検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

23件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
女性に多い産後うつ!育児でストレスを溜めないようにするには
女性が出産後の1~2か月の間に陥るうつ状態を「産後うつ」などと呼びます。そもそも男性に比べて女性はうつになりやすく、出産後に発症する割合は特に高いです。赤ちゃんにとっても母親の精神状態は大切ですから、うつっぽい時やストレスが溜まっていると感じる時は、早めに上手に発散するようにしましょう。

とはいえ、赤ちゃんが生まれて間もない時期では、特に母親には育児の負担がかかります。いくら父親も同じように育児をする時代とは言っても、肉体的な違いによる負担はありますし、赤ちゃんにとってはやはり母親が一番の存在です。そのため、女性のなかには「完璧な母親でなければならない」と気負いすぎる人もいるのではないでしょうか。

しかし、気負いすぎは心身ともに疲弊してしまう原因です。育児は大切ですが、家事まで完璧にこなそうと頑張りすぎないようにしましょう。そこは父親の協力が必要なところですので、家事についてはある程度頼ってよいのではないでしょうか。毎食の食事の準備がたいへんなら、惣菜で済ませるぐらいのことはあってかまいません。また、赤ちゃんがよく泣く時期ですが、泣くたびに慌てなくても大丈夫です。声をかけてちょっと待ってもらいましょう。お母さんの心に余裕がある方が、赤ちゃんのためにもなります。

乳児は夜中でも頻繁に泣きます。そのため、多くの新米両親がこの時期睡眠不足に悩むのですが、睡眠は十分に取るように努めましょう。夜にぐっすり眠ることが難しいなら、赤ちゃんが寝ている昼間に一緒に寝てもかまいません。まとまった睡眠時間が確保できない時は、細切れでもいいのでできるだけしっかり睡眠を取るようにしてください。

あれもこれもと、一人で抱え込む人は注意が必要です。初めての育児なら、わからないことがたくさんあっていろいろ不安になるのは当然のことです。そんな時には頼れる人に頼るようにしましょう。ママ友が近くにいるなら、悩みを共有するのもよいでしょう。一人でくよくよ悩むより、誰かと共有する方がプレッシャーが楽になります。しかし、ママ友との付き合いがストレスに感じるようなら、無理をしてまで付き合う必要はありません。

両親に頼れる場合は、思い切って頼りましょう。両親が近くにいる場合は、時々来てもらうのもよいです。そんな時は遠慮せず甘えてみてよいのではないでしょうか。たまには両親に赤ちゃんを任せて、夫婦でデートするのもリフレッシュになります。

また、両親はあなたを生んで育ててくれた両親ですから、育児についても大先輩です。不安に思うこと、悩んでいることなどがあるなら相談しましょう。両親も相談されてうれしくないはずがありません。もちろん親子といっても感謝の心は大切ですが、頼れる相手にはしっかり頼ることがこの時期には大切なのです。

もし両親など頼れるような存在が周りにいないのなら、託児サービスを検討してみましょう。最近は核家族が多いので、夫婦2人だけで誰にも頼れず育児に奮闘しているカップルが増えています。そのせいでストレスを溜め、産後うつになる人が増えていることは社会問題です。それを解消するために、最近では24時間利用できる託児サービスも増えています。

また、民間のサービスだけでなく、公的な機関が運営する子育て支援のサービスもあります。利用できるならぜひ利用しましょう。短時間預けるだけなら費用も安く済みます。その時間を利用して、美容院やエステでリフレッシュするのもよいのではないでしょうか。

パートナーがいるのなら、パートナーに協力してもらうべきなのは言うまでもありません。すでに女性だけが育児をするという時代ではないですから、男性も積極的にかかわるべきですが、パートナーがなかなか協力してくれず、それがストレスになっている女性もまだ少なくないでしょう。

男性のなかには、母親が産後うつになりそうなほど精神的に参っていることに気づいていない人もいます。機嫌がよくないぐらいのことはわかっていても、その理由まではっきり理解できるような男性は残念ながら多くありません。そういう時はちゃんと言葉にして自分の状態を伝えてみましょう。

