検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

17件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
むくみを解消するために注意したい食べ物のこと
むくみと毎日の食事に密接な関係があることをご存じでしょうか。むくみを解消するのも、むくみやすい体になるのも、いつも食べている食事が原因の一部です。食事以外にむくみの原因が見当たらない場合は、ぜひ食事を見直してみてください。

むくみを解消するための具体的な食べ物の前に、食べ方や食事の時間から見直していきましょう。まず、むくまない体を作るには朝食が大切です。朝食を食べない人は少なくありませんが、朝食を食べないと血の巡りが悪くなったままです。朝食で体の血行を良くするだけで、むくみにくい体質に近づきます。

朝食を作る時間がない方でも、何も食べないのは良くありません。せめてバナナぐらいは食べるようにしましょう。バナナは果物のなかでも特に栄養が豊富ですし、利尿作用の高いカリウムも含まれています。「つい食べ過ぎて眠くなってしまうから朝食を食べない」という方も、バナナなら手軽に食べられてよいのではないでしょうか。

朝食と同じく夕食も大切です。仕事をされている方だと夕食の時間が遅くなることがありますが、なるべく早めに食べることをおすすめします。食べて寝るまでの時間が短いと、自律神経が乱れてむくみやすくなるからです。また、食べてすぐ寝ると、食べたものをしっかり消化できずに、消化しきれなかったものが体脂肪になってしまいます。むくみやすくなるうえに太りやすくもなってしまいますから、できるだけ夕食は早めに、できれば、就寝時刻の3時間以上前に終わらせるようにしましょう。

では、むくみにくい体を作るために積極的に食べたい食べ物です。サラダなどでも手軽に取り入れられる食べ物ですので、ぜひ毎日の食事メニューに加えるようにしましょう。

1つ目はきゅうりです。きゅうりは豊富にカリウムを含む野菜ですが、先にも見たとおり、カリウムには高い利尿作用があります。むくみとは体内に溜まった余分な水分や老廃物ですが、カリウムの働きによってそれらを効率よく排出できるようになるのです。また、食物繊維も豊富ですから、きゅうりを積極的に食べることで腸内環境が改善されて、お通じもよくなる効果が期待できるでしょう。

きゅうり以外の野菜ではホウレン草もおすすめです。ホウレン草にもカリウムや食物繊維がたっぷり含まれています。また、鉄分や葉酸も豊富で、血流の改善や冷え性の改善にもおすすめです。

アボカドもむくみ解消に積極的に食べたい果物です。アボカドもカリウムが豊富な果物なので、体内に溜まった余計なものを排出する働きが期待できます。また、ビタミンEも豊富なので、その抗酸化作用により美容にも良い影響が期待できるでしょう。それ以外にもさまざまな栄養成分が含まれています。むくみ解消だけでなく、体のためにも頻繁に食べたい果物です。

利尿作用に注目するなら、貝類もむくみの解消によい食べ物と言えるでしょう。特に、アサリやシジミ、ハマグリがおすすめです。また、利尿作用だけでなく、血圧やコレステロールを抑える働き、肝機能をアップする働きなどもあります。

以上、むくみ解消に積極的に食べたい食べ物でしたが、今度はむくむ原因になってしまう避けたいものを見ておきましょう。

一つは塩分が多い食べ物です。塩分の多い食べ物を食べると、体内の塩分濃度を一定にキープしようとする体の働きによって、いつも以上に水分が体内に溜め込まれてしまいます。むくみを避けたいのであれば、なるべく塩分の少ないものを選ぶようにしましょう。インスタント食品や加工食品には、意外と多くの塩分が使われているので注意が必要です。

体を冷やしやすい食べ物も、むくみを解消したいなら避けた方がよいでしょう。先ほどきゅうりやホウレン草を食べたい野菜として紹介しましたが、同じ野菜でも、キャベツやレタスなどは体を冷やしやすいので食べ過ぎには注意が必要です。

また、甘いものやジュースなども摂り過ぎに注意しましょう。糖分がたくさん含まれているため、それがむくみやすい体質につながってしまいます。糖分も塩分と同じように、摂り過ぎると水分を体内にたくさん溜め込む性質があるからです。

むくんでいるのは太りすぎているからだと思ってダイエットに励む人もいますが、食事制限には注意してください。糖分や脂肪分を制限するだけでなく、たんぱく質まで制限する人がいますが、これはNGです。たんぱく質を制限すると筋肉の材料が不足し、筋力が低下してしまいます。筋力が低下すると血液を循環させる力も衰えてしまうため、体内に余分な水分をますます溜め込みやすくなってしまうのです。ダイエットをするとしても、たんぱく質はしっかり摂取するようにしましょう。

また、筋力を低下させないためには、食事と同じく運動も意識してください。ハードな運動をする必要はありません。足のむくみが気になるなら、つま先やかかとを上げ下げするだけでも違います。

なお、むくみ解消に利尿作用を期待するなら、ラシックス・トラセミド・アルダクトンなどの利尿剤を使うのも手です。インターネットで手軽に購入できますので、一つの候補として検討してください。
夏場の水分補給とむくみ対策はどうやる?
近年日本の夏は厳しい暑さになることが多いです。連日35度以上の猛暑日を記録し、しかも場所によっては40度超えになるところもあるほどです。一昔前の夏と違って、危険な暑さになりがちです。そこでポイントになるのが水分補給です。熱中症対策のために水分補給は必要ですが、むくみが気になる人は水分補給することで症状が悪化してしまうのではないかと思う人もいるでしょう。確かに水分補給のやり方を誤ると、むくみが悪化してしまうこともありますので注意が必要です。

そもそもなぜむくみが起きるのか、それは血管やリンパ管における循環機能がうまく働いていないからです。本来であれば、水分によって酸素や栄養素、老廃物を循環させます。このシステムがうまくいかないと水分が血管やリンパ管から漏れ出てしまいます。その結果、細胞の間に水分が溜まってしまうのです。むくみの原因として、水分不足もしくは過剰摂取が関係しています。つまり水分補給のやり方はむくみ対策として、一つ重要なポイントになってきます。

まずNGな水分補給の方法ですが、水分を摂取しない、逆に過剰摂取するのはダメです。水分を摂取しないと特に夏場は脱水症状や熱中症が心配です。また慢性的に水分不足に陥ると、体が危険を感じます。そして水分をため込んで不足しないようにします。水分が失われると命にかかわる危険性があるからです。しかし水分をため込んでしまうとむくみが生じます。一方で水分補給しすぎるのもむくみを悪化させてしまいます。余分な水分が血管から細胞にしみ出して、むくみの原因となります。

また飲み物の種類にも注意が必要です。コーヒーやジュース、アルコール類で水分補給するのもNGです。糖質の多い飲み物ばかり飲んでいると、摂取カロリーが過多になります。この糖質が水分と一緒に溜め込まれ、むくみの原因となります。またアルコールを飲むと利尿作用が高まります。その結果、排尿の回数が多くなってかえって水分不足の状況を引き起こしてしまいます。

では正しい水分補給の方法ですが、まず量は1.5リットルを目標にしましょう。厚生労働省では1日に2.5リットルの水分摂取を推奨しています。しかし1日3食食事をとれば、食物に含まれる水分を摂取できます。だいたい1日1リットルは食事を通じて水分摂取できるといわれています。よって残りの1.5リットルを水分補給しましょう。

水分補給をする際には、こまめに飲むのがおすすめです。1回あたりコップ1杯の水で十分です。これを1日7~8回頻繁に飲むことです。1度に大量の水分を摂取すると、血液中に余計な水分が溜まってしまい、むくみの原因となりかねません。また内臓にも大きな負担がかかるのでおすすめできません。

また夏場はキンキンに冷えた水を飲みたいと思うでしょう。しかしあまり冷たい水を飲みすぎると、胃に大きな負担がかかってしまいます。できれば常温の水を摂取するように心がけるのもポイントです。さらに水分の量だけでなく、質も重視してください。特におすすめなのが、ミネラルウォーターです。ミネラル、特にカリウムには体内にたまっている毒素や余分な水分の排出を促す効果があるので、むくみ対策になります。ミネラルウォーターのほかにも、夏の定番の飲み物である麦茶もミネラルを豊富に含んでいるのでおすすめです。またオリジナルの飲み物を作ってみるのもいいでしょう。水の中にハーブやキュウリ、レタスやセロリを入れて、そこにレモンを浮かせるデトックスウォーターはおすすめです。

また少し前に触れたように、食事をしっかりとることも大事です。食事から水分補給もできるからです。食事を抜いてしまうと、栄養分だけでなく水分の摂取も滞ってしまいます。特に注意しなければならないのは、朝食をしっかり食べることです。眠っている間に汗をかいているので、朝起きたときには脱水状態になっている可能性が高いです。この状態で朝食を抜いてしまうと、危険です。また夏場厳しい暑さが続くと、夏バテを起こして食欲がなくなるかもしれません。しかしそんな時でも軽めのものでもいいので、1日3食しっかり食べる習慣をつけてください。

