検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

17件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
むくみの症状に対して漢方薬は効果的なのか
むくみは女性に起こりやすいものの、男性に起こらないわけではありません。性別に関係なく、外見の印象を大きく悪くする恐れがある厄介な症状ですが、むくみの症状が出ている場合、裏に大きな病気が潜んでいることはまずありません。内臓が原因の危険なむくみもあるにはあるものの、ほとんどのむくみは病気とは無縁の存在です。ただし、病気ではないからといって簡単に治るわけではなく、慢性的にむくみに悩まされるケースも多いのが厄介なところです。慢性的なむくみに悩まされているのであれば、漢方の考え方を取り入れて対策するのも手です。むくみについて深く知る上で欠かせないのが気、血、水で、漢方では気と血と水という3つのエネルギーが人体を巡っていると考えられています。気は元気の源であり臓器などを動かすための目に見えないエネルギー、血は全身に栄養や酸素を運んでくれる血液のことです。そして、水は血液以外の体液全般を指しており、むくみの症状を引き起こす水分は水に分類されます。体内の水の循環に問題が出ており、余分な水が顔などに溜まってしまうことが、漢方の理論によるむくみの原因です。

なぜ水の循環に問題が出るのか、これを知る上で欠かせないのが肝、心、脾、肺、腎からなる五臓です。漢方の五臓は肝臓、心臓などの臓器自体を指しているわけではなく、もっと広い範囲を含んでいます。漢方では、五臓のバランスが崩れることで病気など体の不調が現れると考えられており、何となく体調が悪いなど、明確な病名のない症状も例外ではありません。むくみの場合、心以外の4つのどれか、あるいは複数に問題が出ることで起こると考えられています。脾と聞くと脾臓を思い浮かべるかもしれませんが、脾臓は漢方の脾とは関係がなく、膵臓を始めとした消化吸収全般に関わる機能を指す言葉が、脾です。暴飲暴食などの影響で脾の機能が衰えていて、消化吸収がうまくいっていない場合、水がしっかりと処理されないため、むくみの症状が起きる恐れがあります。肺は呼吸に加えて、全身に気、血、水を届ける働きや、皮膚など体の表面部分を調整する働きがあるとされており、一般的な肺のイメージより遥かに多くの働きを含んでいるのが特徴です。そのため、肺の機能が低下している場合、水を全身に届ける働きに影響が出たり、体の表面部分から汗が出にくくなったりすることから、むくみが起こる恐れがあります。脾と肺は深く関係しており、脾の機能低下の影響を受けて肺の機能も低下することがあるため、脾が原因のむくみを放っておくと、より厄介な症状になりかねません。

腎は排尿を始めとする西洋医学的な腎臓の機能に加えて、先天的なエネルギーを蓄える機能があると考えられています。そして、腎は水の代謝とも大きく関係しており、腎の衰えや機能低下が起こった場合、水が関係する症状が出やすいのも大きな特徴です。頻尿、尿もれ、夜間尿など尿に関する症状が見られる場合、腎の機能低下により水の代謝がうまくいっておらず、水の一種である尿に問題が出ている可能性があります。むくみも腎の機能低下により起こりやすい症状で、足のむくみや尿関係のトラブルなど、水が関係する症状が下半身に出ている場合、まず疑われるのは腎です。肝は体の様々な部分の調整に関係しており、肝の機能低下は全身の様々な場所に不調を招きかねません。また、肝は腎と共に水の排出にも関係しているため、水分やアルコール摂取量が多いにも関わらず排出の機能が低下していると、むくみを招いてしまいます。さらに、肝はストレスの悪影響を受けやすく、ストレスによる肝の機能低下が起こると、間接的にむくみの症状を進行させる恐れがあるのが厄介なところです。

