検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

27件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
低用量ピルが持っている子宮体がん、卵巣がんの予防効果
生理痛がひどい、生理前症状が重い等の理由で低用量ピルを服用している人は、少なくありません。海外だと一般的な低用量ピルも、徐々に日本で知名度が上がってきていて、「生理痛がつらいなら低用量ピルを一度考えてみては?」とSNSで発信する人も多くなりました。女性ホルモンのバランスに作用し、生理痛の軽減、経血の減量、生理前症状の軽減など、効果があることを実感している人は多くいます。一方、副作用がつらく自分には合わなかったと発信している人も多く、副作用を我慢してまで継続するのは…と考える女性も少なくありません。

その他にも、低用量ピルは避妊効果があることでも知られています。一か月単位で薬を服用するので、生理痛の軽減を目的として服用している場合でも、妊娠を希望するタイミングで服用を調整することが可能です。

そんな低用量ピルですが、現在の研究ではいくつかのがんに対して予防作用があることが分かってきています。予防効果があるとされているのは卵巣がんと子宮体がんの二つで、卵巣がんについてはピルの服用によって発症リスクを30パーセント近くも下げると言われています。10年以上服用すれば50パーセントほどの低下率が見込まれ、この効果は服用を止めても20年は続くと言われていますから、予防への高い効果があることが分かります。子宮体がんに至っては10年以上服用すれば80パーセントほどもリスクが低下すると言われており、まさに驚異的な数字を見せています。これらの数字はピルが一般的になっている先進国で見られている傾向なので、今後日本でも低用量ピルがより広まっていくことで、同様のがんの予防効果が見込めるようになるかもしれません。

注意しないといけないのが、子宮頸がんについてです。これらは卵巣がん、子宮体がんと異なり、ピルの服用による予防効果があまり見られていません。むしろ、低用量ピルを服用していることにより、男性との性行為で他の避妊具を使用せず、結果として子宮頸がんを発症するリスクが高まっているのではないかという研究者の意見もあります。コンドームなどの避妊具は、子宮頸がん予防や性感染症予防などにも効果があります。低用量ピルなど、ピルの服用で避妊ができるからと判断し、男性との性交渉でコンドームを使用しないのはやはりリスクが高いと言えるのでしょう。

ここで押さえておきたいのが、子宮頸がんと子宮体がんの違いです。同じ子宮に発生するがんなので、大きな違いはないと考えている人も多いかもしれません。しかしこの二つのがんは、リスクや予防法、検査法などが異なってきますので、しっかりと違いを理解しておきましょう。まず子宮体がんですが、これは子宮内膜に発生するがんです。子宮がんの3~4割がこの子宮体がんと考えられており、40~60代の閉経前後の女性が発症しやすいとされています。たいして子宮頸がんは子宮出口に発生するがんで、女性器関連のがんの中で発症頻度が最も高いとされています。子宮頸がんはHPVと呼ばれるヒトパピローマウイルスによる感染と関係があることが分かっており、性交渉自体が感染リスクを持っているとされています。そのため発症しやすい年齢は若年層からとなっており、男性との性交渉経験がある女性は広範囲でリスクがあるのが特徴です。

なぜ低用量ピルが子宮頸がんに効果がなく、子宮体がんには効果があるのかと言うと、これは子宮体がんの発生する子宮内膜と低用量ピルに関係があるためです。というのも、子宮内膜というのは通常、女性ホルモンの影響で厚くなり、生理で剥がれることを繰り返します。低用量ピルはこの女性ホルモンに作用し、子宮内膜を薄い状態に維持する効果を持っているため、子宮体がんのリスクを下げるという予防効果を持っているのです。

同様に、低用量ピルは排卵への刺激を抑える効果があるため、卵巣がんの予防効果があります。卵巣がんは子宮頸がんと違い、検査での発見がまだまだ難しく、治癒率も高くないのが現状です。定期検診や検査でしっかり発見し早期治療がしやすいがんと異なり、発見すること自体が難しいがんへの予防効果が認められているとなれば、低用量ピルを服用する大きなメリットとなるのではないでしょうか。

