検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

72件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
若い世代にも見られる心因性EDとは?その原因と対処法
EDというと年配の男性の問題で、若い人には関係ないと思っている人もいますが、実はそんなことはありません。20代以下の若い男性でもEDになることがあります。若くしてEDになるのは、年を取ってからより問題は深刻です。中高年者よりセックスの機会が多いはずですし、その重要性も中高年者より格段に高いと言えるでしょう。そのため、誰にも相談することができずに一人で悩んでいる若い人は少なくないはずです。

EDの改善を目指す前に、まず勃起がどうやって起こるのかそのメカニズムを知っておきましょう。まず、何らかの原因で性的に興奮します。すると、脳から信号が出てペニスに勃起をするよう伝えるのです。その際の信号は脊髄などを通じて伝達されます。ペニスが信号を受けると内部の海綿体が弛緩します。続いて、血液が流れ込みペニスが勃起するという仕組みです。

ふだんのペニスが硬くないのは、平滑筋という筋肉で海綿体を締め付けているからです。筋肉が、血液が海綿体に流れ込まないようダムの役割を果たしていると言ってもよいでしょう。

勃起のこのようなメカニズムがわかると、正常に勃起するには、性的な興奮を脊髄等を通じて伝達させ、血液が流れ込むという一連の流れがスムーズに行われなければならないことがわかるでしょう。つまり、性的に興奮しただけでは勃起しないのです。勃起しろという命令が伝達され、それに応じて血液が海綿体に流れ込むことによって初めて勃起します。

EDとは何らかの原因で正常に勃起しない状態ですが、若い人の場合、神経伝達がうまくいってないケースが多いです。性的に興奮し、血液の流れも問題なくても、神経伝達がスムーズにいかないと正常に勃起しません。繊細な神経の持ち主ほど、神経伝達がうまくいかないことによるEDを発症しやすいと言えます。

一方、中高年者のEDは、血液の流れに原因があるケースが多いです。加齢とともに動脈硬化など血液の流れに支障が出る病気が起こりやすいですが、そのせいでEDが引き起こされるということはよくあります。

神経の伝達がうまくいかないために勃起しないEDを「心因性ED」と言います。我々の心は自分で意識できている領域だけでなく、まったく自覚しない無意識の領域もあることをご存じでしょうか。そのため、心因性EDの人のなかには自分で原因に心当たりがないケースも多いのです。それゆえ、年齢にかかわらず誰でもEDにはなり得るとも言えるでしょう。

心因性EDのなかにも自覚しやすい原因があります。緊張、焦り、ストレス、プレッシャー、また、不安や怒りなどの感情が原因となる場合です。たとえば、セックスの経験の少なさから、いざという場面で緊張や焦りのせいでうまく勃起しないという経験は、男性なら誰にでもあるのではないでしょうか。ほかにも、過去の失敗体験、セックスへの義務感、職場や家庭内でのストレスなども一例です。

上記のような自覚しやすい原因とは別に、本人もまったく意識していないような深層心理が原因となってEDになることもあります。深層心因と言いますが、抑圧された幼児体験や過去のトラウマなどでEDになる若い人は少なくないのです。

自分でも忘れているような出来事のために心に深く傷を負っているようなケースですので、一般的なEDの治療法では改善が難しいです。根本的な改善を目指すなら、何が原因になっているのかを突き止めなければなりません。それには時間がかかることも珍しくないでしょう。

性機能障害の研究や知識の普及を行う団体に、一般社団法人日本性機能学会があります。同学会ではED治療のための診療ガイドラインを発表していますが、それによっても心因性EDに有効な固有の治療法は、今のところ存在しないとのことです。

うつなどの心因の場合、それをコントロールする薬剤がありますが、このような薬を多用すると、今度は薬剤性EDになってしまうことがあるので注意が必要です。少なくともEDの治療に精神神経用薬を軽々しく用いるべきではないでしょう。

このような深層心因によるEDはともかく、ペニスを勃起させるための治療という点では、若い人であっても中高年者と違いはありません。PED5阻害薬というバイアグラのような薬を使った療法が中心になります。

緊張や不安のためにうまく勃起できないとしても、経験を重ねるうちに徐々に緩和していくものです。ただ、毎回緊張のあまり勃起せずに失敗に終わるようでは、失敗体験を重ねていくだけで事態はより悪化してしまいます。そういう時は、バイアグラやシアリス、レビトラなどのED治療薬をサポート的に使用しましょう。

たとえばバイアグラなら、服用後1時間以内に効果が現れ、その効果は3~4時間続きます。薬によって効果が現れるまでの時間も効果が持続する時間も異なるので、シチュエーションに合わせて選ぶとよいでしょう。これらの薬が、セックスに対する緊張や不安を少しでも取り除く助けとなってくれるはずです。個人輸入代行サイトで買えますので検討してみてください。
EDは放置すると良くない!しっかり向き合いましょう
EDに悩まされている人はいませんか?実はこのED、日本人男性にとってはありふれた病気といえます。日本人男性で中程度から重度のEDにり患している人は1,130万人以上といわれています。40代では5人に1人、50代は2.5人に1人がEDを抱えているといいます。中にはEDに悩む一方で「もう年齢も年齢だから仕方がない」とあきらめてしまっている人もいるかもしれません。しかしEDをそのまま放置してしまうのもいけません。

EDの原因として、血流の悪化が考えられます。性的刺激を脳が感知して、ペニスへの血流を増大させます。するとペニスを構成する海綿体に血液が流入してくると、硬く膨張します。これが勃起のメカニズムです。EDになるのは、このペニスへの血液の流入がうまくいかなくなることで発症します。

ペニスにある動脈はほかのところと比較して、非常に細いです。内径が1~2mm程度といわれています。ですから血管内にちょっとしたゴミが詰まっただけでも、血液の流れがたちまち悪くなってしまいます。中高年になるとEDに悩む人は増えます。これは動脈硬化が原因のことが多いです。動脈にプラークと呼ばれる塊ができることで、血液の流れを悪くしてしまうわけです。

ペニスの動脈に動脈硬化が起きているのであれば、ほかの血管でも同様のことが起きている可能性が高いのです。ただしほかの部位ではまだ血管内部が広いので症状が現れていないだけ、というわけです。例えば心臓にある冠動脈は内径が3~4mmあります。EDが起きても、冠動脈はまだ血液の通り道があるわけです。しかしそのまま放置していれば、心臓の冠動脈のようなより太い動脈でも同様に症状が起こる可能性が高いです。

実際にED患者と心疾患の関係に関する実験が行われています。40~60代のED患者に対して負荷心電図検査を実施したデータがあります。その結果、全体の56%に心血管系の異常が発見されたという結果も出ているほどです。その他にも冠動脈の疾患を抱えている患者の4~7割がEDを発症しているという報告もいろいろと出ています。もし心臓の冠動脈で血液のつまりが起きれば、それは心筋梗塞です。心筋梗塞を発症すると、手当てが遅れれば命にかかわります。つまりEDが動脈硬化の初期症状といえます。心血管系疾患のサインになりうるのです。

EDになっている自覚はあるけれども、相談したり治療したりすることに関して抵抗感があるという人もいるでしょう。「恥ずかしい」という気持ちがそうさせているのかもしれません。しかしEDに対して何らかの手立てを講じないと後々後悔する可能性があります。欧州性機能学会が2008年、国際的な調査を行っています。その中でED患者の実に70%が「EDが命にかかわるような疾患と関連のあることを知っていれば、もっと早く受診した」と回答しています。EDというと男性機能に関する限定的な疾患だと思っている人もいるでしょうが、実際にはもっと命にかかわる疾患とも密接につながっています。

EDの治療ではPDE5阻害剤と呼ばれる薬剤を使うことが多いです。バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は広く知られています。これらはいずれもPDE5阻害剤に該当します。これらの治療薬を服用すると勃起力が回復するのは、血流の改善効果があるからです。性的な刺激や興奮を覚えると、ペニスの動脈に流入する血流がスムーズになります。その結果、勃起しやすくなります。その他にもこれらのED治療薬を服用することで、血管の拡張機能が向上する、血管の修復細胞が増殖したという報告もあります。しかもこれらの効果ですが、ペニスの動脈だけにとどまらないこともわかりつつあります。他に臓器の周りを走っている動脈に対しても、動脈硬化の予防効果があるかもしれないと指摘されています。ED治療薬を服用することで勃起力を取り戻すだけでなく、ほかの生活習慣病の予防効果も期待できるわけです。

ED治療薬に興味があるけれども、服用することに抵抗があるという人もいるでしょう。しかしそれは誤解かもしれません。例えばED治療薬を服用すると、場所関係なく勃起してしまうと思っている人が多いようです。しかしED治療薬は何も強制的に勃起させる薬ではありません。あくまでも勃起をサポートし、持続させるための薬です。性的刺激や性的興奮があって、初めて効果を表します。ですから自分の意志に関係なく、勝手に勃起してしまうようなことはありません。

またED治療薬を入手するのが面倒そうと思っている人も少なくないでしょう。しかし今ではED治療薬も入手しやすくなっています。通販サイトで注文するように、ネットでオーダーを出すだけで商品が自宅に届くサービスもあります。ジェネリック医薬品も出ていて、かなりリーズナブルな価格で購入できるものもあります。「EDかも?」と思っているのであれば、放置することなく早めに治療に励みましょう。
EDはどうして起こる?その仕組みとED治療薬について
30代後半頃から見られるようになるED。正常な勃起ができない、あるいは射精のコントロールができないといった問題が生じることで正常なセックスに支障をきたしてしまう問題です。

このEDが厄介なのは思うようにセックスが楽しめなくなることで男性としての自信を失ってしまったり、トラウマになってしまうことで精神面にまで問題をもたらしてしまう恐れがあることです。しかも次に触れるようにこうした精神面の問題がEDをさらに悪化させてしまう面もあり、EDがもたらす心の問題がますますEDを悪化させて治療を困難にさせる、といった悪循環に陥ってしまうことさえあります。

こうした悪循環を避けるためにもできるだけ早い段階でEDの治療・対策を行っていくことが望まれるわけですが、一方で直接の原因が人によって異なることも多く、まず自分が何が原因でEDになってしまったのかをよく確認したうえで適切な対策方法を選択することも重要なポイントになります。

そんなEDには大きく分けて4つの原因が考えられています。そのうちのひとつ「薬剤性ED」は特定の薬剤の服用による副作用の形で生じるものなので少々特殊なケースとなりますが、残りの3つは日常生活のなかで誰でも発症しうるものなので注意が必要です。

まずひとつ目は心因性ED。ストレスをはじめとした精神的な問題が原因で発症するケースです。この場合、体力的には精力にあふれているはずの20代でも発症する例が見られるのが大きな特徴となっています。