漢方薬は五臓のバランスを整える働きがあるため、適切な漢方薬を使用することで、むくみを改善する効果が期待できます。ただし、漢方薬には難点も多く、一般的な西洋医学の薬とは違って、漢方薬は即効性が期待できません。五臓のバランスを徐々に整えていくことで病気、症状の改善を図るため、すぐにむくみを治す必要がある場合、漢方薬では間に合わない可能性大です。また、漢方薬を使用する場合、自身の体質を正確に把握した上で薬を選ぶ必要があります。一般的な薬とは違って、漢方薬は誰が飲んでも同じような効果が出るわけではなく、五臓のバランスの状態によっては効果が現れなかったり、逆効果になったりするのが厄介なところです。漢方薬は種類も非常に多いため、自身に合っている漢方薬を選ぶことは簡単ではありません。体質そのものを改善できる漢方薬は、長期的に見れば有用ですが、一般的な薬と比べると使用する上でのハードルは高めです。そのため、むくみに悩まされているのであれば、まずはラシックス、トラセミドなどの薬から試すのがよいでしょう。ラシックスとトラセミドは共にループ利尿薬に分類されており、むくみの薬の中でも効果が強い部類です。また、遅くても1時間ほどで効果を感じられるケースが多く、むくみをすぐに改善したい場合に役立ってくれます。
女性に多い悩み!ふくらはぎのむくみの原因と解消法
女性に特に多い悩みがむくみではないでしょうか。一日の終わりになるとふくらはぎがむくむという方は少なくありません。また、むくみによって体重が増えることもあります。それもやはり女性にとっての大敵ですが、では、どうやってむくみを解消して体重を抑えることができるのでしょうか。

むくみを解消するには、なぜむくむのかその仕組みを知っておくことが大切です。むくみとは、細胞の隙間に余計な水分や老廃物が溜まり、血の巡りが悪くなることで起こります。特にふくらはぎなど下半身ほどむくみやすいのは、それだけ心臓からの距離が遠いからです。

また、立ち仕事でも座り仕事でも長時間同じ姿勢を続けると、足の筋肉が使われないままなので、そのせいでふくらはぎの筋肉が担う血液のポンプ作用が滞ってしまいます。そのせいで、朝よりも夕方の方が、滞った血液の流れの影響から足のむくみが目立ってしまうのです。

むくみとは細胞間の余計な水分が原因と述べましたが、そのことが体重増加とも関係しています。体重が増えるのは食べる量が増えたからではないかと考えたくなりますが、実は体の水分量が増えていることが大きな原因であることもよくあることです。軽い程度のむくみのつもりでも、そのせいで体重が3キロ以上増えることもあります。

これを食べ物のせい、つまり、脂肪が増えた肥満と勘違いしていると、いくらダイエットしても効率的に痩せることはできません。脂肪ではなく水分が増えて体重が増えているわけですから、原因である水分を何とかしなくてはならないのです。ですので、体重が増えたからといって即肥満と思う前に、むくみが原因ではないか考えてみましょう。

男性よりも女性の方がむくみやすいのは、女性ホルモンが大きく関係しています。妊娠や出産によって女性のホルモンバランスは大きく変化しますが、それがむくみにつながることも多いです。

また、妊娠していなくても、毎月の生理によって女性ホルモンのバランスはかなり変化します。生理の前後で体重が変わる女性は多いですが、それもプロゲステロンという女性ホルモンが関係しているのです。この女性ホルモンが盛んに分泌されるようになると、体は内部に水分を溜め込もうと働きます。

むくみは女性ホルモンに起因する部分もありますが、やはり大きいのは食生活や生活習慣です。むくみやすいと自覚している方は、ふだんどんな食事をされているでしょうか。しょっぱい味が好みではないでしょうか。もしそうだとしたら、塩分の摂りすぎによるむくみが考えられます。

塩分を摂取すると、体の中の塩分濃度を一定に保とうとする働きのために、体は水分をたくさん溜め込んで摂った塩分を薄めようとするのです。そのせいで、むくみだけでなく体重増加にもつながってしまうわけですから、むくみや体重が気になる方はなるべく塩分控えめの食事を心がけましょう。

デスクワークや立ち仕事の方もむくみやすい特徴を備えています。先ほども述べたように、こうした仕事の方は足の筋肉を長時間使わないために、どうしても血液の巡りが悪くなってしまうのです。特に心臓から距離のある下半身の場合、重力の影響もあって水分だけでなく老廃物も溜め込みやすい状況にあります。それがさらなるむくみや体重増加につながることもあるので、なるべく意識して足の筋肉を使うようにしましょう。