低用量ピルは海外からの個人輸入で入手できるものもあり、個人の使用であれば薬事法にも触れることはありません。副作用を発症しない、自身の体質に合ったピルを見つけることができれば、ローコストで毎月服用することも可能です。ただし、がんの予防効果があると言っても100パーセント防止するものではもちろんありません。さらに子宮頸がんは、低用量ピルを服用しているからこそ発症リスクが上がっていると指摘する研究者もいる状況です。ですから、定期的ながん検診や健康診断、血液検査などは、自身の健康のためにも必ず行うようにしましょう。自治体が無料で行っているがん検診などもありますので、ぜひチェックしてみてください。
身近に置いておきたい避妊薬
みなさんは性行為の際、避妊の対策をしているでしょうか。避妊にはピルやコンドームが効果的とされています。女性も男性も利用していれば、1つの方法で対策を講じるよりも避妊率が上がる場合もあります。しかしどの程度の確率で避妊できるのかご存知でしょうか。それぞれの避妊法の避妊率を把握し、性行為をする相手の身体を思いやる避妊ができると良いですよね。

避妊法には低用量ピル、コンドームやIUDなどがあります。低用量ピルやIUDは女性主導、コンドームは男性主導でそれぞれ選択できる避妊法です。その中でも日本ではコンドームがよく利用されています。しかしコンドームはあくまで男性に着用してもらわないと避妊ができない道具です。さらにコンドームは他の避妊法に比べて避妊率が低いとも言われています。

まず女性主導で利用可能な低用量ピルは、避妊効果が大変期待できます。避妊成功率は99%を超えるのです。低用量ピルの仕組みは内服することで女性のホルモンのバランスを整え脳に「妊娠した」と勘違いさせます。勘違いすると排卵が始まらないので、避妊の効果が認められているのです。

コンドームは正しく利用すればおよそ85%の避妊成功率が見込めます。しかし実際は正しい着用方法が認知されておらず、85%よりも低くなってしまっているのが現状です。ただ避妊だけでなく性感染症予防ができる避妊具でもあるので、正しくつけて利用すればコンドームの最大限の効果を引き出せるのです。

子宮内部に金属製やプラスチック製の器具を入れ、避妊の効果を得られるIUDは子宮内避妊具とも呼ばれます。精子の働きを抑えて受精を妨害することで避妊ができます。病院で手術を受れて装着のできる避妊具ですが、一回入れてしまうとおよそ2年間避妊の効果が続きます。また出産経験のあるかたや中絶経験のあるかたしか利用できない避妊法なので、IUDを選ぶ際は注意してください。

様々ある避妊法ですが、実際のところどれほど利用されているのでしょうか。避妊に関するあるアンケートではコンドームの使用率98%、低用量ピル4.9%、IUD利用率1%という結果が判明しました。上述の通り、コンドームは避妊率の低い避妊法です。しかし現状はコンドームの利用者がとても多いです。しかも認知度もコンドームが群を抜いてトップ。低用量ピルとIUDの認知度は40%~60%ほどとあまり高くありません。

「パートナーがコンドームを付けるのを嫌がる」「コンドームの着用を拒否される」と言うパートナーに悩む女性もいるでしょう。低用量ピルやIUDがうってつけですが誰かに相談のしにくい話題です。またどちらが自分に合っているかは悩むポイントでしょう。IUDは手術が必要なので費用や時間、身体の負担を考慮すると一歩が踏み出しにくい方法です。避妊の効果が長く続くのもネックです。一方低用量ピルは毎日飲まないといけない手間はありますが、飲むことをやめれば避妊の効果をなくせます。

