検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

おすすめ商品
検索&商品カテゴリー
睡眠薬と睡眠健康について
2021/11/30
睡眠薬と睡眠改善薬との違いは?毎日飲んではだめなのか?
夜眠れないと、とても辛いものです。1年のうちに数回、全然寝付けないということは誰もが経験しているでしょう。夜に眠れないと、何度も時計を見てしまったり、時間の経過がとても長く感じてしまったり、寝ないといけないと焦ってしまうものです。これが年に1~2回程度で、他は気持ちよく眠れているのであれば特に問題はないのですが、毎日こんな状態で全く寝た気がしないというような場合は、薬を使って眠るようにした方が良いかもしれません。

自分は不眠症ではないだろうか、と悩んでいる人は意外と多く、不眠症は日本人の国民病だと言われています。年齢が上がると特に増え、60歳を超えると、約3人に1人が不眠症で悩んでいると言われているのです。不眠症というのは、入眠障害や熟眠困難、そして中途覚醒といった睡眠時の問題が1ヶ月以上続き、日中の生活に支障をきたし、倦怠感や集中力、食欲低下などがある状態です。ここで出てきた入眠障害、熟眠困難、中途覚醒という言葉ですが、入眠障害は布団に入ってもなかなか眠れない状態、熟眠困難は睡眠時間は十分あるのだけれど、本人は十分寝たとは思っていない状態、中途覚醒は眠りが浅く、途中で何度も目を覚ましてしまう状態を指しています。

先ほども述べたように、誰もが全然寝付けなかったという経験をしていますが、ほとんどの場合、翌日には眠れているので問題はありません。これが不眠症の場合は毎日続き、体の具合も悪くなってくるのです。

不眠症の原因はいくつか考えられます。生活リズムが乱れたり、大きなストレスがあったり、環境が変化したり、眠れなくなるような薬を飲んだり、などです。通常であれば、これらの原因が改善されれば不眠もなくなるのですが、もしも身体や心に何らかの病気があれば、不眠症は改善されません。病気があるかどうかは医師の診察が必要となります。

睡眠薬と一括りにされがちですが、これは睡眠導入剤と睡眠改善薬に分けられます。テレビCMでよく見る「ドリエル」などは睡眠改善薬で、ドラッグストアで誰でも購入できます。睡眠改善薬とは、一時的な不眠に対して使用するもので、アレルギー性鼻炎などで使われる抗ヒスタミン剤の副作用(眠気が起こる)を活用したものです。花粉症の薬を飲むと眠くなる人は、よく効くかもしれません。それに対して、睡眠導入剤は市販されていない薬です。一般的に「睡眠薬」というと、睡眠導入剤の方を指します。

睡眠薬は、超短時間作用型、短時間作用型と中間作用型、そして長期作用型に分けられます。超短時間作用型は効いている時間が短いため、睡眠導入のために使われます。さらに、短時間作用型、中間作用型、長期作用型の順で、作用する時間がどんどん長くなります。効いている時間が長いということは、それだけ強い薬であると理解しましょう。

睡眠薬を使うと「薬がないと眠れなくなるのではないか」「副作用がきつく出るのではないか」と不安に感じる人は多いです。離脱症状や依存性があるのではないかが心配になります。基本的に用法、用量を守れば心配はないのですが、自分で勝手に量を増減したり、市販の睡眠改善薬を毎日飲み続けたりすることは避けた方が良いでしょう。

不眠で悩んでいるのであれば、普段の生活習慣を見直してみましょう。眠れないからと、寝る前にお酒を飲んでいませんか。寝る前の飲酒は、入眠しやすくなりますが、途中で覚醒することが多く、質の良い睡眠が得られません。

また、休みの日に「寝だめ」をするのも良くないです。睡眠のリズムが狂いますので、できるだけ毎日、同じ時間に寝て起きるのがおすすめです。夜にあまり眠れないと昼間に眠くなることがありますが、昼寝を長くすると夜に眠れなくなります。

睡眠薬を試してみたいけれど、ちょっと不安だという人は、睡眠改善のサプリメントから始めてみると良いかもしれません。サプリメントなら市販されていますので、手軽に買うことができます。

それでもあまり良い効果が得られない場合は、睡眠薬を検討してみましょう。海外の薬を個人輸入する形で、通販で購入することができます。いろんな種類の睡眠薬を販売しており、自分に合ったものが見つかるかもしれません。買ったものが自分に合うかどうかはわからないので、まずは最小数を購入するようにして試すと良いでしょう。用法、用量を守り、副作用についても理解した上で使用するようにしてください。

自分に合った睡眠薬が見つかると、気持ちよく眠れて、目覚めもスッキリします。睡眠がこんなに重要なものだったのかと思えるくらい、ぐっすり眠ると体調も良くなることでしょう。睡眠薬を使ってぐっすり眠れるようになれば、徐々に薬を減らしていくことで、最終的には薬なしでもぐっすり眠れるようになります。睡眠薬を使うことにやや不安を感じている人もいるかもしれませんが、用法、用量を守って使えば生活の質が向上する良いものになるのです。
2021/11/27
睡眠の質と睡眠薬に関する誤った情報について
質の良い睡眠は、私たち人間の身体や心の健康維持には欠かせないものです。そのため、まずは自分自身の睡眠の質をチェックしてみることが大切になります。質の良い睡眠とは、日中に眠気を感じることがなく十分な睡眠時間を確保できていること、朝の目覚めがスッキリとしていてスムーズに行動を始められること、そして途中で覚醒することなく朝までぐっすりと熟睡できている状態のことです。これらの条件のうち、1つでも該当しないものがあれば、現在の睡眠の質は良好でないと言えるでしょう。

質の良い睡眠を手に入れるには、規則正しい生活を送ることが何よりも重要です。特に、就寝時間と起床時間は、可能な限り毎日同じ時間に設定した方が良いでしょう。そうすることで、体内リズムが一定になり、睡眠以外にも様々な生活の質を向上させる効果が期待できます。また、より正確に体内リズムを刻むためにも、起床時は必ず朝日を浴びるようにしましょう。

次に重要なのが、適度な運動です。これは、寝付きが悪いという方に特に実践していただきたい方法です。無理に激しい運動を取り入れる必要はなく、散歩や軽いランニングなど、気軽に行うことのできるものでも十分に効果を感じることができるでしょう。夕方から夜にかけての時間に行うのがポイントです。ただし、寝る直前などに行ってしまうと逆効果になってしまうので、就寝時間の3時間前には終了するようにしましょう。

3つ目は入浴です。入浴で体温を一時的に上げることによって、就寝時に深い睡眠へいざなう効果が期待できます。おすすめは、約40度のお湯に身体の半分だけ浸かる半身浴です。時間は20分から30分が良いでしょう。肩まで浸かってしまうと、逆に身体に負担がかかり、疲れてしまうので、長時間湯船に浸かる際は、半身浴にしましょう。

4つ目はお昼寝です。どうしても午後に眠気がきてしまうという方は、その際に15分間の短い睡眠をとることで、夜の睡眠の質を向上させることができます。ただし、この時に長時間寝てしまうと、夜の睡眠時に寝付きが悪くなってしまうので、注意が必要です。

以上のような睡眠の質を上げる方法を実践したとしても、なかなか睡眠の質が上がらないという場合もあると思います。特に、眠りたいと思っているのに眠れないという状況は、自分の力ではどうすることもできないものです。そういった状況になってしまった際、強い味方になってくれるのが睡眠薬です。睡眠薬は眠りへと導く効果のある薬で、不眠症の治療などにも用いられるものです。睡眠薬と聞くと、なんとなく怖い薬であるというイメージを持っている人がたくさんいますが、それは真実ではありません。

多くの方が心配している依存性について、睡眠薬は1度使用してしまうと、一生飲み続けなければならなくなると思われがちですが、それは間違った情報です。きちんと正しい用法用量で使用すれば、眠れるようになったら然るべきタイミングで服用をやめることができます。また、お薬の服用量に関しても同様です。睡眠薬は飲み続けると効果がなくなり、飲まなければいけない量が増えると思われがちですが、そんなことはありません。現在取り扱われている睡眠薬は、昔に比べると性能が良くなっているので、効き目が弱くなるということはありません。用法用量を守らずに使用するということがない限り、身体が害されることはありませんので、偏った情報に惑わされないようにしましょう。

睡眠薬の副作用は他の薬よりも強いという情報もありますが、こちらの情報も誤りです。一般的に、どのお薬にも副作用が現れるリスクは存在します。睡眠薬の主な副作用は、眠気、頭痛、倦怠感、集中力の低下などです。これらの副作用は花粉症の薬などにも見られる一般的なものであるため、極度に心配する必要はありません。特に、最近の睡眠薬は安全性が高いので、安心して使用することができます。

また、睡眠薬の代わりにお酒を飲めば良いという話もありますが、それは逆に、睡眠の質を低下させる悪い習慣です。確かに、飲酒をすると眠くなります。しかし、お酒には利尿作用があるため、夜中にトイレのために起きてしまうこともありますし、深酒をしてしまうと、中途覚醒などの睡眠障害を発症するリスクが高まってしまいます。お酒は睡眠薬の代わりにはならないので、そういった目的で飲酒することはやめましょう。

このように、みなさんが思っているよりも、睡眠薬は恐ろしいものではありません。せっかく寝付きの悪さや不眠に効果的な薬があるのに、間違った情報によって使用を避けてしまうのは得策ではありません。なぜならば、睡眠の質が低い状態のままになってしまうと、身体だけでなく、心の健康も損なわれる可能性があるからです。特に、眠りたいのに眠れないというのは、かなりストレスを感じる状態であると言えます。そういった状態から早く開放されるためにも、1度睡眠薬を試してみましょう。自分の力でどうにもならないときこそ、こうした薬の力に頼ることも大切なのです。
2021/11/19
睡眠と心の健康の関係について
私たちの身体は、食事と同様に、睡眠をとることを必須としています。疲労回復効果など、睡眠の役割は身体の健康維持には欠かせないものであるという認識は広まっています。しかし、睡眠は身体だけではなく、心の疲れを癒やすためにも重要な役割を果たしているのです。睡眠の持つ役割はたくさんありますが、その中でも心と深い関係のあるものが3つあります。

1つ目は脳の休息です。人間の脳は、起きている間中、耳や目を通して、常にさまざまな情報を入手し、整理しています。そのため、長時間使い続けるとヒートアップしてしまい、処理速度が落ちてしまいます。それを防ぐために、睡眠によって外部の刺激を遮断し、脳を休ませるのです。睡眠不足が続くと思考力が低下するのは、正しく脳の休息が行われていないからなのです。

2つ目は集中力と作業効率の維持です。睡眠は気力を回復させる役割も担っています。質の良い睡眠をとることができれば、気力が十分に身体に満ちて集中力ややる気がアップします。必然的に作業効率も上がるため、特に集中したいことがあるときほど、しっかりと睡眠をとることが大切なのです。

3つ目はストレス解消です。睡眠には、身体をストレスを溜め込みにくい状態にするという役割があります。睡眠不足が続いてしまうと、ストレスが溜まりやすい状態に陥ってしまい、ちょっとのことでイライラしたり、悲観したりするようになってしまいます。

このように、睡眠の役割を見るだけでも、心の健康と大きく関係していることがよくわかります。最近では不眠と心の病の関連についての研究が盛んに行われており、睡眠が心の健康の維持には不可欠であるという研究結果が次々と報告されてるのです。

その研究の1つに、睡眠不足とうつ病の発症率に関するものがあります。その研究によれば、睡眠不足によって不眠の状態が継続してしまうと、3年以内にうつ病を発症するリスクが、きちんと睡眠時間を確保している人に比べて、4倍も高まってしまうとされています。さらに、不眠状態が1年以上継続している人は、40倍のリスクを抱えることになるという研究結果もあります。この研究は、睡眠不足や不眠の状態がうつ病発症のトリガーになるということを示しています。

また、別の研究では、うつ病の再発リスクと睡眠の関係について調査したものもあります。その調査結果によると、うつ病がある程度改善したとしても、不眠状態が解消されない限り、再発するリスクが高くなってしまうそうです。この結果は、睡眠が担う心の健康維持の役割が不眠によってきちんと果たされないことの証明に他なりません。うつ病の予防には、きちんと睡眠をとることが大切なのです。

きちんと睡眠をとると言っても、睡眠をコントロールするのは難しく、寝たいのに眠れないという状況に陥ってしまうことも少なくありません。そういったときに強い味方になってくれるのが睡眠薬です。睡眠薬は睡眠を誘発させる効果のある薬で、最近では睡眠導入剤とも言われています。効果が高い薬であるゆえに、1度飲んだらやめることができなくなるという噂もありますが、決してそんなことはありません。きちんと眠りのサイクルを確立することができれば、自分の意思でやめることができます。あくまで、正しい睡眠サイクルを獲得するためのきっかけとして使用するだけですので、睡眠薬はみなさんが思っているほど怖い薬ではないのです。

ひと口に睡眠薬と言っても、サプリメントと医薬品に大別することができます。この2つの違いは効果の強さです。サプリメントの方が医薬品と比べると効果が弱く、即効性に欠けるという性質があります。しかし、医薬品よりも副作用のリスクは低くなっているというメリットがあります。そのため、上手な睡眠薬の使用方法としては、はじめにサプリメントから試してみて、改善が見られなかった場合は医薬品に移行するという方法がおすすめです。ちなみに、医薬品タイプの睡眠薬の副作用は、眠気や頭痛、倦怠感など、一般的などの医薬品にも当てはまるものです。特別恐ろしい作用が出るわけではないので、安心してください。

サプリメントタイプの睡眠薬はドラッグストアで簡単に購入することができますが、医薬品タイプの睡眠薬は市販で入手することはできません。そんなときは、海外の個人輸入サイトを通して手に入れる方法がおすすめです。通販であれば、スキマ時間に注文して自宅に届くのを待つだけなので、自分の時間を大きく削ることはありません。仕事で忙しくて時間が取れない方にもぴったりですから、ぜひ活用してみてください。安心で安全な睡眠薬を上手に使って、質の良い睡眠時間を手に入れましょう。

心の病は1度発症してしまうと、完治に時間がかかってしまう恐ろしいものです。少しでもそういったリスクを下げるためにも、睡眠をおろそかにしないように、日頃から意識することが大切です。
2021/11/16
睡眠薬は危険?正しい知識があれば、睡眠薬は眠れない恐怖から解放してくれる救世主
不眠で悩む方の中には「薬に頼るのは怖い」と感じて、睡眠薬の服用に抵抗がある方がいるかもしれません。しかし、睡眠薬は決して怖い薬ではありません。

不眠症は症状によって、布団に入ってもなかなか寝付けない「入眠障害」、夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」、早朝くに目が覚めてしまそれ以降は眠れない「早朝覚醒」、ぐっすり眠れたと感じられない「熟眠障害」の4つのパターンに分けられます。

睡眠薬もこれらの症状に合わせて処方されるのが一般的で、「入眠障害」には“短時間型”の睡眠薬が使われます。「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害では、“中時間型”または“長時間型”の睡眠薬が使われることが多いのが特徴です。

治療の中心になっている睡眠薬ですが、服用に抵抗を感じる理由として挙げられるのが、依存症ではないでしょうか。

「1度飲み始めると、手放せなくなる」、「飲み続けると効き目が薄くなり、量が増えていく」と考えている方は多いと思います。

しかし、現代の睡眠薬は、依存性を高めないように工夫されています。睡眠薬は眠りを助けてくれるお薬です。それによって眠れるようになれば、睡眠薬を飲み続ける必要はありません。適切に服用していれば依存症状もほとんどありませんから、いつでも止められます。

ただし、眠れるようになったからもう飲まなくてもいいと、自己判断で止めるのはおすすめできません。自分勝手に服用を止めてしまうと、せっかく眠れるようなったのに、薬を飲む前よりも不眠の症状が強くなることがあるからです。

睡眠薬を止める方法としては、比較的短時間で効き目が出る“超短・短時間型”から、ゆっくりと効果が出る“中・長時間型”へ変える。あるいは、少しずつ服用量を減らしていくなど、段階を追ってペースダウンしていく方法が一般的です。お医者さんと相談しながら、服用量を減らしていきましょう。

現在の睡眠薬は、「飲み続けると効き目が薄くなり、量が増えていく」という不安も少ないといえます。

昔、睡眠薬として使われていたのは、主に「バルビツール酸」を使ったものでした。この薬は、催眠効果に優れていますが、繰り返して服用すると効き目が薄くなり、止められなくなったり、服用量を増やしたりといった依存性があるのが欠点でした。このため現在は、乱用を防ぐために、厳重に管理されており、一般には流通していません。

現在使われている睡眠薬は、安全性の高いものが使われており、主に「ベンゾジアゼピン系」と「非ベンゾジアゼピン系」の薬に分けられます。そして一般的な治療薬として主流なのは、「ベンゾジアゼピン系」の薬です。

「ベンゾジアゼピン系」の薬は、脳内のベンゾジアゼピンという受容体に働きかけ、脳をリラックスさせるGABAという物質を活性化させます。ベンゾジアゼピンには「ω1」と「ω2」と呼ばれる、2種類の受容体があります。

「ω1」は、催眠効果を高める働きがあります。「ω2」は、不安を和らげる、けいれんを抑える、筋肉をリラックスさせる働きがあります。

ベンゾジアゼピン系の薬は、「ω1」と「ω2」両方に働きかけるのが特徴です。

このため“中・長時間型”の睡眠薬として使われていますが、このほかにも不安を和らげる抗不安剤、筋肉をリラックスさせる筋弛緩剤、けいれんを抑える抗けいれん剤にも使われています。

筋弛緩作用があるため、人によっては薬を飲んだ翌朝に体がふらつくといった副作用が出ることもあります。

これに対して、「非ベンゾジアゼピン系」の薬は、ベンゾジアゼピンの「ω1」受容体にのみ働きかけます。その結果、ベンゾジアゼピン系に比べて深い眠りが得られるのが特徴です。また、依存性が少なく、続けていると量を増やさなければ効き目が弱いといった懸念も少ないのです。さらに、筋弛緩作用もありませんから、服用した翌朝に体がふらつくといった副作用もありません。

従って、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の方が、より依存性が少ないといえるでしょう。ただし、薬の効果は人によって異なります。正しく服用しなければ、充分な効果が得られなかったり、副作用に悩まされたり、体に不調が出ることもあります。

特に、お酒といっしょに睡眠薬を飲むのはNGです。

不眠に悩む方の中には、寝酒をたしなむ方も多いのですが、お酒は眠りを浅くするので逆効果です。利尿作用もありますから、せっかく眠っても途中で起きやすくなり、不眠が悪化する可能性が高いのです。

さらに睡眠薬と併用すると、ふらつきや記憶障害、おかしな行動を取るなどの副作用が出やすくなります。用法用量を守って正しく使用することが大切です。

睡眠薬を正しく服用すれば、睡眠薬は危険な薬ではありません。そして睡眠薬を正しく利用するためには、その薬についてある程度の知識をもっていることが大切です。

適切に利用すれば、睡眠薬は「眠れない恐怖」から解放してくれる救世主となってくれます。
2021/11/12
眠るときまで頑張らないで!音楽の幸せ効果でぐっすり眠る方法
「布団に横になってもなかなか寝付けない」「朝の目覚めがすっきりしない」など、不眠に悩む方が増えています。

ぐっすり眠れないと心身の疲れがとれず、日中にボーッとしたり、イライラしたり、居眠りをしたりと、仕事などのパフォーマンスの質を下げ、快適に過ごせなくなります。

なかなか寝付けない、ぐっすり眠った気がしないなどの不眠の理由の一つとして、日中にさまざまなストレスにさらされていることが挙げられるでしょう。

また、文明が発達して体を動かす機会が少なくなり、その代わり頭を使う仕事が増えました。体の疲れだけでなく、脳の疲労が溜まっている人が多いのが現代人の特徴です。しかし、ぐっすりと眠れないと、脳を十分に休ませることができません。

体も脳もしっかりと休めるための睡眠は、とても重要です。

脳のリラックス度を測る尺度として、脳波があります。脳波は、外部から受けた刺激に反応して脳内で発生する電気信号を、波形で表したものです。

脳波は、次の5つの種類にわけることができます。

1つ目は、ガンマ波です。1秒に約40ヘルツの周波数で活動しており、脳が興奮状態にあり、知覚や意識に関する活動を行っています。脳がイライラしている状態といえるでしょう。

2つ目は、ベータ波です。1秒に約20ヘルツの周波数で活動している状態で、脳が活発に働いています。私たちが起きて活動しているときの脳は、主にベータ波を発しています。

3つ目は、アルファ波です。1秒に8~13ヘルツの周波数で活動しており、リラックスしている状態です。

4つ目は、シータ波です。1秒に4~8ヘルツの周波数で活動しており、うとうととまどろんでいる状態。また、深い瞑想に入っているときもこの状態になるといわれています。

5つ目は、デルタ波です。1秒に1~4ヘルツの低周波状態で、深い睡眠状態のときに現れます。

アルファ波の状態になると、ベータエンドルフィンが分泌されます。ベータエンドルフィンは幸福感をもたらし、鎮静効果を高めるホルモン物質です。このため、脳内麻薬とも呼ばれています。日中に感じたさまざまなストレスを和らげる働きをするので、私たちにとって重要なホルモン物質といえるでしょう。

心身ともにリラックスし、幸せな気持ちで眠りにつくためには、脳をアルファ波の状態にしてリラックスさせる必要があります。

では、脳をアルファ波にする方法の中でも、手軽なのが音楽です。心地よい音楽や自然の音を聞くと、心地よい眠りへと導かれます。

しかし眠るときの音楽は、何でも良いというわけではありません。選曲を間違うと、脳が興奮して寝付けないこともあります。

眠りに適した音楽は、次のような特徴があります。

1つ目は、歌詞がないことです。歌詞のある曲は、無意識に歌詞の意味を追いかけて、言語として脳が理解しようとします。このため脳が覚醒して、リラックスを妨げてしまいます。クラッシック音楽やインストゥルメンタルなど、歌詞のない曲を選びましょう。

2つ目は、高周波の音が含まれている曲です。高周波が人をリラックスさせ、アルファ波を出しやすくすることが、研究で明らかになりました。たとえ耳で捉えられなくても、人は高周波を体で感じており、アルファ波を生み出す効果を得ていることがわかっています。

自然の音が私たちに安らぎをもたらすの理由の一つに、高周波が多く含まれていることが関係しているそうです。

また、オルゴールも高周波音が多く含まれており、リラックスによる入眠効果が高いといわれています。音楽では、モーツァルトの曲にも4000ヘルツ以上の高周波音が含まれているものが多くあり、脳をリラックス状態へと導いてくれます。

3つ目は、f分の1ゆらぎを含む音楽です。f分の1ゆらぎとは、規則的なリズムと不規則的なリズムが調和し、心地よいゆらぎを持つリズムのことです。

f分の1ゆらぎでは、小川のせせらぎや雨音、小鳥のさえずりなどがよく知られています。音だけでなく、ろうそくの炎の揺らぎや木漏れ日の光など、自然界に存在する多くのものが、f分の1ゆらぎを持っています。

モーツアルトの音楽にもf分の1ゆらぎが含まれているそうです。

眠りの音楽として、自然界の音やモーツアルトの音楽が好まれるのは、アルファ波を増強させる条件がそろっているからだといえるでしょう。

不眠の方の多くが「眠らなければ!」と頑張れば頑張るほど、目が冴えてくる悩みを抱えています。

しかし、眠るときまで頑張る必要はありません。心地よい音楽があれば、自然な眠りへと導いてくれます。体の力を抜いて、音楽に身を任せてみませんか。

それでもどうしても眠れないという方は、睡眠薬の助けを借りるのもいいでしょう。適量の睡眠薬と音楽の相乗効果で睡眠の質が高められ、ぐっすりと眠れるはずです。

睡眠薬は、通販サイトから購入できます。確かな実績を誇るテジャスメディシンなら、安心して利用できます。
2021/11/09
夢をよく見る人は必見!夢を見るのは良い睡眠?それとも悪い睡眠?
多くの人は、眠っている間に夢を見ます。これは老若男女を問わずに起こるもので、楽しくてワクワクする夢もあれば、続きをぜひ見たい夢もあるでしょう。逆に、夢で良かったと思えるような嫌な内容もあれば、怖くて再入眠したくないような悪夢もあります。

どのような内容の夢でも、夢を見るという状態には、私たちの脳が大きく関係しています。夢の多くが現実味を帯びていて、懐かしい場所や知っている人たちが夢の中に登場するのは、脳の中に蓄積されている記憶によって、夢が作られているからなのです。脳内にはたくさんの記憶が蓄積されているため、自分自身の経験だけでなく、テレビや映画の内容や要素が夢に登場することもあります。

夢の中には、目が覚めた時に覚えているものもあれば、夢を見たことは覚えていても、内容まで覚えていないケースもあります。また、夢を見たこと自体を忘れている場合もあります。この違いは、どんなタイミングで夢を見たかによって生じます。

人間の脳は、基本的に眠っている時に見た夢のことは忘れるように作られています。しかし、入眠した直後から起きる直前までグッスリ熟睡しているというわけではなく、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りと、レム睡眠と呼ばれる浅い眠りを繰り返します。ノンレム睡眠の時に見た夢は基本的に覚えてはおらず、起きた時に覚えている夢の多くはレム睡眠中に見た夢なのです。

ノンレム睡眠とレム睡眠とでは、見る夢の種類にも傾向があります。夢には、とてもシンプルな夢がある一方で、複雑なストーリーもあります。ノンレム睡眠の時に見る夢は基本的にシンプルなものが多いのに対して、レム睡眠の時に見る夢は複雑なストーリー構成になることが多いという特徴があります。私たちが眠ってから起きるまで、ノンレム睡眠とレム睡眠を何回かリピートするわけですが、全ての夢を覚えているということはなく、大半は忘れてしまいます。そのため、起きた時に覚えている夢というのは、脳が実際に見る夢の中でもごく一部と言えます。

睡眠トラブルを抱えている人の多くは、寝ている時によく夢を見ます。これは、レム睡眠の時に見る夢を、目が覚めた時に覚えているからだと言えるでしょう。夢を見ることが必ずしも悪いことではありませんし、夢を見るからと言って必ずしも睡眠の質が劣悪だということはありません。夢を見ることが不眠の原因だと考えるのは本末転倒ですから、夢を見ないようにするための対策を講じることも、睡眠トラブルの改善という点では意味がありません。

夢の中には、恐怖を感じて再入眠したくないようなストーリーもあります。もしもそうした恐怖体験の夢をよく見るのなら、できるだけ眠りの質を深くできるような工夫をすると良いでしょう。例えば、眠りが浅くなる原因となる食材には、コーヒーや炭酸飲料に含まれているカフェインを始め、アルコールや香辛料、ストレスなどがあります。カフェインやアルコールは、生活習慣を見直すことによって改善できますし、香辛料も夕食に食べるものを工夫することで、回避することは可能です。もしも思い当たる節があれば、食生活を見直すことから始めてみてください。

ストレスは、怖い夢と大きな関係があります。強いストレスを感じていると、悪夢を見る確率が高くなりますし、悪夢にうなされることによって、睡眠の質が低下するということもあります。生活習慣を見直すことによってストレスを解消できるなら、ぜひそうしてください。しかし、人間関係や仕事のことで慢性的なストレスを抱えているなら、試行錯誤しても、ストレスを解消することはなかなか難しいかもしれません。その場合には、睡眠薬を使ってグッスリ眠れる体内環境を作り出すという方法もおすすめです。

その人のライフスタイルによって、毎日どのぐらいの睡眠時間を確保できるかも異なります。睡眠薬を選ぶ際には持続時間が短いものから使ってみて、効果を見ながら持続時間を調整するという方法が良いでしょう。睡眠薬の持続時間が短いものでも、毎日最低2~3時間はグッスリ眠れる毎日を手に入れることができます。不眠で浅い眠りや怖い夢ばかりを見ていた人にとっては、数時間でもグッスリ眠れる時間を確保することで体調が良くなり、朝の目覚めがスッキリして、1日をハツラツとスタートできるようになるでしょう。

睡眠薬は、医薬品の作用によって脳を休めて、グッスリ眠れるという作用を持つ薬です。しかし、根本的なストレスを解消することはできませんし、ストレスによって発症している、もしくは発症しかけている精神疾患の治療効果もありません。もしも頻繁に繰り返して怖い夢を見ているとか、高いストレスレベルが続いていて、自身で精神疾患の可能性を疑う場合には、ストレスや精神疾患を緩和する治療も並行して行うことをおすすめします。根本的な原因を取り除くことで、より質の良い睡眠を手に入れましょう。
2021/11/05
睡眠は大切!人間は眠らないとどうなるのか?
疲れているのに布団に入ってもなかなか寝付けないとか、寝ても深夜に目が覚めてしまうなど、睡眠トラブルを抱えている人はたくさんいます。布団に入った瞬間に入眠できる人を羨ましいと思う人は多いでしょう。布団の中で眠れないままじっとしていると、考え事や心配事が脳裏をよぎり、ますます眠れなくなってしまうことは少なくありません。

睡眠トラブルを抱えている人の中には、寝ようと頑張るから眠れないことが苦しいので、いっそのこと眠らないという判断をしたらどうなるのだろうか?と考えた人がいるかもしれません。人間は眠らないままでいると、どうなってしまうのでしょうか?

眠らない理由は人それぞれですが、人間から睡眠時間を奪うと、1日や2日程度で体調を崩してしまいます。仕事が忙しくて朝まで徹夜で頑張った人でも、不眠症で眠れずに朝まで起きていた人でも、眠らないと自律神経やホルモンバランスが崩れてしまいますし、脳機能が低下するため、頭がぼーっとしてしまいます。ほとんどの人は、何日も続けて完徹することは難しく、不眠症で眠れない人だとしても、何日も一睡もせずに置き続けていることは、とてもハードルが高いことです。そのため、もしも不眠で眠れずに布団の中でイライラしてしまったら、「今日眠れなければ、明日はきっと熟睡できるはずだ」と発想の転換をするのが良いかもしれません。そうすると、翌日の熟睡にワクワクして、眠れないことに対するイライラを軽減できるでしょう。

過去には、人間は何日まで眠らずに過ごせるのかという実験をした科学者がいました。この実験によると、1日2日ぐらいでは、眠たい気持ちが強くなったり、物事に集中できなくなったりという症状が現れますが、4日目ぐらいになると、幻覚が見えてくるということです。どんな幻覚が見えるかは、もちろん人によって異なるでしょう。それに、実際に断眠を長く続けることは、健康面で高いリスクがあるため、多くの人にとって積極的にトライするようなものではないと言えます。

幻覚が見えるという症状は、脳の機能が低下してしまい、正常に機能しなくなった状態です。その結果、集中力がなくなり、記憶力があいまいになるといった症状も出てきます。

7日目ぐらいになると、これまでは普通にできていた、言葉を発するという動作にも影響が出てきます。ろれつが回らなくなったり、発音が分かりづらくなったり、対人コミュニケーションが難しい状態に陥ってしまいます。記憶力も大幅に低下し、自分が何をしたのか、何を話したのかという点も覚えていられない状態になってしまいます。

人間の断眠実験では、1週間以上の断眠は命を失うリスクがあるということで、行われていません。しかし、ネズミを使った実験では、1週間以上の断眠をした結果がデータとして残されています。1990年に行われた実験結果によると、断眠をしたネズミは100%、断眠開始後11日から32日以内に亡くなってします。特に疾患を持っていたわけではないネズミが、断眠実験の結果、すべて亡くなったのだとすると、眠らないという行為は人間にとっても、たいへん危険な行為だと考えられるでしょう。ちなみに、不眠のギネス記録は11日間ですが、健康リスクがとても高いという理由で更新不可となっています。

断眠実験は、眠りたいという気持ちに逆らって、起きているという実験を行ったものです。不眠で、何もしなくても眠くならずに起きていられる日数をカウントしたものではありません。通常は、睡眠トラブルを抱えた人でも、こうした実験のように何日間も眠れないということはありません。その点は安心してください。

多くの場合、睡眠時間が短いとか、睡眠の質が劣悪なために朝起きても寝た気がしないなど、睡眠の時間や質に問題があるだけで、全く眠れないという人はそれほど多くありません。しかし、質の良い睡眠時間を十分に確保できないことによって、私たちの健康にマイナスの影響が出ることは、断眠実験によっても想像できます。そのため、睡眠を「たかが睡眠」と考えず、できるだけ毎日、きちんと質の良い睡眠をとれるような工夫と努力をすることは、とても大切なことなのです。

もしも慢性的な睡眠トラブルで、毎日頭がぼーっとしているとか、朝起きたら既に疲れているという人は、睡眠薬の使用を検討することをおすすめします。眠りやすくするための対策方法は、睡眠薬以外にもたくさんあります。例えば、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、湯船につかって体を温める方法や、寝室の温度と湿度を快適な状態に保って眠りやすい環境づくりをするなどの方法も、効果が期待できます。しかし、それでも満足できる睡眠を手にできないなら、睡眠薬を服用することによって、短時間でも熟睡することで朝の目覚めがスッキリしますし、脳にとっても、健康にとっても、毎日より良い状態で1日をスタートできるでしょう。
2021/11/02
睡眠の質を下げ健康リスクを高める夜間頻尿とその対策
「夜中に何度もトイレで目が覚めるため、ぐっすり眠れない」という方は少なくありません。これは加齢とともに誰でも経験する現象ですので、夜中に1~2回起きる程度ではそれほど心配する必要はないでしょう。しかし、それが3回以上ともなると「夜間頻尿」という症状に該当します。トイレに起きる回数が増えるほどそのたびに睡眠が中断され、起きている時の生活の質まで低下させてしまいますし、年配の方の場合、転倒のリスクもあるため注意が必要です。

国立長寿医療研究センターのデータでは、夜眠っている時に1回でもトイレで目が覚めることがある人は、40歳以上の4,500万人にも上ることがわかっています。つまり、朝まで一度も目が覚めることなく熟睡できる人は、それほど多くないということがわかります。

また、1回でも夜中に起きることがあるなら夜間頻尿に該当するという考え方もありますが、医師によっては2回以上でも問題ないとする人もあり、日中の生活や健康に問題ない範囲であれば、それほど深刻に捉える必要はなさそうです。

実際、夜間に頻尿回数が増えるのは、ホルモンの分泌量の変化により、加齢とともに誰しも経験するものです。私たちの体内では「バソプレシン」という抗利尿ホルモンが夜間に活発に分泌されており、これが文字通り尿量を抑えているのですが、このホルモンは加齢とともに分泌量が減少することがわかっています。そのため、年を取るほどに夜間の排尿回数が多くなるのです。ちなみに、30代では日中の排尿量は夜間の2倍ですが、65歳以上の高齢者になると、日中と夜間の排尿量がほぼ同じ、もしくは夜間の方が多くなることもわかっています。

さらに、高齢者の場合、高血圧の治療を行っている方が多くなります。薬の種類によっては尿量が増えるものもあるため、それが夜間頻尿にさらに拍車をかけていることもあるのです。

このように、誰でも年を取るにつれて、夜中にトイレのために目が覚めやすくなるわけです。しかし、若い人のなかにも夜間頻尿にお悩みの方はいます。若い世代の夜間頻尿は、ホルモンの分泌量の変化だけでなく、それ以外の原因がおもに考えられるでしょう。以下に当てはまるようなら、生活習慣の改善を試みてください。

まずは冷え性です。体が冷えると起きている時でもトイレに行きたくなるように、冷え性気味の方は寝ている最中に体が冷えて尿意を催すことがあります。手足や足先、首周りなどを暖かくして寝るようにしましょう。

また、睡眠時無呼吸症候群も夜間頻尿の原因となることがあります。文字通り睡眠中に無呼吸になることがある症状ですので、睡眠の質を低下させるばかりか、脳卒中や脳梗塞などの病気を併発することもあるので注意が必要です。また、睡眠中に十分な空気を肺の中に取り込むことができず、血液が心臓に戻る量が多くなるため、夜間頻尿が起こりやすくなります。睡眠時無呼吸症候群は自覚しにくいですが、「もしそうかもしれない」と気になる場合は医療機関に相談してみましょう。

次に、なるべく夜間にトイレに起きる回数を減らすために、できることを考えていきましょう。まず、すぐにできることは、夜に冷たい飲み物を控えることです。冷たい飲み物で体を冷やすと、寝ている間にトイレに行きたくなってしまいます。また、夜はお酒を飲む機会が多くなりますが、アルコールには利尿作用があるので注意しましょう。お酒を飲む場合でも、なるべく早い時間で切り上げることが大切です。

冷たい飲み物は控えたいですが、暖かい飲み物であれば体温を高め気持ちをリラックスさせてくれるのでおすすめです。白湯やホットミルクなどをお休み前に飲んではいかがでしょうか。ただし、カフェインを含む緑茶やコーヒーは控えるようにしましょう。

次は、生活習慣の見直しです。朝、太陽の光を浴びることで生体リズムがリセットされ、夜になると入眠を促すホルモンが分泌されやすくなります。また、日中に眠くなっても、長時間の昼寝は控えましょう。昼寝をする際は20分程度に留めるのがおすすめです。

日中、起きている間にできるだけ体を動かすことも、夜ぐっすり眠るための大切なポイントです。運動によってほどよく体を疲労させることで、熟睡しやすくなり、睡眠の質も高くなります。

冷え性で寝ている間に体が冷えてしまうという方は、なるべく寝室を暖かくしましょう。冬でも日中ほど高い温度に設定する必要はなく、17℃程度を目安に暖房をかけると心地よく眠れます。暖房が苦手な場合は、湯たんぽを使うか敷布団を重ねるのがおすすめです。冷たい空気ほど下に溜まりやすいので、掛け布団を重ねるより敷布団を増やした方が体を冷えから防げます。

夜間頻尿を改善することで睡眠の質は高まります。もし、排尿回数が減ってもぐっすり眠れないようであれば、睡眠薬も検討してみてはいかがでしょうか。正しく使用する限り、睡眠薬は安全かつ有効な対策です。睡眠薬で熟睡の経験を重ねると、いずれは薬なしでも眠れるようになるでしょう。
2021/10/29
いろいろ種類があって選べない!睡眠薬の正しい選び方とは?
睡眠薬というと、不眠症の人にとって必要な医薬品というイメージがあります。確かに、不眠の人にとっては睡眠薬を服用することによって、服用しない場合よりも睡眠時間を多く確保できたり、睡眠の質を高めたりができます。睡眠の質が良くなることによって、朝の目覚めが大きく改善できる他、やる気やモチベーションがアップするなど、精神面での効果も期待できます。

睡眠薬は、不眠を改善できる効果があるだけでなく、神経の緊張を緩和することによって精神安定剤としての効果も期待できますし、ホルモンや神経のバランスが崩れることによって症状がひどくなりやすい更年期障害なども軽減できる可能性があります。用途や目的は、多岐にわたります。

睡眠薬は、大きく分類すると4種類に分類できます。

1つ目は、ベンゾジアゼピン系です。これは1960年ごろから使われるようになった医薬品で、従来の睡眠薬が持っていた副作用や作用の強さ、持続時間を改善する目的で開発されました。高い安全性と少ない副作用、そしてある程度の作用持続時間のバランスが取れた医薬品として、日本だけでなく、世界各国で多く使われています。

ベンゾジアゼピン系の医薬品は、作用持続時間が2時間程度と短いものから、24時間程度と長いものまで、多種多様な商品があります。特徴としては、高い催眠作用が期待できるという点が挙げられます。ただし、筋肉を緩めてしまうという作用もあるため、ふらついてしまうことがあるかもしれません。服用してすぐに布団に入ることができれば、筋肉を緩める筋弛緩作用についてはそれほど心配はいりません。ふらついた際にうっかり転倒すると骨折のリスクが高い高齢者にとっては、ベンゾジアゼピン系を服用するタイミングには注意が必要です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、商品ごとに作用持続時間や服用してから効果が出るまでにかかる時間が違うだけでなく、耐性や依存性なども異なります。そのため、自分に合った医薬品を見つけることで、快適な睡眠を毎日手に入れることができるでしょう。

2つ目は、非ベンゾジアゼピン系です。これは、ベンゾジアゼピン系をさらに改良したタイプで、1980年ごろに誕生しました。大きな特徴としては、ベンゾジアゼピン系の副作用の一つであった筋肉弛緩作用が抑えられているという点があります。耐性や依存性に関しても全体的に抑制されているので、より安全な睡眠薬が欲しい人にはおすすめのタイプです。

ただし、このタイプは作用時間が短いものしかありません。そのため、6時間から8時間ぐらいしっかり熟睡したい人にとっては、満足できる効果はないかもしれません。布団に入ってからなかなか寝付けない入眠トラブルを抱えている人にとっては高い満足度が期待できる医薬品ですが、深夜や早朝に目が覚めてしまう人や、一度目が覚めるとそこから再び眠ることができない人には、おすすめではありません。

3つ目は、メラトニン受容体作動薬です。ホルモンや自律神経のバランスが崩れて、リラックスホルモンであるメラトニンの分泌が不足している人におすすめの医薬品で、上記した2つの医薬品と比べると、より自然な眠りができるという特徴があります。体内の神経に作用して半強制的に眠らせるという睡眠薬ではなく、自然な眠気をサポートしてくれるという位置づけで開発されたもので、できれば化学成分を体内に入れたくないという人にピッタリです。しかし、薬が後押ししてくれる自然な眠気が起こらない人にとっては、効果を実感することができません。そのため、軽度の不眠症には適した睡眠薬ですが、重度の不眠で悩む人には向いていません。

4つ目は、オレキシン受容体拮抗薬です。不眠の状態は、脳が覚醒している状態です。つまり、脳の覚醒状態をなんとか離脱することができれば、神経がリラックスして眠くなるだろうと予測できます。このメカニズムによって開発されたのが、脳の覚醒状態を阻止するオレキシン受容体拮抗薬です。他の睡眠薬と比較すると、依存性や耐性の心配はありませんし、自然な眠りを手に入れることができるというメリットがあります。また、起床する時間になっても薬が抜けきれずに起きられない、というトラブルが起こりづらい点もメリットです。

しかし、このタイプの睡眠薬は、高い確率で悪い夢を見る傾向があります。普段からよく夢を見る人だと、この睡眠薬のおかげで目覚めが悪い夢を毎日見る羽目にもなりかねません。その場合には、別の睡眠薬を選ぶのがおすすめです。