ストレスの蓄積はうつ病の原因になるなど、無気力・無関心な状況をもたらします。そもそも性的な興奮を感じにくくなることで勃起力が低下してしまうのです。さらにストレスによって自律神経が乱れがちになると全身の血行が低下し、それが勃起力の低下の原因になることもあります。勃起とは簡単にいえば陰茎部に血液が流れ込んで海綿体を膨張させることで生じる現象ですから、血行が悪化すると勃起力が低下してしまうのです。

具体的には緊張や不安といったストレス、あるいは精神的なショックを受けると脳内の神経伝達物質が減少し、情報伝達に支障が起こるようになります。その結果せっかく性的な興奮をもたらすような刺激を感じてもその情報が脳から陰茎にまでスムーズに伝わらず、十分な勃起ができなくなってしまうのです。

20代にも見られるのは体の衰えや何らかの疾患が直接の原因ではなく、もっぱら精神状態がもたらすものだからです。

この心因性の原因としては過去にセックスに失敗した経験、女性からバカにされてしまった記憶がトラウマになってしまった場合や、仕事や人間関係のストレスで慢性的に緊張・不安を抱えているような状態に陥っている場合によく見られるので、まずこうした問題を解消していく対策が求められます。

2つ目の原因は器質性ED。心因性とは逆に体に何らかの問題が生じたことで勃起力が低下してしまうパターンです。典型的な例では糖尿病に代表される生活習慣病でしょう。あとは加齢や偏った食生活による血行不良、さらに事故や手術などで血管が損傷を受けてしまったパターンなども挙げられます。そのほかやや特殊なケースではてんかんや脳卒中、パーキンソン病といった神経障害がもたらす病気が原因で器質性EDになることもあります。

この器質性EDの場合は、まず原因となる体の不調を改善していくことが大前提です。とくに生活習慣病の方はED対策としてだけでなく、健康全般のためにも食生活の改善や運動などを取り入れてみるようにしましょう。

そして3つ目がこの心因性と器質性の両方を抱え込むことでEDが発症する混合型EDです。薬剤性EDが加わることもあります。例えばストレスで暴飲暴食に陥り、血行不良と生活習慣病のリスクを抱えることでEDになってしまうこともあります。あるいは器質性EDが原因で男としての自信を失って心因性EDも抱え込んでしまうケースも。この場合は心身両面の健康の回復を目指した対策が必須になってくるでしょう。

こうしたEDの原因をよく踏まえた上で、ED治療薬を賢くしていくことで治療・改善の効果を高めていくことができます。ED治療薬にはさまざまな種類がありますが、基本的な作用のメカニズムは共通しており、陰茎部に血液が流れ込むのを促すことで勃起力の向上・改善効果をもたらします。

ですから血行不良で勃起不全になってしまっている方はもちろん、心因性EDの場合でも勃起力を高める効果が期待できるわけです。それだけでも効果的な方法ですが、確実に勃起してセックスができることで自信を取り戻す機会が得られる点も見逃せません。

セックスに失敗した過去がトラウマになってしまっている方、長い間EDの悩みを抱えてすっかり自信を失ってしまっている方がED治療薬によって「復活」することで「問題なくセックスができる!」という自信を取り戻すことができます。さらにセックスの快感を改めて味わうことで、セックスに対するやる気を取り戻す効果さえも期待できます。

しばしED治療薬はその場限りの効果しか得られないと言われますが、このように成功体験やセックスの快楽を味わうことによる効果も見逃せません。なかなか思うようにEDが改善できずに悩んでいる方はED治療薬に頼ってみるのもひとつの選択肢となるでしょう。

バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラ…さまざまなED治療薬が発売されており、それぞれ特徴があります。効果はもちろん、持続時間や食事の影響なども考慮したうえで自分が使用するシチュエーションに合ったものを選んで試してみるとよいでしょう。こうしたED治療薬は個人輸入代行業者で気軽に購入することができます。まずは個人輸入代行業者の商品紹介ページで各ED治療薬の内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。
EDの予防など適度に射精することによって得られるメリット
男性にとって自然な生理現象である射精ですが、射精については誤解も意外と多いものです。たとえば、オナニーばかりすると「頭が悪くなる」「体に悪い」といった話は多くの男性が聞いたことがあるでしょう。逆に、射精しないで一定期間溜めておくこと、いわゆる「オナ禁」が健康にも精子の質にも良いという話があります。

しかし、これらの説は正しいとは言い難いです。適切に射精する限り、オナニーであれ、セックスであれ。射精することによる心身の悪影響はありません。むしろ、さまざまなメリットがあると言えるでしょう。では、射精には具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

一つは、男性ホルモンの分泌が活発になることです。男性らしさを司るのが男性ホルモンの一種、テストステロンですが、このホルモンは射精時に急激に増えることがわかっています。テストステロンが増えると、骨や筋肉を強くするだけでなく、闘争心や男性的な魅力のアップなどのメリットもあります。

また、定期的に射精することによって、EDを予防できるというメリットも大きいです。筋肉は使わないと衰えることは知られていますが、射精を司る骨盤底筋という筋肉も例外ではありません。この筋肉はお尻から恥骨のあたりをつないでおり、射精のほかに、排便などのコントロールを司っています。適宜に射精しないとこの筋肉が衰えてしまい、そうなると、十分な勃起力を得ることもできません。EDを予防するためにも、適度な間隔で射精するべきと言えるでしょう。

射精によって、精子の質向上のメリットも期待できます。放出される前の精子は精嚢に満たされていますが、その時間はおよそ72時間です。それを過ぎた精子はどんどん質が下がっていきます。古い精子が精嚢内を満たしていると、新しい精子を作ることもできません。それゆえ、射精しない状態が長く続くと、新しい精子が作られにくくなり、作られてもその質が下がってしまうわけです。

なお、精子の質は射精の仕方によりません。女性とのセックスで射精した場合も、オナニーで射精した場合も、射精には変わりないので、適度に射精することで精子の質向上が期待できます。実際、禁欲後の方がオナニー後のセックスでの着床率よりアップするということはないので、精子の質を高めたいのであれば、禁欲より適度に射精するべきです。

加えて、射精には病気の予防効果も期待できるとされています。アメリカの医学誌に報告されたケースですが、20代男性を対象に調査したところ、月21回以上射精する人は、それ以下の人より前立腺がんにかかりにくいという結果が得られました。発症リスクが20%も変わるそうですから、適度な射精は健康のためにも必要なことがわかります。さらに、射精すると血流がアップすることから、風邪や疲労の改善、心臓病の予防にも効果が期待できるとのことです。

射精にはもう一つ、気持ちいいというメリットがあります。射精の瞬間に大量のドーパミンが脳内で分泌されるためですが、メリットはその瞬間だけではありません。射精後にはプロラクチンという物質も脳内で分泌され、これがメンタルをリラックス状態に導きます。したがって、射精する瞬間だけ気持ちいいのではなく、射精後に心地よく眠りにつけるようになるのも大きなメリットなのです。

そんな男性の心身の健康において重要な射精ですが、加齢で射精時の精液の量が減ると同時に、精子の数も減ることがわかっています。射精の勢いも弱くなり、得られる快感も低下するのです。そのせいでオナニーやセックスへの興味まで減退してしまい、勃起することも少なくなって、EDへと至るケースも少なくありません。

加齢とともに精力が減退するのは否めませんが、最近では若い世代においても、精子の質・量が低下している人が目立っています。それにはさまざまな要因が考えられますが、主に食生活や睡眠など、生活習慣に起因するものが多いです。

ジャンクフードを始め、加工食品や精製食品ばかり食べていると、精子ばかりか、体全体の健康にも良くありません。また、睡眠不足によるストレスによって、精子が悪影響を受けることもわかっています。3~5時間の睡眠時間の人は、毎日7~9時間寝ている人と比べると、ストレスによる悪影響が顕著です。

ほかにも精子の質が低下する要因はあり、なかでも喫煙の害には注意しなければなりません。喫煙によって血流が悪化するとともに、体内では酸化ストレスが増えます。血流が悪くなれば勃起力にも影響を与え、しかもストレスによって精子の質も衰えるのです。最近、勃起力に自信がないという喫煙者は、ぜひ禁煙を検討してください。

精子の質を高めるには、適度な射精と生活習慣の改善が大切です。ただ、すでにEDにお悩みの場合、努力だけでは改善が難しいこともあります。そういう場合は、レビトラ、シアリス、カマグラなどのED治療薬を検討しましょう。個人通販代行サイトを利用することで、こうした薬も今では比較的簡単に入手できるようになっています。
国ごとに大きく違うセックスの頻度!日本はどう?
セックスの頻度は、その人によって大きく異なります。性欲が強い人、セックスが大好きという人なら、そうでない人よりも頻度は多いでしょう。しかしこの頻度を国別という大きなくくりで見ると、国によって大きな違いがあります。

週に1回以上のセックスをする人がどのぐらいいるかという割合を国別で比較した場合、日本は残念ながら35%程度しかいません。これは、若い年代から中高年、高齢の人までバランスよく調査した統計のため、若い年代なら35%よりも多いでしょうし、年齢が上がれば35%よりも低くなると考えられます。

この35%という数字は、実は他の国と比較すると驚くほど低いのです。週に1度以上のセックスをする人の割合が高い国は多く、中でもギリシャは90%近くの人が週1回以上のセックスをするという統計があります。アジア諸国でも、中国は80%程度、マレーシアは75%程度、タイや香港は65%程度と、どの国でも日本よりはるかに多くの割合の人が、日本人よりも頻繁にセックスをしているという事になります。

「セックスは回数や頻度じゃない、質だ」という人もいるでしょう。もちろん、そうだと賛成する人はたくさんいます。しかし、国別のセックスの満足度を比較した場合、日本は残念ながらこの満足度の点でもあまり高くはありません。

自身のセックスに満足している人の割合をみると、日本人はなんと15%程度しか満足していないという調査結果があります。それでは、どの国の人はセックスに対する満足度が高いのでしょうか?

満足度が高いのは、ナイジェリアの70%を筆頭に、メキシコの65%、インドの60%などが挙げられます。セックスの頻度が多いギリシャの場合には、満足度は50%程度で、セックスの頻度は多いけれど満足している人は全体の半分程度という事が見えてくるでしょう。

それでは、セックスに関しては頻度も少なく満足度も低い日本で暮らす人にとっては、どうすれば他の国のように大満足のセックスライフを満喫できるようになるのでしょうか?