ネガティブなことは言いたくないという思いもわかりますが、黙っていて相手が察してくれると思うのは相手に望みすぎです。面と向かって言うのに抵抗があるなら、LINEでもメモでも何でもいいので間接的にでも正直な思いを伝えてみましょう。

育児の先輩に話を聞くと、男性は言ったことしかやってくれないという不満が多いことがわかります。先ほども述べたように、察してほしいと思ってもそこまでできる男性は少数です。育児でやってほしいことがあるなら、最初はしてほしいことを全部伝えましょう。

ストレスが溜まった時は思い切って吐き出すことが大切です。溜め込んでも悪化するだけなので、悩みのすべてを打ち明けられる存在を見つけましょう。それが難しいなら、心の病になる前に精神安定剤等を使うのも一つの手です。個人輸入代行サイトで簡単に購入できるので参考にしてください。
精神安定剤ってどう?心の病の対策について
うつ病をはじめとした「心の病」が社会全体で大きな関心を集めるようになってきています。経済状態をはじめ先行き不透明な状況にあること、そのため将来に対しても悲観的になりやすい傾向があること、そこに仕事や人間関係などのストレス、慢性的な疲労の蓄積が加わることで精神状態が不安定になってしまいやすくなっています。これが現代に生きるわたしたちが抱えている問題なのでしょう。

それだけに心の病は決して特別なものではなく誰にでもかかる可能性があること、そのための対策や予防を日常生活の中で心がけていくことが求められます。自分自身が心の病にならないよう心がけるのはもちろん、周囲の身近な人たちがかからような意識も欠かせません。悩んでいる、苦しんでいる人に手を差し伸べる機会を作っていれば、自分が悩んでいるときに誰かが手を差し伸べてくれるかもしれない、そうした安心感が不安や緊張を和らげてくれる面もあります。社会全体で心の病と向き合う必要があると言われている背景にはこうした事情もあるわけです。

その一方でやはり一人ひとりが日々の生活の中で心の病の対策を行っていくことも重要です。何か困難や問題と直面したときに同じ状況でも人によって反応や影響が大きく異なるものです。敏感な人、繊細な人ほど不安や緊張にさらされやすい面もありますし、人によって心にダメージをもたらす要因が異なる面もあります。仕事の失敗がダメージになる人もいれば、失恋がダメージになる人もいます。それだけに自分の性格をよく踏まえた上で適切な心の病の対策が必要になってきます。

こうした個人個人の心の病の対策では、まず心身の不調を示すシグナルをできるだけ早く察知することが重要です。代表的なシグナルとしては無気力や無関心な状態に陥っている、集中力が低下している、自分に自信がなくなったり、自分が価値のない人間のように感じていたりといった精神面に見られるものが挙げられます。続いて身体面に見られるものとして疲れやすくなる、眠れない、または睡眠時間を確保しているはずなのにいつも眠気や疲れを抱えている、食欲や性欲の低下などが挙げられます。

こうした症状が見られた場合には心の病に陥りかけている可能性があるので、できるだけ早く対策を行うようにしましょう。まずは休息、そして症状を改善できるような対策を取り入れていくことになります。認知行動療法をはじめとした精神療法をはじめ、生活習慣の改善(食生活の改善や運動を取り入れる、あるいは仕事の環境を変えるなど)、人付き合いを巡る環境を変える、睡眠環境の改善を試みるといった方法も有効です。

そしてもうひとつ、心の病の対策・治療として有効な方法となるのが薬物療法です。精神安定剤や抗うつ薬、さらに睡眠薬などを用いることで今抱えている心身のつらい症状を和らげるのです。

できれば精神療法や生活習慣の改善などで心の病の問題を根本から解消していくのが望ましいわけですが、なかなかそう簡単にはいかないというのが現実です。例えば無気力・無関心な状況に陥ってしまっていれば、そもそも対策・治療をはじめる気力すら湧いてこないでしょう。また自分に自信がない人、自分に価値がないと感じてしまっている人に「ゆっくり休息をとりましょう」といっても心身をリラックスさせることは難しいでしょう。睡眠障害に陥っている人も同様です。