睡眠薬は、その人の体質やライフスタイル、希望する睡眠時間などによって、ピッタリのものが異なります。周囲がすすめる睡眠薬でも、自分にとっては合わないというケースももちろんあります。そのため、まずはいろいろ試してみて、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、多種多様な睡眠薬を通販で手軽に購入できます。
2021/10/26
睡眠薬は毎日服用してもOK?快適な睡眠を手に入れるための工夫とは?
心配事があると不眠になってしまう人や、気になることがあると布団に入っても眠れないという人、また仕事のことで日常的に悩みを抱えているせいか、眠りが浅くて困っているという人など、睡眠のことで悩んでいる人はたくさんいます。忙しくて睡眠時間が極端に少ない人もいれば、眠っているはずなのに朝起きても全くシャキッとできないという人もいるでしょう。

そんな眠りのトラブルを抱えている人におすすめなのが、睡眠薬の服用を検討することです。睡眠薬というと、なんとなく恐ろしいイメージを持っていたり、毎日服用しても大丈夫なのか、安全性が気になるという人は多いかもしれません。しかし、睡眠薬について正しい知識を持ち、作用や副作用を正しく理解すれば、自分にピッタリな睡眠薬を見つけることができ、結果として快適な眠りを手に入れることが可能となります。毎日の睡眠が改善できれば、1日の活動にもプラスの効果が期待できますし、やる気やモチベーションがアップするなど、精神面でもたくさんのメリットが期待できます。

睡眠薬には、大きく分けると医薬品とサプリメントの2種類があります。医薬品タイプの睡眠薬は、体内で眠れないメカニズムに直接的に作用することによって、心配やストレスを抱えている人でも眠らせてくれるのが特徴です。医薬品の作用によって眠るため、効果という点ではとても優秀です。

一方のサプリメントは、眠りやすい体内環境へ近づけるためのサポート成分を摂取することによって、ウトウトして眠くなるとか、眠りの質が改善できて良質な睡眠を手に入れられるという特徴があります。医薬品と比べると効果は弱くなりますし、即効性や確実性という点では頼りないことがあるかもしれません。

不眠で悩んでいる人は、まずは効果が弱めのサプリメントからトライしてみるのが良いでしょう。例えば、ホルモンバランスが崩れているとか、自律神経がバランスを崩しているという時には、サプリメントに含まれている栄養成分の働きによって、バランスが改善されて眠りやすい体内環境へと近づけるかもしれません。それに、サプリメントによる睡眠は医薬品の作用によるものではないので、短時間でもさっと起きることができますし、薬の持続時間を気にする必要もありません。

サプリメントを試しても眠れない人は、医薬品タイプの睡眠薬がおすすめです。医薬品と言っても、どんな有効成分が使われているかによっていろいろな種類があり、作用や持続時間などが異なります。その中でも日本人の体質と相性が良く、多くの人が利用しているのは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。これは、脳神経の興奮や緊張を抑えてリラックスさせてくれる効果があり、GABAへ作用するという特徴があります。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が誕生したのは、1930年代の頃です。当時はバビルツール酸系の睡眠薬がありましたが、効果が強すぎるという点でトラブルを抱える人がたくさんいました。もともと睡眠薬として開発されたものではなく、神経を眠らせるための麻酔薬として開発されたものだったので、ただ眠りたいという人にとっては作用が強すぎることが問題だったのです。

バビルツール酸系に替わる睡眠薬として登場したベンゾジアゼピン系は、睡眠薬という目的で開発されたものです。日常的に服用しても副作用のリスクは少なく、作用が強すぎてトラブルになる心配もありません。そのため、現在では日本だけでなく、世界各国でも代表的な睡眠薬として使われています。

このベンゾジアゼピン系には、作用の持続時間によっていくつかの種類に分類できます。服用するとすぐに眠くなるハルシオンは良く知られていて、持続時間が2時間から4時間程度と短いので、短時間だけグッスリ眠りたい人に人気があります。その他に、作用時間が6時間から10時間程度のレンドルミンやエバミールなども人気があり、睡眠時間を6時間から10時間程度確保したい人にとってはおすすめです。これらの睡眠薬は、布団に入ってもなかなか眠れない人におすすめのタイプです。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、ドラールと呼ばれる持続時間が24時間という長時間タイプもあります。社会生活を送っている人にとっては24時間眠り続けることは難しいので、あまり実用的ではないタイプかもしれません。ただし、有効性売分の含有量を調整することによって持続時間を調整することは可能で、眠っているのに熟睡感がない人や、高齢のために眠りが浅くなっている人にとっては、大きな満足感と効果を実感できます。

睡眠薬には、持続時間が4時間から6時間程度の中間型タイプもあります。これは、布団に入ると比較的すぐに入眠できるけれど、深夜や早朝に目が覚めてしまい、そこからは再入眠できないという悩みを持つ人におすすめです。

サプリメントタイプならドラッグストアでも購入できますが、医薬品タイプは市販されていません。そのため、購入するなら海外の個人輸入サイトを利用する方法がおすすめです。
2021/10/22
健康に睡眠は不可欠!良い睡眠を取る方法と睡眠薬の活用法とは?
人間は睡眠を取らないと生きていくことはできません。睡眠を取ることで、細胞が新たに入れ替わり、脳を休め、次の日のために体を整えることができます。きっとだれもが良い睡眠の習慣を確立したいと願っていますが、社会生活が複雑になり、思うように睡眠が取れないという人が増えています。

睡眠の質は健康に直結します。睡眠の質が低下すると、さまざまな問題の引き金になります。そのうちの一つが生活習慣病です。糖尿病や心臓病、高血圧などの生活習慣病は、食生活と密接な関係がありますが、睡眠習慣も影響することがわかっています。食の欧米化で、従来のような発酵食品や魚を中心とした食事ではなく、肉や油の多い食べ物を好む人が増えています。食習慣は徐々に体に影響を与えますが、健康の悪化に拍車をかけるのが睡眠習慣です。

国の統計によると、日本人の睡眠時間は世界的な平均と比較すると少ないことがわかっています。欧米諸国では平均8時間睡眠を取るのが一般的ですが、日本人は7時間程度の睡眠にとどまっています。7時間も睡眠が取れるなんて羨ましい!と思われるかもしれませんが、7時間でも世界平均よりは少ない時間なのです。

睡眠時間が少なくなる原因として、仕事によるストレスや帰宅時間が遅いことにより、なかなか寝付けないというものがあります。他にも女性の場合、仕事から帰宅しても家事をしなければならず、育児ストレスもあいまって寝る時間が遅くなる傾向が見られます。いずれの場合も睡眠の質を下げる原因になり、やがては健康を損ねる可能性があります。

睡眠不足が続くとどうなるのでしょうか。睡眠不足は生活習慣病の引き金になると話しましたが、睡眠時間が不足すると、気持ちが落ち込んだり、記憶力が低下したりといった影響があらわれます。気持ちが落ち込むと、ネガティブな思考が支配するようになるため、全体的に意欲の低下などの弊害を引き起こします。

悪循環が続くと、自律神経系に影響が出るようになり、ストレスを解消できなくなるだけでなく、体内の細胞の新陳代謝も進まなくなるため、生活習慣病などの原因になります。これを解消するためには、質の高い睡眠が取れるように生活リズムそのものを見直さなければいけなくなります。

他にも働き方改革により、副業の解禁など、今まで以上に仕事をする人が増えています。本業が終わった後も、アルバイトをしなければならなかったり、本来は体を休める必要のある土日に働かないといけなかったり、と知らず知らずのうちに体を酷使してしまっている人が少なくありません。

それ以外にも夜勤に従事する人の場合、体内時計がうまく機能せず、慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。慢性的な睡眠不足は、腎機能を低下させるなどのリスクがあり、糖尿病のリスクを高めると言われています。他にも突然の心筋梗塞などの発生リスクも増大します。このような話を聞いて、はっと思った方も多いかもしれません。どのように睡眠健康を確立できるのでしょうか。

まずは不規則になりがちな生活パターンを見直すようにします。なかなか寝付けない場合、寝床に入るまでの間にスマホやタブレットを見ていないか分析してみましょう。ブルーライトを浴びると、脳が活性化されるので、なかなか寝付けなくなります。少なくとも寝る1時間前からスマホなどを見ないようにすることで、寝つきやすくなります。

他にも適度な運動は睡眠の質を高めてくれます。デスクワークで運動をほとんどしない人の場合、夜になっても頭が冴えて眠れないということがよくあります。体が適度に疲れると、夜寝つきやすくなるので、運動のメニューを取り入れるようにすることをおすすめします。例えば、仕事帰りにジムによって定期的に運動する、エスカレーターを利用せず、階段を使って登り降りする、公共交通機関を利用する代わりに自転車を利用してみる、などの方法を考えてみてください。

運動で注意したい点として、寝るすぐ前に運動をするとかえって寝付きが悪くなります。これを避けるには、寝る2時間前くらいまでに運動を終わらせておくことが必要です。寝る前に運動をしたいのであれば、かるいストレッチ程度に済ませ、ハードな運動は避けるようにしましょう。

ある程度睡眠の良い習慣を確立するまでには時間がかかります。それまでの間、睡眠薬を利用して睡眠を取るようにすることも考えることができるかもしれません。睡眠薬は適切な睡眠へ誘導してくれるだけでなく、睡眠のサイクルを正常に戻すのを助けてくれます。もちろん長期的に頼るのではなく、一時的な物として活用することで、睡眠の質を高めることができるのです。

他にも短時間睡眠で悩んでいる場合には、躊躇せずに睡眠薬を活用するのも良い方法です。決められた分量を守って摂取することで、翌朝までに薬の成分は分解され、排出されるので、体への影響はほとんど心配する必要はありません。
2021/10/21
不眠症の人は睡眠薬で睡眠健康を実践しましょう
『人は2~3日眠らなくても健康を損なうことはない』と強気なことを言って、夜な夜な遊び回っている若い人がいます。また、会社が忙しすぎて、毎晩のように夜遅くまで残業し、それで十分に眠れない日々が続くという人もたくさんいます。

確かに、若い時分であれば、多少の睡眠不足は大したダメージにならないでしょう。徹夜明けでそのまま出勤したとしても、その夜にぐっすり眠れば体が回復してしまうのも事実です。ちなみに、断眠の世界最長記録は11日と25分と言われています。アメリカのある高校生が打ち立てた非公式の記録ですが、医学的にも1週間ぐらいは断眠可能だという話もあります。

このような話を聞けば、少しぐらい不眠症の気があっても心配ないと考えるかもしれません。しかし、長期的な不眠状態は健康被害をもたらします。頻繁に睡眠不足が生じるような人は、何かしら体に不調を抱えてしまいます。

厚労省のデータによりますと、睡眠時間と死亡率には一定の関係があると言います。『4時間以下の短時間睡眠の習慣か、10時間以上の長時間睡眠の習慣は、心臓や血管の疾患発生率が高く、死亡率の増加と関連している』とのことです(情報提供:厚労省のeヘルスネットより)。

その理由は、睡眠中に体のすべての血管や器官の修復作業を行うからです。基本的に起きて活動をしている間は、自律神経のうち交感神経が活性化しています。この時は消費活動を中心に行います。そして、睡眠に入ることで交感神経の働きは弱くなり、反対に副交感神経が活発に働き始めます。

副交感神経が働くと、神経や血管、内臓や骨・関節などを修復します。これによって体のダメージが緩和され、疲労も解消します。また、ストレスによってがちがちに固まった筋肉や神経系をリラックスさせる働きもあります。

ですから、睡眠時間が短い人、慢性的に睡眠不足の状態にある人は、体の疲労が進行し、疲労もストレスも蓄積され、結局は生活習慣病のリスクを高めてしまうというわけです。これが睡眠健康の理念です。

質が良く、時間の十分な睡眠によって、日々人は心身の元気を回復させることを繰り返します。極端な話をしますと、毎日、夜12時に部屋を暗くして、何もせずに布団に入って横になる習慣がつけるとしましょう。基礎体温が十分な高さを維持し、免疫力も安定します。リズミカルに睡眠と起床を繰り返しますから、生体時計は規則正しく刻まれ、体の機能は規則正しい働きをキープします。

質の良い睡眠は疲労を起こした部分を修復しますから、病気になりにくいというメリットもあります。つまり、睡眠健康法によってアンチエイジングの効果が発揮されるということです。細胞分裂が滞りなく行われるので、美容効果も得られるのは言うまでもないでしょう。

反対に、睡眠不足の健康リスクは重大です。元気なうちはダメージの蓄積になかなか気が付きませんが、体力が低下して体のあちこちの器官に変調が出始めると、ダムが決壊するように、一気に健康被害が顔を出します。

慢性的な睡眠不足による健康被害は、まずやる気や積極性が低下します。昼間にうつらうつらと眠気を感じ、ボーッとすることが多くなります。やがて気分が優れない状態が出始めて、うつ病になることも珍しくありません。仕事でもミスが多くなり、倦怠感や疲労感で休みがちになる人もいます。

このように、睡眠不足によって、体調不良と精神的な疾患が出てきます。さらに不眠症が進めば、生活習慣病を併発する可能性が高まり、がんや脳溢血など、重篤な病気に発展するので注意してください。

では、睡眠健康を実践するにはどうすればいいでしょうか?先にも述べた通り、もっとも確実な方法は、毎日同じ時間に就寝することです。個人個人に合った就寝時間を決めて、50歳前であれば6~7時間の睡眠時間を確保しましょう。なお、50歳を超える人は5~6時間の睡眠で十分です。ポイントは、就寝時には部屋を暗くして、スマホなどいじらずに、じっと横たわります。これで体は寝る態勢に入り、副交感神経が活性化するというわけです。

ただし、忙しい現代社会では、就寝時間を一定に保つことが難しいでしょう。多少時間がばらついてしまう人や、横になっても一向に寝付けないという人は、睡眠薬(軽い睡眠導入剤)を利用すると良いかもしれません。睡眠薬はほとんどの人に睡眠導入の効果が発揮されますので、辛い不眠症でもスッと眠りにつけるはずです。

睡眠薬についてはいろいろと誤解がありますので、ここで現時点での正確な情報を述べておきます。まず、『睡眠薬は飲み出すと止められない』は間違いです。睡眠薬によってある程度規則正しい睡眠習慣が身につけば、薬は不要となります。徐々に減らしていくことで、無理なく止めることが可能です。

『睡眠薬はだんだん効かなくなるので量が増える』も間違いです。昔はバルビツール酸系で、長期服用で効果が落ちました。ですが、現在はベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系が主で、効果が弱まるという例は見られません。

睡眠薬で不眠症に効果的な対処ができますので、服用方法をしっかり守りながら利用しましょう。
2021/10/15
睡眠健康法で日々の生活も安心!不眠症の人は睡眠薬で睡眠習慣を整えましょう
日ごろから睡眠に気をつけていて、質の良い睡眠習慣が身についている人は、比較的に健康面が良好ではありませんか。一般的に、中高年になると疲労の回復が遅くなると言われますが、平時から十分な睡眠をキープしている人は、あまり疲れを引きずらない体が整っているものです。

また、免疫力の面でも同様で、感染症が軽いうちに改善することもあります。コロナ感染で世界中が混乱していますが、質の良い睡眠による代謝機能のアップで、感染症からの回復が早いことでしょう。安心・安全な生活を送る上でも、睡眠習慣を整えておくことは重要です。

このように質の良い睡眠習慣を身につけて体調管理することを睡眠健康法といって、せわしないストレス社会では注目すべき健康法とされています。

とくに、都会で夜中まで仕事をしている人、仕事の後でプライベートの時間を楽しんでいる人には、一晩や二晩、睡眠時間が取れなくても仕方ないと、あまり寝ないで生活してしまうことがあります。若いころは体力があって、数日の睡眠不足も問題ないかもしれませんが、年齢とともに無理は効かなくなってしまいます。もちろん、若くても不摂生で不安定な睡眠習慣を続ければ、いずれ健康被害に苦しむことになるでしょう。

また、人間関係や仕事の悩みで眠れなくなる人も大変多いです。このケースは、疲労の蓄積は少ないですが、ストレスによって体調不良が生じます。体のどこかが緊張状態を継続しますから、そこから病気になるリスクもあるでしょう。つまり、睡眠は健康と直結していて、正しく睡眠健康法を実践することが日々の生活を守ってくれると言っても過言ではありません。

では、どうすれば睡眠習慣を改善することができるでしょうか?

いろいろと対策はありますが、一つは睡眠のリズムを作ることです。毎日、同じ時間に就寝するようにスケジュールを調整します。例えば、毎日夜の12時になったら、全ての行動を中止して、布団に入って横になります。その時は部屋の電気を消して、スマホもオフにしましょう。布団の中では手作業はせず、ただ目をつむって睡眠の体制を維持します。

これで寝るための準備は整います。たとえ睡眠に入れなくてもOKです。じっと横になっているだけで、徐々に副交感神経が働き出します。副交感神経が活性化すれば、体のすべての機能が修復作業に入りますので、体調の改善が進むのです。

ですから、12時を過ぎたら何もせずに、布団の中でじっと横になっているように努力してみてください。きっちりと時間を守って睡眠体制に入れば、やがて自然と眠気を伴うようになります。もちろん個人差がありますが、体内時計が睡眠時間の設定を済ませれば、布団に入ってすぐに眠れる習慣が身につくでしょう。

この方法は確実ですが、時間と根気のかかる方法です。とくに、不眠症でなかなか眠れないといった方は、精神的な原因を取り除かない限り、睡眠健康のレベルに達するまでに長い時間がかかるかもしれません。というよりも、ある程度まで改善しても、何かのきっかけですぐに不眠がぶり返すことが多いでしょう。それではとても安定した睡眠健康の効果が得られません。

そこで、さらなる対策を講じてみましょう。ストレス解消のための工夫も役に立ちます。ストレスによって、神経や筋肉の一部が緊張状態になります。それを緩和させることは有効です。週に何度か継続的に、人のいないところで大声で歌ったり踊ったり、大笑いをすると良いでしょう。汗をかくくらいに思いっきりはしゃぐと、体の緊張は緩和されていきます。

都会生活であれば、ひとりカラオケがおすすめです。定期的にストレス解消を行うことで、睡眠への導入がスムーズになりますから、お試しください。

さらに加えるなら、睡眠薬を利用して、併せて先の睡眠改善法を試してみてください。睡眠薬はいろいろと種類がありますから、どの睡眠薬を選ぶかは薬剤師などの専門家に伺ってみると良いかもしれません。

睡眠薬が決まれば、後は適量を定期的に服用して、決めた時間で布団の中に横たわります。始めは神経が過敏になって十分な睡眠が得にくいかもしれませんが、睡眠薬が効いていますので、睡眠量は確保できます。慣れてくれば安心感が生まれて、レム・ノンレム睡眠がバランスよく繰り返す、質の良い睡眠を手に入れることができるでしょう。

さて、定期的に睡眠薬を購入する方法についても準備しておくと良いでしょう。少しでも費用を抑えることで、安心して治療に専念できるようになります。格安での購入であれば、ジェネリック薬がおすすめです。ジェネリック薬はオリジナル薬と成分も製法も全く同じですので、品質や安全面で心配がありません。

格安のジェネリック薬と言えば、インドが人気です。ジェネリック先進国のインド製は、どのブランドよりも信頼できます。それを個人輸入で定期的に購入すると、費用節約になります。手続きが面倒という人は、個人輸入代行サイトを利用してみると良いでしょう。
2021/10/12
夏の睡眠を助けるエアコンや扇風機の使い方
最近の日本の夏は、どの地方でも熱帯夜を記録するほど、寝苦しい夜になりがちです。そこで、夏場はエアコンや扇風機を使っている人も多いのではありませんか?しかし、エアコンや扇風機の使い方を少し工夫するだけでも、睡眠の質が変わってきます。

エアコンや扇風機の使い方をマスターするためには、私たちの睡眠と体温の関係を把握することです。私たちの体は眠りに入る時、体温が下がっていきます。脳を休ませるために、体が省エネモードになるからです。つまり、体を冷やすと眠たくなるわけです。眠りに入ると、深部体温は1.5度も下がると言われています。私たちは寝汗をかきますが、これは体温を下げるために必要なことです。早朝になると体温は1日の中でも最低になり、徐々にここから体温が上昇します。低血圧の人は寝起きが良くないという話を聞いたことはありませんか?低血圧の人は体温が上がりにくいので、起床が苦手になるわけです。

このメカニズムを理解したうえで、エアコンや扇風機の正しい使い方をマスターしましょう。まず、眠る前に寝室にはエアコンをかけておきましょう。室温を下げるためです。もし眠るときになってからエアコンをつけると、室温が適温になるまでに時間がかかり、なかなか寝付けなくなることもあるでしょう。だいたい眠る1時間くらい前からエアコンをつけて、適温になるように調節しましょう。また、掛布団をめくっておくのもおすすめです。せっかく部屋は涼しくなったのに、掛布団が重なっている状態だと、寝具の内部が熱のこもった状態になってしまうからです。

エアコンを眠る前にはつけるけれども、ベッドに入ったら消してしまうという人もいるようです。しかし、この方法はおすすめできません。スムーズに入眠するためには、深部体温を下げる必要があるからです。もし眠る際にエアコンを切ってしまうと、また元の気温に戻ってしまいます。室温が高くなると深部体温が下げられず、睡眠の質が下がって朝起きられなくなったり、暑さで夜中に目が覚めてしまったりすることにもなりかねません。少なくとも眠ってから2時間くらいはタイマーをつけて、部屋を冷やし続けたほうがいいでしょう。

暑がりの方の中には、タイマーを設定すると、夜中に暑さで目が覚めてしまうという人もいるかもしれません。タイマーが切れてしばらくすると暑さで目が覚め、またクーラーを入れてしまうということであれば、ずっとエアコンをつけ続けてもいいでしょう。しかし、冷房で長時間となると、体を必要以上に冷し過ぎてしまいます。そこでおすすめなのが、除湿で28度くらいの設定にして、エアコンをつけっぱなしにするものです。これなら体を冷やしすぎることはないですし、湿度を低くすることで暑さによる不快感もなくなるでしょう。湿度が高いと汗をかいたときに蒸発しないので、体が冷えません。湿度を低くすれば、28度設定でもそれほど暑苦しくは感じないでしょう。

もしエアコンをつけっぱなしにするのであれば、起床予定の2時間前にはエアコンが切れるように、タイマーを設定しましょう。朝起きる時には体温が上がってくるので、冷えないようにするためです。起きる少し前からエアコンを消し、室温を上げておくと、朝にシャキッと目が覚めます。

エアコンと扇風機を併用している人もいるでしょう。エアコンの室温を少し高めに設定しても、扇風機の風を当てれば涼しく感じられるからです。もし扇風機も一緒に使うのであれば、足元に風が当たるようにポジショニングしましょう。眠っている時、私たちの体温が下がっていくことは紹介しましたが、手足から放熱することで下げています。足に扇風機の風を当てればスムーズに体温を下げられ、入眠しやすくなります。こちらも、起床予定時刻の2時間前までには切れるようにタイマー設定しておくと、体温が徐々に上がって、起床すべき時刻になったら目も覚めるでしょう。

扇風機の中には、風力の強弱を設定できない機種もあるはずです。この場合には、自分の身体ではなく、部屋の壁に風を当てるようにするのがおすすめです。こうすれば、いったん風が壁に当たって、バウンドする形で体に当たります。すると、そよ風のようになって、必要以上に体が冷える心配もなくなります。

おすすめなのが、天井に風を当てる方法です。暖かい空気は上の方に溜まる傾向があるので、そこに風を送ることで空気が混ざり、室温を効率的に下げられるわけです。また、上に向けて首を振るようにするのもいいでしょう。天井周辺の暖かい空気に、まんべんなく涼しい空気を当てることができるからです。

このように、エアコンや扇風機をうまく活用すれば、寝不足になりがちな夏場もしっかり眠れるようになります。しかし、中には夏場、きちんと眠ることができないと悩んでいる人もいるでしょう。そのような場合には、睡眠薬を活用してみるのも一つの方法です。睡眠薬は通販サイトから購入することも可能です。テジャスメディシンは業歴も長く、多様な睡眠薬を取り扱っています。興味のある人は一度、ホームページをチェックしてみてください。
2021/10/09
寝汗がすごくて眠れない…原因と対策を紹介
起きたときに寝汗でぐっしょり、という経験はありませんか?寝汗をかくのは、多少のことなら別に普通のことなので、あまり心配する必要はありません。しかし、大量に汗をかくとなると、睡眠の質を低下させてしまいます。

そもそも、私たち人間は睡眠時に体温を下げることで、深い眠りに入っていけます。その体温を下げるために、汗をかくことがあります。ですから、多少汗をかくくらいであれば、別に心配する必要はないのです。しかし、別に部屋の中が暑いわけではないのに服がぐっしょり濡れていて、何度も夜中に目が覚めるようであれば、何らかの問題が起きていると思ったほうがいいでしょう。大量に寝汗をかくのにはいくつか要因が考えられます。

まずはストレスです。過剰にストレスの溜まった状態が続くと、自律神経が乱れてしまいます。交感神経と副交感神経の切り替えがうまく機能せず、体温調整機能に狂いが生じてしまい、その結果、尋常ではない寝汗をかいてしまうのです。

睡眠環境に問題があると、寝汗が気になってしまいます。寝具や服が吸水性にすぐれない素材であれば、汗をかいても吸収してくれません。すると、「寝汗がひどい」と錯覚してしまうのです。また、エアコンが適温でないと汗をかく可能性もあります。適切にエアコンを使って適温に調整する、吸水性に優れた寝間着を着用するように心がけるなどの対策が必要です。

寝汗で悩んでいるのは、女性が多いようです。女性の寝汗の場合、ホルモンバランスが崩れている可能性が疑われます。ホルモンバランスが乱れると、自律神経も乱れやすくなります。そこで、体温調整がうまくいかなくなって、大量の汗をかいてしまいます。ホルモンが影響している場合、寝汗の他にも、ほてりやめまいなど、いろいろな症状も同時に起こるので、こちらで見分けましょう。

生理の時に大量の汗をかくという女性もいるでしょう。この場合、PMS(月経前症候群)が原因かもしれません。排卵すると、女性の体内ではプロゲステロンという女性ホルモンの量が増えます。プロゲステロンには体温を上げる効果があり、その結果、体温を下げるために大量の寝汗をかくことがあります。

このように、寝汗がたくさん出る原因にはいろいろな要素が絡んでいると言われています。

寝汗が気になるのであれば、生活リズムを見直してみましょう。生活習慣の乱れが起こると、自律神経が乱れやすくなるからです。規則正しい生活を意識すれば、自律神経も安定し、寝汗を大量にかきにくくなります。

就寝リズムを整えましょう。平日と週末で何時間も寝起きが変わってくると、どうしても体内時計が狂ってしまいます。休みでも夜遅くまで起きず、適度なところで就寝し、朝もあまり遅く起きないように心がけましょう。また、食事のリズムも大事です。食事をとる時間がばらばらになっているのであれば、できるだけ同じ時間に食べられるようにしましょう。1日3食しっかり食事をすることも大事です。

寝汗をかく原因の一つに、ストレスがあることはすでに紹介しました。そこで、ストレスをできるだけ溜め込まないように心がけましょう。そのためには、適度にストレス発散することです。趣味に没頭できる時間を作りましょう。趣味がなければ、運動をするのがおすすめです。ウォーキングやストレッチなど、無理のない範囲で体を動かせば、ストレスも解消できるはずです。また、お風呂に浸かる習慣をつけることも大事です。お風呂に入ることでリラックス効果が得られ、自律神経も安定してくるでしょう。

夏や冬にはエアコンを使って、適温に室内を調整することが大事です。もしエアコンを使っても寝汗がひどいというのであれば、除湿器も使ってみるといいでしょう。室温が適切でも、湿度が高いとどうしても汗をかきやすくなりますし、ひとたび汗をかいてもなかなか気化しません。湿度も同時に下げましょう。布団の場合、寝汗をたくさんかくと、湿度がこもりやすくなります。この場合、除湿マットなどを使うと、湿度を逃がしやすくなります。汗を多少かいても、不快な思いで寝不足になる心配もなくなります。

もし寝汗が気になってなかなか眠れないというのであれば、睡眠薬を使ってみるのも一つの方法です。一度使ってしまうとずっと使い続けないといけないと誤解している人も多いようですがそれは間違いです。睡眠薬に依存性はないですし、今では高い効果の期待できる睡眠薬も出ていますので、購入を検討してみてください。

睡眠薬は、通販サイトから手軽に注文できます。睡眠薬通販サイトの中でおすすめなのが、テジャスメディシン(旧:テジャスファーマ)です。テジャスメディシンは睡眠薬を多数取り扱っていますし、業歴も長く、リピーターも多いです。利用者から信頼されているサイトですから、初めて利用する際にも不安に感じることはないでしょう。テジャスメディシンのサイトにアクセスしてみれば、いろいろな商品のラインナップされていることがわかるはずです。
2021/10/05
そもそも人間にとってどうして睡眠が必要なのか?
空気や食べ物、水など、人間が生きるのに絶対に必要なものがいくつかありますが、実は、睡眠も絶対になければならないものなのです。ところが、なぜ人間が生きるのに睡眠が必要であるのか、その理由を説明できる人はそれほど多くありません。

人間が睡眠を必要とする理由はいくつかありますが、まず重要なのが、睡眠中に脳をメンテナンスすることです。日中活動している時は、脳は常にフル回転しています、しかし、その構造は非常にデリケートで、ちょっとしたことで脳のリソースは費やされ、機能が低下してしまうのです。そのため、人間は睡眠を取ることによって脳を休息させ、その時間を使ってメンテナンスまでしています。

もちろん、脳の休息やメンテナンスだけでなく、体自体の疲労を回復する目的も睡眠にはあります。どれほど体力自慢の人でも、眠らずにずっと働いていると、やがては疲れ果てて動けなくなってしまうでしょう。ところが、一定時間睡眠を取るだけで体力が回復し、また元気に活動できるようになるわけです。

では、脳や体の休息と疲労回復には、どのぐらいの長さの睡眠時間が必要なのでしょうか。これに関してはいろいろな人がいろいろなことを言っていますが、確たることは言えないのが実情です。

あえて言うなら、「人によって必要な睡眠時間の長さは違う」でしょう。体格や体質、性別、年齢など人によって違うように、その違いに合わせて必要な睡眠時間も違うのです。

加えて、生まれつきあまり眠らなくても大丈夫の人もいれば、人並み以上に長時間眠らなければもたないという人もいます。いわゆる「ショートスリーパー」、「ロングスリーパー」と呼ばれる人たちですが、こうした傾向は生まれつきのもので、努力によって変えることはできないそうです。

いずれにせよ、人によって必要な睡眠時間は異なるということですので、自分にとって最適な睡眠時間を見つけるには、自分でいろいろ試してみるしかありません。そうやって、最も熟睡でき、快適に目覚められる時間を見つけ出します。

そうはいっても、だいたいの傾向は言うことができます。一般的に、子どもの方が必要な睡眠時間は長く、年齢を重ねるほどに眠る時間が短くなるのは多くの人がご存じの通りです。

子どもは10時間、大人は8時間の睡眠時間がベストのように長く言われていましたが、一概にすべての人には当てはまらないものの、ある程度の目安になります。ショートスリーパーでない人が6時間以下の睡眠を長く続けると、健康を害するリスクが高いので注意してください。

では、睡眠不足はどのように健康に悪いのでしょうか。

先ほどお伝えしたように、睡眠は脳や体の疲労回復やメンテナンスのために必要なので、もし睡眠が不足すると、脳や体の疲労が十分回復できないため、パフォーマンスが落ちてしまいます。

テストの直前に一夜漬けで勉強した経験のある人も少なくないでしょうが、これは効果のない方法です。睡眠不足によって脳のパフォーマンスが落ちているため、眠らずに勉強しても勉強したことが頭に入ってきません。むしろ、わずかでも睡眠を取ってから勉強した方が、脳の疲労が少しでも回復するため良い結果が期待できます。

睡眠不足が健康に悪いことはわかりましたが、では、どうやって質の良い睡眠を取ればよいのでしょうか。なかなか寝付けなくて熟睡できないという人もいるはずです。また、長時間眠ったつもりでも、疲れが取れていないということもあるでしょう。そういう人のために、今日、明日からできる対策をいくつかお伝えします。

まず、起床後はすぐに太陽の光を浴びることです。人間は太陽の光によって体内時計が設定されるため、朝、目が覚めた時に、もともと太陽の光を見るようにプログラムされています。人間の体内時計のサイクルは25時間ぐらいとされており、1日24時間の長さよりもやや長いです。そのため、起きた時に太陽の光を浴びて、「今が1日の始まりだ」と脳と体が認識しないと、徐々に体内時計が後ろへとずれていってしまいます。

理想は、朝、起きて外を散歩することですが、それが難しい場合も、窓際などに行ってなるべく太陽の光を浴びるようにしましょう。たとえ曇りの日でも部屋の照明より太陽光ははるかに明るいため、体内時計のリセットに効果があります。

夜ぐっすり寝るためには、夕方ごろの運動がおすすめです。運動すると体が疲れてよく眠れるだけでなく、運動によって脳の温度が上昇するため、床に就いてから通常より脳の温度が下がりやすくなります。いったん上がった脳の温度がガクッと下がった時がすっと寝入れるタイミングです。

ただし、寝る直前に運動すると、かえって逆効果になるので注意してください。床に就く3時間ぐらい前には運動を終えるようにしましょう。

眠る前の入浴も効果的です。これも体の温度をいったん上げることになるため、寝る前に体温が下がっていき、すっと寝つけるようになります。

簡単にまとめると、熟睡のためには生活習慣を整えることが大切だということです。しかし、なかなかそれが難しいという方もいるでしょう。運動や入浴を試みても、なかなか寝付けないという場合もあるはずです。そういう時は、睡眠薬の力を借りてみるのもよいのではないでしょうか。
2021/10/01
何時間眠ったかは関係ない?質の良い睡眠を取るために大切なこと
何時間睡眠が理想的なのか、昔からいろいろなことが言われていました。8時間睡眠が良いという話を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。ところが、最近の研究では、睡眠時間に確たる基準などなく、その人の体質や年齢、性別などによって、理想的な睡眠時間も変わるということです。

また、必要な睡眠時間は年齢によって徐々に少なくなってくることがわかっています。さまざまな研究をまとめた結果によると、10歳児に必要な睡眠時間は8~9時間とされていますが、15歳を過ぎると8時間を切り、25歳頃には7時間程度で十分になります。65歳頃には6時間で十分になる人が多いので、個人差はありますが、成人なら7時間前後眠れていれば大丈夫でしょう。

したがって、必ずしも8時間の睡眠時間が確保できていなくても、睡眠不足を心配する必要はありません。ただ、健康的な睡眠を取れているかどうかの基準が一つあります。それは、日中に眠気を感じないことです。

何時間寝ても日中に強い眠気を感じるようなら睡眠不足が疑われるでしょう。睡眠不足は健康の大敵です。集中力の低下やストレスなどの精神的な悪影響だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、精神的にもうつ病や認知症などのリスクが高まることがわかっています。というわけで、睡眠時間よりも眠気を感じないだけの質の良い睡眠をとることを意識してください。

では、質の良い睡眠とはどのような睡眠なのでしょうか。

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠というサイクルを繰り返しています。レム睡眠とは、眼球が高速に運動している浅い眠りの状態のことです。それに対してノンレム睡眠とは、眼球の動きが止まっている深い眠りのことを指します。このレム睡眠とノンレム睡眠を、人はだいたい一晩で4回から5回繰り返すとされており、体と脳がしっかり休息できるのがノンレム睡眠の時です。

1回の眠りの中で何回かノンレム睡眠が訪れますが、ノンレム睡眠は常に一定のレベルではありません。寝てから最初に訪れるノンレム睡眠が一番眠りが深くなっている状態で、この時こそ脳と体の疲労回復が進むのです。この最初のノンレム睡眠さえしっかり確保していれば、少々睡眠時間が短くてもぐっすり眠れたという感覚が得られます。

最初のノンレム睡眠が訪れるのが、だいたい寝入ってから3時間後ぐらいですが、この時間には成長ホルモンの分泌も活発になることに注目です。

成長ホルモンというと、成長期の子どもが分泌するホルモンだと思いがちですが、そうではありません。成長の止まった大人にとっても必要なホルモンなのです。寝ている時に分泌される成長ホルモンによって、疲労が回復され、損傷を受けた細胞が修復されることがわかっています。

寝入ってから3時間ぐらい経って活発に分泌されるようになるのが成長ホルモンですが、逆に、目覚めの近い夜明け頃になると活発に分泌されるようになるのがコルチゾールです。

コルチゾールもホルモンの一種であり、体内の脂肪をエネルギーに変換する働きがあります。コルチゾールに肌のコンディションを悪くするなど悪いイメージを持ってる人もいますが、これもやはり体にとって必要なホルモンなのです。ただ、睡眠の質が下がっていると、成長ホルモンがしっかり分泌されず、コルチゾールばかり分泌されてしまうため、コルチゾールと肌荒れが結びつけられやすいことがあります。実は、それはコルチゾールのせいではなく、十分に成長ホルモンが分泌していないため、細胞の修復がされていないのが原因です。

というわけで、睡眠の質を高めるには、寝入ってから最初のノンレム睡眠が訪れ、成長ホルモンが活発に分泌され始めるまでの時間が非常に大切だということです。では、どうすればこの時間帯にしっかり眠ることができるのでしょうか。

基本的なところでは、体内時計を整えることが大切です。体内時計は朝、太陽の光を見るとリセットされますので、毎朝目が覚めた時に太陽の光を浴びるようにしましょう。朝、太陽の光を浴びると、夜になると自然と眠くなります。

他にできることといえば、枕や布団などを質の良いものに変えることです。自分に合わない枕を使っていると、睡眠の質が下がるばかりか、口呼吸や肩こりの原因になることがあります。人によって体格はそれぞれですので、既製品の枕がすべての人に合うわけではありません。本当に自分に適した枕をお求めであれば、実際にあなたの体を計測して専用の枕を作ってくれる寝具メーカーにあたってみましょう。

寝具といえばマットレスも大切ですが、もっと見落としがちなのがパジャマです。最近ではパジャマを着ずに部屋着のままで寝る人もいますが、寝る時はコットン製の薄手の生地のパジャマがおすすめです。これだと寝返りがしやすくしっかり汗を吸い取ってくれるので、安眠しやすくなります。

いろいろ対策をしてみてもどうもしっかり眠れないという場合は睡眠薬も検討してみましょう。睡眠薬も正しく使えば怖がる必要はありません。スムーズに眠れるようになったら、使うのをやめればよいだけです。
2021/09/28
健康維持には質の良い睡眠が大切!
最近、睡眠時間を確保できてないと思ったり、自分が睡眠不足かもしれないと感じたりしたら、健康を害してしまう可能性があります。早期にしっかり寝る時間を確保することが求められます。普段であれば何も考えずに眠くなったら寝るのが一般的ですが、睡眠時間だけでなく、質の良い睡眠をしっかり取ることも重要です。睡眠の質が悪ければ、睡眠時間が長くてもちゃんと疲れが取れなくて、結果的に寝不足と同じような結果になってしまいます。質の高い睡眠を取ることで心身の疲労を回復させることができるからこそ、睡眠は人間の健康に大きく関わってくる大切な生活習慣になります。

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、これにはちゃんとした理由があります。人間の身体では、睡眠中に成長ホルモンが分泌されています。しっかり寝ることで成長ホルモンが分泌されることで、身体の疲れを取るだけでなく、記憶力を向上させ、覚えたことを忘れないように、脳を活性化させる効果もあります。

一概には言えない部分もありますが、日本人だと、平均7時間以上睡眠を取れば、健康にも良い状態になると言われています。日本国内の調査を見ると、1日あたりしっかり7時間睡眠を取っている人の死亡率が低い、というデータもあります。ただ、忙しい日本人が毎日しっかり7時間以上の睡眠を確保しなければいけないと考えてしまうと、かえって生活サイクルが崩れてしまうとか、神経質になりすぎることで寝るという行為自体がストレスになってしまうということも考えられます。

とはいえ、普段から継続的に寝不足の状態になっていると、様々な症状が現れることがあります。それに気づいて寝不足だと自分自身で認識できれば良いのですが、そのまま睡眠時間を確保しない生活を送っていると、日中でも眠かったり、頭がスッキリせずにぼーっとしてたりします。身体の疲れが取れず、脳が酸欠状態になってしまい、頭痛に悩まされることもあります。それが続くことで、身体の様々な機能が低下し、頻繁に吐き気やめまいが襲ってくることもあります。

このような身体の症状だけでなく、精神的にも追い込まれてしまい、気分が不安定になったり、イライラすることが多くなったりするのも、寝不足が原因で起こってしまう症状の1つです。その症状が進行するにつれて深刻な病気が発症してしまう可能性もあるからこそ、睡眠不足がいかに健康に悪いかということを十分に意識して、健康を維持するために睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の質にもこだわることが望まれます。

まずは、意識して睡眠時間を確保するために生活習慣を変えていくことが求められます。優先順位で考えたときに、睡眠よりもどうしても仕事やプライベートの充実を優先させてしまう人が多いです。しかし、家に帰る時間が遅くなり、ご飯を食べてすぐ寝ると、寝ている間に食べたものを消化するためのエネルギーが持って行かれてしまうので、身体が休まらないままとなり、結果的には睡眠の質が浅くなってしまう状況に陥ってしまいます。

睡眠時間を確保できるようになったら、睡眠の質にもこだわってください。基本となるのが、寝る時間を毎日一定に保つということです。同じ時間に寝ることができれば、身体が順応するようになります。寝る時間がバラバラだと自然に眠気が誘発されにくくなりますし、深い眠りに就くのが難しくなります。

寝不足の人は寝る時間をしっかり確保し、質の高い睡眠を得るために、自分自身で生活習慣の改善を取り入れることが重要です。それでも思うように寝不足が解消できない場合は、睡眠薬を摂取するのも1つの方法として考えるべきポイントになります。睡眠薬を購入する際におすすめしたいのが、個人輸入サイトを利用することです。ネットから簡単に注文をすることができて、確実に送ってくれる安心のサービスを提供しているのがテジャスメディシンです。この通販サイトは日本人が運営していて、注文してから1週間から2週間を目安に届けてくれます。

