検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

6件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
脳を健康にする方法を紹介。頭が良くなる薬スマートドラッグについても解説
集中して仕事や勉強をしなければいけないのに、なぜか四六時中頭がボーっとして上手くいかないことがあります。それは脳の健康が損なわれているせいかもしれません。脳の健康が維持できないと、集中力や記憶力、注意力に大きな影響を及ぼします。脳の健康を回復させる方法はあるのでしょうか。

まず、運動は脳の健康維持には不可欠です。脳は体に影響を与えていますが、同時に体も脳に大きな影響を与えているのです。中でも、有酸素運動が脳に良い影響を及ぼすことは数々の研究で証明されており、特にウォーキングは体全体に数々のメリットがある上に、デメリットが少ないことで知られています。一定のリズムを刻むウォーキングは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促し、脳や精神状態を安定した状態に保つのです。また下半身に刺激を与えることで血行が良くなり、脳への酸素の供給量もアップします。

体力に自信のある人は、ランニングを習慣にするのもいいでしょう。ランニングはセロトニン分泌のほか、記憶力の向上やストレス解消に役立ちます。またランナーの多くがランニング中に、クオリティーの高い瞑想状態を経験することもわかっています。良い瞑想状態の中にあると、周りのことや心配事が頭から離れ、脳にお休みを与えることができるのです。ただランニングは、あまり過度にやりすぎると逆に脳の負担になってしまうので、脳の健康を考えるのであれば、週2から週3回くらいにしておきましょう。

自重トレーニングやウェイトトレーニングなどの筋トレも、脳にいい影響があることが分かっています。「筋肉バカ」という言葉があるように昔は、マッチョ体型の人たちは筋トレばかりして勉強していないから頭が悪い、という偏見を持たれていました。しかし実際は、筋トレにより脳と体をつなぐ神経が強化され、脳を活性化させることが分かっているのです。そもそも筋肉を動かすのにも脳を使うので、当然です。「筋トレすれば頭が良くなる」というと極端ですが、筋トレが脳にとって健康習慣であることは確かです。

ヨガも脳にいい影響を与えることは、すでに定説となっています。有酸素運動と同様、ヨガにはセロトニンの分泌や精神の安定をもたらす効果があるほか、記憶、情報処理、感情のコントロールをつかさどる脳の部位を活性化する効果があります。そのため恐怖の克服やアンガーマネジメントにも役立つことが分かっているのです。筋トレやランニングに比べて、ヨガは体への負担も少ないので、高齢者や体の弱い人でも習慣にできます。

運動だけでなく、食事にも気をつけなければ脳の健康を維持することはできません。脳に良い成分と言えば、DHAやEPA、リコピン、抗酸化物質などが挙げられますが、それらを含んでいる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

代表選手がイワシです。DHAやEPAなどの脳に良い成分はオメガ3系脂肪酸とよばれ、脳の細胞膜を柔らかくし、脳の情報処理の速度を速くします。マグロ、サーモン、サバなど、たいていの魚類にはこのオメガ3系脂肪酸が多く含まれているのですが、イワシはずば抜けて多く含んでいます。アンコウやヤツメウナギのも同じくらい多いのですが、食卓に並べやすいのはイワシですね。

海鮮物では、貝類も脳に良い食べ物として知られています。貝類に多く含まれる亜鉛は、脳細胞の成長と、血液脳関門と呼ばれる血液と脳をつなぐ部分の機能を維持する役割をします。貝類のほかには、豚レバー、赤身肉、納豆、カシューナッツなども亜鉛を多く含んでいます。また亜鉛はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるので、レモンを絞った牡蠣などはうってつけなのです。しかしアルコールは亜鉛の吸収を妨げるので、残念ながら日本酒と一緒にはいただけません。

ビタミンCも脳の健康を維持する成分です。まずビタミンCは細胞の老化を防ぐ抗酸化物質なので、脳を若々しく保ってくれます。またビタミンCは神経に良い影響を及ぼすこともわかっており、認知機能やストレスへの耐性向上も期待できます。