水分補給をしっかり対策しても、むくみがなかなか解消されなければ、ラシックスを使ってみるといいでしょう。ラシックスには利尿作用があるからです。排尿することで、体内に溜まっている余分な水分を排出できます。余分な水分をスムーズに排出することで、むくみを解消できるでしょう。ラシックスは24時間効果が持続するといわれているので、1日1回服用すればいいです。この手軽さもおすすめポイントです。

ラシックスを服用する際には一つ注意が必要です。それは即効性の高さです。だいたいラシックスを服用したら、個人差はあるものの30分後くらいには効果が現れる可能性が高いです。つまり尿意を催しますので、トイレに行けるような態勢を整えてください。
利尿剤でむくみ対策をしてみよう!
女性に多いむくみ、とくに年齢を重ねるにつれて下半身に起こりやすくなります。簡単に言えば余分な水分が体内に蓄積したことで生じるわけですが、蓄積する原因にはさまざまな種類があり、対策・解消のためにはそれぞれの原因に合わせた正しい方法を選ぶことが重要になってきます。

むくみの原因としてまず挙げられるのが、食生活の問題です。よく水分の摂りすぎが原因と言われることもありますが、実際には塩分の摂りすぎのほうが要注意です。人間の体内では塩分と水分のバランスを調節する機能が働いているため、塩分摂取量が多いと体内の塩分濃度を維持するために水分を溜め込みやすくなるのです。つまり、もともと塩分摂取量が多めの人が水分摂取量を減らしてしまうと、ますます水分を溜め込みやすい状態になってしまうことになります。

同じようにアルコールの摂りすぎも要注意です。もともとアルコールには利尿作用があるのでむくみの直接の原因になるケースは少ないのですが、毎日のようにたくさんお酒を飲んでいる人は気をつけたほうがいいでしょう。お酒を飲んだ後は体内の利尿作用を妨げる抗利尿ホルモンが分泌され、水分を体内に溜め込みやすい状態になります。むくみの悩みを抱えている方がアルコールの摂取量に対して過剰に神経質になる必要はありませんが、お酒が好きな人はちょっと注意したほうがよいかもしれません。、また、お酒の肴に塩分が多い食べ物をよく食べる傾向もあるのでこちらも注意したいところです。

アルコール摂取量との関係で注意したいのが、肝臓の機能の低下です。肝臓機能が低下するとアルブミンというタンパク質の一種が作られにくくなり、低アルブミン血症に陥ることがあります。その結果、血管内の水分が血管の外に移動してしまうようになり、その水分が蓄積してむくんでしまうのです。お酒の飲み過ぎをはじめ、肝臓に負荷をかけるような食生活は避けたいものです。同じく腎臓機能の低下も十分な水分の排出がうまくできなくなってしまうことでむくみの原因となります。

そして現代人はもうひとつ、日常生活の習慣がもたらすむくみにも注意が必要です。例えば運動不足。とくに下半身の筋力が低下していると全身の血液の流れが滞りやすくなり、余分や水分や老廃物の排出が機能しにくくなってしまいます。さらにデスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢でいる環境にいると血液が滞りやすくなります。デスクワークをしている方の中には夕方に足がむくんでしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。とくにふくらはぎの筋肉は下半身に流れ込んできた血液を心臓に送り返すポンプの役割を担っているため、筋力の低下や動かさないことによるこわばりが血行を滞らせる大きな原因になってしまうのです。

こうした原因を見たうえで、自分にとって有効なむくみの解消方法を探していくことになります。ポイントはやはり食生活と体内の血行の改善です。水分を溜め込みやすい状態を改善しつつ、血行を促すことで余分な水分をしっかり排泄・排出できる状況を作っていきます。

食生活の改善は意識してしっかりと行っていくとして、血行の改善をどうすればいいのか?方法としてはとくに下半身の筋肉を動かし、鍛える運動・エクササイズを行うことが第一です。運動が苦手、という方はマッサージやストレッチといった簡単にできる方法を取り入れるのもよいでしょう。

そしてもうひとつ、すでにむくみが見られる場合には薬物を利用した対策を取り入れてみるのもおすすめです。むくみがあると体が重い、だるいといった問題を抱えやすく、運動やエクササイズをする気力がなかなかわかないといった問題も出てきます。まず薬で今抱えているむくみを改善し、コンディションを整えた上でこれ以上むくみができない環境を目指していくのです。

そんなむくみ解消に役立つ薬剤としてよく知られているのがラシックスです。これはもともと血圧を下げる効果を備えた薬で、心臓・腎臓・肝臓の不調によって生じるむくみの改善のために用いられています。具体的には腎臓における塩分と水分の再吸収を抑えることで尿の量を増やす効果を備えています。

先述したように心臓・腎臓・肝臓の不調や機能の低下によってむくみが生じてしまっている方の対策として有効なのはもちろん、体内に蓄積してしまった余分な水分を効率よく排出することができるので、広くむくみの悩みを抱えている方にも有効です。

そしてもうひとつ、この薬は女性が生理前の症状として起こるむくみの改善にも用いられています。この生理前のホルモンバランスの変化がもたらすむくみは体質的な面もあって日常生活での対策がなかなか難しい面もあるだけにラシックスがとても有効な選択肢となっているのです。

ラシックスは個人輸入代行業者を利用することで海外製のものを簡単に入手することができます。もちろん、薬に頼りすぎるのではなく、あくまで自分がかかえているむくみの原因を把握し、適切な対策を行いつつ有効に活用していくことが大前提です。しかしいろいろな対策を行っても思うようにむくみが改善されずに悩んでいる方にとって、手軽に入手できる個人輸入代行業者のラシックスはむくみの悩みの改善に役立つ心強い選択肢になってくれるでしょう。
下半身のむくみ解消には体を動かそう!効果が期待できる体操を伝授
下半身がむくむと、足が太って見えるというのも問題ですが、痛みやだるさなどの症状に悩まされるのが大きな問題です。下半身のむくみを解消するために、どんな対策が効果的でしょうか。

むくみは体内の水分の流れが滞っている状態ですので、むくみの解消には摂取する水分を減らすのがよいと考える人がいます。しかし、水分を控えたところで、体が水分不足になるだけで、むくみの解消にはあまり意味がありません。

それどころか、水分不足によって静脈中に血栓ができやすくなるなど、デメリットの方が大きいです。特に、熱中症のリスクが高くなる夏場に水分を控えるようなマネはやめてください。水分を控えるべきなのは、病気のために医師からそう指示されている人だけです。

むくみの解消に、半身浴や入浴を心がけているという人もいます。水分を控えるよりはよほど健康的ですが、むくみの解消に高い効果があるかは不明です。ただし、体に水圧がかかるため、血液やリンパの巡りが良くなることは期待できるでしょう。また、入浴によって皮膚を清潔にするのは、感染症予防の観点からもおすすめです。

ふくらはぎのむくみ解消には、医療用弾性ストッキングが良いと言われています。科学的根拠のある医療用弾性ストッキングなら確かに効果が期待できそうですが、それをマネてキツい下着を着用するのは体に良くありません。

弾性ストッキングとは、体の一部だけでなく、ふくらはぎに満遍なく圧力を加えることで、ふくらはぎの筋肉が持つ血液のポンプ作用をサポートするアイテムです。単にきつい下着をつけるだけでは、体の一部だけに圧力がかかって、血液やリンパの流れがかえって悪くなってしまいます。皮膚を傷つけるおそれもあるので注意してください。

むくみ解消のために安静に過ごすという人もいます。しかし、安静にしているだけでむくみは解消されません。それどころか、運動不足による筋力の低下や血圧の上昇により、ますますむくみがひどくなってしまうリスクが高いです。安静にするより、むしろ積極的に体を動かしましょう。それがむくみの解消に高い効果を望める方法です。

むくみ解消に効果が期待できる、誰でも簡単にできる体操がいくつかあります。

最初に、肩をゆっくり回す運動です。まず、左肩に右手をのせて優しくさすります。子どもをなでているような感じで、優しくゆっくりさするのがコツです。左肩をさすったら、今度は左手で右肩をさすりましょう。両肩をさすり終わったら、両肩を後ろに向かってゆっくり回します。大きな動きでゆっくり回すのがポイントです。体内の巡りが良くなって、むくみの解消と同時に、肩や首の凝りの解消にも効果が期待でき、おすすめです。

むくみを解消するにはリンパの流れを良くするのが効果的ですから、肩だけでなく、脇の下や上腕をさする運動もおすすめです。気持ちいいと感じるぐらいの優しさで、脇の下をさすってください。次に、脇の下から腕の内側、外側へと移動していき、肩周りもさすります。これを左右やってから、ひじを曲げ、片側ずつゆっくり脇を開いていきましょう。脇腹の筋肉をしっかり伸ばす感覚でやります。

今度は、下半身の運動です。床に座った状態で両足をまっすぐ伸ばしてください。次に、体の後ろで両腕を左右に広げて床を支え、両肩の間に首をすぼめるような感じで体の力を抜いていきます。それから、右足の上に左足をのせ、両足をクロスさせてください。その状態のまま、左の足首で右の足首を優しくさすります。

