで抑え込むことで緊張と不安を和らげ、余裕を持って行動できる環境を整える。そして「うまく振る舞えた」自信が心に余裕をもたらし、より根本的な部分であがり症の改善に役立っていく。薬物療法にはそんなメリットもあるのです。

インデラルは個人輸入代行業者を利用して海外製の製品を購入することも可能です。言葉の壁もなく通販感覚で利用できるため、思うようにあがり症の改善ができずに悩んでいる方におすすめです。
緊張やイライラなど不安定なメンタルを改善するのに良い栄養とは
このご時世、なんとなく不安やイライラを感じたり、必要以上に緊張してしまったりという人は少なくないでしょう。あがり症を自覚していなくても、メンタルが不安定になっている時は注意が必要です。そういう時はストレスを発散させることが大切ですが、ストレス発散というと運動や趣味などがイメージされるのではないでしょうか。実は、食べ物によってもストレスを発散させ、メンタルの調子を整えることができます。

たとえば、バナナや乳製品に豊富に含まれるトリプトファンという栄養素は、「幸せホルモン」のセロトニンを生成するために欠かせない存在です。セロトニンには精神を安定にさせる作用があるため、ストレスの発散や緊張の緩和などにも良い効果が期待できます。

また、セロトニンは夜になると、メラトニンという物質に変化します。これは眠りをもたらすホルモンであり、睡眠の質を高めるのに必要です。不安や緊張が強い時は睡眠の質にも影響しますが、トリプトファンを含む食べ物を積極的に摂ることでセロトニンの分泌を増やし、メラトニンも増えることでよく眠れるようになります。心身の疲れを癒やすには睡眠が最高です。

トリプトファン以外では、B、C、Eなどのビタミン群も積極的に摂取しましょう。ビタミン群のなかでもこれらは特にメンタルに関係するため、しっかり摂取することで脳の伝達物質がしっかり合成され、気持ちが安定しやすくなります。

なお、ビタミン群を手っ取り早く摂取するにはサプリメントが便利ですが、なるべくなら食べ物からバランスよく摂取する方がよいでしょう。1種類のビタミンだけサプリメントで摂取しても、その効果を最大限得るには不十分です。各種ビタミンは相互に作用し合って効果を高めることを覚えておきましょう。

特にビタミンBとビタミンCの摂取では、食材を調理する際に注意が必要です。これらのビタミンは水溶性なので、水に浸けすぎると食べ物から流出してしまいます。茹でる場合はスープにして、煮汁ごと一緒に食べられるようにしましょう。蒸し野菜もおすすめです。ただし、ビタミンCに関しては熱に弱いという性質もあるため、野菜から摂取するならサラダとして生で食べることをおすすめします。

イライラや興奮を抑えるには、カルシウムも効果的です。カルシウムというと骨の成長を助ける成分として有名ですが、実は脳の神経に作用して、不安やイライラを緩和する作用もあります。牛乳や小魚、大豆製品などにたくさん含まれているので、毎日の食事に上手に取り入れてください。

カルシウムをしっかり吸収したいなら、マグネシウムも欠かせません。マグネシウムはカルシウムの体内吸収効果を高める作用があるため、カルシウムを含む食べ物だけでなく、マグネシウムの豊富なナッツ類や海藻類と一緒に食べるのがおすすめです。

なお、体内で合成されないマグネシウムは食べ物から摂取する必要があります。マグネシウム不足が続くと、生活習慣病のリスクが高まることもわかっているので、注意しましょう。

これまで紹介した、トリプトファン、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムを毎日しっかり摂取することで、メンタルの安定が期待できます。先ほどマグネシウム不足について注意を促しましたが、過剰摂取も問題があるので、他の栄養素ほど意識して摂取する必要はありません。おやつをナッツ類に替えるだけで、十分な量を摂取できます。

では、上記の栄養素は具体的にどんな食事から摂取できるのでしょうか。そのためにたくさんの献立を考えなければならないようでは、自炊が苦手な人でなくとも、続けるのが難しそうです。

しかし、その点は心配する必要ありません。たとえば、ヨーグルトを毎日食べるようにしてみましょう。ヨーグルトは乳製品なので、カルシウムを豊富に含んでいます。さらに、トリプトファンもヨーグルトには豊富に含まれているため、ヨーグルトを食べるだけでもメンタルの安定に効果が期待できるのです。