では、具体的にはどうやればよいのでしょうか。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれます。それだけ血液を押し上げるポンプ作用が働いている部位ということなので、ここの筋肉を強化することで血流が今より改善されるはずです。

ですので、簡単な方法としては、ウォーキングやジョギングなどふくらはぎの筋肉を鍛える運動が挙げられます。男性と比べて女性は全身の筋肉量が少ないため、少し筋肉をつけるだけでも、血流や冷えの改善といったポンプ作用の向上効果が実感できるはずです。

運動が苦手、もしくは、なかなか時間が取れないという方は、せめてふくらはぎのマッサージを行うようにしてみてください。まず、ボディクリームやボディオイルをたっぷりつけて滑りをよくします。いきなり手でゴシゴシこすると皮膚を傷つけるため、クリームやオイルは必須です。

滑りが良くなったら、ふくらはぎを両手でつかみゆっくりほぐしていきます。ふくらはぎに硬い部分が感じられるとしたら、その部分こそ余計な水分や老廃物が溜まっているところです。指の腹を使って、奥に筋肉を押し込むような感じでじっくりほぐしてあげましょう。

ただし、痛いほど強い力で押す必要はありません。痛気持ちいいぐらいの強さで、水分や血液を流すようなイメージでゆっくりほぐしていきましょう。

それでもなかなかむくみが解消しない、水太りに悩んでいるという方は、ラシックスやトラセミド、アルダクトンという利尿剤を使う方法もあります。文字どおり余計な水分を尿として排出してくれるための薬なので、むくみや水太りの解消に効果が期待できるでしょう。これらの薬は個人でも通販サイトにて購入可能です。
「むくみ」解消に効果的なカリウム・ナトリウムの豊富な食材を紹介。
朝起きたときに顔がむくんでいたり、夕方になると脚にむくみが出たりと、「むくみ」で悩んでいる方も多いかと思います。「むくみ」を解消するには色々な方法がありますが、食べるもので改善できることをご存知でしょうか?

利尿作用の高い食事でむくみ予防
「むくみ」は、加齢などによって水分代謝能力が低下し、体内の水分のめぐりが悪くなることで起こる症状です。余分な水分が原因になっているということは、その水分が適切に体外に排出されれば、むくみを予防、あるいは改善することができます。つまり、むくみの予防には、利尿作用の高い食品が効果的であると言えます。

身体の水分排出機能にはカリウムとナトリウムは大きく関係しています。ナトリウムを過剰に摂取してしまうと、余分な水分を溜め込んでしまいますが、カリウムを摂取することで余分なナトリウムを尿として排出することができます。むくみの予防・改善にはカリウムを多く含む食品を摂ると効果的です。

カリウムを含む食材
長芋
カリウムを豊富に含む食品としてまず上げられるのが「長芋」です。
長芋には消化酵素や食物繊維の他、ビタミンB群も豊富に含まれており、消化や代謝を促進してむくみ予防に効果的です。同じく、カリウムや食物繊維を豊富に含むオクラや昆布、などと合わせて食すると更に効果が期待できます。また、長芋をとろろにすればたっぷり摂取しやすくなります。

アボカド
アボカドもカリウムを豊富に含み利尿作用のある食品のひとつです。やはりカリウムの豊富な納豆と合わせ「アボカド納豆」にすれば、そのまま食べるだけでなく、ごはんにのせたりパスタとあえても手軽に摂ることができます。塩分が気になる場合は、わさびやごま油などでアクセントをつけると、醤油の量を押さえて塩分控えめで食することができます。

きゅうり+お酢
きゅうりはナトリウムの排出作用のあるカリウムを1本あたり200mg程含み、利尿作用があることで知られている食品です。食物繊維も豊富なので、整腸作用を期待することもできます。ただし、きゅうりは水分が多く、食べ過ぎるとお腹を冷やして腸の活動を悪くする場合もあります。

きゅうりと合わせて使いたいのが「お酢」です。お酢には腸の活動を活発にして腸内環境を整える効果があるので、きゅうりとの食べ合わせが良い調味料です。また、タンパク質が豊富な肉類・魚介類と合わせることでバランスが良くなります。アルブミンというタンパク質の一種にも血液中の水分量を調整する機能があるので、むくみ解消の効果があります。ちりめんじゃこなら少量でも栄養価が高く、気軽にきゅうりと合わせて食することができます。