方法はたくさんあります。今すぐに挑戦できる方法もあるので、まずはトライしてみてはいかがでしょうか。

1つ目の方法は、ストレスを軽減するというものです。誰でも、ストレスを感じている時にパートナーとセックスしたいという気持ちにはなりにくいでしょう。日本人は他の国と比べると心配性や神経質な人、また完璧主義や責任感の強い人が多く、社会生活の中で受けるストレスレベルが全般的に高いものです。このストレスレベルをできるだけ低くすることによって、セックスライフにもプラスの効果が期待できるかもしれません。

具体的に何をすればストレスを軽減できるのでしょうか?ストレスを感じないような考え方ができれば良いのですが、生活のために働いている人にとっては、ストレスから逃れられないという事態は珍しくありません。そんな時には、ストレスを体内にためずに発散するための工夫をするのが得策です。例えば、バッティングセンターやゴルフの打ちっぱなしでストレスをボールに思い切りぶつけたり、サッカーやフットサルなどのスポーツで汗を流すこともストレス解消効果があります。カラオケをすることにも高いストレス解消効果があるので、もしも慢性的なストレスを感じやすい人なら、定期的に一人カラオケでストレスを思い切り発散しても良いでしょう。

2つ目にオススメの方法は、疲労レベルを下げるというものです。毎日の通勤と仕事でクタクタになって帰宅すれば、セックスをするよりもとにかく早くお風呂に入って布団に入りたいと考える人が多くても不思議ではありません。疲労レベルを下げるためには、生活環境を見直して疲れそうな要素を持つ部分を改善するほか、自身の体力を高めて疲労を感じにくい体質づくりをするという方法もあります。

また、疲労は肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も含まれています。できるだけこうした疲労を物理的に取り除くなら、仕事は勤務時間内にさっと終わらせるように最大限の努力をし、残業せずに済むような環境づくりをするのが得策です。ただしこれは、職場の環境によっても可否が変わるため、どうすることもできないケースもあるでしょう。その場合には、日常生活の中で疲労を軽減できるような工夫や対策方法を模索することをおすすめします。

3つ目にオススメの方法は、ワクワクできる何かを見つけるという方法です。趣味を見つけても良いですし、すでに趣味を持っている人なら、毎日短時間でも趣味に没頭できる時間を設けてはいかがでしょうか?ワクワクできる何かを見つけることによって、自身の行動に対するモチベーションが高まります。仕事でストレスまみれになっても、家に帰れば楽しくワクワクする趣味が待っていると考えれば、やる気がわいてくるかもしれません。

もしもセックスのモチベーションは高まったけれど物理的にEDなどの問題がある場合には、カマグラやシアリス、レビトラなどの医薬品を活用するという解決方法もあります。
老化防止とED治療薬
男性の勃起障害に処方されるのがED治療薬ですが、近年の研究で、他の症状の改善にも役立つことが証明されています。その一つが老化防止効果です。年齢とともに体が衰え、体力などの衰えを感じる老化については、いまだに解明されていない部分があります。ED治療薬が、老化の防止に寄与する可能性があるようです。

老化の原因の一つとされるのが、酸化ストレスと呼ばれるものです。いわゆる活性酸素が、体の各部分に影響を与えると言われています。人間だけでなく、動物が生きていくのに欠かせないのが酸素です。呼吸によって体内に運ばれた酸素は、血液を通じて細胞に運ばれます。酸素が届かなければ、細胞は死んでしまいます。酸素は私たちにとって必要不可欠なものですが、体内に届けられた酸素のうち、ごく一部の酸素が活性化されることがわかっています。活性化された酸素は生命維持に影響を与え、活性酸素の量が増えると、細胞を破壊してしまいます。細胞が破壊されたり傷つけられたりすると、細胞が変異して、いわゆる「がん」の原因になります。

活性酸素が細胞に悪影響を与えるのであれば、活性酸素を全部除去してしまえばいいのでは?と思うかもしれません。しかし、活性酸素は必ずしも悪影響ばかりをもたらすわけではありません。例えば、体内の免疫力を維持するためには過酸化水素などが必要になります。これらの物質は活性酸素に含まれているので、活性酸素が全てなくなってしまうと防御機能が損なわれ、かえって他の病気にかかりやすくなってしまうのです。

このような話をすると、「じゃあ、どうしようもないではないか」と反応する方もおられるかもしれません。とはいえ、活性酸素を適度に抑えることができれば、体に与える悪影響は少なくなります。どうすれば活性酸素を抑えられるのでしょうか。

相手は酸素ですから、酸素を抑えるために必要なのは抗酸化物質ということになります。幸い、活性酸素の過剰な生産を抑えるために、体には抗酸化物質を生産する機能が備わっています。ただし、抗酸化物質を生産する機能が正常に働かないと、活性酸素は増加し、細胞にダメージを与えてしまうことになります。抗酸化物質の生産を抑えてしまう習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。

その一つが運動不足です。適度な運動は抗酸化物質の生産を促し、活性酸素の過剰な生産を防いでくれる働きがあります。毎日が忙しくて運動ができなかったり、生活が不規則であまり運動をしたくないと感じたりするのであれば、要注意です。

このほか、喫煙の習慣も活性酸素の量を増やしてしまうため、できれば避けるのが良いでしょう。スナック食品やインスタント食品を中心とした食べ物も、活性酸素の増加を手助けしてしまうので、避けたほうが安全です。

活性酸素が増えると、どうして老化につながるのでしょうか。老化の原因の一つが細胞の劣化です。人間の体には60兆個もの細胞がありますが、細胞は毎日のように入れ替わっています。ところが、活性酸素が増加すると、新たな細胞が作られなくなったり、細胞が傷つくことで細胞が正常に働かなくなったりしてしまいます。これが老化につながり、筋肉の衰え、肌のシワやたるみといった老化現象を引き起こしてしまいます。

年齢の割に歳をとっているように見える場合、老化現象が進んでしまっている可能性があります。細胞の正常な入れ替わりができず、それが老化につながっているのです。老化を完全に防ぐことはできませんが、老化を遅らせることはできます。それが先ほど取り上げた、活性酸素を減らすためにできる方法です。

生活習慣や環境はそれぞれ異なるので、必ずしも定期的に運動ができるとは限りませんし、最適な食習慣も維持できるとは限りません。そのような場合、老化は防げないのでしょうか。

この点で、老化を防ぐのに役立つとされるのがED治療薬です。カマグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬には、活性酸素の原因となる酸化ストレスを抑える効果があることが研究結果で明らかになりました。ED治療薬には、男性ホルモンの分泌を促す効果があります。実は、この男性ホルモン(テストステロン)が活性酸素に作用して、活性酸素を減らし、老化を遅らせるのに役立ちます。

男性ホルモンは男らしさを作り上げるのになくてはならないものですが、年齢とともに男性ホルモンの分泌量は減少し、それが老化に関係しています。ですから、男性ホルモンの分泌量を増やすことで、老化を防ぎ、いつまでも若々しい体を保つことができるのです。もちろん、毎日の運動や良い食習慣は必要ですから、それらの日課と並行して、ED治療薬を活用することです。

カマグラやシアリス、レトビラなどのED治療薬は、通販でも手に入るようになりました。もし若々しさを保ちたいとお考えであれば、通販を活用して、自分に合ったED治療薬を選ぶことができるでしょう。
EDとは何か。自分でできる改善方法
EDという言葉を聞いたことがある人、なんとなく意味は知っているという人は少なくないでしょう。しかし、詳しい意味は意外と知られていません。EDとはどんな状態を指して使う言葉でしょうか。

EDとは、英語のErectile Dysfunctionの略で、意味を直訳すると「勃起不全」です。つまり、男性の性機能障害の一つを指す言葉です。しかし、さらに詳しくEDを定義すると「十分な勃起状態が得られないゆえに、満足のゆく性行為ができないこと」「勃起が維持できない状態が続くことや再発すること」です。こうした定義を考えると、EDは単に男性器が勃起しないということだけを指すのではなく、もっと幅広い意味を持つ言葉ということがわかります。また、EDには程度の違いもあるということもわかります。

例えば、全く勃起しないわけではなくとも、勃起までに時間がかかる人や勃起しても十分な固さにならない人はEDの可能性があります。また、普段は勃起するものの、たまに勃起しないことがある人や相手によって勃起したりしなかったりする人もまたEDの可能性があります。EDの原因には身体的なことが問題になっていることもあれば、精神的なことが問題になっていることもあります。また、そうした問題が重複している場合もあります。

定義からもわかるように、EDは勃起しないという症状だけではありません。「性行為において満足できるほど勃起しない」という状態です。それで、症状が現われていても、とりあえず勃起しているので大きな問題ではないと軽く見ることが無いよう注意が必要です。一昔前ではEDの治療は難しく、どこに相談すれば良いのかわからない人も多くおられましたが、今ではED治療はそこまで難しいことでもありませんし、改善のためにもいろいろな方法があります。

EDの原因となる要素はいくつかありますが、身体的な疾患からEDを併発してしまうことがあります。勃起が依然と比べて弱くなったり、遅くなったりする人は別の病気が原因となっていることもあります。例えば、動脈硬化や糖尿病、高血圧などの生活習慣病はEDを併発しやすいと言われています。自分では気づかないことも多い病気なので注意が必要です。
他にもEDの原因となる要素に精神的な疾患も挙げられます。うつ病などをはじめとする精神病、トラウマなどによる精神的ストレスです。うつ病などの精神疾患は性欲を減退させることも多いため、EDを併発する可能性もあります。また、性行為中の失敗によるトラウマ、それゆえの不安などが原因でEDになる人もいます。特定の相手との性行為の時にのみEDの症状が出る人の多くは、精神的な理由によることが多いようです。

EDの疑いがある場合、すぐに病院で診察してもらう前に自力で改善のためにできることもあります。

例えば、生活習慣を改善することでEDも改善することがあります。喫煙者はタバコを吸わない人よりもEDになる確率が高いとされています。そのため、喫煙している人は禁煙することでEDが改善される可能性があります。

飲酒に関しては、性行為の前にはお酒を飲まないようにすることで、十分な勃起が得られるようになるかもしれません。また、毎日飲酒をする習慣がある人は、休肝日を設けることがEDの改善につながるかもしれません。

もう一つ、生活習慣からED改善する方法は睡眠時間の改善です。年齢によって多少の違いはありますが、基本的に健康な体を維持し、EDを防ぐためには6時間から7時間の睡眠が必要になります。睡眠時間が短いと身体的にも良くありませんし、忙しすぎることはストレスにもつながります。ストレスはEDの原因にもなるので、睡眠時間をしっかりと確保してあげることは大切です。しかし、8時間以上寝るとEDのリスクが高くなるので注意が必要です。