寝ながらできる簡単な運動もあります。仰向けに寝転がり、両足をまっすぐ伸ばします。その状態でかかとを床につけたまま、両足のつま先を上下に動かしてみましょう。次に、右回り、左回りと足首で円を描きます。これを寝る前に毎晩繰り返すことで、ふくらはぎの筋肉がほぐれ、血液やリンパの巡りが良くなります。

仰向けに寝転んだ状態から、両足をゆっくり上に持ち上げます。心臓よりも足の方が高い位置に来ると、体内の水分は重力に従って自然と心臓の方に戻るため、むくみ解消が期待できるというわけです。持ち上げた両足を空中でぶらぶら揺らすと、なお良いでしょう。ずっと持ち上げているのがつらい人は、壁に足を向けて寝転んで、持ち上げた足を壁で支えるやり方でもよいでしょう。

最後に、タオルを使った方法です。仰向けに寝転んだ状態で、両手で持ったタオルをつま先に引っ掛けます。引っ掛けたタオルを手前に引っ張ると、つま先が自然と上向きに引っ張られるはずです。足の力がない人でも、タオルを使うと足首のストレッチができます。

むくみの原因はさまざまですが、体を十分に動かさず、体内の水分の巡りが悪くなったためにむくんでいる人が多いです。要は運動不足が原因ですから、筋肉をしっかり動かして筋肉のポンプ機能を活性化させると、むくみは治まっていきます。もしそれでも解消されないむくみにお悩みの場合は、ラシックスやアルダクトンなどの薬の力を借りるのも一つの手です。
体のむくみがセルライトになるって本当?
太ももやお尻など、脂肪がつきやすい場所にはセルライトもつきやすいものです。セルライトというのは一言でいえば脂肪の塊のことですが、どんな場合に作られるかという点でいくつかの原因があります。

例えば、セルライトの中でも最も一般的な原因となるのは、脂肪の蓄積です。これはセルライトで悩んでいる人の約半数に該当する原因で、女性なら半数近くがこのタイプのセルライトがあるというほどです。このタイプのセルライトができる原因には運動不足や偏った食生活などがありますが、生活習慣を改善することによってセルライトを作りづらい体質づくりをすることは十分に可能です。

セルライトは脂肪です。しかし、筋肉質の人のボディにもできることはあります。全体の約5%程度と割合としては決して多くはありませんが、筋肉質の人が少し運動不足で筋量が減退すると、そこにセルライトがつきやすくなってしまいます。このタイプのセルライトは、つきづらいという性質があるとともに、一度つくと自分自身での工夫や対策だけではなかなか除去できないというデメリットもあります。

体内の繊維質が原因でセルライトが作られることもあります。これは線維化型セルライトと呼ばれており、10人に1人程度と割合的には決して多くはありません。現れやすい特徴としては、皮膚の表面に凹凸が現れるとともにオレンジピールスキンなどが挙げられます。

このタイプは、体内にできたセルライトを長期間放置したために繊維化して、セルライトとなると考えられています。体内の脂質という点ではかなり硬化が進んでいる状態です。

セルライトができる原因は、それだけではありません。体内のむくみがセルライトとなってしまうことも少なくありません。これはむくみ型セルライトと呼ばれており、体がむくみやすい人や冷え性の人に多く見られます。

体のむくみは、体内に蓄積されている過度の水分が原因です。体内の水分量が増えると、血管壁から水分が漏れ出し、一つ一つの細胞がその水分を吸収することで大きく膨張します。それが皮膚のすぐ下に起こると、むくみという症状となってしまうのです。

冷え性のメカニズムも、体内の水分量が増えてしまうという点ではむくみと共通しています。冷え性の人は、体の代謝機能が活発でないために、体内の水分が冷えやすく、温かい血液が届きづらい手足の指先を中心に体が冷えてしまう傾向があります。

むくみや冷え性によるセルライトは、全体の35%程度の割合で起こります。夏でも手足の指先が冷たい人は、冷え性の傾向があるため、このタイプのセルライトが作られやすいかもしれません。また、朝起きると顔がむくんで不細工になっていることが多かったり、午後になるとふくらはぎから下が太くなり、靴が窮屈で履けなくなってしまうという人は、むくみやすい体質と言えます。その場合には、このタイプのセルライトが作られやすいかもしれません。

むくみが原因のセルライトは、他の原因と比べて除去することはそれほど難しくありません。むくんでいる時に体の代謝を促進することによって、セルライトを作りづらくできるだけでなく、作られたセルライトを溶かしてリンパ腺へ流すことも可能です。

それでは、すでにむくみや冷え性が原因でセルライトが作られてしまった場合には、どのように解消すればよいのでしょうか?

家庭で今日からできることは、いくつかあります。例えば、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、湯船にしっかり使って体を芯から温めてあげることで、全身の細胞が温まります。硬くなっているセルライトの脂肪も温まって液状化できるので、お風呂上りにしっかりとマッサージをすることで、セルライトを作っている脂肪を排出できます。

サウナや岩盤浴なども効果的です。こうした入浴方法はどれも、体を芯から温めてくれるという共通点があります。セルライトは脂肪が冷えて固まっている状態なので、温めることによって柔らかくできます。その状態を作り出してから水分を体外へ排出してあげることが、セルライト除去にはとても重要です。

上記の方法で体の代謝を上げることは、このタイプのセルライトにとっては根本的な解消法となります。しかし、セルライトが長期間放置されてすでに固まっている場合には、一筋縄では解決できないケースも少なくありません。

その場合には、エステやセルライトを除去してくれる専門的な機関で施術を受けるとか、ラシックスのようなむくみ防止作用を持つ医薬品を活用するなどして、体内に余分な水分を貯めこまないための対策をするのがおすすめです。

ちなみにラシックスを服用すると、体内の推移分を積極的に排出しようと作用するため、トイレがとても近くなります。これはラシックスが持つ副作用なので、避けることは難しいでしょう。そのため、服用する際には、トイレに頻繁に行かなければいけないことを前提として1日のスケジュールを組むことをおすすめします。
トイレの回数はどのぐらいが平均なの?トイレの回数を増やす方法とは?
毎日何回ぐらいトイレに行くかは、個人差があります。トイレが近い人なら、朝から晩までの間に10回以上行かなければいけないという人もいます。一方、トイレを我慢できる人なら、仕事中や移動中はトイレを我慢して、1日に数回のトイレでも問題ないという人もいるでしょう。

トイレの回数は、その人の食生活やライフスタイルによっても変わります。例えば水分をたっぷり補給する人なら、その分体内に摂取する水分量が多くなるため、トイレの回数は多くなるでしょう。一方、あまり水分を取らない人なら、それほど頻繁に行かないのではないでしょうか。

また、普段から汗をかく人なら、体内の水分が汗として排出されるため、トイレの回数は少なくても問題ないことが多いです。しかし汗をかかない人は、体内の水分をすべて尿として排出しなければいけないため、回数は必然的に多くなってしまいます。

トイレの回数に大きな個人差がある理由は、膀胱の大きさも深く関係しています。人間の膀胱の容量は、人によって大きな個人差がある臓器の一つです。膀胱が小さい人なら容量は250ml程度ですが、大きな人は1,000ml程度もあります。膀胱の大きさに4倍もの差があるのですから、同じ生活をしていてもトイレの回数が違うのは当然なのかもしれません。

日本人の食生活では、みそ汁や煮物、お吸い物など食事の中に水分が多く含まれたものがたくさんあります。そのため、普段から積極的に水分補給をしていないという人は少なくありません。そんな日本人の平均的な1日の排尿量は、1,000ml~2,000ml程度となります。ただし、上記のようにライフスタイルや膀胱の容量によっても尿の回数は変わるため、同じ排尿量でもトイレの回数は人によって変わります。

上記のデータからトイレの回数を単純計算すると、膀胱の容量が大きい人ならトイレの回数は2、3回でも不便を感じない一方で、トイレが近い人は8回以上という人もいることになります。

普段からトイレの回数が少ない人は、トイレに頻繁に行こうと思っても、なかなか排尿できないことが少なくありません。トイレにあまり行かなくても良いという人は、普段の生活においては便利なことが多いのですが、体内の健康管理という点では、必ずしもプラスに作用しているわけではありません。

人間は排尿することによって、体内の余分な水分や塩分を輩出します。また体内の毒素を尿として排出するデトックス作用も担っています。トイレの回数が少ない人は、体内に過度な水分や塩分、また毒素が長く蓄積されてしまうというデメリットがあります。

体内環境を改善するためには、体に良くないものは積極的に排出する作業が必要です。そのため、普段の生活では利尿作用が高い食べ物を積極的に食べてみてはいかがでしょうか。利尿作用があることで知られている成分には、カフェインやカリウムなどがあり、どちらも普段の食生活の中で気軽に摂取することができます。

例えばカフェインなら、飲料に多く含まれている成分で、コーヒーや紅茶、緑茶やウーロン茶などがおすすめです。一方のカリウムは、野菜やフルーツなどに多く含まれており、フルーツならリンゴやバナナ、桃などに多いですし、野菜ならパセリやシソ、モロヘイヤなどが豊富です。その他にも、納豆や焼き芋、ヨーグルトにもカリウムは豊富なので、普段の食生活の中で工夫しながら頻繁に摂取できるのではないでしょうか。