抗酸化物質といえば、代表的なものがコーヒーです。覚醒作用を求めてコーヒーを飲むことがありますが、実はコーヒーに含まれる抗酸化物質のポリフェノールも、脳に良い影響を与えています。ポリフェノールは肥満予防や血圧対策にもなるので、適量であればコーヒーを飲む習慣は続けて損は無いでしょう。

またこれらのような脳に好影響をもたらす成分を摂取する方法として、スマートドラッグを利用する人もいます。スマートドラッグとは脳の酵素や神経化学物質を増やすことで、脳の働きを活性化させる薬のことです。スマートドラッグの中には栄養素を配合しただけの栄養補助食品から、認知症の治療に使われる医療用医薬品のものまであります。医薬品のスマートドラッグはお医者さんの処方箋がなければ手に入らないのですが、効果の軽い栄養補助のものは薬局で手に入るので、スマートドラッグの利用も考えてみるといいでしょう。
スマートドラッグ「ピラセタム」の効果と危険性を解説
スマートドラッグは海外、とくにアメリカやヨーロッパを中心に受験生の間などで使われている、通称「頭の良くなる薬」です。様々な種類があるのですが、その中でも人気なのがピラセタムです。危険性の高いものもあるスマートドラッグの中で、比較的安全に使用できることから、大学生などの間で広く使用されています。頭が良くなるという、一見夢のような薬ピラセタムには、実際どのような効果あるのでしょうか。

ピラセタムには集中力や記憶力の向上、アルツハイマー予防など嬉しい効果があるのですが、みなさんの安全を確保するために、最初にピラセタムの危険な面から見ていきましょう。まず腎臓に障害がある人は飲めません。というのは、ピラセタムは全て腎臓から排せつされるので、腎臓が健康に動いていることは、服用の絶対条件なのです。腎臓のクレアチニン・クリアランスが20ml/分未満の人には使用が禁止されています。

次に、ピラセタムには血小板凝固阻害作用という、血が固まるのを防ぐ作用があるため、脳出血を患っている人や、止血剤を使用している人は服用できません。あとは特別な場合を除き、16歳未満の子どもと妊婦や授乳中の方の服用は基本的にNGとなっています。

いくつかの副作用も確認されています。主な副作用は、下痢や嘔吐、倦怠感などで、まれに白内障や皮疹の発症が発生することもあります。なお、服用量が多すぎることが原因として考えられるので、副作用が出る際は摂取量を調整することで解決できることがあります。

ピラセタムの危険性はこんなところです。しかしピラセタムに限らず、どんな薬にも危険性と副作用は付きものなのです。薬を飲む際はしっかりと確認するようにしましょう。

ピラセタムの基本的な効能は、脳の働きを活性化させる、もしくは異常があれば修復する、といったことですが、特に脳のどういった働きに影響をもたらすのでしょうか。

まず多くの人がピラセタムを利用する理由が、脳細胞の働きの向上です。動物実験により、ピラセタムが脳細胞の動きをスムーズにすることが分かっています。そのため脳細胞同士の信号伝達が速くなるのです。頭の回転が速くなる、ということですね。また、脳内の血のめぐりも良くなり、脳のガソリンともいえる酸素の供給量も上がります。特に脳に機能障害を抱えた人や高齢者に、目立った脳機能の向上が見られています。しかし正確な理由は分かっておらず、これからも実験を続けていく必要があるそうです。

人間を対象にした実験だと、特に言語機能の発達が目立ったようです。そのためピラセタムが発達性読み書き障害の治療に役立つこともわかっています。読み書きに障害のある子どもを対象に実験を行ったところ、ピラセタムを12週間服用した子どもたちの文章の読む速さと、理解力、短期記憶の向上が確認されたのです。

また脳卒中などで言語機能を失った、いわゆる失語症の患者にピラセタムを服用してもらったところ改善が見られたというデータが出ており、医療現場では脳卒中後のリハビリでも使われることがあります。しかし失語症発症から3年が経過し、慢性化してしまった患者にはピラセタムの効果が少ないというデータもあります。