ビタミン群も一緒に摂取したいなら、ヨーグルトにジャムなどを加えるとよいでしょう。プレーンヨーグルトだけでなく、果実入りヨーグルトもおすすめです。また、セロトニンの生成には鉄分が必要なので、鉄分を含む、きな粉をヨーグルトにまぶして食べるのも良いアイデアです。栄養面だけでなく、味に飽きない工夫としてもおすすめします。

ミルクココアも、上記の栄養素をバランスよく摂取するのに効果的な飲み物です。ココア本来の味には苦味がありますが、あの苦味はテオブロミンという成分に由来します。この成分はセロトニンに作用する働きがあり、脳のリラックス効果アップにもおすすめです。ココアにミルクをプラスすることでカルシウムとトリプトファンも摂取できるので、メンタルの安定に必要な成分が一気に摂取できることになります。

以上は、食べ物によってメンタルの安定を目指すための方法ですので、即効性は期待できません。あがり症の症状で困っている方、今すぐにでも何とかしたいという方は、インデラルのような薬の力を借りる方法もあります。通販サイトにて誰でも手軽に購入可能です。
実は性格は関係なかった?人前で緊張する原因とは?
人前で話す時に緊張するという人は少なくありません。そうした経験は、私達なら誰もが多かれ少なかれ経験したことがあるのではないでしょうか。子供の頃には、クラスメートの前で何かを発表するだけでも緊張して手に汗をかいたりしますし、大人になれば同僚や上司、または取引先の前でプレゼンやスピーチをする機会があります。こうしたシチュエーションになるたびに、緊張してしまうことが分かっているから嫌だなと感じたり、できればそうしたシチュエーションにならないように自分自身のキャリア育成を阻んでいる人もいるでしょう。

人前で緊張する原因は、複数あります。それらの原因を良く分析すると、実は自身の性格とはあまり関係ないことが見えてきます。これまで「緊張するのは性格のせいだ」とあきらめていた人にとっては、原因を知ることによって適切な対策ができ、緊張の度合いを軽減することにもつながるでしょう。

人前で緊張する1つ目の原因は、周囲の評価を気にしすぎてしまうことが挙げられます。人前で話をするという事は、他人に自身の意見や考えを聞いてもらうために行うものですから、評価を全く気にしないことは難しいでしょう。そのため、他人からの評価がある程度気になることは仕方ありません。しかし、評価を気にしすぎてしまうと、自分自身の首を絞める結果になりかねません。

他人からの評価を過度に気にしすぎてしまう人は、他人からどう見られているかが気になるあまり、自分を少しでも良く見せたいという潜在意識が働いてしまいます。その結果、良く見えないであろう「失敗」を過度に恐れるようになるため、それが緊張を引き起こしてしまうのです。

2つ目の原因は、自分の意見や考えに自信が持てないことが挙げられます。自信というものは、性格と大きな関係があると考える人は少なくありません。しかし性格的な要素よりも、事前にどこまで準備をしたかという点が、性格的な要素よりも大きく影響します。

自信につながる準備というのは、話す内容について質問されても説明ができる確証や裏付けがあるかどうかという点、そして話し方や話す順序などの練習を十分にしたかどうかという点が挙げられます。


「準備」と言っても、漠然としていて分かりづらいと感じる人がいるかもしれません。その場合には、どんなシチュエーションだと準備不足で自信が持てないかを考えると分かりやすいでしょう。自信不足で緊張するような準備不足というのは、話の内容があいまいで真偽を確認する作業をしていないとか、裏付けをとっていないので質問されると困ると感じていたりする場合です。

話し方や話す順序に関しては、練習をしなければ何からどんな順序で話せば視聴者に分かりやすくメッセージを届けられるかが分からない状態を指します。まったく練習せずにぶっつけ本番なら、誰でも自信がなく緊張してしまうことは必然と言えるでしょう。人前で緊張しやすい人は、この準備にたっぷりと時間をかけることで、緊張の度合いをある程度緩和できるのではないでしょうか。