扱っている睡眠薬は、エスゾピクロンを中心に、デジレルやリフレックスなどです。特に、エスゾピクロンは日本でも使われている睡眠改善剤として知られていて、寝不足が続いて悩んでいる人にとって救世主となる薬になるでしょう。エスゾピクロンの特徴として、他の薬と比べて少量で効果を実感できるので、大量に服用することなく、依存性のリスクを抑えられるというメリットがあります。

デジレルは受容体阻害作用があり、睡眠を誘発する効果がある薬です。本来はうつ病の薬として使われていますが、睡眠誘発作用もあることから、テジャスメディシンでは睡眠薬として販売されています。この薬を服用することで、8時間効果を期待することができます。

こういった睡眠薬としてよく知られている薬を扱っているテジャスメディシンを利用して、確実に睡眠の問題を解消し、健康を維持して楽しい毎日を過ごしましょう。
2021/09/24
不眠を解消するための睡眠薬導入から減薬・休薬までの流れ
誰しも一度は、眠りたいのに眠れないという不眠の症状を経験したことがあるのではないでしょうか。コロナ禍の混とんとして先の見通せない時勢の中、日本では5人に1人は不眠症の兆候があるとも言われています。眠れないことだけでもつらいのに、さらに翌朝から日中にかけては眠気やだるさに襲われて集中力も欠くため、仕事も含めた日常生活に支障をきたすことも懸念されます。そうした不眠による生活への支障が3カ月に渡って継続すると、それは不眠症であると診断されます。不眠症の原因は不安や心労など精神的原因が多いのですが、その治療においては、段階を踏みながら慎重に施される必要があります。

不眠症を治療するには、まず自分がどのようなタイプの不眠症なのかを特定する必要があります。なかなか入眠しにくい障害なのか、入眠に障害がなくとも夜中に目覚めてしまい、その後はもう眠れなくなるタイプなのか、または目覚ましをかけている時間よりもはるかに早い時間に目が覚めてしまうタイプなのか、全く熟睡できたという満足感を得られないタイプなのか、その種類は1つではありません。実際に不眠症を引き起こした原因を探究するのと同時に、この不眠症のタイプを見極めて適切な対応を取ることが早期解消に結びつきます。いずれにしても治療の第一歩は、すぐに薬に頼るのではなく、正攻法としての生活改善から始められます。簡単に言えば、継続的で適度な運動と、規則正しくヘルシーな食事を実践することです。さらに、いわゆる寝酒は入眠に効果があるイメージですが、実は睡眠の質を下げ、症状を悪化させることさえありますので、止めるべき生活習慣と言えます。またコーヒーは眠気をとばす、タバコも同じ効果があるとも言われますが、これは正しく、コーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンは、覚醒作用を有しているため、入眠を困難にさせる傾向があります。他にも寝る直前までパソコンやスマートフォンの画面を見続けていると、ブルーライトの覚醒効果によって、やはり目がさえて眠りづらくなってしまいます。さらには、入眠にとって有効な環境作りも考慮しましょう。具体的には、寝室を快適な温度や湿度に保つこと、または白色電灯には覚醒効果がともなうため暖色系の間接照明を取り入れる、入眠時間から逆算して効果的な時間に入浴してリラックスするなども有効でしょう。

こうした生活環境や生活習慣において、不眠の解消に推奨される方法を実践し、避けるべき悪い習慣を改めることによっても不眠の症状が改善されない場合は、その必要性に応じて睡眠薬の使用へと段階を進めます。睡眠薬と一言で表しても、実際には大きく分けて4種類に分類されます。まずベンゾジアゼビン系ですが、脳の神経伝達物質の働きを抑え、結果的に脳を休ませることで眠りやすくなる睡眠薬です。薬として使われている歴史も長く、効果の高さも実証されていますが、ふらつかせるような副作用も見られやすく、薬に中毒性もあってやめにくいというデメリットも有しています。その点、2つ目の非ベンゾジアゼピン系は、不眠解消に効果のある部分だけを残し、副作用のリスクを減少させたタイプの睡眠薬と言えます。3つ目は、近年になって使われ始めたメラトニン受容体作動薬と呼ばれる睡眠薬です。メラトニンという体内時計の調節に影響するホルモンと同じように作用することで、入眠と覚醒のリズムを調節します。もう1つは最も新しい睡眠薬で、オレキシン受容体拮抗薬と呼ばれており、覚醒作用のあるオレキシンというホルモンの働きを抑制し、自然な入眠を促します。睡眠薬の種類を選ぶことも大切ですが、服用する頻度にも注意が必要です。もし症状が軽ければ、眠れない時にだけ服用するようにしますが、週に何日も症状が現れるなら、集中的に毎日服用して、状態が改善されたら薬の量を減らしていくという方法が効果的であるとされています。そして、万が一睡眠薬に効果が全く見られなければ、それはうつ病などを発症している可能性も高く、精神科医の診断を仰ぐ必要が生じるかもしれません。

可能であるならば、生活習慣の改善によって不眠症を解消できれば最も望ましいのですが、睡眠薬を使用しても十分な眠りを確保できたのであれば、それは素晴らしいことです。状況が改善されてからも薬の服用を続けても、今後は効かなくなってしまう懸念も生じるため、不眠の症状が改善されたら、薬の服用量を減らしたり、しばらく服用を休止することも重要です。可能であれば、症状が出たらすぐに睡眠薬の服用を開始し、眠れるようになったらピタッと止めるのではなく、睡眠薬を減薬する場合は、少しずつゆっくりと時間をかけて行う必要があります。急にブレーキを踏むような減らし方を行うと、不眠がぶり返したり、動悸や吐き気をともなう不安感があおられるという副作用を引き起こしますので注意が必要です。こうした睡眠薬は個人輸入代行のテジャスメディシンで簡単かつ安心して購入することが可能です。
2021/09/21
睡眠は健康な身体を維持するために必要不可欠!睡眠薬の有効な利用法とは?
毎日決まった時間に寝て決まった時間に起きるという、誰しもが行う生活習慣が睡眠です。睡眠をとることは、生きていくうえで必要不可欠なことですが、それと同時に健康な身体を維持するためにもとても重要なことでもあります。睡眠はただ単に疲れた身体を回復するためだけのものではなく、心身ともに疲労回復を行い規則的な睡眠習慣を作ることも大切です。規則的な睡眠習慣には、体内時計を整えるというはたらきがあります。体内時計を整えることで、睡眠に備えた正常なホルモン分泌が行われ、身体の生理的な活動の調整をしてくれます。このために必要な睡眠は、ただ眠るという動作ではなく質の良い睡眠をとることが重要となるのです。

質の良い睡眠とは、寝つきが良く、ぐっすり眠れて寝起きにすっきりできていることが定義と言われています。睡眠の質は人によりますが、自分にとって必要な睡眠時間が十分に確保できていることが大前提となり、快適な睡眠がとれているかがポイントとなります。質の良い睡眠をとることで、体温調整や身体の中の崩れたリズムを修復して成長ホルモンの分泌を正常に促すはたらきをサポートします。このはたらきによって、身体の代謝を活発にすることや自律神経のバランスを整えるための原動力となります。

睡眠の質をあげることにより、心身の疲労回復の効果は高くなります。また、普段目には見えない脳内や臓器などに蓄積した疲労までをも修復できることも、質の良い睡眠の大きなメリットと言えます。その結果、身体も心も健康に保ち、生活習慣病などの予防にもつながるのです。

反対に睡眠不足となった場合には、身体や心に不調をきたすリスクが高くなってしまいます。日々の睡眠時間が短いことや慢性的な不眠に悩まされているなど、十分な睡眠時間が確保できていないと仕事などに対する意欲の低下や、日中突然眠気におそわれてしまったり注意力の低下・倦怠感などの不調があらわれます。仕事などの作業効率の低下や注意力不足が招くミスなどを起こしやすくなり、ひどい場合にはホルモン分泌異常や自律神経機能の低下などにも影響してしまう可能性もあります。

十分な睡眠をとれていない身体では、食欲を抑えるレプチンというホルモンが著しく減少します。反対に食欲を高めるグレリンというホルモンが多く分泌され、食欲が増大してしまうことで食事の時間が不規則になってしまいます。また日中の眠気に耐えきれずに昼寝などで短時間の睡眠を刻んでしまうと、本来身体を動かす時間である日中の活動量が減ってしまい、運動不足にもつながることから肥満のリスクも高まってしまうのです。また、慢性的に不眠に悩まされていたり無呼吸症候群などの睡眠障害を抱えていると、交感神経が緊張している状態が続いてしまいます。交感神経とは、自律神経の中でも興奮などの刺激を身体に伝達する役割を担っていますが、これが正常にはたらかなくなることで血管の収縮やストレスによる炎症、血糖値を上昇させるホルモンの異常分泌などを引き起こす要因となります。その結果体内の代謝異常が起こり、心筋梗塞・糖尿病・高血圧などの生活習慣病のリスクが高くなる傾向にあります。

睡眠不足を解消するためには、規則正しい生活リズムを保つことが重要となります。バランスの良い食事をある程度決まった時間に適度な量を摂取し、日中はきちんと身体を動かして習慣的に適度な運動に取り組むことで、決まった時間に眠気を誘い入眠できるように促すための準備運動となります。体内時計が正常にはたらいていると、決まった時間に身体が自然と起床することを促すのです。これを繰り返すことで常に質の良い睡眠をとることができ、メリハリのある生活を送ることができると言えます。

睡眠の質をあげるためには、就寝3時間前までには食事を終わらせておくと良いでしょう。眠るときには摂取した食事の消化が十分にできていることが理想と言われています。食後にすぐ眠ってしまうと、消化活動を優先するようにできている体内では内臓が休める時間が極端に短くなってしまいます。睡眠時間を同じだけ確保できていたとしても、眠りが浅くなってしまったり疲れが取れずにすっきりと目覚められなくなってしまいます。仕事の都合などで就寝までの時間が長く確保できない場合には、なるべく消化に良いものを摂ることを心がけてください。また毎日の入浴にも、睡眠の質をあげるポイントがあります。熱いお湯に長く浸かっていると、身体により負担がかかってしまい疲れがとれにくくなってしまいます。就寝前の入浴はぬるめのお湯で長風呂になりすぎないことも良い入眠につながります。

仕事などの影響でどうしても睡眠時間を十分に確保できず、寝不足状態が続いてしまうという人もいるかもしれません。そんな身体では疲労は蓄積する一方です。そんな時は睡眠薬に頼ってみても良いかもしれません。大切な身体の健康のためにも、質の良い睡眠を心がけてみましょう。
2021/09/17
睡眠と健康の関係
睡眠は1日の多くを占めるもので、人生が100年とすれば、25~30年という長い月日が睡眠に当てられることになります。そして、何よりも、質がよく十分な睡眠をとることは日中の活動に大きな影響を及ぼします。日本人は平均して1日7時間眠るといわれていますが、これは世界的に見ると短い部類に入るようです。2018年に行われたある調査によれば、主要28か国中、もっとも眠っているのはフィンランド人女性の平均7時間45分でした。これに対し、日本人男性は28か国中最短となる6時間30分だったという結果が出ています。私たち日本人は世界的に見て眠る時間がとても短いのです。もちろん一人ひとりの睡眠時間は異なるわけであり、1日平均3時間しか寝ていないという人もいて、そのような人でも日中元気よく活動できているという人もたくさんいます。逆に、10時間眠ってもまだ寝足りなくて日中ボーっとしてしまうという人もいるでしょう。それから、年齢とともに夜中に目が覚めるようになったり、朝早くに起きてしまうというのは国を問わず多くの人に起こる現象です。70歳を過ぎれば、睡眠中に熟睡することはほとんどなくなってしまうともいわれており、常に中途覚醒しやすい状態にあります。しかし、不眠症と診断されるのは、睡眠によって昼間の活動に支障に及ぼすか否かが問題となります。例え短くても日中の活動に支障がなければ不眠症ではないとなるのです。

とはいえ、個人差はありますが、必要とされる睡眠時間はだいたい6~7時間といえるようです。睡眠時間と死亡リスクについて行われたある調査では、長すぎても短すぎても死亡のリスクは上がるという結果が出ています。睡眠時間が適切ではない状態が長く続くと、がんや生活習慣病、うつ病、また、アルツハイマー型認知症など、実に多くの病気を発症しやすくなることが分かっているのです。

長く眠れば良いわけではないといっても、やはり日本人にとって不眠症は国民病といえるようです。特に、不眠によって日中に思うような活動ができない場合、速やかに改善するようにしたものです。まずは、ゆっくりと温めのお風呂に入って心身ともにリラックスするようにしましょう。シャワーは簡単で良いのですが、できればバスタブにお湯をはってのんびりとした時間を過ごすのがオススメです。リラックスすると副交感神経が優位になるので、スムーズな入眠につなげることができます。また、デスクワークなどで日中にほとんど体を動かさないという人は適度に運動することが望まれます。体が疲労すればそれだけでぐっすり眠れるからです。疲れ果てるほど強い運動をする必要はなく、軽いウォーキングなどで心地よい汗を流すと良いでしょう。それから、交感神経を亢進させるカフェインは控えるようにし、スマホを寝る前に見るのもやめましょう。スマホなどの強い光は、脳を刺激して寝付きを遠ざけてしまいます。寝酒もオススメはできません。お酒は確かに入眠効果があるのですが、熟睡を妨げるので途中で目が覚めやすくなります。他にも、休みだからと昼まで寝ていたり、長い時間昼寝をするというのも、睡眠のリズムが狂ってしまうので出来るだけ避けたいものです。私たちは地球の自転に合わせて24時間周期で生活していますが、体内時計といわれる周期は25時間です。毎日生じる1時間の誤差を修正してくれるのが光なので、朝起きたら太陽の光を浴びるようにしましょう。決まった時間に寝起きするのは睡眠の質を高めるのにとても大切なことといえます。

しかし、さまざまな対策をしてもまったく効果が得られないという場合には、睡眠薬や睡眠導入剤を試してみるのも一つの方法なのではないでしょうか。ドラッグストアにも睡眠改善薬が売られていますが、効果という点では比べ物になりません。特に、精神的な問題から眠れなくなっているのなら、睡眠薬や睡眠導入剤は大きな助けになってくれるはずです。有効成分が不安や緊張を効果的に和らげ、スムーズに眠りにつくようサポートしてくれるでしょう。睡眠薬と聞くと、一度飲んだら飲まずには眠れなくなってしまうといった依存症が気になる人がいるかもしれません。しかし、最近は非ベンゾジアゼピン系といって、極めて依存度の低い睡眠薬が中心になっています。そのため、ほとんどの人は安心して服用することができるはずです。非ベンゾジアゼピン系の薬は副作用が少ないこともうれしいポイントです。価格が抑えられているジェネリックもたくさん出回ってるので、費用が気になる方も気軽に試すことができます。寝る前の他、一旦横になったものの眠れないとなった時に服用すると効果を発揮してくれるでしょう。1時間に満たないような短い時間で自然な入眠に誘ってくれるはずです。また、不眠症は他の病気と同じく、初期の段階ほど改善するのに時間がかかりません。症状が重くならない内に試してみるのがオススメです。
2021/09/14
お酒と一緒に睡眠薬を飲むのはNG!どのくらい経ったら飲んでもいい?
眠れないときに、お酒を飲んで酔っ払おうと思う人はいるでしょう。しかし、お酒と睡眠薬を一緒に飲むのは良くありません。睡眠薬とアルコールを同時に摂取するのは禁じられています。特に、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬との併用は避けましょう。というのも、両者を分解するにあたって同じ酵素が使われるからです。一緒に摂取すると酵素を二手に分けないといけなくなり、分解に時間がかかってしまいます。両方の作用が強まってしまい、その結果、記憶障害やふらつき、呼吸の抑制などが起こりかねません。場合によっては翌日も効果が継続して、眠気にさいなまれることもあり得ます。

もし睡眠薬を飲もうと思っているのであれば、お酒が完全に抜けてから服用するのがおすすめです。お酒が完全に抜けるまでにどのくらい時間がかかるかですが、目安と言われているのが、日本酒1合の分解に4~5時間程度です。これ以上の量を飲めば、完全に抜けるまでにさらに時間がかかってしまいます。

ちなみに、女性は男性と比較すると、お酒の分解に1.5~2倍程度時間を要するとされます。さらに、年齢が上に行けば行くほど代謝も悪くなるので、もっと時間がかかる恐れもあります。もし睡眠薬を飲むのであれば、その日はお酒を控えるのがいいでしょう。

なかなか眠れない人の中には、アルコールを睡眠薬代わりに活用している人も多いでしょう。しかし、眠るためにアルコールを摂取するのはおすすめできません。アルコールを飲んだ直後はリラックスして、眠りに就きやすくなるかもしれません。ただし、睡眠の後半でアルコールはむしろ覚醒させる作用が勝ると考えられています。その結果、夜中に何度も起きてしまって、結果的に睡眠の質も低下してしまいます。しっかり眠るためには、アルコールを飲んで何とかするのは控えた方がいいです。しかも長期的にアルコールを摂取すると、お酒をやめてもしばらくは睡眠の質が低下したままで、その状況は半年から1年間は続くと言われています。

また、アルコールの場合、断酒したくてもできなくなる可能性があります。アルコール依存症に苦しんでいる人も少なくありません。また、アルコールを飲み続けると耐性ができて、どんどん飲酒量が増えてしまう悪循環に陥る可能性があります。しかし、睡眠薬の場合は依存リスクは低いです。継続的に飲み続けても耐性の生まれる可能性は低いので、この観点からも、眠りに悩んでいるのであれば睡眠薬を服用しましょう。

睡眠薬を使用するにあたって、注意すべきポイントがいくつかあります。まず、睡眠薬は眠ろうと思っているタイミングで摂取しましょう。中には「早く効いてほしい」と思って、眠る何時間も前から睡眠薬を摂取する人もいるようです。すると、自分がベッドに入ろうと思っている時間よりも先に眠気のピークが来てしまいます。睡眠薬の効果が表れるのは服用してから30~60分後と言われていますので、このタイミングで服用しましょう。

睡眠薬を飲んだら、すぐにベッドに入ることも大事です。もし睡眠薬を飲んでから動き回っていると、せっかく効果が表れても、眠気が吹き飛んでしまって結局眠れなくなります。睡眠薬を飲んだら、テレビやスマホを見るなど余計なことをせず、横になって眠る準備を進めましょう。

最初にお酒と睡眠薬を一緒に飲んではいけないと紹介しましたが、その他にも一緒に摂取するのをやめた方がいいものがあります。1つはコーヒーやお茶です。コーヒーやお茶にはカフェインが含まれているので、脳を覚醒させてしまって、睡眠を妨げる可能性が出てきます。睡眠薬を使用するのであれば、夕方以降はカフェインの含まれる飲み物や食べ物は控えた方がいいです。カフェインはコーヒーやお茶の他にも、エナジー系のドリンクやチョコレートなどにも含まれているので、注意が必要です。

たばこに含まれるニコチンにも脳を覚醒する効果があります。睡眠薬の効果と相殺してしまう恐れがあるので控えましょう。たばこを吸うのであれば、睡眠の1~2時間前までにするよう心がけましょう。その方がより良質な睡眠がとれるからです。

睡眠薬によって不眠が改善したら、薬の服用を徐々に減らしていくといいでしょう。急に服用をやめる、まだ眠れないのに無理して睡眠薬をやめると、反動で眠れなくなる恐れがあります。無理してやめる人の中には「睡眠薬がやめられなくなるから」という人もいるようです。しかし、睡眠薬には依存性がないので、この部分は心配しなくてもいいでしょう。

睡眠障害で睡眠薬を使用するのであれば、長い目で対策するのがおすすめです。睡眠薬は通販サイトからでも購入できます。睡眠薬通販はいろいろとありますが、その中でもおすすめなのが、テジャスメディシンです。テジャスメディシンでは100錠や300錠など、睡眠薬をまとめて販売しています。何度も注文する必要がないので、面倒な手間も省けます。
2021/09/10
不眠状態を放置するのは危険!睡眠薬でとりあえずの睡眠習慣を確保しましょう
何かとこじれやすい人間関係を悩むあまり、そのストレスを蓄積してしまって、不眠症に陥ってしまうケースが非常に多いと言われます。職場の仲間から誤解されてしまうとか、上司に目をつけられているとか、家に帰ると妻のグチを聞かされて心が休まらないとか、自分ではどうにも対応しきれない問題を抱え込んでしまい、ただただ思い悩む毎日だという人もたくさんいます。

そういった悩みを抱え込んでしまうと、一番に犠牲になるのが睡眠習慣です。真夜中になり、一人静かにベッドに横たわっていても、人間関係の問題をあれこれ考えてしまって寝付けないことがあります。明日は仕事があるので無理にでも眠らなければならないと思うと、それがプレッシャーとなって、余計に頭が冴えてしまうのもよくあることです。

睡眠習慣はズバリ健康に直結します。睡眠中の副交感神経の働きによって、疲弊や老朽化した体組織の回復作業がなされるからです。ストレスや疲労の蓄積も睡眠中の副交感の働きによって緩和されますから、質の良い、時間的にも不足のない睡眠確保が最も重要となるのです。

ですが、睡眠はおろそかにされがちな生活習慣でもあります。特に、若い人は何かと睡眠時間を削って用事を済ませる傾向があります。確かに、若さがあるので疲労やストレスからの回復が早く、体機能の代謝力もそれほど落ちません。数日睡眠不足が継続しても、ダメージが小さいということがあります。

ですが、不十分な睡眠状態が長期化すれば、まずホルモンの分泌が不安定化して、体のあちこちで不具合が生じ始めるでしょう。人によっては、胃や腸の粘膜が部分的に劣化して、炎症や潰瘍ができてしまうかもしれません。また、神経伝達物質である男性ホルモン・テストステロンの分泌量が低下すれば、精力減退によるED症状が出てしまうかもしれません。

運動不足と睡眠不足が合わさって、筋力の低下による免疫不良が起こっている可能性もあり、ちょっとしたことで感染症が重症化するリスクもあるでしょう。睡眠習慣の悪化で体調は徐々に弱体化し、思わぬ健康被害に直面する可能性があることも知っておいてください。

その点で、中高年の人は危険度が高まります。一般的に、若い世代よりも高齢の世代は、必要とされる睡眠時間が短くなる傾向にあります。1日5時間ぐらいの睡眠で十分健康が維持できるのですが、それにも足りない睡眠悪化の状態が続けば、あっという間に体調不良を起こして、肝臓や心臓、脳などの重要な器官の回復・修復がままならない危険が出てくるでしょう。

あるいは、ホルモンバランスが乱れることで、精神的に不安定になって、うつ病などの精神疾患で、普段の生活が立ちいかなくなってしまうリスクも高まります。男性も女性も加齢が進むと、ホルモン分泌量が大幅に減少してしまいます。それで更年期障害が始まるわけですが、睡眠習慣に問題のある人ほど、更年期障害の症状が重くなる可能性があるのです。

50代であればまだまだ働き盛りと頑張りたい年代ですが、なぜかやる気がわいてこないという精神状態に陥る人もたくさんいます。ふと集中力が低下してしまって、普段なら考えられないようなうっかりミスを連発するケースもあります。睡眠習慣が不安定だというだけで生活上のトラブルが増えて、健康面でもいろいろと問題を抱えてしまうのです。

若い人でも、更年期を迎えた人でも、睡眠習慣には十分に気を使っていくべきでしょう。もし3日連続で眠りが浅かった場合、眠れない原因を考えるようにおすすめします。過度の仕事で疲労蓄積していたとしても、人間関係で思い悩んでいたにしても、そのまま放置しておくのは良くありません。

疲れが酷すぎて神経が逆立って眠れない場合は、気持ちを緩めるためにお酒を飲むとか、ぬるま湯で30分ほど半身浴でしっかり汗を流すなどで、睡眠を誘うことができるかもしれません。人間関係で悩んでいるなら、思い切って相手に思いをぶつけるなどして、積極的に問題解決をするべきかもしれません。

仮に不眠状態が1週間も続くならば、体のどこかに不調が生じて、精神状態も不安定化していきます。そのまま放置すれば、うつ症状が出たり、胃が痛み出したり、片頭痛が生じるなど、病状が現れるかもしれません。それは大問題です。とにかく安心して熟睡できる状態に戻さなければまりません。

そこで頼りになるのが睡眠薬です。自分の症状に合った睡眠薬を適量服用することで、過度の疲労状態でも、思い煩いに苦しんでいても、てきめんに眠ることができます。しかも、健康回復のカギとなるノンレム睡眠が得られます。

睡眠薬にはいろいろと種類があるので、1つの睡眠薬が効かなかったからといって、それはあまり問題ではありません。自分に効果のある睡眠薬を適切に服用して、睡眠習慣が改善するまで継続していけば、やがて疲労は回復します。

悩みや思い煩いの場合は、根本問題が解決しなければ不眠症は再発する危険がありますので、睡眠薬で眠れる状態を維持しつつ、問題解決の対処を進めていきましょう。とりあえず、睡眠確保を行ってください。
2021/09/07
女性は必見!更年期に起こりやすい睡眠トラブル、どう解決する?
睡眠トラブルは、老若男女、誰にでも起こりやすいトラブルです。特に、ストレスなど精神的な部分が原因で引き起こされることは多いですし、生活環境やライフスタイルによっても睡眠トラブルは起こりやすくなります。

原因がたくさんある睡眠トラブルですが、女性の更年期もまた、睡眠トラブルの原因となることはご存知でしょうか?更年期というのは、女性ホルモンの分泌低下で閉経が起こり、それが自律神経のバランスを崩すなど、さまざまな不快な症状が現れる時期です。人によってどんな症状が出るかは異なりますし、症状が出る度合いも違います。

それでは、更年期障害の症状の一つである睡眠トラブルが起こると、どんな影響があるのでしょうか?まず、睡眠トラブルが起こることによって、これまでと同じ質の良い睡眠をとれなくなってしまいます。なかなか寝付けなかったり、寝ても眠りが浅くてすぐに起きてしまうこともあるでしょう。また、深夜や早朝になぜか目が覚めてしまい、そこから再入眠できなくなってしまうという人もたくさんいます。

睡眠の質が低下すると、翌朝の活動にマイナスの影響が出てしまいます。起きた時のシャキッとした感じがなく、朝起きただけなのに既に疲れているという事態も起こりかねません。それに、寝不足だと昼間に眠くなってしまい、日中の活動にもマイナスの影響が出てしまいます。

また、睡眠の質が悪いと寝ている間の新陳代謝が十分に行われず、翌日のお肌の調子が悪かったり、肌がくすんでいるなどの美容面でのトラブルも起こりやすくなります。皮脂分泌が過剰になってしまい、メイクのノリが悪くなることもあるでしょう。

更年期障害の睡眠トラブルは、ただの睡眠トラブルでは終わらないリスクを秘めています。慢性的な睡眠トラブルを抱えてしまうと、精神的なバランスが崩れてしまうことが多く、鬱などメンタル面でもツラい更年期症状が起こってしまいます。

このような更年期における睡眠トラブルは、ホルモンバランスの崩れが原因で起こるため、完全に予防することは難しいものです。しかし、普段からいろいろな点に注意したり工夫することで、症状がひどくなるのを防げたり、起こった睡眠トラブルを軽減したり解消することは可能です。具体的に、どんな方法があるのでしょうか?

1つ目におすすめの方法は、自宅に引きこもらずに、一日に一度は必ず外に出るという方法があります。更年期障害を迎える年齢の女性は、多くの場合には子供は既に巣立っているため、専業主婦なら一日中自宅にいて、一歩も外へ出ない生活をすることも可能です。しかし、自宅に引きこもっていたのでは、ますます症状が悪化するだけです。

外出するということは、人とコミュニケーションを取ったり、普段とは異なる景色を見たりして、気分転換ができるというメリットがあります。また、外に出れば日光を浴びることができ、自律神経のバランスを改善できるという効果も期待できるでしょう。日光を浴びると、脳からメラトニンというリラックス成分が分泌されます。このホルモン成分の働きによって、夜になればなんとなく疲れたなと感じたり、眠くなることができます。なかなか寝付けない人は、ぜひ天気が良い時に散歩などをして、たっぷりと日光浴できる環境を作ることをおすすめします。

また、自宅に引きこもりがちな人は、パートやボランティアなど、社会とのつながりを作ることも効果的です。経済的に働かなくても大丈夫という人でも、外に出て他人とおしゃべりしたりコミュニケーションを取ることは、メンタルヘルスの面では高い効果が期待できます。

2つ目におすすめの方法は、体を動かす習慣をつけるというものです。ジムに通ってハードな筋トレをする必要はありませんが、ウォーキングやジョギングなど、疲れすぎない運動を毎日の生活に取り入れましょう。仕事で帰宅時間が遅い人なら、自宅でできるストレッチやヨガなどでもOKです。

体を動かすことによって交感神経が活性化され、心拍数が上がり体温も高くなります。しかしその後、運動を止めると、心拍数が下がって体温も低くなるわけですが、その際には副交感神経が優勢な体内環境となります。その結果、疲れて眠くなることができます。

睡眠トラブル解消のために運動する場合には、注意したい点があります。それは、寝る直前の運動はNGという点です。寝る直前に運動をしてしまうと、心拍や体温が上がっている状態で、寝なければいけません。脳がまだ興奮状態にあるので、すぐに眠ることは難しいでしょう。運動をしたら、心拍と体温が下がる時間を確保しなければいけないので、運動するならできるだけ早めの時間がおすすめです。

もしも生活習慣を改善してもなかなか睡眠トラブルが軽減できない場合には、睡眠薬を使うという方法もおすすめです。特に入眠トラブルで悩んでいる人なら、持続時間が短時間の睡眠薬を使えば、布団に入ったらスッと入眠できるので、眠れるかどうか不安を感じながら布団に入ることがなくなります。
2021/09/05
睡眠薬も選択肢に入れながら睡眠障害の解消を目指していこう
現代社会において睡眠健康の問題が大きくクローズアップされる機会が増えています。睡眠環境の悪化が日常生活のパフォーマンスを大きく低下させているからだけでなく、それがうつ病をはじめとした心の不調と深く結びついていることも多く、なかなか思うように改善できずに悩んでいる人が増えているのがその理由として挙げられます。

睡眠健康を妨げる最大の原因となる睡眠障害は、本人が原因をうまく把握できないまま発症・進行することも多く、また睡眠障害に陥ってしまったと自覚しても、なかなか思うような対策を取れずに改善できないケースも多く見られます。日中の眠気、注意力の低下、さらには疲労の蓄積や体調不良などの問題を抱えながらもよい対策がとれずに悩み続けている、という方も多いようです。

睡眠健康を維持し、また睡眠障害をどうやって改善することができるのでしょうか?そのためには、そもそも睡眠を妨げるさまざまな要因を知っておくことが欠かせません。そのうえで要因の中で自分がどれを抱えやすいのか、抱えるのを防ぐためにはどうすればいいのかを検討していくわけです。

睡眠健康を妨げる要因は、大きく4つのタイプに分けることができると言われています。まず睡眠環境の要因。睡眠を妨げる騒音がその代表格ですが、ほかにも酷暑や時差、あるいは睡眠環境のちょっとした変化で眠りが妨げられてしまうケースも見られます。例えば布団やマットレスを替えた、新しい枕を購入して睡眠時の頭の位置がかわった、など。ちょっとした違和感が思わぬ形で睡眠の妨げになってしまうことも多いのです。また夏場の熱い夜に無理をして冷房を消して眠ろうとすると、暑さへの不快感からなかなか眠りにつけなくなってしまう可能性もあります。

2つ目は生活環境がもたらす要因です。現代人にありがちなのが、睡眠前の食べすぎと運動不足です。暴飲暴食や不規則な食生活で睡眠前に食事をとって、お腹の中に食べ物が残っている状態だと消化活動が活発になるため、思うように体が休息を取れず、睡眠状態に移行しにくくなります。現代人は仕事などの都合で食生活が不規則なものになりやすく、それが睡眠健康に悪影響を及ぼしてしまうことも多いのです。

運動不足は筋力の低下や血行不良の原因となることで、体がだるい、疲労がなかなか抜けないといった状態から睡眠不足に陥る原因となります。適度な運動による心地よい疲労感は質の良い睡眠へと促すよいきっかけになりますが、運動不足は逆に眠れない状態をもたらしてしまうのです。

ほかには、カフェインやアルコールの過剰摂取といった問題もこのタイプに挙げられます。

3つ目は身体的な要因。アトピーやアレルギーなどで皮膚のかゆみに襲われている、何らかの怪我や病気で痛みに晒されているなどで眠りが妨げられてしまうケースのほか、思春期や女性の生理不順など、ホルモンの問題で眠りにつけなくなってしまうケースもあります。

4つ目は現在問題として、取り上げられる機会が増えている精神的な要因です。先述したうつ病など心の病の可能性はもちろん、緊張な不安による自律神経の乱れによって脳が活発になってしまっている状態、眠ろうとすると将来の不安や現状の悩みが脳裏によみがえってきてなかなか眠れない状態などが該当します。

睡眠健康を維持する、または睡眠障害を改善するためには、こうした要因の中から自分が該当するものを排除していくことが大前提です。まずは自分がどんな問題を抱えているのか確認してみましょう。

ただ厄介なのは一度睡眠障害に陥ってしまうと、要因を改善しようにもなかなかうまく行かない面があることです。体が眠れない状態になってしまっているため、生活環境を改善しても、心身のリラックスを心がけても、睡眠環境を整えてもなかなか寝付けないのです。そんなときには逆にまず、「眠れる状態」を作った上で要因の解消を図る方法がおすすめです。

まず眠れる状態を作ることで、体の疲れや精神的な不安・緊張・イライラを和らげることができますし、生活環境の乱れとともに、乱れていた睡眠サイクルを修復することができます。まず睡眠障害がもたらす心身の問題を改善することで、要因を排除していくことができるようになるわけです。

そんなときに役立つのが睡眠薬や睡眠導入薬です。自発的に眠れないなら薬の力を借りて眠ろう、というわけです。睡眠薬というと、副作用が怖いといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の睡眠薬は安全性も高く、日中の軽い副作用(注意力の低下やふらつき、倦怠感など)に気をつければ健康に深刻な影響を及ぼすことはありません。

大事なのは、正しい用法・用量を踏まえたうえで薬に頼るのではなく、睡眠健康そのものの改善を図りながら睡眠障害の解消を目指していくことです。これを前提に賢く活用すれば、より効果的に睡眠健康を取り戻していくこともできるでしょう。

こうした睡眠薬・睡眠導入剤は、テジャスメディシンなどの個人輸入代行業者で購入することができます。例えばルネスタ錠のように少量で効果が見込めるうえに、耐性や依存症のリスクが少ない薬もあります。なかなか睡眠障害を改善できずに悩んでいる方はこれらの薬も選択肢に加えたうえで、改めて環境の改善を目指してみてはいかがでしょうか。
2021/09/02
リモートワークによる睡眠不足を改善する方法と対策
在宅で仕事をするリモートワークを採用する企業が増えています。リモートワークの利点は、通勤することなく、自宅と会社をネットワークで繋いで仕事ができることです。電車や車などで長時間の通勤をする必要がなくなり、ストレスも低減できるといったメリットがあります。一見すると、とても魅力的なリモートワークですが、リモートワークによる弊害も報告されるようになりました。

リモートワークによる弊害のうち、多くなっているのが、生活リズムの変化に伴う睡眠障害です。リモートワークは自宅で仕事ができるため、便利な働き方ですが、自宅で仕事をすることにより通勤する機会が失われ、運動不足になっている人が増えています。通勤で適度に歩行することで、夜になると眠気が自然に催すようになりますが、運動する機会が失われたことで、夜になってもよく眠ることができず、朝起きても疲れが残ってしまい、仕事に対するモチベーションが奪われてしまうという悪循環に陥ります。

もう一つ考えたいのが、通勤をすれば否が応でも外出することになり、太陽の光を浴びる機会がありますが、リモートワークだと外出する機会が大幅に減少するため、日光に当たる機会が少なくなり、これが睡眠障害に繋がっているという事実です。

日光に当たると、体内時計がリセットされることに加えて、体内でセロトニンが生産されます。セロトニンというのは、睡眠ホルモンとも言われるメラトニンの産生に深く関わっているホルモンで、セロトニンが分泌されないと、当然メラトニンも分泌されなくなり、眠れなくなってしまいます。

セロトニンの分泌量減少は、入眠しにくくなるという弊害を引き起こすだけではありません。睡眠時間が減少すると、体の各部分に影響を与えるようになります。その一つが糖尿病です。睡眠不足と糖尿病の関係はこれまでも研究されてきましたが、研究の過程で新たにわかったのが、セロトニンが減少すると、糖尿病になりやすくなるという事例です。

外出時間の減少は、セロトニンが作られる機会を奪うことになるばかりか、それにより糖尿病を引き起こす危険性をはらんでいるため、睡眠不足を感じている人は早急に睡眠障害を改善する必要があります。

先ほど、日光は体内時計をリセットする働きがあるという話をしました。人間には体内時計と呼ばれる機能があらかじめセットされていて、25時間の周期で体内時計が動いていることがわかっています。1日は24時間ですから、体内時計と実際の時間には差があるため、この差をなくすためにリセットする必要があります。

朝起きて日光を浴びると、この体内時計がリセットされるため、睡眠不足の原因を解消できるようになります。もしテレワークで睡眠不足を感じている場合には、朝起きたら窓を開けて、朝日を浴びるようにすることをお勧めします。浴びる時間は15分程度でも効果があると言われていますので、ベランダでゆっくりコーヒーを飲むなど、日光を浴びるような生活を意識的に続けることが大切です。

日光を浴びると体内時計がリセットされるだけでなく、体内でビタミンDを生産するのをサポートしてくれます。ビタミンDはカルシウムを体内に吸収するのを助ける栄養素で、骨や血、肉を形成するのに不可欠なビタミンです。ビタミンDが不足すると、カルシウム不足などの問題を引き起こすため、骨粗鬆症などの症状の引き金になることもあります。

毎日外で15分程度日光を浴びるだけで、ビタミンDの必要量を生産できるとされています。朝起きた時に日光を浴びる習慣を確立できれば、睡眠障害だけでなく、ビタミンDの不足も解決できることになります。

通勤時間がなくなった分、その時間を運動と日光を浴びる時間に置き換えることで、睡眠に必要なセロトニンを確保できるようになります。セロトニンやビタミンDの不足を解決するルーティンとして、毎朝起きた時点で、日光を浴びるためにベランダで一定時間を過ごしたり、軽いウォーキングを楽しんだりすることをお勧めします。

時間は何度も言っているように、15分程度あれば十分に必要が充たせるため、これくらいなら自分でもできそうだ、と感じる人も多いかもしれません。雨や曇りの日は日光が感じられないと思うかもしれませんが、ベランダや外に出ることで、十分な紫外線を浴びることができます。つまり、陽が出ていない日でも、意識的に外に出ることで、睡眠を改善するのに必要なホルモンやビタミンを得ることができます。

中には、仕事が忙しかったり、住環境の関係でベランダがなかったり、と思うように上記のことを行えない人もいるでしょう。また、外に出る機会を作っても、夜になるとなかなか寝付けないと言った悩みを抱える人がいるのも事実です。そのような場合には、睡眠薬を活用するのも一つの方法です。睡眠薬の成分は、効果が現れた後は全て排出されるため、心配する必要はありません。時には睡眠薬を活用して、睡眠健康を保つようにすると良いでしょう。
2021/08/28
朝起きたら既に疲れている、そんな人がトライしたい睡眠改善方法とは?
理想的な睡眠をとることができた翌朝には、シャキッと爽快な目覚めで起きることができますし、気分もスッキリしているものです。しかし、寝不足だった時や、寝ても睡眠の質が悪かった時には、朝起きても前日からの疲れが取れていなかったり、心の中に靄がかかったようなぼんやりとした気持ちになってしまう事が少なくありません。

スッキリ快適な朝を迎えるための睡眠は、睡眠時間と睡眠の質という2つの要素をどちらも高いハードルでクリアしなければいけません。理想的な睡眠時間は1日平均7時間から8時間程度で、この時間をグッスリ熟睡することによって、気持ちの良い朝の目覚めを手に入れることができます。

しかし、誰もがそんな理想的な目覚めを毎朝実感できているわけではありません。不規則な生活習慣や多忙を極める人だと、慢性的に睡眠不足が続いてしまうことも少なくないでしょう。慢性的な睡眠不足の状態になると、自律神経やホルモンバランスが崩れ、集中力が低下したりやる気が起きないなど、普段の生活にもマイナスの影響が出てしまいます。そうならないためには、できる範囲で睡眠の質を上げるための工夫が必要不可欠です。

睡眠の質を上げるためのポイントは、安心感です。布団に入る時に心配事や不安なことがたくさんあったり、明日の仕事の心配をしてしまうと、なかなか快眠することは難しいものです。快眠のためには、その日の心配や不安は、できるだけその日のうちに解決するようにしましょう。

ただし人によっては、問題やトラブルを一晩寝かせることで、良い解決策が見つかると考える人もいます。もちろん、そうした理論も間違っているわけではないでしょう。しかし、そうしたトラブルや問題を寝かせることで自分自身が睡眠不足になってしまうのでは、意味がありません。もしも寝かせているトラブルや問題があるのなら、寝る前に簡単にメモに残しておき、寝る時にはできるだけ頭の中を空っぽにするのがおすすめです。

翌日に大切な面接や会議などを控えていると、何を着て行けばよいかという点で悩んでしまう人も少なくありません。この解決方法は簡単です。寝る前に翌日の服を全て選べばよいのです。スーツやシャツなどは、靴やバッグなどもすべて揃えてトータルコーディネートするとともに、外出する際には何を持って行かなければいけないのかも考えて、全て揃えておきましょう。メイク道具など朝に使うアイテムに関しては、メモ書きしてバッグのそばにおいておけば、入れ忘れてしまう心配はありません。こうすることによって、寝ている時に考えなければいけない要素を一つずつ減らすことができ、快眠へと近づけます。

翌朝に早く出社しなければいけない時にも、眠れなくなってしまう人は少なくありません。その場合には、目覚まし時計を1つだけではなく、2つか3つぐらい準備しておけば、安心して眠れるのではないでしょうか。布団から少し離れた場所に目覚まし時計を置いたり、セット時間を少しずらしておけば、起きたけれど二度寝してしまう癖がある人でも安心です。

