検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

おすすめ商品
検索&商品カテゴリー
睡眠薬と睡眠健康について
理想的な睡眠時間は何時間?
毎日の睡眠時間は人によって個人差があります。3時間程度が普通という人もいれば、8時間寝ないとスッキリしないという人もいるでしょう。それぞれライフスタイルが違うため、睡眠時間も異なるわけです。とはいえ、健康にとって最適な睡眠時間とはどれほどなのでしょうか。

理想的な睡眠時間は、男女ともに平均7時間程度です。これはアメリカで行われた睡眠時間と死亡リスクの関係を調べる研究によって分かったことで、睡眠時間は短すぎても長すぎても死亡リスクは高くなります。死亡リスクが最も低くなるのが、男女ともに7時間程度の睡眠なのです。

この死亡リスクには、さまざまな疾患や死亡原因が含まれています。例えば、糖尿病や高血圧などの生活習慣病リスクは、睡眠時間によって大きく変動します。睡眠時間が減ることによって自律神経やホルモンがバランスを崩すと、食欲が増大して太りやすくなったり、活性酸素が細胞の老化を早めたりします。また、うつ病をはじめとする精神疾患や、認知症のリスクも睡眠時間に応じて高くなったり低くなったりします。

睡眠時間や睡眠の質は年齢によっても変化します。10歳ぐらいまでの子供なら、毎日8時間から9時間ぐらいの睡眠時間が必要となります。一方、25歳前後になると毎日7時間程度の睡眠時間で十分です。また、45歳前後になると1日6.5時間ぐらいの睡眠時間でも健康を維持することができます。65歳になると最適な睡眠時間はさらに短くなり、毎日6時間程度となります。もちろん個人差はあるものの、年齢を重ねることによって睡眠時間は少しずつ短くなると考えられています。とはいえ、年齢に関わりなく1日当たり6時間から7時間ぐらいは必要となりますから、生活習慣の改善を考えている人はこの点を銘記しておきましょう。

年齢によって変化するのは必要な睡眠時間だけではありません。睡眠の質も年齢とともに少しずつ変化します。特に、加齢に伴って睡眠はどんどん浅くなります。中高年になると、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めるという人が多くなります。それは加齢によって眠りが浅くなり、わずかな尿意でも目が覚めやすくなってしまうためと考えられています。

起床した時に「よく眠れた」と感じる睡眠時間は、季節によっても変化します。昼の長さは季節によって変わります。春から夏にかけて長くなり、秋から冬にかけて短くなります。こうした季節の変動に応じて、私達の体内時計も変化し続けているのです。春から夏にかけては、通常よりも短い睡眠時間でも十分に眠ったと感じやすくなります。一方、秋から冬にかけてはよく眠っても朝起きるのが辛いと感じることが多くなるでしょう。1年の中で最も長い睡眠時間を必要とするのは、12月から1月にかけてです。ですから、冬期は普段よりも意識して睡眠時間を確保するようにしましょう。

健康を維持するため特に大切なことは、睡眠時間を確保することと、体内時計のリズムを整えることです。夜になったら眠くなり、朝になるとすっきり目覚められる体内環境を作るためには、毎日十分な睡眠時間を確保することが必要です。慢性的な睡眠不足になってしまうと、起床したものの疲れがまったく取れていないという事態になりかねません。また、睡眠不足が続くとお昼前後から猛烈な眠気が襲ってくるということも起こり得ます。

睡眠不足が続くと、体の免疫力が低下するために、風邪などを引きやすくなります。また、食事と関係するホルモンの分泌も不安定となってしまうために、糖尿病や高血圧のリスクが高くなってしまうのです。ですから、睡眠時間を毎日きちんと確保することは、健康を維持するうえでも重要な要素と言えます。

各自が理想的な睡眠時間を確保するためにできることはたくさんあります。1つ目は「日中できるだけアクティブに動き、体を適度に疲れさせる」という方法です。一日中PCや書類に向かってデスクワークをしていると、どうしても運動不足の状態になりがちです。脳が疲れていても体が疲れていないため、ベッドへ入っても眠れない状態に陥ってしまう可能性があります。そうならないように、昼間はできるだけ意識して体を動かすことで、仕事終わりには適度に疲労を感じられるよう心がけると良いでしょう。

2つ目は「ストレスを上手に発散する」という方法です。ストレスや疲労を感じると、体内では活性酸素が大量に発生します。これは、細胞を老化させる原因となる他、自律神経やホルモン分泌のバランスを崩す原因にもなってしまいます。不眠の原因となることも多いため、ストレスはできるだけ溜めこまず、意識して発散することが大切です。

3つ目は「睡眠薬を使う」という方法です。どうしても眠れないという人や、短時間の睡眠時間でも質を高めたいという人なら、睡眠薬を使うことによって効率的な睡眠効果を得ることができます。人気の通販サイト「デジャスメディシン」なら、超短時間型から長時間型まで幅広いタイプの睡眠薬を取り扱っているので、これまで睡眠薬を服用したことがないという人にもおすすめです。
睡眠は健康にどんな影響があるのか?
健康を維持するためには、毎日十分に睡眠時間を確保することが必要不可欠です。では、具体的にどのような睡眠を取ることで、健康を増進する効果が期待できるのでしょうか。

私達の体は、朝になると自律神経の一つである交感神経の働きが活発になり、心身ともに活動できる状態となります。一方、夜になると副交感神経が優勢となり、心身ともにリラックスした状態となって眠くなります。ストレスなどの要素によって自律神経がバランスを崩しそうになっても、睡眠時間を毎日きちんと確保していれば、良いバランスを維持することは可能です。一方、慢性的な睡眠不足が続いてしまうと、自律神経が乱れてしまい、夜になっても交感神経が過敏な状態となって眠れなくなり、不眠のトラブルが起こりやすくなります。

不眠が続くことはさまざまな健康リスクの原因となります。例えば、慢性的な不眠が続くと、日中は眠気に襲われた状態で長い時間を過ごすことになります。そうすると、集中力や判断力、注意力が低下し、作業効率やミスにつながるでしょう。また、体内ではホルモン分泌や自律神経がバランスを崩してしまい、正常に機能できなくなってしまいます。

慢性的な不眠になると、食欲を抑える作用を持つレプチンというホルモンが減少し、食欲が高まります。その結果、不眠でない時と比べると不規則に食事をしたり、間食が増えたりしてしまうのです。また、不眠によって日中にはやる気が低下するため運動不足になりやすく、肥満のリスクが高まります。

自律神経は、全身のホルモン分泌や血管の状態を管理しています。そのため、不眠で自律神経がバランスを崩してしまうと、血糖値をあげるホルモンが過剰に分泌されたり、代謝異常が起こったり、血管が酸化したり炎症を起こしたりするなど、さまざまな疾患のリスクが高くなります。

睡眠時間を毎日きちんと確保することは、体の健康だけではなく心の健康にもプラスの影響があります。慢性的な不眠が続くと、認知機能が低下することによってメンタルのバランスが崩れやすくなります。そうすると、うつ病など精神的な疾患を発症するリスクが高まるのです。

健康維持のために、睡眠時間を確保する具体的な方法が4つあります。1つ目は「毎日の睡眠時間をできるだけ規則正しくすること」です。眠るタイミングが毎日同じになっていると、体内時計を正常に維持しやすくなります。その結果、決まった時間になると眠くなり、朝も決まった時間になると目が覚めるという習慣ができるのです。就寝のタイミングとしては、遅くても夜10時前後には布団に入るようにすると良いでしょう。夜更かしをして仕事や趣味に時間を使うことが多かった人は、早寝早起きを徹底して朝型の生活に切り替えることで、睡眠効果を高めることができます。

理想的な睡眠時間は、一日当たり7時間から8時間程度です。忙しい毎日を過ごしている人にとってこれほどの時間を確保するのは容易ではないでしょう。とはいえ、十分な睡眠は毎日の生活を支える基盤であるということを念頭に置いて調整を図りましょう。

2つ目の方法は「睡眠の質を高めること」です。同じ長さの睡眠時間でも、睡眠の質が良い人とそうでない人とでは、睡眠によって得られる健康効果が大きく異なります。睡眠の質が良い人は、朝起きた時の目覚めが良く、リフレッシュした気分で朝を迎えられます。一方、眠りが浅い人や夜中に何度も目が覚めてしまうような人は、朝起きても疲れが取れておらず、眠った気がしないということもあるでしょう。特に、毎日の睡眠時間を十分に確保できない人は、睡眠の質を高める眠り方を意識することが大切です。

3つ目は「昼に仮眠をする」という方法です。人は眠りに入ると、最初にノンレム睡眠と呼ばれる熟睡モードとなります。これは、夜眠る場合でも昼に仮眠をする場合でも同様で、短時間でも疲れを取る効果があります。慢性的に夜の睡眠時間が短くなってしまっている人は、昼に仮眠を取ることによって、心身の疲れを軽減するという対処法がおすすめです。

仮眠を取るタイミングとしては、ランチ直後など午後の早い時間がおすすめです。午後3時以降になると、仮眠をしたことによって夜の睡眠にマイナスの影響が及ぶ可能性がありますので注意しましょう。仕事をしている人なら、ランチの後で少しだけ仮眠をするという方法が良いでしょう。

4つ目は「睡眠薬を使う」という方法です。どうしても忙しくて睡眠時間が短くなってしまう人や、眠りの質が良くない人なら、睡眠薬を使うことによって短時間で効率的に睡眠を取ることができ、高い健康効果を得られます。日本では20人に1人は睡眠薬を使っているという厚生労働省の調査があります。睡眠薬を使って高品質な睡眠を手に入れている人は少なくありません。

睡眠薬にはいろいろな種類があります。人気の通販サイト「デジャスメディシン」を利用すれば、海外で販売されている睡眠薬の中から自分にあったものを選ぶことができます。決済も簡単なので忙しい人にもピッタリです。
睡眠薬にはいろいろな種類があります
毎日の健康を維持するためには、毎晩グッスリ眠ることが必要不可欠です。とはいえ、忙しくてまとまった睡眠時間を確保できないという人は多く、ストレスなどが原因で不眠というトラブルを抱える人もたくさんいます。厚生労働省の調査によると、日本においては約30%の人が不眠の悩みを抱えていて、約20人に1人は睡眠薬を日常的に服用しています。

眠れないというトラブルを解消する方法は、たくさんあります。体が疲れていても脳が興奮しているために眠れないなら、脳の興奮を鎮めることで眠りやすい体内環境を整えることができるでしょう。また、外の音や光が睡眠を妨げているのなら、寝室の環境を改善することによって眠りやすくなります。消灯する2時間ぐらい前にお風呂へ入り、全身の筋肉や神経をリラックスすることも、よく眠るための対策として効果的です。

日常生活の中でこうした工夫を行い、その結果として眠れるようになるのなら、睡眠薬は必要ありません。一方、疲れているのに眠れない時や、ストレスや心配事があって眠れない日が何日も続いてしまう時には、不眠を解消する効果のある睡眠薬を使うというのも選択肢の一つです。