3つ目の原因は、過去の失敗体験によるトラウマが挙げられます。過去に恥ずかしい経験をしたことがあると、普段は意識していなくても潜在意識としてそうしたものが心の中に残っていることが少なくありません。そして、人前で話す時には防衛本能が作動してしまい、気持ちが構えてしまうのです。これが、緊張という症状となって現れます。

過去の失敗を思い出すことは、避けることができません。どうすればトラウマから抜け出せるかというと、過去の失敗体験よりも数多くの成功体験によって上書きするのが理想的です。どんなに小さな成功体験でも良いので、まずは人前で話をして喜んでもらえるような経験を積み重ねると良いでしょう。自信の話を聞いてもらう相手は、パートナーや家族、友人など、誰でもOKです。

人前で緊張する4つ目の原因には、場慣れしていないことが挙げられます。場慣れというのは、同じような環境やシチュエーションでそれまでに似たような経験をしているかどうかというものです。つまり、場慣れしていないという事は、経験不足と言えるでしょう。

経験不足は、誰にもどうすることもできません。少しずつ経験を積むという対策方法しかないのです。例えばスポーツ選手が大きな公式戦でプレーする場合、もしもそうした大きな公式戦が初体験だと、どんなに練習を積み重ねてきた選手でも緊張するのではないでしょうか。その中では、緊張から失敗してしまうことも考えられます。しかし、大きな公式戦という舞台でプレーをした経験をすると、2回目に同じようなシチュエーションになった時には経験値があるので、緊張の度合いを低く抑えやすくなるでしょう。緊張の度合いが下がることによって、自身の練習の成果を出しやすくなり、それが成功体験へとつながります。それが、場慣れのメカニズムです。

もしも上記の方法でも緊張がなかなか解消できない場合や、今すぐに緊張しない自分を手に入れたい場合には、インデラルなどの医薬品を活用するという方法もアリです。
むくみってどうして起きるの?むくみの解消に役立つことって何?
最近、体がむくんで仕方がない…そのような悩みを抱えてはいませんか?むくみとは、皮膚のしたのほうに水分がたまってしまって起こる症状を指します。体がむくむと、服が着られなくなったり、指輪が抜けなくなってしまったり、普段の生活にいろいろな支障が出てしまいます。さまざまな健康法の中で、水を飲んでデトックスすることが推奨されることがありますが、これも体質によってはむくみの原因になるので、かえって逆効果になってしまうことさえあります。

なぜ体のむくみが起こるのでしょうか。その原因の一つが塩分の摂りすぎです。普段の食生活で塩分を摂りすぎてしまうことで、体がむくんでしまうことがあります。カップラーメンやインスタント食品、お弁当やお惣菜などの加工食品は口当たりが良いのですが、かなり多くの塩分を含んでいます。普段からコンビニ弁当やカップラーメンなどで食事を済ませていたり、外食が多かったりすると、知らないうちに塩分をたくさん摂取してしまっていることが多いです。

なぜ塩分を摂るとむくんでしまうのでしょうか。本来、体の塩分濃度は一定の数値に保たれています。体を構成する細胞は水分だけでなく、塩分などのミネラルを必要としています。一定の塩分濃度が保たれている分には良いのですが、塩分を摂りすぎてしまうと脳が命令を出し、塩分濃度を保つために水分を体内に温存しようとします。これがむくみの原因になってしまうのです。

どうしたら水分を体外に放出できるのでしょうか。塩分濃度を一定の状態にするため、塩分摂取量を抑えることです。塩分を摂りすぎないようにするために、塩分の高い食品を取らないように心がけることに加えて、野菜を中心とした食事を心がけることで、塩分の摂りすぎを抑えられます。他に、スナック食品やファーストフードを食べる習慣を抑えることによっても改善が期待できます。

なぜ野菜を多く取る必要があるのでしょうか。野菜にはカリウムと呼ばれるミネラルを含んでいるものが少なくありません。カリウムは体内に溜まった塩分を調整してくれる働きがあります。カリウムを多く含む野菜を積極的に食べることで、塩分濃度が高まるのを防ぐだけでなく、健康に寄与してくれるのです。

食生活に加えて、体内の塩分を調整するのに必要なのが運動です。適度な運動をすることで血流が改善し、溜まった水分を分散させて、むくみが解消されます。また、汗により塩分と水分が体外に放出されるので、濃くなった塩分濃度が薄まり、結果としてむくみが改善していきます。できれば毎日30分から1時間程度、ウォーキングなどのワークアウトを行えば、むくみを大幅に解消できるでしょう。むくみがなくなると、体がスッキリと見えるようになるだけでなく、体が軽くなるので、清々しい毎日が送れるようになります。