もしもこうした食品でトイレの回数が増えない場合には、利尿剤を使用するという方法もアリです。ただし利尿剤は、医薬品の作用でトイレを近くするため、服用すると10分から15分間隔でトイレに行きたくなってしまいます。移動中や外出中には困る事態になりかねません。そのため、初めて利尿剤を活用するなら、在宅する週末などを選ぶことをおすすめします。

トイレの回数が増えることによって、得られる健康効果はたくさんあります。

1つ目は、新陳代謝が活発になるというものです。尿と共に体内の毒素を排出するデトックス作用によって、体内はすっきりします。一つ一つの細胞に含まれる毒素が減ることで、体調がよくなったり肌の調子がよくなるといった効果を実感できるでしょう。

2つ目は、むくみづらい体質へと近づけるというものです。むくみの原因となる塩分や過度な水分を頻繁に排出することによって、体はむくみにくくなります。それと同時に、高血圧の予防効果も期待でき、大きな健康効果を実感できます。

トイレの回数を増やすことによって、体内環境が改善でき、高い健康効果を実感できます。しかし、トイレに行くたびに体内の水分を排出しているということでもあるため、こまめな水分補給をして、体が脱水症状にならないよう注意することも大切です。水分補給をする際には、一度にたくさん飲むのではなく、少量を頻繁に飲むのがおすすめです。また、利尿剤を飲むと夜中でもトイレに行きたくなってしまうことがあるので、摂取するタイミングを工夫することも大切です。
むくみを解消するために摂取したいカリウムについて
夕方や夜になると足がむくむ経験をお持ちの方は多いでしょう。病気が原因のむくみもありますが、多くの人のむくみは食生活や生活習慣病に起因しています。ここでは、むくみを解消するために食生活を見直してみましょう。

むくみとは、体内に必要以上の水分や老廃物が溜め込まれている状態です。体が余計な水分を溜め込もうとする一つの理由に、塩分の摂り過ぎが挙げられます。というのも、塩分を多量に摂取すると、そのために体内の塩分濃度が高まるため、体はそれを元に戻そうと働くからです。塩分濃度を薄めるには今より水分量を増やせばよいわけですから、そのせいで塩分の摂り過ぎが余計な水分を溜め込むことにつながります。そのせいでむくみやすくもなるため、塩分はなるべく控えましょう。

塩分を控えめにすると同時に、体内の塩分(ナトリウム)を排出するのに摂取したいのがカリウムです。カリウムをしっかり摂取し、塩分をしっかり排出できるようにしておけば、正常な塩分摂取量であればむくみの改善も期待できるでしょう。では、カリウムをしっかり摂取するためにはどんな食べ物を食べればよいのでしょうか。

カリウムを多く含む食べ物は野菜や果物、海藻などです。肉よりも植物性食品の方がカリウムを含むものが多いと覚えておきましょう。ただし、カリウムには特別な性質があります。それを知らずに調理してしまうと、どんなに豊富にカリウムを含む食べ物を食べていても、栄養素の摂取効率が悪くなってしまうので注意が必要です。

カリウムの特別な性質とは、水に溶けやすいことです。茹で野菜などの調理法では、茹で汁の中に野菜のカリウムが溶け出してしまっているので、汁は捨てないで一緒に食べるようにしましょう。また、野菜を水にさらしておくだけでも、カリウムは溶け出てしまいます。したがって、食材が持つカリウムを存分に摂取するには、調理法に注意してください。

カリウムを多く含む食品はいくつかありますが、上記のように水に溶けやすいというカリウムの特性を考えて、最も効率の良い摂取ができる食品に絞って紹介します。それは、切り干し大根とドライトマトです。どちらもあらかじめ水分を絞りきった乾燥状態ですので、含有するカリウムが逃げる心配がありません。それゆえ、両者の100g中のカリウムの含有量は、切り干し大根が3,500mg、ドライトマトが3,200mgとあらゆる食品のなかで群を抜いています。

また、切り干し大根やドライトマト以外でも最初から水分が抜けた加工食品には、カリウムの含有量が高いものが多いです。たとえば、ドライバナナは100g中1,300mg、ドライマンゴーなら100g中1,100mgのカリウムが含まれています。

このように、乾燥野菜やドライフルーツはカリウムの含有量の高さでいうと、全食品のなかでも圧倒的です。ただ、こうした食材を日常的に口にするという人ばかりではないのではないでしょうか。そういう方にはバナナをおすすめします。バナナは生の状態でも比較的水分が少なく、そのままの状態で100g中360mgのカリウムが摂取できる優秀な食材です。ぜひ朝食のお供にバナナを1本加えてみてはいかがでしょうか。ちなみに、バナナ1本の重さは、皮を向いた状態で約120gです。

むくみの解消にカリウムは良いですが、「あまり摂取しすぎるのも良くないのではないか」との懸念がある方もいるのではないでしょうか。腎臓病など腎機能に問題がある場合は確かに注意が必要ですが、健康な人なら過剰摂取の心配はまずありません。ただし、食べ物で過剰摂取になる心配は少ないですが、サプリメントで摂取する場合は気をつけてください。厚生労働省によると、カリウムの1日の摂取目標値は、成人男性が3,000mg以上、成人女性が2,600mg以上です。

上記は、生活習慣病の予防のために摂取したい目標の数値です。したがって、この数値以上に摂取しても健康な人なら問題ありません。ただし、先述のようにサプリメントでの過剰摂取には注意しましょう。

むくみ解消のためにカリウムに注目して述べてきましたが、同時に、飲酒の習慣がある人はそれを見直してみることもおすすめします。アルコールが即むくみにつながるわけではありませんが、一緒に食べるつまみが塩分過多なものが多いので、お酒の飲み過ぎが塩分の摂り過ぎになりやすいからです。

また、アルコールには、むくみだけでなく依存症のリスクもあります。飲むとしても缶ビール1本程度なら大丈夫ですが、それ以上のアルコールを毎日摂取していると依存症のリスクが高くなるので注意してください。また、男性より女性の方がアルコールを分解する力が弱いので、お酒好きの女性はなおさら気をつけましょう。

むくみの解消には、ラシックス、トラセミド、アルダクトンなどの利尿剤も効果が期待できます。個人輸入代行サイトを利用すれば、誰でも比較的簡単に必要な利尿剤が手に入りますので、ぜひご検討ください。
更年期障害のむくみ対策、どれをやってもダメならラシックスをお試しあれ
更年期に起こるむくみの主な原因として、女性ホルモンの低下による新陳代謝や血行の悪化が挙げられます。新陳代謝や血行が悪くなると、体内の余分な水分が代謝されないので、本来は必要としないところに水分が集まり、むくみが起こるのです。むくんでいるときは不要なところに水分がたまってしまっているので、水分を必要としている細胞内はカラカラで、肌はかえって乾燥してしまうのです。細胞外へと水分が抜けだしてしまうことで細胞はしぼんでしまい、周りが水浸しになっているような状態なのです。代謝されないままの水分が細胞外にたまることで、ますます血流が悪くなり、冷え性の症状も出ます。
むくみの症状は、足やひざ裏などが張って痛くなったり、体や頭が重くてぼーっとしたりといった症状が見られます。その他にも、頭痛、肩こり、便秘、下痢などの症状も起こりやすくなります。血流が悪いので下半身が冷えやすく、なかなか温まらなくなります。
むくみは、体調が悪く、疲れがたまっているサインでもあります。むくんでいるからといって、水分を控えるのはよくありません。むくみは必要としている細胞から水分が抜け出ている状態なので、水分をとり、ミネラルを補充することが大切です。むしろ水分を控えることによって、血液がドロドロになって血管がつまる病気である血栓症を起こしやすくなるので気をつけなければなりません。

むくみを解消するのに最もおすすめの方法はエクササイズです。不必要な水分を体から出して、細胞内に必要な水分を取り戻すためには何より運動が大事です。新陳代謝や血行をよくして、冷え性も解消でき、さらに細胞内に水分が戻れば、肌の乾燥も改善していきます。
まずはストレッチやウォーキングから始めてみるのがよいでしょう。ストレッチの場合は、入浴後の体が温まったときに行うと効果的です。ストレッチやヨガは、特にむくみに即効性があります。ウォーキングのコツは、かかとからしっかり着地して、指をのばして地面を蹴るように歩くことです。太ももやお尻の筋肉を意識してぎゅっと締めながら歩くのがポイントです。
なかなか運動する時間が取れないときは、深呼吸だけでもするように心がけましょう。胸の筋肉は大きいので、呼吸筋を使うと、それなりの運動量となり血行促進につながるのです。

