検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Hypnite エスゾピクロン(ルネスタ錠) 1mg100錠 不眠症など

¥3,900
商品コード: Hypnite 50 tabs/pack 1 mg
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
ゾピクロン(アモバン)よりも少量で効果があり、また長期投与時においても耐性や依存性のリスクが低いとされる。ルネスタ錠と同じ成分

Hypnite 成分:Eszopiclone エスゾピクロン

シクロピロロン系睡眠導入剤ゾピクロンのS-異性体

ゾピクロン(アモバン)よりも少量で効果があり、また長期投与時においても耐性や依存性のリスクが低いとされる

■ 輸 送 1~2週間前後で到着予定
■ 発 送 香港 or インド
■ 製造国 インド
■ 製造元 Cranialz

「使用量」

通常・成人1日1回1錠を就寝直前に

エスゾピクロン(Eszopiclone)は、超短時間作用型非ベンゾジアゼピン睡眠薬ゾピクロン(R異性体とS異性体の2種類の混合)から中枢作用を持つS-異性体を単離したものです。

ルネスタ錠と同じ成分

入眠困難から、途中覚醒の悩みを抱えるお客様まで、幅広く対応可能な商品でございます。

また、こちらの商品は耐性や依存性のリスクが低いとされてますので、その辺りはご安心なさってもらって問題ないかと思われます。

睡眠障害などには、アモバンを用いることが多いのですが、同時に当商品の使用も頻繁になされております。

エスゾピクロンは全ての不眠症に対して効果があるとされており、個人によって合う、合わないといったことも、通常うよりは少ないと思われますので、初めて注文の方に大変にオススメでございます。

不眠をいったん患ってしまうと、疲れが取れにくくなってしまったり、毎日の仕事の質も大幅に落としてしまう事にもなりかねないので早急に改善されてくださいませ。

当サイトの商品のレベルには自信がありますが、手に負えないレベルまで達してしまいますと改善が困難になってしまいますので、可能な限り初期の段階で不眠対策を行うようにされてくださいませ。

※※※
睡眠の質の低下の原因とは?布団の中でスマホを見ている人は要注意!

夜にぐっすり眠れない、もしくは、眠れているつもりなのに翌朝の気分がよくないという場合、もしかしたらベッドや布団の中でスマホを使っていることが原因になっているかもしれません。アラームとしても使えるスマホを寝床のそばに置いている人は多いですが、睡眠の質に問題があるようならその生活習慣を見直してみましょう。

「布団に入って寝る寸前までスマホを見ていることは体に悪い」と聞いたことがある方は少なくないでしょう。では、どうしてそれが体に悪いのでしょうか。その原因はスマホの画面が発するブルーライトです。

ブルーライトとは読んで字のごとく青い光なのですが、青い光には紫外線と同じような強いエネルギーがあることをご存じでしょうか。このブルーライトを寝る寸前まで浴び続けることによって、睡眠の質が著しく阻害されることにもなり得るのです。

太陽の光にもブルーライトは含まれています。とはいえ、太陽は夜になると沈むため、LEDが普及する前は寝る寸前までブルーライトを浴び続けるようなことはありませんでした。それが現在はLEDディスプレイを搭載したスマホやパソコンが身近なものになり、太陽が沈んでいる夜間でもブルーライトを浴び続けられるようになってしまったのです。

ブルーライトは自律神経に悪い影響を及ぼします。自律神経とは、体温、呼吸、消化活動など人間が生きるうえで欠かせない活動をコントロールする神経のことです。自分で意識しようとしまいと常に働いている神経なのですが、この自律神経には2種類あります。一つは、緊張時に活性化する交感神経、もう一つは、心身がリラックスしている時に活性化する副交感神経です。

この2つの自律神経は、どちらかが優位になったり抑制したりと交代で働いています。交感神経と副交感神経のどちらかが優位に働いている時は、もう片方が休んでいるということです。ご想像のとおり、寝る時は心身ともにリラックス状態になるため、副交感神経が優位に働き、交感神経が休んでいる状態になります。