眠る前に入眠しやすい体内環境を作ることもまた、睡眠の質を高めるという点では高い効果が期待できます。例えば、忙しい人だとお風呂の時間がどうしても寝る直前になってしまったり、夜は時間がないから朝起きてからシャワーを浴びるという人もいます。外出する前に体を綺麗にするという点では、どちらも間違いではないでしょう。しかし、快眠のために体内環境を整えるという点では、寝る直前のお風呂では体温が上がり過ぎてすぐに眠ることは難しいですし、朝のシャワーでは睡眠の質にプラスの効果は期待できません。もしも時間的に可能なら、お風呂は布団に入る2時間から3時間ぐらい前までに済ませておき、シャワーではなく湯船にゆっくり使って筋肉のコリをほぐしたり、体を温めて代謝をあげるのがおすすめです。

肩こりや背中のこりがひどい人は、寝る前にマッサージをしたり、ヨガやストレッチなどで全身の筋肉をリラックスしておくと、布団に入るとスッと入眠しやすくなります。

こうした寝る前のちょっとした作業は、睡眠の質にとっては大きな効果が期待できます。翌朝のことを心配しなければ、大きな安心感で眠りにつくことができますし、筋肉のコリをほぐしておけば安眠しやすい体内環境を作ることもできます。こうすることで、体内ではリラックスすると分泌されるメラトニンが分泌され、睡眠の質がグッと高まります。

もしこうした工夫でも満足できる効果が出ない場合には、睡眠系のサプリメントを使うと良いでしょう。サプリメントは体内環境を整える効果が期待でき、規則正しい生活などをあわせることによって大きな効果が期待できます。

それでも睡眠の質がイマイチな時には、睡眠薬を使うという方法も検討してはいかがでしょうか?睡眠薬にはいろいろな種類があり、持続時間が異なります。ライフスタイルや睡眠時間に合わせて適切なものを活用すれば、朝までグッスリ眠ることができ、爽快な目覚めで毎日を始めることができるでしょう。
2021/08/25
周囲がうるさくて眠れない…そんなときにおすすめの防音対策とは?
眠れないときにはちょっとした物音も気になってしまうでしょう。静かな環境の中でしっかり眠りたいと思っているのであれば、防音対策を検討するといいでしょう。生活音のほかにも家族のいびきで眠れずに悩んでいる人は結構多いようです。

安眠するための防音グッズはいろいろと出てきています。例えば安眠ドームがあります。イメージとしては、テントのコンパクトタイプといったところでしょうか?こちらで顔を覆ってしまいます。音だけでなく電気や日光の明かりなどからもガードしてくれます。静かで真っ暗な環境であれば、寝つきも良くなるでしょう。しかも冬場は冷気をカットできるので、寒さに苦労することもないです。昼夜逆転の生活をしているけれども、日光で眠れないといった人にもおすすめです。顔周りをカバーすることで適度な閉塞感が得られます。これが一種のリラクゼーション効果をもたらしてくれるとも言います。

ホワイトノイズマシンも安眠グッズとして注目されています。ホワイトノイズとはいろいろな周波数を含む音を指します。風の吹きつける音など、自然環境の中でも聞かれる音です。ホワイトノイズマシンは、この自然な音を人工的に発することのできる器具です。ノイズといっても自然環境の中で発せられる音なので、神経を鎮める効果が期待できます。ホワイトノイズを聞いていると自然と眠気を催すといわれています。いろいろな形状の商品が出ていて、携帯できるようなコンパクトタイプ、フック付きでベッドのわきにかけることができるなどいろいろとあります。さらにはBluetooth対応で、日中はスピーカーとしても活用できるような機種も見られます。音が気になって、夜なかなか眠れないという人にはおすすめです。

また防音対策として定番なのは、耳栓です。簡単に装着できますし、100円ショップでも販売されているのであまりお金をかけることなく防音対策をしたい人におすすめです。ただし耳栓の場合、耳の中に長時間いれていると違和感を抱いたり、痛みを感じたりする人もいるでしょう。また眠っている間に寝返りを打って、耳栓が外れてしまうこともあり得ます。朝起きたときに耳栓のないことに気づき、どこに行ったかわからないといったことも起こりえます。

耳栓にはいろいろな種類があります。一般的なのはスポンジタイプのものです。100円ショップで販売されているものは、たいていがスポンジタイプといっていいでしょう。その他にはシリコン製の耳栓もあります。シリコン粘土を原料とした耳栓のことで、自由に形が変わります。どのような耳の穴にもフィットするので遮音性にも優れています。ちょっとした音でも気になるという人にはおすすめです。

耳栓の進化バージョンとして、イヤーマフと呼ばれるグッズも販売されています。イヤーマフは一見するとヘッドフォンのような形状をしています。耳当ては耳を全体的にカバーするような形状をしています。耳全体をカバーすることで、音をシャットアウトする方式です。肌に当たるところにパッドが装着されているのですが、柔らかい素材が使われています。就寝中のような長時間装着していても耳の痛くなることはまずないでしょう。

イヤーマフのスペックを見てみると、「NRR値」と呼ばれるデータの表示されている商品が多いです。これはアメリカの環境保護庁というところが査定する指標です。この数値が高ければ高いほど、それだけ遮音性に優れています。もしちょっとした音でも気になってしまうようであれば、NRR値のより高いイヤーマフを購入するといいでしょう。

耳栓もイヤーマフも高い遮音性を誇ります。ですからもしかすると目覚まし時計をセットしても、その音をシャットアウトしてしまう危険性があります。仕事などの関係でどうしても決まった時間に起床しなければならないのであれば、音だけでなく時間が来ると光を発して知らせてくれるような目覚まし時計を用意するといいでしょう。

部屋や家をリフォームできるのであれば、防音対策も進めるといいでしょう。例えば寝室のドアを防音ドアに取り換えると、ささやき声などもカットできるかもしれません。また幹線道路や線路の近くだと、車や電車の走行音がうるさくて眠れないという人もいるでしょう。その場合、二重窓にリフォームするのも一考です。窓を二つ取り付けることで、よりしっかり外部の騒音をカットできるからです。

どうしても眠れないというのであれば、睡眠導入剤を使ってみるのも一つの手です。睡眠導入剤は通販サイトからでも手軽に注文できます。睡眠導入剤の通販サイトの中でもおすすめなのが、テジャスメディシンです。100錠や300錠といったまとまった単位で販売されている商品もあります。睡眠薬の使用頻度が多いと、量が少なければ何度も繰り返し注文しなければなりません。しかしテジャスメディシンのようにまとめ買いができると注文する頻度も少なくなり、面倒な手間を省けます。
2021/08/21
年を取るほどに眠りが浅くなる早く目が覚めるようになる理由
睡眠にはさまざまな役割があります。体や脳の修復、精神の安定、記憶の定着などです。睡眠が足りないと脳機能が低下し、疲れやすくなるほか、注意力も散漫になってしまいます。実際、高齢者のアルツハイマー型認知症は睡眠不足とも大きく関係しているとのことですので、高齢者の方こそ睡眠健康には十分気をつけましょう。

ところが、年を取るほど眠りが浅くなり、夜中に何度も目が覚めるというようなことがあります。そうでなくても、若いころと比べると自然に早起きになったという方は少なくないのではないでしょうか。なぜこのようなことが起こるのかというと、若いころと年を取ってからでは、睡眠の取り方が自然と異なってくるからです。

多くの方がご存じのように、睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」という2種類があります。

一般的には、人は眠るとまずノンレム睡眠に入り、そこからレム睡眠とノンレム睡眠が90分ぐらいの間隔で繰り返されます。若い人の場合、就寝後の3時間までに何度か深い睡眠が訪れ、眠りの後半になるほど浅い睡眠が多くなります。

ところが、高齢者になると、健康には問題なくても深い睡眠が少なくなります。このため、年を取るほど夜中に目が覚める頻度が増えるわけです。

ただ、これは健康に問題があるわけではなく、老眼や白髪などと同じく、一般的な加齢に伴う生理現象と考えてよいでしょう。眠りが浅くて夜中に少し目が覚めたところで、日中問題なく元気に過ごせるのであれば問題ありません。

一方、眠りが浅いことで健康に問題を感じている方は、ご自身の睡眠を見直す必要があります。特に3か月以上体調不良が続いている方は不眠症を疑いましょう。

睡眠の加齢による変化は、体のメカニズムとも大きく関係しています。一般的に私たちは、朝目が覚めて夜眠くなるものです。こうした睡眠と覚醒が交互に繰り返されるのが体内時計なのですが、ここで注意が必要なのは、この体内時計は地球の周期とピッタリ同じではないことです。

地球は24時間かけて一周しており、私たちの生活もそれに合わせて24時間サイクルで行われています。ところが、体内時計のサイクルは、24時間ではなく約25時間なのです。地球の自転と約1時間違っています。

ただ、朝目が覚めて太陽の光を見た時にこのズレが解消されるため、毎朝起きて日の光を見ることで、体内時計も毎日リセットされるのです。

また、体内時計のリズムはメラトニンと深部体温が大きく関係しています。

メラトニンとは睡眠に関係するホルモンのことで、夜にかけて盛んに分泌されるようになり、睡眠中に最も分泌が活発になります。

深部体温とは、体の表面ではなく、奥深いところの温度のことで、こちらは1日のうち時間帯によって変動しています。朝目が覚めてから徐々に上がり始め、日中にピークになり、夜にかけて低くなるという具合です。一般的に、熟睡している人が多い午前2時ごろに深部体温は一番低くなります。

上記が通常の体のメカニズムなのですが、年を取るとこれがちょっと違ってくるのです。日中の深部体温の変動は若いころと比べて小さくなり、それに伴い、メラトニンが分泌される量も減っていきます。そのため、夜になると眠くなるという自然のリズムも乱れてきて、夜寝つきが悪くなり、また、眠ってもすぐに目が覚めて、自然と早朝に目が覚めるというふうになっていきます。

普通のレベルの早起きなら問題ないのですが、眠ることができないために早起きとなってしまい、そのせいで体内時計がどんどん前倒しになると問題です。

長く眠ることができないゆえに早く目が覚めると、その日はいつもより早く眠くなるので、就寝時間も早くなるでしょう。すると、翌朝はさらに早く目覚めることになります。そうやってどんどん前倒しになり、しまいには昼夜逆転になってしまうのです。

これを防ぐには、体内時計をしっかりリセットすることです。体内時計をリセットするのは、朝起きた時に太陽の光を浴びることと述べました。高齢者の方で眠りの浅さが気になる方は、朝起きた時にまず太陽の光を浴びることを意識してみましょう。できれば、外に出て日の光の下、少し散歩するぐらいが理想です。

逆に、太陽の光によって目が覚めるのが早すぎて困るという場合は、日光が入らないように寝室に暗幕などを張ってみてください。太陽の光を浴びた瞬間に、脳は目を覚ます時間だと認識し、そこから体内時計が動き出します。ですから、その時間を意図的に遅くするのです。そうすれば、妙に早く起きてしまうということもなくなるでしょう。

ただ、高齢者の場合、日中の活動量が若い人と比べてどうしても少ないため、そのせいで睡眠時間も短くなると考えられます。活動量が多いほど、そのために疲労した心身を回復させるために長い睡眠が必要なのですが、日中活動していなければ、そもそも長く眠る必要がありません。したがって、年を取ると睡眠時間が短くなるのは自然な現象といえるでしょう。

そうは言っても、生活リズムが乱れるのは問題です。できるなら、日中しっかり活動して、睡眠物質をしっかり分泌させることが大切です。ただ、それができない場合もあるでしょう。「夜中に何度も目が覚める」「長く寝ていられない」など睡眠に問題を感じている場合は、睡眠薬の使用も検討してみてください。
2021/08/17
ぐっすり眠りたい、健康的な眠りを手に入れたい方にお勧めしたい睡眠習慣
ドラえもんの大親友、のび太くんの特技は寝ることです。漫画に3秒で眠るシーンがありましたので、印象に残っている方も多いことでしょう。しかし、その後のび太くんはさらに進化し、立っている位置から座布団を後ろ手に放り投げ、全く無駄のない動きのまま、なんと0.98秒と言う速さで眠りにつくシーンまでもが出てきていました。まさに眠りの天才と言えるでしょう。

ストレス社会の現代では、なかなかのび太くんのように素早く眠りにつくことができない、夜中に目が覚めてしまうと再び眠りにつくことができない、予定している起床時間よりも早く起きてしまい、もう少し寝たいと思っても眠れない…などの睡眠問題を抱えている人が増えてきています。ストレスの原因が改善されれば症状は改善されるかもしれませんが、ストレスとは暑さ、寒さなどの自然環境やその日の体調など様々な要因が複雑に絡み合っていることが多く、なかなか無くしてしまうことは難しいのです。眠れない、と思い込んでしまうことがもっとも大きなストレスの1つではないでしょうか。明日は大きな仕事があるので早く寝て体力を温存したい、朝早くから家を出ないといけない、大事な約束があるなど、考えれば考えるほど眠れなくなってしまい、ベッドの中で悶々としてしまう時間は辛いものです。

質の良い睡眠を得るために、生活習慣を改善したり、食事に気を使ったり、適度な運動をしてみたりするのはとても効果的です。仕事で1日中パソコンと睨めっこしていて、帰ってからもスマホを片時も手放さないような生活をしているような毎日でしたら、寝る数時間前にはスマホを触ることをやめてみるのも良いでしょう。小さなスマホに世界中から膨大な情報が流れ込み、どんどん追いかけるように見続けていると、脳がいつまで経っても興奮状態で休める状態にならず、寝つきが悪くなってしまうからです。ベッドにまでスマホを持ち込むような生活をしている方は、寝る前の決まった時間からはデジタルデトックスをすることをお勧めします。またベッドに入ってから考え事をするのも良くありません。心配事や悩み事は一旦頭の隅に置いておき、朝起きてから考えることにしましょう。

人間の身体というのは、適度な疲労があると疲労感を感じ、眠りにつきやすくなります。仕事で疲れているのに、帰ってきてからまだ身体を動かすのは億劫だと感じる方もいるでしょうが、仕事では脳が疲れて交感神経優位な状態になっている場合が多く、疲れているのに気持ちが昂っているため、眠りにつきにくいという状態になってしまうのです。

脳が疲れている時には、少しぬるめのお風呂に入りましょう。入浴後は身体が温まっている状態で、ゆったりした呼吸に合わせて軽いストレッチなどを行うことで、身体を副交感神経優位の状態へと導いていくことができます。副交感神経優位の状態になってくると、呼吸がゆっくりとしてきて、気持ちもゆったりと落ち着き、眠る準備ができてくることでしょう。

眠りにつきにくいという方で、お酒を飲んだら眠れるという方もいるとは思いますが、過度な飲酒で眠りに落ちてしまっても、睡眠の質が悪く、夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。同様に、コーヒや緑茶などカフェインを多く含む飲み物にも覚醒作用があり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりしてしまうので、控えた方が良いでしょう。どうしても何か飲みたい場合は、安眠効果のあるハーブティなどを試してみるのがお勧めです。

寝室の照明を工夫してみたり、寝具を変えてみたりというのも効果的です。枕が変わると眠れないという人もいますが、眠れないなら枕を変えてみたらどうか、という逆転の発想も、人によっては効果があることでしょう。

アロマオイルを利用するのもお勧めです。ラベンダーにはリラックス効果や治癒効果があり、カモミールにはストレスから心を解放してくれる効果があります。ベルガモットのような柑橘系の香りは、落ち込んでいる時に気持ちを明るくしてくれる効果もあります。ご自身のお好みの香りと効能を確認しながら、その日の気分でアロマオイルをブレンドして、寝室で焚いてみるのも良いかと思います。早く寝室に向かいたい、気持ちの良いベッドに潜り込みたいと思えるような快適な空間づくりも、睡眠の質を上げるのに効果的です。

色々と試してみてもやっぱりなかなか寝つきがよくないという方には、睡眠薬・睡眠導入剤を試されるのも良いでしょう。睡眠薬がないと眠れなくなるんじゃないかと心配される方もいますが、少量で効果があり、依存性のリスクが少ない薬もたくさん出ています。用法・用量を守って正しく服用することで、安心して眠ることができます。睡眠薬通販&薬の通販・テジャスメディシン[旧:テジャスファーマ]からご購入できますので、気になる方はぜひサイトをチェックしてみてください。

色々と思い悩んで、眠れない状況を悪くしていくのではなく、質の良い睡眠ができるように改善していけることを願っています。
2021/08/12
睡眠の質が下がると人生の質も下がる?!質の良い睡眠をゲットするための3つのポイント
ぐっすりと眠れた翌朝は脳がすっきりとして、何とも気持ちが良いものです。気分が軽やかになりますし、物事に対して積極的になります。体調も良くなることが多いので、人間にとって、誰しも睡眠はとても重要なものであると意識したことがあるでしょう。

しかし、最近の統計を見てみると、日本人の多くが、睡眠において様々な問題を抱えています。厚生労働省の発表によると、多くの日本人の睡眠には問題があり、特に女性において、健康被害が見受けられるとしています。睡眠時間が足りないことによる健康被害として、免疫力の低下や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の罹患、動脈硬化や脳障害などの発症リスクが上がることなどが挙げられます。

日本人の睡眠時間は欧米の人よりも短めですから、睡眠による健康被害を無くすためには、まず睡眠の時間を確保することが大切としています。目安として、女性は7時間36分、男性は7時間49分としていますが、これはあくまでも目安であり、その人その人の1日の活動量や年齢などによって、必要な睡眠時間は変わってきます。例えば、成長期の若年層は1日8時間の睡眠が必要と言われていますし、40代前後の働き盛りの人は7時間弱の睡眠時間でもOKと言われています。高齢者に関しては、6時間未満の睡眠時間でも健康被害が起こる確率が低いとされています。一概に、自分は何歳だから何時間寝なければならないと思い込まない方が良いです。

例えば、かの有名なナポレオンはショートスリーパーで有名で、睡眠時間が3時間だったことはご存知の方も多いでしょう。反対に、天才アインシュタインは10時間以上の睡眠が必要なロングスリーパーであったことが、割と多くの人に知られています。厚生労働省が指し示しているような睡眠時間はあくまでも目安であり、人によって適切な睡眠時間は違ってきますから、ある程度の睡眠時間を確保しつつ、自分の体調などに合わせて、睡眠時間を長くしたり、逆に短くしたりして、最適な睡眠時間を探っていくことが大切です。

睡眠による健康被害を考える上で重要なのは、睡眠の時間よりも質の方でしょう。人間は眠っている間に、レム・ノンレムの睡眠サイクルを続けています。ノンレムの時に副交感神経が優位になり、細胞分裂などが起こって、体の修復がなされています。ノンレム時間は代謝活動が活発になる時間であり、この時に壊れた細胞を修復することで、老化や病気を防ぐことができます。このことを考えると、いかにノンレム時間を作れるかが質の良い睡眠に繋がることがお分かりになるでしょう。

睡眠の質を上げる方法としていくつかあるうち、まず重要なのが夕食の時間です。人間は食事を摂ると消化活動にエネルギーを使いますから、食事をしてすぐに就寝してしまうと、眠っている間に消化活動を行うので、内臓を休めることができません。少なくとも床に着く3時間前には夕食を済ませておくことが大切で、もし残業などで帰宅が遅くなったら、胃に負担をかけないような軽めの夕食で済ませるようにしましょう。

食事と同じくらい重要なのが入浴です。疲れて帰ってきた後は、熱い湯船に浸かってさっぱりとしたいところですが、質の良い睡眠を得るためには、38度くらいのぬるめのお湯に30分くらい入って、じんわりと体を温めてリラックスすることが大切です。気持ちがリラックスすることで副交感神経が優位になり、自然に眠りにつくことができます。日本人の睡眠障害の中で最も多い不眠症は、寝付きが悪いという特徴があります。自然な形で眠くなって、お布団に入った瞬間に眠りに落ちることができるように、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってください。

睡眠の質を上げるためにもう一つ忘れてはならないのが、眠りの習慣化です。人間には体内時計があり、辺りが暗くなったら眠りに落ち、太陽の光を浴びることで自然に目が覚めるようになっています。しかし、忙しい毎日を過ごしていると、この睡眠のサイクルが乱れがちです。寝る前にスマホの画面など見ていたら、尚更、睡眠のサイクルはまともに機能しないでしょう。

そんな時おすすめするのが睡眠薬の利用です。寝付きが悪くて困るという人や、夜中に何度も目が覚める、朝いつも予定よりも早く目が覚めてしまうという人は、睡眠薬を利用して、質の良い睡眠を作ってしまえば良いのです。最近の睡眠薬はとても効果が高く、安全性にも配慮したものが多いので、睡眠障害を抱えて病気になるくらいだったら、睡眠薬をうまく利用して、決まった時間に眠りに落ちるようにしていきましょう。

長年、睡眠薬と睡眠健康について研究し、良質の睡眠薬を通販で販売しているテジャスメディシンを、多くの睡眠障害を抱えた人が利用しています。テジャスメディシンではインド製の高品質なジェネリック薬品を取り扱っており、高品質でありながらも低価格で睡眠薬を提供しているのです。睡眠の質が下がると、人生の質も下がってしまいます。充実した人生を取り戻すために、テジャスメディシンで自分に合った睡眠薬と出会ってください。
2021/08/06
夏の夜は暑くて寝苦しい!快適に眠るための方法とは
近年、夏の暑さが非常に厳しくなっています。気温が35度を超える猛暑日が続き、場所によっては40度近くまで上がることもあります。日中の暑さはもちろん、夜間の暑さが気になる方は多いでしょう。

夏の夜はあまり気温が下がらず、とても暑いですし、湿度が高くてジメジメします。とても不快で、なかなか寝付けない夜が続きます。結果的に寝不足になることもあり、夏場の夜の寝苦しさは深刻な問題だと言えるでしょう。では、暑い夏でも快適に眠るためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、エアコンをつけて快適な室温を保つことが重要です。中には、「エアコンをつけて寝ると風邪を引く」「体温が下がって体によくない」と思っている方もいるでしょう。たしかに、体温が下がると免疫力も低下して風邪を引きやすくなるかもしれませんが、エアコンが体に悪影響ばかり与えるわけではありません。

暑くて湿度が高い環境で眠っていると、大量の汗をかいて目が覚めます。喉も渇きますし、体の水分が奪われると、脱水症状や熱中症になる恐れがあります。風邪以上に深刻な事態に陥るかもしれません。ですから、エアコンをうまく活用して室温をコントロールする必要があるのです。

睡眠時に適切な室温は、だいたい26~27度です。低くしすぎると寒くて風邪を引く可能性がありますし、これ以上高いと暑さを感じます。26~27度をキープできれば、寝転んでじっとしていれば快適に眠れるでしょう。

ただし、エアコンをつける際には注意すべきポイントが3つあります。

1つ目は、体にエアコンの風が直接当たらないようにすることです。短時間であれば問題ありませんが、長時間当たっていると、汗が冷えて寒くなります。そのため、風向きには注意してください。どうしても風を避けられない場合は、隣の部屋のエアコンをつけて、扇風機で空気を循環させることをおすすめします。

2つ目は、室温だけでなく、湿度も調整することです。睡眠時に快適な湿度は50%前後なので、できるだけこの数字に近づくように調整しましょう。エアコンの場合は、ドライモードや除湿モードを駆使すると、コントロールしやすいです。エアコンと除湿器を一緒に使うという方法もあります。

3つ目は、体型や性別、年齢によって、温度を調節することです。筋肉量の関係で、一般的には男性よりも女性のほうが寒さを感じやすいです。さらに、体型や年齢によっても快適な温度は異なるため、暑いもしくは寒いと感じるときは、設定温度を変える必要があります。

ちなみに、寝ているときの冷房は付けっぱなしでも問題ありません。体の冷えや電気代などを気にしてタイマーをつける方もいますが、できれば付けっぱなしにしましょう。タイマーによってエアコンが切れると、徐々に室温が上がって暑くなります。不快感で目が覚める可能性が高いですし、汗をかくとかえって体が冷えます。体の冷えが気になる場合は、掛け布団を被って眠るのがおすすめです。

さらに快適に眠れるように、工夫することも大切です。たとえば、寝具を涼しいものに変えてみましょう。シーツや枕カバー、掛け布団カバーを接触冷感のものに変えるという方法があります。特殊な生地によって、触ると冷たさを感じる接触冷感のアイテムは、夏の睡眠時には欠かせません。マットレスに簡単に取り付けられる敷きパッドなども数多く販売されているため、積極的に取り入れてみてください。

寝るときの服装にもこだわりましょう。睡眠時には、睡眠専用のパジャマに着替えることをおすすめします。専用のパジャマを用意しておくと、着替えることで脳が睡眠モードに切り替わります。パジャマは吸湿性や通気性に優れた生地を選ぶことが重要です。おすすめなのはコットンやリネン生地で、肌触りがサラサラしており、高い吸湿性によって吸った汗をすぐに蒸発させます。通気性も良いため、涼しく快適に眠れるでしょう。

室温以外の睡眠環境を整えることも大切です。特に夏場は日の出の時間が早いため、早朝から太陽の光が部屋の中に差し込みます。カーテンの隙間から日光が入って、自然と目が覚めることもあるでしょう。その結果、中途半端な時間に目覚めて、睡眠時間が削られてしまいます。

そこで、しっかりと光を遮断する遮光カーテンを使うことをおすすめします。遮光カーテンを取り付けていれば、日光が気になって目覚めることは少ないでしょう。その上、日光による室内温度の上昇を抑える効果も期待できます。さらに、エアコンによって冷えた室内の空気が外部に逃げることも防げます。メリットが多い上にすぐに実践できる方法なので、積極的に活用しましょう。

それでも寝付けなくて悩んでいる方は、睡眠薬を試してみるという方法もあります。睡眠時間が短くなると疲労を解消できずに、体に不調があらわれる恐れがあります。ストレスが溜まると、精神的にも悪影響が出るかもしれません。そうなる前に、薬をうまく活用して改善することをおすすめします。
2021/08/03
隠れ不眠はこうして解消!ぐっすり熟睡するためのコツ
現代日本では多くの人が不眠だといわれています。自分では不眠と意識していなくても、「なんとなくすっきりしない」、「疲れが思ったより取れていない」という隠れ不眠の人は少なくないでしょう。むしろ、「睡眠にはまったく問題なく、極めて健康である」という人はごくわずかではないでしょうか。

不眠と意識している人であれ、隠れ不眠の人であれ、そうなっているのは、睡眠時間もそうですが、睡眠の質が悪いのが原因です。簡単にいえば、ぐっすり熟睡できていないのです。では、どうやってぐっすり熟睡できるようになるのでしょうか。

いくつかコツがありますが、まずは食事に注意してみてください。ぐっすり熟睡するには、就寝時間の3時間前までに食事を済ませましょう。なぜなら、それを過ぎて食事をすると、睡眠中もまだ胃腸が食べたものを消化するために働き続けることになってしまうからです。それではいくら眠っても、体はおやすみモードにならないため、深い睡眠が得られません。

もし、眠る3時間前までに食事を済ませられない時は、寝る直前にたくさん食べないことだけでも意識してみてください。たとえば、夕食を2回に分けて食べてみてはいかがでしょうか。同じ量でも2回に分けると1回分の量が少なくなるので、内臓にかかる負担も低くなります。2回に分けた分の1回目を夕方に食べ、もう1回を寝る3時間以内に食べるのです。後の方の食事はなるべく軽めのもの、スープなどを中心に、胃腸に負担がかからないように注意するとよいでしょう。

熟睡のためのコツ2つ目は、寝室を真っ暗にすることです。脳は、目から入る光の刺激によって覚醒します。ですので、部屋の照明やテレビなどをつけたままで寝るのはもちろん、部屋の電気は消しても窓から外の明かりがうっすら入るだけでも睡眠にとっては邪魔です。

可能であれば遮光カーテンなどを取り付け、寝室を真っ暗にするようにしましょう。

逆に、目覚めの時には光を浴びるのがスッキリ目覚めるコツです。先ほど述べたように、光の刺激によって脳は覚醒しますので、朝起きた時は太陽の光をしっかり浴びましょう。そうしないと、いつまでたっても脳がおやすみモードのままなので、午前中ずっとぼんやり過ごしてしまうなんてことになってしまいます。

朝起きて太陽の光を見ると、それによって体内時計がリセットされます。そうすると、夜になると自然に眠りやすくなるのです。

なお、天候にかかわらず、外の光を浴びるようにしましょう。たとえ太陽が出ていない曇り空でも、室内の照明よりも比較にならないほどの光を浴びることができます。

朝起きてすぐ散歩に行ければよいですが、外に出ないとしても、カーテンを開けて窓の近くで数分間光を浴びるようにしてみてください。それだけで夜眠る時のスムーズさが変わるでしょう。

現代の我々が注意しなければならないのが電子機器です。パソコンやスマホは日常生活に不可欠な存在ですが、これらの電子機器からは常にブルーライトという強い光が発せられています。光が眠りを妨げることは、先ほども述べたとおりです。

可能であれば、就寝3時間前までには電子機器の使用をやめましょう。それが不可能でも、なるべく使用を控えることです。むろん「布団の中でスマホを見ながらうとうとするのを待つ」というのは論外です。

仕事の関係などでどうしても使用しなければならない時は、ブルーライトカットフィルターなどを使用して、なるべく刺激となる光を防ぐようにしてみてください。

スムーズな入眠には夜間の入浴が大切です。人間が眠たくなるのは、体の内部の温度(深部温度)が下がってきたタイミングですので、まずは入浴によっていったん深部体温を上げることが大切になります。

入浴後、温まった体は徐々に熱を発散し、深部温度が下がっていきます。そのタイミングで床に就くと眠りやすいでしょう。

ただし、お風呂といっても、あまり熱すぎるお湯は禁物です。40度以下のぬるめのお湯に20分以上浸かることを心がけてください。熱いお湯じゃないと入った気にならないという方は、せめて就寝時間より2時間以上前にお風呂から上がるように心がけてください。

ランニングや筋トレなど、毎日運動している方もいるでしょう。運動はもちろん健康にとってよいのですが、良質な睡眠のためには、眠る直前に激しい運動を控えることが大切です。

仕事の関係などで夜間にしか運動の時間が取れないこともあるかもしれませんが、なるべく夜9時以降にハードな運動はしないようにしましょう。やるのであれば、夜7時ぐらいがおすすめです。その時間帯に体を動かしておけば、いったん体の深部温度が高くなり、その後でお風呂に入ってマッサージやストレッチなどで心身をほぐせば、ほどよいタイミングで眠たくなるでしょう。

意外と見逃しがちなのが昼寝です。「昼寝したら夜眠れなくなってしまう」と思うかもしれませんが、むしろ逆です。適度な昼寝が夜間の睡眠の質を高めます。しかし、昼寝では寝過ぎが禁物です。長くても20分ぐらいに留め、昼寝で熟睡しないように注意してください。

これだけの対策をしてもそれでも眠れないという場合もあるでしょう。そういう場合は、睡眠薬を検討してみてはいかがでしょうか。眠れないことに一人で悩んでいても解決にはなりません。睡眠薬を正しく使えば、睡眠のリズムを整えることにつながります。それが、自然に熟睡できるようになるための第一歩です。
2021/07/31
睡眠薬に関する4つの大きな誤解
不眠症は放っておくと、命に関わる病気を発症するリスクもある恐ろしいものですが、実際には不眠に悩まされながらも、そのことで本格的に不眠治療を行う人は少ないのが実情です。多くの人が不眠症での受診を避ける理由には、薬物療法として用いられる睡眠薬(の副作用)に対する誤解・偏見があるということは否めません。睡眠健康を得るためにも、どのようなことが「誤解」「偏見」なのかを知っておくことが大切です

睡眠薬は適切な使用を心がければ安全な薬です。睡眠薬に対する誤解から来る不安や恐怖があると、薬を適切な使用方法で使えずに、結果本来の効果を得られず、薬に対する不安感が増してしまい、かえって不眠症の悪化を招く可能性もあります。世間的によくある、睡眠薬に対する誤解と偏見は、大きく3つを挙げることができます。

まずよくある誤解が「睡眠薬は依存症になる」というものです。睡眠薬を継続的に使用すると依存症になって、止めることができなくなる。そんな不安を抱いている方は少なくないでしょう。確かに、昔よく使われていたバルビツール酸系と言われる睡眠薬には依存性が生じる特性がありました。

しかし、近年使用される睡眠薬はベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬は、正しい容量用法を守って服用する限りは、長期間継続的に使用しても依存症は生じにくくなっています。ただし、1年以上継続しようしていたものを急に止めてしまうと副作用が現れやすくなります。いずれ薬を止めたいと考えるのであれば、使用の目安を半年くらいにして使うと良いでしょう。

睡眠薬を止めたい時は、少しずつ使用頻度を下げたり他の薬に置き換えるなどしながら、薬を使わないことに身体を慣らしていくことが基本です。睡眠薬を減らしていく途中で再び不眠が悪化してしまうような場合は、薬の使用回数や用量を1段階前に戻してみて、様子を見ながら再開しましょう。

睡眠薬を飲むと直後に眠気が押し寄せ寝てしまう、というのもよくある誤解です。そもそも睡眠薬とは強引に人を眠らせる薬ではなく、血中濃度中に薬の成分が一定値以上に高くなった状態で自然に眠れるよう作られた薬です。不眠治療を受ける場合、最初は作用の弱い薬を少量服用するところから始めます。そのため、薬の血中濃度が安定してくるまでには相応の日数が必要となり、その間は不眠が続く場合もあります。2,3日飲んで効果がなかったからと止めてしまったり、いきなり量を増やすのは止めましょう。

睡眠薬は就寝15分~30分前に飲むのが基本です。飲んだらすぐに床にはいる方が良いでしょう。薬を飲んだまま寝床に入らないでいると、前向性健忘や大暴れ・大食い等の奇異反応が現れる場合があります。その際、たいていの場合は本人に記憶はありません。また、筋肉の弛緩がおこり、足元がふらついて特に高齢者の場合転倒して骨折、といった事例も少なくありません。睡眠薬を飲んだら眠くならないうちに寝床に入りましょう。

睡眠薬を飲むとその副作用でボケたり物忘れがひどくなる、と思われることも少なくありません。しかしこのことも睡眠薬の作用の仕方を理解していないことから生じる誤解です。睡眠薬はその効力の持続時間を示す「半減期」が短いものほど、服用してから血中濃度が最高値に達するまでの時間が短い傾向にありますが、その半減期が短い薬の場合、作用は服用してから30分~1時間で血中濃度が最高値に達します。この時、飲んでも眠くならないからと起きたままでいると副作用として現れるのが、その時の出来事が記憶できなくなる「前向性健忘」です。この副作用の症状が「ボケる」と誤解されるもとになっています。この前向性健忘は、薬の量を急に増やしたり、アルコールと一緒に摂取すると特に強く現れる傾向があります。

実は、睡眠薬は認知症予防の効果があることもわかっています。認知症の進行には不眠が大きく影響しますが、睡眠薬を使って適切な睡眠を得る事で、むしろ認知症予防に効果があるというわけです。

かつて、自殺の方法として睡眠薬の大量服用という方法が知られていたことから、睡眠薬には生命に関わる危険性があると思っている方も少なくありません。確かに、過去一般的に使用されることの多かったバルビツール酸系睡眠薬には、大量に飲むと生命に関わることがあったのは事実です。しかし、現在主流となっているベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれる睡眠薬は、心臓病を始め、重症の合併症がなければ大量服用しても生命に関わることは殆どありません。

不眠症を病気として認識している人は少なくありません。しかし、不眠症は生活習慣病や生命に関わる重篤な病気を誘発するリスクもある病気です。それは睡眠薬を使用することによるリスクよりも、はるかに重いリスクであると言えるでしょう。睡眠薬は睡眠健康の質を向上させるための薬です。誤解や偏見に囚われず、正しい使い方を学んで睡眠を改善し、QOLを向上させてください。
2021/07/27
不眠症の方が睡眠健康を取り戻す方法として睡眠薬が役に立つ訳は?
日本人のほとんどが、日々忙しい都会生活によって不規則で不十分な睡眠習慣を継続しています。これは統計からもはっきりとしていて、日本人の平均睡眠時間は、欧米諸国などの先進国と比較しても非常に短いとされています。更に女性の睡眠不足が顕著で、これから生じる健康被害も決して軽視できないと言われています。現代の病気の蔓延の原因として、睡眠習慣の悪化が関係しているのです。

なお、厚生労働省の調査によりますと、日本人の20%は睡眠の状態に問題点があると言います。睡眠時間が足りないことと併せて、睡眠の状態に健康被害を生む原因があるというのです。具体的には、免疫力の低下や高血圧症、糖尿病、動脈硬化、心臓疾患や脳障害など、いわゆる生活習慣病の原因となってしまう可能性が高いというのです。

昔から寝る子は育つとか、質の良い睡眠習慣は健康を高めるなどと言われてきましたが、現実の問題としては、これほど睡眠が軽視されている現状を問題視する必要があるかもしれません。

では、健康にプラスとなる睡眠習慣をどのように確保することができるのでしょうか?安定的な質の良い睡眠を得るにはどんな点に注意すればよいのか、ここでしっかりと確認しておきましょう。

まず、年齢に応じて適切な睡眠時間を確保しましょう。総務省の調査では、日本人にとって全体的に確保する平均睡眠時間としては、女性で7時間36分・男性で7時間49分としています。ただし、代謝が活発な若年層はより多くの睡眠時間が必要であり、反対に代謝が緩やかな高齢者はもっと短い睡眠時間でも問題ありません。

つまり、成長期にある子供の場合は一日8時間以上の睡眠確保が望ましく、40代前後は7時間以下でも十分に健康が維持できます。なお、70代・80代の高齢者になると、1日に6時間も睡眠をとれば、それで十分に体調を保てるとの話もあります。もちろん個人差があって、自分に合った睡眠時間を自分の健康で見極める必要があるでしょう。

このように、ある程度年齢に相応の睡眠時間の確保を最優先してください。それがある程度整いましたら、次に睡眠の質にこだわりましょう。実は睡眠中では副交感神経の働きが活発になります。それで、細胞分裂をはじめとする代謝活動が促進されます。体はどの組織も日々の活動によって劣化していきますので、必ず修復する必要があります。つまり、睡眠中に体の劣化部分を回復させているというわけです。

ということですから、睡眠時間が不足していたままですと、この回復作業が間に合わなくなってしまいます。それで体のあちこちの機能が低下したり、時には病気になったりしてしまうのです。

なお、睡眠中は一定して副交感神経が働いているわけではありません。寝ている間でも日中同様に交感神経が働いていて、睡眠中は交感神経と副交感神経が交互に活性化するレム・ノンレム睡眠を繰り返します。体機能の回復には副交感神経が活発になるノンレム睡眠の状態を多くしなければならず、ノンレム睡眠が十分に確保できる睡眠を質の良い睡眠と呼んでいます。

体調不良の方は、このノンレム睡眠が十分確保できる眠り方を心がけるべきでしょう。ですが、それには条件があります。体内には生体時計がセットされていて、これは太陽の動きと連動しています。朝の日の出とともに起床し、太陽のもとで活動すると体内時計は正常化します。そして、夜に決まった時間に就寝することで、体内時計の効果を借りて規則正しくノンレム睡眠状態を繰り返す眠りにつけるようになります。

つまり、毎日決まった時間に就寝することで、リズミカルにノンレム睡眠が繰り返されるということです。ここで問題なのが不眠症です。不眠症の方は睡眠時間が不足するだけでなく、決まった時間に就寝することが困難です。そのために睡眠健康を実践することが難しくなります。

睡眠習慣を整えるには、やはり睡眠薬を服用し、決まった時間に就寝し、質の高い睡眠を確保する習慣を整える方が良いでしょう。睡眠薬の効果はしっかりとしています。適量を適正に服用することで、心の緊張が緩和され、無理なく眠りにつくことができるようになります。そして睡眠薬による就寝でも、規則正しい睡眠習慣であれば質の高いノンレム睡眠が繰り返されます。

また、睡眠薬の服用で睡眠習慣を整えながら、体内時計によって徐々に定時に寝ることが習慣化されます。徐々にではありますが、薬に頼らずとも、自然と眠れるようになる可能性は十分にあるわけです。

睡眠という習慣がいかに健康に良い影響をもたらすのか、気持ち良く、ぐっすりと寝ることで人はとても幸せになれるという事実を理解することは大事です。若いうちは、数日まともに寝ていなくても関係ないと考えがちですが、そのダメージは後々に蓄積され、高齢とともに健康被害となって顕著化します。そうではなくて、普段から気持ち良く、しかもぐっすり眠る習慣を整えるようにしていきましょう。
2021/07/20
健康のために欠かせない睡眠の悩みは睡眠薬で解消できます
睡眠は健康を維持するために非常に重要な要素です。ただ単に睡眠時間を長く確保するだけでなく、質の良い睡眠をとることも重要となります。質の悪い睡眠は、生活習慣病のリスクが高くなることが分かっています。睡眠不足が健康に与える悪影響はさまざまです。慢性的に睡眠不足の状態が続くことで、常に眠たい状態となり意欲の低下が起こり仕事などに支障がでたり、体内のホルモン分泌量や自律神経の機能障害を誘発したりするリスクも高まります。また食欲が低下することもあり、栄養不足が原因でさまざまな病気にかかりやすい身体になってしまう恐れもあります。

睡眠は健康な身体と深い関わりがありますが、睡眠に悩みを抱える人も多くいます。寝つきが悪く思うように睡眠時間がとれないケースや、眠っている最中に何度も目が覚めてしまい結果的に睡眠時間が短くなってしまうこともあります。睡眠に悩みを抱える多くの人がいわゆる不眠症であると言われています。不眠症の人の特徴は、睡眠時間が確保できない以外にもいくつかあります。十分睡眠時間はとれているにも関わらず眠りが浅く眠った感じがしないと感じる人や、目覚ましをかけていなくても朝早くに必ず目が覚めてしまうという人もいます。こういった不眠症を引き起こす要因として考えられるのは、睡眠環境や睡眠時の身体の状態です。寝具の新調などをした直後や季節の変化での気温、物音や光なども不眠の原因となります。また年を重ねるにつれて睡眠時間が短くなることが習慣になってしまう場合や、頻尿などで夜中に何度も目が覚めてしまうことも不眠の要因となります。日頃のストレスや悩みなどで無意識に頭で何かを考えてしまっている状態も、睡眠の妨げになっていることが多く、こうした要因から男性よりも女性が不眠に悩まされるケースが多いようです。またアルコールやカフェイン、ニコチン摂取などが原因で睡眠の質を悪くすることも言われています。