睡眠薬には様々な商品があります。大きく分類すると、睡眠薬と睡眠導入剤、および睡眠改善薬の3つです。このうち睡眠薬と睡眠導入剤は医薬品に分類されます。多くの場合、睡眠薬の中で作用時間が短いものを睡眠導入剤と呼びます。一方、睡眠改善薬はサプリメントなので、ドラッグストアでも気軽に購入することが可能です。

サプリメントである睡眠改善薬は、ハーブや漢方など医薬品以外の成分を配合しており、夜になったら眠りやすい体内環境を作るサポートをしてくれます。睡眠薬を服用する前に試してみると良いでしょう。ドラッグストアなどで販売されているものが多いので、店舗に足を運んで購入したい人にもおすすめです。

睡眠薬は、基本的にドラッグストアなどでは販売されていません。この医薬品には睡眠を促す作用を持つ成分が配合されており、特定のホルモン分泌を促進することで眠りを促す効果が期待できます。有効成分がどのぐらいの時間作用するかに応じ、「超短時間型」「短時間型、」「中時間型」そして「長時間型」に分類されます。初めて睡眠薬を使う人であれば、まずは作用時間が短い超短時間型のものを使い、どれほど深く眠ることができるか確認してみましょう。あまり症状が改善しないなら、作用時間が長めの薬へと切り替えるというのがおすすめです。

有効成分の作用時間にはそれぞれ目安があるとはいえ、実際にどのぐらいの時間作用するかについては個人差があります。そのため、作用時間が長めの睡眠薬を初めて服用する時は、翌朝仕事がない日を選ぶようにしましょう。有効成分が作用している間は、起きようと思ってもなかなか起きることが難しいものです。また、無理に起床しても頭が働かず、何も手につかない状態になってしまうこともあります。そうなると日常生活にもマイナスの影響が出てしまうでしょう。そうならないために、睡眠薬は作用時間が短いものからスタートすることが大切です。

睡眠薬に使われている有効成分もいろいろなものがあります。超短時間型では、ゾルビデムやソビクロン、トリアゾラムなどがあります。なかなか寝付けないという人や、慢性的な不眠ではない場合には、このタイプがおすすめです。

夜中に目が覚めてしまいそこから眠れなくなってしまう人や、朝早くに目が覚めてしまう人、あるいは常に眠りが浅いという人は、プロチゾラムやロルメタザバムなどの有効成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

睡眠導入剤は、睡眠薬の中でも服用してから作用するまでの時間が短く、有効成分が作用する時間も2時間~4時間程度と比較的短いものを指します。購入する際には、それぞれ作用時間の目安が明記されているので、自分が必要とする睡眠時間に合わせて選びましょう。

睡眠薬には医薬成分が入っているため、服用する際には注意が必要です。サプリメントのように、毎日飲むことによって体内環境が改善され快適に眠ることができるようになるというわけではありません。服用してから15分ないし30分程度で有効成分が効き始め、突然眠くなります。ですから、睡眠薬を服用するのは、布団に入る15分ほど前が良いでしょう。いつでも就寝できる準備をした上で服用することを心がけるのが大切です。

「睡眠薬を服用してみたいけれど、どこで購入できるのか分からない」という人やリーズナブルに購入したい人、購入したことを周囲の人に知られてしまうのが心配という人は、自宅のパソコンからネットショップの様に購入できる「デジャスメディシン」がおすすめです。このショップはクオリティーの高い睡眠薬をとてもリーズナブルな価格で販売しています。個人情報保護もしっかりしているので、周囲の人に知られてしまうリスクもまずないというのも魅力です。
健康維持のために欠かすことができない睡眠
グッスリ眠れた翌朝は、目覚めと同時にとてもすがすがしく感じます。また、疲れが取れてリフレッシュできたという幸せな気持ちになるものです。毎日、そんな睡眠だったら良いのにと思う人は多いことでしょう。

1日どのぐらいの睡眠時間を取っているかは、個人差があります。健康維持のために良いと言われている睡眠時間は、1日当たり7時間から8時間程度で、これは1日の3分の1に当たります。つまり私たちは、実質人生の3分の1を眠りに費やしているのです。

私達が眠っている間には、体内で新陳代謝が活発に行われています。新陳代謝が行われることによって、心身の疲労が回復したり免疫力が向上したりします。また、ストレスを解消することもできます。さらには、美肌効果や脳の若返り効果なども期待できます。

睡眠不足な状態が毎日続くと、私達の体はさまざまな部分に異常が起こります。朝起きても疲れていたり、頭がボーっとして集中力や判断力が欠けてしまったりすることもあるでしょう。また、持久力が欠けることによって、一つのことをまとまった時間続けられなくなってしまいます。そうすると、仕事にもマイナスの影響が出るでしょう。そうならないため、睡眠不足は慢性化しないうちに解消するのがベストです。

現代社会において、睡眠不足は多くの人に共通する悩みです。日本では30%以上の人は慢性的な不眠で悩んでいるとされています。また、日本以外の国でも不眠は大きな問題となっています。眠っているつもりでも睡眠の質が悪ければ、朝起きた時の爽快感を得ることはできません。また、日常生活が忙しすぎて睡眠時間を十分確保できない人も大勢います。

睡眠に関するトラブルのパターンは、大きく4つのタイプに分類できます。1つ目は、布団に入ってもなかなか寝つけない「入眠障害」です。体は疲れているのに脳が興奮しているために眠れないという人や、布団に入ってから眠りにつくまでに1時間以上かかってしまうという人は、このタイプに分類されます。

2つ目は、夜中に何回も目が覚めてしまう「中途覚醒」です。夜中に目が覚めると、そこから再び眠ることができずに朝を迎えてしまうのは、このタイプに分類されます。年齢を重ねると、夜中にトイレに行きたくなって目が覚める人が多くなります。これも一種の中途覚醒と言えます。

3つ目のタイプは、起きる予定の時間よりも早くに目が覚めてしまい、そこから眠れなくなる「早朝覚醒」です。他の睡眠トラブルと比較すると、それほど深刻なトラブルではありません。とはいえ、毎朝3時や4時に目が覚めてしまうことで、睡眠時間が慢性的に短くなってしまいます。

4つ目のタイプは、眠っているものの睡眠の質が良くない「熟眠障害」です。睡眠時間は十分確保しているはずなのに朝起きても疲れているという人や、眠りが浅くちょっとした音でも起きてしまうという人、あるいは眠っているのに眠っている気がしないという人は、熟眠障害の疑いがあります。

こうした睡眠障害は、普段の生活習慣を改善することで、ある程度解消することが可能です。例えば、眠る前にパソコンやスマホなど、脳を興奮させるような電子機器は使わないようにしましょう。また、寝室に遮光カーテンを設置してできるだけ暗くしたり、温度と湿度を調整して眠りやすい環境づくりをしたりするのも良いでしょう。また、アロマなどを使って神経をリラックスさせるのも効果的です。

睡眠不足の原因には様々な要素が挙げられています。その中でも特に多いのはストレスです。ストレスが原因で不眠に陥っている場合には、その原因をなくす努力を払わない限り根本的な解決にはなりません。もちろん、部屋の模様替えなどで睡眠の質を高めることはできるとはいえ、劇的な改善は難しいでしょう。

ですから、ストレスの原因解消に取り組むことが最善の方法です。とはいえ、社会生活において常に理想的な方法でストレスを解消できる人は少ないでしょう。そこでお勧めするのは、ストレスを発散する方法やルーティンを見つけておくことです。具体的には、運動やトレーニングをして汗をかく、感動できる映画を見る、あるいは趣味に没頭して嫌なことを忘れるといった方法が挙げられます。

そうしたストレス解消法と並行しておすすめなのが、睡眠薬を使った睡眠トラブル解消です。睡眠薬にはいろいろな種類があり、使われている有効成分も様々です。数ある選択肢の中から自分にピッタリの睡眠薬を見つけるなら、テジャスメディシンがおすすめです。ネットショップの感覚で自宅に居ながらショッピングができ、多種多様な睡眠薬の中から、自分にピッタリの薬を見つけることが可能です。しかも、海外で販売されている正規の医薬品をリーズナブルな価格で購入できるという利点があります。テジャスメディシンは、インドで正規に販売されている医薬品を中心として輸出業を行っている業者なので、安心感という点でもおすすめです。
睡眠の質を下げ健康上の問題も引き起こすいびきについて
男性だけでなく、女性のなかにも睡眠中のいびきに悩まされている方は少なくないのではないでしょうか。ただ、女性の場合、あまり自分からいびきをかくことを人に言わないため、男性の方がいびきのイメージが強いと言えます。しかし、実際はいびきに男女差は関係なく、いびきをかきやすい人は女性にも多くいるものです。いびきが問題なのは、睡眠の質や健康にもかかわるからであって、単に外聞が悪いからではありません。ですので、いびきにお悩みの女性はしっかり対策して睡眠の質の向上を目指しましょう。

そもそもどうしていびきをかくのでしょうか。いびきの原因は上気道にあります。上気道とは鼻から喉頭までの呼吸器全体です。つまり、われわれが呼吸するたびに空気が上気道を通り、それ以下の肺側の器官へと出入りしています。いびきが発生するのは、空気がこの上気道を通る際に、上気道の狭い部分に当たって振動するからです。上気道は寝る時の姿勢や筋肉の緩みなどが原因で狭くなることもありますが、慢性的にいびきをかく人は上気道が常に狭くなっていることが考えられます。

上気道が常に狭くなっているのは、いびきだけでなく健康上大きな問題です。呼吸によって出入りする空気は必ず上気道を通り抜けるわけですから、その通り道が狭くなっているということは、十分な呼吸がしにくくなっている状態でもあります。起きている時ならともかく、睡眠中は呼吸がしっかりできないために、睡眠の質が低下したり睡眠時無呼吸症候群になったりなどの問題も起こりやすいのです。特に睡眠時無呼吸症候群には注意が必要で、この症状では文字通り睡眠中に呼吸が止まってしまいます。心筋梗塞や脳卒中などの病気の原因になることもありますし、居眠りしやすくなり運転中の事故の引き金になることもありますので十分な注意が必要です。

いびきに健康上の問題があることはわかりましたが、いびきをかきやすい人には何らかの特徴があるのでしょうか。実際、いびきをかきやすい人は男女ともに見た目からもある程度推測できます。まず、首が太く短い人はいびきをかきやすいです。いびきとは上気道が狭いために起こると述べたことからもわかるように、首周りに脂肪が付いていたり、もともと首が短かったりすると、上気道が塞がれやすいためにいびきもよくかきます。

また、いびきをかきやすい人は顎と舌の大きさの割合にも特徴があります。舌の大きさのわりに顎が小さい人は、気道の中に舌が落ち込みやすいため、それが上気道を塞いでいびきをかきやすいです。外見では、歯並びが悪くて顎の小さい人がこれに当たります。これは首の太さや短さとは関係ない特徴ですので、痩せている女性でもいびきをかきやすいことはあるということです。また、女性の場合、女性ホルモンの分泌量の影響で、加齢に伴っていびきをかきやすくなるとも言えます。この傾向は特に閉経後に顕著です。