血行を促進し、健康な体でいることもEDを防ぐ上で重要です。そのため、ED改善のために適度な運動をすることも良いことです。実際、EDに悩む人の内、運動不足を感じている人は多くおられます。
ED改善のために効果的な運動は、マラソンやサイクリングなどの有酸素運動です。しかし、サイクリングは注意も必要です。使用する自転車のサドルによって勃起を促す血管や神経が圧迫されてしまい、結果的にEDが起こりやすくなってしまうことがあるからです。サイクリングをする際には股間を圧迫しにくいサドルを選ぶことや、長時間自転車に乗り続けることを避けるようにしましょう。
太ももの筋肉を強化し、下半身の血流を促進することはED改善に効果があります。下半身を中心とした筋トレもEDには効果のある運動です。

加えて、ED改善のためにカマグラやシアリスなどのED治療薬を使用することも一考です。ED治療薬は根本的な改善というよりは一時的な勃起のサポートをする薬です。服用することで薬が無いと勃起しなくなる、ということは無いので、必要に応じて使用してみるのも良いかもしれません。こうしたED治療薬はネット通販などでも手に入れることが可能です。
コンビニで手軽に買える食材でも精力・勃起力アップ!
「衰えてきた精力をアップしたい」、「今より強い勃起力を手に入れたい」という男性は、ぜひ毎日の食事内容から見直してみましょう。正常な勃起にはさまざまな栄養素が十分な量必要です。精力剤やサプリメントなどもありますが、栄養素の摂取効率はやはり食べ物から直接摂取するのがよいでしょう。

ただ、精力アップに良い食べ物というと、牡蠣、マムシ、すっぽんのような日常的に接することのないもののイメージが強いのではないでしょうか。牡蠣はまだしも、マムシやすっぽんを口にする機会は滅多にあるものではありません。また、牡蠣にもシーズンがありますので、1年中毎日食べるのは難しいのではないでしょうか。

新たな食習慣を確立するには、続けやすいことが何より重要です。そこで、いつでもどこでも手に入れやすい食事ということで、コンビニで買えるもののうち精力アップに良さそうな食材をピックアップしました。

コンビニで買える精力アップにおすすめの食材ナンバーワンはサラダチキンです。サラダチキンは、コンビニ大手を始めとして、全国のほとんどすべてのコンビニで手に入ります。たんぱく質が豊富でカロリーが低いというダイエットにもぴったりの食材ですが、精力アップにも効果的です。

男性の精力の源とも言える精子はたんぱく質によって作られます。ですので、「たんぱく質がちょっと足りていないかな」と思い当たる男性は、サラダチキンで手軽に補給してはいかがでしょうか。

チキンだけでなく魚も豊富な栄養源です。しかし、コンビニに魚はあまり売っていないイメージではないでしょうか。確かに生魚などはありませんが、魚の缶詰ならどのコンビニでもラインナップされているはずです。イワシ、サバ、サケ、ツナなどコンビニには複数の魚の缶詰があります。特にイワシやサバなどの青魚はDHAやEPAの宝庫ですので、血流を改善して勃起力を改善する期待大です。また、勃起にも関係するとされるビタミンDまで豊富に含まれています。

肉と魚ときたら、お次は野菜です。最近のコンビニのなかには野菜の品ぞろえに力を入れているところもありますが、ここでは全国どのコンビニでも手に入りやすい野菜ミックスをおすすめしましょう。

野菜が体にいいことは常識ですが、実は男性の精力低下にも良い効果をもたらすのです。特にビタミンCやビタミンEが豊富な野菜の場合、その抗酸化作用によって硬くなった血管を柔らかくし、動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きが期待できます。生活習慣病は男性機能の敵ですから、日ごろからビタミン豊富な野菜をしっかり食べるようにしましょう。いろんな種類の野菜が一度に食べられるコンビニの野菜ミックスがおすすめです。

最近のコンビニではどこでも淹れたてのコーヒーが飲めるようになっていますが、実はコーヒーも勃起力の改善に効果が期待できるとされている食材です。

アメリカの大学で3,000人以上の男性を対象に、こんな調査が行われました。男性たちをコーヒーを飲むグループと飲まないグループに分け、飲むグループには1日にコーヒーを2~3杯、カフェインにして170~375mg分を毎日飲んでもらいます。すると、コーヒーを毎日飲んでいたグループの方が、飲まないグループよりもEDに悩むことが少なくなったそうです。

カフェインには血流を促進する効果がありますし、集中力アップにもつながるため、その意味でコーヒーがED改善によい働きをもたらすのでしょう。ただし、カフェインの摂り過ぎには注意してください。

コンビニはいろんな種類のナッツが売っています。ピーナッツだけでなく、アーモンド、カシューナッツ、クルミ、ピスタチオなどいろいろ手に入りますが、これらナッツ類は精力増強や性欲アップに大きな効果をもたらす栄養素が豊富に含まれていることがわかっています。

たとえば、アーモンドはビタミンEが非常に豊富ですし、ピスタチオにはアミノ酸、クルミにはオメガ3脂肪酸など、種類ごとに多い成分が違うのも特徴です。いろんな種類のナッツが入ったミックスナッツを毎日60gほど食べたところ、性欲アップとともに勃起力の向上が見られたという研究結果もあります。砂糖や油たっぷりのお菓子を食べるより、おやつにはナッツがおすすめです。

おやつに甘いものが食べたいなら、チョコレートはいかがでしょうか。最近ではカカオの含有率が高いビターチョコレートがはやっていますが、実はこれは精力剤としての効果が期待できる優れもののおやつです。カカオには興奮作用もあるため、チョコレートを食べていると性的興奮も得やすくなります。勃起力の低下を自覚している男性におすすめです。

男性の精力や勃起力の改善に良いコンビニ食品を紹介してきましたが、もちろんこれらは食品ですので、即効性が期待できるわけではありません。将来EDにならないようにという予防の観点からのおすすめ食材ですので、現にEDに悩んでいる男性には即効性が期待できるアプローチをおすすめします。たとえば、カマグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬です。今では通販サイトで手軽に購入できますので、EDにお悩みなら一度試してみてはいかがでしょうか。
EDの原因となる悪習慣と自分の力でEDを改善する方法
正常に勃起できないことをEDと言いますが、この言葉もかなり一般に浸透しました。とはいえ、EDの治療を受けることに抵抗を感じるという男性も、まだまだ多いのではないでしょうか。できれば、人に頼らず自分の力だけで何とかしたいと思うものです。では、EDは独力で改善できるのでしょうか。できるとしたら、どんな方法があるのでしょうか。

タバコを吸っている方であれば、禁煙こそ最も手っ取り早いED改善の方法です。タバコを辞めたからといって絶対にEDが治るという保証はありませんが、少なくとも吸い続けるよりも良い影響があることは確実でしょう。タバコが健康に有害なことは広く知られていますが、男性にとっては勃起にも悪い影響を与えているのです。

タバコにはニコチンという成分が含まれています。このニコチンには摂取した人の血管を収縮させる働きがあり、それによって、体内の血の巡りが悪くなってしまうのです。血の巡りが悪くなれば、勃起にも支障をきたすのはおわかりいただけるでしょう。性的に興奮しても、血液が十分にペニスに集まらなければ、勃起しようにも勃起できません。

また、タバコを吸うとホルモンバランスが崩れます。男性の場合、勃起と密接なかかわりがある男性ホルモンが分泌される量が減ってしまうのです。男性ホルモンは勃起だけでなく、性欲そのものにも大きくかかわります。そのため、タバコを吸い続けると、EDだけでなく性欲自体減退してしまうリスクが高いのです。

このように、EDという観点からもタバコは有害と結論づけられます。EDにお悩みの喫煙者の方は、なるべくなら完全な禁煙を、それが難しくても、今より喫煙本数を減らすように努力しましょう。

タバコの害は広く知られていますが、お酒も実はEDと密接な関係を持っています。お酒は少量であれば血行を良くする効果があるため、それが即EDにつながるということはないでしょう。しかし、量を過ぎれば勃起にも大きな支障をきたします。アルコールによって神経の伝達が妨害され、脳からの「勃起しろ」という信号がペニスにちゃんと届かなくなってしまうのです。

また、お酒を飲むと勃起しなくなるとはよく言われる話ですが、それだけに留まりません。大量の飲酒が蓄積した結果、精子を新たに作るための栄養まで消費されてしまうため、勃起できないだけでなく、射精できない、また、射精できても質の悪い精子になってしまうリスクが高いのです。

可能であれば、タバコと同じくお酒もすっぱりやめてしまうとよいでしょう。しかし、完全な断酒が難しい方も多いはずです。そういう場合でも、毎日ではなく数日おきなど頻度を少なくするように努めてみてください。アルコール摂取の頻度が少なくなるだけで、ED予防に効果があることが認められています。

タバコ、お酒に続いてストレスもEDの大きな要因です。ストレスが溜まっている方は上手に発散できる方法を見つけましょう。「それがタバコやお酒なんだ」と言う方もいるでしょうが、体に有害な物質を取り入れる以外の方法をおすすめします。

趣味がある方は趣味に打ち込むのも良い方法です。健康を悪化させない趣味なら旅行でもカラオケでも何でもかまいません。心から楽しめることに没頭すれば、その後の気分もスッキリし、溜まっていたストレスも気にならなくなります。

また、睡眠不足によってストレスが上手に解消できていないケースも考えられます。その場合、十分な睡眠時間を確保するのが先決です。睡眠中に人間は心身の疲労を回復するため、その時間が短くなればストレスは溜まる一方で、EDだけでなく他の健康被害をも引き起こしてしまいます。

EDにお悩みの特に中高年の男性におすすめなのが、ストレス解消としての運動です。適度な運動に健康効果があることは当然ですが、健康のためだけに無理して運動してもかえって不健康になりかねません。そうではなく、気持ちいいと感じるぐらいの強度の低い運動でよいのです。

そういう運動というと、ウォーキング、軽いジョギング、サイクリングなどの負荷の低い有酸素運動になります。実はこの有酸素運動が、ストレス解消だけでなく、血の巡りの悪さからくるEDにも大きな効果が期待できるのです。

有酸素運動を続けることで血行が促進されます。すると、性的興奮を感じた時にペニスに流れる血液量がアップするため、勃起しやすくなるのです。また、運動によって筋力がアップすることで、ペニスに充満した血液をそのままキープする力もアップします。つまり、勃起力強化になるというわけです。

