検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Premarin(プレマリン)0.625mg28錠

¥3,857
商品コード: Premarin Med
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
女性ホルモン剤プレマリン

更年期障害や卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、性同一性障害に

1日1~2錠(主成分として0.625~1.25mg)

治療を受ける疾患や年齢、症状によって増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

長期投与を行う場合には、定期的に婦人科検診を受けてください。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

女性ホルモン剤プレマリン・プレマリン錠(Premarin)。

結合型エストロゲン0.625mg28錠

■ 輸 送 1~2週間前後で到着予定

■ 発 送 香港 or シンガポール

Premarin(プレマリン)とは、卵胞ホルモンであるエストロゲンを補う目的で作られた卵胞ホルモン薬のことであり、その主要な服用の目的は閉経後に急速に減少する女性ホルモンの影響で引き起こされる更年期障害の諸症状を改善し、ホルモンのバランスを整える効果があります。

更年期障害は動悸や不眠、イライラなどの心身の不調を感じる辛い症状を伴いますが、そのおもな原因がホルモンバランスの変化にあるため、ホルモンを補充することで症状が改善する効果が期待できます。その他の服用の用途としましては、女性らしい身体を維持するための女性ホルモン剤として服用する意図、また骨量増加と骨折予防効果が広く認められているため、骨粗鬆症の治療にも応用される事があります。

服用にあたっての注意事項

卵胞ホルモンを補充する目的のお薬であるため、卵胞ホルモンによって悪化する乳がん、子宮がんがある場合、服用しないでください。また医師の診断のない性器出血がある場合、子宮がんの可能性があるため、子宮がんでない事を確認したうえで使用する必要があります。また心筋梗塞などの血栓性疾患のある方も使用しないでください。副作用について注意を払うべきは血栓症の発生であり、それを疑わせる症状が現れた場合医師に受診してください。

効果・効能

主な効能は女性ホルモン剤ですので、女性ホルモンの減少の補てんや男性ホルモンの活性化の抑制など、またホルモンバランスの乱れから来る諸症状の改善などに効果があります。

プレマリン 0.625mgの使用方法

ご使用の際は必ず医師とご相談の上、容量、用法を守ってお使い下さい。また、ホルモン剤は体調に大きく影響を与えるお薬ですので個人判断による使用容量の増減や急な投与停止などはお控え下さい。

プレマリン 0.625mgご使用上の注意

副作用としては、乳房の張りや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。これらの副作用の多くは、長期間の投与の間で軽減されることが多いのですが、長期投与にも関わらず一向に副作用の軽減が見られない場合は、医師とご相談されることをおすすめいたします。

女性ホルモン剤ですので、乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の女性ホルモンによる病状の活性化の恐れのある病気の方は服用できません。

エストロモン(プレマリンのジェネリック)

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿
睡眠薬通販&薬の通販・テジャスメディシン(旧:テジャスファーマ) のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。