外見的な特徴だけでなく、生活習慣からもいびきのかきやすさはわかります。たとえば、喫煙や飲酒の習慣がある人ほどいびきをかきやすいものです。飲酒の場合、アルコールの作用で筋肉が弛緩するため、睡眠中に上気道が狭くなってしまいます。喫煙の場合は、鼻や喉の粘膜が弱って、わずかな刺激で炎症を起こしてしまうからです。喉が腫れると上気道が狭くなっていびきをかきやすくなることは容易に推測できるでしょう。

また、喫煙や飲酒の習慣がない人のなかにも、睡眠中の姿勢によってはいびきをかきやすい場合があります。いつも仰向けで寝返りが少ない人はその傾向が強いです。また、仰向け寝の場合、鼻ではなく口で呼吸しやすくなるため、そのせいでますますいびきをかきやすいとも言えます。目が覚めた時にいつも喉がカラカラという人は注意してください。

このように、いびきのかきやすさは男女関係ないのですが、放置しておいても問題のないいびきもあれば、健康上重大なリスクがあるいびきもあるので注意が必要です。疲れている時にたまにかくだけなら特に心配はいりませんが、常にいびきをかき、いつも目覚めが悪い人は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。

では、どうやっていびきをかかないようにできるのでしょうか。手軽にできるところでは、枕を変える方法があります。高すぎる枕では首が曲がって上気道が圧迫されやすいので、今よりも低い枕に変えてみましょう。特に、現在7センチ以上の高さの枕を使っている人は要注意です。

首が太っていて上気道が狭くなっている人はダイエットも検討してみましょう。余計な贅肉が落ちて首周りがすっきりすれば、いびき改善の可能性も高いです。

いびきのために慢性的に寝不足など睡眠障害のある方は、睡眠薬の使用も検討してみましょう。いびきだけでなく、誰でも何らかの原因で睡眠障害になることがあります。ストレスの多い現代社会では睡眠に問題を抱えることは珍しくありませんので、最近よく眠れずに困っているという方は試してみてください。睡眠薬は効果の持続時間によって選べるようになっています。
不眠の改善に役立つ?GABAを摂取して質の良い睡眠を
睡眠の健康にお悩みの方は、GABAにも注目してはいかがでしょうか。最近ではグミやチョコレートなどのお菓子にもGABAを含有した商品があるように、今ではGABAの寝付きを良くする効果やストレス解消の効果などが知られるようになってきました。ただ、GABAとはどんなものなのでしょうか。本当に不眠の改善に役立つ効果があるのでしょうか。

GABAが発見されたのは1950年ごろとそれほど昔のことではありません。哺乳類の動物の脳の中から発見されました。それ以降、研究が進み、今では医療用医薬品においても重要な成分になっています。

GABAとは「Gamma-Aminoburyric Acid」というアミノ酸の一種です。哺乳類の脳の中にある成分ということは、われわれ人間も哺乳類なので当然体内にGABAは存在しています。また、体内で生成されるだけでなく、食べ物からも摂取できる成分です。われわれがよく食べる食べ物では、ミソや発芽玄米に多く含まれています。ふつうの白米よりも玄米の方がGABAを摂取するにはおすすめということです。

では、そんなGABAにストレス解消の効果があるとされる理由はなんでしょうか。それはGABAが脳波に与える影響が関係しています。GABAを摂取すると、われわれの脳内ではα波という種類の脳波が出るのですが、このα波とはリラックスしている時によく出る種類の脳波です。α波が出ると副交感神経を優位にします。副交感神経が優位な状態とは、日常では食後や寝る直前などです。つまり、GABAを摂取するとそのような精神状態に近くなります。食後や寝る前にリラックスしやすいことからもわかるように、GABAを摂取するとそのような状態に自ら持っていけるわけです。

体内のGABAはストレスを受けると大量に消費されます。ストレスを解消するために消費される成分なので、ストレス過多の人ほどGABAがたくさん必要です。大量に消費されると体内に存在するGABAだけでは足りなくなります。そのため、食事からもしっかり摂取することがストレス解消には大切なのです。

GABAにリラックスさせストレスを解消する働きがあることからも、これが不眠にも役立つことがおわかりでしょう。GABAは副交感神経を優位にさせます。副交感神経が優位な状態とは、寝る直前と似たような状態であることは先ほども述べた通りです。わかりやすくいうと、GABAには興奮を抑える作用があります。ケンカしてカッカしている状態ではなかなか眠れないですが、これは脳が興奮しているからです。GABAにはその状態を鎮めて、私たちをリラックスさせ、眠りやすい状態に導くのに効果があることが認められています。

実際、GABAによる寝付きの良さの効果は実験でも証明されています。ギャバ・ストレス研究センターによると、GABAを日中に摂取した場合、その夜はふだんより5~7分ほど早く寝付け、また、起きた時の目覚めも良くなり、睡眠中の質も上がったように感じたという人の割合が多数を占めました。

GABAに寝付きを良くして睡眠の質を改善する働きがあるのなら、不眠に困っている方は積極的に摂取したいと思うものです。では、どうやってGABAをしっかり摂取できるのでしょうか。ふつうに食事しているだけでもある程度は摂取できますが、より大量に摂取したいのであれば、GABA含有の食品を摂取することです。冒頭でも述べたように、今ではGABA含有のグミやチョコレートなども販売されています。コンビニでも簡単に買えるお菓子でGABAがしっかり摂取できるのです。

できれば、GABA含有のお菓子だけでなく、ミソや発芽玄米などの食品からも摂取するのが理想でしょう。お菓子の場合、GABAだけでなく糖分が気になります。GABAは1日30~50mgぐらい摂取するのが良いとされていますが、ストレス解消や寝付きを良くする効果を高めるには100mgほど摂取した方が良いとのことです。もちろんお菓子でもいいですが、カロリーや糖分の摂りすぎにならないように量を調節してください。白米を玄米に切り替え、ミソや漬物などをしっかり食べるのがおすすめです。

なお、体内でもGABAは生成されると述べましたが、生成されるにはそのための材料がいります。その材料とは、マグロやカツオなどの魚に多く含まれるビタミンB6です。魚以外ではニンニクやトウガラシにたくさん含まれています。体内に吸収されたビタミンB6は、たんぱく質を分解してアミノ酸にする働きを担います。GABAの生成に欠かせない存在です。

GABAは睡眠の質を高めるのに効果的な成分だということがわかりましたが、不眠に悩む方の場合、より即効性を求めることもあるのではないでしょうか。そういう場合は睡眠薬も検討してみましょう。睡眠導入剤なら服用したその晩に早速効果が表れます。効果の持続時間によっても選べるので、ライフスタイルに合わせやすいのも睡眠薬の良いところです。睡眠健康のためにもぜひ検討してみてください。
うつにならないためにも睡眠薬で不眠の改善を
睡眠とうつには大きな関係があることをご存じでしょうか。うつに悩む人の多くが、「早く目覚めてしまう」、「なかなか寝付けない」など睡眠の問題を抱えています。睡眠に問題を抱えた状態が長く続くと、今度はそのことでうつを悪化させることもあるように、睡眠とうつには相関関係があるのです。

不眠もうつも、精神的だけでなく肉体的にも何らかの機能障害をもたらします。どちらの場合も脳が正常に働かなくなって、疲労感の増加、集中力や活力の低下などの生活上の問題をもたらすのです。単に眠れないだけでなく、不眠はうつと同じく生活に支障をきたす病気であることを認識してください。

うつ病の要因はさまざまですが、身体的であれ精神的であれ何らかのストレスが要因となって脳に問題を起こします。具体的には、ドーパミンやセロトニン、また、ノルアドレナリンといった脳の神経伝達物質のバランスが崩れた状態です。そのせいで脳の機能がうまく働くなり、気分が沈みがちになったり、何をしても楽しくなくなったりといった状態になってしまいます。それが一定期間続くようなら、うつ病と診断されるでしょう。ですので、うつ病とは単に一時的に気分が落ち込む状態とはまったく異なります。ちょっと気分が優れなかったり、不安を抱えた状態でうつと言う人もいますが、実際のうつ病はそうした精神的な症状だけでなく、倦怠感や食欲の減退、さらには睡眠障害などの肉体的な影響も大きいのです。

不眠イコールうつではありませんが、うつを引き起こす睡眠障害として気をつけるべき症状です。不眠と一口に言っても、なかなか寝付けない、寝付いてもすぐに目が覚めてしまう、熟睡できないなどさまざまな症状があります。ただ、不眠と診断される場合は、その状態が1か月以上続き、さらには日中にもめまい、食欲不振、抑うつといった症状が表れるのが特徴です。不眠が長期間続くと、睡眠だけでなくふだんの生活の質も著しく下がってしまうため、社会生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

先ほど、不眠によって抑うつ症状が表れることを述べましたが、逆に、うつ病の人が不眠を訴えるケースも多いです。十分に眠ることができない生活が続くと、それが精神的にも不安などのストレスとなって、さらにうつを悪化させることがあります。うつが悪化すればさらにそれが不眠を加速させ、その不眠がさらにうつを…というふうに、不眠とうつのスパイラルに陥ってしまう人も珍しくありません。「自分は不眠だけでうつではない」という人も、場合によってはうつ病を発症させる恐れがありますので、眠れない日が続くようなら早めに対策を取るようにしましょう。

このように不眠とうつが関係していることから、睡眠状態の改善によってうつの改善も期待できます。また、一度うつを患ったことのある方は、ふだんの睡眠に注意を向けてみましょう。「最近あまり眠れないな」と感じる時は要注意です。その状態がうつの再発にもつながることがあるため、再発防止のためにも日ごろから睡眠状態のチェックを欠かさないようにしましょう。

うつには、すぐに寝付けないなどの睡眠障害の症状が見られることが多いです。なかなか寝付けなくて翌日のことが不安になるなど、ネガティブ思考になる傾向もあります。また、寝付けてもすぐに目が覚めて、疲労が取れないなどの問題も大きいです。うつがひどくなると生活リズムも乱れてしまい、社会生活を送ることもままならなくなってしまいます。悪循環に陥る前に不眠の改善からでも始めましょう。

不眠にはおもに3つの症状があります。一つは入眠障害です。文字通りなかなか入眠できないのが特徴で、布団に入ってから30分も1時間も眠れずに過ごしてしまいます。人によって寝付きの良さは違いますが、寝付けないことが苦痛になり、それが長期間続くなら入眠障害と思ってよいでしょう。

いったん眠っても夜中に目が覚め、一度目が覚めたらもう一度眠ることができなくなる状態を中途覚醒と言います。睡眠は加齢とともに浅くなるため、高齢者に多く見られるのが特徴です。うつの人によく見られる症状ですので注意しましょう。

もう一つが早朝覚醒です。早朝に目が覚めてしまうことですが、単なる早起きではなく、予定時間より大幅に早く起きてしまい、二度寝したくても寝付けなくなってしまう状態のことを言います。なお、早朝に覚醒しても、日中を問題なく過ごせるようなら問題ありません。