あとは、食生活の見直しでしょう。ED改善に良い成分には亜鉛やシトルリンがあります。牡蠣やレバー、キュウリ、スイカ、メロンなどがおすすめです。

自力で努力した結果、それでもEDが改善する気配が見られないという場合でも、ED治療薬なら高い効果が出ることがあります。いざとなったら薬の力を借りるのも賢明な選択です。バイアグラやカマグラ(バイアグラのジェネリック)、シアリス、レビトラ等のED治療薬はネット通販でも購入できますので、検討してみてはいかがでしょうか。
手軽に始められるED対策は運動である!
若いころと比較して勃起力が低下した、これってもしかしてEDかもとお悩みではありませんか?たとえEDであったとしても日常生活を見直すなど適切な対策をとることで、症状の回復する可能性は大いにあります。その中でもすぐに始められる方法として運動があります。実際に平均以上に運動する集団とそうでない集団を比較した研究があります。その結果、運動しているほうが勃起力は高かったというデータも出ています。運動するといっても、アスリートのようにハードトレーニングをする必要はありません。無理のない範囲で行うこと、継続することが大事です。

ではどのような運動をすればいいか、別に種類は問いません。筋トレをしてもいいですし、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動を続けても構いません。自分のできそうなこと、続けられそうなメニューをこなしていくといいでしょう。

もし有酸素運動をするのであれば、ウォーキングやジョギングがおすすめです。特別道具が必要ないので、いつからでも始められます。ジョギングは別にスピードは関係ありません。無理のないペースで走りましょう。目標としては1日30分できるといいです。今まであまり運動してこなかった人にとって、1日30分のジョギングはゆっくり走ってもハードルが高く感じられるかもしれません。その場合にはラン・アンド・ウォークといって歩きと交互に織り交ぜると無理なく目標到達できます。ジョギングが厳しければ、まずはウォーキングから始めるのも一つの方法です。

中高年になってくると、ひざに痛みを感じる人もいるでしょう。もし膝が悪ければ、スイミングがおすすめです。水中では浮力によって膝にかかる負担が軽減されます。膝に爆弾を抱えている人でも無理なくトレーニングできます。中には泳げないという人もいるでしょう。その場合にはプールの中を歩く水中ウォーキングにチャレンジしてみるといいです。

有酸素運動の中にサイクリングがあります。自転車に普段から乗っていて、近くのスーパーに買い物に出かけるという人もいるでしょう。しかしED対策としてサイクリングをするのはあまりお勧めできません。というのもサイクリングはサドルに座るからです。自転車に乗っている間、股間を圧迫する形になります。股間には勃起と密接に関係する血管や神経が通っています。ここを長時間圧迫すると勃起力にマイナスの影響を及ぼすかもしれません。もしサイクリングをしたければ、圧迫を軽減するパッドを入れる、こまめに休憩をとって長時間連続して圧迫させないようにするなどの対策が必要です。

筋トレをしてもED対策は十分期待できます。特に筋トレをするのであれば、下半身メニューをメインにしましょう。下半身の筋トレといってもそこまで難しくはありません。例えばお尻の筋力トレーニングなどは、今まで筋トレ経験のない初心者でも簡単に実践できるはずです。仰向けに寝て、かかと同士を合わせて、ひざは曲げた状態を作りましょう。ここからお尻を持ち上げていきます。これ以上上がらないポイントに到達したら、そこで5秒間キープします。そしてお尻を下ろして元の態勢に戻します。これを1日20回繰り返すだけです。お尻を持ち上げるとき手の力を使ったり、勢いをつけたりしないように注意してください。

椅子を使ったトレーニングも有効です。椅子に片足をかけます。この状態で体を前方に倒していきましょう。片足15回ずつ、両足ともおこないます。このエクササイズをするときにはいくつかポイントがあります。まず重心はまっすぐに保つように意識しましょう。前かがみになったり、反ったりしていないか確認しながら最初のうちはエクササイズするといいでしょう。またつま先やかかとに体重がかからないようにポジションを調整してください。体を前方に傾けるときに45度を目標にしてみましょう。しかしもし難しければ、無理をする必要はありません。できる範囲で続けていきましょう。

今パートナーがいるので、できるだけ早くEDの悩みを解消したいと思うのであれば、ED治療薬を服用するのも一つの方法です。ED治療薬というとバイアグラやレビトラ、シアリスなどが有名です。しかし今ではジェネリックもいろいろと出てきています。カマグラなどは有名です。ジェネリックは薬の開発費が価格に反映されないので、リーズナブルな価格で販売されているものが多いです。ED治療薬に興味があるけれども、高価なものはちょっと…という人におすすめです。

ED治療薬は通販サイトで手軽に購入できます。通販サイトの中にはED治療薬を数多くラインナップしているところもありますし、カマグラのようなジェネリックも取り扱っています。50錠や100錠といった大容量商品も取り扱っているので、まとめ買いをして何度も注文せずに済ませたいという人にもおすすめです。ED治療薬を誰にも知られることなく購入したければ、通販サイトを活用しましょう。
勃起はどのぐらい持続するのが一般的?
男性が性的な興奮を感じるとペニスが勃起することは誰もが知っています。しかし、勃起した状態がどのぐらい持続するか、その一般的な平均値を理解している人は、それほど多くはないかもしれません。もしかしたら自分はEDかもしれないと不安を感じたら、本当に自身の状態がEDなのかどうかをチェックすることから始めてみませんか。

勃起の持続時間には、大きな個人差があります。日本人男性の平均を見ると数分程度から30分程度ですが、同じ人でもその時によって大きな差があります。例えば、健康な男性は、寝ている間に5回程度勃起する人が多いことはご存じでしょうか。この場合、性的な刺激を受けたわけではなくても、体内で勃起する条件がそろうことによって、ペニスは勃起します。寝ている間の勃起継続時間は平均すると25分から30分程度が平均なのですが、起きている時の勃起でも同じぐらい長く継続するとは限りません。

それでは、体内でどんな条件がそろうとペニスは勃起するのでしょうか。男性のペニスには、海綿体と呼ばれる3本の管が通っており、体内から血流が流れ込むと、海綿体が血液で充満され、勃起が起こります。どのぐらい血流が増えるかというと、勃起していない状態と比較して、場合によっては血流が8倍程度にまで及ぶこともあります。

勃起のメカニズムに大きく関連するのは、心臓や肺などの臓器、ホルモンや神経、そして血液の質です。これらの機能に問題がなければ、勃起の継続時間は自身にとって満足できる長さになることが一般的です。どこかの機能に問題があると、勃起のメカニズムが正常に作用せず、EDのようなトラブルが起こりやすくなってしまいます。

男性ホルモンの分泌量は、年齢によって変化します。若い年齢の人よりも中高年の方がEDになりやすい傾向があるのは、ホルモン分泌量が年齢とともに低下してしまうことと大きな関係があります。さらに、生活習慣病などの疾患によって血液の質が劣化してしまうと、ペニスに流れ込む血流の勢いに大きな影響が出てしまい、それがEDを引き起こすこともあります。

その人の精神状態や興奮のしやすさによっても、勃起の継続時間は変わります。どんなタイミングで興奮するかという点には個人差があり、性的な刺激を受けてもなかなか興奮しない人もいれば、職場でスピーチをするだけでも、失敗しないかと考えることで興奮してしまうという人もいます。興奮しやすい人は勃起しやすい傾向にあるだけでなく、勃起の継続時間も長くなるポテンシャルを秘めていると言えます。

生活習慣の中にも、勃起の継続時間に影響を及ぼす要因はたくさんあります。例えば、お酒を飲むと勃起力が低下すると感じる男性は少なくありません。これは、お酒を飲むことによって神経や皮膚の感覚が鈍くなることが原因です。性的な刺激を受けても、神経や皮膚の感度が落ちているために興奮しづらく、勃起のメカニズムが発動しづらいのです。もしも勃起の持続時間で悩んでいるなら、セックスの前にお酒を飲むのは控えたほうが良いかもしれません。

運動不足であることもまた、勃起の持続時間にマイナスの影響を与えます。運動することによって血液中に新鮮な酸素をたっぷり取り込み、血液中の活性酸素を分解して、脂質や糖質などが蓄積されにくい状態へと近づけることができます。しかし、慢性的な運動不足になると血液の質が悪くなり、血流も悪くなってしまいます。サラサラな状態ではなく、ドロドロした状態と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。性的な興奮を感じることによって、海綿体には多くの血液が流れ込むわけですが、ドロドロした血液はサラサラした血液よりも血流が悪くなってしまうのです。これが、勃起力や持続時間の低下を引き起こしてしまいます。

ストレスや疲労も、勃起の継続時間にマイナスの影響があります。こうした精神的な要因は、脳を性的に興奮しづらい状態にしてしまうのです。ストレスや疲労の原因は様々で、職場の人間関係など、セックスや勃起とは無関係なところにある場合もあれば、自分はEDかもしれないという不安やパートナーを満足させられなかったらどうしようというストレスなども含まれます。

勃起が継続しない原因には、セックスのマンネリ化もあります。セックスをするパートナーはいるけれど、マンネリで性的な興奮を得にくくなってしまうと、体内で勃起力を最大にするための十分な血流がペニスに流れ込まなくなり、勃起が継続せず、中折れなどEDの症状が起こってしまうことがあります。

ただし、この場合にはマンネリ化を解消することで、勃起力を回復することは十分に可能です。シチュエーションを変えるなど、パートナーと話し合ってバラエティ豊かなセックスを楽しめるような工夫をすると良いでしょう。

もしも慢性的な勃起不全で悩んでいる人は、ED治療薬にトライすることも解決策の一つです。
EDは4つのタイプに分けられる!?
EDとは勃起機能の低下を表す英語である、Erectile Dysfunctionを略した言葉で、日本語では勃起不全と言われる症状のことを指します。勃起不全とは、専門的な言葉で説明すると、性行為を行うために十分な勃起を得ることができない、もしくは維持できない状態が継続すること(あるいは再発すること)と言われています。つまり、性行為を行う際の勃起に関して、何らかの不都合が生じている場合はいずれもEDであるということができるのです。

EDは男性にとってとてもデリケートな問題であるため、多くの方が自分だけがこんな状態になってしまっているのかもしれないという恐怖心を抱えています。しかし、日本においてEDとはとても身近な疾患であり、日本人男性の4人に1人はEDで悩んでいるという調査結果もあるほどなのです。

EDは、勃起が正常にできない症状であることから、陰茎海綿体の血流に何らかの問題が生じている事が考えられます。陰茎の血流に大切な要素は次の2つが考えられます。1つめは性的な刺激を受けた脳から勃起を促す信号を送っている神経系の働きです。そして2つ目は陰茎の血流に関係のある血管系の働きです。これら2つの要素のうち、どちらか片方の働きに異常が発生するとEDの症状を引き起こしてしまうのです。そのため、EDはこの2つの要素に悪影響を及ぼす原因によって、4つのタイプに分類することができます。