もちろん、現代人はとても忙しい生活を送っているので、毎日運動ができるとは限りませんし、食生活も偏ったものになりがちです。頭ではむくみを取るために何をしないといけないかわかっているのだけど、実際にはなかなか行動に移せない、そう感じている人も多いです。そのような方におすすめの方法として、入浴の習慣があります。日本人は入浴が好きなので、自然とむくみを解消することができているのですが、最近は浴槽がないシャワーだけのアパートやマンションも増えていて、必ずしも入浴できるとは限りません。

そのような場合、バケツにお湯を張って足湯をするだけでも、むくみの解消に効果があります。ただし、足湯をする際に気をつけたいのがお湯の温度です。お湯の温度が熱すぎると、むくみの解消には逆効果になってしまうことがあるからです。できればぬるめのお湯を張って、両足をお湯にゆっくり入れるようにしてください。湯船で温まる場合も同じで、熱いお湯は避けたほうが良いかもしれません。その理由として、熱いお湯は血管を収縮させてしまうので、むくみの原因を作り出してしまうからです。

もう一つおすすめしたいのが、睡眠をしっかり取ることです。疲れが溜まるとむくみやすくなるのは、血行が悪くなってしまうからです。なぜ血行が悪くなるのかというと、疲労により代謝が低下してしまうことで、血流の悪化を招いてしまうからです。しっかり睡眠を取るために、できれば睡眠の2時間前にはスマートフォンなどを見ないようにして、リラックスした状態での入眠を心がけてください。たったこれだけのことでも、むくみを解消できるようになります。

一生懸命むくみを取ろうと努力したものの、うまくいかないという方も多いかもしれません。対策のための時間を取るのは大変で、忙しい生活から抜け出せないことも多いからです。そのような場合は、ラシックスやトラセミドといった利尿剤の力を借りると良いでしょう。アルダクトンも利尿効果があり、体内に溜まっている水分を効果的に排出してくれます。通販でも購入できるので、薬を上手に活用して、むくみの解消を目指しましょう。
あがり症の原因と克服する方法は?
友人から結婚式のスピーチを頼まれた、大型会場でのプレゼンを会社から任された、こんな経験はありませんか?だれでも大勢の人の前でスピーチをしたり、プレゼンをしたりするのはかなり緊張するものです。もちろん、中には得意な人もいるでしょうが、人前で話をするだけですごく緊張して、言葉が出てこなくなってしまう人もいるかもしれません。

スピーチでトチってしまったらどうしよう、プレゼンで失敗してしまうかもしれない、そうしたら上司にどうやって釈明したらいいのだろう、手の震えが止まらなくなってしまったら大変…あれこれ考えていたら、緊張しまくりで夜も眠れなくなってしまうかもしれません。できればこのような状況から抜け出したいと思っても、一旦引き受けてしまったものを辞退するのは相手のメンツを傷つけてしまう可能性がありますし、会社であれば代わりの人材を用意しなければならないなど、損害を与えてしまうこともあるので、なかなか辞退するわけにはいかないのが実情です。

そもそもどうして人前であがってしまうのでしょうか。あがり症にはいくつかの原因があって、原因によってはセルフコントロールで改善できるものもあります。

その一つは飲食に関連した原因です。お酒は好きですか?適度な量のお酒はリラックスさせてくれる効果があるので、良い方向に働くのですが、飲み過ぎてしまうとかえって精神にダメージを与えてしまうことがあります。実は、アルコールの取り過ぎは精神を不安定にしてしまうことがあるので、あがり症の方の場合、あがり症が強く出てしまうことがあります。もしお付き合いなどでお酒を飲む機会が多いのであれば、大役を任された時はできるだけアルコールを避けるのがベターです。

カフェインもあがり症を悪化させることがあります。カフェインはさまざまなものに入っています。コーヒー、紅茶、緑茶などに入っていますし、栄養ドリンクにもカフェインが入っています。カフェインは眠気をとってくれる効果があるので、適度な量のコーヒーや紅茶であれば問題はあまりないのですが、1日に何杯も飲んでしまうと、カフェインが交感神経を刺激してしまい、それがあがり症を引き起こしてしまうことがあります。