不眠とうつには深い関係があることがわかりましたが、眠れないことが悩みの原因と思うのであれば、睡眠の改善を目指しましょう。それには睡眠薬が有効です。最初からあれもこれもすべて解決しようと思ってもできるものではないですし、うつの場合、頑張りすぎるとかえって症状を悪くしてしまいます。ですから、まず睡眠薬で夜しっかり眠れるようになることを目指し、それから日常生活においてもさまざまな感覚を正常に取り戻せるようにマイペースで進んでいきましょう。
睡眠と美容の関係!睡眠不足が改善しない場合は睡眠薬の検討も
睡眠不足が美容に良くないということは一般的によく知られています。ということは、しっかり睡眠を取ることができれば、それは美容にも良い影響があるということです。では、そもそもなぜ睡眠が美容に良い効果をもたらすのでしょうか。

私たち人間の肌は、およそ6週間ですべて入れ替わっていることをご存じでしょうか。いわゆる「肌のターンオーバー」と言われるサイクルですが、このターンオーバーが活発になるのが眠っている時です。睡眠中には浅い睡眠の「レム睡眠」と深い睡眠の「ノンレム睡眠」が繰り返されることはよく知られていますが、後者のノンレム睡眠のときに成長ホルモンが活発に分泌され、それが肌のターンオーバーを促進します。

また、夜になると人間の脳では、松果体という部位からメラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されるようになっています。また、メラトニンには、睡眠を促すだけでなく成長ホルモンの分泌も活発化する働きがあるほか、老化を防ぐ抗酸化作用も強いのが特徴です。ですので、お肌の美容やアンチエイジングのためにはメラトニンをしっかり分泌させることが大切なのですが、メラトニンの分泌を正常に促すには、睡眠時間が重要になります。

睡眠不足でお肌の調子が悪くなることは多くの人が実感していることですが、実際、睡眠不足の美容への悪影響は実験によっても明らかになっています。イギリスのある寝具メーカーは、被験者を6時間睡眠と8時間睡眠を取る2つのグループに分けて、美容や精神状態にどのような影響が出るかを調べました。その結果、6時間睡眠を続けたグループは、わずか数日で8時間睡眠のグループよりもシワやシミが増加したそうです。また、肌の赤みも8時間睡眠のグループより増しました。さらには、精神状態にも大きな変化が表れ、6時間睡眠のグループは、8時間睡眠のグループよりも自尊心の低下や気分の落ち込みが見られたことがわかっています。

よく「適切な睡眠時間は何時間か?」といったことが論じられますが、実際は、適切な睡眠時間は個人差が大きいため、一概に何時間とは言えません。ただ、自分のベストの睡眠時間よりも実際の睡眠時間が短くなるほど美容や精神状態に悪影響を及ぼすことは、上記の実験からもおわかりいただけるのではないでしょうか。

美容の基本はお肌を健康に保つことです。その健康は睡眠によってもたらされるわけですから、もし睡眠に問題を抱えていると、いくら高価な化粧品やスキンケアアイテムを使っても根本的な改善には至らないことが明らかでしょう。もし最近お肌の調子が良くないと感じるのであれば、最近の睡眠時間を振り返ってみてください。寝不足が続いているという自覚があるなら、睡眠時間を延ばすだけでもお肌の感じが違ってくるはずです。

ここまで睡眠と美容の関係を見てきましたが、睡眠によって良い影響が及ぼされるのは美容面だけではありません。質の良い睡眠が肥満の防止にも役立つことをご存じでしょうか。これも実験で報告されたことですが、睡眠時間が短くなるほど、脂質や糖分を多く含む食べ物を食べたくなるとのことです。夜遅くまで活動しているとお腹が空くのは当然ですが、日中にお腹が空く時と比べてより太りやすい食べ物が欲しくなるわけです。また、早く寝れば夜食を食べることもなくなるので、単純に摂取カロリーの関係で肥満の予防になります。ダイエットに励んでいる方は、まずはご自身の睡眠を見直してみましょう。

質の良い睡眠には死亡リスクを下げる作用があることも知られています。上で述べたように、睡眠不足は肥満を引き起こしやすいわけですが、肥満になるとリスクが高まるのが糖尿病や高血圧の発症です。たとえば高血圧が脳卒中や心筋梗塞の原因になることはよく知られているように、睡眠不足から肥満につながり、その肥満が今度は死亡リスクの高い病気を引き起こすことがあります。ですので、美容や精神の健康はもちろんですが、肥満を防ぎ死亡リスクを下げるためにも、質の良い睡眠をしっかり取れるように努めてください。

とはいえ、努力だけではなかなか思うようにならないのが睡眠です。「努力して眠れるなら不眠症なんかで困らない」なんて方は少なくないのではないでしょうか。不眠症にはさまざまな原因が考えられ、ふだんの生活習慣が大きく関係しているので生活習慣の見直しが必要なのは確かですが、それでも改善しない場合は睡眠薬を検討するべき段階に入っています。

睡眠薬には入眠を促す働きがあります。不眠で困る人の多くはなかなか寝付けないことに悩んでいる方も多いはずです。睡眠薬で寝付きが良くなれば、それだけでも睡眠時間の確保につながるでしょう。しっかり睡眠時間が確保できるようになれば眠りの質も高まりやすくなるため、美容や精神状態への良い影響、さらには健康リスクの軽減などの良い効果が期待できます。自力で睡眠不足を改善できない場合は、ぜひ睡眠薬を試すことも考えてみてください。
睡眠薬を使用する前にチェックしておきたいこと
夜なかなか寝付けないことが続くと、睡眠薬という選択肢も検討することになるでしょう。しかし、これまで睡眠薬を一度も使ったことがない方の場合、誤ったイメージを抱いている可能性もありますし、そもそも効果があるものなのかと疑問に思っている場合も多いはずです。

そもそも何をもって不眠症と言うのでしょうか。その定義はともかく、日本人には不眠症で悩んでいる人が非常に多く、一説には国民病とも呼ばれています。ある調査によると、およそ5人に1人の人が自分の睡眠に何らかの問題を自覚しているとのことです。この傾向は年齢を重ねるほど顕著になり、60歳以上となると不眠症に悩む人が3人に1人もの高い割合になることが知られています。

そこで改めて不眠症の定義を確かめてみると、入眠障害や中途覚醒、また、寝付けても熟睡できないなどの睡眠に関する問題が1か月以上続いており、そのせいで起きている間の集中力や意欲の低下、倦怠感などが見られる状態であることとされています。1か月以上という期間がポイントですから、数日よく眠れないだけでは医学的に不眠症とはみなされないということです。実際、数日で改善するようなら、睡眠薬の力に頼る必要もないでしょう。

とはいえ、数日程度ならともかく、睡眠に問題を抱えたまま何週間も過ごしていると、日常生活にもさまざまな問題が起こってくるものです。こうなると睡眠薬も検討する段階ですが、その前に何が睡眠の問題になっているか原因に心当たりがあるかどうかをよく考えてみましょう。毎晩コーヒーをガブガブ飲んでいるようなら、コーヒーに含まれるカフェインの影響であることが明らかです。また、夜遅くまでパソコンやスマホのブルーライトを浴びていると、それが睡眠を阻害する原因となることもよく知られています。

このような例はわかりやすい方ですが、実際は、ふだんの生活習慣のなかで思わぬことが睡眠の邪魔をしていることもあるものです。それを見落としたまま睡眠薬に頼っても十分な効果が期待できませんから、まずはふだんの生活を見直し、一日のスケジュールがどうなっているかを確認しておきましょう。

生活習慣に直接睡眠を阻害するような要因が見当たらないようなら、いよいよ睡眠薬の検討を始めます。ただ、やみくもに購入する前に、睡眠薬と一般に言われるものには睡眠改善薬と睡眠導入剤という2つの種類があることに注意しましょう。睡眠改善薬とは、その名の通り睡眠を改善するためのもので、おもに一過性の不眠に対して用いられます。ドラッグストア等でも見つかるでしょう。一方の睡眠導入剤とは、それ以外の種類の睡眠薬のことです。ドラッグストア等では市販されていません。

一過性の不眠ならドラッグストアで購入できる睡眠改善薬で対応できますが、睡眠の問題が長期間続くようなら睡眠導入剤を検討するべきです。ただ、睡眠導入剤にも種類がいくつかあります。おもに薬の作用する時間によって種類が分かれており、作用する時間の短い方から、短時間作用型、中間作用型、そして、長時間作用型という分類です。どれもベンゾジアゼピン系の薬ですが、具体的な名前としてはデパスが短時間作用型、サイレースが中間作用型の睡眠導入剤としてよく知られています。

睡眠導入剤は作用する時間に合わせて選ぶことになりますが、服用する前に注意しておくべきことも事前に確認しておきましょう。特に作用時間の長い睡眠導入剤を服用して眠った場合、起きた後も十分に覚醒していないことがあります。そのため、眠気が続いたり、眠気のせいでふらついたり転倒したりといった危険性もありますので、その点はよく注意しておいてください。

また、睡眠以外にも健康に問題を抱えていて、そのための薬も服用しているという方はより注意が必要です。他の種類の薬と併用して睡眠導入剤を服用すると、副作用が強く表れる危険があります。ですので、自分で購入して服用する際は、パッケージや説明書の注意書きをよく読み、用法と用量をよく守って服用することを心がけてください。

睡眠薬は正しい方法で用いれば、睡眠の問題を解消して健康な生活をもたらしてくれます。ただ、生活のどこかに問題があって、それが不眠を引き起こしていたのだとしたら、睡眠薬で一時的に症状が改善したとしても、それはあくまで一時的なものであり、問題の根本解決とはなりません。睡眠薬で眠れるようになったからといって安心してしまわずに、ご自身の生活を振り返り、改善できるところはちゃんと改善するようにしましょう。

たとえば、お酒が好きな方によくありますが、寝る直前まで深酒していないでしょうか。アルコールは少量なら睡眠導入の働きをもたらしますが、量が過ぎると脳を覚醒させてしまいます。また、アルコールが体内に残っている状態で睡眠薬を服用すると、効果や副作用が強く表れるリスクも考えられます。不眠でお悩みならなるべくアルコールを避け、少なくとも夜遅くまで飲むことは控えるようにしてください。
睡眠による健康効果とサポートに用いられる睡眠薬について
上手く眠ることができない、しっかり寝ているはずなのに朝起きてもスッキリしない、そうした症状が見られる場合には、まず薬で治療を始めるよりも前に、生活習慣の見直しや睡眠時の環境改善を検討することでスムーズに眠りを導入ための対策を行うことが先決です。
しかしながら、それでも快適な睡眠を得ることができなかった場合には、我慢をせずに睡眠薬によるサポートをおすすめします。

日本人の平均睡眠時間は欧米と比較しても短く、男女ともに7時間半前後です。その上で5人に1人は何らかの睡眠時の不調や障害を抱えていると言われており、睡眠時間が短いだけではなくその質も問題視されています。
こうした睡眠不足は血圧の上昇や糖尿病の罹患リスクを高め、動脈硬化などの生活習慣病の要因になるともされているため、健康を意識して早めに布団に入ることを習慣づけようとするかたも少なくないでしょう。
しかし、睡眠時間が十分であれば休息もしっかり取れるとは言えないのが問題です。

