検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

16件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
早漏の改善方法!一人でできる方法からパートナーの協力が必要な方法まで
医学的な定義によると、挿入から1分以内に射精してしまう場合を早漏と呼びます。ただ、1分以上はもつという方でも、女性が満足するまで我慢できる人は多くありません。ある調査によると、早漏の自覚があると答えた男性は約4割にも上ります。では、早漏、もしくは、早漏気味の状態をどのように改善できるのでしょうか。

簡単な方法として、「ふだん使っているコンドームをもっと分厚いものに変える」というのがあります。早漏とは刺激が強すぎるために射精してしまう状態ですから、分厚いコンドームで単純に亀頭への刺激を小さくすれば、それだけ持続時間は延びるはずです。

日本のコンドームは「極薄」など薄さを追求したものが多いですが、これは快感をより高めようという工夫です。早漏の人はすでに十分な快感を感じています。その結果、自分で射精がコントロールできないわけですから、感じる快感を小さくすれば射精までの時間は長くなるでしょう。

次は、道具に頼らず自分の意識だけで早漏を改善する方法です。どんな方法かというと、セックスの最中に関係ないことを考えるのです。

早漏とは性的な刺激が強すぎるがゆえに起こる症状です。性的な刺激とはペニスへの物理的な刺激だけでなく、脳で感じる性的興奮もあります。むしろ、性的に興奮していないとペニスに刺激を加えても射精どころか勃起もしにくくなるものです。というわけで、セックス中に興奮しすぎて早漏になってしまうのなら、その間、相手の女性や性的なこととは関係ないことを考えましょう。

数学の問題やおばあちゃんのことを考えるという話を聞いたことないでしょうか。このようにセックスとまったく関係ないこと、むしろ、興奮を萎えさせてしまうようなことを考えることによって、すぐに射精してしまうことを防げます。

また、腹式呼吸によって射精をいくらかコントロールできるようになります。腹式呼吸によって呼吸を深くゆっくりにすることで、ペニスの海綿体に充満した血液を体の方に戻す効果があるからです。血液が海綿体に充満するほど勃起の強度は増し、射精を迎えやすくなるわけですから、腹式呼吸で血の巡りを整えることで、早漏の原因である過度な性的興奮を抑えることにもなるでしょう。

一人でできる早漏改善トレーニングとして、骨盤底筋群、いわゆる「PC筋」の強化をおすすめします。PC筋とはペニスの根本と尾骶骨の辺りをつなぐ筋肉で、射精や排尿を司る筋肉です。筋肉は鍛えれば鍛えるほど強化されるように、このPC筋もトレーニングによって強化できます。

ただ、場所が場所だけにダンベルなどのウェイトでは鍛えられません。そこで、おすすめなのが肛門の開閉運動です。文字通り、肛門を開けたり閉めたりすることを繰り返すだけの運動ですが、PC筋を効果的に鍛えることができます。具体的には、5秒ほど肛門に力を入れてしっかり閉めてから、力を抜いてゆっくり開いていくというサイクルです。この開閉を1セットとして、1回のトレーニングで10セットを目指しましょう。また、1日の合計では3~4セットやることをおすすめします。

つづいて、おすすめの早漏改善トレーニングが「スクイーズ法」です。これは簡単に言えばマスターベーションのことですが、やり方に少し工夫をします。

「スクイーズ」とは「絞る」といった意味の英語ですが、マスターベーションで射精感が高まってきた際、亀頭辺りをを絞るような感覚で圧迫します。力で射精を押さえ込むような感覚です。射精感が治まったら、ふたたび通常のマスターベーションを行いましょう。そして、また射精しそうになったら、亀頭をギュッとスクイーズして射精を止めるのです。これを繰り返すことによって、射精しそうになってもそのまま射精してしまうのではなく、自分でコントロールできるようになります。

パートナーがいる方なら、パートナーと一緒にできる「セマンズ法」という早漏改善法がおすすめです。これは3段階からなるトレーニングで、パートナーとの性的行為を通じて射精までの時間を徐々に延ばしていきます。

セマンズ法の第一段階は、パートナーに陰茎を手で刺激してもらいます。射精しそうになったら手を止め、治まるまで静かにします。射精感がなくなったらまた刺激してもらい、射精しそうになったらまたストップするという繰り返しです。これを4~5回繰り返した末に射精します。

第二段階は、先ほどの手での行為をローションを使ってやる方法です。同じように、ローションを使って手で刺激してもらい、射精しそうになったらストップ、ふたたび刺激し寸前でストップということを繰り返します。

第三段階は実際にセックスを行います。騎乗位を基本とし、男性は横になったまま女性に動いてもらうやり方です。これも先ほどまでと同様、射精が近づいたらストップ、治まったら再開ということを繰り返します。