てんかんの医療薬として、ピラセタムを使う事例もあります。てんかんは体が突然けいれんし、気を失ってしまう発作のことで、「ひきつけ」と言われたりもします。発作前後の記憶を失ってしまったり、発作による筋肉のこわばりからひどい筋肉痛になったりすることがあります。ピラセタムは他の抗てんかん薬と併用することで、このてんかん発作を予防、または軽減することができるのです。

認知症・アルツハイマーの予防および治療にも、ピラセタムは有効です。アルツハイマーは、アミロイドβと呼ばれる分子が神経細胞を傷つけることによって発症します。ピラセタムはこのアミロイドβによるダメージを防ぎ、アルツハイマーの発症を防止、もしくは遅らせることができるのです。認知症を患った人たち104人を対象に実験を行ったところ、ピラセタムを6週間摂取した人たちは、記憶力、反応速度、集中力をはじめとした脳機能の改善が見られました。

実際のピラセタムユーザーからは良い評判が多いです。通販サイトなどのレビューを見ると、集中力が増した、勉強がはかどる、頭がスッキリする、気分が落ち着くなどといったポジティブなレビューが多く見られます。また物忘れがひどくなり服用を始めたところ、改善が見られたという高齢者の方のレビューも見られました。ピラセタムの効果として報告はされていませんが、聴覚や視力が増した、なんという口コミもあったほどです。もちろん、効果は無かった、お金の無駄だったというネガティブなレビューも少数ながらありましたが、ピラセタムの効果には個人差があることも実験で分かっています。しかし確実な研究結果が出ており、なおかつ安全性が高いとなれば、試してみる価値はあります。
スマートドラッグと合わせて知っておきたい脳を活性化する食生活について
脳の重量は人間の体重のうちわずか2%程度ですが、人間が1日に消費するエネルギーの実に約20%を脳が消費しています。脳の疲労は忘れっぽくなる、判断力の低下といった症状として現れてきます。食生活で脳の活性化を図りましょう。

食物の中には脳を活性化させる効果のある栄養素を含むものがあります。そのような栄養素を含み、脳の活動を活発化させることが期待される食材を「ブレインフード」と呼びます。脳のパフォーマンスの維持向上を考える場合、普段の食生活においてこのブレインフードを効率的に摂取することが重要となります。

「ブレインフード」の代表格とも言えるのが、サバ・サンマ・イワシなどの青魚でしょう。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等、脳の神経細胞の再生や保護の働きを持つオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれていることが知られています。脳神経間の情報伝達の活性化効果あると言われています。

亜麻の種子から作られるアマニ油にも、GHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれていることが知られており、近年注目を集めています。アマニ油には脳神経細胞を活性化させる効果がある他、血液をサラサラにしてコレステロール値を低下させる効果があることも知られています。血管の健康状態の維持に効果があり心疾患の予防効果も期待できます。女性ホルモンを整え、肌や髪に艶を与える効果もあります。

ビタミンEには血行改善や細胞の損傷・老化を防ぐ働きがあり、このビタミンEを豊富に含んでいるアーモンドやクルミなどのナッツ類も、脳の活性化効果が期待できます。抗酸化作用があり、脳の酸化を防いだり脳の活動維持をサポートすることも知られているところです。クルミに豊富に含まれるαリノレン酸は体内に吸収されることでDHAに変化して脳神経細胞に効果があります。

多くのビタミンやカロテンを含む、ほうれん草やニンジン、カボチャなど緑黄色野菜ですが、中でもその栄養成分であるビタミンKには血液をサラサラにする効果があり、また記憶を維持する効果も期待されます。ニンジンに多く含有しているカロテンは体内に入るとビタミンAに変化して、動脈硬化を予防する効果があります。老化を防ぐ効能もあると言われています。