睡眠はより深い眠りとなる「ノンレム睡眠」、浅い眠りとなる「レム睡眠」が一晩で4回から5回ほど繰り返されています。
ノンレム睡眠は脳下垂体からは骨格形成や疲労回復、細胞の修復やホルモンバランス調整に欠かすことができない成長ホルモンが多く分泌され、身体の調子を整える効果が見込める睡眠です。
疲れている時や前日の睡眠が不足している時にも回復のためにノンレム睡眠が出やすくなり、いつもよりもよく眠れることを自覚しているかたも少なくないでしょう。
この時、脳は休息状態に移行しますが、筋肉の活動は活発になるため、寝返りを打つのもこのタイミングです。
特に疲労が溜まっている部位を動かすことで回復が促され、熟睡することで心身ともにリフレッシュすることができます。
そんなノンレム睡眠の中でも、一番深い眠りについているのが1周目に訪れる90分間です。
スムーズな睡眠の導入こそ質のいい睡眠をとるポイントとされているのも、こうした理由があります。

もう1つのレム睡眠中は、逆に脳が活動し筋肉が休息を得ている状態で、夢を見るのもレム睡眠時です。
情報を整理して記憶として定着させる重要な時間で、脳の発達と精神安定を得るために必要でもあります。
覚醒が近づくとレム睡眠が増えていき、身体も温まって快適な朝を迎えることが可能。
双方の睡眠時間をバランスよく取り、ぐっすりと眠れたと満足感を覚えられるように、快適でな睡眠を得ることこそ健康維持に不可欠なのです。

単純に睡眠時間の不足を感じている場合には、なるべく長く布団に入っていられるように生活を改めること。
寝ているはずなのに疲れが取れない、スッキリとしないいう場合には、質のいい睡眠を取れるように工夫をすることをおすすめします。
就寝前の食事は3時間前には済ませておき、胃腸の活動が落ち着いてから寝るように心がけましょう。
なるべく身体を冷やさないように温かいものを食べ、軽いストレッチを行い、お風呂にも入って体温を上げることでスムーズな入眠を促せます。
放熱しようとして血管が開かれることで副交感神経が優位になるため、リラックスしやすいのです。
快眠をもたらす寝具にもこだわるの効果的です。

一方で、対策しているにも関わらずに入眠が困難であったり質が改善しない場合には、医師に相談をして睡眠薬の利用も検討してみてください。
睡眠薬にはいくつか種類がありますが、近年利用されているものの多くが鎮静型のべンゾジアゼピン系のものです。
こちらは脳の活動を鎮静させる効果があり、元々は抗不安薬として作られました。
同様の効果を得られるものには麻酔薬として開発されたバルビツール酸系もありますが、こちらは睡眠薬としては現在あまり使用されていません。

他にも、眠気自体が訪れにくいかたには、メラトニン受容体作動薬も使われています。
脳にある松果体という部位から発生し、体内時計を整えたり睡眠の誘発に深く関係しているホルモンであるメラトニン。
これが正常に作られなくなってしまうと不眠の症状が出るため、不足分を補うように同様の働きをする薬を利用することで改善を目指すことができます。

もう1つがオレキシン受容体拮抗薬です。
こちらは覚醒維持に関係する神経伝達物質、オレキシンの働きを抑えることで眠気を促す薬で、依存性が低いのが特徴になります。
近年でもどんどん眠りのメカニズム解明が進められており、個々の不眠の原因を細かく分類、特定した上でそれぞれの症状に合った薬が使われるようになってきました。
治療も際にもどういった症状が出ているのか入念なカウンセリングが行われていますし、薬の効果を十分に理解するだけではなく、同時に快適な睡眠を得るための工夫についても、専門家にアドバイスを受けて改善を試みることができます。
生きていく上では必ず取らなければならない睡眠だからこそ、バランスのいい睡眠サイクルを維持できるように、自分に合った対策を行っていきましょう。
一般的な睡眠薬の種類や仕組み、効果について
人間は、その生涯のうちの3分の1~4分の1を寝て過ごすという生き物で、睡眠は健康な体や精神を維持するためには必要不可欠なものです。
しかし、現代社会ではストレスなどでその睡眠が正しく行われないという方も増えていて、睡眠障害を解消する手助けとして眠剤・睡眠導入剤といったいわゆる睡眠薬を使用している方もいます。
正しく服用することで健康維持に大きな効果を発揮するこれらは、ただ一言に睡眠薬と言っても様々な種類・効能があるのです。

・睡眠薬の分類

睡眠薬は、その作用時間や薬の種類、作用メカニズムの違いから様々な種類に分類されています。
まず、作用時間による分類は次のようになっています。

1.超短時間型(半減期が2~4時間程度)
2.短時間型(半減期が6~12時間程度)
3.中時間型(半減期が12~24時間程度)
4.長時間型(半減期が24時間以上)

次に、薬の作用メカニズムによる違いでの分類は次の通りです。

1.非ベンゾジアゼピン系
2.ベンゾジアゼピン系
3.メラトニン受容体作動薬
4.オレキシン受容体拮抗薬
5.バルビツール酸系

これらの種類によって作用が違い、「脳の機能低下を誘発する作用」と「自然な眠気を強力にする作用」の2つがあります。
上記の5つのメカニズムのうち、脳の機能低下を誘発する作用を持つのがベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系の3つで、自然の眠気を強力にする作用が、メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬となっています。

・睡眠薬の商品名と一般名

睡眠薬と言えば、ハルシオンやマイスリーといったものが有名で、これらの名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。
これらは製薬会社から販売されている商品名で一般名とはまた別の名前なのですが、一般名としてはハルシオンはトリアゾラム、マイスリーは ゾルピデムとして知られています。
現在主に使用されている睡眠薬の一般名(商品名)は次の通りです。

ゾルピデム(マイスリー):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型
トリアゾラム(ハルシオン):ベンゾジアゼピン系・超短時間型
ゾピクロン(アモバン):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型

エスゾピクロン(ルネスタ):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型
ブロチゾラム(レンドルミン):ベンゾジアゼピン系・短時間型
ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール):ベンゾジアゼピン系・短時間型

リルマザホン(リスミー):ベンゾジアゼピン系・短時間型
フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース):ベンゾジアゼピン系・短時間型
ニトラゼパム(ベンザリン、ネルボン):ベンゾジアゼピン系・中間型

エスタゾラム(ユーロジン):ベンゾジアゼピン系・中間型
ニメタゼパム(エリミン):ベンゾジアゼピン系・中間型
クアゼパム(ドラール):ベンゾジアゼピン系・長時間型

フルラゼパム(ダルメート、ベノジール):ベンゾジアゼピン系・長時間型
ハロキサゾラム(ソメリン):ベンゾジアゼピン系・長時間型
ラメルテオン(ロゼレム):メラトニン受容体作動薬

メラトニン(メラトベル):メラトニン受容体作動薬
スボレキサント(ベルソムラ・デエビゴ):オレキシン受容体拮抗薬

・睡眠障害の症状と適した睡眠薬の選び方

睡眠障害にはいくつかの種類があって、それに合わせた睡眠薬を使用するのが効果的です。

超短時間型は、効果のピーク時間は1時間未満、効果自体は2~4時間程度とされています。
普段は睡眠障害が起きていない一過性の時や布団に入ってもなかなか寝付けないような入眠困難の時に利用するのが効果的です。

短時間型は、効果のピークが1~3時間、効果自体は6~10時間と続くため、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒の方などに適しています。

中間型は、効果のピークは短時間型と同じく1~3時間ですが、作用時間は20~24時間と倍以上となっています。
中途覚醒であったり、早朝に目覚めてしまって眠れなくなる早朝覚醒の方などに適していると言えるでしょう。

長時間型は、効果のピークは3~5時間、作用時間は24時間以上です。
中途覚醒や早朝覚醒、熟睡出来ない熟眠障害などに適していて、慢性的な睡眠障害が続く場合に利用するのが最適です。

・睡眠薬と睡眠の質の関係

睡眠には2種類あって、体は休んでいるが脳は起きているレム睡眠と脳も体も休んでいるノンレム睡眠の2種類があります。
ノンレム睡眠には4つの深度に分けられていて、睡眠薬の種類によってはこの睡眠の質が変わってきます。

一番多く使われているベンゾジアゼピン系は、浅い眠りを増やす効果があり、熟睡しづらくなる性質があります。
非ベンゾジアゼピン系は、レム睡眠や浅い睡眠には影響ありませんが、熟睡しやすくなる性質です。
オレキシン受容体拮抗薬は、レム睡眠を増やしつつ熟睡しやすくするといった性質があり、メラトニン受容体作動薬は自然な眠気を誘い、本来の睡眠の質に近づける性質があります。

・最後に

睡眠薬を効果的に使うためには、自身の睡眠障害の度合いや期間をしっかり把握して、それに合う物を選ばなくてはいけません。
上手に利用すれば睡眠の質を確保して健康に過ごす事が可能になりますので、利用の際にはどんな薬なのかを知った上で利用しましょう。
睡眠薬が効かない?正しい使い方とコツを教えて!
眠れないという事は、人間にとって一番辛いことかもしれません。現代社会では、色々なストレスに見舞われるので眠れなくて睡眠薬を使うという方も多いかもしれません。

睡眠薬は、上手に使えば睡眠をコントロール出来て日常生活を快活に送る手助けになるものなのでしっかりと使い方をコツを知ることも大切です。

今回は、睡眠薬が効かない場合の正しい使い方とコツをご紹介します。

まず一番大切なポイントは服用時間です。睡眠薬は、一番効果を発揮するのが服用後30~60分後なのでその時間に眠れる体制を整えて置くことが重要です。

それを逃してしまうと逆に睡魔が去ってしまい眠れない状態に陥ります。一旦睡眠薬を飲んでしまっているのでしばらくは飲めないので結局眠れないスパイラルに陥ってしまうのです。

そのため、この時間に寝るとまず決めてから睡眠薬を服用したらそのまま安全に眠れる体制の場所で横になりましょう。これをすることで体内リズムも整ってきて次第にこの体制になると眠くなるという身体の癖がついて来る場合もあります。

もう一つ、初めて睡眠薬を使う場合や今まで飲んだ事はあっても新しく少し効き目が強い物を使う時には効き目が強すぎて起きたい時間に起きられなくなる可能性や起きたとしてもふらついてしまう事があるので注意が必要です。

相談する必要がありますが睡眠薬を半量にして服用するなど慣れるまで調整する事でうまく活用できる場合が多いです。

先ほどお話しした睡眠薬が効きすぎてのふらつきにも初期は特に注意です。体質によって薬の効きには、個人差があります。服用後にふらつきにより眠れなくなる前に寝る場所に居る事が大切です。

