検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

36件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
筋肉と年齢には大きな関係がある!
筋肉量には大きな個人差があり、生活習慣や食生活によっても異なるだけでなく、性別や年齢によっても変わります。筋肉量は20代にピークを迎え、そのあとは少しずつ減少の傾向となってしまいます。これは、健康な人でも、ライフスタイルを工夫しても、残念ながら変えることはできません。

私たちの体は、中心に骨格があり、その周辺に骨を支える骨格筋があります。骨格筋は、筋肉を作るたんぱく質の合成と分解によって作られており、合成する量が多ければ筋肉量は増え、分解する量が多ければ筋肉量は減るという簡単な仕組みとなっています。

筋肉量を合成する要因には、栄養を摂取したり運動をするなどの作業があります。その一方で筋肉量を分解する要因には、ストレスや疲労、空腹や病気などが該当します。つまり普段の生活の中で、できるだけ分解要因を少なくてして合成要因を増やすことが、筋肉量を高く維持するためのポイントとなるのです。

加齢もまた、筋肉量を減少させる要因の一つとなります。これは老化現象によるものなので、誰にも止めることはできません。同じ生活をしていても、20代と70代とでは、筋肉の付き方は大きく異なります。一般的には、骨格筋は25歳あたりでピークを迎えた後は減少し、80代になるとピーク時の30%から40%程度が減ってしまいます。

加齢による筋肉量の減少には、さまざまな理由があります。1つ目は、ライフスタイルの変化です。年齢とともに疲れやすくなり、運動量が減ってしまう人は多いでしょう。運動の量が減ることによって、筋肉量は減少します。

2つ目の理由は、加齢によってたんぱく質の合成反応が鈍くなってしまうという点があります。若い時と同じような食生活をしていても、若い時のように筋肉がついてくれるわけではありません。また若いころと同じような筋トレをしていても、たんぱく質の合成反応が鈍くなることによって、筋肉がつきづらい体質へと変化してしまいます。

3つ目は、ホルモン分泌の低下があげられます。特に女性の場合には、更年期と呼ばれる45歳から55歳までの間に、女性ホルモンの分泌量が著しく低下してしまいます。その結果、筋肉量の分解に拍車がかかってしまうのです。

この加齢による筋肉量減少は、誰にも止めることはできません。しかし、若いころの生活習慣や食生活によって、年齢を重ねてからどんな影響が出るかという点は大きく異なります。年齢を重ねても筋肉の減少で悩まないためには、具体的に何をしたらよいのでしょうか?

1つ目にできることは、若いころにしっかり運動をしておくという点です。筋肉量は大体25歳ぐらいでピークを迎えるため、このピークをより高い位置に持っていくことによって、その後の筋肉量減少による影響を少なく抑えられるでしょう。

2つ目にできることは、筋肉量の減少スピードをできるだけ遅くするための工夫です。筋肉量がピークを迎えるのは25歳ぐらいですが、その後も運動をすれば40代ぐらいまでは筋肉量を多く維持することは可能です。この努力をするかどうかによって、その後の筋肉量には大きな差が出てしまいます。

3つ目にできることは、筋肉増強剤を利用するという方法です。筋肉増強剤というと、プロのアスリートが使用する医薬品というイメージがあるかもしれません。しかし実際には、筋肉をつけたくてもなかなかつかない人や、高齢のために筋肉がつきづらくなっている人などの利用が多いことはご存じですか?運動をして筋肉がつかなくても、筋肉増強剤を活用することによって体内から筋肉を作りやすい環境を整えることができます。

筋肉量が多いのか少ないのかという点は、高齢になってからの生活や健康にも大きな影響があります。筋肉は骨格を支える役割をしていると同時に、骨を衝撃から守る役割もしています。筋肉量が少ないと、体がバランスを取りづらくなるので転倒のリスクは高くなるでしょう。また、転倒したときに筋肉が緩衝材とならずに骨が大きな衝撃を受けることで、骨折のリスクも高まってしまいます。

また筋肉量が多い人は、高齢になってから病気にかかりづらいというメリットがあります。筋肉が減ると、細菌やウィルスが体内に侵入しやすくなるため、感染症のリスクが高まります。また、血液中の糖質は体内でエネルギー源として消費されますが、筋肉のエネルギー源にもなります。筋肉量が少なくなると、必要となる糖が少なくなり、血液中に多くの糖分が残留してしまうため、血糖値が高くなって糖尿病にかかりやすくなってしまいます。

さらに、筋肉は体温を維持するための断熱材の役割もしています。筋肉量が少ない人は筋肉が多い人よりも体温が下がりやすく、それに伴って免疫機能も低下するため、さまざまな疾患にかかりやすくなってしまうというデメリットが懸念されます。例えば筋肉量が少ない人は、風邪をひくと悪化して肺炎を引き起こしやすいという研究もあります。

年齢による筋肉量の減少は、避けることはできません。しかし、筋肉増強剤を使えば、運動をしなくても体内で筋肉が作られやすい環境づくりができます。高齢の場合には、筋肉増強剤を飲んでもマッチョになる心配はなく、日常生活において必要な筋肉量を獲得できるケースが多いです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販&個人輸入・テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。