ほうれん草
ほうれんそうは、カリウムや食物繊維が豊富であるばかりでなく、葉酸や鉄分といった栄養素も豊富に含まれています。葉酸と鉄分は身体が赤血球を作り出す材料となるので、カリウムと食物繊維による利尿作用と整腸作用だけでなく、冷え性や血流の改善効果も期待できる食品です。胡麻和えにすると、ごまの持つビタミンB群やミネラルの効果で、利尿作用効果も更に期待できます。

あさり・しじみ等の貝類
実はあさり・しじみなどの貝類もカリウムが豊富で利尿作用があることで知られています。また、貝にはカリウム以外にもカルシウム・鉄・亜鉛・マグネシウム等のミネラルが豊富に含まれており、骨粗鬆症予防や鉄分欠乏による貧血の予防効果もあります。ただし、貝類を摂る場合は塩分も含まれていることに注意が必要です。あさりやしじみを味噌汁の具として使う場合、塩分過多になる恐れがあります。味噌汁の具として使用する場合は、野菜を入れて具だくさんにしたり、減塩味噌を利用する、薄めの味付けにするなどの工夫が必要になります。

生姜は間接的にむくみ予防に
直接の利尿作用はありませんが、生姜には発汗作用があり身体を温めてくれるので、身体が冷えることによって起こるむくみの原因となる、体内の水分循環の低下を防ぐ効果が期待できます。また、タラの芽にも血液循環を改善する効果があります。

「むくみ」の予防や改善に繋がる食材を紹介してきましたが、基本的に食事による改善方法は、一度食べたらすぐに効果が現れるというものではありません。「むくみ」の症状がひどく、できるだけ早く症状改善を図りたいという場合には医薬品を使用する方法もあります。

慢性的なむくみの改善にはラシックス
「ラシックス」という利尿剤は、基本的に高血圧症の患者さんに処方されることの多い医薬品ですが、むくみ改善に高い効果が期待できることでも知られています。また、冷え性やセルライトなどの、多くの女性が悩む症状にも改善効果が期待できます。「ラシックス」は利尿薬であるため、特に服用開始後2週間ほどは、服用後3時間以内に通常より多量の尿が出ることに注意が必要です。通勤やクルマの運転の際には特に使用に注意してください。

ラシックスの入手方法としては、通販サイトでの購入が最も便利です。テジャスメディシンという個人輸入代行の医薬品通販サイトは、ラシックスの他各種医薬品の販売に定評のある通販サイトとなっています。
それで合ってる?ラシックスの正しい服用方法|事前に知っておきたいこと
「いつまでも若々しく綺麗でありたい」と考え、ボディーラインを美しく見せたいとダイエットに勤しむ女性は多いでしょう。
しかし効率良いダイエット方法が見つからず、二の腕や太ももにできたセルライトが気になる人は多くいます。そこで、このセルライトを防ぐ為に「ラシックスを服用することでダイエット効果がある」と発信するサイトは多くあります。ただ、ラシックスは正しい知識を得た上での服用が大切です。

1.ラシックスとは?
フロセミドを主成分としたループ利尿剤という医薬品で、利尿剤では代表的なお薬のひとつです。病院でも取り扱われています。セルライトの主な原因は余分な水分ですが、この水分と同時に老廃物も含まれています。これを放置しておくとセルライトになってしまうのです。ラシックスは利尿作用によってセルライトの原因ともなる「むくみ」を取る、さらに「血圧を下げる」効果があります。このむくみを解消するという部分がダイエットに繋がるのでは?と注目を集めているのです。病院では悪性高血圧や腎性乳腫、尿路結石治療など、他にも様々な場面に使用されます。また、このラシックスは人間に限らず、犬や猫などの動物にも投与されているほどメジャーなお薬です。

1-1.ループ利尿剤とは?
腎臓にあるヘンレループという尿細管部分に作用することで、体内の水分を尿として体外に排泄する効果があります。これによりスッキリとした体型が見込め、さらにセルライト防ぐ効果が期待できるのです。ただ、体の水分を尿として体外に排泄するので、結果的にトイレの回数が増える傾向にあります。なので、電車や車での移動など、トイレに行きづらい環境になると分かっている場合には注意が必要です。