他にも食事改善もむくみ解消に効果があります。むくんでいると、体が冷えて血流が悪くなってしまうので、生野菜や生のものはできるだけ避けて、基本的に火の通ったものを食べるようにしましょう。果物も体を冷やすので注意が必要です。体の新陳代謝を高めるような食事をとることが大事なので、たんぱく質とビタミンCを含んだ食品を多くとり、体内でコラーゲンをしっかりつくります。大豆などの豆類は、良質なたんぱく源としておすすめです。納豆や味噌は肝臓をきれいにし、血のめぐりをよくしてくれます。大豆には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも含まれています。ショウガは、体を温める効果の高い食品ですので、お味噌汁にしぼって飲むことで、体を温めながらたんぱく質も取れるのでおすすめです。ごぼうなどの根菜類も、血液をきれいにして、血流もよくしてくれて、水のめぐりをよくしてくれます。

その他のむくみの解消法として、入浴法の工夫やサプリメントの活用で改善がみられることもあります。入浴法は、温冷水浴という方法が効果的です。少し熱めのお湯につかり、まず10分程度温まります。湯船から出たら冷水シャワーを3分程浴びます。これを3~5回繰り返すと、体の芯からポカポカしてきて、湯冷めもしません。お湯にシーソルトやアロマオイルを入れると、発汗を促進することができます。
サプリメントを活用するなら、ビタミン、ミネラル系のサプリメントをとりながら、しっかりと水分もとりましょう。ビタミンB群が不足すると、むくみやすくなるので、新陳代謝を上げるためにも、ビタミン、ミネラル系のサプリメントが効果的です。水分を体外に排出する利尿作用のあるサプリメントも試してみるとよいでしょう。ローズヒップは利尿作用に加えてビタミン補給もでき、ウコンは利尿作用と肝臓の機能を守る働きが期待できます。また眠れないとむくみの原因となるので、ハーブサプリを飲んでぐっすり眠れる工夫をすることも大事です。

以上のような様々なむくみ解消を試してみても、あまり効果が見られない場合は、むくみの要因として他の問題も考えられるかもしれません。またむくみ解消法のために時間をじっくりかける余裕がない方もいるかもしれません。そういう場合は、利尿剤の一種である「ラシックス」という薬を検討してみるのもよいでしょう。「ラシックス」は全身のむくんでいるところに作用して、むくんでいる箇所すべてをケアしてくれます。むくみの解消のためには、余分な水分を体外に排出することが大事ですので、利尿剤の「ラシックス」であれば高い効果が期待できます。
利尿剤のメリットとは?賢い使い方
利尿剤は「尿を出しやすくするための薬」とのイメージが強いですが、要するに「体内の余分な水分の排出を促すための薬」です。人間の体内では血液や水分がめぐり、栄養を届けるとともに毒素や老廃物が回収されたうえで最終的に体外に排出されます。その排出の一つの形が尿なのです。腎臓で濾し取られた毒素・老廃物が尿で排出されることでこうした不要物が体内に蓄積されてしまうのを避けるわけです。

人間の体の6割以上が水分でできていると言われています。この数字から見ても体内の水分を健全な状態に保つことがいかに重要かがうかがえるというものでしょう。適切な量の水分がきれいな状態で保てていれば健康な状態、うまく排出されずに蓄積されていたり、不要な毒素や老廃物が残ってしまっていると不健康な状態、というわけです。

利尿剤というとダイエットに役立つ薬剤というイメージもあります。余分な水分を排出させることでむくみの解消に役立ちますし、いわゆる「水太り」対策にも効果が期待できるからです。しかし実際には利尿剤はダイエットだけでなく、体の健康を維持するうえでも役に立つのです。

もともとむくみや水太りの悩みを抱えている人は単にダイエットの悩みを抱えているだけにとどまらず健康上の問題を抱えている可能性があります。先述したように余分な水分や毒素・老廃物を排出するメカニズムが十分に機能していない可能性があるからです。ですからむくみをなんとかしたいと思ったときには余分な水分の排出を促すための対策が求められます。利尿剤はそんな対策の一環として役立つわけです。

ですから、利尿剤に頼ったダイエットは禁物ですが、かといって「ダイエット目的に利尿剤を使うのは間違い」というのも適切とはいえません。避けるべきは薬に頼ったダイエットであって、自分の健康状態をよく踏まえた上で利尿剤を使用する分には大きな問題はありませんし、うまく活用することでより効果的にダイエットや健康対策を行っていくこともできます。

そもそもどうしてむくみが生じるのか?先程も触れたように血液は体内をめぐりながら酸素と栄養を届ける重要な役割を担っています。そして巡る過程で老廃物や毒素を回収していきます。この血液循環のメカニズムがうまく機能していない、つまり血流が悪くなっていると水分が溜まりやすく、むくみが生じやすくなるのです。足はむくみやすい場所の筆頭に挙げることができますが、これは心臓から遠く血行が滞りやすい部分にあるのが大きな原因です。

また、日常生活が原因でむくみが生じることもあります。例えば塩分の過剰摂取。体内では塩分と水分のバランスを維持する働きがあり、塩分を取りすぎているとその濃度を下げるために水分を溜め込む機能が働きます。さらにお酒の飲み過ぎにも要注意です。血中のアルコール濃度を下げるために水分を溜め込む機能が働くからです。

ほかにも女性の場合は月経などがもたらすホルモンバランスの変化が原因でむくみやすくなることもあります。さらに運動不足や睡眠不足といった現代人が抱えやすい悩みもむくみの原因になることが多いようです。

ですから、まず自分がどのような問題を抱えているのかをしっかり把握したうえでそれに相応しい対策を取っていくことが重要です。運動不足なら適度な運動を、睡眠不足なら規則正しく質の高い睡眠を心がける。食生活に問題があるなら改める、などです。

とりわけ足にむくみが生じやすい方はふくらはぎを中心とした下半身の筋力が低下している可能性が高いですから、ウォーキングなどで下半身の筋肉を鍛える運動をとりいれるとよいでしょう。月経不順の悩みを抱えている女性はそちらの対策もむくみ対策の一環として採り入れていきたいところです。むしろむくみ対策を月経不順の対策の一環として見たほうが良いかもしれません。

またこれも現代人によく見られるケースですが、デスクワークなどで長時間座りっぱなしの環境にあると下半身の血流が滞りやすくなってしまい、むくみの原因となります。こうした環境にある方は作業の途中でストレッチなどで下半身をほぐすなどの対策も採り入れていきましょう。

こうした原因の対策を採り入れつつ、利尿剤をうまくとりいれていくことで相乗効果が期待できます。むくんでいる状態では体内に毒素や老廃物が蓄積しているため、だるさや疲れやすさといった「なんとなく調子が悪い」状態に陥りがちです。そのため対策を行おうにもなかなか実行に移せない、といった問題も起こります。そこでまず利尿剤でむくみをある程度軽減したうえで本格的な対策に取り組んでいく、といったやり方もできるでしょう。

なお、利尿剤にはラシックス、トラセミド、アルダクトンといった種類があります。これらは個人輸入代行業者を利用することで個人でも気軽に入手することができます。もともとこれらの薬は腎臓や肝臓・心臓の不調がもたらすむくみの治療として古くから用いられており、用量・用法を守って使用すればとくに重篤な副作用が生じることはありません。むくみの悩みを長年抱えている方、むくみとともに慢性的な体調不良を抱えている方は利尿剤と日常生活の改善を組み合わせた対策をはじめてみましょう。
むくみの原因と食事による対策法
意外に多くの人がむくみの問題を抱えています。夕方には足がパンパンにむくんでしまうという人や朝から顔のむくみが気になるという人もいるかもしれません。また、ダイエットを試みてはいるものの、なかなか体重が減らず、むしろ太ってしまったという人なども実はむくみが原因になっているということも考えられます。

むくみが起きる主な原因は、身体に溜まった老廃物や水分が上手く排出されないことです。通常、そのような老廃物は静脈を流れる血液と共に心臓に戻り、きれいにされます。または、全身に巡っているリンパ管に流れ、リンパ液として排出されていきます。
自律神経系はこのような老廃物を処理する器官をコントロールしていますが、自律神経系に異常があると血流が悪くなったり、リンパ液がうまく排出されなくなり、結果としてむくみが発生してしまいます。

そのため、むくみを改善するためには自律神経の働きを良くしてあげることがとても重要になります。特に食事に気を使うことで、自律神経の働きを良くすることができます。

まず、最も避けなければならないことは極端な食事制限です。ダイエットをしているのに全く効果が無く、むしろ逆に太ってしまうという人の多くは食事制限の方法に問題があります。例えば、極端に食事の回数を減らしたり、偏った食材だけを食べるといったダイエット方法は自律神経のバランスを壊すため良くありません。ダイエットを始めた最初の時期は体重が減るかもしれませんが、長期的な観点で見れば体はむくみやすい体質になってしまいます。むくみやすい体質というのは体の老廃物がきちんと排出されていない体質のことなので、結果的に瘦せにくい身体になってしまうのです。ダイエットをする時は極端な食事制限を避け、一食当たりの量を減らしつつも栄養バランスを考えた規則正しい食生活が大切です。

自律神経を整える規則正しい食生活とは、まず適度な朝食を取ることから始まります。朝食は一日の活動を始めるにあたり、とても大切な役割があります。食べ過ぎは良くありませんが、適量の朝食を取ることで自律神経の働きが活発になります。血流も良くなるため、むくみにも効果があると言えます。