あがり症の方でお酒やカフェインの摂取に心当たりがある場合は、摂取量を見直してみると良いかもしれません。スピーチやプレゼンの前はできるだけ飲まないようにすることで、あがり症を抑えられるかもしれないからです。

別の要素として、本人の性格が関係する場合があります。例えばとにかく空気を読みがちな性格で、他の人のことが気になって仕方がない、という人の場合、このような性格があがり症に影響を与えてしまうことがあります。どうしてもいろいろなことに敏感になってしまうので、人からどう思われるかをとにかく考えてしまうのかもしれません。それがあがり症の原因になっていることがあります。

なんらかの失敗談が記憶に影響を与えているケースもあります。例えば、過去に人前で発表をしようとした時に、大失敗をしてしまってみんなから笑われてしまったとか、準備していたスピーチをしようとしたその時に、いきなり頭の中が真っ白になってスピーチを果たせずにとても恥ずかしい思いをした、といったことが含まれます。こうした過去の経験がいわゆるトラウマになって脳に影響を与え、それがあがり症を引き起こす可能性もあります。

どうしたらこのような傾向を治せるのでしょうか。「場数を踏む」という言葉がある通り、スピーチやプレゼンなどを何度も経験していくうちに、やがて心が状況に慣れていくことで緊張感が和らぎ、あがり症が徐々に改善されていくことがあります。例えば、有名な司会者が実は何らかの精神的な障害を抱えていた、といった逸話を耳にすることがあるかもしれません。それでもなぜ緊張せずに仕事を果たせるのかというと、場数を含むことで脳がそれを認識し、興奮しないようにコントロールできるようになるからです。

とはいえ、そんなことをしている時間も余裕もないと思うかもしれません。確かにそのような人のほうが多いので、状況に慣れるよりも早く症状を改善させたいというのは自然な感情です。その場合は、心の不安を抑え、あがり症を緩和させてくれるお薬を服用することで改善できます。例えば、交感神経の興奮を抑えてくれるお薬を服用するなら、興奮状態が和らぎ、あがり症が改善されます。このようなお薬はスピーチやプレゼンなどを発表する1時間くらい前に服用すれば症状が抑えられるので、不安を感じる必要はありません。

あがり症におすすめなのがインデラルです。インデラルは心臓の心拍数を抑え、手の震えなどを改善してくれる効果があります。最近では通販でも購入可能になりましたので、以前よりも手軽に利用できるようになりました。ピンチを回避するためにも、通販を上手に活用したいものです。
あがり症で電話が怖い…そんな人の克服法
あがり症にはいろいろな症状があります。人によってどんな症状があるかも個人差があります。あがり症の代表的な症状の中の一つに、電話恐怖症があります。電話恐怖症とは文字通り、電話を受けるのが苦手、恐怖を感じてしまう症状のことです。電話で話している声を周囲に聞かれているのではないか、と不安に感じます。自分の電話の話し声を職場の同僚がきいているかもしれないと思って、それがプレッシャーになってうまく話せなくなってしまいます。またその不安から電話を取るのも恐怖になって、電話に出られない人もいます。

ほかの業務に関しては問題なくこなせているので、電話対応のできないのが余計に目立ってしまいます。電話対応ができずに周囲から白い目で見られているのでは、と思って窮屈な思いをしている人も少なくないようです。

電話恐怖症をそのままにしていると日常業務に支障をきたしてしまいます。電話恐怖症ですが、まずは意識を自分からずらしましょう。電話恐怖症は「自分の話し声や言い方が変ではないか?」「周囲からバカにされているのではないか?」と思うことによって生じます。この自分への意識のベクトルを別の方向に向けるように努めましょう。

そもそも電話は受話器の向こう側との相手とのコミュニケーションです。ですから意識すべきは相手であるべきなのです。相手は何か用事があって、あなたに電話をかけている事実を忘れてはなりません。「電話の相手は誰なのか?」「どんな要件か?」「相手の要件に対して自分ができることは何か?」このようなことを考えましょう。そうすれば、相手のことが頭の中で占めるウエイトが増えて、自分への意識は軽減されるでしょう。