2.ラシックスの正しい服用方法
ラシックスは正しく服用することで効果が期待できます。正しい服用方法を学び、身体に無理の無い範囲での服用を心がけましょう。

2-1.1日に服用できる目安を知る
年齢や症状によって異なりますが、1日1回40~80mgを目安に服用しましょう。むくみを解消する目的で服用する場合は、1日に40mgでも効果が期待できます。効果が無いからと言って、大量に服用・または常用することはおすすめしません。

2-2.服用しすぎに気を付ける
勘違いされやすいのは「お薬を多く飲めば効果が大きく痩せられる」と考えてしまうことです。ラシックスは体内の水分を排泄させる効果がありますので、必要以上の服用は脱水症状の原因にもなりかねません。女性の天敵とも言えるセルライトを防ぐには、早めの対応が必要になりますが、正しい服用方法を守って効率良くむくみを解消しましょう。

2-3.ラシックスはダイエットのお薬では無い
利尿を促し、余分な水分を出すことでむくみを解消することが期待できます。しかし、ラシックスはダイエットを目的として製薬されたお薬ではありません。肥満の原因は様々ですが、服用したからと言って「必ず痩せる」とは限りませんので気を付けましょう。

2-4.妊娠中の服用に関して
妊娠中のお薬の服用はお腹の赤ちゃんにも影響が考えられる為、服用をおすすめしません。しかし、どうしてもお薬の服用が必要となる場合もあります。妊娠高血圧やむくみの解消を目的としてラシックスを服用する場合がありますが、胎児脱水などの影響も懸念されます。必要以上の服用は控えるようにしましょう。

3.ラシックスを購入するには?
ラシックスは手に入れようにも、薬局などで気軽に購入する事はできません。個人輸入で仕入れる必要があります。しかし、ラシックスは2019年1月に個人輸入販売の規制対象となりました。さらに、個人輸入には薬監証明の取得や必要書類の提出など、手間がかかってしまうのです。そこで、個人輸入の手間などを代行してくれるサービス事業が注目されています。

3-1.テジャスメディシン
会員制の個人輸入代行の通販サイトです。ラシックスは勿論、あがり症に効果があるインデラルが最安値で購入できるおすすめサイトです。個人輸入の際の手続きを代行してくれるので面倒な手間も無く、気軽に購入することができます。また、ラシックス、インデラル以外にも多数の製品をカバーしているので、探していた製品が見つかるかもしれません。会員登録も難しくはありませんので、この機会に登録をおすすめします。

4.まとめ
ラシックスは医薬品です。身体に取り入れる物なので、正しい服用方法をした上で効果が期待できます。過剰に摂取しすぎると危険な場合もあるのです。そして、ラシックスは利尿剤であり、ダイエット薬ではありません。むくみの解消は期待できますが、ダイエット目的で常用することはおすすめしません。ラシックスは薬局などで気軽に購入することはできませんので、海外からの輸入が必要になります。お求めの際は、個人輸入代行の通販サイトテジャスメディシンがおすすめです。ぜひ一度ご覧下さい。
むくみの裏に病気が隠れている可能性も…病気でなければラシックス通販のテジャスメディシン
むくみに悩んでいるという人はいませんか?通常なら余分な水分や老廃物がスムーズに排出できないことが原因です。しかし、中には深刻な病気の症状として、むくみが現れている可能性もあります。

むくみを感じる場合は
全体的にむくんでいる人は、むくんでいる部分を指で押してみましょう。この時、へこんだままでなかなか元に戻らなければ、内臓疾患の可能性があるので注意が必要です。考えられる原因として、心臓や肝臓、腎臓のいずれかで何らかの疾患を引き起こしているかもしれません。この場合、むくみのほかにも、ちょっと動いただけで息切れがする、動悸が激しくなる、胸が痛い、尿の出が以前と比較して悪くなった、疲れやすくなった、などの症状も起きているはずです。