睡眠不足が健康に悪影響であることはもちろんですが、不眠症の問題はただ単に不眠であることだけではありません。十分な睡眠がとれていないことで日中に影響を及ぼすことも問題なのです。仕事や学業に集中できないことや意欲がわかずに倦怠感を覚えることもあります。頭痛や吐き気などの症状が出る場合もあり、不眠が原因で交通事故などにも巻き込まれる、もしくは起こしてしまうことにもなり兼ねません。実際に不眠と診断されるには、日中の生活に支障が出ているか否かが判断材料となります。単に睡眠時間が短いことや何度も目が覚めてしまうことだけで不眠とするのではなく、自分の生活習慣としっかり向き合って判断することも大切です。

不眠の場合、まずは改善するための対策を自身でとることが必要です。方法としては、就寝時間や起床時間を一定にして睡眠時間をしっかりコントロールします。夜更かしなどを控え、昼寝なども長時間でなく時間を決めるなどして体内時計をきちんと管理できるようにします。そして、適度な運動で身体を疲れさせて自然と睡眠をとるように促すこともおすすめです。肉体的な疲労は質の良い睡眠をとるためには効果的です。午後に汗ばむ程度の無理のない運動をすることで適切な時間に眠気を誘ってくれます。日中に陽の光を浴びることも睡眠にとっては大切です。太陽光などの光は体内時計を調整するためのはたらきがあります。強い光を浴びると、その後14時間ほどで眠気が生じると言われています。早寝早起きとよく言われますが、早朝に光を浴びることでその日の夜の睡眠時間が早くなり、翌朝も早く起きられるようになるため、実際には早起きをすることが早寝に繋がると言えます。夜更かしで夜に明るい部屋で長時間過ごしていると、体内時計が正常にはたらかずに早起きができず、結果的に生活リズムを崩す要因となり不眠の原因となります。

不眠にはストレスも大敵です。自分なりの解消法を見つけ、日頃からストレスをため込まない生活を心がけるようにすることも大切です。質の良い睡眠をとるためには睡眠前に副交感神経を刺激すると良いとされています。半身浴をすると心臓への負担が少なく、副交感神経にはたらきかけて質の良い睡眠がとれることが証明されています。また、寝具など眠る空間には自分にあったものを使用することも重要と言えるでしょう。

不眠が続くと、また眠れないという不安やいらだちでさらに不眠に陥るという悪循環になる傾向にあります。どうしても慢性的に睡眠がうまくとれない場合には、睡眠薬を使用するという方法があります。不眠には睡眠薬での治療が一般的です。副作用が心配だという人もいるかもしれませんが、現在流通している睡眠薬の多くは不安や緊張、興奮を和らげる作用で自然に眠ることをサポートしてくれるもので、副作用の心配はほとんどなくなり、安心して使用できます。健康や日常生活に支障が出てしまう前に睡眠薬を活用し、質の良い睡眠を手に入れることも検討してみてください。
2021/07/17
眠れないときには思い切って諦める?!肝心なのはリラックスすること
睡眠障害を抱えている人は「眠りたい!」と思ってもなかなか眠れないから、ジリジリしてしまうのでしょう。この場合、思い切って抜本的に考え方を転換してみるのも一つの方法です。つまり「眠らないと!」と思うのではなく、「眠れなくてもOK!」と思うことです。

というのも、人間は起きている状態を続けるのはがんばってできるかもしれません。しかし、その逆、つまりがんばって眠ることはできないと言われているからです。「眠ろう、眠ろう」と思ってしまうと、どんどん脳が覚醒してしまいます。その結果、ますます眼が冴えてしまって眠れなくなるのです。「頑張ってどうにかしよう」というこの気持ちが、実は睡眠を妨げているのです。頭が冴えて眠れなければ、「もう眠らなくてもいいや!」くらいの気持ちを持ちましょう。人間、1日くらい睡眠をしなくてもどうにかなるものです。

人間は睡眠をとらないと生きていけません。眠らない状態をずっと続けていれば、自然といつかは眠れるように作られています。寝付けないときには「どうにかして眠ろう」とは思わないことです。眠ろうとすると焦ってしまって、自律神経が緊張をつかさどる交感神経が優位になり、ますます眠れなくなります。眠気を催すためには、リラックスをつかさどる副交感神経優位に切り替わらないといけません。ですから、焦るのではなく、とにかくリラックスしましょう。

眠れないときにじっとベッドで横になっているのは、なかなか難しいでしょう。手持無沙汰になって、いろいろなことをしてしまいがちです。その中には、スマホをついついいじってしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、これはますます睡眠を遠ざける行為です。もうあきらめて徹夜でもいいと思っているならいいですが、「やっぱり少しでもいいから眠りたい」と思っているなら、早速この習慣は改めたほうがいいです。というのも、スマホは脳を覚醒させるブルーライトを発しているからです。プラス、脳を刺激する情報が次から次へと出てきます。すると、ますます眠れなくなるわけです。もしついスマホを手にしてしまいがちなら、別の部屋など離れた場所で充電するなど、そう簡単に手にできない環境を強制的に作ってしまうといいでしょう。

眠れないのであれば、ストレッチをしてみるのもおすすめです。ストレッチをして筋肉を伸ばすことで、気分転換ができます。ストレス解消でリラックスできるので、副交感神経が優位になって、眠りやすい環境を作れます。人間が眠気を催すのは体温が下がったときと言われています。ストレッチなどの軽い運動をすることで体温を上げると、ベッドに入るときに下がってくるので、眠気を催しやすくなるでしょう。特に、デスクワークメインの人だと肩こりや腰にだるさを感じたりする人もいるでしょうから、筋肉がこわばっていると眠りにくく感じるはずです。ストレッチで筋肉をほぐすことで、もしかすると眠りやすくなるかもしれません。

眠れないのであれば、睡眠しやすい環境づくりを進めてみるのも一つの方法です。寝付きにくいのは、もしかすると温度や湿度が原因かもしれません。もし寒すぎる環境内だと、体温を保とうとして血管が収縮してしまいます。逆に、暑すぎてもだめで、体内の熱がなかなか逃げていきません。睡眠に入るためには体温が下がっていく必要があります。それができていなければ、エアコンを使ってみるといいでしょう。ただし、エアコンをガンガンに使うと乾燥して、逆に寝付きにくくなる可能性があるので、ほどほどにしてみましょう。

部屋も暗くすることです。ただし、あまり暗すぎるとかえって不安になって、交感神経が優位になってしまうかもしれません。不安に感じるのであれば、少し明かりをつけておくといいでしょう。

眠れないときに、ベッドにずっと横になっている人はいませんか?これはかえって逆効果になります。ベッドでは眠れないとネガティブなイメージがついて、ますます眠れなくなるからです。もし眠れないのであれば、思い切ってベッドから抜け出してしまうのも一つの方法です。場所を変えて、気分転換してみることです。場所を変えて、いったん眠るのを諦めると、途端に眠気が襲ってくることもあり得ます。

眠れないときにはいろいろな方法を試してみることです。そして、「最悪、眠れなくてもまあいいじゃないか」くらいの気持ちを持ちましょう。それでもどうしても眠れないことが不安に感じる人もいるでしょう。また、次の日に大事なプレゼンがあるなど、睡眠不足で体調万全でない状態で臨みたくないと思うのであれば、睡眠薬を活用するのも一つの方法です。睡眠薬を使用すると、薬なしでは眠れなくなるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、睡眠薬そのものには依存性がないこともわかっています。いざとなれば睡眠薬を飲めばいいと思えれば、それが気持ちの安定につながることもあります。安心して眠れる環境を作るためにも、睡眠薬を活用するのはおすすめです。
2021/07/13
眠れないときの対処法・おすすめの飲み物や食べ物
夜なかなか眠れないようであれば、飲み物や食べ物に気を付けてみるといいでしょう。まずNGな飲み物として、カフェインの含まれたものが挙げられます。カフェインは眠気を覚ましてしまうので、ますます眠れなくなってしまいます。コーヒーはよく知られていますが、緑茶や紅茶、ホットチョコレート、ココアなどもカフェインが含まれているので飲まないように心がけましょう。特にココアはテオブロミンと呼ばれる成分が含まれています。テオブロミンには利尿作用があるので、せっかく眠っても夜中尿意を催して何度も目覚めてしまう恐れがあります。

夜眠る前の飲み物としておすすめなのが、ホットミルクです。ミルクにはカルシウムが多く含まれているのですが、中枢神経の興奮を鎮める効果があるといわれています。またミルクには甘みがありますが、これはラクトースという成分によるものです。ラクトースにはエンドルフィンの放出を促進する働きがあるといわれています。エンドルフィンとはモルヒネのようなもので、ストレス緩和に効果があります。さらに牛乳にはアミノ酸トリプトファンも含まれています。こちらには脳内でセロトニンを生成する際に必要な成分です。セロトニンは神経の興奮を抑制してくれます。このようにリラクゼーションに高い効果を発揮してくれる成分が多く含まれているので、快眠しやすい飲み物といえます。

スーパーなどでも手軽にハーブティーが購入できるようになりました。このハーブティーも安眠のためにおすすめの飲み物です。ハーブティは古代エジプトの時代から愛飲された飲み物といわれています。しかも当時不妊症の治療でも使われていたといわれているほどです。不眠症を何とかしたいと思っているのであれば、カモミールのハーブティーがおすすめです。さらにここにショウガやはちみつ、オレンジ、ペパーミントなどを追加するとさらに高い効果が期待できます。ストレス解消してリラックス効果がもたらされ、良質な睡眠が手に入りやすくなるといわれています。

その他にはバレリアンの入ったハーブティーもなかなか眠れない人にはおすすめです。バレリアンは鎮静作用があるといわれています。気持ちが高ぶってしまってなかなか寝付けないのであれば、バレリアンの入ったハーブティーがないかどうかチェックしてみるといいでしょう。

なかなか寝付けない人の中には、お酒を飲むのはどうかという人もいるでしょう。確かに少量であれば、アルコールを体内に入れることでリラックスでき眠りやすくなります。しかし飲みすぎてしまうと眠れてもかえって眠りが浅くなってしまう恐れがあります。アルコールを分解するにあたって神経系を刺激してしまうからです。悪夢にうなされて、発汗して寝起きの気分が悪くなるかもしれません。また飲みすぎるといわゆる二日酔いの状態で、翌日激しい頭痛に見舞われることも考えられます。お酒を飲む場合には、ほどほどにセーブするように心がけましょう。

眠りやすくするための食べ物もあります。夕食の際に意識してそのような食べ物を摂取すれば、夜眠気を催しやすくなるでしょう。まずおすすめなのが鮭です。鮭はオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。オメガ3脂肪酸に関する研究が進められているのですが、メラトニンの分泌が活性化され、眠気を催しやすくなると考えられています。まだ具体的なメカニズムはわかっていませんが、十分効果の期待できる食べ物として、ネットでもしばしば紹介されています。

ご飯も睡眠に関しておすすめの食材です。とあるところの研究によると、就寝4時間前に2~2と半カップのご飯を食べるとスムーズに眠気を催しやすくなるという結果が出ています。先ほど紹介したセロトニンを生成するためには炭水化物が必要であるからと見られています。

夕ご飯に卵料理を食べるのも眠りやすくするためにおすすめです。卵にはビタミンDが豊富に含まれているからです。ビタミンDが不足していると睡眠障害や睡眠不足になりやすいという結果も出ているほどです。詳しいメカニズムはまだよくわかっていませんが、ビタミンDには脳の神経細胞に何らかのアプローチをしているとみられています。ビタミンDは1日あたり600IU摂取するのが好ましいといわれています。ビタミンDの含まれている食材はあまり多くなく、卵料理がその中の一つです。

このように入眠しやすい飲み物や食べ物を夕食や夜眠る前に摂取するといいでしょう。しかしできるだけ早くしっかり睡眠したいと思っているのであれば、睡眠薬を使用するのも一つの方法です。睡眠薬は依存性がないので、ひとたび飲んでしまえば睡眠薬なしでは眠れなくなるといったことはありません。睡眠薬の通販サイトはいくつかありますが、その中でもテジャスメディシンがおすすめです。秘密厳守してくれるので、睡眠薬を購入したことが周囲にバレる心配はありません。24時間好きな時に注文できるので、合間を見つけてパソコンやスマホでチェックしてみませんか?
2021/07/09
しっかり寝ているつもりなのに眠りが浅い!睡眠トラブルのサイン
十分に睡眠をとっているつもりなのに、起きた時にまだ疲労感を感じるということはないでしょうか。これは眠りが浅いサインです。朝起きてスッキリとするためにも、しっかり深く眠れるよう、浅い眠りを防ぐポイントをチェックしておきましょう。

眠りが浅い、睡眠時間が不足しているなどの睡眠関連のトラブルは、自分ではなかなか自覚しづらく、徐々に疲れが蓄積されてしまうという特徴があります。徐々に倦怠感が溜まっていくため、自分でもそれに慣れてしまい、気づきにくくなっているのが問題です。ところが、自分では意識していなくても、体自体は睡眠のトラブルによって不調をきたしていることを気づいており、そのサインを送ってくれているのです。

そのサインの一つが眠りの浅さです。眠りが浅いと、ちょっとした刺激で夜中に目が覚めてしまいます。深い眠りの場合は多少の物音や温度の変化などの刺激にも反応しないのですが、眠りが浅くなると、通常は気にならない刺激にも敏感に反応してしまいます。

また、年齢を重ねるほど夜間に尿意をもよおし、覚醒してしまうこともあるでしょう。もちろん尿意があるのに起きないのも問題なので、おしっこに起きること自体は問題ではありません。ただし、その頻度が多すぎたり、一度目が覚めると朝まで睡眠に戻れなくなってしまったりするようでは問題です。

睡眠のトラブルのもう一つのサインが、朝起きた時の感覚です。朝目が覚めてぐっすり眠れたという爽快感があるのであれば問題ないですが、睡眠にトラブルがある時は、そんなぐっすり感は全然ないのではないでしょうか。時間的には十分に眠っているはずなのに、「なぜか寝足りない」、「疲れも取れていない」、「なんとなくだるい」などの感覚がある時は注意しましょう。いくら睡眠時間を確保しても、質のよい眠りが取れていないようでは疲労は取れません。しっかり眠っているつもりでも体は休まっていないため、この状態が長く続くと健康を害してしまうこともあるでしょう。

夜間にしっかり眠れていないもう一つのサインが、日中の眠気です。睡眠時間はある程度確保しており、自分ではそれなりに眠れているつもりでも、日中に強い眠気を感じるようであれば注意してください。誰でも午後の時間は眠くなるものですが、強い眠気が突然襲ってきて、集中力が極端に低下するようなら問題です。浅い眠りが続くことによって、覚醒している時とのメリハリがなくなってしまい、物忘れや単純ミスなど生活にも支障をきたしてしまうことがあります。

以上のような症状を感じるようであれば、睡眠のトラブルに注意が必要です。では、そもそもどうして睡眠にトラブルが起こってしまうのでしょうか。

いくつか理由は考えられますが、一つは体内時計が乱れていることが大きな理由として挙げられるでしょう。朝目が覚めて夜眠くなるのが人間の基本的な体内時計ですが、現代社会は生活を不規則にする要素がたくさんあるため、この基本的なリズムが乱れがちです。体内時計が狂うと、睡眠中の浅い眠りと深い眠りのサイクルも乱れやすくなり、質のよい睡眠が得られなくなってしまうのです。

ストレスも睡眠トラブルの大きな原因です。人間は心身ともにリラックスしてこそしっかり睡眠を取れるものですので、過度なストレスがかかっていると無意識のうちに体が反応して、緊張状態を続けてしまいます。その状態では深く眠ることはできないため、長時間寝ているつもりでも寝足りないと感じられるのです。

寝る前の夜間の行動が、長期の睡眠トラブルを引き起こす原因を作っていることがあります。以下の記述に当てはまることがある人は注意してください。

まず、夜寝る前のお風呂に注意です。就寝の90分前を目安にお風呂に入って体を温めるのは質のよい睡眠をとるのによいのですが、お湯の温度が熱すぎると逆効果になってしまうので注意してください。夜に入るお風呂の温度は、38~40℃程度のぬるめが最適です。それ以上熱いお湯に入ると、脳と体が覚醒してしまい、スムーズに眠りに入れなくなってしまいます。

現代人の多くに問題があるのが、パソコンやスマホなどの使用です。これらの機器が発するブルーライトを目にすると、それが夜間であっても脳は日中と判断してしまいます。つまり、体内時計を乱す大きな要因なのです。したがって、ベッドの中でだらだらとスマホを眺めているような過ごし方は睡眠の質を著しく悪くするNG行為だとわかります。心当たりがある人はただちにやめましょう。

睡眠健康を整えるのに重要な要素が夜の食事です。食事の消化には数時間がかかるため、あまり夕食にボリュームのあるものを食べると、眠る時間になっても胃腸が活発に活動したままです。眠る時間には内臓の消化活動も終えられるよう、夕食の時間と量を調節しましょう。夕食を早めに終えることによって規則正しい食習慣がつくと、睡眠習慣のメリハリができて眠りの質もよくなります。

このように、日常生活の見直しによって睡眠の質を改善することはできます。しかし、独力で難しい場合は睡眠薬の力を借りることも検討してみましょう。睡眠薬は上手に用いさえすれば、睡眠の健康を改善するのに優れたツールです。
2021/07/07
一人一人違う!個人差の大きい睡眠時間と健康の相関関係
何時間ぐらい眠るのが理想的なのか、いろいろな意見がありますが、絶対的基準などはなく、年齢、性別、体質など個人的な要因によって変わることが今では多くの人が認める結論です。したがって、何時間眠らなければならないというふうにこだわる必要はなく、その人が日中眠気を感じない程度にしっかり眠れていればよいと考えます。

アメリカで行われた睡眠時間と死亡率の相関関係を調べた調査によると、最も死亡リスクの低い睡眠時間は7時間でした。それより少ないと死亡リスクが高まるのですが、注意しなければならないのは、8時間以上眠っている人も、同様に死亡リスクが高くなることがわかったことです。睡眠が健康によいのは事実ですが、たくさん眠ればよいというものでもないことがわかります。

しかし、睡眠不足が健康の大敵であることも確かです。睡眠不足によって、生活習慣病をはじめ、認知症や精神疾患、がんなどの発症リスクをアップさせることがわかっています。あまり寝すぎるのもよくないですが、昼間に眠気を感じないだけの睡眠は毎日確保することが大切でしょう。8時間睡眠が理想の睡眠時間という学術的な根拠はないものの、6時間睡眠や7時間睡眠で眠気を感じる人は、もう少し眠るよう努力した方がよさそうです。

ところで、必要な睡眠時間は、一人の人間でも年齢によって変化します。10歳までの夜間の睡眠時間は一般的には8~9時間が多いのですが、15歳になると約8時間前後に落ち着き、25歳にもなると7時間前後という人が大半になります。さらに、45歳で6時間半、65歳で6時間というのが平均的な推移であり、年齢を重ねるほど睡眠時間が短くなることが万人に当てはまるといってよいでしょう。

また、加齢につれて睡眠時間が短くなるだけでなく、睡眠の深さにも変化が現れます。睡眠の深さは睡眠時の脳波によってわかりますが、脳波を調査すると、年齢を重ねるほど浅い睡眠が増えるそうです。そのため、年を取ると、夜中に何度も尿意などで目が覚めやすくなるのでしょう。同じ人でも若いころと比べると長時間眠れなくなるということはよく聞きますが、これは加齢による人間の体の自然な変化なのです。

そのため、睡眠時間が短くなったからといって、それだけで不健康になったとはいえません。体の必要とする睡眠時間が、加齢に合わせて変化してきているだけのことです。日中に眠気を感じないのであれば、今の睡眠時間がベストだと考えてよいでしょう。

また、年齢とは関係なく、誰でも季節によって睡眠時間が変化することもわかっています。日照時間の長い夏場と、短い冬場では、同じ人でも睡眠時間がかなり違っており、6~7月と12月~1月で睡眠時間に数時間の差があることも珍しくありません。昔の人間は日の出とともに目覚め、日が沈むとともに床に就いていたと考えられますが、その名残が今の人間にもあるということです。

ところで、人によって朝型・夜型といわれることがあります。これはどうやら遺伝子と関係しているようで、朝型か夜型かは生まれつき決まるその人の体質といえるでしょう。朝が苦手な人に対して「だらしがない」「やる気がない」など、その人の性格に問題があるかのような言い方がされることがありますが、そういうわけではないのです。遺伝子で決まった生まれつきの体質ですので、朝が苦手だからといってその人を責めるのはよくありません。

「ロングスリーパー」や「ショートスリーパー」という言い方があります。一般的な人と比べて睡眠時間が長い人・短い人という意味ですが、たとえばショートスリーパーの場合、3~4時間の睡眠でも日中眠気を感じることなく健康に生活できるといわれます。逆に、ロングスリーパーとは、毎日10時間以上睡眠を取らないと眠くてたまらないというような人たちです。

これも遺伝子と関係しており、ロングスリーパーかショートスリーパーか、それとも一般的な睡眠時間の人かは生まれつき決まっているといわれています。生まれつきのことですので、努力によってショートスリーパーになることはできません。無理に睡眠時間を短くしても、そのせいで不眠になるなど健康を害することもあります。

必要な睡眠時間は一人一人違うわけですから、他人がどうであれ、自分に必要な睡眠時間を毎日確保することを意識しましょう。また、単に時間だけでなく、体内リズムとの関係も重要です。

たとえば、夜更かししても夕方まで寝れば睡眠時間は確保できるでしょう。しかし、それでは体内リズムが乱れてしまい、以降、眠る必要がある時に眠れなくなったり、何時間眠っても眠気がなくならなかったりといった悪影響が現れます。

体内リズムも太陽の光と関係しているといわれており、人は朝起きて太陽の光を目から取り込むことで、脳が朝だと認識し、睡眠に関するホルモンの分泌も決まるとされています。可能であれば、目が覚めた時に太陽の光を浴び、朝食を食べ、夜寝る前には強い光を防ぐという生活を心がけましょう。それが健康にとって一番です。

もしそれができず、睡眠に悩みを抱えているのであれば、睡眠薬の利用を検討する必要もあります。睡眠薬は怖いものではありません。正しく利用して、良質な睡眠を確保できるよう努めてみてください。
2021/07/02
今夜もまた眠れない。そんな睡眠トラブルを抱えている人は多い!
体も脳も疲れているはずなのに、布団に入るとなぜか眠れないという人や、朝起きてもスッキリできないという人、またいつも夜中に目が覚めてしまう人など、睡眠に関するトラブルを抱えている人は少なくありません。ごくたまにそうしたトラブルが起こる程度なら、今日は眠れなくてもきっと明日は眠れるだろうと楽観的に考えても良いかもしれません。しかし眠れない日が頻繁に起こったり毎日続いたりすると、それが精神的なストレスになってしまいますし、夜を迎えることに対して恐怖や不安を抱えてしまいます。それに何よりも、睡眠トラブルを抱えていると体や脳の疲れが取れないため、朝から疲れていたり、昼間のアクティビティにも支障が出てしまうかもしれません。

睡眠トラブルにはいろいろなタイプがあります。布団に入って目を閉じても眠れない「入眠困難」タイプ、夜中に何回も目が覚めてしまう「中途覚醒」タイプ、朝やたらと早くに目が覚めてしまい、そこから先は眠れなくなってしまう「早期覚醒」タイプ、そして眠っているはずなのに睡眠の質が悪くて朝起きると既に疲れている「熟眠障害」タイプなどに分類できます。どのタイプも「不眠症」という疾患ですが、対策方法や解消方法は若干異なります。

まず、布団に入っても眠れない入眠困難タイプは、一度眠れば朝まで眠れる人が多いため、入眠をサポートしてくれるサプリメントや睡眠薬などを使うのが効果的です。体内時計を整えて、毎日規則正しい時間に寝る習慣をつけることも良いでしょう。疲れていないよりも疲れている方が入眠しやすいので、昼間に太陽の光を浴びて体を疲れさせるという方法も、効果が期待できます。

夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒は、わずかな音や光で目が覚めないように、寝室に遮音カーテンや遮光カーテンを使ったり、窓から離れた場所で眠ったりするなど、寝室環境を工夫してはいかがでしょうか。いつも何時間ぐらい眠れているのか、その後どのぐらい眠れない時間があるのかによっては、睡眠薬を使うという方法もおすすめです。また夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまう人は、夜寝る前にはアルコールなど利尿作用が高いものを飲まないように気を付けるという方法もおすすめです。

やたら早くに目が覚めてしまう早期覚醒タイプは、早く目覚めても体と脳の疲れが取れていれば、そのまま起床して朝活をするという方法があります。しかしその場合でも、睡眠時間が短いことによって昼間に眠気が襲ってくるリスクがあるので、昼寝や仮眠を上手く取り入れながら睡眠と向き合うと良いでしょう。

しっかり寝ているつもりでも睡眠の質が良くない熟眠困難タイプは、睡眠薬を使って熟睡するのがおすすめです。グッスリ眠ることができれば、朝の目覚めがスッキリしますし、体の疲れも頭の疲れも解消できて、一日をハツラツと過ごせるでしょう。心配事やストレスを抱えている人は、問題はできるだけその日のうちに解決して翌日に持ち越さないようにするとか、自分で解決できないことに関してはクヨクヨ考えないなど、発想の転換も必要です。

睡眠障害の中には、生活習慣からくるものもあります。例えば、不規則な生活をしていて睡眠時間がいつもバラバラという人は、規則正しい生活ができる人と比べると、どうしても睡眠障害を起こしやすいものです。これは、体内時計が大きく関係しています。体内時計というのは、自律神経が司っている体内のリズムです。規則正しい生活をしている人は、何時ぐらいに眠くなり、朝は何時に自然に目が覚めるなど、体がリズムを記憶してくれます。しかし不規則な生活をしていると、昼夜のリズムがバラバラなために体内時計が狂いやすいものです。

体内時計は、ホルモン成分の一種であるメラトニンが大きく関係しています。メラトニンはリラックス作用があり、夜になると分泌量が増え、それによって私たちは眠くなります。不眠症の人は、このメラトニンの分泌量が少ないため、夜になっても眠くならなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまったりするなどのトラブルを起こしやすいのです。

睡眠トラブルを抱えている人は、まずは生活をできるだけ規則正しくすることから始めましょう。そして、寝室はできるだけ暗く静かな環境を作り、温度や湿度にも気を配って、快眠しやすい環境にすると、眠りやすくなります。自分でできる工夫や対策だけで、睡眠トラブルを解決できるならそれが理想的です。しかし中には、仕事が不規則だったりシフト勤務だったりして、どうしても規則正しい生活にできないという場合や、工夫しても睡眠トラブルが改善しないという人もいます。その場合には、睡眠薬を使って毎日の眠りをサポートしてもらうという方法も検討してはいかがでしょうか。

睡眠薬と言っても、持続時間や使われている成分などによって、たくさんの種類があります。持続時間が短いものなら3時間程度なので、毎日たっぷり睡眠時間を確保できない人にもおすすめです。睡眠薬を使う場合には、まず持続時間が短いものから始めてみて、ニーズに合わせて持続時間を微調整しながら自分にピッタリのものを見つけるのが賢明です。
2021/06/30
睡眠薬は怖くない!上手に使って健康になろう
よく眠れないから睡眠薬を使っていると言われると、「え、大丈夫なの?」と思ってしまいます。夜、十分眠れている人は、「眠れない」辛さがわかりません。ですから夜眠れない、不眠症だ、睡眠薬を使っているという悩みをほとんど理解していないと言えます。しかし、今十分眠れていても、急に不眠に悩まされることになるかもしれません。そんな時にきちんと不眠に向き合えるように、睡眠薬について知っておく必要があります。

まず、睡眠薬の種類についてですが、睡眠薬には超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型の4つの型があります。これは作用時間の違いで分けられています。超短時間型は半減期が2時間~4時間くらいで、短時間型は半減期が6時間~12時間くらい、中時間型が12時間から24時間くらい、長時間型が24時間以上となっています。不眠と訴える人の症状にはいろんなものがあり、その症状によって使い分けられます。超短時間型や短時間型は、慢性的な不眠ではなく、一過性の不眠に悩む人向けです。布団に入ってもなかなか寝付けないというタイプに使われます。効果が短い薬なので、寝始める時に効果があり、作用時間が短いので朝の目覚めがすっきりしていると感じる人が多いです。中時間型や長時間型は、寝ても途中で目が覚めてしまう、一度目が覚めたらそれからは眠れない、早朝に目覚めてしまい、もう少し寝たいのになかなか寝られない、毎日眠った気がしないといった人に向いています。効果が長いので、睡眠時間が短い人だと、朝もまだ薬が効いているのでなかなか起きられないとか、起きてもボーッとしているといったことがあります。

睡眠薬に副作用はあるのでしょうか。どんな薬にも副作用がありますから、睡眠薬にもあります。例えば、注意力や集中力、運動機能の低下、ふらつき、頭痛、倦怠感などがあるとされています。しかし、最近の睡眠薬はかなり安全性が高くなっており、副作用を怖がる必要はありません。基本的に夜寝る前に飲む薬なので、飲んだらすぐに布団に入れば副作用が起こっていても気づかずに済みます。ただし、副作用かなと思われる症状が現れた時は一旦使用を止めて様子を見るなどした方が良いでしょう。そして睡眠薬を使うにあたり、これは一度使い始めるとだんだん量を増やさないと効果がなくなるのではとか、一度飲み始めると一生飲まないと眠れなくなるのではといった心配の声がたくさんあります。まず、量を増やさないと効果がなくなるかですが、昔の睡眠薬は繰り返し使うことで効果が落ちてきたり、依存性が出てきたりしました。しかし今の睡眠薬は安全性が高く、量を増やさないと効かなくなるというようなことはほぼありません。そして一度使い始めると止められないのかというと、そのようなことはありません。だんだんと眠れるようになれば薬の必要はなくなりますので、徐々に減薬していき、止めることができます。

睡眠薬を使って眠るのには抵抗があるので、寝る前にお酒を飲んで寝ているという人もいるようですが、お酒を睡眠薬代わりにするのは良くありません。お酒を飲んだ直後は確かに眠くなりますが、利尿作用があるので途中で目覚めてしまいます。そしてだんだん効かなくなるためお酒の量が増え、睡眠障害がかえって悪化する可能性があります。また、睡眠薬をお酒で飲む人がいますが、ひどいふらつきや記憶障害といった副作用が強く出ることがあるので絶対に止めましょう。睡眠薬は正しく使えば快適な眠りが得られ、睡眠障害から解放されます。質の良い睡眠は、体の健康につながりますので、良質な睡眠が取れていないという人は、睡眠薬を使うことを検討してみてはいかがでしょう。一言で睡眠薬といっても、今はいろんな種類があります。先ほども述べたように、作用時間の違いで分けられているので、自分の不眠のタイプによって選ぶことができます。睡眠で悩んでいるので睡眠薬を試してみたいのであれば、通販で購入することができます。テジャスメディシンという通販サイトでは、良質の医薬品(外国製)を多数揃えています。睡眠薬についてもいろんな種類が揃っていますので、自分の不眠のタイプに合ったものを選ぶことができます。海外から個人輸入という形で購入することになるのですが、送料も安く、商品到着も比較的早い(1週間程度)ので利用しやすいです。日本国内では市販で自分の症状に合った睡眠薬を入手することはなかなか難しいですが、こういった通販サイトを利用すれば良質で自分の不眠タイプに合ったものを購入することができます。ただし、これらは薬ですから正しく使わなければ良い効果は期待できません。必要量飲んだけれどなかなか効かないからまた追加で飲んだとか、お酒で薬を飲んだなど、自己判断で誤った使い方をすると大変なことになりかねませんので、記載されている用法、用量を守って正しく使うようにしましょう。
2021/06/26
睡眠障害の種類と睡眠障害になる理由。そしてより良い睡眠を取る方法をご紹介
忙しい現代では、5人に1人の日本人が何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。睡眠障害には、なかなか寝付けない入眠障害と、寝ている間に何度も目が覚める中途覚醒、予定していた起床時間よりも早く目覚めてしまう早朝覚醒、そしてどれだけ寝ても熟睡した気がしない熟睡障害の4種類があります。

人間にとって睡眠は切っても切れない関係にあり、睡眠の質が悪いとあらゆる健康被害を引き起こします。例えば集中力が低下したり、記憶力が悪くなったりしますから、仕事や勉強の能率が悪くなります。倦怠感やめまいなどが起こりやすくなりますから、日中の作業が辛くなることもあります。また、ホルモンバランスが乱れてしまうので、太りやすくなり、ダイエットの効果が出にくくなるのも睡眠障害によって引き起こされるデメリットでしょう。血液の流れが滞るので、あらゆる病気を誘発しやすくなり、糖尿病や心筋梗塞にかかる確率が高くなります。睡眠の質が悪いと健康被害が増えるだけですから、早めに対処して良い眠りを楽しめるようになりたいものです。

私たちが睡眠障害に陥る理由は大きく分けて5つあります。一つ目はストレスです。毎日の仕事や人間関係、大切な人の死などが原因となって、私たちの心に大きなストレスをかけてしまいます。ストレスは本来、人間が成長していく上で必要なものですが、過度なストレスは精神にダメージを与えますし、いつまでも頭の中を問題がかけめぐって、ぐっすり眠ることができなくなります。
二つ目は身体的要因です。これは、痛みやかゆみなどが原因となって熟睡を妨げるケースです。例えば怪我をしていたり、関節リウマチを患っていたりすると痛くて熟睡できないでしょう。喘息や花粉症の発作が寝ている間に起きたら、夜中でも飛び起きてしまうものです。頻尿がひどければ、夜中に何度もトイレに行かなければならないので、ぐっすり寝ることはできません。これ以外にも色々ありますが、身体的に何か正常でない部分があることによって、熟睡を妨げるケースといえます。
三つ目は薬理学的要因です。これはアルコールやカフェイン、ニコチンなどを摂取した際に睡眠障害を引き起こします。
四つ目は精神的要因で、不安や抑うつの状態にある場合です。一つ目のストレスにも似ていますが、何らかの原因によってうつ病を発症してしまい、睡眠を取ることができなくなります。寝る前にアルコールを摂取するとよく眠れると思っている方も多くいますが、脳が覚醒してしまうので、良い睡眠を取ることができません。よく眠りたいのであれば、寝る前にアルコールやカフェイン、ニコチンなどを摂取するのは止めておきましょう。
五つ目は、生理的要因です。これは時差ぼけや昼夜逆転生活によって引き起こされます。海外で仕事をすることが多い人は、時差ぼけになりやすいので、体に不調をきたしがちです。また夜仕事をする人も、朝日が出てから寝ることになるので、体内リズムが狂って質の良い睡眠がとれなくなりがちです。時差ぼけや昼夜逆転生活は、生活習慣の乱れによって起こっているなら直すべきですが、仕事などでどうしても避けられない場合は、できるだけ質の良い睡眠を取るように心がけるべきでしょう。

では質の良い睡眠を取るにはどうすればよいのでしょうか。これには、寝る前のルーティーンが重要となってきます。例えばスマホなどをずっと見ていると、ブルーライトが目に当たるので、脳が覚醒しやすくなり、中々寝付けなくなります。そのため、寝る前にはパソコンやスマホなどは見ないようにしましょう。
その他にも4つのおすすめ習慣があります。一つ目は、夕食を3時間前に済ませることです。お腹が満腹のほうがよく眠れると錯覚しがちですが、食事をすると内臓が消化活動のために動いてしまうので、体を休めることができません。そのため、できるだけ食事は早めに済ませるようにしましょう。
二つ目は、寝る前に温かい飲み物を飲むことです。体温が下がると体は眠りに入るので、温かい飲み物で内臓を温めておくのです。
三つ目は、ぬるめのお湯にのんびり入浴することです。熱いお湯だと脳が覚醒してしまいますから、ぬるめのお湯でゆっくり体を温めてリラックス効果を高めましょう。
四つ目は、ストレッチなど軽い運動をすることです。過度な運動も脳を覚醒させてしまいますが、ストレッチなどのんびり行う運動は副交感神経を優位にすることができ、リラックス効果が高まるので寝付きやすくなります。

質の良い睡眠を取るために色々な工夫が必要ですが、睡眠薬を使うという方法も効率的に眠りの質を上げることができるのでおすすめです。テジャスメディシンという通販サイトでは、良質の睡眠薬を販売していますので、手軽に睡眠薬を手に入れることができます。冒頭でお伝えしたように、睡眠障害といっても4種類ありますから、自分がどのタイプの睡眠障害なのかを見極めて、自分にあった睡眠薬を選んでみてください。
2021/06/22
健康を保つには規則正しい睡眠が不可欠!不眠は睡眠薬で改善しましょう
都会での生活では時間の使い方に問題が多く、仕事や娯楽においてやりすぎの傾向が強く出てしまいがちです。それで、つい不規則な生活を放置してしまうきらいがあります。その中でもっとも心配なのが睡眠です。日々の生活で相当に体が疲弊しているにも関わらず、夜中まで仕事をしたり、遊んだりして睡眠が不足している人が目立ちます。

しかし、睡眠は人が生きる上で必要不可欠なもの。睡眠が不規則で不十分な状態が続きますと、それが原因で体の機能は低下し、体のあちこちで故障が生じ、病気を発生させることになります。そうならないために、どなたも規則正しい睡眠習慣を整える必要があります。なぜ規則正しい睡眠習慣が必要かと言いますと、それは体内時計によって体の機能が働いているからです。毎日6時間の睡眠時間を確保するとしても、午前中に寝たかと思えば、翌日は夕方に寝たり、夜中になるまで寝ないといった不規則な睡眠は体内時計を狂わせ、健康が損なわれることになるからです。

24時間周期で目覚めと活動、就寝のリズムを維持することで、体は自発的に調整をすることができるようになります。人の体は、どの組織も活動によって消耗します。筋肉も血管も脳細胞も、使用するごとにパーツである細胞が破壊されていきます。そして損傷した細胞は、すぐに新しく作っていかなければなりません。この修復作業は、主に睡眠中に促進されます。日中に体が活動している間はそれほど進みません。これは自立神経の働きが大きく関係していて、起きている間は交感神経が活発に働いて、筋肉を動かしたり、情報処理を行なったり、消化などの仕事を行っています。反対に、活動が休止する睡眠時は副交感神経が活発に働いて、疲労を回復させ、ストレスを解消し、コツコツと各組織を修復する細胞分裂を促進させるのです。

なお、睡眠にも深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)があって、この2つの状態は交互に繰り返されています。そこで、体がしっかり休憩させるために深い眠りをしっかり確保することが大事です。深い眠り・ノンレム睡眠は、体の修復に欠かせないホルモン分泌を活発化し、疲労回復やストレス解消、細胞分裂を促進させます。そこで、レム睡眠・ノンレム睡眠の交代もリズミカルである必要があります。睡眠を規則正しく取るとは、この作用を整えるために必要なのです。たとえば、毎晩12時になったら部屋を暗くして、何もせずに布団の中に横たわる習慣をつけること、このように定時に睡眠状態に入るのが大事です。

しかし、この習慣がついていない人は定時で就寝することができません。それどころか、横になっていてもまったく寝付けずに、神経が逆立ってイライラする人もいるでしょう。これでは深い眠りにつくことができず、体の回復も得られません。いわゆる不眠症の人は、このせいで健康を悪化させてしまうわけです。

極端な話をしますと、不眠を半月以上継続すれば死のリスクが高まると言います。ラットを使った実験ですが、不眠の状態を3週間も続ければ敗血症性ショックでほぼ死んでしまうとのことです。これは免疫機能が悪化して臓器不全になるためで、睡眠不足は感染症のリスクを高め非常に危険であることも分かります。

そこで睡眠薬が役に立ちます。日本人の25%以上が不眠で悩んでいて、症状がひどい人は睡眠薬による治療を受けています。一般的に利用されている睡眠剤は、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系で、脳全体の機能を休止状態(極めて低い状態)にすることで睡眠導入するのです。この時に緊張状態にあった神経が解放され、気持ちよさを感じながら睡眠に入れます。心に平安が生まれ、心地よい眠りに就けるでしょう。

睡眠薬による不眠治療は正しい方法で行なうと効果がアップします。まず適量を見極めることです。人それぞれで症状の重さが違いますし、効き目の出方にも差があります。自分が安心して眠りに就ける量を見極めるべきでしょう。そこは専門家のサポートがあると安心です。そして自分の適量を確認したら、今度は毎日の就寝時間を決めて、その時間の前に服用するようにします。ここをいい加減にしてしまうと意味がありません。規則正しく睡眠をとるのが目的ですので、寝る時間(体内時計のリズムを作るため)にこだわることが肝心です。

また、眠れるようになったからといって、すぐに薬をやめてしまうのもNGです。焦らずじっくりと症状を確認し、少しずつ量を減らしていくことが近道になります。不眠症はメンタルに大きく影響を受けますので、少しでも不安な状態で就寝しないように心がけましょう。石橋をたたいて渡る丁寧さがポイントとなります。

このように、睡眠薬で不眠を改善すると、体は徐々に健康を回復していきます。睡眠は健康の素と言いますが、今の社会生活では過小評価されているきらいがあるでしょう。不眠で悩む人は、まずはきちんと眠れるように睡眠薬の助けを借りて改善させていくと良いかもしれません。
2021/06/18
質のいい睡眠をとるには
睡眠はただ体を休めるだけではなく、人の精神状態と深く関わりがあります。少しでも不安なことがあると寝付けなかったり、嬉しい事があっても興奮して眠れなかったりと、心の状態によって睡眠が不安定になってしまいます。そして、十分な睡眠をとることができないと、疲労回復できずに、自律神経症状が出たり、集中力が低下して生活に支障をきたしたりするようになります。言い換えれば、睡眠を整えることで病気のリスクを減らし、改善していくこともできるのです。しかし、心のバランスを保ちながら睡眠をとるといいというのは頭で分かっていても、なかなかそのように眠りにつけるものではありません。そんな時は無理をせずに、睡眠薬を服用して睡眠をとることを優先するといいでしょう。