ですから、まず薬物療法で今抱えている症状を和らげつつ、さまざまな対策を行っていくことでより有効な治療が期待できます。睡眠薬で睡眠環境を改善すれば疲労・ストレスの解消や自律神経の改善などの効果が期待でき、そこから生活習慣の改善へと向かっていくことができるわけです。

そんな心の病の薬物療法においてしばしば使用されるのが精神安定剤です。「抗不安薬」と呼ばれることもあり、その名前の通り不安を和らげ、精神状態を安定させて穏やかな状態にする効果を備えているのが特徴です。

例えば精神安定剤の中でも広く用いられているのがベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれる種類で、GABAと呼ばれる脳内にある神経伝達物質の働きを高めることで不安を和らげる効果を持っています。このGABAは脳が異常な興奮状態に陥るのを抑える働きを持っているため、不安や緊張で興奮状態に陥ってしまうのを抑え、鎮めるのに役立ちます。

一方、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプもあり、効果をもたらすメカニズムそのものは基本的に共通していますが、ベンゾジアゼピン系と比較して効果が緩やかな一方、依存性が少ないなどのメリットを持っています。

こうした精神安定剤は種類によって効果の強さや持続時間などに違いが見られ、適切なものを選んで服用することで心の病の予防・対策に役立てることができます。また個人輸入代行業者を利用することで通販感覚で手軽に購入することも可能です。

心身の不調を抱え、なんとかしなければと思いつつも気力がわかずにズルズルと不調な状態を続けてしまっている。そんな状況がますます焦りや自己嫌悪、自信の喪失をもたらし心の病を悪化せさてしまう…そんな悩みを抱えている方も多いようです。個人輸入代行業者で気軽に購入できる精神安定剤や睡眠薬は、そんな身動きが取れなくなりつつある状況から踏み出す突破口にもなりうるでしょう。つらい心身の不調を改善してくい上で十分に検討の余地がある選択肢と言えます。
心の健康をサポートする栄養素と具体的なレシピ
近年、世界的に鬱病患者が増加していると言われています。実際、ここ10年で患者数は2倍ほどに増えており、潜在的な鬱病患者も含めるなら、さらに多くなるでしょう。そんな社会問題である鬱病に対して、最近では食生活の改善による療法が注目されています。

日本の従来の鬱病治療というと、抗鬱剤などの薬の投与や心理療法がメインでした。ところが、海外では食事や運動など生活習慣の見直しから治療していく動きが活発になっています。実際、食生活と鬱病の発症には因果関係があることが報告されているほどです。

伝統的な日本食や、海外では魚介や野菜、穀物が中心の地中海料理をよく食べる人は、そうでない人と比べて、生活習慣病や鬱病、認知症などにかかりにくいことがわかっています。ところが、今ではそういう伝統的な食事の機会が少なくなりました。代わりに精製食品や加工食品が増えてきたことから、鬱病が以前よりも発症しやすくなったと考えられています。

精神状態が不安定な時、心身には通常とは違ったさまざまな変化が起きています。たとえば、呼吸や動悸が速くなる、汗をかくといった、身体的な変化がそうです。また、心理的な変化では不安が強くなったり、パニックを起こしたり、過食や拒食、怒りっぽくなるなどの行動の変化も見られます。人によって変化の表れ方は違うので、自分のメンタルの状態をよく観察し、何がストレスサインなのかを把握しておくとよいでしょう。

ストレスサインが出た時は、心身の安定に役立つ栄養素を豊富に含む食事がおすすめです。具体的な栄養素としては、まずカルシウムが挙げられます。カルシウムは骨の成長に重要なミネラルというだけでなく、興奮状態の脳神経を鎮める働きもあるため、メンタルの安定におすすめです。カルシウムを多く含む食品には、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品のほか、小魚、海藻類、大豆製品があります。