低用量ピルは毎日同じ時刻に一錠飲み続けて避妊の効果を得る方法です。毎日同じ時間にさえ飲めば良いので、自分の生活スタイルにおいてちょうどいい時間に服用してください。朝食後なら飲み忘れないのであれば朝食後に、就寝前にコップ一杯の水を飲むならそのときに飲むという具合に、薬を服用する習慣を身につけましょう。さらに低用量ピルには月経の日を自分の意思でコントロールできたり、月経痛を緩和したりする効果があります。またピルにはアフターピルといって緊急避妊薬もあります。性交渉の後すぐに服用することによって避妊効果を発揮するものです。コンドームの装着がうまくできていなかったなどの不測の事態に活躍する薬と言えます。

低用量ピルもアフターピルも、自分で入手することは可能です。しかしアフターピルを必要とする場面が常に予測できるものではなく、欲しいときに無いという状況は十分考えられます。「ピルを飲んで自分で対策していれば良かった」「アフターピルを万が一のときのため手元に置いておけば良かった」と思わなくて済むようにしたいですよね。けれども、「もしものときを考えて」わざわざ外に出て購入するのが億劫なかたもいるのではないでしょうか。

インターネットの薬やサプリメントを個人輸入して販売するサイトではもしものときに備え、家にいながらにして低用量ピルやアフターピルを購入するのにぴったりです。通信環境さえ整っていればいつでもどこでも購入することができるので便利なサイトです。ピルの種類が豊富で自分の症状や用途に合ったピルを選べます。サイトによっては掲載されている薬が医薬品輸出ライセンスを保持する会社からの輸入品なので安心して利用できるのが良いですね。

自分の身を守れるのは自分です。望まない妊娠を防ぐためにも、自分の月経症状を改善するためにも、インターネットサイトを利用して悩みから解放されてくださいね。
ピルで生理の悩みを解決しよう
ピルはアメリカで生まれた経口避妊薬で、全世界の女性が服用しています。オランダでは14~16歳の女性に無料配布されているほか、アメリカでは1200万人、イギリスでは生殖年齢の3分の1の女性が内服するなど、とてもポピュラーに利用されています。しかし使用状況は各国によって大きく異なっており、欧米諸国と比較すると日本や中国、韓国での内服率は20分の1にも至りません。

ピルは、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンを配合した薬です。これらのホルモンは本来卵巣でつくられますが、内服することでホルモンバランスを調整することで、脳に妊娠したと勘違いさせる効果があります。脳が妊娠したと勘違いすると排卵が起きなくなるという原理を利用し、避妊薬として利用されるという仕組みです。効果は服用している期間のみで、服用をやめるとその効果は無くなります。
ピルは避妊薬として利用されるだけではなく、生理痛を軽くする目的でも用いられる薬です。生理の痛みは、子宮内膜に含まれるプロスタグランジンという物質が子宮収縮を引き起こすことが原因ですが、ピルに含まれているホルモンは子宮内膜の増殖自体を抑えてくれるため、プロスタグランジンも同時に抑え、生理の出血や出血前後の痛みを少なくしてくれます。このため、まれに出血がゼロということもあるので、経血量が多い人の悩みも助けてくれるというメリットがあります。
日本では働く女性の7割が生理痛を抱えており、そのうちの3割が仕事に支障を感じていると言われています。酷い人の場合は生理期間中ベッドから起き上がれないということもあるので、深刻な問題です。ピルは生理が始まる思春期から利用できるようになり、40代でも服用可能です。上手に使うことで生理の悩みをコントロールし、日常生活をより良いものにしていけるでしょう。