いちごやブルーベリーを始めとするベリー類に豊富に含まれているアントシアニンには抗酸化作用があり、美容と健康に良いとされています。このアントシアニンは脳に直接届いて脳神経の疲労感を軽減させる効果があることが知られています。集中力や判断力、意欲の向上にも効果があるとされています。

チョコレートの原料であるカカオに含まれるテオブロミンという抗酸化物質には脳をリラックスさせ細胞の老化を防ぐ効果があります。「チョコを食べると集中力が上がる」と言われるのは、このテオブロミンの効果によるものです。またチョコを食べると認知能力の促進効果が期待される脳由来神経栄養因子(BDNF)が増すことも、チョコレートが脳を活性化する効果に関係しています。

トマトが豊富に含有する抗酸化物質のリコピンも脳の老化予防効果があり、定期的な接種で記憶力低下や認知症の予防や老化を抑制する効果が期待される栄養素です。リコピンが老化抑制に効果があるのは、老化現象と深く関係する活性酸素除去する働きがあることによります。

卵もまた、その黄身の部分にDHA・EPAといったオメガ3系脂肪酸の他リン脂質を豊富に含む食材です。リン脂質は情報伝達に作用し改善する効果があります。この他にも卵には体内でアセチルコリンとなって記憶や情報伝達を改善するコリンや、抗酸化作用によって脳の酸化を防ぎ神経の働きをサポートするゼアキサンチンも含まれています。

亜鉛は脳のシナプス小胞内に含まれており、神経の活動には欠かせない物質です。この亜鉛を多く含有する食材が牡蠣やあさりなどの貝類です。亜鉛は脳の活動には不可欠の栄養素で、タンパク質の生成や脳細胞の成長促進にも関係しています。海馬という記憶に深く関係する脳の部位にも亜鉛は多く存在しており、記憶力に不安を感じている方には特におすすめの栄養素です。

脳がエネルギー源とすることができるのは、数ある糖類の中でもブドウ糖だけです。バナナには果糖やショ糖の他ブドウ糖が豊富に含まれており、海馬の働きを活性化させ記憶力の向上に効果があるとされています。また、バナナに含まれている3種類の糖類はそれぞれ、エネルギーに変換されるのに必要となる時間が違うので、持続的にエネルギーを生み出せるメリットもあります。

記憶力や判断力の低下が感じられたら、ここで紹介した「ブレインフード」を積極的に食生活に取り入れてみてください。ただしブレインフードのみを食べればいいというわけではありません。主食・主菜・副菜をバランスよく摂取しながら上手にブレインフードを取り入れてください。

より効率的に脳の活性化を図りたい場合はスマートドラッグを使ってみるのも良いでしょう。ネットの個人輸入代行サイトから購入するのが手軽で便利です。
午後に備えて昼寝をするのがおすすめ・ピラセタムなどのスマートドラッグも併用しよう
お昼休みをして、いざ午後の仕事にとりかかろうと思ったら、眠たくなって注意力散漫になってしまうということはありませんか?しかしお昼すぐに眠たくなるというのは、ごくごく自然な現象です。一般的に午前2~4時、午後2~4時が眠気のピークという方は多いです。そこで午後もバリバリ仕事をするためにおすすめなのが、昼寝をすることです。上手に昼寝をすれば、午後も集中力をキープでき作業効率性もアップするといわれています。

しかし午後もバリバリ仕事をするための昼寝には押さえておきたいポイントがいくつかあります。まずあくまでも仮眠にとどめることです。夜眠るときのような感覚で熟睡してしまうと、かえってだるくなって午後の作業に悪影響をもたらします。ですから10~20分程度、深い眠りに入ってしまう前に起きるように心がけましょう。