セマンズ法の効果は高いですが、協力的なパートナーがいない方もいるでしょう。そういう場合、早漏防止薬を使うのも手です。通販サイトで手軽に購入できるので、関心があるなら試してみてはいかがでしょうか。
早漏を何とかしたい!防止方法について解説
男性自身に関する悩みは、その人にとっては深刻です。しかも家族や友人に気軽に相談できる問題ではないので、一人で悩みを抱え込んでしまいます。問題は解決せずに、どんどん深刻化してしまいかねません。その中でもその人にとって切実な問題として、早漏があります。男性にとって早漏は深刻な問題です。彼女や奥さんを性的に満足させることができない、ということになるからです。早漏だと女性恐怖症に陥ってしまうかもしれません。

早漏とは挿入してすぐに射精してしまうことであるのは認識しているでしょう。しかし早漏の定義は国際性機能学会で決められています。3点あって、挿入から1分以内で射精する、射精のタイミングを自分でコントロールできない、早漏であることに苦痛を感じているの3つです。早漏は射精障害の中でも最もポピュラーなものの一つです。全世界の罹患率は30%といわれています。つまり約7億の男性が悩んでいる計算です。アンケートなどで日本国内でも1,300万人程度の方が早漏と推測されるデータも出ています。早漏に悩んでいるのは、決してあなただけではありません。

早漏を防止するためには、まず自分がなぜ早漏なのかその原因を探りましょう。早漏は大きく3タイプに分類できます。敏感性早漏と衰弱性早漏、心因性早漏の3つです。

敏感性早漏とは性的刺激に過敏に反応することですぐに射精する症状です。若くて性経験が少ない人、包茎の方などが当たります。包茎の方は普段包皮によって亀頭が守られているので、挿入したときにその強い刺激に耐えられなくなるわけです。もし性体験が少ないのであれば、経験が増えていけば慣れていって気が付いた時には早漏が治まっている場合も少なくありません。包茎の場合手術などで亀頭を露出させ、外的刺激に慣れさせれば、早漏の症状も徐々に落ち着いていくでしょう。

衰弱性早漏とは勃起や射精のコントロールができなくなっている早漏のタイプです。勃起や射精はPC筋やBC筋と呼ばれる筋肉の低下が関係しています。デスクワークがメインで運動不足の方は筋力の衰えている可能性が高いです。また加齢現象の一つといわれているので、40代から60代の方に多く見られる現象です。もし若いころと比較して勃起時の硬さが低下しているのであれば、このタイプの早漏の可能性が高いです。衰弱性早漏を防止するためには、トレーニングで筋力アップするのがおすすめです。トレーニング方法といっても簡単なものです。便を我慢するときに、肛門をキュッと占めるでしょう。これを繰り返します。肛門に5秒間力をこめて、その後力を抜きます。これを10回繰り返してこれをワンセットとします。そして1日3~4セットを目標に実践しましょう。数分でワンセットは完了するはずなので、仕事がひと段落付いた時の小休止の時などに実践できるはずです。この運動をするときに注意点が一つあります。それは息を止めずに行うことです。もし息を止めてしまうと酸素のめぐりが悪くなって、血圧が上昇します。長期的に繰り返していると心臓に大きな負担がかかるかもしれないので、呼吸は忘れないようにしてください。

心因性早漏とは心を原因とした症状です。ストレスが溜まっていると、体が興奮状態に陥ります。それで射精のコントロールができなくなって、すぐに出てしまうわけです。過去に性行為で失敗して、それを引きずっている場合に起こりやすいです。また性器など身体的にコンプレックスを感じている人も、心因性早漏に陥りがちです。また仕事が忙しいなどのストレスを感じている状況下では、一時的に早漏になってしまうパターンもあります。ひどくなると性的な刺激を受けていないのに、想像しただけで射精してしまう人も見られます。心因性早漏の場合、過去に失敗して「また同じことが起きるのでは?」と不安になって、ますます症状の悪化する場合があります。パートナーの協力も得ながら成功体験が得られると快方に向かう可能性が高いです。また心因性早漏は脳内のセロトニンという物質が不足していることで起こりやすくなるといわれています。セロトニンが不足すると神経の伝達がうまくいかなくなって、緊張状態に陥って射精のコントロールができなくなるわけです。ダポキセチンなどセロトニンを増やす薬もありますので、こちらを服用して克服する方法もあります。