一言にピルといっても、その種類は様々です。アフターピル、低用量ピルなど選択肢は様々で、それぞれの特徴や目的ごとに使い分けていく必要があります。
ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類を配合した薬で、含まれる卵胞ホルモンの量で低用量と中用量に分けられます。低用量ピルは卵胞ホルモンの量が中用量より少なく、月経困難症などの治療にも使われるものの避妊目的で使用されるのが主です。薬の量を必要最低限に抑えられるというメリットがある薬で、卵胞ホルモンの量をより抑えた超低用量ピルもあります。
卵胞ホルモンの量が多い中用量ピルは、薬の量は増えるものの飲み忘れに強いのがメリットです。避妊を目的として利用される低用量ピルと異なり、ホルモン系の病気を治すために使われることが多い薬です。
アフターピルは、性交渉後からでも避妊が可能な薬です。避妊が行えなかったり、失敗してしまった場合に飲むことで妊娠の成立を阻止します。服用は性交後からの時間が短いほど避妊率は高まり、より早く服用することが重要となります。緊急避妊薬とも呼ばれる薬です。
ピルの中には、旅行やイベントなどの予定のために生理をずらすことができる月経移動のピルもあります。生理を早めたい場合は、生理が始まってから3日目まで、遅らせる場合は生理予定日の5日前から服用をスタートします。10代であれば大切な試験のために生理をずらすためにも役立てられます。

ピルは避妊や生理の痛みを改善させるばかりでなく、生理不順の改善にも役立てられます。ピルを内服していれば、ほぼ28日周期で生理が規則的に来るので毎月の生理のストレスや不便も大きく改善するでしょう。生理の悩みのためにピルを服用している人は非常に多いです。また、ホルモン分泌をコントロールできることから、月経前症候群の軽減にも有効です。生理前のイライラや乳房の張り、気分の不調なども緩和できます。ニキビの改善や卵巣がん・子宮体がんの発症率の低下など長期服用によってがん発症の予防効果も得られたり、その効果は様々です。

ピルは避妊薬という印象が強い薬ですが、ホルモンバランスを整えることで生理痛をはじめとした多様な悩みを解決していくために役立てていけます。従来とは異なり、インターネットが発達した現在では通販で取り寄せることも可能です。人の目が気になる、ピルを飲んでいることを他人に知られたくないと悩んでいる場合にはネットから注文、自宅に配達してもらえるので助かることでしょう。ピルを手に入れるハードルは近年ぐっと低くなっていますから、生理痛や月経前症候群、生理不順などの悩みを抱えているのであれば、ぜひ自分で気になる薬をチェックして取り寄せてみることをおすすめします。低用量、中用量、またアフターピルなどニーズに合ったピルを必要な量はもちろん、必要な時にいつでも手に入れられるのでとても便利です。ホルモンバランスに悩まされず、毎日を活き活きと穏やかな気持ちで過ごすために重宝するのは間違いありません。
肌トラブルに悩まされていませんか?意外なアレで綺麗な肌を手に入れましょう
汗でベタ付く夏や空気が乾燥する冬、気になるのはお肌のケアですよね。特にニキビや肌荒れは、環境の変化とも密接に関係してきますので、なかなか改善しにくいものです。

そもそも女性は生理周期に合わせて女性ホルモンの分泌量が変化するので、ニキビや肌荒れを起こしやすい性質があります。特に排卵期から生理期間には、体調不良だけでなくお肌にも不調が出てきやすくなります。10代の頃には、皮脂の過剰分泌によって思春期ニキビと呼ばれるニキビが出来やすくなります。20代になると思春期ニキビは治り、大人ニキビもしくは吹き出物と呼ばれるものができるようになります。大人ニキビは、不摂生や睡眠不足、ストレスなどによるものがあります。もちろん原因の一つには、女性ホルモンも大きく関係してきます。

女性ホルモンには2つの種類があります。その一つは、皮脂の分泌量を抑えるエストロゲンです。エストロゲンには、肌をバリアし、保水力を高め、肌を良質な状態に保ってくれる働きがあります。また、角栓が詰まってしまうことでできてしまうニキビは、エストロゲンが増えることで角栓を柔らかくしてくれるので悪化を防ぐことができます。一方でもう一つの女性ホルモンであるプロゲスチンは、エストロゲンと相反して皮脂の分泌量を増やす作用があります。そのため、プロゲスチンが増える排卵後にはニキビが出来やすくなるのです。さらにプロゲスチンと同じような働きをするのが男性ホルモンです。この二つのホルモンが増えてしまうとお肌は皮脂でベトベトになってしまいますので、エストロゲンとのバランスが需要になってくるのです。