それでもまだ自分に意識を向けてしまうというのであれば、電話対応で定番のフレーズを頭で暗証しましょう。英会話のレッスンの時、最初のうちはグダグダになるでしょう。これはまだ英語の語彙力がまだ多くないので何から話せばいいのかわからないからです。しかし「ちょっと待っていただけますか?」「辞書で調べてもいいですか?」「それはどういう意味ですか?」「スペルで言ってもらえますか?」といった困ったときの定番のフレーズがあると、会話の途切れることもなくなります。

ですから電話応対するときの定番のフレーズを頭の中で思い出してみましょう。もし緊張して頭が真っ白になってしまうのであれば、箇条書きにしてメモ帳に書き留めておくといいでしょう。それを手元に置いておけば、頭が真っ白になってもそれを読めばいいという安心感につながります。そして気持ちにも余裕が出てくるでしょう。電話対応するときの準備をしておけば、たとえ言葉に詰まっても安心です。一種のお守りのような効果が期待できます。

このように相手に意識を集中させ、いざというときの準備をして電話に出てみましょう。そうすれば何とかうまく対応できる可能性も出てきます。すると「自分は電話応対ができるんだ!」という成功体験につながり、自信が持てます。あがり症を克服するためには成功体験を積み重ねて「自分はできる!」と思うことが大事です。

もしそれでも不安であれば、取次や雑用の電話など難易度の低いものから経験を積むことも大事です。そして電話でコミュニケーションをとることに対する苦手意識を払しょくしていきましょう。小さなことの積み重ねが、電話恐怖症を克服するためのポイントです。

またあがり症で苦しんでいるのであればインデラルを服用するのも一つの方法です。インデラルは狭心症患者のための医薬品として使われることが多いです。インデラルには交感神経を抑制する効果があります。交感神経とは自律神経の一種で、興奮状態にする働きがあります。緊張すると心拍数が上がったり、冷や汗が止まらなくなったり、震えが起きたりする人も多いでしょう。このような緊張したときに現れる症状を抑制してくれます。自分の体の状態で自分が緊張していることを改めて認識して、ますますあがってしまう人もいるでしょう。症状が軽減されることで気持ちも落ち着いてくる可能性が高いです。

このインデラルは通販サイトでも手軽に注文できます。インターネットで注文して、自宅に商品が届くので薬局などのお店にいちいち足を運ぶ必要がありません。しかもネットで注文できるので、24時間好きな時にオーダーの出せるのもおすすめポイントといえます。またインデラル通販サイトの場合、中にはインデラルのまとめ買いも可能なところも見られます。中には600錠セットで販売しているサイトなども見受けられます。これだけたくさんのインデラルがあれば、突然の緊張する場面でも安心です。

「インデラルを購入したいけれどもお金が…」という人もいるでしょう。通販サイトの中にはジェネリック薬も取り扱っているところも見られます。インデラルと同じ効果が期待できる薬をリーズナブルな価格で販売しています。安くあがり症を克服したければ、ジェネリックをチェックしてみてください。
インデラルで社会不安とあがり症を改善しよう!
インデラルはもともと狭心症や不整脈といった心臓の悩みの治療に用いられている薬剤ですが、近年では社会不安・あがり症の対策方法としても注目されるようになっています。

人前に立つと過剰に緊張してしまうという方も多いようです。それどころか誰かと話をするときやペンで文字を書く時に声や手が震えてしまう、さらには誰かと一緒に食事をするだけでも緊張して顔が紅潮したり頭に血がのぼって冷静に考えることができなくなってしまうといった悩みを抱えている方もいらっしゃいます。こうした症状は社会不安障害やあがり症と呼ばれており、日常生活を送る上で非常に深刻な問題ともなっています。

この社会不安とあがり症が厄介なのは症状に見舞われることでさらに悪化してしまう恐れがあることです。例えば人前で緊張して声が震えてしまう人がスピーチをしなければならなくなり、その場で大失敗をしてしまうことでさらに緊張してしまう状況に陥ってしまうなどです。一度「自分は人前ではうまく振る舞えない」という思い込みが本人の中で固定してしまうと人前で何かをする時には条件反射のように緊張状態に陥ってしまう恐れがあります。