早漏対策のできる薬やグッズなども販売されています。例えば早漏防止スプレーといって、麻酔成分の含まれたグッズがあります。これをペニスに吹きかけることで、一種の局所麻酔のような効果をもたらします。ペニスの感覚が鈍麻することで、射精までの時間を稼げます。若い人の早漏の場合、メンタルの部分が大きく影響しているケースが多いようです。早漏対策グッズを使って、きちんとセックスできればその成功体験が自信になって、早漏も克服できるかもしれません。まずはグッズを試してみるのはいかがですか?
もしかして自分は早漏?早漏の基準って何?
性に関する悩みは、他人に相談しづらいものです。「セックスがあっという間に終わってしまう」というイメージがある早漏も、他人と比較しづらいですし、自身が早漏かもしれないと悩んでいる人もいるでしょう。早漏に関しては、世界基準での明確な定義はまだ定められていません。しかし、国際性医学会議で明確な定義をつけようと話し合いが進められており、すでにアメリカのAUA(米国泌尿器科学会)をはじめ、各国で定義づけが行われています。

医学的に早漏だと判断される定義はいくつかあります。

1つ目の定義として、セックスの際に膣内に挿入する前、もしくは挿入してから1分以内に射精してしまう場合には、早漏だと言えます。

2つ目は、膣内に挿入してから射精のタイミングを全く遅らせられない場合です。この場合にも、早漏だと診断できるでしょう。

3つ目は、不十分な勃起状態であるにもかかわらず、挿入前に射精する、あるいは挿入後15秒以内に射精してしまう場合が該当します。

4つ目は、本人の意思に反して射精してしまうというケースです。性的な刺激がそれほど大きくないのに射精してしまうという事態が、セックスをするたびに頻繁に起こる場合には早漏だと判断できます。

5つ目は、膣内に挿入してから2分以内の射精が、過去6か月の間に50%以上の確率で起こる場合が該当します。突発的に起こる早漏は、体調や精神状態などによって影響を受けると考えられるため、それほど心配する必要はないでしょう。しかし、継続して短時間で射精してしまう場合には、早漏の疑いがあります。

これらの症状が頻繁に起こると、セックスすること自体に対して不満や不安を感じ、セックスを回避しようとする気持ちになるかもしれません。精神的な負担が大きくなることで、早漏からEDとなるなど、セックスに関するトラブルや悩みがさらに大きくなってしまうことも多いのです。

早漏かどうか、上記の定義で判断することは可能です。しかし、最終的にはセックスをする本人自身とパートナーがどう感じるかによって、射精までの時間に対する感じ方は大きく変わるでしょう。

それでは、女性は膣内挿入から射精までの時間に対して、どのぐらいが良いと思っているのでしょうか。平均年齢25歳の日本人女性を対象にした行った調査によると、希望時間の平均は約15分程度でした。ただし、これはあくまでも平均です。

女性の希望する時間の内訳は、3分以内という短時間を希望する女性は全体の3%程度です。6分~10分程度を希望する女性は36%程度、11分~20分程度は全体の36%程度、30分以上という長時間を希望する女性は全体の14%となっています。こうした調査から言えることは、日本人女性の半数以上は、膣内挿入から射精までの時間は6分~20分の範囲で最も満足度が高いということです。

女性の希望に対して、男性はどのぐらい貢献できているのでしょうか。日本人男性の平均は、約6分~7分程度という調査結果があります。世界的に見た平均時間は5分30秒程度なので、日本人男性は海外の男性と比較しても平均的な時間だと言えるでしょう。

6分~7分程度という時間は、年齢によっても差があります。若い年齢ほど射精までの時間は長い傾向にあり、30歳未満の男性なら平均時間は6分~7分程度なのですが、50歳以上の男性になると平均時間は4分30秒程度と、平均よりも短くなってしまいます。

男性の射精までの平均時間と、女性が希望する時間を比べると、女性が希望する時間の方が長いことが分かります。このギャップは、カップルで話し合いながらセックスを工夫しましょう。早漏防止をサポートしてくれるアイテムには、さまざまなものがあります。それらを使って、射精までの時間を調整するなどの方法でも解決できるでしょう。

例えば、コンドームの内側に麻酔成分が塗布されていて、装着するとペニスの感度が低下するというメカニズムで早漏を防止できるアイテムは、誰でも気軽にトライできるのではないでしょうか。

同じメカニズムで作用するアイテムには、スプレータイプもあります。局部麻酔剤がスプレーに配合されているものが一般的で、セックスの前にペニスに直接スプレーすることで早漏を回避でき、射精までの時間を長くできるというメリットが期待できます。

内服薬もおすすめです。これは慢性的な早漏で悩んでいる人にオススメのアイテムで、体内から早漏になりにくい体質づくりに貢献してくれます。コンドームやスプレーは、セックスの際に持っていなければ役に立ちませんが、内服薬ならそうしたアイテムを使わなくても、いつどんなタイミングでセックスをしても、高い効果が期待できるとして人気があります。

これらの早漏防止薬は、海外からの個人輸入代行を利用すると、ネットショッピングのような感覚で、気軽に購入できます。日本人が多く利用しているサイトもあるので、要チェックです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入・カマグラ・シアリス・レビトラ・ラシックス・インデラル のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。