また夕食は寝る時間の3時間前までには摂り終えるようにしましょう。夕食を食べてすぐに寝ると、食べた栄養が消化されないまま脂肪になってしまうため太りやすくなると言われています。消化に作用する自律神経の働きが整わないまま寝てしまうことが原因の一つです。それで、むくみの改善のためにはまず規則正しい食生活を心がけることが大切です。

加えて、むくみの改善のためにはむくみやすい食べ物を避けつつ、むくみを取る食べ物を意識的に取り入れることも効果的です。

むくみやすい食べ物の代表格は塩分です。しょっぱいものを食べると喉が渇くのは、塩分に含まれるナトリウムの働きによります。ナトリウムは体内に水分を取り入れようとする働きがあり、しょっぱいものを食べると体の中のナトリウム濃度が高くなるので水分が欲しくなります。水分をたくさん取るとむくみにつながります。
それで、塩分濃度の高い食べ物はなるべく控えるようにしましょう。特に塩分濃度の高い食品にはしょっぱい系のお菓子、インスタント食品、またレストランなどの外食が挙げられます。自炊する場合にも塩分の摂り過ぎには注意しましょう。減塩調味料を活用することである程度、塩分の摂取を控えることができるかもしれません。

もう一つ注意したい食べ物はアルコールです。アルコールには利尿作用があるため、トイレに行く回数が増え、それに比例して体の水分が減っていきます。そのためむくみが悪化してしまいます。お酒と一緒に食べるおつまみもしょっぱいものが多いため、むくみの原因になります。アルコールを飲むのはほどほどにしましょう。

逆にむくみを取る効果のある食べ物にカリウムがあります。カリウムとは、むくみの大敵である塩分の排出を助ける栄養素のことです。そのため、カリウムを多く含む物を食べることはむくみ対策になります。カリウムが豊富に含まれる食品には、フルーツ類や海藻類、いも類などがあります。他にもアボガドやほうれん草、きゅうり、なすなどの野菜にも多く含まれています。

また、ビタミンBを豊富に含む食品もむくみの改善に効果があります。ビタミンB類を豊富に含む食品は肉類、魚類、乳製品や卵類などです。

そして、むくみ対策のために忘れてはいけない食品に水があります。水を飲むとむくみが起こるイメージがあるかもしれませんが、むくみは体内の水分不足が原因で起ります。そのため、一日に最低でも1.5リットルほどの水を飲むよう心がけましょう。

食生活に気を配るだけでむくみはある程度改善できるかもしれません。しかし、なかなかうまく改善されない場合にはラシックスやトラセミド、アルダクトンなどの利尿剤の使用も効果があります。こうした利尿剤は通販サイトなどで簡単に購入することができます。
むくみの症状に対して漢方薬は効果的なのか
むくみは女性に起こりやすいものの、男性に起こらないわけではありません。性別に関係なく、外見の印象を大きく悪くする恐れがある厄介な症状ですが、むくみの症状が出ている場合、裏に大きな病気が潜んでいることはまずありません。内臓が原因の危険なむくみもあるにはあるものの、ほとんどのむくみは病気とは無縁の存在です。ただし、病気ではないからといって簡単に治るわけではなく、慢性的にむくみに悩まされるケースも多いのが厄介なところです。慢性的なむくみに悩まされているのであれば、漢方の考え方を取り入れて対策するのも手です。むくみについて深く知る上で欠かせないのが気、血、水で、漢方では気と血と水という3つのエネルギーが人体を巡っていると考えられています。気は元気の源であり臓器などを動かすための目に見えないエネルギー、血は全身に栄養や酸素を運んでくれる血液のことです。そして、水は血液以外の体液全般を指しており、むくみの症状を引き起こす水分は水に分類されます。体内の水の循環に問題が出ており、余分な水が顔などに溜まってしまうことが、漢方の理論によるむくみの原因です。

なぜ水の循環に問題が出るのか、これを知る上で欠かせないのが肝、心、脾、肺、腎からなる五臓です。漢方の五臓は肝臓、心臓などの臓器自体を指しているわけではなく、もっと広い範囲を含んでいます。漢方では、五臓のバランスが崩れることで病気など体の不調が現れると考えられており、何となく体調が悪いなど、明確な病名のない症状も例外ではありません。むくみの場合、心以外の4つのどれか、あるいは複数に問題が出ることで起こると考えられています。脾と聞くと脾臓を思い浮かべるかもしれませんが、脾臓は漢方の脾とは関係がなく、膵臓を始めとした消化吸収全般に関わる機能を指す言葉が、脾です。暴飲暴食などの影響で脾の機能が衰えていて、消化吸収がうまくいっていない場合、水がしっかりと処理されないため、むくみの症状が起きる恐れがあります。肺は呼吸に加えて、全身に気、血、水を届ける働きや、皮膚など体の表面部分を調整する働きがあるとされており、一般的な肺のイメージより遥かに多くの働きを含んでいるのが特徴です。そのため、肺の機能が低下している場合、水を全身に届ける働きに影響が出たり、体の表面部分から汗が出にくくなったりすることから、むくみが起こる恐れがあります。脾と肺は深く関係しており、脾の機能低下の影響を受けて肺の機能も低下することがあるため、脾が原因のむくみを放っておくと、より厄介な症状になりかねません。

腎は排尿を始めとする西洋医学的な腎臓の機能に加えて、先天的なエネルギーを蓄える機能があると考えられています。そして、腎は水の代謝とも大きく関係しており、腎の衰えや機能低下が起こった場合、水が関係する症状が出やすいのも大きな特徴です。頻尿、尿もれ、夜間尿など尿に関する症状が見られる場合、腎の機能低下により水の代謝がうまくいっておらず、水の一種である尿に問題が出ている可能性があります。むくみも腎の機能低下により起こりやすい症状で、足のむくみや尿関係のトラブルなど、水が関係する症状が下半身に出ている場合、まず疑われるのは腎です。肝は体の様々な部分の調整に関係しており、肝の機能低下は全身の様々な場所に不調を招きかねません。また、肝は腎と共に水の排出にも関係しているため、水分やアルコール摂取量が多いにも関わらず排出の機能が低下していると、むくみを招いてしまいます。さらに、肝はストレスの悪影響を受けやすく、ストレスによる肝の機能低下が起こると、間接的にむくみの症状を進行させる恐れがあるのが厄介なところです。

漢方薬は五臓のバランスを整える働きがあるため、適切な漢方薬を使用することで、むくみを改善する効果が期待できます。ただし、漢方薬には難点も多く、一般的な西洋医学の薬とは違って、漢方薬は即効性が期待できません。五臓のバランスを徐々に整えていくことで病気、症状の改善を図るため、すぐにむくみを治す必要がある場合、漢方薬では間に合わない可能性大です。また、漢方薬を使用する場合、自身の体質を正確に把握した上で薬を選ぶ必要があります。一般的な薬とは違って、漢方薬は誰が飲んでも同じような効果が出るわけではなく、五臓のバランスの状態によっては効果が現れなかったり、逆効果になったりするのが厄介なところです。漢方薬は種類も非常に多いため、自身に合っている漢方薬を選ぶことは簡単ではありません。体質そのものを改善できる漢方薬は、長期的に見れば有用ですが、一般的な薬と比べると使用する上でのハードルは高めです。そのため、むくみに悩まされているのであれば、まずはラシックス、トラセミドなどの薬から試すのがよいでしょう。ラシックスとトラセミドは共にループ利尿薬に分類されており、むくみの薬の中でも効果が強い部類です。また、遅くても1時間ほどで効果を感じられるケースが多く、むくみをすぐに改善したい場合に役立ってくれます。
女性に多い悩み!ふくらはぎのむくみの原因と解消法
女性に特に多い悩みがむくみではないでしょうか。一日の終わりになるとふくらはぎがむくむという方は少なくありません。また、むくみによって体重が増えることもあります。それもやはり女性にとっての大敵ですが、では、どうやってむくみを解消して体重を抑えることができるのでしょうか。

むくみを解消するには、なぜむくむのかその仕組みを知っておくことが大切です。むくみとは、細胞の隙間に余計な水分や老廃物が溜まり、血の巡りが悪くなることで起こります。特にふくらはぎなど下半身ほどむくみやすいのは、それだけ心臓からの距離が遠いからです。

また、立ち仕事でも座り仕事でも長時間同じ姿勢を続けると、足の筋肉が使われないままなので、そのせいでふくらはぎの筋肉が担う血液のポンプ作用が滞ってしまいます。そのせいで、朝よりも夕方の方が、滞った血液の流れの影響から足のむくみが目立ってしまうのです。

むくみとは細胞間の余計な水分が原因と述べましたが、そのことが体重増加とも関係しています。体重が増えるのは食べる量が増えたからではないかと考えたくなりますが、実は体の水分量が増えていることが大きな原因であることもよくあることです。軽い程度のむくみのつもりでも、そのせいで体重が3キロ以上増えることもあります。

これを食べ物のせい、つまり、脂肪が増えた肥満と勘違いしていると、いくらダイエットしても効率的に痩せることはできません。脂肪ではなく水分が増えて体重が増えているわけですから、原因である水分を何とかしなくてはならないのです。ですので、体重が増えたからといって即肥満と思う前に、むくみが原因ではないか考えてみましょう。