さらに、失敗の記憶がトラウマになって人前に立つたびに思い出されて緊張状態をもたらしてしまうこともあります。経験を繰り返せば繰り返すほど苦手意識が強化されてしまい、ますます悪化してしまいかねないのです。「とにかく慣れろ」というわけにはいかない難しさを抱えています。

そんな社会不安・あがり症を改善・克服する方法としてさまざまな選択肢が知られています。まずなんと言っても意識改革。人前で緊張するのは当たり前のことですし、誰だって失敗することはあるものです。過剰に意識しすぎずにいかに自然体で接することができるか、人前で接する時の心構えを切り替えていくことが求められます。

不安障害・あがり症の不安を抱えている人はちょっとした失敗をしただけで過剰に反応し、パニック状態に陥ってしまった結果さらなる失敗を誘発してしまう傾向も見られます。誰でも失敗はするもの、その失敗をしたときにうまくフォローできるか、過剰に反応してさらに失敗を上書きしてしまうか。ここに人前でうまく振る舞える人と失敗しがちな社会不安・あがり症の人との大きな違いがあると言えるでしょう。

具体的な方法としては日頃から口をうまく動かせるよう発声トレーニングをする方法、心身を落ち着かせるために呼吸をコントロールできるようトレーニングする方法、さらにネガティブな心境に陥ってしまう自分の思考のメカニズムを改善する認知行動療法などが知られています。緊張やパニック状態に陥った時にはまず深呼吸をしろ、とよく言われますが、社会不安やあがり症でも同じことが言えるわけです。

認知行動療法ではやや過剰気味になっている自意識を改めることがポイントになってきます。例えば周囲の人たちが自分の一挙手一投足に注目している、とか、ちょっとした失敗も見逃さずにネガティブな評価をしてしまうに違いない、などです。周囲の人達はちょっとした失敗程度なら気にしないし、そもそもあなたのことをそれほど気にかけてもいない、さらに失敗したところですぐにあなたのことをダメな人間などと結論を下したりはしない、周囲の人達も、自分の存在ももっとも軽く扱うことで過剰な反応を抑え込んでいくことができるのです。

とはいえ、一度発症してしまった社会不安・あがり症を改善するのは難しいというのが現実です。そこでもうひとつ別のアプローチとして登場するのが薬剤による治療です。そしてこの薬物療法の分野で注目されているのがインデラルなのです。

冒頭で触れたようにこのインデラルは不整脈や狭心症といった心臓に問題を抱えている人向けの治療薬として使用されているもので、開発されたのは1960年代とかなり古く、すでに効果や安全性の面でも高い評価を得ているものです。

このインデラルは「ベータ遮断薬」という系統に分類されており、交感神経を抑えることで心臓の働きを落ち着かせる効果を持っています。つまり、過度な緊張で自律神経が乱れて交感神経か優位になってしまった状態を落ち着かせるのにも使えるわけです。

交感神経は脳を刺激し、心臓の働きを活性化することで紅潮やのぼせ、手足・声の震えなどをもたらします。そしてこれは過度な緊張やストレスによって過剰に働くようになります。ですから、薬の力でこの交感神経を抑え込むことで社会不安・あがり症につきまとうさまざまな症状を緩和させることもできるわけです。

先程あげた改善方法の場合、一度症状を抱えてしまった方には思うように効果が得られないという難点を抱えています。周囲はあなたのことをそれほど気にしていない、失敗を恐れずに思い切ってやったほうが良い、と言われてもなかなかうまく行かないからです。「そんなことわかっているけど実際に人前に立つと緊張してしまう」と疑問を抱く方も多いはずです。

しかし薬剤で不安障害・あがり症の症状を医学的に抑え込んだうえでこうした治療法を実践することで相乗効果を目指すこともできます。症状を抑え込んで声や手足が震えずに人前で振る舞うことができれば、その成功体験をもとに「失敗を過度に恐れる必要はない」と自信を持つことができるからです。

普段のトレーニングや認知行動療法だけでは効果がなかなか上がらない方はこのインデラルの力を借りて改めて対策を行ってみてはいかがでしょうか。個人輸入代行業者を利用すれば海外製のインデラルをネット通販と変わらない感覚で購入ができます。テジャスメディシンなど、安心して利用できる業者で製品のラインナップをチェックしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。