一方で「肌荒れ」に関してはその症状や原因は人によって様々です。肌荒れの症状は、肌のかさつき、赤みが出る、吹き出物ができる、肌のゴワつき、皮むけがあります。肌のかさつきやゴワつき、皮むけは主に冷房や水分不足などによるお肌の乾燥が原因となります。赤みは日焼けが原因となる場合が多く、、紫外線による強烈なダメージがお肌に与える影響ははかり知れません。また、胃腸とお肌は深く関係しており、胃腸の調子が悪かったり、脂っこい物を食べ過ぎると如実に肌に現れることもあります。さらに生理前後のホルモンバランスの乱れも、プロゲスチンの影響により肌の調子を崩す要因になります。

角質層にしっかりと保湿がしっかりと行き届いていて、ツヤや透明感のある状態が健康的な肌と言われています。肌荒れの原因は様々であり、その改善方法も異なりますが、基本的には外側からのケアと内側からのケア両方を組み合わせるのが良いスキンケア方法であると言われています。

外側からのケアは、日焼け止めを塗ったり日傘を使って紫外線を直接浴びないようにすることやクレンジング、洗顔、保湿といったスキンケアの基本をきちんと行うことなどが挙げられます。

内側からのケアは、肌のターンオーバーの活性化のために睡眠をしっかりとることやビタミン類を中心としたバランスの良い食事をとること、適度な運動をすることなどが挙げられます。

その他の効果的な方法として、定期的に低用量ピルを服用するという方法があります、低用量ピルには、エストロゲンが含まれており、男性ホルモンの主成分であるテストステロンの分泌量の増加を防ぐ作用があります。また、肌荒れを悪化させる一因でもあるアストロゲンの機能を低下させる効果もあるので、ニキビや肌荒れを改善してくれます。ただし、このような効果を理解し、ニキビ対策として低用量ピルを積極的に使用しているのは、海外における事例ばかりです。日本でもその有効性が認められてはいるものの、その普及率はあまり高くないというのが現状です。

数ある低用量ピルの中でも肌荒れ改善効果があるとされているもので代表的なのは、主に2種類です。1つ目は、「マーベロン」で、男性ホルモンの働きを抑える作用が強いため、最も効果があると言われています。もう一つは「「ヤーズ」で、同じく男性ホルモンの活性化を抑制し、むくみにも効果がある成分が含まれています。

これらのピルを服用し始めてから、個人差はありますが一般的には大体3ヶ月~6ヶ月で効果が現れ始めます。これは実際にマーベロンを使用して行われた実験でも効果が立証されており、服用後1ヶ月の時点でニキビへの有意な改善が認められました。

ただ、いわゆる好転反応と呼ばれるもので一時的に肌荒れが悪化したり、症状が悪くなってしまうケースもあります。これは低用量ピル服用から1ヶ月前後の時期に多く起こりうることです。低用量ピルの飲み忘れや種類が合っていないピルを服用してしまっている場合にも起こります。ピルを服用していても生活習慣に問題があったり、暴飲暴食を繰り返してしまっているとピルの効果を得られにくくなってしまうことも覚えておきましょう。用量、用法を守り低用量ピルを服用しながら、規則正しい生活を送り、あなたを悩ますその肌荒れからさよならしましょう。
ピルにはどんな種類がある?種類によって何が違う?
女性が手軽にできる避妊の方法と言えば、ピルをイメージする人は多いでしょう。ピルと言ってもいくつかの種類があり、その人の体質や使用する目的によってどれが適しているかが異なります。

ピルを大きく分類すると、4つに分けることができます。

1つ目は、低用量ピルです。ピルの中では一般的なもので、ピルといえば低用量タイプを指すことが多いです。避妊薬なので避妊効果はもちろんありますが、そのほかにも月経によって起こるPMSの症状を軽減したり、ホルモンバランスが崩れることによって起こるニキビの症状を緩和する働きがあります。