そこらへんも注意ポイントになります。

そして、次に基本的な事ではありますがお薬の容量は守りましょう。睡眠薬の効きが弱いからと言って自己判断で増やしてしまう人がいますがこれは実はとても危険な事です。

前回大丈夫だったから今回も大丈夫という事でもなくその時の体調やコンディションによっては危険な状態になることもあります。


睡眠剤を使いたい時には、神経が高ぶっている事が多いのでリラックスしたいためにもお酒を飲む方もいるかもしれません。

もしかしたら、お酒で睡眠薬を服用する人もいるかもですがこれは、大変危険な行為なのでやらないでください。

基本的にお酒を飲むとリラックスして寝つきが良くなる場合もあるのですがその後の睡眠が長く続かないつまり途中覚醒する事が多いのです。

さらに、お酒の成分と睡眠剤の成分が合わさることで色々な意識障害やふらつきなどの影響が身体に出ることがあるのです。

そしてアルコール依存症になる可能性も高まるので一緒に飲むことは控えましょう。

ここまでは、睡眠薬を服用する時の注意点を挙げました。次に、睡眠薬を生活にうまく使うコツについてお伝えします。うまく使えば危険も無く逆に生活を楽にしてくれるので覚えておくと便利ですよ。

まず色々なタイプのものがあるのでご自分の生活パターンに合わせて主治医としっかり相談する事がうまく使うコツになります。

あなたが寝つきのみが悪いタイプでしたら本来は、超短時間型を使うのが推奨されますが服用する薬が長時間型だった場合は、あなたの生活にマッチしているとは言えません。

寝つきだけを良くしたいのに起きる時間になってもぼんやりが抜けない1日中ぼーっとしてしまいミスが多く起きるなんてことになれば社会生活に支障が出る場合もあるからです。

そのため、自分の使う睡眠剤をしっかりと選択する事が必要です。

使いはじめには、どんな効き目が出るか予想がつかない部分があるので出来れば翌日は予定のない日で眠気が取れなくても支障が無い日を実験日として設けておくと安心感から使い方の研究が出来ます。

睡眠剤を使う時に大事なのは、使う方の安心感でもあるのです。この薬を使えばしっかりと眠ることが出来るからと考えることも入眠にとてもいい影響を及ぼすからです。

いずれ自分のリズムで眠れるようになるためにも上手にお付き合いして自分なりの体質や薬の効果の現れ方を掴むことも大事なのです。

それでも何だか効き目が良くないと感じる場合、下記の様な事がないか考えてみてください。

昼間にカフェインや煙草を摂り過ぎている事は無いかです。カフェインや煙草には、ニコチンが含まれています。

ニコチンは、目を覚まさせる効果がありカフェインに弱い人が夕方にコーヒーを飲んだら夜眠れなくなったなんて話は良く聞きますが折角眠剤を飲んでもニコチンの効果で相殺されて効き目が出ないという事があるのです。

なので、思い当たる方は、カフェインや煙草を減らしてみると効果があらわれるかもしれません。

他にも、自分のリラックスする空間を作っておくことで入眠の気持ちが高まる事も知られています。アロマオイルや癒しの音楽を流してリラックスするという事も非常に効果的な場合があります。

人によって、リラックス効果は個人差があるので自分の効果的な方法をみつけるのも睡眠薬を上手に使うコツになります。
「睡眠薬の効果や睡眠健康について」
「睡眠薬の効果や睡眠健康について」詳しく解説していきたいと思いますので、参考になれば幸いと考えております。

「睡眠薬とは?」
睡眠薬とは簡単にわかりやすく説明すると「なかなか眠ることができない」「寝つきが悪い」と睡眠障害を抱えている方の、症状を改善するために用いられるのが睡眠薬です。
睡眠薬は大きく分けると2つに分類されます。

・「超短時間作用型」

この「超短時間作用型」というのは、寝つきをよくするための薬と考えてください。睡眠導入のためのお薬です。
この系統のお薬で眠ることができれば徐々にお薬の量を減らして、自然と眠ることができるようになります。

・「短時間、中間、長時間作用型」
「短時間、中間、長時間作用型」の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬に該当します。
このように短時間と中間、長時間と分類されており症状によって時間が長くなっていくのです。
このように睡眠薬の効いている時間が長い、=薬が強いということになってきます。

「短時間作用型の睡眠剤デパスの効果」
これは自分が体験したことなのですが、睡眠剤のデパスの効果を解説していきたいと思います。
あれは6年前の事です。この時の僕は中々眠りにつくことができずに悩んでおりました。
早く寝るようにしてもダメ、ストレスを溜めないようにしてもダメ、好きなものを食べてもダメという状態でした。
おかげで1日の睡眠時間が2時間や3時間。ひどい時は30分や1時間しか眠れないというものでした。この状態で仕事や生活をするものですから、仕事や生活の質は下がるばかりでした。

悩みに悩んでから、自分ではどうしようもないと判断してから、母親に悩みを相談しました。
悩みを相談したところ母親から、「不眠症じゃん。デパスでも使ってみたら?結構、症状は良くなると思うよ」と教えられて、デパスに関してネットで調べてからデパスを用意しました。
因みに母親も昔、睡眠障害を経験したらしくその時にデパスを使って症状が改善されて快眠できているとのことでした。
デパスは1日3回1錠ずつというものでした。この通り飲んでみたところ、精神的にもなんだか楽になりましたし、肩こりも少々ですが改善されました。
そして、睡眠に関しての効果ですが、その日の夜からすっと眠りにつくことができるようになったのです。
しかもきちんと8時間ガッツリと睡眠が取れるようになり、仕事面でもメンタル面でも生活が充実したものとなりました。
もちろんですが、睡眠がガッツリと8時間取れているので疲れというものがなくなり、アクティブに活動するようになりました。

デパスの他にもサイレースやマイスリー、何日も何時間も眠れないという人はコントミン等の睡眠薬(睡眠導入剤)が用いられるようです。
因みにコントミンは劇薬に分類されるようなので、特に用法用量を守るようにしてください。
このように軽い睡眠障害ならば短時間作用型のデパスを用いれば僕のように改善して、今ではデパスいらずで眠ることができるようになりました。
デパスは睡眠障害への効果のほかにも、向精神薬や肩こりに関しても効果があるとのことでした。
僕の場合ですが、デパスを使ってみて本当に良かったと思っております。
また睡眠障害に悩まされることがあれば、デパスを用いてみたいと思っております。

「睡眠健康について」
最後に睡眠健康について解説をしていきたと思います。
基本的に人間の1日の最適な睡眠時間は8時間とされております。しかしながら、加齢と共に睡眠時間が短くなるというのも事実のようです。
これは体内時計が加齢によって変化します。よって体温やホルモンが睡眠を支える機能が前倒しになるために、睡眠時間が短くなります。
各個人によって最適な睡眠時間というのは違ってくるというのも事実なのです。
よって1日8時間というのは目安であり、30代~40代だと約6時間~7時間。50代~60代となると約5時間~6時間という睡眠時間になります。
このように年齢によって睡眠時間の変動はあれど、睡眠時間をきちんと確保をして、質の高い睡眠を心掛けることで身体の健康は保たれます。

いつでもフレッシュでベストコンディションな状態の方は、質の良い睡眠をしていると考えて良さそうですね。
質の高い睡眠をとることで仕事面でのパフォーマンス等があがります。記憶力や処理力、感情のコントロール等も良くなるのです。
このように睡眠というのは我々の身体の健康を司る重要な役割を担っています。
あまりにも睡眠時間が短いと、身体の健康面にもメンタル面にも良い影響はありませんので注意したいところです。

高血圧になったりする方もいらっしゃるので気を付けましょう。
現在、睡眠障害等でお悩みの方がいればこの記事を参考にしていただきまして、必要であれば睡眠薬(睡眠導入剤)等を用いて睡眠障害と向き合い、徐々に睡眠障害を改善していきましょう。
必ず睡眠薬(睡眠導入剤)の用法用量は守りましょう。
睡眠障害や睡眠不足を上手に解決しながら、自分の身体の健康をコントロールして充実した日々を過ごせるようにしていきましょう。
睡眠薬の服用によって得られる健康
睡眠はある意味食事よりも大切な健康に関わる行動です。
人間の欲求のひとつとされていますが、睡眠時に脳が休まることによって脳内の不要な物質が除去されることが近年判明し、これはアルツハイマーとも大きな関係があるともされて医学界では大変な注目を集めています。
またアルツハイマー以外にも日々を生きていく上で疲労感を取り除く睡眠と言う行為は大変重要です。食事と違ってサプリメントで代用することはできません。

睡眠とはレム(急速眼球運動)睡眠という夢を見ている時の睡眠とノンレム睡眠といった種類がありますが、脳の不要な物質を除去するノンレム睡眠が大切と言われています。
ノンレム睡眠とは端的に言えば「ああ、よく眠った」という気持ちの良い目覚めを迎えた時はノンレム睡眠を取れていますし、眠り足りない等翌朝の疲労感が残っている時はほとんどノンレム睡眠を取れていません。
そして睡眠障害になるとこのレム睡眠とノンレム睡眠がごちゃごちゃになる、ほとんど眠れなくなる等してノンレム睡眠によって脳の不要な物質を除去することが出来なくなってしまいます。
そうすると睡眠負債と近年呼ばれているものがどんどん溜まってしまい、生活における質(QOL)が極端に下がってしまいます。
それによって日常生活に支障をきたしてしまう恐れがある恐ろしい病気なのです。

場合によっては睡眠障害由来の事故なども起こる可能性があります。
そしてそれはストレスの多い現代社会で生きる私たちには大変身近な病気でもあり、決して他人事ではありません。
特に睡眠負債といわれる睡眠の借金は、日本では年々増加傾向にあるとされ危惧されています。
そこで薬を服用して眠気を誘い十分な睡眠を摂る必要があるのです。

薬で眠るなんて不自然という見方もありますが、上記のように睡眠負債を貯めてしまうことの方がより不自然で危険です。
どうしても自力で眠れることが出来ないなら薬を飲むということは不自然ではありません。
頭痛のある人が頭痛薬を服用したり、花粉症の人が抗ヒスタミン剤を服用することのように、睡眠障害で薬を服用することは全く持って自然なことなのです。
薬を服用する罪悪感や恐怖感を取り除くことも、睡眠障害の改善には大変重要なことです。

よく、運動不足で寝付けないのだから本当に疲れたら泥のように眠れるはずだといった意見もありますが、これは全くの誤解です。
どんなに運動をしたりフルで仕事をしても発症する時には発症してしまうのです。
その睡眠不足の状態でそれらのような仕事を続けることはあまりにも酷で本人にしか分からないつらさという孤独に近い病気でもあります。
そしてその心理的ストレスによってより睡眠障害を悪化させてしまう可能性もあります。

そもそも睡眠障害と言うと不眠症といった全く眠れないイメージがありますが、それだけではなく入眠することが困難になる、折角寝付いたのに夜中に目が覚めてしまう、早朝に目が覚めてしまいそのまま寝付くことが出来ずに朝を迎えてしまうなど、多岐に渡ります。
そのため自分の症状はどのようなものか、一口に「自分は不眠症だ、睡眠障害だ」と言わずにどんな症状なのかを自分なりに分析する必要があります。