ところが、スマホの発するブルーライトによって、副交感神経が優位になるべき時に交感神経が刺激されてしまうわけです。このような逆転を「自律神経の乱れ」などと言います。自律神経の乱れは、睡眠の質を低下させる一つの原因です。

もう一つ、寝る寸前までのスマホが睡眠に悪いのには、メラトニンという物質が関係しています。これは睡眠ホルモンなどと呼ばれることもありますが、人を睡眠へと導くための物質です。正確には、脳内神経物質のセロトニンが原料の物質で、日中、太陽光によって作られたセロトニンが夜に変化してメラトニンになります。

メラトニンは夜に分泌量が増えるのに反して、明るい光を受けたときには分泌量が減ってしまいます。そのため、夜、布団の中でスマホを触っていると、ブルーライトによってメラトニンの分泌量が減ってしまうわけです。睡眠に導いてくれる物質を自ら減らしてしまっているわけですので、寝る寸前までスマホを見ている人の睡眠の質が悪くなるのは仕方ありません。

睡眠の質を上げるには、布団の中でスマホを見ないことが大切です。といっても、やっぱりやめられないという方も少なくないのではないでしょうか。では、なぜやめられないのでしょう。

一つは、本などと違って暗いところでも画面が見えてしまうという理由があります。電気を消して部屋を暗くしても、また、布団にもぐって真っ暗になっても、自ら光を発するスマホはいつまでも見ていられるわけです。本と違ってやめ時がみつからないのが厄介なところではないでしょうか。

そもそも寝室にスマホを持ち込むのが間違いです。人間にも他の動物と同じように条件反射が起きます。エサの時間になるとよだれを垂らす犬と同じく、人間も「布団の中ではスマホを見る」という条件づけがされてしまっているのです。それなら逆に、「寝室では寝るだけ」と条件づけをしてしまえばよいのではないでしょうか。

実際、すでに30年も前にアメリカではこの方法によって安眠を得る方法が開発されています。といっても、複雑な方法でもなんでもなく、寝室は寝るための部屋、ベッドでは寝る以外のことをしないと自ら条件づけて、脳に覚えさせてしまうだけのことです。

「うちはワンルームだから居間も寝室もないよ」という方もいるでしょう。そういう場合でも、ふだん起きて活動する場所と寝る場所のけじめを付けることは可能です。ベッドで寝ている方なら、ふだんはベッドカバーでベッドを覆っておき、寝る時だけ外すようにしましょう。畳に布団を敷いて寝ている方なら、起きたらすぐに布団をたたみ、押入れにしまってしまうのがおすすめです。こうすれば、狭い部屋の中でも活動と睡眠の場所の区別ができます。

寝室の工夫をしてもなお眠れない、もしくは、睡眠の質が良くならないという場合は、睡眠導入剤なども検討してみましょう。上手に使えばけっして怖いものではありません。その際、個人輸入代行サイトを利用すれば、個人でも手軽に購入できます。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (2)

  • 2021/08/14 内藤 さん ★★★★★

    注文予定

    エスゾピクロンとは、テジャスメディシンさんで非常に安価な注文を前々からさせて頂くようにしています。
    不眠症や睡眠障害に対して、しっかり効果を発揮しまして、エスゾピクロンとは非常に満足度の高い睡眠導入剤であったりするのです。
    デメリットである副作用面は?といったら、特に強く意識してしまっているといったことはない感じで安心ですよ。
    ちなみに、商品代金の入金後には、エスゾピクロンとはスムーズに発送されていまして今後も注文予定です。

  • 2020/09/05 瀬川 さん ★★★★☆

    多いみたい

    最近、あまりぐっすりと眠れないようになっていました。
    なので、テジャスメディシンさんのエスゾピクロンを思い切って、利用をさせてもらいました。
    エスゾピクロンを服用すれば、スムーズに就寝ができまして、ほんとにストレスに感じません。
    これからも、睡眠導入剤が必要な時には、海外の通販サイトさんでエスゾピクロンを積極的に注文をさせてもらいたいと考えていますよ。
    聞いた話では、エスゾピクロンとは、リピーターさんも多いみたいです。

レビューを投稿
睡眠薬通販&個人輸入・テジャスメディシン のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。