1つ目は器質性EDです。器質性EDとは、加齢に伴って起こる動脈硬化の進行や、神経もしくは血管の障害や損傷などの怪我や病気が原因で発生してしまうEDのことです。このEDの場合、根本の原因が見つかり、それが改善されて血流が正常化すればEDの症状は改善されると言われています。

2つ目は心因性EDです。心因性EDとは、ストレスやトラウマ、そしてプレッシャーなどの精神的な問題によって引き起こされるEDのことです。こちらもストレスやトラウマになっている原因を根本から解消していくことで症状を改善することができます。

3つ目は混合性EDです。混合性EDとは、上記の器質性EDと心因性EDが2つとも混ざり合って発症するEDのことです。40代以上になってくると動脈硬化のリスクが高まり、仕事や家庭環境における過労やストレスが増加することから、この混合型EDになってしまう人が多いと言われています。

そして4つ目は薬剤性EDです。薬剤性EDとは、ケガや病気の治療のために薬を服用している場合、その薬の副作用が原因で発症するEDのことです。特に神経系に作用する薬を服用している場合はこのEDを発症しやすいと言われています。

これら4タイプのEDはいずれも、根本的な原因の解消と、ED治療薬を併用して改善していくことが一般的な対処法とされています。EDの治療薬として用いられる薬はレビトラ、シアリス、バイアグラが一般的です。これらのお薬には正常な勃起を促す効果があります。お薬の種類によってそれぞれ勃起力や持続力が異なるので、自分にあったものを使用するのがおすすめです。

レビトラは、効果が現れるまでの時間が20分~40分と短いため、性行為の直前に服用することができるという特徴があります。後述するその他の治療薬は効果が現れるまでに長時間かかるということもあり、その使い勝手の良さからこの薬を選ぶ方は多くいます。レビトラの薬の効果の持続時間は、服用量によって異なりますが、3時間~8時間と言われています。

次に、シアリスは、その他の治療薬と比べると薬の効果の持続時間がとても長く、最低でも8時間は持続するお薬です。効果が現れるまでには1時間~3時間程度かかるため、性行為までの時間を計算しながら服用しなければならないという手間がかかります。

そして最後にバイアグラは、服用後1時間程度で効果が現れるお薬で、個人差がありますが約5時間程度は持続するED治療薬です。現在、日本においてバイアグラの成分特許が満了となっているため、その代わりに同様の効果が得られるジェネリック医薬品が流通しています。そのなかでも特におすすめはカマグラというジェネリック医薬品で、価格がリーズナブルでかつバイアグラと同様の効果が期待できます。

これらの治療薬の注意点は、最初は少ない含有量のものから始めることと、用法用量はきちんと守るということです。薬に頼り切りになってしまうと、EDを改善することにつながらないため、あくまでサポートとして使用することをおすすめします。

最後に、気になるこれらの治療薬の入手法ですが、1番お手軽な方法は、ジェネリック医薬品も含め、ED治療薬を扱っている個人通販サイトを利用する方法です。こうした薬やサプリメントの通販は外国語対応のものが多いため、購入が難しいのではないかと思われがちです。しかしそうしたサイトの中にはきちんと全て日本語で対応してくれているところもあるので是非探してみてください。特に通販に慣れていない人は、きちんと日本語で対応してくれるサイトを選んだ方が、サポート体制もしっかりしているので、安心して利用することができるでしょう。
EDにつながる勃起力低下の原因と対策
年齢を重ねるにつれ、男性であれば誰にでも生じてくる「勃起力」の低下に悩んでいる人は少なくないでしょう。勃起力の低下をそのまま放置してしまうと、「ED(勃起不全)」となってしまう可能性もあります。EDの原因と対策法を学んでおきましょう。

陰茎の海綿体には普段の状態でも血流が流れていますが、性的興奮が高くなると流れ込む血流量が増えて、それにより大きく硬くなります。これが「勃起」です。通常時は平滑筋という筋肉の収縮によって、海綿体に流れる血流量が制限されています。この勃起する力=勃起力の低下は、医学的にはEDの前兆現象として捉えられます。性的興奮を感じているにも関わらず、満足に勃起しないという状態であるのは、陰茎への血流量が低下しているか、もしくは平滑筋や海綿体の性機能が不全状態に陥っていると考えられます。完全にEDになってしまう前に対策することが重要となってきます。

勃起力が低下する主な4つの原因は、「疲労」「精神的要因」「生活習慣の乱れ」「自慰行為のし過ぎ」です。

「疲労」は、勃起力低下の大きな原因のひとつです。精神的には興奮状態でも、身体に疲労が蓄積しているとエネルギーが不足して、十分な勃起力を得られなくなります。特に、年齢を重ねるほど体力が低下し、疲労も蓄積しやすくなることから、勃起力の低下につながりやすくなります。

「精神的要因」も、勃起力低下に影響する大きな要因となります。精神的要因は自分で自覚することができる「現実的要因」と、自覚しにくい「深層的要因」に分けることが可能です。現実的要因としては、「仕事のストレス」「子作りのプレッシャー」「生活や将来の不安」といったものが挙げられます。対して、深層的要因には「性的トラウマ」「自分の容姿に対するコンプレックス」「幼少時の体験」などがあるとされます。このような精神に影響を与える要因が、勃起力低下やEDを引き起こすと考えられています。

特に深層的要因がEDの原因となっている場合、自覚することが困難なことから原因を探るのに時間がかかり、解決するために長期間を要する場合もあり、注意が必要です。同じ体験を持つ人と話をすることや、成功体験を得ることで自信をつけることが効果があるとされています。

「生活習慣の乱れ」が血行を悪化させ、勃起力の低下の原因となる場合もあります。ここでいう「生活習慣の乱れ」とは、「偏った食生活」と「運動不足」を指しています。偏った食生活と運動不足、この2つは肥満・糖尿病などの生活習慣病の原因として知られるだけでなく、勃起力の低下の原因ともなります。ED予防のためばかりでなく、健康維持のためにも、バランスよく栄養摂取を行い、適度に運動することが必要です。

「喫煙」「過度の飲酒」も生活習慣を乱す要因となります。特に、煙草に含まれているニコチンには血管収縮の作用があることが知られており、陰茎への血流阻害の原因となります。また、アルコールを過度に摂取すると神経伝達を阻害することがあり、脳からの興奮信号が陰茎にうまく伝わらなくなってしまう場合があります。

「自慰行為のし過ぎ」も勃起力の原因となります。過度の自慰行為によって精巣に精液が溜まらないことで、セックスの際に勃起力の低下を招くことがあります。男性機能維持のため、自慰行為をすることは大切ですが、精液が十分に溜まった状態でないと、セックスの際に勃起不全になってしまうこともあるのです。自慰行為の刺激が強すぎることで感度が下がることも問題となります。感度が低下してしまうと、性的刺激の不足から勃起力が低下します。

低下した勃起力の改善に有効な対策としては、まず「ストレス解消」と「生活習慣の改善」を挙げることができます。勃起力低下の原因である「精神的要因」の解消のために、うまくストレスを解消することが大切です。ウォーキングやストレッチなどの適度な運動がおすすめです。リラックスして休日を過ごすことも有効です。好きなストレス発散方法を試してみましょう。

生活習慣の改善の基本は、バランスの良い食生活と適度な運動習慣です。喫煙や飲酒の習慣がある場合は、量や頻度を減らすところから改善すると良いでしょう。ただし、いきなりやめようとしても逆にストレスがかかるので、注意が必要です。

勃起力に大きく影響する肛門付近の「PC筋」を鍛えることも、勃起力改善効果に有効です。PC筋は排尿時に尿を止めるために使う筋肉で、勃起する際には海綿体に血流を流す、ポンプとしての役割を果たす筋肉です。PC筋を鍛えることで勃起力改善が可能です。

PC筋を鍛えるトレーニングは、肛門を引き締めたり緩めたりを繰り返すだけで簡単にできます。5秒引き締めたら5秒緩めるという運動を交互に10回程度行ってください。スクワットもPC筋を鍛える効果があります。

EDや勃起力低下の対策は基本的に生活習慣と関わるものであることから、ある程度長期にわたって継続する必要があります。なかなか効果が出ない、より効率的に改善したいと思う場合は、カマグラやシアリス、レビトラ等のED治療薬を試してみるのも良いでしょう。
こんな症状ありませんか?もしかしたらEDの初期症状かも?
ED(Erectile Dysfunction)とは、男性が十分に勃起できないという機能低下が起こる疾患です。日本人男性の場合には、4人に1人はEDだといわれており、その数は治療を受けている人といない人とを合わせると、約1000万人以上いると考えられています。

EDは、放置するとどんどん症状が進行し、性生活の満足度が低下する原因となってしまいます。生活習慣や食生活、または医薬品を使うことによって機能低下に歯止めをかけることは可能です。そのため、できるだけ早い段階で自覚し、適切な治療を始めることがとても大切です。

EDの初期症状には、いくつかのタイプがあります。まず1つ目は、勃起しても硬さが十分ではないというものです。年齢とともに、どうしても勃起したときの硬さは低下するのが自然な老化現象です。しかし、最近なんとなく勃起の度合いに不満を感じるという人は、もしかしたらEDの兆候が出ているのかもしれません。

勃起したときの硬さについては、目安が設定されています。硬さが低い順に、こんにゃく、ミカン、グレープフルーツ、そしてリンゴの順に、自身の硬さの目安をチェックできます。このうち、リンゴ以外の硬さはすべて、EDおよびED予備軍に分類できます。挿入できるレベルの硬さでも、以前と比べて硬さがイマイチという場合には、EDの可能性があるので注意してください。

2つ目の症状には、勃起しても射精できないというものがあります。これは、日常的に性行為をしている人なら、異変を自覚しやすい症状かもしれません。疲れているときやストレスを感じているときにも、同じような症状が起こることはあります。しかし、たまに起こるだけでなく定期的に発生するようになったり、毎回そうした状態になってしまう場合には、EDが疑われます。

3つ目の症状は、性行為そのものに対してプレッシャーを感じたり、自信を無くしてしまうというものです。上記の2つの症状が日常的に起こるようになると、どうしても男性は性行為に対して自信喪失な状態となってしまいやすいものです。そうした精神的なプレッシャーによって、さらにEDは悪循環に陥って症状がひどくなってしまいます。

4つ目の症状は、性行為をしても満足度が低下するというものです。勃起の度合いが低下したり、中折れなどが起こったり、また勃起しても射精できない状態になると、性行為への満度が総合的に低くなってしまうことは多いでしょう。これは客観的な数値で測るものではなく、以前の自分と比較して感覚的に感じるものです。