ビタミンB群も、積極的に摂取したい栄養素です。たとえば、ビタミンB1は不足によって、だるさ、疲労、食欲不振などを感じます。エネルギー産生に必須のビタミンです。豚肉やかつお節などに多く含まれているので、意識して食べましょう。

ビタミンB2も重要です。心身の発育促進に重要な役目を担っています。卵やチーズ、納豆などに多く含まれます。

アミノ酸の代謝をサポートするビタミンB6も、積極的に摂取しましょう。皮膚を健康にし、免疫力をアップし、また、神経伝達物質の合成にも必要な栄養素です。ごま、にんにく、ブロッコリーなどに多く含まれています。

また、ビタミン12も代謝のアップに必要な成分です。たんぱく質を合成し、アミノ酸や脂肪酸の生成にもかかわっています。アサリやシジミなど、貝類に多く含まれる栄養素です。

ビタミンB群だけでなく、心の健康のためには、ビタミンCもしっかり摂取しましょう。ビタミンCの不足はイライラなど精神の不調につながり、逆にしっかり摂取することでストレスに強い心身を作ります。イチゴやアセロラなどのフルーツ、ジャガイモや赤ピーマンなどの野菜に多く含まれる栄養素です。

では、これら心の健康に重要な役目を担う栄養素をバランスよくしっかり摂取できるレシピを考えてみましょう。

1つ目は、ビタミンB1をたっぷり含む豚肉とビタミンB6の豊富なごまを使ったトンカツです。ポイントは、ロース肉ではなくヒレ肉を使うことで、これによって脂質を10分の1に抑えられます。そのほか、エノキタケ、大葉、梅干しも使いましょう。

豚のヒレ肉を1センチほどの厚さにスライスし、さらに切れ込みをポケット状に入れてから叩きます。塩コショウもしておきましょう。

次に、梅干しから種を取り除き、包丁で叩いてつぶします。続いて、大葉をみじん切りにしてから、つぶした梅干しに混ぜるとともに、エノキタケを1センチほどの長さに切っておきましょう。酒を小さじ1杯ほど入れた味噌にエノキタケを混ぜ、それと先ほど混ぜた梅と大葉を、豚肉の切れ込みに挟み込むように塗りつけましょう。

卵白をつけ、ごまをまぶしたら、油で揚げて完成です。お好みで、レタスの千切りやかいわれ大根、プチトマトやラディッシュなどと一緒に盛り付けてください。

2つ目は、ビタミンB6の豊富なごまをつかったサラダです。サラダのメインはビタミンCをたっぷり含むジャガイモで、ごまとマヨネーズとで和えます。同じくビタミンCが豊富で、鉄分と食物繊維もたっぷり含んでいるブロッコリーも使いましょう。

じゃがいもを3センチ角に切って、水から茹でます。中まで火が通ったら水を捨て、水気がなくなるまで加熱し、調味料を加えて混ぜてください。ジャガイモが冷えるころに、ブロッコリーなどの野菜を加えて完成です。

上記のように、食べ物によって心の健康をサポートすることができます。ただし、食事で効果を得るには時間がかかることに注意です。すぐに何とかすべき状態の人は、精神安定剤を利用するなどして対処しましょう。
心配性を改善したい!どんな方法がオススメ?
自分が心配症だという人は少なくありません。心配性というのは、さまざまなケースを想定するために不安になってしまうもので、必ずしも悪いことではありません。一つのアプローチ法に対して複数の結果や影響を想定し、それぞれに対してリスクヘッジができる能力を持っているという事でもあります。また、心配性の人は、物事を最後まで責任もって遂行しようという意志を持っていることが多く、普段の生活においては頼れる存在ではないでしょうか。