睡眠薬は2つの作用に分けることができます。現在多く使われているのは、脳の機能を低下させ、神経活動を抑えて催眠作用をもたらすことを優先にするものです。俗に言う睡眠導入剤です。効き目も強く、即効性があります。強引に催眠状態にするものです。

もう一つは、自然な眠気を強くする睡眠薬です。メラトニンの分泌で体内時計の働きを促す薬で、20時頃からメラトニンが分泌され始めて、深夜の1時から2時頃を境に、明け方明るくなると光を浴びて消えていく作用の、メリハリをつけるための薬です。また、覚醒状態である時に働くオレキシンという物質をブロックして働きを止め、睡眠状態に切り替えてくれる薬もあります。依存性も少なく、生理的な物質に作用するため、強引な催眠効果はなく、効果には個人差が大きいようです。

不眠には、抗うつ剤や抗精神病薬が使われることもあります。自分の不眠状態によって薬も変わってきます。まず、自分がどんな睡眠をとっているのかを知ることが大切です。

質のいい睡眠とは、睡眠時間が足りている睡眠ではありません。長時間だらだら眠っていても、体が休息しているとは言えないのです。睡眠中は、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。寝入ってから3時間ぐらいの間に深い眠りのノンレム睡眠に陥ることができると、脳も体も休むことができて、睡眠に満足感を得ることができます。

ちょうど寝入ってから2時間から3時間後には、成長ホルモンも分泌されます。この成長ホルモンには、細胞修復や疲労回復などを促す働きがあります。このことから、成長ホルモンが十分に分泌されると、同じように睡眠に満足感を感じることができるのです。

明け方には成長ホルモンに代わり、コルチゾールというホルモンの分泌が高くなります。体が目覚める準備を始めるホルモンで、脂肪をエネルギーに変えてくれます。質の悪い睡眠だと、成長ホルモンが十分に分泌される前にコルチゾールが高くなるので、睡眠に満足できない状態になります。朝起きた時にスッキリしないのは、疲労回復がされず、成長ホルモンが十分に分泌されていない状態ということです。こういった症状から、自分の睡眠の質を知ることができます。

質のいい睡眠をとるには規則正しい生活を心掛けることです。体内時計でリズムを作り、時間になったら眠くなるサイクルを作ることで、ぐっすり眠ることができます。運動も効果的で、寝る3時間ほど前から夜に向けて運動すると、運動で一時的に上がった脳の温度が寝る頃には下がって、スムーズな睡眠を得ることができます。寝る直前の運動は興奮状態になって寝付けないので、避けましょう。

入浴も寝る2時間から3時間前が効果的で、ぬるま湯に30分程度がいいでしょう。夜の照明を控えめにして、朝は起床してすぐに朝日を浴びると、体内時計をリセットできるのでおすすめです。昼寝も15分程度であれば、夜眠れなくなるようなことはありません。午後に眠気を感じた時は、少し横になることもいいでしょう。

眠る時はリラックスできる環境を整えるのもいいことです。その一つが寝具です。寝具にも、質のいい睡眠をサポートしてくれるものがあります。体に合った寝具や寝間着を選ぶことで、睡眠環境が大きく変わってきます。枕も個人によって変わってきます。自分に合った枕を使用することで、肩こりなども改善されるので試してみるといいでしょう。

そのようなサポートの一つとして、睡眠薬があります。自然に寝付くことができるのがいいですが、睡眠薬を服用してリズムを作ることも一つのサポートです。眠ることにストレスを感じないように、質のいい睡眠をとれるようになるための使用です。

睡眠薬は、通販サイトの「テジャスメディシン」で手に入れることができます。「テジャスメディシン」は個人輸入サイトですが、ジェネリック医薬品に力を入れているので、同様の効果のある品質の高い医薬品をリーズナブルに販売しています。製造元も明確にされているので、安心して購入できます。まずは睡眠薬を使って、質のいい睡眠を手に入れましょう。朝起きた時の目覚め方が違うことで実感できるでしょう。
2021/06/15
睡眠の質と時間にこだわって健康になろう
人間は質の高い睡眠をすることで健康を維持することができます。しかし忙しい現代社会でどうしても睡眠時間を確保することができずに健康を害してしまう人がいます。基本的に1日の睡眠時間が6時間未満は時間が足りてないと言われていて、日中に眠気に襲われることがあります。稀に睡眠時間が少なくなるというのであれば問題ありませんが、毎日のように睡眠時間が少ないと身体の健康に支障が出てしまうので注意しなければいけません。

慢性的な睡眠不足になると日中でも常に眠い状態に陥ります。さらに疲れが取れなくて集中力が低下してしまいます。集中力がないと常にイライラ感が強くなってしまい、仕事やプライベートなどあらゆる状況で支障が出ます。さらに健康を蝕んでいき生活習慣病になりやすい原因にも繋がります。睡眠不足はストレスとなりそれを発散させるために食欲が増してしまいます。そうなると体重が増えて肥満の原因にもなります。睡眠不足の状態で食べたいものを食べ続けると脂質異常症になり動脈硬化や心臓病や糖尿病を発症する可能性が高いです。

一般的に成人が1日7時間前後の睡眠をコンスタントに取ることが望ましいとされています。短くてもダメですが長すぎてもダメだという研究結果が報告されています。不規則な睡眠時間を取るだけで数年後の死亡率が高くなってしまうのはとても恐ろしいことです。そうならないために睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の質にもこだわる必要があります。睡眠の時間を確保するために時間を作るようにしてください。毎日7時間前後の睡眠時間を確保することで健康を害さない体づくりをすることができます。

睡眠の質を高めるために必要なのが夕食を食べる時間帯です。原則として寝る3時間前には夕食を済ませておくことが望ましいです。食べてすぐに寝てしまうと内臓が休まない状態なので質の高い睡眠ができなくなります。さらに食べてすぐに寝ると体重が増加してしまう原因にもなります。睡眠の質を考えると夕食は消化の良いものを少ない量を食べて内臓に負担をかけないことが望ましいです。寝る前にお風呂に入ってリラックスした状態で就寝すると質の高い睡眠ができます。注意点として熱いお湯ではなく、38度くらいのぬるま湯にじっくり浸かってリラックスすることです。熱いお湯は逆効果で目が覚めてしまいます。ぬるま湯にしっかりと浸かることで身体の芯から温まりますし、緊張がほぐされてリラックスすることができます。この状態で睡眠をすることで深い眠りを可能にします。

自分が寝る場所の環境と寝具選びにもこだわってください。寝室は暑すぎず寒すぎない自分が寝るのに最適な温度に設定して寝ることが望まれます。夏は暑苦しいと寝られませんし、冬は寒すぎると目が覚めてしまいます。季節に応じて室温や湿度を変えていくことが望ましいです。寝室の環境だけでなく自分に合った寝具を使ってください。重い布団だと息が苦しくなりますし、高さが合っていないまくらだと深い眠りが期待できません。

このように質の高い睡眠を確保するために様々なことを意識して睡眠と向き合う必要があります。日中に身体を動かすと程よい疲労感が出て自然に眠気が誘発されます。逆に興奮しすぎると目が覚めて思うように寝られなくなります。普段質の高い睡眠を確保できない人は、生活習慣を変える意識を持つことが望ましいです。しかし、いくら改善をしても思うように熟睡できなくて昼間は常に眠い状態に陥ってしまう人もいます。

試行錯誤しても睡眠不足が改善されないなら睡眠導入剤や精神安定剤を服用することをおすすめします。広く知られているのがエスゾピクロンです。この薬は睡眠障害を改善するために処方されるもので、GABAA受容体に作用することで催眠を促してくれます。精神安定剤として知られているのがデジレルです。この薬は精神を安定させるために服用するもので、抗不安・鎮静作用があります。

これらの薬を個人輸入で販売しているのがデジャスメディシンです。様々な用量のエスゾピクロンを販売していて、一番安くて3,600円、量が多いと3mgが300錠で10,800円で販売しています。量に応じて選ぶことができるので、利用者目線で薬を販売している良心的なところが支持できる通販サイトです。エスゾピクロン以外にも気持ちを穏やかにしてくれるクエチアピンや精神安定剤のジェネリックも扱っています。デジャスメディシンは対応してくれるのが日本人です。何か不明点があれば日本語で返信してくれます。10,000円以上買うと送料が無料になるのもお買い得です。海外から送られてくるので1週間から2週間程度かかりますが、安心して利用できる個人輸入通販サイトなので、どうしても睡眠不足が改善されない人や、寝られないことが原因で生活に支障が出ている人は、デジャスメディシンでエスゾピクロンを購入されてみてはいかがでしょうか。
2021/06/11
体調不良の原因は睡眠かも。健康と睡眠の深い関係。
現在、日本では不眠に悩む方が増えています。調査によれば、5人1人が快適な睡眠が取れていないと言われています。加齢とともに割合は増加し、60歳以上の方になると、約3人に1人が何かしらの睡眠障害で困っているとされています。背景には、長時間の労働による睡眠の不足やシフト制で変則的な生活を送ることで生活のリズムを乱してしまうなど、仕事が影響することが多くあります。

その他にも、あらゆる理由で不眠になることがあります。ストレスや生活習慣などが代表的です。また、食事など摂取するものにより誘発されることもあります。コーヒーに含まれるカフェインやタバコのニコチンなどには覚醒する作用があり、快適な睡眠の妨げになるとされています。

さまざまな理由により不眠はおきますが、大抵の場合は数日から数週間で改善されます。しkし、不眠の症状が1カ月以上にわたり続くときがあります。そうすると、日中に倦怠感やめまい、食欲の不振などさまざまな症状が現れます。このようなときに、不眠症と診断されます。

不眠症になると、あらゆる健康被害を及ぼします。慢性的な不眠になると、集中力や記憶力の低下が起きやすくなります。そういった際は、事故や業務でのミスを起こす危険性が非常に高くなるため注意が必要です。

メンタルにも多くの悪影響を与えます。健康な人と比べると、うつ病などの精神疾患を患うリスクが各段に高くなります。また、軽度な場合でも、やる気の低下や情緒が安定しないなどの症状が現れ、進行すると日常生活に支障をきたすことがあります。

また、睡眠の不足は太りやすくなると言われることがあります。これは、睡眠が不足するとホルモンのバランスが乱れることが原因です。寝不足になると、グレリンという食欲が出やすくなるホルモンが増加するため食欲が増大し、結果として太りやすくなってしまいます。肥満は、あらゆる病気を引き起こしやすくなることが分かっています。

さらに、生活習慣病の引き金となることもあります。糖尿病や心筋梗塞および狭心症など血管の病気になるリスクが高くなります。このように、睡眠と私たちの生活は密接に関係しており、睡眠不足になると健康にもさまざまな悪影響を及ぼします。行政もホームページなどで注意喚起をしており、睡眠障害は現代社会における問題となっています。

不眠症には予防が大切です。生活リズムを整え、食生活などを改善することで、睡眠障害の軽減や改善につながります。しかし、症状がひどい場合やあまり改善が見られないときなどは、睡眠薬が使用されることがあります。不眠症には4つのタイプがあります。睡眠薬もそのタイプに合わせて使用するとより高い効果が望めるため、まずは自分がどのタイプかをしっかりと把握することが重要です。

1つ目が、入眠障害と呼ばれるタイプです。これは、寝つきが悪くなかなか眠れないといった方が該当します。布団に入ってから、眠るまでに30分以上かかることが続く方などは入眠障害が疑われます。また、原因として寝る前のスマートフォンやパソコンの使用などが要因となっていると考えられています。デジタル製品は、ブルーライトを発しており、その光には覚醒する作用があるため入眠を妨げているとされています。

2つ目は、中途覚醒といわれるものです。寝つきはスムーズなものの、眠りが浅く、寝ている途中で何度も目が覚めてしまうといった方があてはまります。また、寝ている最中にトイレに何度も行きたくなるといったケースでは、睡眠の問題だけではなく、泌尿器の問題も併せて治療しなければなりません。つまり、睡眠の改善とともに、原因となる事柄についても併せて改善する必要があります。

3つ目が、早朝覚醒です。起床する予定より早朝に目が覚めてしまい、睡眠時間が減ってしまったなどの方が該当します。体調に問題ない範囲であれば構いませんが、体調に影響が出る場合は改善および治療が必要です。

最後に、熟睡障害といわれるタイプです。寝つきもスムーズで、中途覚醒や早朝覚醒の症状が見受けられないにもかかわらず、ぐっすり眠れたという実感がないという方に当てはまるものです。どれだけ寝ても、疲れが取れないと感じる方や、寝た気がしないと感じた方などは、熟睡障害の可能性があります。

睡眠薬にも多様な種類があります。自分の不眠のタイプをしっかりと把握し、それに適した睡眠薬を選ぶことが大切です。例えば、入眠障害で悩んでいる場合は、寝つきがよくなる効果が高いものを選ぶ必要があります。合わない薬を選んでしまうと、自分が望んでいた効果が得られない、もしくは効果が薄れてしまいます。

このような睡眠薬は、市販で入手することが困難です。しかし、「テジャスメディシン」で手に入れることが可能です。テジャスメディシンは、品ぞろえも豊富な通販サイトです。自分にあった薬を探すことができます。睡眠に関してお悩みの方は、利用を検討してみるとよいでしょう。
2021/06/09
「不眠」だけではない?こんな症状があれば睡眠障害かも
睡眠障害と聞くと「不眠症」を思い浮かべる方も多いでしょう。不眠症とは、夜なかなか眠りにつけない「入眠障害」、夜中に途中で起きてしまう「中途覚醒」、朝方早い時間に目が覚めてしまう「早期覚醒」、しっかり寝たのに眠った気がしない「熟眠感欠如」があげられます。
しかし、睡眠障害は不眠症だけをいうものではありません。眠りすぎてしまう「過眠症」や寝ている間に呼吸が止まってしまうときがある「睡眠時無呼吸症候群」、足がむずむずする・火照って眠れないなどの「むずむず脚症候群」など、全てのものをまとめて「睡眠障害」と呼びます。自分は寝ているから睡眠障害ではない、と思っていても、もしかしたらどれかの症状に当てはまっているかもしれません。1つずつ症状を見て、自分に当てはまっているか調べてみましょう。

過眠症とは、その名の通り「寝すぎてしまう」のが主な症状です。昼間、授業中や仕事中でも気が付くと眠ってしまう、居眠りで注意されることが多い人は過眠症の疑いがあります。また、夜しっかりと睡眠時間を取っているのに昼間の眠気が強い、昼間寝てしまう場合にも過眠症の可能性が高いです。原因としては夜間の睡眠の質の低下、睡眠時の環境が整っておらず昼間の眠気が強くなること、何か病気が原因で過眠が起きているなどがあげられます。治療に関しては、まず日常生活を規則正しくするように指導されることが多いです。夜早めに就寝し夜間睡眠の時間を多めに取るようにすること、昼間適度に身体を動かし夜はほどよい疲労を感じて眠ることで夜間の睡眠の質を向上させることとなります。また、寝室の環境の見直しもポイントです。部屋の照明が明るすぎないか、寝具の色を落ち着いたものにするなど、環境を変えることでも夜間の睡眠の質を上げることができます。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に息が止まることがある、いびきをかいている、いびきが急に数秒止まることがあるなどが主な症状です。これらの症状があると、夜間睡眠をしっかりととっているのに寝ている気がしない、昼間に眠気が強くなることがあります。
特に健康に問題がないならば、いびきをかいているだけだし、数秒くらい息が止まっても問題ないのではないか、と思う方もいるでしょう。数秒でも呼吸が止まっている状態なので、脳・心臓・血管に大きな負担をかけてしまいます。そのため、高血圧や脳卒中・心筋梗塞など、様々な病気のリスクを高めてしまうのです。また、いびきがひどいと、一緒に寝ている家族がいびきのせいで眠れないなどの睡眠障害を起こすことも考えられます。
睡眠時無呼吸症候群の原因は、太りすぎや飲酒習慣、服薬している薬の副作用などです。原因がはっきりとすればダイエットをする、禁酒する、薬を変えてもらうなどで改善することもあります。また、マウスピースを着用していびきを防ぐ方法などもありますので、気になる場合は早めに病院を受診しましょう。

むずむず脚症候群は、夕方以降から就寝時に足がむずむずする、火照る、じっとできないなどが主な症状です。周期性四肢運動障害がないか、受診して調べてもらいましょう。就寝時の環境を見直すことでも症状が落ち着くこともあります。治療方法は抗てんかん薬や抗パーキンソン病薬の服用です。

このように、睡眠障害と言っても不眠だけが主な症状ではありません。眠りすぎてしまう過眠症、睡眠時に呼吸が止まる無呼吸症候群、就寝時に足に違和感がある・動かしてしまうむずむず脚症候群も、全てまとめて「睡眠障害」と呼びます。
それぞれ原因はいろいろ考えられますが、心理的なストレスや病気などによる身体的要因が多いといわれているのです。特にストレスや環境の変化など心理的要因が深く関わっています。症状が出始めた少し前に、仕事やプライベートで何か変化がなかったか、振り返ってみましょう。原因がわかれば、それを避けるだけで症状が緩和することもあります。

もしどうしてもストレスの原因を避けることができない、なかなか症状が緩和しない場合には睡眠薬を使うこともおすすめです。睡眠薬を使ってまとまった睡眠時間を確保することで、昼間の眠気が少なくなる、心理的にも身体的にもよく寝て健康な身体を作ることが大切となります。睡眠薬は用法容量を守れば、依存性もなく効果も期待できるものです。眠れるようになったならば、だんだん薬の量を減らすか弱いものに変えていくことで、そのうち睡眠薬がなくても眠れるようになれるかもしれません。
「睡眠薬=効果が強い、依存性がある」というのは間違いです。怖がらずにまずは「夜眠れるようにすること」を一番に考えて服用してみましょう。ただし、無呼吸症候群の場合には、睡眠薬を使うことは推奨されていませんので、使用は避けてください。

睡眠薬は「テジャスメディシン」で購入することができます。たくさんの種類を扱っていますので、自分の不眠の症状や目的に合わせて購入可能です。睡眠薬を試してみたい、今すぐにぐっすり眠れる方法が知りたい、そのようなときはテジャスメディシンで購入してください。
2021/06/04
良質な睡眠が得られるとされるゴールデンタイムとは?
美容と睡眠は密接な関係があります。多くの女性にとって、夜更かしがお肌の美容に良くないことは実感があるでしょう。

それと関係して、この時間帯にしっかり睡眠を取るとよいといわれる「ゴールデンタイム」というものがあります。ただ、本当のゴールデンタイムは一般的な認識とはやや違うようです。美容と健康のために良質な睡眠は欠かせませんが、そのためにもゴールデンタイムについて正しい認識を得ましょう。

睡眠のゴールデンタイムとは、一般的に午後10時から午前2時までの時間帯を指します。この時間帯に寝ると良質な睡眠が取れるとされる時間帯です。そのため、「美容を気にするのであれば、夜更かしせずこの時間帯には眠っていられるような生活をしましょう」のようにいわれることがあります。

ところが、睡眠のゴールデンタイムは「午後10時から午前2時までの4時間」という認識は厳密には正しくありません。というのも、良質な睡眠とって必要なのは、睡眠をとる時間帯ではなく、睡眠時間と睡眠の深さだからです。

多くの人にとって、午後10時から午前2時が睡眠に必要な長さと深さを得られやすいため、この時間帯がゴールデンタイムとされるようになっただけのことです。たとえば、朝寝て夜起きるような昼夜逆転の生活であっても、睡眠に必要な長さと深さが得られるのであれば問題ありません。

ゴールデンタイムの時間帯が固定されていると、介護や看護など夜勤のある仕事をされている方は、美容を犠牲にしなければならないと思ってしまいそうですが、そんなことはないのです。眠る時間帯にかかわらず、その人にとってのゴールデンタイムを作ることは難しくありません。

必要な長さと深さの睡眠を取れる時間帯をゴールデンタイムと言いますが、具体的にどのような状態なのかというと、それは成長ホルモンが活発に分泌されている状態です。成長ホルモンというと思春期に分泌されるホルモンのように思われることもありますが、そうとは限りません。何歳になっても分泌されるホルモンで、疲労回復や細胞修復などに機能しています。

成長ホルモンの分泌が活発になるのは、就寝後約90分続くノンレム睡眠の際です。それから約3時間、成長ホルモンの分泌が高い状態で維持されるため、この時間帯に熟睡することが大切だといわれます。一般的な生活スタイルでは、午後10時から午前2時までの範囲に就寝からの3時間が収まるでしょう。なので、この時間帯が睡眠のゴールデンタイムといわれるようになったのです。

ゴールデンタイムにしっかり睡眠が取れていると、さまざまなメリットが得られます。一つは肥満の予防です。肥満にはさまざまな原因がありますが、その一つとして睡眠不足は大きいです。

なぜなら、睡眠が不足すると食欲を増進させるホルモンであるグレリンが増加し、逆に、食欲を抑制するホルモンであるレプチンが減少するからです。ただこれは生活習慣を変えると元に戻るため、睡眠不足で肥満になった場合でも心がけ次第で改善することは難しくありません。

もう一つのメリットが美肌効果です。ゴールデンタイムには成長ホルモンの分泌が活発になると述べましたが、成長ホルモンには破壊された細胞を修復する働きがあります。つまり、傷ついた肌の細胞も修復されるということです。

逆に、睡眠不足や十分な睡眠時間が取れていないと、壊れた細胞が修復されないため、肌荒れ、ニキビ、吹き出物などができます。また、生体リズムも乱れてしまうため、自律神経の乱れや免疫力の低下にもつながるのです。

ゴールデンタイム、すなわち就寝から3時間の睡眠の質が美容にとって大切な理由がわかりましたが、たとえば夜勤のある仕事の人など、生活がどうしても不規則になってしまう場合、どのように毎日の睡眠時間をゴールデンタイムにすればよいのでしょうか。

睡眠に関しては個人差が大きいため、「こうすればよい」という唯一の方法はありません。ただ、就寝時間と起床時間は固定した方が睡眠の質が保ちやすいでしょう。夜勤のある生活だとなかなかそうもいきませんが、少なくとも夜勤明けは必ず何時に寝て何時に起きるというふうに、生活スタイルを固定する方向で考えてみてください。

「今日はあまり眠くないのでこのまま夜まで起きていよう」とか、「今日は眠いので一日中寝て過ごそう」などと、その日によって変えるのではなく、夜勤から帰宅後何分で床につき、睡眠時間を一定にするというふうに意識してみてください。

気をつけたいのは、夕方まで寝てしまわないことです。夕方に眠ってしまうと乱れた体内時計が元に戻らないため、夜勤から日勤に変わっても、しばらく日中ぼーっとして過ごすことになってしまいます。多少眠くても、昼ごろには目を覚ますようにしましょう。

寝起きを良くするには、1日の終わりの食事をたんぱく質中心にし、眠る前にホットミルクなど温かいものを飲むのがおすすめです。たんぱく質はメラトニンの生成に欠かせないセロトニンの材料になります。眠る前の温かい飲み物は体温を高め消化を助けるので、安眠しやすいです。

とはいえ、不規則な生活だと健康的な睡眠生活を維持するのは大変です。不眠症など何らかの睡眠トラブルを抱えている場合、睡眠薬のサポートも借りることを検討してみてはいかがでしょうか。
2021/06/01
高齢者は睡眠トラブルを抱えやすい?
現代人は、睡眠トラブルを抱えている人がたくさんいます。朝はだいたい快適に目覚めることができるという人なら、睡眠トラブルの心配はないかもしれません。しかし、慢性的に朝の目覚めが良くないとか、朝起きたら既に疲れているという人は、もしかしたら自分では意識していなくても睡眠トラブルを抱えているかもしれません。

睡眠トラブルには、たくさんの種類があります。その中でも多くの人が抱えているのは、不眠症と呼ばれるトラブルです。日本においては5人に1人が抱えていると言われていて、布団に入ってもなかなか眠れないとか、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう、夜中に目が覚めるとそこからはもう眠れなくなる、など不眠症にもいろいろな種類があります。

夜しっかり眠っているのに昼でも眠いという人は、過眠症と呼ばれる睡眠トラブルが考えられます。いつも眠くて寝てばかりいると、他人から見たら怠け者に見えてしまうかもしれません。しかし、過眠症も不眠症と同じぐらい重大な睡眠トラブルなので、決して眠れているのだから安心だと侮ってはいけません。夜グッスリ眠っているはずなのに昼も眠いと、やはり生活に支障が出てしまうかもしれません。

睡眠トラブルは、生まれた時から先天的に抱えているような疾患ではありません。普段の生活の中で発症するトラブルで、年齢を重ねることで睡眠トラブルが起こりやすくなる傾向があります。高齢者は若い人よりも睡眠トラブルを起こしやすいという統計があり、ストレスを感じている自覚がなくても眠れないという人は少なくありません。

高齢者に起こりやすい睡眠トラブルには、いくつかの種類があります。その中でも最も多くの人が経験するのは、不眠症です。これは年齢に関係なく起こるもので、生活習慣やストレスなど原因は様々です。なかなか寝付けないとか、眠りが浅くてすぐに目が覚めるとか、眠ったのにグッスリ眠れた気がしないという人は、もしかしたら不眠症かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群も、高齢者の多くが抱えているトラブルです。これは、寝ている間に呼吸が低呼吸になったり停止したりしてしまうというトラブルで、ひどくなると呼吸停止のまま亡くなってしまうケースもあります。これも原因は様々で、加齢やホルモン低下、また生活習慣や肥満などが原因で起こります。睡眠時無呼吸症候群にかかると、眠っている間に脳がゆっくり休めないため、昼間でも頭痛がしたり、疲労感や記憶力の低下などが起こりやすくなります。高齢になっていびきをかくようになったという人や、いびきがひどくなった人などは、もしかしたら自覚していないだけで睡眠時無呼吸症候群にかかっているリスクがあります。

レストレスレッグス症候群もまた、高齢になると起こりやすい睡眠トラブルです。特に中高年以上の女性に発症しやすいと言われていて、眠っていると足がムズムズしたり不快感を覚えたりするという症状が現れます。寝ている時に足の指先に不快感が出ると、気になって安眠出来ないというのが、レストレスレッグス症候群の大きな特徴です。糖尿病などの慢性的な疾患が原因になることはありますが、体質的な原因で発症することも少なくありません。

レストレスレッグス症候群によく似ている睡眠トラブルには、周期性四肢運動障害があります。これは、寝ている時に急に手足がビクついて脳が覚醒されるというものです。いつどのような頻度で起こるか分かりませんし、本人は手足がびくついても気づかないことが多いのですが、脳は覚醒しているために睡眠の質が低下してしまいます。

レム睡眠行動障害もまた、高齢者に多く起こりやすい睡眠トラブルとして知られています。睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠とがありますが、レム睡眠の時には脳は起きていて夢を見ていますが、体は脱力状態となっています。つまり、私達が夢を見ている時には、体の疲れが取れている状態ということになります。

レム睡眠行動障害は、このレム睡眠の時に体が十分に休まらないというトラブルです。見ている夢の通りに体が動いてしまうなど、体が十分に休まらず、朝起きた時に疲れているという状態になりやすいのです。レム睡眠行動障害は高齢になると発症しやすいトラブルですが、女性よりも男性の方が多くかかりやすい傾向にあります。また、パーキンソン病や認知症を発症している人も症状の一つとして起こることもあります。

高齢になると、若い頃には睡眠トラブルを抱えていなかった人でも、多かれ少なかれトラブルを抱える人が多くなります。生活習慣やストレスを改善するなど、できる範囲の工夫や努力で解消できることもありますが、場合によってはなかなか改善できず、疲ればかりが蓄積してしまうこともあります。そんな時には、無理をせずに個人輸入代行サイトなどを活用して睡眠薬を購入してはいかがでしょうか?睡眠薬は、それぞれ持続時間が異なりますが、薬効によって大きな安眠効果を得ることができます。もしも慢性的な睡眠トラブルを抱えている人は、検討してみると良いでしょう。
2021/05/31
睡眠負債はなぜ危険?睡眠不足に伴うリスクを学ぼう
「睡眠は2、3時間で十分」という人は珍しくありません。いわゆる「ショートスリーパー」と呼ばれる人たちは、ハイクオリティの睡眠であれば非常に短時間で良いと考えています。一方、長時間しっかりと眠りたいのに寝つきが悪くなかなか眠れない、あるいは夜中に何度も目覚めてしまうという悩みを抱えている人も少なくありません。「眠れないなら無理して眠る必要はない」という人もいるものの、実際には睡眠を十分にとれない状態、睡眠負債を慢性的に抱えてしまうと、さまざまな弊害が生じることが分かってきています。

睡眠負債によって生じる1つ目の弊害は「強いストレスにさらされること」です。睡眠による休息が不足すると、体内ではコルチゾールと呼ばれるホルモンが発生します。これは脳に強いストレスを感じさせてしまい、感情的に不安定な状態をもたらしてしまうのです。そうなると、仕事への集中力が低下してしまったり、些細なことで周囲と衝突してしまったりします。仕事が思うように進まないと、さらにストレスを感じることになるでしょう。加えて、物事が順調に進まないので、そのことばかりを考えてしまい、さらに寝付けない状態が継続するという事態が考えられます。通勤で自動車やバイクを利用している人は、集中力が低下することで危険察知が遅れてしまい、事故に遭うリスクも高まります。ですから、十分な睡眠は命の危険に直接影響する可能性があるわけです。

睡眠が十分に確保できないことによって生じうる2つ目の問題としては「健康状態の悪化」が挙げられます。人体には交感神経と副交感神経の2つがあります。日中に活動している時は交感神経が優位になり、就寝中は副交感神経が優位になっています。ただ、睡眠が不足すると、交感神経がほぼ一日中優位になってしまうのです。その結果、体内では交感神経の働きと連動してノルアドレナリンなどのホルモンが分泌され続けることになり、血圧の高い状態が継続します。これが慢性化してしまうと、高血圧症の引き金となってしまうでしょう。高血圧は動脈硬化の原因となる危険な状態であり、この症状が重篤化すると心筋梗塞や狭心症、脳梗塞など、命の危険が伴う病気のリスクを高めてしまいます。

人体は主に眠っている間、傷ついた細胞の修復やターンオーバーを行っています。ですから、睡眠時間が極端に短くなると、このターンオーバーがスムーズに行われなくなり、免疫系が弱くなってしまうのです。その結果、風邪を引きやすくなったり、消化器官が弱くなって慢性の下痢に悩まされたりするケースも珍しくありません。また、ターンオーバーの効率が低下することにより、損傷した筋肉の回復も滞ってしまうため、体全体において筋肉の強度が低下してしまいます。その結果、ちょっとしたことで怪我をしやすくなるという点も覚えておきましょう。

「食欲のコントロールが難しくなる」というのも十分な睡眠を取れない人に起こり得る問題と言えるでしょう。睡眠時間が少なくなると、人体ではレプチンと呼ばれるホルモンの分泌量が減少することが分かっています。レプチンは満腹中枢へ働き掛けて食欲をコントロールする働きを持つホルモンです。つまり、睡眠が十分に確保できていない人は、食欲のコントロールが難しくなる傾向にあるのです。食べ過ぎによってカロリーを過剰に摂取すると、肥満や高血圧の原因となります。体重が増加して肥満体型になると、ストレスがさらに増えるでしょう。また、就寝直前まで何かを口にしていると、眠っている間も体内では消化器官が働き続けるため、本来就寝中に行うべき細胞のターンオーバーは思うように進みません。こうした負のスパイラルによって、健康状態はさらに悪化していってしまうのです。

睡眠が不足している人に起こり得るもう1つの問題は「人間関係の悪化」です。先述の通り、睡眠不足になると慢性的にストレスを感じた状態になるため、基本的にいらいらした状態が継続します。そのため、周囲で生じていることに対して敏感に反応してしまうのです。実際、睡眠負債を抱えるようになって、これまでは気にならなかったことが急に気になりだしたり、小さなことで声を荒げてしまったりというネガティブな変化を感じた人は少なくありません。そうなると、周囲の人もトラブルを避けるため、腫物を触るようにして距離を取りながらコミュニケーションを図るようになるでしょう。結果として、仕事の連携がうまくいかなくなるということが起こり得ます。ですから、会社内で責任を委ねられている人は、仕事を円滑に進めるためにも睡眠時間をしっかりと確保するように心がけておきましょう。

リラックスして睡眠の習慣を改善できるようにいろいろな方法を試してみたものの、どれも思うような成果が上がらないという人は睡眠薬を試してみましょう。通販サイト「テジャスメディシン」では、オリジナルのルートで仕入れた質の高い睡眠薬を販売しています。サイトは完全会員制なので、プライバシー保護も万全です。「一刻も早く不眠の悩みを解消したい」という人は、ぜひ問い合わせてみましょう。
2021/05/27
良い人生には良い睡眠が不可欠!快眠のポイントとは?
毎日睡眠に十分な時間を確保しているはずなのに、朝起きてみるとなんだか疲れが抜けていないという人は意外と多いのです。起床した時点ですでに肩や首が凝っていたり、何となく体が重かったりといった症状に悩まされています。こうした問題の背後にあるのは「睡眠のクオリティーが低いこと」にあります。問題を解決するためには、質の良い睡眠を確保する方法をよく知る必要があるでしょう。

睡眠の質を向上させる1つ目のポイントは「夕食の量とタイミング」です。夕食は可能であれば就寝予定時刻の3時間前に終えておきましょう。遅くとも2時間前には必ず済ませておきます。これにより、ベッドへ入る段階で消化器官の主な働きはほぼ完了しているので、就寝中は体内の修復や細胞のターンオーバーを十分に行うことができるでしょう。就寝直前に食事を取ると、眠りについたとしても消化器官はアクティブな状態にあるため、深く眠ることができません。ですから、早めに食事を取ることが推奨されているわけです。

夕食の献立にも注意が必要です。朝食や昼食とは異なり、夕食後は基本的に体を活発に動かしてエネルギーを消費するということがありません。ですから、夕食はカロリーを抑えた、消化の良いものにすると良いでしょう。お肉や脂っこい食事など、消化に時間のかかるものは避けるのが賢明です。カロリーの高い食事をすると、エネルギーとして消費されないため、余剰分のエネルギー源として脂肪へ変換されて体内へ蓄積されます。つまり、太りやすくなってしまうのです。こうした点からも、夕食は低カロリー・高たんぱくを意識してメニューを選ぶと良いでしょう。

睡眠のクオリティーアップに役立つ2つ目のポイントは「適切な入浴」でしょう。シャワーを浴びるだけでなく、湯船に浸かって体をしっかりと温めることにより、十分なリラックス効果を得ることができ、睡眠導入の大きな助けとなります。とはいえ、あまり水温が高いと、交感神経がアクティブになってしまい、眠りにつくことが難しくなるでしょう。ですから、38度から40度前後のややぬるめに設定して、30分から60分ほどかけてじっくりと入浴することをおすすめします。お風呂から上がると、体温は60分から90分ほどかけて徐々に平熱まで下がってきます。人体は体温が下がると眠気を催すようになっていますから、就寝予定時間の1時間ないし1時間半前に入浴すると気持ちよく眠ることができるでしょう。

「適度な運動」も快適な睡眠を手に入れるうえで非常に役立つポイントです。運動をして疲労を感じると、体は傷ついた細胞を修復するために休息を取るよう指示を出します。そのため、深く眠ることができるようになるのです。また、運動をすることで各種ホルモンの分泌が安定するというメリットもあります。睡眠と起床のバランスを調整しているホルモンはメラトニンです。このホルモンが正常に分泌されることにより、睡眠の習慣は安定することでしょう。運動を行うおすすめの時間帯は夕方です。この時間にしっかりと運動をして、栄養バランスの良い食事を取り、じっくりと入浴することで、睡眠導入は大きく改善していくことでしょう。

質の良い睡眠を手に入れたい人が覚えておくべき4つ目のポイントとしては「ベッド周りの環境を整えること」が挙げられます。寝室にリラックスできる環境を整えましょう。例えば、ディフューザーを使って好きなアロマの香りを漂わせたり、リラックス効果のあるBGMを流したりするのも良い方法です。間接照明に切り替えることで、寝室の雰囲気が変化して眠りやすくなったという人も少なくありません。ただし、飲酒は避けるのが賢明です。というのも、お酒は眠気を催す効果がある一方で、眠りを浅くしてしまうというデメリットがあります。また、利尿作用によって夜中に目覚めてしまうという可能性もあるのです。

もう1つ重要なのは、電子機器をベッドの近くへ持ち込まないことです。ベッドの中でスマートフォンやタブレット端末などを使うという人は珍しくありません。ただ、こうした端末のディスプレイが発する光は脳を覚醒させてしまうため、睡眠導入の妨げになってしまうのです。また、着信音やSNSの通知音が気になって深く眠ることができないというケースもあります。ですから、スマートフォンなどは寝室へ持ち込まず、隣の部屋など朝まで手の届かない場所へ置いておくようにしましょう。

よく眠れるよういろいろな対策をしてみたものの、どうしても眠りの質が向上しないという時には、睡眠薬の助けを借りてみるのも良いでしょう。睡眠導入剤や睡眠薬を活用することで、ようやくリラックスして眠ることができたという人は少なくありません。通販サイト「テジャスメディシン」では、リーズナブルな価格で高品質の睡眠薬を販売しています。分からないことや疑問に感じることはメールを通して直接サイトへ問い合わせて確認することが可能です。睡眠の悩みが慢性化してしまっている人は、ぜひこのサイトをチェックしてみましょう。
2021/05/24
不眠症による健康悪化と睡眠薬の利用メリット
日本でも睡眠障害を抱え、その対処として睡眠薬を服用するケースが欧米並みに増えていると言います。もちろん、自然な形で質の良い睡眠が確保できるなら、それに越したことはありません。しかし現状はとても厳しいもので、人間関係の難しい日本では職場や学校生活ばかりでなく、普段の生活環境全てから様々なストレスやプレッシャーを受けていて、生活そのものが睡眠障害の原因となってしまう人も多いのです。そういった生活を続ける中で、一部の人は睡眠薬を利用することでなんとか睡眠をコントロールしているのが現状でしょう。

昔から睡眠は健康管理の基本として、生活習慣の中でも重要ポイントとされてきました。食習慣を正して、適度な運動を習慣化しているのに、なぜか健康が向上しないといった人がいます。そういった人の多くが忙しい毎日を送っていて、夜に就寝する時間がまちまちであったり、1日の睡眠時間が一定でなかったりします。つまり、規則正しい睡眠習慣が身についていないため、健康状態が不安定になってしまっているのです。

良い睡眠を確保すると、体も心も健全に調整されることを知っておくことはとても大事です。特に20代30代の生命力あふれる年代の人は、つい自分の体を過信しがちで、1日3時間程度の睡眠が数日続いても、あとですぐに回復できると思いがちです。しかし、睡眠は日常の生命活動で消費したり疲労した細胞・組織を修復したりする時間ですので、その時間を大幅に削ってしまうことは修復率が低下して、壊れた状態で無理して活動していることになります。車のエンジンがガタガタと異音を放っているのに、それを構わず高回転で走り回れば、きっと甚大な故障をきたすでしょう。不規則な睡眠によって体の修復が不十分であれば、やがてあちこちが病気になってしまうということです。

そして、不眠によって精神状態が著しく悪化することも知っておいて下さい。うつ病と不眠症はセットの症状になっていることがよくあります。また不安や心配が募る場合は、不眠症の症状が出ていることがよくあります。つまり、睡眠によって精神的な耐性力・免疫力が回復するのですが、寝不足が継続すればそれだけ心が弱ってしまうのです。

このように、規則正しい睡眠習慣を身につけることで、心も体も健康状態を維持することができます。それはガンや心臓疾患、脳疾患など、現代でもっとも怖い生活習慣病を予防することにもなります。

『ちょっとぐらい眠らないからって心配することはない』そう言って無理して仕事をしている人がたくさんいますが、その考え方はかなり危険です。神経が高ぶって寝付けないとか、疲れすぎていて眠れないなどの症状が出やすい人は、まずは安心して眠れるように睡眠薬の力を借りることも良いかもしれません。

『睡眠薬は一度飲み始めると、止められなくなる』とか『どんどん飲む量が多くなってしまい、やがて睡眠薬が効かなくなる』といった噂話がありますが、それは誤解です。

まず、適切に睡眠薬を服用することで体の回復に必要な睡眠が確保できます。そして、徐々にですが不眠の症状が緩和されていきますから、結果としては睡眠薬の必要が低下するのが一般的です。ただし、注意点として、少し眠れるようになったからといって、いきなり睡眠薬の服用をストップさせないことです。不眠症は精神的な要因でリバウンドすることが多いですから、ちゃんと症状の改善を確認しながら服用量を減らしていくのが好ましいでしょう。

また、睡眠薬を常用すると、だんだん使用量が多くなってしまうという心配も不要でしょう。現在使用されている睡眠薬には、バルビツール酸系睡眠薬やベンゾジアゼピン系の薬が多いのですが、これらの成分には依存性はありませんし、薬の効果に体が慣れてしまって効かなくなることはありません。

このように、不眠の症状が軽いか重いかで飲む量を大幅に変えるなどの心配はありません。適量を適切な時に服用すれば、自然と眠くなるのが現在の睡眠薬なのです。また、睡眠薬が手元にあるというだけで安心感が生まれるものです。突然神経が高ぶってしまって寝付けないというような時でも、引き出しにしまっておいた睡眠薬を定量飲むだけで気持ちが落ち着くこともあります。

それから、睡眠薬の副作用についての心配もあるかもしれません。この点も先に述べた通り、依存性や常用による効果の低下について心配がないことから、飲み方が正しければ大きな副作用が出ることはないでしょう。

ただし、睡眠薬は精神安定とリラックス効果を発揮しますから、服用後は多少注意力や集中力が低下します。また運動機能もちょっと鈍ることがあるでしょう。人によっては頭痛や脱力感が出ますし、ちょっと気分が悪くなることもあります。しかし、しばらく安静に横になっていれば収まる程度の症状がほとんどです。

不眠症で悩んでいる人にとって、健康の悪化は一大事です。眠れないと健康が悪化し、健康が悪化すればそれでまた眠れなくなるかもしれません。この負のスパイラルを断ち切るには睡眠薬は良い助けになるでしょう。
2021/05/20
「朝起きられない」を解消したいなら睡眠薬でぐっすり眠ろう
「毎朝すっきり起きたいのになかなか起きられない」という悩みを持っている方は少なくないでしょう。朝起きられなくて、遅刻してしまった経験をした方もいるのではないでしょうか。仕事に遅刻すると周りの人に迷惑をかけてしまいますし、待ち合わせに遅れると信頼を失うかもしれません。そのため、朝起きられるように工夫する必要があります。