全体的にむくんでいて、指で押して一切跡が残らない場合でも、注意が必要です。別にそこまで気温が低いわけではないけれども寒く感じる、汗をほとんどかかない、乾燥肌の状態である場合には、甲状腺機能低下症にかかっているかもしれません。甲状腺ホルモンの分泌が低下することで、いろいろな症状を引き起こしているわけです。そのほかにも、便秘や体重が増えた、いつでも眠たいなどの症状も、甲状腺の機能低下を起こしている可能性があるので注意したほうがいいです。

むくみが起こりやすい箇所
むくみの現れる箇所として、足は代表的な箇所でしょう。足がむくんだ時に、指で押すとへこんだままでしばらく元に戻らない場合には、エコノミークラス症候群の可能性があります。飛行機や自動車など、長時間座った後で足にこのようなむくみが起きた場合には、注意したほうがいいです。長時間同じ姿勢でいて、水分が不足するとこのような症状が起こりやすいです。血液の流れが悪化して、血栓という血の塊ができてしまいます。この血栓で血管がふさがれて、足がむくんでしまいます。エコノミークラス症候群の場合、立ち上がるなど姿勢を変えた時が危険です。立ち上がった時に、血液の流れで血栓が押し出されます。これが脳や心臓の血管に飛ぶと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしかねません。命に係わる症状を引き起こす危険性が実はむくみの裏に隠れている可能性もあるわけです。

特定の場所が赤く変色し、腫れたようになる場合には、蕁麻疹の可能性があります。蕁麻疹は、アレルギー反応の一環として起こる症状です。特定の食べ物を食べた、薬を塗った、特定の昆虫を触ったなど、早ければ数分、遅くても数時間以内に症状が現れます。自覚がないとしても、実は特定の何かにアレルギーを持っている場合もありますので注意が必要です。

血管性浮腫が続く場合や、箇所によっては注意が必要
蕁麻疹と似た症状で、血管性浮腫も考えられます。血管性浮腫とは、特定の皮膚が腫れたりむくんだりする症状のことです。これは全身どこででも起こりえます。しかし、一般的にはまぶたや唇に発症する事例が多いです。別にそのままにしていても、数日で症状の治まることが多いです。ただし、発症する箇所によっては、日常生活に支障をきたすこともあります。例えば消化管が腫れた場合、腹痛や吐き気を引き起こすこともあります。また、のどが腫れるような血管性浮腫もあります。この場合、息がしにくくなります。症状が悪化すると窒息状態になる恐れもありますので、油断すべきではありません。顔の腫れる人は、その次の段階としてのどの腫れることが多いです。

血管性浮腫が起きる原因はいくつか考えられます。その中でも大きな原因と言われているのは、遺伝性です。特に、顔や手足がむくんで数日で元通りになるといったことを何度も繰り返す場合、家族や親戚に似たような症状を持っている人がいないか確認しましょう。もし同じような症状を抱えている人が身近にいるなら、今後も腫れやむくみを繰り返す体質である可能性が高いです。

一般的なむくみの改善は生活習慣の改善から
そうでなければ、ただのむくみである可能性が高いです。むくみは水分や老廃物の排出がスムーズにいっていないことが原因です。生活習慣に何らかの問題があるので、規則正しい生活習慣を心がけましょう。また、適度に体を動かすといいです。運動することで汗が出やすくなり、水分代謝がアップします。余分な水分がたまりにくくなって、むくみ体質を改善できるかもしれません。長時間同じ姿勢を繰り返しているとむくみやすいので、座り仕事や立ち仕事で長時間同じ姿勢をしなければならないのなら、合間にストレッチを取り入れましょう。先ほど紹介したエコノミークラス症候群対策でも有効です。

慢性的なむくみの場合はむくみ改善薬「ラシックス」
そのほかには、ラシックスという医薬品を服用するのもおすすめです。排尿を促進することで、余分な水分を排出できるからです。上で紹介した運動やストレッチなども効果がある半面、即効性は期待できません。しかしラシックスであれば、排尿を促進させることで速やかにむくみの症状を改善できる可能性が高いです。ラシックスは通販サイトからでも購入できます。テジャスメディシンはラシックスをはじめとして、各種医薬品を販売しています。実績のある通販サイトなので、初めての方でも安心して購入できます。利用を検討してみませんか?

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販&個人輸入・テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。