睡眠障害は、そのそれぞれの症状にあった睡眠薬を飲まないと症状を抑えることはできません。
睡眠障害には睡眠導入剤といった服用直後に急速に眠くなるタイプ、夜間や早朝に不必要に目が覚めないように徐々に一定の間隔で眠くなる長時間タイプなど、様々な症状に合わせた睡眠薬が発売されています。
また、薬の強さも精神安定剤に近いごく弱い物から麻酔前に服用するような強い物もあります。
症状によって強さや効果持続時間を厳選する必要があります。
特に入眠に時間がかかるタイプには睡眠導入剤と呼ばれるものがファーストチョイスとして処方される場合がほとんどです。

睡眠導入剤の場合は本当にすぐに効果が現れますので、寝る直前に服用することが大切です。
また持続性は無いため翌朝まで効果が残ってしまうというリスクもありません。
長時間タイプのものはその効果の持続時間が広範囲に渡りますが、それに合わせて効果時間も様々な薬が発売されていますので、自分のライフスタイルに合わせたものを服用しましょう。

前述した通り、睡眠障害の症状は人それぞれです。
また、ストレス社会である現代では誰しもが罹る可能性がある大変身近な病気でもあります。
万が一睡眠障害を発症してしまった場合には、自分の症状やライフスタイルに合った睡眠薬を選ぶようにしましょう。また、周囲に睡眠障害を発症している人がいる場合はその症状が治まるまで無知なことを言ったりせず、優しく気長に付き合うようにしましょう。
すぐに治るような病気ではありませんが、周囲の理解と温かい支えは症状を改善させる大きな手助けとなります。
睡眠障害は決して一人で抱え込むような悲しい病気ではありません。
睡眠薬のリスクも頭に入れておく
睡眠薬の多くは服用後30分から1時間程度で成分の血中濃度とても高まります。
そのタイミング逃してしまえば、結局寝つき悪くて、睡眠薬の効果得られなくなるケースがあります。
そして、血中濃度高まりは個人差ありますが、より速いタイミングで上がってしまうこともあります。
服用後にも活動してれば、軽い意識障害などが出てきて、転倒などリスクが高まります。

そして、睡眠薬は記憶障害が副作用で出たりして、服用後の活動の記憶がなくなってしまう問題も出かねないです。
なので、効果得るためには、こうしたトラブル避けるため就寝直前に服用してすぐ横になりましょう。
そして、就寝は大事なのですが、仮眠前、日常生活での就寝時間と異なるタイミングで服用しても望ましくないです。

仮眠前飲んだ時は、目覚めた後にも眠気残ることもあってとても危険で、通常23時に就寝される人が20時飲んだとしても、本来の体のリズムと事案るタイミングで無理やり入眠させることになりますから、眠気感じるもののねつけないといった状況になりかねないです。
そして、よく寝たいといった理由で用量を増やしたり追加したりしてはいけません。血中濃度の急激な高まりや薬によっては呼吸抑制を引き起こし死亡してしまうこともあります。
そうでなくても記憶障害が強く出てきて危険です。追加で飲むことで血中濃度高いまま維持されて、翌朝睡眠薬の影響がのこってしまうケースがあります。
さらに睡眠薬の一部は精神依存症などリスクもあり、一度量を増やせば減薬難しかったりします。睡眠薬は依存症があり、急に服用止めれば、かえって不眠症状出たり、不安つよくなってしまうことが起きたりします。
そして、薬減らしたいとき、心配事あれば、自分で判断するのでなく遠慮なく医師に相談して下さい。

また、睡眠薬の副作用気になれば、作用の穏やかな漢方薬を取り入れる方法があります。
即効性については西洋薬に劣りますが、体質改善され、体への負担少なく自然な形の睡眠改善効果を期待できます。
漢方薬は寝れない時飲むのでなく朝昼夜、定期的にしっかり飲むことが大事です。
しっかりのみ体の不調改善して眠りのサイクル取り戻し、不眠解消していきます。
症状により体質改善、即効性同時に得るため漢方薬、西洋薬の併用必要なこともおります。

漢方薬は市販されてるのがありますが、飲む種類など医師と相談して治療を進めていきましょう。
そして、漢方医学の考えについて、気の流れ滞り寝れない時、気の流れスムーズにする漢方薬、イライラして寝れない時は気分落ち着かせる漢方など不眠おこしてる原因に対して処方されます。
そして、精神的依存は寝れない恐怖から睡眠薬服用しないことが考えられないようになって、不安を感じて服薬してしまいます。
身体的依存は一部の睡眠薬の効能が脳神経に作用して、常に神経刺激続ければ、その状況が普通となって、やがて同じ量では効果弱まることから服薬止められなくなることを指します。

身体的依存状態になれば、今までの量で効果弱くて、1回用量が増え、服薬頻度が増します。
この状況で怖いのは副作用です。食欲不振や頭痛などあります。
依存を伏せずには必ず気絵mられた量を服薬しましょう。医師、薬剤師から薬もらうとき、ほかに飲んでる薬などあれば、その情報をしっかり伝えて、飲み合わせを確認してもらいましょう。

睡眠薬は飲み合わせの悪い薬剤が多くあって、飲み合わせの相性が悪いと予想してた効果増減してしまうケースがあります。
そして、睡眠薬は急激に服薬中止すれば、以前より症状悪化してしまいます。
自己判断での中止しないで、医師の指示を仰いで下さい。
中止するなら、通常徐々に量減らす方法が取られ、1~2週間かけ睡眠状況チェックして量を減らしましょう。
そして、睡眠剤の効果見られるのは大体服用後30~60分後となります。

はやくきいてもらいたいと何時間も前に飲んでしまっても自分が寝たい時間より薬きくピーク速く来てしまって、眠れないことがあります。
睡眠剤飲んで、動いてれば、せっかく効き目出てきても眠気が飛んでしまいます。
テレビなど見ないで、飲んだら横になってください。
そして自分本来の生活パターンを考えて、いつも寝る時間にあわせ睡眠剤の見ましょう。
きかないといって一度にたくさん飲んだりするのは避けて下さい。ふらつき出たり、次の日ひどく眠気残ったりします。
飲んで1~2時間がこうかよく出る時間であり、その時間まで効き目出るの待って下さい。
そしてお酒一緒に飲めばふらつきなど出てしまうことがあります。
かえってな無理も浅くなって睡眠の質が悪くなります。
お酒はかなり依存性が強くて、睡眠剤のかわりに使えば、癖になってどんどん量が増えていきます。
コーヒーに含まれるカフェイン、たばこに含まれてるニコチンは脳にとって刺激物で眠り妨げる効果があります。
夕方以降お茶などは控えてください。
睡眠薬で快眠を目指す
誰にとっても大切なことが、毎日の睡眠です。
もし、睡眠時間がかなり短ければ、身体に大きな悪影響を及ぼし、病気を招く可能性が高まります。
そのため、私たちにとって非常に重要なのが睡眠です。
しかし、中にはなかなか眠ることができず、毎日の睡眠が快適でないという人や、疲れているにもかかわらず、眠るまでにかなりの時間がかかるという人も少なくありません。
その場合、睡眠薬の力に頼ってみるのもおすすめです。
睡眠薬を摂取することでぐっすりと眠れる可能性が高まるため、なかなか眠りにつけない人であれば、試してみる価値があるでしょう。

やはり、睡眠をしっかりと取らなければ疲れを取り除くことが難しいですし、身体のことを考えても悪影響が非常に多いです。
そのために、そのようなことがないように、睡眠薬を飲んで快眠となるようにするのも方法になります。
睡眠時間は私たちの健康にかなり大切なので、1日に7時間は睡眠を取れるようにするのが理想です。
できるだけ日付が変わるころには睡眠を取るようにし、翌朝7時には起床できるようにしてください。
毎日の規則正しい生活こそが生活バランスを改善させ、快眠へとつながるのです。その結果、仕事がうまくいくようになったり、身体の快調へとつながっていきます。

もし、睡眠時間について悩んでいるのであれば、睡眠薬を摂取し、快眠となるようにしてみてはいかがでしょうか?
睡眠時間が1日3時間前後しかないという方も少なからずいますが、それだと身体に良くありません。
そのために、最低でも5時間以上は睡眠に充てられるようにしてください。
多くの人たちが経験する睡眠不足ですが、そのような睡眠不足で悩んでいるときには睡眠薬を活用することにより、悩みを解決できる可能性が高いです。
やはり、人間にとって大きな役割を果たす睡眠なので、寝ないというのはデメリットが大きいのです。
しっかりと眠れるように、睡眠薬を使って快眠となるようにしましょう。

そうすることで、身体に良い効果をもたらすでしょう。いくら仕事が忙しくて徹夜が続いたとしても、睡眠時間を削るというのはリスクが高いのです。
そこで、睡眠時間をちゃんと確保できるように、睡眠薬を飲んでぐっすりと眠れるようにしてください。
寝不足の人に多いのが、目の下にくまを作り、それが他の人にわかってしまうことです。
目の下にくまがあると表情が暗く見えるなど、何かとマイナスなことが多くあります。
第一印象を悪くしてしまうことも考えられるために、そのようなことがないように、十分に睡眠を取ることが必要です。

もちろん、寝すぎるのは良くありませんが、それでも寝ないよりはマシです。
理想として1日に7時間の睡眠を取り、眠れない場合は睡眠薬を摂取してください。
そうすることで、あなたに良い影響をもたらしてくれる可能性が高くなるのです。
不眠障害という言葉もあるように、悩み、心配事があって眠るのが難しいケースもありますが、その場合も睡眠薬を摂取することで、悩みを解決できるかもしれません。
睡眠のことで悩んでいるのはあなただけではありませんし、睡眠薬に頼ってみるのも方法です。
しっかりと眠ることができれば気持ちの面でも全然違い、さらには、身体も楽になります。
睡眠時間が少なければその分だけ身体に負担をかけてしまうのです。

病気の予防にもつながるのが睡眠のため、毎日しっかりと眠るというのは非常に大切です。
あまり無理をせずに、十分な睡眠を取れるようにするのがベストでしょう。
中には、自分は寝なくても平気という方もいるでしょうが、若いころはそれで平気でも、年齢を重ねてくると悪影響が出てくる確率が高いです。
そのこともあり、睡眠時間を削らず、毎日ちゃんと7時間寝るのが理想です。
そのほうが脳にとっても良いため、勉強や仕事が捗ります。
やる気のアップにもなるために、日々の睡眠はとても大事です。
あなたが睡眠不足で悩んでいる場合、睡眠薬を摂取し、快適に眠れるようにしてはいかがでしょうか。
世の中にまったく寝ない人は存在しないため、いくら寝るのは嫌でも必ず睡眠を取る必要性があります。