5つ目の症状は、勃起するまでに時間がかかるというものです。以前と比較してなかなか勃起できなくなったり、勃起しなくなってしまう場合には、EDが疑われます。

上記の症状は、すべて当てはまるという人もいれば、1つだけ思い当たる節があるという人もいるでしょう。以前の自身と比較して、なんとなく調子が悪くなってきたなと感じたら、まずはセルフチェックをしてはいかがでしょうか?上記の症状に該当するかどうかというチェック方法以外には、国際的に定義されている国際勃起機能スコア(IIEF-5)などもあります。

EDの原因は、自律神経の機能低下によるものです。疲れているときやストレスを感じているときは、自律神経が正常に機能しづらい状態となってしまうため、EDは起こりやすくなります。もしかしたら自分はEDかもしれないと感じたら、まずは自律神経のバランスを整えることから始めると良いかもしれません。

普段は特に問題ないけれど、お酒を飲むと勃起しづらくなるという人は、将来的にEDになりやすい体質と言えます。これは上記の通り、自律神経がバランスを崩しやすいという理由によるものです。人によって、少し飲んだだけでも立たないという人もいれば、飲みすぎた時だけ勃起できない人など、人によって様々です。もしも少量飲んだだけでも勃起しづらくなる人は、年齢とともにEDの症状が起こりやすくなるため、気を付けたいものです。

もしもEDの自覚症状が出た場合には、どうしたらよいのでしょうか?近年では、ED治療のための医薬品がたくさん普及しています。それぞれ、具体的にどんなふうに効果があるかは異なりますし、持続時間や効果が出るまでの時間も異なります。そのため、ライフスタイルに合わせて適切な治療薬を選んで服用しましょう。

ED治療薬は、海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば誰にも知られることなく購入できます。輸入代行サイトを選ぶ際には、日本からの多くの人が利用しているサイトを選ぶのが安心かもしれません。口コミなどを参考にすると良いでしょう。

ED治療薬を服用する際には、まずは低用量からスタートし、効果の出方に合わせて必要があれば用量を少しずつ増やすというスタンスが安心です。また、翌日に仕事がない日や、外出する必要がない日を選べば安心です。医薬品との相性があるため、いろいろ使ってみて比較するという方法もアリです。
勃起力の低下を意識し始めたら!PC筋のトレーニング方法
正常に勃起できないことを「ED」と呼ぶことはよく知られています。「ED]とは「Erectile Dysfunction」の頭文字を取ったもので、文字通りに翻訳すると「勃起障害」ということです。では、なぜEDが起こるのでしょうか。

男性が性的に興奮すると、通常は勃起します。性的興奮によって脳からある物質が出て、それがペニスの陰茎海綿体に伝わります。それによって、血液が海綿体に大量に流れ込み、血液の充満によって陰茎が硬く勃起するのです。また、一度勃起すると、陰茎から血液が逃げないように体内で自動的にシステムが動き出すため、正常な男性なら勃起状態を長時間維持することができます。

性的興奮が高まっても、上記のようなメカニズムで勃起しない場合はEDが疑われます。EDにも段階があって、初期の段階でははっきりと自覚できないことも多いです。ただ、「以前と比べると勃起時の硬さが低下してきたように感じる」、「一応勃起して射精に至るものの、満足感が以前ほど得られない」という症状が出てきたら、EDを疑った方がよいでしょう。

なお、EDはペニスだけの問題ではなく、全身的な疾患の兆候になることもあります。ですので、「セックスとは縁がないから勃起しなくてもよい」という問題ではありません。「EDかな?」と思った時は、健康のためにも改善を図りましょう。

EDの改善というと、すぐにED治療薬がイメージされますが、それ以前に自分でできることもあります。初期の段階であれば、まずは勃起力改善を目指して自分で努力してみましょう。

具体的には、「PC筋」という筋肉を鍛えることです。これは「骨盤底筋」という筋肉のことで、英語の「pubococcygeus muscle」の頭文字を取って「PC筋」と呼ばれています。恥骨と尾骶骨をつないでいる筋肉であり、具体的には睾丸や肛門の周辺にある筋肉がそれです。その働きは、腸や膀胱などの臓器を支え、排泄をコントロールすることにあります。それプラス、血液を送り込んだり逆流を防いだりといった働きも重要です。この後者の働きが、勃起とも大きくかかわっています。

冒頭でも解説したように、性的興奮が高まると陰茎海綿体に大量の血液が流れ込みます。この際、血液を海綿体に送り込むポンプ役として働いているのがPC筋です。また、海綿体内に血液を留め、逆流させないように弁としての働きも担っています。つまり、PC筋の強さが即、勃起力の強さだということです。最近勃起力が低下してきたなど、「EDかな?」と思う初期症状を感じているのであれば、まずPC筋を鍛えることを意識してみてください。

PC筋のトレーニングにはさまざまな方法がありますが、自分だけでできる方法で、特にお金も必要ない方法から試してみましょう。効果が期待できるのが、スクワットです。スクワットは、内転筋というPC筋を支える筋肉を直接刺激します。内転筋が鍛えられるのと同時に、PC筋も鍛えられるのでおすすめです。

また、筋肉を鍛えるほど、男性ホルモンの代表的存在「テストステロン」の分泌力もアップします。このホルモンがアップするほど勃起しやすくなるため、スクワットは、PC筋のトレーニングと併せて勃起力強化において一石二鳥の方法なのです。

スクワットと同じくらいおすすめのトレーニングに、「ケーゲル体操」というのがあります。この体操は、産後の肥立ちのための女性の体操として知られていますが、男性にもPC筋トレーニングにおすすめです。

具体的なやり方は、以下の通りです。まず、仰向けに横になります。そのまま、両足を肩幅に開き、膝を立ててください。その状態のまま、肛門を閉めたり緩めたりを繰り返します。ポイントは、肛門を閉めた時にギュッと力を入れてその状態をキープすることです。

ケーゲル体操は寝ながらでもできるので、「スクワットみたいなハードな運動はちょっと」という方にもおすすめです。慣れてくれば何かをしながらでもできるようになります。テレビを見ながら、また、寝る前の軽い運動として、いろんなやり方でぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

上記のように、肛門の開閉運動でPC筋は鍛えられます。肛門とは排泄にかかわる器官ですが、PC筋の強化によって排泄がコントロールしやすくなるのです。また、排泄と同時に排尿のコントロールにも良い影響をもたらします。ということは、排尿する際に使う筋肉を意識することでもPC筋の強化につながります。排尿する際、一気に放出するのではなく、途中でピタッと止めて出すということを何回か繰り返してみましょう。これも肛門開閉トレーニングと同じぐらい、PC筋を強化し勃起力の改善が図れます。

このように、日々の努力によってEDの改善を図ることは可能です。とはいえ、これは日々の習慣にすべき鍛錬であり、即効性が期待できるものではありません。いざという時の勃起力に不安がある場合は、ED治療薬も併用してみてはいかがでしょうか。通販サイトで購入できるため、個人でも手軽に始めやすいはずです。
ED治療薬はライフスタイルで選びたい
ED治療薬には、たくさんの種類があります。日本の厚生労働省が承認したものもあれば、まだ未承認の医薬品もあります。どちらの場合でも、それぞれの治療薬ごとに特徴は大きく異なり、全てが同じように作用するというわけではありません。そのため治療薬を選ぶ際には、いつどんな時にどのように利用するのかというシチュエーションを頭の中でイメージした上で、ニーズと希望を満たしてくれるものを選ぶことが大切です。デートの途中で服用し、自然な流れでセックスをしたいのか、それともパートナーも協力してくれるのかによって、服用から作用するまでにかかる時間の希望は大きく変わるのではないでしょうか。

まずED治療薬として世界的な知名度を持つバイアグラは、カマグラというジェネリック医薬品があります。カマグラならバイアグラと同じ作用が期待でき、それでいて値段がリーズナブルなのでおすすめです。このタイプは、他の治療薬と比較して大きな効果が期待できるという点が特徴です。有効成分の配合量によって作用時間は異なり、3時間から8時間程度と大きな幅があります。服用してから効果が出始めるまでにかかる時間は40分から60分程度で、他の医薬品よりも長めです。

日本では未承認のシアリスもまた、ED治療薬として高く評価されています。シアリスの大きな特徴は、食事による影響をほとんど受けないという点です。ED治療薬の多くは食事の影響を受けやすく、焼き肉やステーキなど脂が多い食事をしてしまうと、腸壁に脂が幕を作ってしまうため、ED治療薬の有効成分が体内へ吸収しづらくなってしまいます。そのため、精がつく肉を食べてからセックスに臨みたい人にとっては、肉を食べると薬効が弱くなるというジレンマに陥りやすいのです。しかしシアリスは他の治療薬と比べると食事による影響を受けづらいため、肉が大好きな人にもおすすめです。

シアリスは、服用してから1時間から3時間程度で効果が現れます。持続時間は他の治療薬と比較すると圧倒的に長く、短いもので8時間、長いものなら36時間もあります。そのため、服用量には十分に注意する必要があるでしょう。

レビトラは、服用してから効果が表れるまでの時間が20分から40分と短いのが特徴のED治療薬です。性行為の直前に服用すればOKという点で、使い勝手が良い治療薬として人気があります。レビトラも食事による影響を多少受けますが、バイアグラほどではありません。それでいて大きな効果が期待できるため、幅広いライフスタイルの人に適した治療薬と言えるでしょう。

レビトラの作用持続時間は、服用量によって異なり、3時間から8時間程度です。これは、バイアグラと同じぐらいの時間です。

レビトラよりももっと即効性があるED治療薬なら、ステンドラ系のジェネリック薬品アバナフィルがおすすめです。服用してから15分から40分程度で効果が表れ、大きな効果が3時間から6時間程度続きます。持続時間がそれほど長くないという点もまた、ライフスタイルによってはメリットと言えるのではないでしょうか。

ED治療薬の中には、バイアグラ成分とシアリス成分の両方が配合されているシルダリストなどもあります。日本では購入できませんが、海外の個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単にネットショッピングの感覚で購入できます。シルダリスト以外のED治療薬でも、海外からの個人輸入を利用すれば、たくさんの種類のED治療薬からニーズやライフスタイルに合わせて選べますし、購入価格もリーズナブルです。ED治療薬と長くお付き合いしたい人にとっては、できるだけリーズナブルに続けられるという点は、大きな魅力と言えるでしょう。海外からの個人輸入代行サイトなら、たくさんの商品がリーズナブルにラインナップされています。高品質のED治療薬を安価で購入することも、もちろん可能です。

海外からの個人輸入サイトの中には、デジャスメディシンのように日本人が多く利用しているサイトもあります。日本人が多く利用しているサイトなので、注文方法や支払い方法なども分かりやすいですし、海外からの発送と言っても安心感は大きいでしょう。それに、デジャスメディシンは梱包に気を遣っており、外箱からは内容物が何か分からないような梱包をしてくれる点も人気です。同居している家族にもバレることはなく、マンションの管理人に荷物を預けられても内容物がバレてしまう心配はありません。この点は、多くの人にとって魅力的ではないでしょうか。

デジャスメディシンでは、同じ医薬品でも配合量が異なる商品が複数ラインアップされています。初めてトライする人は、まずは有効成分の配合量が少ないものから始め、効果を見ながら量を調整することをおすすめします。

ED治療薬はどれも、体内に有効成分が蓄積されるものではありません。そのため、頻繁に利用しても、それほど大きな副作用などを心配する必要はありません。ただし、服用量に限らず服用は1日1回までと制限されているものが大半なので、1日に何回も服用するのは残念ながらNGです。
EDは自分で治すことができるのか?セルフケアの方法を紹介
男性にとって切実な問題として、EDがあるでしょう。いざというときに勃起しないと男性として情けない気持ちになるかもしれません。彼女がいる場合には相手に対して申し訳なくなるでしょうし、いない場合でも自分がEDだとなかなか女性に積極的になれないものです。EDになった場合、自力で治すことは果たして可能でしょうか?