男性よりも女性の方がむくみやすいのは、女性ホルモンが大きく関係しています。妊娠や出産によって女性のホルモンバランスは大きく変化しますが、それがむくみにつながることも多いです。

また、妊娠していなくても、毎月の生理によって女性ホルモンのバランスはかなり変化します。生理の前後で体重が変わる女性は多いですが、それもプロゲステロンという女性ホルモンが関係しているのです。この女性ホルモンが盛んに分泌されるようになると、体は内部に水分を溜め込もうと働きます。

むくみは女性ホルモンに起因する部分もありますが、やはり大きいのは食生活や生活習慣です。むくみやすいと自覚している方は、ふだんどんな食事をされているでしょうか。しょっぱい味が好みではないでしょうか。もしそうだとしたら、塩分の摂りすぎによるむくみが考えられます。

塩分を摂取すると、体の中の塩分濃度を一定に保とうとする働きのために、体は水分をたくさん溜め込んで摂った塩分を薄めようとするのです。そのせいで、むくみだけでなく体重増加にもつながってしまうわけですから、むくみや体重が気になる方はなるべく塩分控えめの食事を心がけましょう。

デスクワークや立ち仕事の方もむくみやすい特徴を備えています。先ほども述べたように、こうした仕事の方は足の筋肉を長時間使わないために、どうしても血液の巡りが悪くなってしまうのです。特に心臓から距離のある下半身の場合、重力の影響もあって水分だけでなく老廃物も溜め込みやすい状況にあります。それがさらなるむくみや体重増加につながることもあるので、なるべく意識して足の筋肉を使うようにしましょう。

では、具体的にはどうやればよいのでしょうか。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれます。それだけ血液を押し上げるポンプ作用が働いている部位ということなので、ここの筋肉を強化することで血流が今より改善されるはずです。

ですので、簡単な方法としては、ウォーキングやジョギングなどふくらはぎの筋肉を鍛える運動が挙げられます。男性と比べて女性は全身の筋肉量が少ないため、少し筋肉をつけるだけでも、血流や冷えの改善といったポンプ作用の向上効果が実感できるはずです。

運動が苦手、もしくは、なかなか時間が取れないという方は、せめてふくらはぎのマッサージを行うようにしてみてください。まず、ボディクリームやボディオイルをたっぷりつけて滑りをよくします。いきなり手でゴシゴシこすると皮膚を傷つけるため、クリームやオイルは必須です。

滑りが良くなったら、ふくらはぎを両手でつかみゆっくりほぐしていきます。ふくらはぎに硬い部分が感じられるとしたら、その部分こそ余計な水分や老廃物が溜まっているところです。指の腹を使って、奥に筋肉を押し込むような感じでじっくりほぐしてあげましょう。

ただし、痛いほど強い力で押す必要はありません。痛気持ちいいぐらいの強さで、水分や血液を流すようなイメージでゆっくりほぐしていきましょう。

それでもなかなかむくみが解消しない、水太りに悩んでいるという方は、ラシックスやトラセミド、アルダクトンという利尿剤を使う方法もあります。文字どおり余計な水分を尿として排出してくれるための薬なので、むくみや水太りの解消に効果が期待できるでしょう。これらの薬は個人でも通販サイトにて購入可能です。
「むくみ」解消に効果的なカリウム・ナトリウムの豊富な食材を紹介。
朝起きたときに顔がむくんでいたり、夕方になると脚にむくみが出たりと、「むくみ」で悩んでいる方も多いかと思います。「むくみ」を解消するには色々な方法がありますが、食べるもので改善できることをご存知でしょうか?

利尿作用の高い食事でむくみ予防
「むくみ」は、加齢などによって水分代謝能力が低下し、体内の水分のめぐりが悪くなることで起こる症状です。余分な水分が原因になっているということは、その水分が適切に体外に排出されれば、むくみを予防、あるいは改善することができます。つまり、むくみの予防には、利尿作用の高い食品が効果的であると言えます。

身体の水分排出機能にはカリウムとナトリウムは大きく関係しています。ナトリウムを過剰に摂取してしまうと、余分な水分を溜め込んでしまいますが、カリウムを摂取することで余分なナトリウムを尿として排出することができます。むくみの予防・改善にはカリウムを多く含む食品を摂ると効果的です。

カリウムを含む食材
長芋
カリウムを豊富に含む食品としてまず上げられるのが「長芋」です。
長芋には消化酵素や食物繊維の他、ビタミンB群も豊富に含まれており、消化や代謝を促進してむくみ予防に効果的です。同じく、カリウムや食物繊維を豊富に含むオクラや昆布、などと合わせて食すると更に効果が期待できます。また、長芋をとろろにすればたっぷり摂取しやすくなります。

アボカド
アボカドもカリウムを豊富に含み利尿作用のある食品のひとつです。やはりカリウムの豊富な納豆と合わせ「アボカド納豆」にすれば、そのまま食べるだけでなく、ごはんにのせたりパスタとあえても手軽に摂ることができます。塩分が気になる場合は、わさびやごま油などでアクセントをつけると、醤油の量を押さえて塩分控えめで食することができます。

きゅうり+お酢
きゅうりはナトリウムの排出作用のあるカリウムを1本あたり200mg程含み、利尿作用があることで知られている食品です。食物繊維も豊富なので、整腸作用を期待することもできます。ただし、きゅうりは水分が多く、食べ過ぎるとお腹を冷やして腸の活動を悪くする場合もあります。

きゅうりと合わせて使いたいのが「お酢」です。お酢には腸の活動を活発にして腸内環境を整える効果があるので、きゅうりとの食べ合わせが良い調味料です。また、タンパク質が豊富な肉類・魚介類と合わせることでバランスが良くなります。アルブミンというタンパク質の一種にも血液中の水分量を調整する機能があるので、むくみ解消の効果があります。ちりめんじゃこなら少量でも栄養価が高く、気軽にきゅうりと合わせて食することができます。

ほうれん草
ほうれんそうは、カリウムや食物繊維が豊富であるばかりでなく、葉酸や鉄分といった栄養素も豊富に含まれています。葉酸と鉄分は身体が赤血球を作り出す材料となるので、カリウムと食物繊維による利尿作用と整腸作用だけでなく、冷え性や血流の改善効果も期待できる食品です。胡麻和えにすると、ごまの持つビタミンB群やミネラルの効果で、利尿作用効果も更に期待できます。

あさり・しじみ等の貝類
実はあさり・しじみなどの貝類もカリウムが豊富で利尿作用があることで知られています。また、貝にはカリウム以外にもカルシウム・鉄・亜鉛・マグネシウム等のミネラルが豊富に含まれており、骨粗鬆症予防や鉄分欠乏による貧血の予防効果もあります。ただし、貝類を摂る場合は塩分も含まれていることに注意が必要です。あさりやしじみを味噌汁の具として使う場合、塩分過多になる恐れがあります。味噌汁の具として使用する場合は、野菜を入れて具だくさんにしたり、減塩味噌を利用する、薄めの味付けにするなどの工夫が必要になります。

生姜は間接的にむくみ予防に
直接の利尿作用はありませんが、生姜には発汗作用があり身体を温めてくれるので、身体が冷えることによって起こるむくみの原因となる、体内の水分循環の低下を防ぐ効果が期待できます。また、タラの芽にも血液循環を改善する効果があります。

「むくみ」の予防や改善に繋がる食材を紹介してきましたが、基本的に食事による改善方法は、一度食べたらすぐに効果が現れるというものではありません。「むくみ」の症状がひどく、できるだけ早く症状改善を図りたいという場合には医薬品を使用する方法もあります。

慢性的なむくみの改善にはラシックス
「ラシックス」という利尿剤は、基本的に高血圧症の患者さんに処方されることの多い医薬品ですが、むくみ改善に高い効果が期待できることでも知られています。また、冷え性やセルライトなどの、多くの女性が悩む症状にも改善効果が期待できます。「ラシックス」は利尿薬であるため、特に服用開始後2週間ほどは、服用後3時間以内に通常より多量の尿が出ることに注意が必要です。通勤やクルマの運転の際には特に使用に注意してください。

ラシックスの入手方法としては、通販サイトでの購入が最も便利です。テジャスメディシンという個人輸入代行の医薬品通販サイトは、ラシックスの他各種医薬品の販売に定評のある通販サイトとなっています。
それで合ってる?ラシックスの正しい服用方法|事前に知っておきたいこと
「いつまでも若々しく綺麗でありたい」と考え、ボディーラインを美しく見せたいとダイエットに勤しむ女性は多いでしょう。
しかし効率良いダイエット方法が見つからず、二の腕や太ももにできたセルライトが気になる人は多くいます。そこで、このセルライトを防ぐ為に「ラシックスを服用することでダイエット効果がある」と発信するサイトは多くあります。ただ、ラシックスは正しい知識を得た上での服用が大切です。