では、朝起きられないのはなぜなのでしょうか。そこには主に3つの原因が関係しています。

1つ目は精神的な原因です。何らかの心配事やストレスがあって不安な気持ちで過ごしていると、睡眠の質が下がります。心当たりがないとしても、心のどこかに憂鬱な気持ちがあるかもしれません。

また、原因の一つとして、うつ病などの精神的な病気が関係しているケースもあります。心の不調の程度がひどくて長引いている場合は、放置しないようにしましょう。

2つ目は、身体的な原因です。ハードな仕事や家事などによって疲れすぎていると、質の低い睡眠になる可能性があります。疲れていれば、普段よりも眠れるのではないかと思う方もいるでしょう。しかし、忙しすぎて脳が活性化しているまま眠りにつくと、体は疲れていてもなかなか寝付けないのです。

体調が悪い時も、眠りが浅くなる傾向にあります。風邪などで体調を崩していると、眠りが浅くなってうなされることもあるでしょう。

なお、何らかの病気が朝起きられないことの原因となっているケースもあります。たとえば「起立性調整障害」という病気があります。自律神経のバランスが崩れることで、めまいや頭痛、失神などの症状が起こる病気です。単に起きられないだけでなく、何らかの症状を伴っている場合は、病気を疑いましょう。

3つ目は環境的な原因で、主に生活習慣が関係しています。ストレスや過度な疲れがなかったとしても、不規則な生活によって、体内時計が狂う可能性があります。夜遅くに食事をとったり、深夜までパソコン・スマートフォンを使ったりしている場合は、注意が必要です。睡眠時にも脳が休まらず、寝付きにくくなるのです。

場合によっては、周りがうるさくて眠れない、照明がまぶしくて眠れないといったケースも考えられます。

朝起きられなくて困っている場合は、適切に対処して改善していきましょう。そのためにはまず、朝起きられない原因を探る必要があります。疲れすぎているのか、ストレスが溜まっているのか、それとも生活習慣が乱れているのかを判断して、対処法を考えてください。

身体的な原因の場合は、疲れを取り除く必要があります。たとえば、お風呂に浸かってみましょう。疲労が回復するとともに、リフレッシュ効果も期待できます。

疲れで体が痛い場合は、マッサージやストレッチなどを試してください。疲労や痛みが少しでも改善すれば、睡眠の質が向上します。

精神的な原因に心当たりがある方は、不安やストレスの解消を意識しましょう。人間関係を見直したり、自分の人生についてゆっくり考える時間を設けたりすることで、不安を取り除けるかもしれません。

ストレスが溜まっているのであれば、さまざまなストレス解消法を試しましょう。音楽鑑賞や読書、買い物やトレーニングなど、内容は何でもいいのです。ストレスを忘れられて、かつ楽しめることを実践するのが大切です。

環境が原因となっているのであれば、その環境を改善する必要があります。寝る直前までパソコンやスマートフォンを使用している方は、なるべく使用を控えましょう。ブルーライトによる影響を受ける可能性があるため、使用は寝る2時間前までにとどめるのがおすすめです。

生活習慣が乱れている場合は、就寝時間と起床時間を揃えることを心がけてください。なるべく早寝早起きを意識して、睡眠の質を高めましょう。早寝早起きを心がけるべきなのは、平日だけではありません。仕事や学校が休みで朝起きる必要がない休日でも、できるだけ生活リズムを崩さないでください。

なお、昼寝をする場合は、時間と長さに注意する必要があります。休日の昼寝は15時までに済ませて、長時間眠りすぎないようにしましょう。

体内時計を正常にするためには、朝日を浴びるのがおすすめです。起床したらカーテンを開けて、毎日朝日を浴びてみてください。そうすることで体が目覚めます。

朝食を食べることも大切です。少しでも朝食をとれば、内臓が目覚めることに役立ちます。ヨーグルトやフルーツなどでもいいので、できれば毎日食べましょう。

より簡単に睡眠の質を高めたいのであれば、睡眠薬を使ってみるのもいいでしょう。睡眠薬といってもさまざまな種類があって、効き目も異なります。自分に合うものを選ぶことが大切です。

どこで入手すればいいか分からない方には、「テジャスメディシン」があります。あらゆる種類の睡眠薬を取り扱っているので、最適なものを見つけやすいと言えます。まずはラインナップを確認してみてください。
2021/05/17
頻繁に悪夢を見るのはなぜ?睡眠薬を使って深い眠りにつこう
悪夢を見たせいで、目覚めが悪かったという経験をしたことがある方は少なくないでしょう。特に、子どものころは怖い夢を見がちです。しかし、中には大人になってからも毎日のように悪夢を見て、苦しんでいる方もいます。悪夢障害という精神疾患もあり、生活に悪影響を及ぼすことが考えられるでしょう。

そもそも、人はなぜ夢を見るのでしょうか。睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という2種類の状態があり、人が夢を見るのは、悪夢でも楽しい夢でもレム睡眠の時です。レム睡眠の時、人の脳はある程度覚醒状態にあるため、脳が動いて夢を見るのです。

では、頻繁に悪夢を見る原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか。1つ目の原因は、ストレスです。大きなストレスを抱えていると、どうしてもその原因について考えてしまいます。睡眠中にも脳がストレスのことを考えることで、悪夢を見やすくなるのです。

2つ目の原因は、寝ている時の姿勢です。たとえば、うつ伏せの状態で寝ると、肺が押しつぶされて酸素の供給量が減ります。そうなると「苦しい」という感情が生まれて、その感情が悪夢を作り出すのです。

他にも、寝返りを打ちたいのに打てない場合や、一緒に寝ている人の手や足が体に乗っている場合などに、悪夢を見る可能性があります。

3つ目の原因は、寝る前の食事です。寝る直前に夜食を食べると、消化のために胃に血液が集まります。睡眠時にはただでさえ少ない血流が胃に奪われて、脳の血が足りなくなるのです。その結果、脳がストレスを感じて悪夢を見ることがあります。

また、睡眠時は胃の働きが低下するため、胃もたれなどを起こす可能性があります。そのストレスが引き金となって、悪夢を見ることも考えられるでしょう。

4つ目の原因は飲酒です。アルコールを飲むことで眠くなるため、睡眠の質が高まると思っている方もいるかもしれません。しかし、飲み方を誤って悪酔いになってしまうと、睡眠の質は低下します。その結果、悪夢を引き起こす可能性があるのです。

では、悪夢を見ないようにすることはできるのでしょうか。寝ている時の脳をコントロールすることはできないので、確実に悪夢を見なくなる方法はないでしょう。しかし、夢をなるべく見ないように心がけることは可能です。

まずは、夢を見ない状態のノンレム睡眠を増やしましょう。そのためには、リラックスした状態で眠りにつくことが大切です。副交感神経を活性化してください。

たとえば、寝る前に温かい飲み物を飲んだり、湯船に浸かって体を温めたりするのがおすすめです。こうすることで副交感神経が優位になって、リラックス状態を作り出せるでしょう。

ただし、寝る前に食べ物を食べたり、お酒を飲んだりするのはやめましょう。胃の活動が始まって、目が冴えてしまいます。また、温かい飲み物のチョイスにも注意する必要があります。コーヒーや紅茶が好きな方は多いですが、カフェインによって脳が活性化されるので、ノンカフェインの飲料をおすすめします。ホットミルクやココアなどがおすすめです。

睡眠時の環境を整えることも重要です。体が痛くなるような寝具や合わない枕を使っている場合は、睡眠環境を見直しましょう。そうすることで、睡眠時に苦しいという感情が生まれることを防げます。

悪夢のもととなるストレスを解消することも必要です。ストレスを溜め込んだ状態では、根本的な解決につながりません。ストレスの原因を排除するのが難しければ、自分に合う解消法を見つけてください。

ストレス解消法は何でも良いですが、思いつかない場合はエネルギーを消費するものがおすすめです。たとえば、適度な運動をすれば、体が疲れて自然と眠くなります。眠りが深くなって、夢を見なくなることに繋がるかもしれません。

悪夢を見る原因をなるべく取り除いたとしても、すぐに改善されるとは限りません。しかし、悪夢に対して恐怖心を持ってしまうと、悪夢がストレスになって悪循環に陥る可能性があります。そこで、悪夢に対する考え方を変えることも意識してみてください。

悪夢を見た後に起きたら、「怖かった」と感じることは多いでしょう。しかし、あくまでも夢であって現実ではありません。このことを強く意識していれば、「夢で良かった」と思えるのではないでしょうか。それでも恐怖心がぬぐえない場合は、就寝前に「もし悪夢を見ても現実ではないから大丈夫」と唱えてみてください。

どうしても睡眠の質が上がらなければ、睡眠薬や睡眠導入剤を使うという手段もあります。薬に頼って眠りを深くすることで、悪夢を見る頻度が下がる可能性があります。もちろん適切に使用する必要はありますが、一考に値するのではないでしょうか。

たとえば「テジャスメディシン」というサイトで、睡眠薬や睡眠導入剤を購入できます。外に買いに行く必要がないため、忙しい方でも利用しやすいでしょう。海外のサイトが不安な方にも適しています。
2021/05/13
睡眠薬とうまくつきあって睡眠環境を改善しよう
よく「睡眠薬に頼りすぎると危険がある」と言われます。そのため睡眠障害に悩まされている人の中には、睡眠薬を使ってみたいと思っていても不安から手を出せずにいるケースも多いようです。

しかし、薬と名前のつくものはどんなものであろうとも、適切な使い方をしないと健康に害をもたらすものです。睡眠薬も同様で、正しい使い方をしていれば健康に害をもたらすようなことはありませんが、不適切な使い方をしてしまうと、さまざまな副作用で健康に影響が生じることがあります。

睡眠薬の危険性が指摘されることが多い背景には、現代には不眠の悩みを抱えている人が多いこと、そして睡眠薬に頼りがちになってしまう傾向があることが考えられます。「飲めば眠れる」という睡眠薬の効果は、どうしても頼りがちになってしまう面があるのでしょう。そのため、睡眠障害を解消するために睡眠薬を使用する場合には睡眠薬以外の対策も取り入れつつ、容量や頻度をしっかり守って使用していくことが重要になってきます。

よく指摘される睡眠薬の危険性といえば、「飲み続けている体に耐性ができて、どんどん量を増やさないと眠れなくなる」という意見があります。気がついたら大量の睡眠薬を服用するようになっていた、もう睡眠薬が手放せない状態になってしまった、といった状態に陥ってしまうリスクがあるというのです。確かにそうした面を持つ睡眠薬も存在します。かつて一般的に使用されている「バルビツール酸系」と呼ばれる睡眠薬は、優れた催眠作用を備えている一方、くり返し使用することで体に耐性ができてしまう、または依存性をもたらすといった問題を抱えていました。

しかし現在広く使用されている睡眠薬は、より安全性が高いベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系のものが主流となっており、繰り返しの服用によって耐性や依存性が発生するといったリスクはほとんどありません。そのため、「どんどん量を増やしていかないと効かなくなる」というイメージは過去の睡眠薬によってもたらされたものであって、現在ではほとんど関係ないといってよいでしょう。

また、これも依存性と関わってくる意見ですが、「睡眠薬は一度手を出すと飲み続けなければならない」というものもあります。不眠の悩みを抱えている睡眠薬を使用する人もそのほとんどは、できれば睡眠薬を使わずに眠れるようになりたいと願っているものです。それだけに、睡眠薬を手放せなくなってしまう状態に不安や恐れを感じる傾向が強いようです。

この意見に関しては不適切な服用、あるいは眠れるようになったことで急に服用をやめてしまった場合に不眠症状が強まることがあるため、多少なりとも真実が含まれています。睡眠薬は催眠効果だけでなく、体への影響も考慮したうえで継続的に摂取していく必要があります。睡眠薬のおかげで眠れるようになったからといって急に服用をやめてしまうと、逆に服用をはじめる前よりも不眠状態が悪化してしまう恐れがあるのです。

ただこれは、あくまで不適切な形で服用・中止した場合の話です。睡眠健康が改善されてもう睡眠薬がなくても眠れそうだと判断した場合には、少しずつ服用量を減らしながら最終的に中止するやり方をとります。一般的には2~4週間をひと区切りにまず容量を4分の3に、次に2分の1に、そして4分の1にしたうえで最終的に服用を中止する形をとっています。そのため長く睡眠薬を服用していた人が睡眠健康を改善して最終的に服用を中止するまでは、2~3ヶ月程度の期間がかかるのは事実ですが、「一度飲み始めたらずっと飲み続けなければならない」というのは誤りです。

このように、現在でも広く共有されている睡眠薬のイメージは決して適切なものではなく、危険な面が強調されすぎている面もあります。そのため「睡眠薬は危険」ではなく、「賢く使えば睡眠障害の解消に役立つ」といったポジティブなイメージで使用を検討してみるとよいでしょう。

もちろん、副作用がまったくないわけではなく、催眠効果と背中合わせの筋弛緩作用による倦怠感やふらつき、注意力の低下、記憶障害などが見られることもあります。しかしこれらも繰り返しになりますが、適切な容量・頻度を踏まえた上で服用していけば日常生活に支障をもたらすようなことはほとんどないでしょう。

睡眠障害の改善のために睡眠薬を使用する場合には、個人輸入代行業者での入手も検討してみましょう。「個人輸入は手続きとかいろいろと面倒なことがありそう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には通常のネット通販とほとんど変わらない感覚で使用することができます。すべての手続を日本語で行うことができますから、言葉の問題で不安に感じる必要もありません。

テジャスメディシンは2005年に設立されてからすでに15年以上、個人輸入代行業者として堅実な実績を重ねてきた会社です。睡眠薬を取り扱っており、通常のネット通販と変わらない感覚で手軽に購入することができます。適切な用法を踏まえ、睡眠薬以外での対策も取り入れながら睡眠環境の改善を目指していくのが大前提ですが、そのうえで不眠の悩みを効果的に改善していくための方法として、睡眠薬の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
2021/05/10
運動と睡眠をうまく組み合わせて睡眠健康を改善させよう
運動やトレーニングを継続させるためには適切な休息が欠かせません。疲れが残っているような状態では体のパフォーマンスが低下してしまい、思わぬ怪我の原因になってしまいかねませんし、そもそも疲労で思うように体が動かないと運動をする気にもならないでしょう。この運動と休息の理想的な関係を築いていくうえで欠かせないのが睡眠健康です。

運動とは基本的に健康のために行うものですが、それを行っていく上でまず睡眠健康が求められるわけです。つまりしっかりと睡眠がとれるような状況でなければ心身の健康は維持できず、運動を続けることはできないというわけです。

一方、睡眠健康は運動によって改善することができます。つまり適切な運動で睡眠健康を改善することで運動を続けやすい環境を作り上げ、トレーニングの効果やスポーツで味わえる楽しみを高めることができることになります。この相乗効果をいかにうまく取り入れていくことができるかが、現代人の健康においてとても重要な意味を持っていると言えます。

そのため、睡眠薬でもともと抱えている睡眠障害を改善しつつ運動を続けやすい環境を心がけていけば、より効果的に睡眠健康を向上させていくこともできます。睡眠薬はどうしても頼りがちになってしまう面もあるだけに、それを避けて睡眠薬とうまく付き合っていく上でも運動との組み合わせは大きな意味があるといえるでしょう。

そもそも睡眠健康が悪化しやすいと言われている現代人のおもな原因の一つは、運動不足にあると言われています。さらにストレスなどの理由で心身の健康を害してしまう背景にも、運動不足が関わっているケースがしばしば見られます。われわれ現代人は睡眠健康のみならず、精神面の健康も含めて運動と向き合う必要があるのかもしれません。

現代人が睡眠健康を損ねてしまっている理由として、どれだけ運動(もしくは運動不足)がかかわっているのかを確認しておきましょう。まず運動不足による血液・リンパの流れの停滞。とくにふくらはぎを中心とした下半身の筋力の低下は、全身の血流を悪化させる大きな原因となります。血液・リンパは酸素や栄養を全身に運ぶ役割に加えて、疲労物質を含めた老廃物・毒素を回収・排出させる役割を担っています。そのため、流れが停滞してしまうとエネルギー不足に陥りやすいだけでなく、疲労が抜けにくいなど体調面の不調をもたらしてしまいかねません。さらに血行が悪化すると末端が冷えやすくなり、冬場にベッドに入っても体が冷えてなかなか眠れない、といった状況に陥ることもあります。

さらに適度な運動はストレス発散、自律神経の調節といった効果も備えています。よくうつ病やパニック障害の対策としてウォーキングが推奨されていますが、外の空気を吸いながら体を動かすことで心身をリラックスさせる効果が得られるのです。現代人は仕事などのプレッシャーで過度な緊張・不安状態に晒されやすいと言われており、それが自律神経のバランスを乱す原因にもなっています。自律神経のうち交感神経が優位になると脳が興奮状態に陥ってしまい、ベッドに入って就寝しようとしても目が冴えて眠れない、といった状況に陥りかねません。

睡眠薬や睡眠導入薬は、こうした脳が興奮状態になって目が冴えてしまっている状態を落ち着かせて睡眠へと促す効果を持っています。そのため、自律神経のバランスが乱れている人にとって睡眠薬は効果的な方法となるわけですが、運動を取り入れれば自律神経のバランスを整えつつ、心地よい疲労に身を委ねることで同じような効果を得ることができるのです。

近年の研究では疲れた時に体を動かさずに休む「完全休養」に対して、体を動かすことで休養を図る「積極的休養」の方が回復度が倍以上になるとのデータもあります。疲れたからといって何もせずに過ごすよりも、積極的に体を動かしてほぐす方が疲れがとれやすいだけでなく、質の良い睡眠を取ることができるわけです。

日頃体を動かす習慣がなく、不眠や睡眠障害などの睡眠健康の問題を抱えている方は、睡眠薬だけに頼りすぎるのではなく、運動もうまく併用して改善を目指してみてはいかがでしょうか。睡眠薬は適量を踏まえて使用すれば効果的ですが、頼りすぎてしまうと体に耐性ができてどんどん量が増えてしまう恐れがあります。これまで睡眠薬によってもたらされていた眠気を運動でもたらすことができるようになれば、服用する量も頻度も減らすことができて、より健康的な生活を遅れるようになるでしょう。

早朝や夜のウォーキングやランニング、あるいは一日のやるべきことを終えてリラックスできる時間帯に軽いストレッチを取り入れる。気軽にできるところからはじめていくことで、少しずつ乱れていた心身のバランスを整え、良質な睡眠をとれる環境へと近づけていくことができるはずです。

もちろん、いきなり睡眠薬を断つのではなく、うまくつきあいながら少しずつ環境を改善していくことが大事です。冒頭でも触れたように、睡眠がしっかり取れなければ運動そのものを続けていくのが難しくなりますから、睡眠薬を活用しつつ運動の疲労を後に引きずらないような睡眠環境を意識しつつ運動を少しずつ増やしていく、そして少しずつ運動によって睡眠環境を改善できるような環境を目指していきましょう。

個人輸入代行業者のテジャスメディシンなら、睡眠薬を普通のネット通販と変わらない感覚で購入することができます。ネットで注文するだけなので面倒もありませんし、郵便局留めで配送してもらうこともできるのでご家族に知られたくない場合などにも便利です。
2021/05/06
睡眠時間はちゃんと取れているはずなのに眠りが浅いのはなぜ?
「夜中に何度も目が覚める」「ちょっとした物音ですぐに目が覚めてしまう」というような眠りの浅さで悩んでいる場合、どのような方法で解消すればよいのでしょうか?

眠りの浅い悩みを考える際にヒントとなるのが、レム睡眠とノンレム睡眠です。人間は誰でも眠ることで脳の疲労を回復し、翌日も健康に生活できるようにしています。眠りが浅いのは、脳がしっかり疲労回復できるほど眠れていない証拠です。

人間の睡眠中には、レム睡眠とノンレム睡眠という二つの睡眠状態がサイクルとして繰り返されています。レム睡眠とは英語の「RAPID EYE MOVEMENT」の略で、文字通り、眼球が急速に動いている状態です。眠っているのに眼球が動いているということは、脳は覚醒した状態で、この間に夢を見ており、眠りは浅くなっています。

逆に、ノンレム睡眠とはレム睡眠ではない睡眠状態、つまり、眼球運動がない、脳まで熟睡した状態のことを指します。深く眠れたと実感できる時は、しっかりノンレム睡眠が取れたと考えてよいでしょう。

レム睡眠とノンレム睡眠はサイクルであり、通常、90分交代で繰り返されるとされています。適切な睡眠時間は人によって異なりますが、多くの人は6時間、7時間半、9時間など、90分単位が体に合うと感じるのではないでしょうか。それは、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが交代する時間に対応するからです。

ですので、このサイクルに外れたタイミングで起きようとしても、熟睡している脳を無理やり起こそうとするようなものですから、目覚めは悪くなります。レム睡眠とノンレム睡眠はセットになっているので、最低3時間は眠らなければならないこともおわかりいただけるでしょう。

しっかり睡眠時間を確保しているつもりなのに眠りが浅いと感じる方は、レム睡眠の時間に比してノンレム睡眠にある状態が短いことが考えられます。では、なぜノンレム睡眠の方が短くなってしまうのでしょうか?

原因の一つはストレスです。日常の心配事、仕事のプレッシャーや緊張感などによって過度なストレスを受けると、脳の影響でレム睡眠の方が長くなってしまうことがあります。

また、アルコールやカフェインのような物質が脳に影響を与えることもわかっています。どちらも神経に作用し、利尿作用もあるため、眠りを浅くするのです。

カフェインはいったん体に取り込まれると、4時間程度はその効果をが続くとされています。だから、コーヒーを飲むとしても、遅くとも寝る4時間前までにしましょう。

お酒を睡眠薬代わりに飲んでいる人もいますが、これも実は逆効果です。カフェインと同様、神経に作用し、尿意を催させるため、眠りを浅くしてしまいます。

他にも眠りを浅くする要因はいくつか考えられますが、怖いのがうつ病や睡眠時無呼吸症候群など、病気が原因の場合です。

また、一つの要因とは限らず、さまざまな要因が複雑に絡み合って不眠を誘発している場合もあります。病気によってはその治療を優先させなければならない場合もありますが、そこまでではない場合、眠りの浅い要因を一つずつ見直し、生活習慣を改善していくこと心がけましょう。それによって眠りの質が高まり、しっかりノンレム睡眠も確保できるようになります。

具体的には、寝室の環境の整理から始めてみてはいかがでしょうか。しっかり眠るには、睡眠中に脳を覚醒させないようにすることが大切です。そのためには寝室を真っ暗にしましょう。

目をつぶっていても、まぶたの皮膚は非常に薄いため、外から光が入ると、それが眼球に届いてしまいます。眼球から脳に伝わると、脳は「もう朝だ」と勘違いして、眠りが浅くなってしまいます。できれば遮光カーテンなどを使って、寝室は完全に真っ暗になるようにしましょう。

また、温度や湿度も重要な要素です。暑すぎても寒すぎても、空気が乾燥していても逆にジメジメしていても、熟睡には大敵です。夏場で25℃前後、冬場で22℃前後、湿度は50%程度になるように調節しましょう。

寝室の環境が整ったら、就寝前の習慣も変えていきます。先ほども述べたように、就寝する数時間前にカフェインやアルコールの摂取は終わりにします。寝る前に何か飲まないと眠れないという場合は、ホットミルクやハーブティーなどがよいでしょう。

しかし、お腹が張るほど飲み過ぎるのはNGです。睡眠中に尿意を催しますし、胃がいっぱいになると、消化活動のために脳が覚醒してしまいます。もしお腹がすいて眠れないのであれば、ヨーグルトのような胃に負担がかからず消化のよいものを軽く食べましょう。

もう一つ大切なのが、寝室にスマホなどを持ち込まないことです。パソコンやタブレットでもそうですが、これらのデジタル機器は、画面からブルーライトという睡眠を阻害する光を出しています。就寝数時間前までにはパソコンやスマホの使用をやめましょう。どうしても使わなければならない場合は、ブルーライトをカットするガジェットもあります。

生活習慣を整えても睡眠が改善しない場合は、睡眠障害の可能性も考えられます。独力ではこれ以上改善しないと思った時は、睡眠薬も検討してみるべきでしょう。正しく用いるならば、睡眠薬を必要以上に怖がる必要はありません。
2021/04/26
眠れない時のための対処法
不眠症は、入眠や睡眠の維持に問題がある睡眠障害です。状態として、短期的な急性のものと、長期間続いて慢性化する場合があります。急性不眠症は一晩から数週間続き、週に3回、3か月以上発生すると慢性になります。

不眠症には原発性と続発性の2種類があります。原発性不眠症は睡眠障害が他の健康状態や問題と関連していないもので、続発性不眠症は健康状態の悪化やそれによる薬の服用、アルコールなどの摂取が原因で、睡眠障害を起こすものです。原発性不眠症の原因としては、失業や転職や愛する人の死、また離婚や引っ越しなどの大きなライフイベントに関連するストレスによるものや、ノイズや光、また温度などの身の回りの要因によるもの、時差ぼけや職場での新しいシフトなど睡眠スケジュールの変更によるものなどが考えられます。一方で、続発性不眠症はうつ病や不安神経症などのメンタルヘルスの問題や風邪、アレルギー、うつ病や高血圧、喘息などの薬の服用、カフェイン、そしてタバコやアルコールなどの過剰摂取、甲状腺機能亢進症およびその他の内分泌系の問題、睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などの他の睡眠障害などが原因として考えられます。

不眠症は男性よりも女性に、若い人よりも高齢者に多く見られ、日中に眠気や倦怠感を感じたり、不機嫌になったり、集中力や記憶力の問題を生じることがあります。続発性不眠症の対策に関してはそれと関係する健康状態を改善する必要があるため、まずはそちらの原因をはっきりとさせて取り除くようにします。アルコールの過剰摂取のような場合はその摂取量を減らせばよいのですが、依存症との関係などもあるため、そのような見地からも医学的な対応を考えなくてはいけません。

一方で、原発性不眠症に関しては、睡眠衛生とも呼ばれる良い睡眠習慣を採り入れることによって、不眠症を軽減して、克服するのに役立ちます。毎晩同じ時間に寝て、毎朝同じ時間に起きるようにし、日中は30分以上の昼寝をしないようにします。就寝前にスマホや電子書籍を使用すると、その明かりによって入眠が妨げられるので、使用を避けます。また、覚醒作用のあるカフェイン、ニコチン、アルコールは、寝る前には摂らないようにします。定期的に適度な運動をすることもおすすめですが、寝る前に運動してしまうと寝つきが悪くなることがありますので、避けてください。同様に、就寝前には重い食事を取らないようにしましょう。

寝室は暗く静かに、暖かすぎたり寒すぎたりしない快適な状態を準備します。光が気になる場合はアイマスクを、音が気になる場合はイヤープラグなどを試してください。寝る前に本を読んだり、音楽を聴いたり、お風呂に入ったり、瞑想したりと、リラックスするためのルーティンをいくつか試してみても良いでしょう。なかなか眠りにつくことができず眠気がない場合は、起き上がって、眠くなるまで読書をするなど、心を落ち着かせる行動をしてください。やらなくてはいけないことが気になって起きてしまうような心配性の人は、就寝前にやることリストを作成して、枕元に置いておけば安心できるでしょう。

自然療法の代表例として、アロマテラピーが紹介されることもあります。これは、植物などを原料として精製された自然由来の芳香性のエッセンシャルオイルを吸入したり、皮膚にマッサージしたりすることで、さまざまな状態を治癒することで知られています。中でも、ローマンカモミールやシダーウッド、またラベンダーやサンダルウッドなどは、睡眠の促進に有益であることがわかっています。特に、ラベンダーが睡眠の促進と維持に有用で、ラベンダーオイルの混合物が高齢者の睡眠障害を減らし、幸福を増進したことが報告されています。エッセンシャルオイルは適切に使用された場合、通常は副作用を引き起こすことはないのですが、施術のための免許は特に必要ないため、施術者と使用されるオイル製品を慎重に選ぶことが大切です。

睡眠衛生を考えて生活習慣を変え、アロマテラピーのような自然療法を試してみてもなかなか不眠症状が緩和されない場合は、睡眠導入剤を試しても良いでしょう。睡眠導入剤は不眠症状に対して非常に効果的ですが、魔法の治療法ではありませんので、いくつかの注意点があります。

ほとんどの睡眠導入剤には抗ヒスタミン薬が含まれています。抗ヒスタミン薬はアレルギー症状を抑える効果があるため、くしゃみなどを抑える目的で風邪薬などにも含まれており、眠気を引き起こすことで知られています。花粉症の薬や風邪薬で眠気を感じるようになるのはこのためです。服用の翌日に気分が悪くなることがあり、これは二日酔い効果と言われています。どんな薬を服用する場合でも、体質や体調などによってその効能が変わることがあり、少なからず副反応が起きる場合もあります。薬同士の飲み合わせによって効能が変わる場合もありますので、現在何らかの薬を常用されているような場合は、専門家に相談してください。睡眠導入剤は不眠症の解決策として有効な手段であることは確かですので、用法や用量を守って適正に服用することによって、ぐっすりと眠ることができ、質の良い睡眠習慣を得るための助けになります。
2021/04/22
睡眠は大切なのか?メカニズムを理解して健康になろう
睡眠は、体を休めるだけでなく心も休める大切な時間です。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、心身で傷んだ部分を修復します。そのため、睡眠時間が不足することで心身のメンテナンスが十分に行われなくなり、疲れが残ることや学習の低下の可能性が考えられるでしょう。さらに就寝前の食べすぎや飲みすぎは、消化吸収などで労力を使うため十分な休息がとれません。寝る前の飲食は、十分に気をつける必要があります。眠るまで憂鬱な気持ちだったのに、起きたら気持ちが晴れていたという経験をしたことがある人は、多いと思います。この効果も睡眠による影響です。十分な睡眠ができていないと疲労回復物質が十分に分泌されず、心身のバランスが不十分になります。睡眠は、ストレス解消にもなる大切な役割を果たしています。
睡眠時間は個人によって異なり、日本人の平均時間は7時間程度です。現代人の睡眠時間は過去50年では平均すると1時間の差があり、十分な睡眠ができていない人が多くなっている傾向があります。この背景として、24時間営業しているお店があったり、インターネットやスマートフォンが普及したことにより、どの時間でもインターネットが使用できたりする環境があることが考えられるでしょう。人間の体は、強い光を浴びると目が覚めます。そのため、スマートフォンの液晶画面で使用されているブルーライトの光は、眠りを妨げる原因の一つでもあります。入眠しにくい人は、1時間前からスマートフォンの使用を控え、部屋を好きな香りにするなどの工夫をしてのんびり過ごすと入眠しやすくなるでしょう。また、眠れない時に起き続けていると入眠時間のばらつきが増え、睡眠の質を低下させる可能性があります。就寝時間の設定を決めることで、正しい生活習慣を整えることが大切です。
「良い睡眠」とは、入眠がスムーズで十分な睡眠が確保でき、寝起きがすっきりしている状態を指しています。睡眠の質が十分に取れると、代謝活動促進や自律神経のバランスが整います。成長促進や健康維持、ダイエット、美容促進に繋がるでしょう。

睡眠は、2種類の睡眠パターンで成り立っています。「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、この2つが睡眠中に90分から120分間隔で繰り返されています。「メラトニン」とは、睡眠を促進する働きがあるホルモンです。光の量と体内時計によって分泌量を調整しており、夜間になると多く分泌します。しかし、夜でも明るい光を浴びてしまうとメラトニンの量が減ってしまい、入眠に時間がかかる可能性が高くなります。スムーズな入眠と良い睡眠には、光を抑えて就寝環境を整えることが大切です。「レム睡眠」とは身体を休ませる睡眠で、脳は比較的活発に活動しています。心拍数や血圧に変動が出やすいですが、全身の筋肉が緩み休んでいる状態です。夢を見ているのは、レム睡眠の状態で、睡眠時間のおよそ20%はレム睡眠であると言われています。「ノンレム睡眠」とは脳を休ませる睡眠で、成長ホルモンが分泌され心身の修復を行う睡眠です。一般的に眠りの深い「ノンレム睡眠」から始まり、脳を休息させ体温を低くするため、汗をかきやすい時間帯でもあります。一定の睡眠時間を経過すると徐々に血圧や脈拍をあげていき、自然な目覚めにつなげていきます。

翌日に疲れを残さず質の良い睡眠をとるためには、入眠が大切になります。疲れがあるのに眠れないことや眠りが浅くなる原因は、過労や精神的ストレス、夜更かしによる体内時計のずれなどが考えられます。このような場合は、寝る前にスマートフォンの使用を控え、さらに寝る前に耳の後ろにある尖った骨の下から指1本分にある安眠のツボを押すなどして、できるだけ体をリラックスさせてください。ストレスによる興奮によって、寝付けないタイプは運動やストレッチなどを行なってストレスを発散させると、質の良い睡眠に繋がります。心を落ち着かせる空間を作ることが重要であり、眠る前などは暗めの部屋にする環境を作ることが大切です。足裏のかかとの中央にある失眠のツボを押すと心身の興奮を静めることができるでしょう。ツボを押すことで血行がよくなり、入眠がスムーズにできることが期待できるため、毎日の習慣にすることがおすすめです。

睡眠時間は生活においてとても大切な時間であり、入眠や寝つきが悪い場合は日常生活を改善することで質の良い睡眠をとることができます。しかし、改善しても変化が現れにくい場合や毎日忙しく日常生活を変えることができない人も少なくないでしょう。そんな時は、睡眠薬を利用することで睡眠の質を改善することができます。睡眠薬を使用する場合は、用法用量をきちんと守ることで健康的な生活を取り戻せることが期待できます。テジャスメディシンは、完全会員制のサイトなので安心して購入することが可能です。睡眠について不安がある方は一度検討してみてはいかがでしょう。
2021/04/19
睡眠障害とその対処法
昔はぐっすりと深く眠れたのに、最近は眠りが浅かったりなかなか寝付けなかったりするということはありませんか。睡眠はわたしたち人間の生活にとって切っても切れない大切なことです。しっかり眠れると疲れもとれるので次の日の活動にも精が出ます。一方、よく眠れなかった場合には次の日にはだるさが残ってしまい、いろいろな活動に支障をきたしてしまいます。よく眠れなくなった人は「年齢だから仕方がない」と思ってあきらめてしまう方もいます。しかし、自分の睡眠の質をチェックし、改善することは大切です。

睡眠に障害を抱える人は意外と多くいます。そして、障害のタイプにも様々なものがあります。
入眠障害と呼ばれるものは布団に入って目をつむってもなかなか寝付けないという障害です。寝ようと思ってから30分以上寝付けないようであればこの障害を抱えている可能性があります。
中途覚醒と呼ばれる障害は眠りが浅く途中で目が覚めてしまうことです。一度目を覚ましてしまうと、その後なかなか寝付けなくなってしまう障害です。
早期覚醒は早朝に目が覚めてしまう障害です。本来起きるべき、起きようと思っているよりもだいぶ早い時間に目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けないという障害です。
そして熟眠感欠如と呼ばれる睡眠障害はどんなに寝ても疲れが取れない、眠った感じがしないという障害です。
これらのいずれも代表的な睡眠障害の症状です。ひどい場合にはこれらの症状が重複して表れることもあり、ほとんど眠ることができないような状態になってしまいます。

睡眠障害を引き起こす要因は様々あります。海外旅行から帰ってきた時には時差ボケと呼ばれる症状になる人が多くいますが、この時差ボケも睡眠障害の一つです。時差ボケであれば短期で良くなるはずですが、ひどい場合には時差ボケが治るまで数週間かかることもあります。同じように、生活習慣の乱れからおこる睡眠障害に昼夜が逆転した生活様式などもあります。夜勤などのために本来眠るべき夜に眠ることができないと、眠る機能そのものが弱まってしまい昼間にも眠ることが難しくなってしまうことがあります。
時差ボケや昼夜逆転の生活による睡眠障害を避けるためには、なるべく通常の時間帯に近い環境を作ることです。海外にいる時から日本時間を気にして就寝するようにしたり、夜勤の方であれば昼間眠るときには部屋を暗くして夜のような環境を作ることで体を慣れさせることができます。寝る前には十分リラックスしてから眠りましょう。

睡眠障害を引き起こす別の要因は心理的ストレスです。これは誰でも経験したことがあると思いますが、何らかの心配事がある時にはなかなか寝付けません。また、寝た後も眠りが浅く夜中に何度も目を覚ましてしまったり、早朝に目が覚めてしまったりすることもあります。このように、心理的ストレスはわたしたちの眠りに大きな影響を与えます。心理的ストレスが一時的なものであればさほど問題はありませんが、長期的なものであったり、かなり重いストレスであった場合には睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。
このような事態を避けるためには、なるべくストレスを溜めないように注意する必要があります。一時的な問題であれば気合で乗り切ることも一つの手段ですが、問題が長期化しそうなものであったり、自分ではどうしようもないものであったりするなら注意が必要です。仕事や学校などのストレスの場合、職場や学校を変えることも検討しなければならないでしょう。それにはいろいろな犠牲や苦労が伴いますが、健康が一番大切だということを忘れないようにしましょう。また、自分にとって何がストレスになっているか自覚がない場合もあります。家族や友人などにもよく相談して、最近身の回りに起こった変化などに注意深くあることも大切です。

不眠症に悩む人は眠りの質をあげるためにできることがいくつかあるので、まずは試してみると良いかもしれません。部屋の照明を落として眠るという当たり前のように思えることがとても大切です。部屋を暗くして寝るだけで、寝つきもとても良くなりますし、寝ている間に目が覚めてしまうことも減ります。また、布団に入ってからはスマホやタブレットを使用しないようにすることも眠りの質を高める方法です。スマホやタブレットを寝る直前まで操作していると、脳が起きている状態になってしまいます。寝落ちする、という言葉をよく耳にしますが、脳が活発に動いている状態で寝落ちしても睡眠の質は良くありません。
また、睡眠薬や睡眠導入剤を利用するのも睡眠の質を高める一つの方法です。睡眠薬を使用することで夜中に目が覚めてしまうことやなかなか寝付けないということを防ぐことができるからです。信頼できる通販サイトなどでも睡眠薬を手に入れることができるので、いろいろな方法を試しても改善されない場合には睡眠薬の使用も検討できるかもしれません。
2021/04/15
自分にとってベストな睡眠時間を把握しよう
布団に入ってもなかなか眠れない、気がついたら明け方が近づいていて、数時間しか眠れなかった…そんな方も多いのではないでしょうか。日本人の平均睡眠時間は7時間と言われていますが、それよりも短い睡眠しかとっていない方も多いと思います。

しかし、睡眠時間が少ないからといって、必ずしも不眠症というわけではありません。中には4時間しか眠らなくても平気というショートスリーパーもいますし、10時間は眠らないとフラフラするというロングスリーパーもいます。また、これまで7時間眠っていたけれど、年を重ねるごとに睡眠時間が短くなってきたという方も多いはずです。

不眠症とは、単に眠れなかったり、睡眠時間が短かったりすることを指すのではなく、「眠りたいのに眠れない」状態が続き、その結果として、起きているときに眠気に悩まされたり、疲れなどで生活に支障が出たりする状態が3か月以上続く場合に診断される症状です。ですから、睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりしても、日中に眠気を感じたり、生活に何らかの支障が出たりといった症状がなければ、不眠症とは診断されません。それにもかかわらず「眠らなくては」と強く念じると、かえって眠気が遠ざかり、よけいに眠れなくなるケースも多いのです。あまり神経質にならず、眠気を感じてから布団に入るようにしてみましょう。また、横になっても眠れない場合も、いったん布団から出るようにしてください。布団に入ってから眠るまでの時間が長くなると、熟睡したという感覚が減少します。翌日、睡眠時間が短くて眠気を感じたら、昼寝(30分以内)をして睡眠をとりましょう。

平均睡眠時間にこだわる必要はないとはいえ、寝不足が続くと不安になりますし、放っておくと体内リズムが狂ってしまう可能性もあります。自分にとって適切な睡眠時間を把握しておくと安心です。自分にとって最適な睡眠時間を知るために、次のチェックを行ってみましょう。

目覚まし時計をかけずに眠って、朝自然に目を覚ます生活を1週間程度続けてください。そして、何時に寝て、何時に起きたかを記録します。このとき、就寝する時間を同じにすることがポイントです。

1週間に眠った睡眠時間の合計を7日で割って、1日の平均睡眠時間を算出します。それが現在、自分に必要な睡眠時間だと言われています。

仕事の都合などで、1週間目覚ましなしで起きるのは難しいかもしれません。そのような場合は、次の方法で睡眠不足になっていないかを調べてみましょう。

起床する時間はそのまま変えずに、就寝する時間をいつもより30分ほど早くして、これを1週間続けるます。つまり、睡眠時間を30分長くするのです。もし、これでも睡眠不足を感じるようなら、さらに30分早めに就寝し、これをもう1週間続けます。このように少しずつ睡眠時間を長くして、日中に眠気を感じるなどの症状が出ないようなら、それが現在のベストな睡眠時間と言えるでしょう。

自分にとって最適な睡眠時間を把握するだけでなく、良質な睡眠を得るためにも、日常的に睡眠を記録することをおすすめします。何時に寝て何時に起きたかを毎日記録することで、客観的に自分の睡眠リズムが把握でき、睡眠不足や不眠症などの症状を正確に判断する助けになります。

最近は、自動で毎日の睡眠の状態を記録してくれるスマホアプリも数多く登場しています。これらのアプリの中には、入眠時間と起床時間だけでなく、睡眠のリズム、いびきの状況などを記録する機能が付いているものもあり、より詳しく客観的に睡眠状態をチェックできます。手軽で続けやすくておすすめです。

これらのチェックを通じて、自分が適切な睡眠時間を確保できておらず、不眠症の症状が出ているようであれば、良質な睡眠を確保するためにも睡眠薬の利用を検討しましょう。

睡眠薬に対して常習性や副作用を心配する方もいますが、現在の薬は非常に発達していますから、一度使い始めたからといって一生手放せなくなることはありませんし、副作用も少なく、安心して服用できるものが普及しています。