しかし、眠れなくて悩んでいる人も大勢います。
そこで、睡眠薬を飲んでその悩みを解決できるようにしてください。
寝ることで気持ちがリラックスできたり、身体の疲れを取り除くことができたりと、何かとメリットがあります。
あなたが疲れやすい体質なのは、それは日頃の睡眠に問題があるのかもしれません。
なので、睡眠の質を向上させ、疲れが取れやすい体質にすることが大切です。
睡眠薬を使うことで、そのような疲れが取れやすい体質になることも考えられるために、使ってみる価値があります。
毎日たっぷりと眠れるように、あなたも睡眠薬を有効的に活用してみましょう。
毎日7時間眠れるように、睡眠薬を摂取し、快眠を目指してください。人間にとって睡眠はかなり大きな役割を果たすのです。
睡眠薬の効果や睡眠と健康の関係
睡眠薬を使う目的はなかなか寝られなくて困っているときに眠れるようにするためで、睡眠導入剤と睡眠改善薬の2種類があります。
市販されている睡眠薬は睡眠改善薬のほうになり、睡眠導入剤は病院で処方をしてもらうことが必要です。
睡眠導入剤は作用する時間によって種類があり、超短時間作用型はすぐに寝れるようになりますが効果が出る時間は非常に短いです。
短時間や長時間になるとベンゾジアゼピン系になり、効果が出る時間が長くなります。
超短時間作用型は非ベンゾジアゼピン系で、マイスリーなどが該当し睡眠導入のために使われることが特徴です。
短時間作用型はデパス、中間作用型はサイレースがあり、効く時間が長くて作用が強くなっています。
ベンゾジアゼピン系は分子構造がベンゾジアゼピン骨格と呼ばれ、脳のベンゾジアゼピン受容体と結合して作用をする仕組みです。
脳内には抑制性の神経伝達物質であるGABAがあり、その働きを助けて落ち着いて眠れるようになります。

一方の非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン骨格がなく、ω1受容体のみに作用するためややマイルドで筋弛緩作用などになりにくいです。
以前の睡眠薬はバルビツール酸系が多く用いられてきましたが、現在では安全性が高いベンゾジアゼピン系または非ベンゾジアゼピン系が使われるようになっています。
超短時間作用のマイスリーは主成分としてゾルピデムが含まれ、寝付きが悪く入眠障害がある人向けで服用して15分から20分程度で効果を出せ依存性も少なく安全性が高いです。
短時間作用型のレンドルミンはブロチゾラムを主成分とし、ベンゾジアゼピン系で服用して15分から30分で眠気が出始めて効果と安全性の高さのバランスがあります。ハルシオンはマイスリーと同じく超短時間作用型ですが、トリアゾラムを主成分として使っています。
ただし、依存性が高くなるため、マイスリーと比べるとあまり使われていないことが特徴です。

服用の仕方は単剤で飲むことが多いですが、複数の睡眠障害があれば複数の種類を同時に内服することもあります。
また、医師の処方をした容量を守っていれば毎日飲んでも大丈夫ですが、自己判断をしたり市販のものを続けて服用しないようにすることが大事です。
不眠症で悩んでいるときは薬以外に睡眠サプリメントもあり、タイプ別にケアできて安心して使えます。
効果は抗不安薬や精神安定剤としての作用を併せ持つものも多く、不安を和らげて精神を安定させることができます。
睡眠薬を服用するときは効果が出ない場合には種類や量を増やしても逆効果になり、医師と相談してから指示されたとおりにする必要があります。
また、睡眠薬の効果がまったく出ないときは医師と相談し、同じ作用や効果の薬を併用すると耐性が形成されるためよく考えることが大事です。
お酒と一緒に飲む方法はお互いの作用を増強するため睡眠にはマイナスになり、眠りが浅くなったり利尿作用があって何度も起きることになります。
また、薬が効いて眠れるようになった場合は途中で辞めるtリバウンドが起き、急に眠れなくなるため注意が必要です。

睡眠は不足したり質が低くなると生活習慣病になりやすく、しないように注意する必要があります。
生活習慣病は高血圧や糖尿病、動脈硬化などがあり、睡眠障害があればなりやすく避けるようにすることが大事です。
睡眠は時間が長ければ必ずしも健康になれるわけでなく、質を高めるようにしないと逆効果になります。
睡眠のメカニズムは深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を繰り返し、基本的に一晩でそれぞれ4~5回繰り返す仕組みです。
レム睡眠は脳が活動しているため夢を見ているため、寝入ってからノンレム睡眠までの時間を短くすれば脳や体を休ませることができます。

成長ホルモンは寝入ってから2~3時間後に分泌され、成長を促進させることだけでなく細胞の修復や疲労回復にも役立っていることが特徴です。
ターンオーバーは成長ホルモンによって行われますが、明け方になるとコルチゾールに代わり体内の脂肪をエネルギーに変えて体が目覚めます。
このため、睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されず、逆にコルチゾールの分泌が高くなり肌のコンディションが良くないと感じやすくなる仕組みです。
人間には体内時計があり1日の24時間とズレているため、睡眠にも影響が出ると言われています。
このため、きちんとリセットできるよう朝起きたら太陽の光を浴び親時計を目覚めさせ、朝食を摂って体の奥深くにある子時計を目覚めさせることが大事です。
その後は、睡眠や入浴、食事などを計画的に行い、1日のリズムを作るようにすると効果があります。
食事は就寝の3時間前に済ませるようにすると胃腸を休めてから寝入ることができ、体を温めるようにすると効果的です。
入浴はシャワーで済ませずに40度程度のぬるま湯にゆっくり浸かり、リラックスした状態にすると寝付きが良くなって健康な体を作れます。

睡眠薬のレビュー ★★★★★ (25)



配送される小包の荷姿 配送される小包の荷姿


★国際ペリカン便の荷姿の例


厚紙の梱包紙です



品名はアルファベットの記号集

・国際ペリカン便は、厚紙の梱包紙が多く使われます。

・品名はアルファベットや数字の記号となっています。

・医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございません。

・個人輸入で通関にて検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名へ変更を承ることはできません。


★国際書留便の荷姿の例


小さな段ボール箱です。



品名は「Supplement」と記載されてます

・小さな段ボールで届きます。

・品名は「Supplemen」となっています。

・医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございませんので、ご安心ください。。

・個人輸入で通関にて検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名へ変更を承ることはできません。


★インドからの荷姿の例


クッション付きの封筒です。



品名は「health Product」と記載

・インドからのEMS便、RAM便は、クッション付きの封筒が多く使われます。

・インドからのEMS便、RAM便は、クッション付きの封筒が多く使われます。・品名は「health Product」となっています。

・医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございません。

・税関検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名への変更することは出来ません。


NEWS 新着情報
2020/11/28
タイ発送のお休み
以下の日、タイ発送は休業いたします。
12月10日

年末年始
12月26日-1月4日
2020/09/25
タイ発送のお休み
以下の日はタイ国の休日で、タイ発送は休業いたします。
10月13日
10月23日
10月24日
2020/09/03
タイ発送のお休み
以下の日はタイ国の休日で、タイ発送は休業いたします。
9月4-7日
2020/08/18
続報⑥、 タイ発送
お待たせしました。
タイ発送が再開されました!

しかし。
コロナウィルスの影響で、全世界的に発送国内の陸路、発送国外への航空便が、大幅に遅れているようです。

通常、発送メール通知から、1~2週間で配達ですが。
現在、発送メール通知から、5~7週間かかってしまうようです。
(追跡表示まで、4~5週間)

急に状況が変わることが多々あります
当方では、どうにも出来ない事案でして。
2020/07/30
続報④、インド発送
インドの郵便局からの発送が全面、ストップしてしまいました。
その為、インド→シンガポール経由で発送いたします。
(追跡番号アリ)

発送メール通知から、5~7週間で配達されます。
(追跡表示まで、3~4週間)
2020/07/27
続報⑤、タイ発送
お待たせしました。
タイ郵便によりますと、8月17日よりタイから日本への航空郵便取り扱いが再開する予定だそうです。

しかし、タイの場合、再開の中止 & 再開時期の延期など多々ございます。
油断は出来ません。
2020/07/17
続報④、タイ発送
航空便再開予定が延期されました。
9月上旬~、航空便再開予定
(延期の可能性アリ)

日本→タイ の航空便は再開されましたが、タイ→日本 への航空便は、ストップしています。

タイ→日本は。
一部、企業案件など、ハードディスク・機械製品メインが再開されましたが、一般(個人)は、まだ無理なようです。
2020/06/29
続報③、タイ発送
航空便再開予定が延期されました。
8月上旬~、航空便再開予定
(延期の可能性アリ)

JAL など、タイ→日本の旅客機を貨物専用にして再開されましたが。
企業案件などの、ハードディスクなど機械製品がメインなので、一般(個人)は、まだ無理なようです。
2020/06/19
続報③、インド発送
全ての商品では無いですが、多数の商品のインド発送が再開されました。
2020/06/04
続報②、タイ発送
7月上旬~、航空便再開予定
(延長の可能性アリ)

JAL など、タイ→日本の旅客機を貨物専用にして再開されましたが。
企業案件などの、ハードディスクなど機械製品がメインなので、一般(個人)は、まだ無理なようです。
2020/06/04
続報②、インド発送
6/8~、段階的に解除予定
航空便は、7月上旬~中旬頃にかけて再開の予想
(延長の可能性アリ)

インド製品の発送は、航空便再開後に順次発送いたします。
インド製品でも、シンガポール・台湾などから発送出来るものも多々ございます。
(お問い合わせください)
2020/05/18
続報、インド発送
インドのロックダウンが、~5/31まで延長されました。
(更に延長の可能性アリ)

インド製品の発送は、ロックダウン解除後に順次発送いたします。
インド製品でも、シンガポールから発送出来るものも多々ございます。
(お問い合わせください)
2020/05/18
続報、タイ発送
タイへの国際旅客便の飛行禁止期間を2020年6月30日まで延長になりました。
それに伴い、タイ商品発送も、遅くて、7/1~になると思われます。

※韓国などいくつかの国への郵便が再開しましたので、7/1 より早く再開できるかもしれません。
(まったく状況が分かりません)

日本自体は、どの国からも荷物到着は可能ですが。
おそらく....タイ郵便局は飛行機を持っておりません。

ですので荷物は、旅客機と一緒に出荷されます。
タイの旅客機が日本に出航してないのが原因と思われます。
2020/04/12
配達の大幅な遅れ
コロナウィルスの影響で、全世界的に航空便が、大幅に遅れています。

通常、発送メール通知から、1~2週間で配達ですが。
現在、3~5週間かかってしまうようです。
(追跡表示まで、3~4週間)

急に状況が変わることが多々あります
2020/03/26
タイ発送停止について
3/26~ コロナウィルスの関係で、全ての航空便がストップしました。
ロックダウン解除後、順次発送いたします。
2020/03/23
インド発送停止について
コロナウィルスの影響で、インド発送は、
3月22日~すべてのフライトはキャンセルされ、税関、郵便局、ほとんどの機関と会社は営業しません。
インド製品の発送は、ロックダウン解除後に順次発送いたします。

インド製品でも、シンガポールから発送出来るものもございます。
2020/01/22
サイト、リニューアルしました!

カテゴリ一覧

ページトップへ
睡眠薬通販&薬の通販・テジャスメディシン(旧:テジャスファーマ) のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。