この心配性というのは、自身の性格です。生まれ持った性格なのか、それとも生活する中で身に着けた性格なのか、どちらのケースもあるでしょう。しかしすでに自分の性格として心配性がある場合には、生まれ持った性格なのか、それとも成長する過程で学んだ性格なのかという違いは、あまり関係ありません。大切なことは、心配性によって自身の日常生活や心の平穏にマイナスの影響が出ているかどうかという点なのです。

もしも心配性で悩んでいる人は、生活習慣や食生活を改善することである程度の効果が出るケースはあります。しかし多くの場合には、そうしたものよりは、発想の転換をするのが最短で最速の効果が期待できます。具体的に、どんな発想の転換をすれば心配性を改善できるのでしょうか。

1つ目の方法は、ポジティブな言葉を意識して口にするという生活習慣があります。これはポジティブシンキング(Positive Thinking)と呼ばれる精神療法の一つで、言葉でポジティブな言葉をつぶやくことによって、脳にポジティブなエネルギーが送られ、心配症を改善できるという考え方に基づいています。

ポジティブな言葉というのは、相手にプラスの印象を与えられるものなら、基本的にはなんでもOKです。例えば、大丈夫とか、なるようになる、できる、平気平気など、必ずこの言葉でなければいけないというルールはありません。心配性の人にとっては、使う場所やタイミングによっては、何とも無責任に聞こえるのではないかと考えるかもしれません。しかし、ポジティブな言葉を口にすることによって、自分自身に「心配しなくても大丈夫だ」という暗示をかけられます。そうした生活習慣を継続することによって、自分自身の考え方がポジティブシンキングへと改善できるのです。

2つ目の方法は、成功体験を頭の中でイメージするというものです。実際に成功した体験がある人なら、その経験を常に頭の中で思い描くのも良いでしょう。成功体験がない人でも、頭の中で妄想することで、脳には仮想の記憶を受け付けられます。

具体的には、スピーチやプレゼンをした時に、視聴者から拍手を受けているシーンを思い描いたり、堂々とスピーチしている自身の姿をイメージして誇らしげに感じるというのも効果的です。

成功体験は、人前で何かをして成功しているイメージだけではありません。心配性の人は普段の生活の中でも、外出前に電気を消したかなとか、ガスの元栓を閉めたかなと心配することが少なくありません。そんな時には、電気を消したイメージを頭の中に植えつけることで、心配したくなってしまう気持ちを抑えられます。

電気やガスの元栓の消し忘れなどに関しては、チェックリストを作って置き、玄関のドアのすぐそばにおいておくという方法もおすすめです。外出前に、そのチェックリストに沿って一つずつチェックする習慣を付ければ、心配する原因を根本的に解消できるでしょう。

3つ目にオススメの方法は、表情や声のトーン、姿勢を明るくすることを心がけるというものです。心配性の人は、どうしても心のどこかに心配ごとを抱えています。それが、声のトーンや顔の表情、また姿勢に出てしまいやすいのです。

そんな時には、意識して声のトーンを明るくしたり、表情は口角を少し上げて笑顔っぽい表情をつくったり、また姿勢は背筋を伸ばすことを意識してみてください。心が心配している時にそんなことをしても何も変わらないと思うかもしれませんが、習慣化されることによって、そうした姿勢や表情が心にもポジティブな影響を与えてくれます。

4つ目にオススメの方法は、考えないという事です。心配性の人は、とかく考えすぎてしまう傾向があります。もちろん、考えることで解決できるものは多いのですが、中にはどうすることもできないことをクヨクヨ考えてしまうこともあるでしょう。そんな時には一度立ち止まり、自分で解決できることなのかどうかを考えてみてください。もしも、今の自分にどうすることもできないなら、ひとまず考えないことも、心配性の克服につながります。

もしも上記の方法をトライしても心配性の度合いが軽減できない場合には、精神安定剤など医薬品を活用する方法も検討すると良いでしょう。薬効成分が神経の緊張をほぐしてくれるので、重度の心配性でもリラックスした精神状態を手に入れることが可能です。常用せずに必要な時に服用するだけで即効性が期待できるものもあります。携帯すれば、お守り代わりにもなりそうです。

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。