1.ラシックスとは?
フロセミドを主成分としたループ利尿剤という医薬品で、利尿剤では代表的なお薬のひとつです。病院でも取り扱われています。セルライトの主な原因は余分な水分ですが、この水分と同時に老廃物も含まれています。これを放置しておくとセルライトになってしまうのです。ラシックスは利尿作用によってセルライトの原因ともなる「むくみ」を取る、さらに「血圧を下げる」効果があります。このむくみを解消するという部分がダイエットに繋がるのでは?と注目を集めているのです。病院では悪性高血圧や腎性乳腫、尿路結石治療など、他にも様々な場面に使用されます。また、このラシックスは人間に限らず、犬や猫などの動物にも投与されているほどメジャーなお薬です。

1-1.ループ利尿剤とは?
腎臓にあるヘンレループという尿細管部分に作用することで、体内の水分を尿として体外に排泄する効果があります。これによりスッキリとした体型が見込め、さらにセルライト防ぐ効果が期待できるのです。ただ、体の水分を尿として体外に排泄するので、結果的にトイレの回数が増える傾向にあります。なので、電車や車での移動など、トイレに行きづらい環境になると分かっている場合には注意が必要です。

2.ラシックスの正しい服用方法
ラシックスは正しく服用することで効果が期待できます。正しい服用方法を学び、身体に無理の無い範囲での服用を心がけましょう。

2-1.1日に服用できる目安を知る
年齢や症状によって異なりますが、1日1回40~80mgを目安に服用しましょう。むくみを解消する目的で服用する場合は、1日に40mgでも効果が期待できます。効果が無いからと言って、大量に服用・または常用することはおすすめしません。

2-2.服用しすぎに気を付ける
勘違いされやすいのは「お薬を多く飲めば効果が大きく痩せられる」と考えてしまうことです。ラシックスは体内の水分を排泄させる効果がありますので、必要以上の服用は脱水症状の原因にもなりかねません。女性の天敵とも言えるセルライトを防ぐには、早めの対応が必要になりますが、正しい服用方法を守って効率良くむくみを解消しましょう。

2-3.ラシックスはダイエットのお薬では無い
利尿を促し、余分な水分を出すことでむくみを解消することが期待できます。しかし、ラシックスはダイエットを目的として製薬されたお薬ではありません。肥満の原因は様々ですが、服用したからと言って「必ず痩せる」とは限りませんので気を付けましょう。

2-4.妊娠中の服用に関して
妊娠中のお薬の服用はお腹の赤ちゃんにも影響が考えられる為、服用をおすすめしません。しかし、どうしてもお薬の服用が必要となる場合もあります。妊娠高血圧やむくみの解消を目的としてラシックスを服用する場合がありますが、胎児脱水などの影響も懸念されます。必要以上の服用は控えるようにしましょう。

3.ラシックスを購入するには?
ラシックスは手に入れようにも、薬局などで気軽に購入する事はできません。個人輸入で仕入れる必要があります。しかし、ラシックスは2019年1月に個人輸入販売の規制対象となりました。さらに、個人輸入には薬監証明の取得や必要書類の提出など、手間がかかってしまうのです。そこで、個人輸入の手間などを代行してくれるサービス事業が注目されています。

3-1.テジャスメディシン
会員制の個人輸入代行の通販サイトです。ラシックスは勿論、あがり症に効果があるインデラルが最安値で購入できるおすすめサイトです。個人輸入の際の手続きを代行してくれるので面倒な手間も無く、気軽に購入することができます。また、ラシックス、インデラル以外にも多数の製品をカバーしているので、探していた製品が見つかるかもしれません。会員登録も難しくはありませんので、この機会に登録をおすすめします。

4.まとめ
ラシックスは医薬品です。身体に取り入れる物なので、正しい服用方法をした上で効果が期待できます。過剰に摂取しすぎると危険な場合もあるのです。そして、ラシックスは利尿剤であり、ダイエット薬ではありません。むくみの解消は期待できますが、ダイエット目的で常用することはおすすめしません。ラシックスは薬局などで気軽に購入することはできませんので、海外からの輸入が必要になります。お求めの際は、個人輸入代行の通販サイトテジャスメディシンがおすすめです。ぜひ一度ご覧下さい。
むくみの裏に病気が隠れている可能性も…病気でなければラシックス通販のテジャスメディシン
むくみに悩んでいるという人はいませんか?通常なら余分な水分や老廃物がスムーズに排出できないことが原因です。しかし、中には深刻な病気の症状として、むくみが現れている可能性もあります。

むくみを感じる場合は
全体的にむくんでいる人は、むくんでいる部分を指で押してみましょう。この時、へこんだままでなかなか元に戻らなければ、内臓疾患の可能性があるので注意が必要です。考えられる原因として、心臓や肝臓、腎臓のいずれかで何らかの疾患を引き起こしているかもしれません。この場合、むくみのほかにも、ちょっと動いただけで息切れがする、動悸が激しくなる、胸が痛い、尿の出が以前と比較して悪くなった、疲れやすくなった、などの症状も起きているはずです。

全体的にむくんでいて、指で押して一切跡が残らない場合でも、注意が必要です。別にそこまで気温が低いわけではないけれども寒く感じる、汗をほとんどかかない、乾燥肌の状態である場合には、甲状腺機能低下症にかかっているかもしれません。甲状腺ホルモンの分泌が低下することで、いろいろな症状を引き起こしているわけです。そのほかにも、便秘や体重が増えた、いつでも眠たいなどの症状も、甲状腺の機能低下を起こしている可能性があるので注意したほうがいいです。

むくみが起こりやすい箇所
むくみの現れる箇所として、足は代表的な箇所でしょう。足がむくんだ時に、指で押すとへこんだままでしばらく元に戻らない場合には、エコノミークラス症候群の可能性があります。飛行機や自動車など、長時間座った後で足にこのようなむくみが起きた場合には、注意したほうがいいです。長時間同じ姿勢でいて、水分が不足するとこのような症状が起こりやすいです。血液の流れが悪化して、血栓という血の塊ができてしまいます。この血栓で血管がふさがれて、足がむくんでしまいます。エコノミークラス症候群の場合、立ち上がるなど姿勢を変えた時が危険です。立ち上がった時に、血液の流れで血栓が押し出されます。これが脳や心臓の血管に飛ぶと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしかねません。命に係わる症状を引き起こす危険性が実はむくみの裏に隠れている可能性もあるわけです。

特定の場所が赤く変色し、腫れたようになる場合には、蕁麻疹の可能性があります。蕁麻疹は、アレルギー反応の一環として起こる症状です。特定の食べ物を食べた、薬を塗った、特定の昆虫を触ったなど、早ければ数分、遅くても数時間以内に症状が現れます。自覚がないとしても、実は特定の何かにアレルギーを持っている場合もありますので注意が必要です。

血管性浮腫が続く場合や、箇所によっては注意が必要
蕁麻疹と似た症状で、血管性浮腫も考えられます。血管性浮腫とは、特定の皮膚が腫れたりむくんだりする症状のことです。これは全身どこででも起こりえます。しかし、一般的にはまぶたや唇に発症する事例が多いです。別にそのままにしていても、数日で症状の治まることが多いです。ただし、発症する箇所によっては、日常生活に支障をきたすこともあります。例えば消化管が腫れた場合、腹痛や吐き気を引き起こすこともあります。また、のどが腫れるような血管性浮腫もあります。この場合、息がしにくくなります。症状が悪化すると窒息状態になる恐れもありますので、油断すべきではありません。顔の腫れる人は、その次の段階としてのどの腫れることが多いです。

血管性浮腫が起きる原因はいくつか考えられます。その中でも大きな原因と言われているのは、遺伝性です。特に、顔や手足がむくんで数日で元通りになるといったことを何度も繰り返す場合、家族や親戚に似たような症状を持っている人がいないか確認しましょう。もし同じような症状を抱えている人が身近にいるなら、今後も腫れやむくみを繰り返す体質である可能性が高いです。

一般的なむくみの改善は生活習慣の改善から
そうでなければ、ただのむくみである可能性が高いです。むくみは水分や老廃物の排出がスムーズにいっていないことが原因です。生活習慣に何らかの問題があるので、規則正しい生活習慣を心がけましょう。また、適度に体を動かすといいです。運動することで汗が出やすくなり、水分代謝がアップします。余分な水分がたまりにくくなって、むくみ体質を改善できるかもしれません。長時間同じ姿勢を繰り返しているとむくみやすいので、座り仕事や立ち仕事で長時間同じ姿勢をしなければならないのなら、合間にストレッチを取り入れましょう。先ほど紹介したエコノミークラス症候群対策でも有効です。

慢性的なむくみの場合はむくみ改善薬「ラシックス」
そのほかには、ラシックスという医薬品を服用するのもおすすめです。排尿を促進することで、余分な水分を排出できるからです。上で紹介した運動やストレッチなども効果がある半面、即効性は期待できません。しかしラシックスであれば、排尿を促進させることで速やかにむくみの症状を改善できる可能性が高いです。ラシックスは通販サイトからでも購入できます。テジャスメディシンはラシックスをはじめとして、各種医薬品を販売しています。実績のある通販サイトなので、初めての方でも安心して購入できます。利用を検討してみませんか?

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。