そして昼寝をする前にコーヒーなどのカフェイン飲料を飲んでください。「そんなことをしたら眠れなくなるのでは?」と思う人もいるでしょう。確かに眠る前にカフェインを飲むと寝つきが悪くなります。しかしカフェインの覚醒効果は飲んでから30分ほど経過してから初めて現れます。ですからコーヒーなどを飲んで10~20分程度昼寝したら、起きたときにちょうどカフェインの覚醒作用が表れます。すると目覚めもよくなって、スムーズに午後の仕事に取り掛かれるでしょう。コーヒーが苦手という人は紅茶や緑茶にもカフェインが含まれていて、同じような効果が期待できます。またコーヒーを飲む際には低糖や無糖のものを飲んでください。糖分の摂りすぎを防ぐためです。

もし余裕があれば、起きたときに屋外に出てみるのもおすすめです。太陽光などの強い光を浴びることによって、交感神経が刺激されます。すると脳が覚醒して、仕事モードに一気に入ります。外に出る余裕があれば、軽くストレッチをしてみるといいでしょう。特に寝起きが悪く、なんだか体がだるいときなどにはストレッチを試してみてください。

昼寝をするタイミングも重要なポイントです。もともと私たちの持っている体のリズムに基づくと、眠くなるピークは午後2時前後といわれています。ですから午後2時ごろに昼寝をするようにスケジュール調整をしましょう。ただし昼前など前倒しで昼寝をする分には問題ありませんが、先延ばしするのは好ましくありません。先延ばしにすると、眠りのリズムがくるってしまうからです。その結果、夜の寝つきが悪くなって、慢性的な睡眠不足の状況に陥りかねません。もし午後3時までに昼寝をするチャンスがなければ、その日の昼寝は我慢したほうが夜ぐっすり眠れます。

帰宅時電車やバスに座れた場合、睡魔が襲ってきてうとうと…という人もいるでしょう。確かに1日中仕事をして疲れているので、眠りたくなる気持ちもわかります。しかし遅く昼寝をとってしまうと夜の睡眠に悪影響を及ぼします。ですから眠くなっても我慢しましょう。もし我慢できないというのであれば、帰りの電車やバスの中では座れるスペースがあっても我慢して立ち続けましょう。

昼寝をするといってもオフィスにいる場合、ベッドに横になることは難しいでしょう。その場合もデスクの上で突っ伏す形で昼寝をしてもかまいません。この形で10分程度昼寝をするだけでも、午後の頭のさえ方が異なるはずです。最近ではデスクピローや昼寝枕と呼ばれるオフィス関連のグッズも発売されています。これらを使って、より快適に眠れる環境を作ってみませんか?

中にはデスクにうつぶせになれないという環境で仕事をしている人もいるでしょう。その場合にはその場で1分くらい目を瞑ってみましょう。これだけでも脳が外部の刺激から隔離されるので、昼寝をしたのと同じ効果が期待できます。目を瞑るだけでなく、ハンカチやアイマスクなどで目をカバーしてもいいでしょう。

昼寝する前にはスマホを見ないことも重要なポイントです。スマホからはブルーライトという覚醒効果のある光が出ています。ですからせっかくの昼寝の効果を邪魔してしまいます。メールなどをチェックしたいという人もいるでしょうが、その場合には昼寝後にスマホを見るようにしましょう。

昼寝したいけれどもなかなかその時間が取れない、でも脳の回転を早くしたいと思っているのであれば、ピラセタムを服用するのも一つの方法です。ピラセタムとはもともとはてんかん患者のための治療薬でした。ピラセタムには脳の血流を増加させたり、酸素消費を増大させることで脳の働きを活性化させる効果があるといわれています。

このピラセタム、通販サイトでも手軽に購入できます。脳が疲れているけれども仕事をこなさないといけない場合などに活用してみるのはいかがですか?有名な通販サイトではピラセタムをはじめとして、脳を活性化する効果の期待できるスマートドラッグをいくつか取り扱っています。まずはどのような商品が販売されているか、ピラセタムを取り扱っているサイトをチェックしてみませんか?

カテゴリ一覧

ページトップへ
テジャスメディシン・睡眠薬通販・個人輸入・カマグラ・シアリス・レビトラ・ラシックス・インデラル のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。