2つ目のタイプは、超低用量ピルです。これは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの含有量がほかのタイプよりも少ないという特徴があります。ピルを服用することによる副作用が心配な人にとっては、おすすめのタイプと言えるでしょう。

3つ目のタイプは、中用量ピルです。低用量ピルと比べると含まれている女性ホルモン量が多いのが特徴で、月経の時期を変更したいときや管理したいときに使われます。有効成分が多く含まれている反面、吐き気や頭痛などの副作用が起こりやすいというデメリットがあります。そのため、体質によって合う合わないが出やすいタイプと言えるでしょう。

4つ目のタイプは、アフターピルと呼ばれるものです。これは、避妊せずにセックスをしてしまった後に服用するタイプですが、セックスする直前に服用することでより高い避妊効果が期待できます。

ピルの中でも広く普及している低用量ピルには、商品によって異なる黄体ホルモンが含まれています。女性ホルモンには、月経から排卵までの期間に優位となるエストロゲンと、排卵から次の月経までの期間に優勢となる黄体ホルモンがあります。ピルに使われているエストロゲンは、どれも同じ成分が使われていることが多いのですが、黄体ホルモンは低用量ピルでも商品ごとに異なります。

例えば、第1世代と呼ばれている低用量ピルには、黄体ホルモン成分としてノルエチステロンが配合されています。これはPMSがひどい人に大きな効果が期待できるものとして人気があるほか、子宮内膜症を治療する作用もあることで知られています。シンフェーズやフリウェルなどは、このタイプに該当します。

第2世代と呼ばれているピルには、レボノルゲストレルという黄体ホルモンが使われています。このタイプや不正出血を起こしづらい特徴があり、日本国内はもとより海外でも多くの人が使用しています。トリキュラーやアンジュ、ジェミーナなどがあります。

第3世代の低用量ピルには、テソゲストレルが黄体ホルモン成分として使われています。黄体ホルモンは女性ホルモンの一つですが、体内では男性ホルモンとよく似た働きをするため、黄体ホルモンの分泌が活発な人はニキビができやすくなったり、体毛が濃くなりやすいという悩みを抱えやすいものです。そんな人には、この第三世代の低用量ピルを使うことで、ニキビ改善や多毛症改善と言った効果を得られます。このタイプのピルには、マーベロンやファボワールなどがあります。

低用量ピルには、第四世代もあります。これはアメリカではPMDDの治療薬としても実際に使われており、日本国内でも子宮内膜症の治療などに使われています。このタイプには、ドロスピレノンという黄体ホルモンが使われており、大人ニキビが出にくく、体もむくみづらいというメリットがあります。このタイプには、ヤーズやヤーズフレックスなどが該当します。

こうしたピルは、それぞれ性質が異なるだけでなく、服用する目的も若干異なります。そのため、服用する際には自分がどのタイプのピルを服用しているのかを理解することが大切でしょう。体質によっては、ピルを服用したことで副作用が出てしまうことも少なくありません。その場合には、種類が異なるピルを使って体質に合ったものを見つける工夫もおすすめです。

ピルは、ドラッグストアなどで市販されているわけではありません。しかも、場合によっては健康保険が適用されずに全額が自費払いとなってしまうこともあります。保険が適用されるためにはいくつかの条件を満たさなければならず、保険適用を希望しても全額自己負担となってしまう人はたくさんいます。

例えばピルを服用している多くの人の目的である避妊は、残念ながら保険適用の条件とはなりません。保険が適用されるのは、PMSのように治療する必要が認められる症状が出ている人や、子宮内膜症を患っていて治療が必要な人のみです。治療をする必要がないけれど妊娠したくないという理由では、残念ながら「病気の治療」には該当しないため、保険適用外の自由診療となってしまうのです。

そんな時には、海外からの個人輸入代行サイトの利用がおすすめです。リーズナブルに購入できますし、たくさんの選択肢の中からニーズや希望によって選べるので、大満足できるピルライフを送れるのではないでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販・個人輸入 / テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。