EDの原因としていくつかありますが、その中の一つに心因性のEDがあります。ストレスなど心の問題で、なかなか勃起しないケースがあります。40代以下の若い世代でEDに悩んでいる人がいますが、心因性EDの方は結構多いといわれています。もし心因性EDであれば、まずはストレス解消に努めましょう。ハッキリとしたストレスの原因がわかっているのであれば、その対策に当たりましょう。もし心当たりがない、これといったものはないけれども漠然としたストレスがかかっているようであれば、生活リズムを見直してみるといいかもしれません。規則正しい生活に変えることでストレスも解消する可能性があるからです。もしどうしても心の問題が解消できない、気分がすっきりしないのであれば、専門家のカウンセリングを受けるのも一考です。

EDに悩んでいる人で、肥満体型であれば、この肥満がEDの原因の一つかもしれません。EDのリスク因子として肥満があることがわかっています。肥満だと高血圧症や糖尿病など、EDにつながる病気を発症しやすくなります。肥満対策をすれば、EDだけでなく生活習慣病の予防効果も期待できます。摂取カロリーを少なくできるように栄養バランスのとれた食事を心がける、運動する習慣を取り入れるなどで対策しましょう。

運動習慣をつけることは、ED対策としておすすめです。世界的な研究がおこなわれているのですが、運動することで男性機能が改善するという報告がいくつも出ています。運動をするのであれば、有酸素運動がおすすめです。有酸素運動をすると血液の巡りも良くなって、ペニス周辺の血流もアップします。男性のペニスは血液が流入することで初めて勃起します。ジョギングやウォーキングはいつからでもできる有酸素運動なので、無理のない範囲で取り入れてみませんか?近くにプールがあれば、水泳にチャレンジするのもいいかもしれません。

サイクリングも有酸素運動の一種です。しかしサイクリングをED対策として取り入れるのであれば、やめたほうがいいでしょう。というのもサイクリングの時に股間をサドルの上に乗せるからです。この時勃起に関係する血管や神経を圧迫して、EDを誘発する可能性があります。このことは実際に報告されているほどです。もしサイクリングをしたければ、股間の圧迫されにくいサドルを取り付ける、圧迫を軽減できるパッドの入っているパンツをはくなどの対策を講じてください。また長時間サイクリングする場合には、こまめに休憩をとり、股間に長時間の負担をかけないように注意しましょう。

タバコを吸っている人は、禁煙することでも男性機能が回復するかもしれません。タバコにはいろいろな有害物質の含まれていることは知っている方も多いでしょう。その中でも勃起機能に深刻な影響を及ぼしかねないのがニコチンです。ニコチンを体内に取り込むと、血管が収縮します。ということは血液の巡りも悪くなります。ペニス周辺の血流も悪化しますので、なかなか勃起しにくい状況になってしまうわけです。タバコは男性機能以外にも、健康面でいろいろとデメリットがあります。ですから速やかに禁煙するのがおすすめです。特に若い世代で、EDの症状が軽症であれば禁煙することで男性機能を回復できる可能性は高いといわれています。

食生活の見直しをするのもED対策として有効とされています。特にタンパク質やビタミン、ミネラルを積極的に摂取しましょう。これらの栄養分に共通しているのは、男性の精子を作るのに欠かせない成分である点です。精子の生成能力がアップすれば、スムーズな勃起を促せますし射精もしやすくなります。大豆食品や野菜などを意識して、日々の食生活に取り入れましょう。また精力を高めるとされる食べ物を摂取するのもおすすめです。例えばカキやレバーなどは精の付く食べ物といわれていますが、亜鉛やビタミンB群などの精力増強効果に期待できる栄養分が豊富に含まれています。

ただいろいろと対策をしてみても、なかなか男性機能が回復しないという人もいるでしょう。その場合にはED薬を服用するのも一つの方法です。バイアグラやレビトラなどが代表的です。これらを服用することで、勃起しやすくなります。勃起する経験を何度かすることで自信を回復し、薬なしでも勃起できるようになるかもしれません。

ED薬は通販サイトでも購入できます。テジャスメディシンでは、ED薬のジェネリックも取り扱っています。ジェネリックの場合開発コストがかかっていないので、その分リーズナブルな価格で購入できます。手軽にED対策をしたいと思っているのなら、テジャスメディシンでジェネリック薬を注文するのはいかがですか?
勃起力の改善に効果の期待できる食べ物と栄養素
加齢とともに勃起力の低下を実感している男性は少なくないはずです。衰えた勃起力をアップさせるには、下半身を中心とした筋肉トレーニングなどの方法もありますが、効果的とはいえストイックでなかなかハードルの高い方法ではないでしょうか。そこで、ここでは食べ物から勃起力を改善させる方法を考えてみます。

もちろん「これを食べれば勃起する!」といった即効性のある食べ物はありません。しかし、毎日の食事に取り入れて体質の改善を図ることで、勃起力など男性の精力にかかわるエネルギーにも良い効果が期待できることは確実です。これまで食生活に気を使っていなかった男性なら、試す価値は大いにあるでしょう。

勃起力改善に良い食べ物というと、真っ先に挙げられるのが牡蠣です。牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれているように、非常に栄養価の豊富な魚介で、特に亜鉛というミネラルを多量に含んでいることで知られています。その含有量は100g中約13.2gともされており、あらゆる食材のなかでトップクラスなことは間違いありません。

亜鉛は精液の材料にも使われるミネラルで、亜鉛の摂取量によって性機能を始め、男性の活力が決まります。男性らしさを保ちたいなら欠かせないミネラルです。もちろんサプリメントでも摂取はできますが、やはり直接食べ物から摂取する方がおすすめですので、牡蠣を上手に利用してはいかがでしょうか。

ただし、唯一の注意点としては、亜鉛は熱に弱いことです。牡蠣を加熱調理すると、その豊富な亜鉛を存分に摂取できなくなってしまいますので、食べる際は生牡蠣をおすすめします。

牡蠣の場合、シーズンものということもあって、毎日食べるというのにはあまり適さないという弱点があります。そこで、亜鉛たっぷりの食べ物ではありませんが、牡蠣よりも日常的に食べやすく、かつ、勃起力の改善に効果が期待できる食べ物としてオクラをおすすめしましょう。

オクラには、テストステロンの分泌量を増やすアルギニン、新陳代謝を促すムチン、血流改善に良い食物繊維がたっぷり含まれています。勃起力の改善には亜鉛の摂取も大切ですが、勃起をスムーズに促すためには血流の改善も欠かせません。その点、オクラにはそれに適切な栄養素が詰まっています。なお、オクラの栄養素も熱に弱いため、食べる際は生食がおすすめです。

次に、料理に使いやすいフルーツということで、アボカドをおすすめします。アボカドは一般的なフルーツのようにデザートとしてより、パスタやサラダ、炒めものなどの具材としての方がよく使われているのではないでしょうか。食事に取り入れやすく、ビタミンEがたっぷり含まれているのでおすすめです。

ビタミンEには、血流の改善やテストステロンの分泌など勃起力や精力アップに良い効果が期待できます。さらに、オレイン酸やリノール酸といったオメガ6系の脂肪酸も豊富に含んでいますので、コレステロールの値が気になる男性にもおすすめです。

毎日食べても飽きない食べ物として、納豆はいかがでしょうか。納豆には、その名が由来するナットウキナーゼや、先ほど出たムチンなどの栄養素が豊富に含まれています。血流の改善や疲労の回復に効果的です。なお、納豆の効果を最大限に発揮するなら、食べる時はネバネバになるまでしっかり混ぜることをおすすめします。

滋養強壮にぴったりなにんにくにも、勃起力を助ける働きが期待できます。にんにくのどの栄養素というより、それに含まれるさまざまな栄養素が体の免疫系、内分泌系、消化器系、神経系などさまざまな部分に働きかけてくれるのです。それには勃起力の改善や精力増強も含まれています。ただし、にんにくは生の状態で大量に食べないように注意しましょう。ニオイが気になるだけでなく、刺激が強いため胃腸に負担をかけてしまいます。

生姜もおすすめです。生姜にはジンゲロールという血液の流れを良くする成分が含まれています。勃起力の低下とは、ペニスの海綿体に流れ込む血流の悪化を意味しますので、ジンゲロールで血流を促進すれば、いざという時に海綿体に流れ込む血液量もアップするはずです。また、免疫アップにも良い成分ですので、風邪などの不調時にもおすすめです。

野菜ではほうれん草も勃起力に良いです。ほうれん草にはマグネシウムがたっぷり含まれています。マグネシウムは血管を拡張するため、血管の中を流れる血液量をアップさせたり、血圧を下げたりする効果が期待できるのでおすすめです。また、マグネシウムだけでなくさまざまなビタミンもほうれん草は含んでいます。ただし、水溶性のビタミンですので、調理時は茹ですぎないよう注意しましょう。

このように、勃起力の改善に良い食べ物はたくさんありますが、冒頭で述べたようにもちろん即効性はありません。食べてすぐに効果が期待できるわけではないので、誤解しないでください。即効性を求めるのであればやはりED治療薬です。今ではバイアグラのジェネリック薬品が安価で手に入ります。通販サイト「テジャスメディシン」なら購入方法も簡単なので、初めての方でも使いやすいはずです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販・個人輸入 / テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。