検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

27件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
ピルにはどんな種類がある?種類によって何が違う?
女性が手軽にできる避妊の方法と言えば、ピルをイメージする人は多いでしょう。ピルと言ってもいくつかの種類があり、その人の体質や使用する目的によってどれが適しているかが異なります。

ピルを大きく分類すると、4つに分けることができます。

1つ目は、低用量ピルです。ピルの中では一般的なもので、ピルといえば低用量タイプを指すことが多いです。避妊薬なので避妊効果はもちろんありますが、そのほかにも月経によって起こるPMSの症状を軽減したり、ホルモンバランスが崩れることによって起こるニキビの症状を緩和する働きがあります。

2つ目のタイプは、超低用量ピルです。これは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの含有量がほかのタイプよりも少ないという特徴があります。ピルを服用することによる副作用が心配な人にとっては、おすすめのタイプと言えるでしょう。

3つ目のタイプは、中用量ピルです。低用量ピルと比べると含まれている女性ホルモン量が多いのが特徴で、月経の時期を変更したいときや管理したいときに使われます。有効成分が多く含まれている反面、吐き気や頭痛などの副作用が起こりやすいというデメリットがあります。そのため、体質によって合う合わないが出やすいタイプと言えるでしょう。

4つ目のタイプは、アフターピルと呼ばれるものです。これは、避妊せずにセックスをしてしまった後に服用するタイプですが、セックスする直前に服用することでより高い避妊効果が期待できます。

ピルの中でも広く普及している低用量ピルには、商品によって異なる黄体ホルモンが含まれています。女性ホルモンには、月経から排卵までの期間に優位となるエストロゲンと、排卵から次の月経までの期間に優勢となる黄体ホルモンがあります。ピルに使われているエストロゲンは、どれも同じ成分が使われていることが多いのですが、黄体ホルモンは低用量ピルでも商品ごとに異なります。

例えば、第1世代と呼ばれている低用量ピルには、黄体ホルモン成分としてノルエチステロンが配合されています。これはPMSがひどい人に大きな効果が期待できるものとして人気があるほか、子宮内膜症を治療する作用もあることで知られています。シンフェーズやフリウェルなどは、このタイプに該当します。

第2世代と呼ばれているピルには、レボノルゲストレルという黄体ホルモンが使われています。このタイプや不正出血を起こしづらい特徴があり、日本国内はもとより海外でも多くの人が使用しています。トリキュラーやアンジュ、ジェミーナなどがあります。

第3世代の低用量ピルには、テソゲストレルが黄体ホルモン成分として使われています。黄体ホルモンは女性ホルモンの一つですが、体内では男性ホルモンとよく似た働きをするため、黄体ホルモンの分泌が活発な人はニキビができやすくなったり、体毛が濃くなりやすいという悩みを抱えやすいものです。そんな人には、この第三世代の低用量ピルを使うことで、ニキビ改善や多毛症改善と言った効果を得られます。このタイプのピルには、マーベロンやファボワールなどがあります。

低用量ピルには、第四世代もあります。これはアメリカではPMDDの治療薬としても実際に使われており、日本国内でも子宮内膜症の治療などに使われています。このタイプには、ドロスピレノンという黄体ホルモンが使われており、大人ニキビが出にくく、体もむくみづらいというメリットがあります。このタイプには、ヤーズやヤーズフレックスなどが該当します。

こうしたピルは、それぞれ性質が異なるだけでなく、服用する目的も若干異なります。そのため、服用する際には自分がどのタイプのピルを服用しているのかを理解することが大切でしょう。体質によっては、ピルを服用したことで副作用が出てしまうことも少なくありません。その場合には、種類が異なるピルを使って体質に合ったものを見つける工夫もおすすめです。

ピルは、ドラッグストアなどで市販されているわけではありません。しかも、場合によっては健康保険が適用されずに全額が自費払いとなってしまうこともあります。保険が適用されるためにはいくつかの条件を満たさなければならず、保険適用を希望しても全額自己負担となってしまう人はたくさんいます。

例えばピルを服用している多くの人の目的である避妊は、残念ながら保険適用の条件とはなりません。保険が適用されるのは、PMSのように治療する必要が認められる症状が出ている人や、子宮内膜症を患っていて治療が必要な人のみです。治療をする必要がないけれど妊娠したくないという理由では、残念ながら「病気の治療」には該当しないため、保険適用外の自由診療となってしまうのです。

そんな時には、海外からの個人輸入代行サイトの利用がおすすめです。リーズナブルに購入できますし、たくさんの選択肢の中からニーズや希望によって選べるので、大満足できるピルライフを送れるのではないでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。