適切に睡眠薬を使うことで睡眠障害が改善し、不眠症に悩まされることが少なくなりますから、症状の改善に合わせて薬の量や頻度を減らしていき、そのうち薬がなくてもぐっすりと眠れるように導いていくのが睡眠薬の役割なのです。

睡眠薬は、インターネット通販から購入するのが便利です。自分で海外から個人輸入することもできますが、個人輸入は業者選びも大変ですし、英語力も必要ですから、経験がないとなかなか面倒です。そこでおすすめなのが、個人輸入代行のネットショップです。テジャスメディシンは実績ある個人輸入代行業者として、多くの人から信頼を得ているお薬のネットショップです。完全会員登録制となっており、個人情報の管理にも厳格で安心して利用できます。会員登録をすればすぐに利用でき、自宅などに送ってくれるので、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がありません。テジャスメディシンは多忙な方にもおすすめの、医療薬通販サイトです。
2021/04/12
睡眠薬を導入して快適な睡眠を確保しよう
普段の忙しい生活の中で思うように睡眠時間を確保できない人もいます。欧米諸国の人と睡眠時間の長さを比較してみると、日本人のほうが短い傾向があります。日本人はぐっすり寝れない何かしらの原因を抱えている人が多いと言われていて、睡眠障害が影響することで高血圧や動脈硬化など血管に関わる病気を発症する可能性が高まります。さらにインスリンがうまく作動しなくなる糖尿病も睡眠不足と関係性があります。ただ寝れば良いというだけでなく、様々な病気の原因になることを考えると、常に継続して睡眠時間をしっかり確保しなければいけません。

寝る時間も求められますが睡眠の質も大切だと言われています。睡眠には大きく分けてノンレム睡眠とレム睡眠があります。深い眠りがノンレム睡眠、浅い眠りがレム睡眠です。人間は寝ているときにノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返して時間が経過します。常に深い眠りを続けるわけではないですし、ずっと浅い眠りというわけでもありません。寝ている間に夢を見ることがありますが、これは浅い眠りのレム睡眠で脳が活動している状態です。

質を求めるなら深い眠りのノンレム睡眠を少しでも長く確保する必要があります。朝目覚めたときによく寝たなあと自分で実感するために、寝てから早い段階でノンレム睡眠に達することができれば、身体だけでなく脳もしっかり休ませることができます。寝ているときに成長ホルモンが分泌されると言われますが、成長するために必要なわけではありません。人間は成長ホルモンのおかげで細胞を修復したり溜まった疲労を回復させる働きもあります。

このように睡眠時間だけでなくレム睡眠とノンレム睡眠にこだわって質を求めていくことで、どのタイミングで深い眠りになれば成長ホルモンが多く分泌されて健康に良いかを自分自身で理解することができます。睡眠時に成長ホルモンだけでなくコルチゾールも分泌されます。このコルチゾールは目覚める準備に必要なホルモンです。成長ホルモンとコルチゾールのバランスが重要で、睡眠の質が悪くて成長ホルモンが思うように分泌されないままコルチゾールの分泌量が多くても、満足できる睡眠ができてないと感じてしまいます。

では質の良い睡眠を可能にするにはどうすればいいかというと、規則正しい生活をすることが求められます。1日は24時間ありますが、寝る時間を毎日同じタイミングで身体に覚えさせることで、ある時間がくると自然と眠くなります。そのタイミングで寝ることができれば体内時計にも合わせることができます。体内時計が眠たいサインを出して来たときに眠ることができれば身体に負担をかけることがありませんし、スムーズに自然と眠ることができます。これが睡眠によって健康な身体作りに役立つ生活習慣です。あまりにも頻繁に眠る時間が変わってくると体内時計が付いてこれなくなりますし、生活サイクルが乱れて成長ホルモンやコルチゾールの分泌量、さらには質の良い睡眠に求められるレム睡眠とノンレム睡眠にも影響してきます。

生活サイクルを見直して乱れているところを改善するだけでも質の良い睡眠を確保することができますが、より目覚めの良い睡眠を確保するために自分に合った寝具を使うようにしてください。特に重要なのが枕です。自分が好む高さと柔らかさの枕を選んでください。極端に高すぎると首に負担をかけてしまい質が悪い睡眠になってしまいます。今はオーダーメイドで枕を作ってくれるサービスもあります。睡眠の質が悪いと感じたらオリジナルの枕を作っても良いかもしれません。寝る部屋の温度設定も重要なポイントです。季節に応じて最も適している室内温度に設定することで快適な睡眠に導いてくれます。基本的には室温が20度前後が良いとされています。湿度も40%から60%に調整できればさらに睡眠の質が良くなります。

意識をして睡眠の質を良くする意識をしてもなかなか眠れないときの最終手段として睡眠薬を飲むのも対策として取り入れたいポイントです。睡眠薬でしっかり眠りについて健康になれるなら検討しても良いかもしれません。睡眠薬には導入剤や精神安定剤があります。服用している人が多い薬がエスゾピクロンです。この薬は睡眠障害を改善する働きがあります。就寝前に飲むことで深い眠りを誘発してくれます。エスゾピクロンは個人輸入のサイトを利用して購入することもできます。おすすめしたいサイトが睡眠薬通販を手掛けているテジャスメディシンです。安心してできる通販サイトで、様々な用量で売られているので、余計な量のエスゾピクロンを購入することなくしっかり服用することができます。安心して運営できるように日本人が対応しているので、不明点があっても日本語で対応してくれるので、いつでも安心してテジャスメディシンからエスゾピクロンを購入することができます。様々な改善を試みても思うように睡眠が確保できない人は、睡眠薬を使って健康になることをおすすめします。
2021/04/08
睡眠薬はなんか怖い…お酒に頼って方が安全?
最近眠れない、寝つきが悪い、寝てもすぐに目が覚めてしまう…こんな不眠症状で悩んでいる方は、どのようにして朝までぐっすり眠れるか、毎日悩んでいることでしょう。
そんな不眠の症状を解決してくれるのが睡眠薬です。自分の症状に合わせたものを服用すれば、朝までぐっすりと眠ることができます。

しかし人によっては「薬」を飲むことが不安という方もいるでしょう。一度飲み始めたらクセになってしまいそう、薬なしじゃ眠れない身体になってしまいそう、だんだん効果を感じられなくなって来たら量が増えて依存症になってしまったら…眠れないこと以外は健康なのに、わざわざ薬を飲む必要があるのか、薬の危険性の方にリスクを感じるのは仕方のないことです。

そのような不安を感じて、睡眠薬ではなくアルコールの方を選択する方もいます。アルコールを飲むと眠くなるので、夜寝る前に飲めば朝までぐっすり眠れるという理由です。
なんとなく薬よりもアルコールの方がいいかなと、いわゆる「寝酒」を選ぶ人もいますが、寝酒の方が危険なこともあります。

確かにアルコールには眠くなる効果があるので、夜寝る前に飲めばぐっすり眠れるという人も多いです。しかし、アルコールは毎日飲み続けると耐性ができてしまいます。最初はコップ一杯で眠れていたのに、だんだん一杯では朝方起きてしまうようになりコップ二杯、三杯…と量が増えてしまうのです。そして量が増えても朝方や夜中に起きてしまうようになる、また量がどんどん増えてと悪循環になります。こうなると不眠よりも「アルコール依存症」の危険性の方が高くなってしまいますし、肝障害を招く危険性もあるのです。
そしてアルコールは利尿作用があるので、寝る前に飲んでしまうと夜中トイレに起きてしまいます。結局途中で覚醒してしまいますので、アルコールを入眠するために飲むのはやめましょう。
アルコールと睡眠薬を一緒に摂取すれば、より効果が期待できそうという人もいますが、絶対にやめてください。副作用が強くでる危険性があります。アルコールと睡眠薬を一緒に飲んでしまった場合、記憶障害・ふらつきなどが起こる可能性が高いです。

眠れないならば、まずはよく眠れるような環境を整えることから始めるのがいいです。例えばお風呂からあがって体温が下がるときに布団に入ると眠りやすくなります。他にも枕を変えてみる、入眠効果のあるアロマをたいてみるなど、いろいろな方法があるので試してみましょう。ストレスや心配事があると、眠れなくなる人もいます。
それでも不眠に悩むようならば、やはり睡眠薬や睡眠導入剤に頼ってください。睡眠薬は悪いものではありません。毎日飲み続けても用法容量をきちんと守れば、依存することもないのです。副作用の心配も少なく、アルコールを毎日飲むよりもリスクはありません。
薬を飲んで朝まで眠れるようになった、と思ったら薬をやめることもできます。ただし、今まで飲んでいた睡眠薬をいきなり飲まなくなる、というのは危険です。時間をかけてだんだんと量を減らす、服用量は変えなくても種類を変えるなど「徐々になくしていく」のがポイントとなります。

睡眠薬がほしいと思ったらドラッグストアや通販で購入しようと考える方も多いでしょう。確かに最近はドラッグストアや通販でも購入できるようになりましたが、これらで取り扱っている薬は「睡眠改善薬」というものです。効き目が弱いものとなりますので、人によっては飲んでも効果が感じられない、症状が改善されないということもあります。
不眠についてそれほど深刻な症状ではない、そう感じているならばまずは市販の睡眠改善薬を試してみるのもいいでしょう。市販の薬で効果を感じられなかった、もう少し強めの薬がほしい、そう感じるならば通販で睡眠薬を購入しましょう。
海外から個人輸入することで、市販のものよりも効果が強めの薬を手に入れることができます。個人輸入は自分自身が使う分だけしか購入できない、また英語やその他の外国語が堪能でないとやりとりが難しいなど、便利な反面デメリットもいくつかあるものです。
外国語が苦手な方や、面倒な手続きはやりたくない、そんな場合は個人輸入の専用通販サイト「テジャスメディシン」を利用してください。テジャスメディシンは独自のルートを持っている完全会員制の個人輸入代行通販サイトで、会員登録さえ済ませればいつでも好きなときに睡眠薬を購入できます。外国語でのやり取りなどもありません。睡眠薬の種類が豊富なので、初めて利用する方からお気に入りの薬があってリピートしたい方まで、幅広く利用可能です。一度に100錠以上まとめて大量購入したい場合にも対応しています。個人輸入の場合も、用法容量をしっかり守って飲めば副作用の心配もいりません。睡眠薬を試してみたい方、気になる銘柄があって飲んでみたい方、お気に入りの睡眠薬を大量購入したい方、このような方はテジャスメディシンを利用してみてください。
2021/04/05
こんな睡眠はNG、無意識にやっているかもしれない悪習慣とは?
睡眠時間が私たちの健康にとって大きな影響を与えることは、多くの人が知っています。睡眠時間をたっぷり確保することによって、疲労やストレスを解消できますし、体内の不調を新陳代謝によってリセットすることもできます。毎日理想的な睡眠をとれれば、それが理想的でしょう。しかし多くの人は、忙しくて睡眠時間を十分に確保できなかったり、眠っているのに睡眠の質が悪くて朝の目覚めが良くないなど、さまざまな睡眠トラブルを抱えています。また、自分では無意識のうちにしている悪習慣が、もしかしたら睡眠にマイナスの影響を与えていることも考えられます。

注意したい1つ目の悪習慣は、睡眠時間についてです。理想的な睡眠時間の目安は、1日当たり7時間という説が多いです。6時間でもNG、8時間でもNGですが、普段の生活の中では、7時間ピッタリの睡眠時間を維持することは、簡単ではありません。その日によって、十分に眠れないこともあれば、疲れがたまっていて朝早起きする必要がなく、7時間以上グッスリ眠りたいこともあるでしょう。

睡眠時間の目安が7時間というのは、体の疲れをとってくれるノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りが100分程度、浅い眠りが200分、そして心の疲れをとってくれるレム睡眠は100分程度という内訳になるのがベストということです。

もしも睡眠時間が7時間ではなく6時間になった場合には、この割合はどうなるのでしょうか?心の疲れをとってくれるレム睡眠は、眠りが浅い状態で、眠ってから6時間後以降に集中する傾向があります。つまり、質の良い睡眠をとったとしても、睡眠時間が6時間の場合には、体の疲れをとることはできても心の疲れが取れないまま、朝を迎えることになるのです。ある研究によると、6時間睡眠の生活習慣を続けている人は、脳の老化速度が7時間睡眠の人と比べて2倍にもなってしまうのだとか。つまり、睡眠時間は最大限の努力と工夫をして、できるだけ毎日7時間程度を確保するのが理想的です。

注意したい2つ目の悪習慣には、寝だめがあります。平日は忙しくて十分に眠れないから、休日に思う存分たっぷりと寝だめをするという人は、意外と多いのではないでしょうか。確かに、安眠を目覚まし時計に邪魔されて、起きたくないのに無理に起きる必要がない週末は、寝だめの習慣を持っている人にとっては天国のひと時かもしれません。しかし、起きる時間がバラバラだと、それが睡眠のリズムを狂わせてしまいます。そのため、睡眠にとって良い習慣かどうかという点では、寝だめは悪習慣なのです。

体や心の疲れをとるための睡眠という点で見ると、寝だめをして長時間寝ても、体や心の疲れが多く解消できる訳ではありません。それどころか、長く眠ることによって睡眠のリズムが崩れてしまい、体はそれを時差として認識してしまいます。これはソーシャル・ジェットラグと呼ばれる時差ボケの症状です。週末しっかり眠ったはずなのに月曜日の朝から既に疲れているという人は、もしかしたら週末の寝だめが原因で、ソーシャル・ジェットラグの症状が出ているのかもしれません。

このトラブルを解消するためには、週末でも規則正しい時間にきちんと起きる習慣をつけるのが得策です。もしもどうしても疲れているなら、日中に短時間の昼寝をするという方法がおすすめです。また、長く寝るなら、寝る時間を早くして、起床時間はできるだけ平日も週末も変わらないようにそろえることで、ソーシャル・ジェットラグの予防ができます。

注意したい3つ目の悪習慣は、心配事を翌日に持ち越すというものがあります。人間関係でも仕事でも、悩みや不安がある人は「寝ても覚めてもそのことばかりを考える」状態に陥ってしまうことがあるかもしれません。考える事によって解決できれば良いのですが、多くの場合には考えても解決できるものではありません。

睡眠の質を高めるための方法の一つに、「心が安心した状態で眠る」というものがあります。つまり、心配事やストレスを抱えた状態では、不眠になりやすいということです。もちろん、個人差はあります。しかし、寝る前に心が安心していない人は、その心の状態が睡眠トラブルを起こしているのかもしれません。

快適な睡眠を手に入れるためには、睡眠時間はもちろんのこと、睡眠の質にも注意を払う必要があります。心配や不安、ストレスを翌日に持ち越すなと言っても、人によっては難しいでしょう。そんな時には、睡眠薬を使って安定した快眠を手に入れるという方法を検討してはいかがでしょうか?睡眠薬には、いろいろな種類があり、有効成分や持続時間が異なります。自分の体質にあったものを見つければ、睡眠トラブルで自分の性格を責める必要がなくなりますし、どんな時でも朝は体と心を十分に休めた状態で目覚められるでしょう。海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、多種多様な睡眠薬をリーズナブルに購入できます。日本人が多く利用しているサイトなら、信頼できる業者が多いので安心です。
2021/04/01
睡眠を見直すことは生活習慣病対策にもなる?
誰でも、1日は24時間しかありません。自分は忙しい人間だから30時間ぐらいほしいなと思っても、残念ながら実現できません。日々の生活が忙しいと、片付けなければいけない家事や仕事、付き合いや趣味など、その日のうちにすべて終わらないという事態が起こりやすくなります。そうなると、そのしわ寄せで削りがちになってしまうのは、やはり睡眠時間ではないでしょうか?

睡眠時間は、その日の疲れをとるために必要な作業というだけではなく、長期的には生活習慣病の対策にもなります。それに、眠ることはストレス解消効果もあり、精神的なバランスを健康に維持するためにも必要です。厚生労働省の調査によると、睡眠時間が慢性的に不足している人や、眠っていても睡眠の質が劣悪な人は、生活習慣病のリスクが高まる傾向にあることが分かっています。

睡眠に関して抱えやすいトラブルは、大きく分類して2つあります。睡眠習慣と睡眠障害です。睡眠習慣というのは、ライフスタイルによって睡眠時間が短くなってしまうというトラブルです。日本人は、他の世界各国と比較しても、平均睡眠時間が男女ともに短い傾向にあり、就労年齢の男性は平均7.5時間程度、女性はさらに短くて平均7.3時間程度しかありません。忙しい人だと、この平均よりも睡眠時間が短い人は多いでしょう。

睡眠時間が慢性的に不足すると、昼間でも眠気が襲ってきたり、やる気や集中力、記憶力が低下してしまったりというトラブルが起こりやすくなります。そうした毎日が続くことによって、自律神経やホルモンがバランスを崩してしまい、健康にもトラブルが起こりやすくなってしまいます。

例えば、睡眠不足が続くことによって、体内では食欲を抑える作用のあるレプチンというホルモンの分泌が減少します。その代わりに、食欲を増進させるグレリンというホルモンの分泌が活性化します。そうすると食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまいやすくなるのです。食欲が増すと、どうしても高カロリーで高脂質の食べ物が魅力的に見えてしまうという人は多く、これが食べ過ぎによる肥満や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

睡眠障害もまた、多くの日本人が抱えている睡眠トラブルです。これは、布団に入って眠っているから睡眠時間の点では問題ないはずなのに、睡眠の質が劣悪だというトラブルです。布団に入ってもなかなか寝付けない入眠トラブルを始め、夜中に目が覚めたら眠れなくなってしまう中途覚醒トラブル、全体的に眠りが浅くて、わずかな物音でも起きてしまうトラブルなどもあります。

こうした睡眠障害は、生活習慣や食生活を始め、ストレスや心配事など複数の要素が原因となっていることが多いものです。はっきりとした原因が分かれば、原因を取り除くことによって対処できるでしょう。しかし、取り除けない原因だったり、原因がはっきり分からなかったりという場合には、慢性的な睡眠障害を抱えながら毎日を過ごさなければいけません。

そんな時におすすめなのが、睡眠薬の服用です。睡眠薬にはさまざまな種類があり、持続時間や使われている有効成分の種類が異なります。自分に合った睡眠薬を見つければ、睡眠障害で悩んでいた人でも快眠を手に入れることができます。しかも、睡眠薬には医薬成分が配合されているので、心配事やストレスを抱えていて眠れない人でも、布団に入ればスッと眠ることができます。

睡眠薬の使用によって睡眠の質が向上すると、朝起きた時の目覚めがスッキリします。やる気やモチベーションが高まりますし、記憶力や集中力がアップすれば、仕事にも精が出るのではないでしょうか。

睡眠薬はまた、忙しくて睡眠時間が慢性的に不足している人にもおすすめです。医薬成分の作用によって、短い睡眠時間の中でも、疲労やストレスを解消できる深い睡眠時間を最大限に確保できます。その結果、劣悪な質の睡眠を7時間取った人よりも、睡眠薬で良質な睡眠時間を4時間取った人の方が、朝の目覚めが良くなる可能性も期待できそうです。

睡眠薬を使って普段の睡眠の時間や質が向上すれば、体内環境も改善されます。ホルモンバランスや自律神経のバランスが良くなりますし、高カロリーで高脂質な食事がしたくなる、なんてことも起こりづらくなるでしょう。生活習慣病の予防や症状改善のためには、普段の睡眠を見直すことがとても大切です。

睡眠薬には、たくさんの種類があります。慢性的に睡眠トラブルを抱えている人なら、できるだけリーズナブルに続けたいでしょう。そこでおすすめなのが、睡眠薬の個人輸入代行サイトを利用する購入方法です。たくさんの種類の睡眠薬をネットショップを利用するような感覚で利用できますし、テジャスメディシンのように多くの日本人が利用している信頼できる業者なら、医薬品の質に関しても安心です。ちなみに、テジャスメディシンは拠点とするインドで正規の医薬品輸出業ライセンスを所有しています。注文すると、発送は海外からとなりますが、1万円以上の利用で送料が無料になるなど、利用しやすいシステムが整備されています。
2021/03/29
睡眠薬と睡眠導入剤の違いについて
2020年の初頭からその猛威を振るい始めたコロナウイルスの感染拡大により、これまでの当たり前がもはや当たり前ではない世界になってしまいました。ワクチンの接種も始まり事態の収束への巧妙は見えてきましたが、まだいつになったら完全に安心できる世の中に戻るのか先が見えない状態は続いています。人間というものは、終わりが見えていればそこから逆算して頑張れるものですが、果てしない戦いを挑み続けられるほど強くはありません。そうした先行きの見えない不安から、世界中でさまざまなストレスを抱えている人は数えきれないと思われます。そして不安や心配が心を占めている時、人は布団に入っても悩み事がぐるぐると頭をめぐり、入眠に支障をきたすようになります。いわゆる不眠症の症状ですが、本人に眠りたいという強い希望があるのに眠れないという状態は本当につらいものです。

そうした状態が長期間も続くと、正式に専門的な治療が必要である不眠症として診断されます。その改善のために、まずは改めて入眠しやすい環境を整え、早寝早起きができるように生活習慣を見直すところから始めますが、段階を経た上で必要と判断されれば睡眠薬の服用を検討する運びになります。ここで、いわゆる睡眠薬という言葉は一般的に知られるところですが、もう一つ睡眠導入剤や睡眠改善薬と呼ばれるものも存在します。この違いについては、あまり正確な情報が世間に浸透していないようです。

印象的なものですが、何となく睡眠薬は強い薬で、睡眠導入剤は弱いという違いという理解をもっているかもしれませんが、近年の睡眠薬と睡眠導入剤は、消失半減期が短いものが睡眠導入剤と呼ばれるだけで、その効果にはほぼ違いがありません。消失半減期とは、薬を服用した時に血液中の濃度が最高濃度まで上がってから半分まで下がる時間のことです。時間の経過とともに血中濃度は減少していくのですが、それはイコール薬の効果がなくなっていくということです。その薬ごとの半減期を把握し、就寝からの起床までの時間を考慮して適切なタイミングで適切な強さの睡眠薬を服用すれば、寝ている間に薬の効果が薄れ、朝はスッキリと起きられます。よって、年齢や状態による個体差を考慮する必要がありますが、自分にあった睡眠薬を服用する必要があります。しかし、その半減期が短いものが睡眠導入剤とカテゴライズされるというだけで、いずれも同じベンゾジアゼピン受容体作動薬と呼ばれる薬であることは変わりません。

よって、睡眠薬もしくは睡眠導入剤を選ぶときには、強さではなく、その効果の長さがポイントになるということです。まず長短時間作用型と呼ばれるものですが、非ベンゾジアゼピン系の薬で、寝つきの悪い人の症状に利用されます。薬の効果は非常に短いため、一度寝てしまえば朝まで起きずに大丈夫なのだけれども、とにかく入眠できないというタイプの人に向いています。それ以外の睡眠薬は、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型と別れていますが、すべてベンゾジアゼピン系です。短時間作用型は、どちらかと言えば長短時間型と同じ効果をいくぶんマイルドに期待できるタイプです。そして中間作用型は、途中で何度も起きてしまうような不眠のタイプに使用されます。睡眠をより長い時間持続させるということです。そして朝に予定している起床時間よりも2時間以上早く起きてしまうタイプの不眠症には長時間型が使用されるということです。つまり、長時間型の睡眠薬のほうが強い薬であるという事も可能ですが、ポイントは効果の持続時間が短いか長いかという違いによって、不眠のそれぞれの異なるタイプに合わせて服用されるということです。

慢性的に睡眠薬に依存してしまうと昼間の活動にも支障をきたす可能性があることも事実ですが、やはり眠りに関する悩みは毎日のことですので、適切な時にしぼって適切な睡眠薬を服用するメリットは大きいと言えます。実は睡眠薬は個人としても、自分で購入することが可能です。その場合は、海外からの個人輸入という形式で購入しますが、これまでに自分で個人輸入をしたことがない、または海外とのやり取りにおいて英語を使いこなす自信がないという人のために、医薬品個人輸入の代行サイトが存在しています。その中でも、完全会員制の「テジャスメディシン」というサイトがおススメです。長年に渡っての実績とその会員からの高い口コミ評価を見れば、安心して個人輸入の代行を任せられるサイトであると分かります。「テジャスメディシン」は、個人輸入に関する面倒な手続きを一切合切引き受けてくれますので、あなたは会員登録してサイトからオーダーすれば、あとは海外から自宅に商品が届くのを待つだけです。もし、自分の症状から定期的な購入を検討しているのであれば、なおさら安心してリピートオーダーを任せられるサイトが重要ですので、これまでの実績に裏打ちされた信頼があるかどうかで判断しましょう。
2021/03/25
よく知られていない不眠症の種類と対処法について
眠りたいのに気持ちばかりが焦って眠れない悪循環に陥ってしまうという、不眠体験をしたことはありますか?解決が難しい心配事を長期間に渡って抱えている時に、毎晩眠れないという慢性的で深刻な不眠に加え、翌日に大きな試験や仕事のプレゼンなどに不安で眠れないといった一過性の不眠も含めれば、誰にでもある経験ではないでしょうか。大抵の場合は、そうした頭を占める不安や心配の原因が解決すれば、それと同時に不眠の症状もなくなるか、もしくは軽減されるものです。しかし、数日から数週間で安眠できるようになるどころか、不眠が全く改善されずにさらに続くケースもあります。この状態が1カ月以上続き、睡眠不足が引き起こす肉体的・精神的な不調を自覚した場合、それは不眠症である可能性があります。ただし、不眠症と一口に言っても、その種類は4つに大別することが可能です。ただし、どれか1つではなく複数の症状が重複して現れるケースも多く、特に高齢者に顕著です。

まず1つ目は、不眠症のカテゴリーの中でも最も症例が多いと言われている入眠障害です。ベッドに横になっても、または布団に入ってもなかなか寝付けない症状です。目をつぶっても抱えている不安や心配事が頭を占め、眠りにつくのに30分~1時間、人によってはそれ以上の長い時間がかかってしまい、それを自覚するゆえに苦痛と感じます。2つ目の症状は中途覚醒です。睡眠には入れるのですが、朝を迎えるまでに何度も覚醒して、時にはその後に寝付けなくなってしまう症状です。長時間の睡眠は体力を要する事から、加齢にともなう体力の低下によって眠りも浅くなり目覚めやすくなる傾向があることが確認されており、高齢者に多く見られるケースです。3つ目は早期覚醒です。これは寝ている途中に度々覚醒するのではなく、例えば目覚まし時計を設定した起床予定時刻よりも常に2時間以上早く覚醒する症状を指します。高齢者は基本的に夜更かしがつらくなるために早寝早起きになる傾向がありますが、その中でもさらに早く目覚めてしまう人が当てはまります。また、うつ病の症状を抱えている人にも顕著に見られます。最後は、熟眠障害と呼ばれ、十分な睡眠時間が確保されているにも関わらず、ぐっすりと眠ったという満足感を全く得られない症状です。一般的に眠りが浅い状態ですが、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などの、睡眠中に症状が見られる病気が関係している可能性も危惧されます。

こうした不眠症への対処にもさまざまな方法があり、一律にどの症状にどの対処法が効くかについては患者それぞれによって異なります。代表的な対処法の1つ目は就寝と起床の時間を一定にしてリズムを作ることです。人間は体内時計というものを持っており、一定の生活のリズムを作れれば、入眠も起床も容易になるものです。明日は休みだと言って、週末を迎える度に夜更かしをして昼過ぎに起きるような行為は、この体内時計を乱します。できるだけ、休みの日も平日と変わらないサイクルで生活する事を心掛けることが不眠症対策となり得ます。しかし、人によっては全く逆の対処法が効果的な場合もあるのが難しいところです。睡眠時間に拘泥しないことが2つ目の対処法だからです。一般的に7~8時間は睡眠を取りましょうと言われていますが、全く眠気が訪れない時は一度布団から出てしまう方がよいケースもあるということです。その結果睡眠時間が短くなって日中に眠気に襲われたら、少し昼寝をすることで調整します。3つ目は太陽の光を浴びることです。人間の習性として、太陽光をしっかりと浴びていれば体内時計が調整され、夜に寝付く時間が早くなり、朝も早く起きられます。また、日中に適度な運動をすることも有効な対処法です。肉体的に疲れれば、人間は休息をとりたいと思うものです。あまり激しい運動は、逆に刺激を受けて興奮してしまうあまり寝つきを悪くする影響が懸念されますが、午前中よりも午後の時間に軽く汗ばむ程度に運動することを習慣化すれば、不眠症を解消する有効な手段になり得ます。最後に、寝る前のルーチンを作ることも有効な対処法です。入眠前に、ストレスを解消するための音楽を聞いたり、読書をするなどの気分転換を取り入れ、アロマオイルをたいたり、お風呂にゆっくり入るなどのリラックスできる時間を毎日のルーチンにします。

それでも不眠症を解消できないようであれば、睡眠薬に頼ることも一つの対処法です。一般的には海外から個人輸入という形式で購入することが可能です。もし初めてで購入の仕方が分からない場合、または英語に自信がない場合に、完全会員制で安心な医薬品個人輸入代行サイトの「テジャスメディシン」の利用をおススメします。個人輸入に関する面倒な手続きの全てを引き受けてくれますので、もし定期的により確実な購入を考えているのであれば、口コミ評価の高い、信頼できるサイトを選択しなければなりません。「テジャスメディシン」の会員になれば、あとは安心して海外から届くのを待つだけです。
2021/03/22
睡眠薬はそれぞれ効果が違う!自分に合った睡眠薬はどれ?
睡眠トラブルを抱えている人は、たくさんいます。具体的にどんなトラブルかは人によって異なりますが、なかなか寝付けないという入眠障害というトラブルを抱えている人もいれば、眠りが浅くてわずかな気配や物音ですぐに起きてしまうという熟睡障害というトラブルを抱えている人もいます。また、夜中に目が覚めると再入眠できずに朝を迎えるという中途覚醒タイプのトラブルを抱えている人や、3時とか4時でまだ起きる時間ではないのに、朝の目覚めが速すぎて困るという早期覚醒タイプの人もいるでしょう。その他にも、日勤や夜勤などのシフト勤務をしていて、毎日眠る時間が異なるという不規則な生活をしている人は睡眠トラブルを抱えやすくなります。

睡眠トラブルを改善する方法には、多くの方法があります。食生活や生活習慣を見直すことでも、大きな効果を得られる人はいるでしょう。しかし、これまでいろいろな方法に挑戦してきたけれど効果がイマイチだったという人は、睡眠薬の力を借りるという方法も検討してみましょう。睡眠薬にはいろいろな種類がありますが、どれも服用すれば心の状態やストレスレベルに関係なく、スムーズに眠ることができます。

睡眠薬は種類が豊富です。睡眠薬は作用の強さによって分類できる他、効果がどのぐらい続くのか、その持続時間によってもいくつかの種類に分類できます。毎日の睡眠に使うのなら、ニーズに合わせた持続時間で選ぶと良いかもしれません。

持続時間が短いものは超短時間作用型に分類され、1時間だけ効果があるものとか、2時間程度のものがあります。効果が1時間しかないといっても、1時間経ったら目が覚めるというわけではありません。安心してください。超短時間作用型のものは、布団に入ってもなかなか寝付けないけれど、一度寝れば朝まで寝ていられるという入眠障害系トラブルを抱えている人におすすめです。

短時間作用型のものは、睡眠薬ごとに持続時間が4時間から10時間程度と大きく異なります。初めて服用する際には、体質との相性なども考えて、持続時間が短いものからトライするのが良いでしょう。例えば、効果が4時間ぐらい続くものなら、眠りが浅くてわずかな物音で夜中に何度も目が覚めてしまうという熟睡障害人にピッタリです。睡眠薬を服用することによって、夜中はグッスリ眠ることができ、一定の睡眠の質を確保できます。朝の目覚めがスッキリするので、朝起きても疲れているという事態になりにくいというメリットが期待できます。

睡眠薬には、他にも中間作用型や長時間作用型など、持続時間がとても長いものがあります。中間作用型でも持続時間は20時間以上あり、私達の毎日の生活においてはあまり必要ないかもしれません。短時間作用型のものでは夜中に目覚めてしまう場合には、中間作用型の使用を検討するのが良いでしょう。また、夜中に何度も目が覚めてしまうという人は、作用が弱めの中間作用型の睡眠薬を使うという方法もあります。

睡眠薬を使用する際には、まずは持続時間が短いものからスタートするのが賢明です。例えば、持続時間の目安が4時間と謳われているものでも、体質的に薬の利きが良い人は、6時間ぐらいグッスリ眠れるかもしれません。4時間後に起床しなければいけない時に持続時間の目安が4時間のものを服用すると、起きる時にかなり大変になる可能性があります。そのため、初めて服用するなら翌朝早起きする必要がない週末などを選び、作用時間が短いものからスタートしましょう。体調や睡眠時間を見ながら、少しずつ調整することをおすすめします。

睡眠薬を服用しながら、体内時計を整えることも大きな効果が期待できます。体内時計というのは自律神経のことで、朝になって太陽が昇れば目が覚めて活動的になり、日が暮れて夜になれば神経がリラックスして眠くなるという機能を司っています。普段の疲労やストレス、また不規則な生活によって体内時計は狂いやすいため、普段の生活の中でできることを実践し、体内時計の狂いを少しずつ調整してあげたいものです。

体内時計を整える行動は、とても簡単です。朝起きた時に、カーテンを開けて朝日を浴びるということです。太陽の光には体内時計を改善する作用があるので、仕事に出かける時まで待たずとも、朝起きた時に朝日を受けることによって目がぱっちりと覚めやすくなり、出勤に向けての支度をしやすくなるかもしれません。

また、毎日できるだけ規則正しい生活を心がけるという方法も、大きな効果が期待できます。今日は夕方6時に寝て、翌日は深夜3時に寝る、といった不規則な生活では、どうしても体内時計は狂ってしまうでしょう。仕事によっては不規則な生活を余儀なくされ、それが睡眠トラブルを引き起こしているケースもあります。その場合には、睡眠薬を上手く活用しながら、眠れる時にグッスリ眠って体調を整えることをおすすめします。
2021/03/18
朝なかなか起きられない人におすすめの対策法
朝が苦手という人はたくさんいますが、どうして朝なかなか起きられないのかという理由については、人によって様々です。慢性的な睡眠不足で、全体的な睡眠時間が不足しているという人は、睡眠時間を十分に確保すれば、朝スッキリ起きられるかもしれません。また、睡眠障害を持っている人は、睡眠時間をしっかり確保しても、睡眠の質が良くないために、朝起きた時に目覚めが良くないという人が多いものです。

朝起きられない、朝がとても苦手と思っていても、朝起きなくて良い人はそれほど多くはないでしょう。多くの場合、朝は決まった時間に起きて、仕事に出かけなければいけませんし、家事や育児などやらなければいけないことは山積みです。眠たいから寝ていられる、という生活習慣を維持することは、非現実的なのです。それでは、朝スッキリ起きるためには何をしたらよいのでしょうか。

朝の目覚めをよくする1つ目の対策法は、睡眠時間は1.5時間の倍数にするという方法があります。例えば、4.5時間とか6時間、7.5時間などです。私達の睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があり、交互に出現します。このうち、レム睡眠は脳が深く眠っている状態で、ノンレム睡眠は浅い眠りの状態を指します。レム睡眠の時に朝を迎えると、脳が浅い眠りなので起きやすい状態にあるため、スッキリした目覚めを手に入れることができます。ノンレム睡眠とレム睡眠は1.5時間周期と言われているため、この倍数に睡眠時間を合わせることで、起きやすくなるというわけです。

2つ目の対策方法は、生活習慣を改善して、入眠しやすい体内環境を作るという方法です。スムーズに入眠するためには、体と脳がある程度疲れていることが必要不可欠です。昼間には、太陽の光を浴びたり軽く運動をしたりすると良いでしょう。その他にも、お風呂では湯船につかって筋肉をリラックスさせるとか、寝る直前にパソコンやスマホは使わない習慣をつけることもおすすめです。パソコンやスマホなどのガジェットを使うと、脳が刺激されて覚醒してしまうため、入眠しづらくなってしまうリスクがあります。そのため、寝室ではガジェットは使わないようにしたり、寝る1時間前からはガジェットを使わないようにしたりなど、自分でルールを決めると良いでしょう。

3つ目の対策方法は、規則正しい睡眠生活を維持するという方法があります。仕事がない週末には、どうしても目が覚めるまで布団の中に入っていたいものです。しかし、週末に生活のリズムが乱れると、脳内時計や体内時計が狂ってしまうので、あまりおすすめではありません。おすすめの対策方法としては、週末でも朝は普段通りに起床して、ゆっくりしたい時や疲れが残っている時には、昼寝をするという方法が効果的です。

ただし、昼寝の時間は、20分から30分程度に抑えておくようにしましょう。45分以上眠ってしまうと、脳が夜の睡眠と同質のものだと勘違いしてしまい、脳内時計が狂ってしまいます。さらに、昼寝からの目覚めが最悪になってしまう可能性も高まります。

4つ目の方法は、睡眠トラブルを抱えている人のためのサプリメントを使うという方法です。サプリメントは健康補助食品なので、長期間続けても安心です。また、体内時計を正常な状態へ改善できる効果がある他、緊張やストレスなどで神経が張り詰めている状態を緩和してくれるので、リラックスしやすい体質づくりにもつながります。

サプリメントを選ぶ際には、メラトニンやLテアニンのように、睡眠を促進する作用を持つ栄養成分が主成分のものを選ぶと良いでしょう。特に、メラトニンは体内にもともと存在しているホルモンなので、サプリメントとして摂取することで、寝る前にリラックスしてスムーズな入眠ができるようになります。また、Lテアニンは高い抗ストレス作用を持つ成分で、ストレスやイライラ、不安を抑えて、睡眠の質を高めることができます。朝の目覚めがフレッシュになるので、おすすめです。

もしもサプリメントでも効果がなければ、睡眠薬を使うという方法を検討してはいかがでしょうか?睡眠薬にはいろいろな種類があり、効果がどのぐらいの時間継続するかによって、短時間型や中時間型のように分類できます。初めて使用する人なら、短時間型のものを使用することで、スムーズな入眠と深い眠りを手に入れることができます。

効果の高い睡眠薬を購入するなら、テジャスメディシンのような海外からの海外個人輸入サイトがおすすめです。テジャスメディシンはこれまでにたくさんの日本人が利用している信頼できるサイトですし、ネットで注文すると、インドで正規に医薬品輸出業のライセンスを持つ業者が迅速に対応してくれます。しかも、1万円以上の利用なら送料が無料ですし、1万円以下でも送料はたったの500円とリーズナブルです。日本国内のネットショップを利用して何かを購入する場合よりも、送料の面ではお得かもしれません。取り扱っている睡眠薬も多種多様なものがラインナップされているので、自分にピッタリのものを見つけましょう。
2021/03/15
どうしたら寝付きを良くして睡眠の質を上げられる?睡眠薬とうまく付き合って健康的な生活を
睡眠時間は、人間の一生の3分の1であると言われています。日中の疲れを癒して翌日の体力を蓄える睡眠は、とても大切なものです。睡眠の質を上げることは、人生の質を高めることに繋がるのです。しかし、疲れすぎている時や悩みがある時、心に不安がある時など、なかなか眠りに就くことができない経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。日頃のちょっとした心がけで、睡眠の質は上げることができます。

まず、起きたら太陽の光を浴びるようにしましょう。太陽の光を浴びると、体内では「セロトニン」というホルモンが分泌されます。このセロトニンが分泌されることによって、体内時計がリセットされ、睡眠時に眠りに就きやすくなります。起きた後はぼんやりしているので、まぶしい太陽の光を浴びたくないという人もいるかもしれません。しかし、太陽の光を浴びても問題ない体調なら、カーテンを閉めたままにせず、カーテンを開けて光を取り込みましょう。

次に、運動をするなら、寝る5時間前までに行いましょう。寝る前に運動しても眠りに就ける人は問題ありませんが、眠りに就きにくいと感じている人は、睡眠の質の低下に繋がってしまいます。かと言って、運動をまったくしないのも、運動不足によって血行が悪化するのでよくありません。おすすめの運動は、日中のウォーキングです。誰でも体に負担を掛けずにできますし、何も用意するものがないので気軽に始められるのではないでしょうか。

寝る前の飲酒や喫煙は、睡眠の質を低下させます。まず、飲酒するとお酒に含まれるアルコールの利尿作用によって、寝ている間にトイレに行きたくなってしまいます。また、アルコールによって脳が興奮するので、夜中に目覚めやすくなります。喫煙も同様で、タバコに含まれるニコチンによって夜中に目覚めやすくなります。寝る前の飲酒や喫煙が習慣になっている人がいるかもしれません。しかし、眠りに就きにくいと感じているなら、できるだけ控えることをおすすめします。

夕食は寝る3時間前までに食べましょう。寝る直前に食べると、胃への負担が大きく、翌朝の胃の不快感に繋がります。夕食の内容は、葉物野菜中心がおすすめです。なぜなら、葉物野菜には「メラトニン」が含まれているからです。メラトニンとは睡眠の質を上げるホルモンのことですが、食品の中にもメラトニンは含まれています。代表的なのは、ケールやキャベツ、カイワレ大根といった葉物野菜です。そのため、夕食は葉物野菜をふんだんに取り入れ、体の中から睡眠の質を上げましょう。

お風呂は寝る1~2時間前までに入りましょう。人間の体は入浴後、体温が下がってくる時に眠くなるように作られています。そのため、寝る1~2時間前に入浴すると、就寝する頃にちょうど体温が下がって、眠りに就きやすくなります。とくに冷え性の人は、寒い時期は寝る直前に入浴して、ポカポカの体のままで就寝したいと思うかもしれません。しかし、かえって寝つきを悪くしたり、睡眠の質を低下させることもあります。1~2時間前に入浴するのがベストです。

テレビやスマホは寝る90分前までにしましょう。テレビの映像は脳を活性化させるので、寝つきを悪くします。スマホやパソコンのブルーライトには、メラトニンの分泌を抑制する作用があります。メラトニンの分泌を抑制されると眠気を感じにくくなるので、眠りに就くのが難しくなります。寝る前にテレビやスマホを見る代わりにしたいのは、ゆったりとリラックスできる音楽を聞くことです。ただし、歌詞のある音楽を聞くと、頭の中で歌詞をなぞって考え込んでしまう場合があります。そのため、寝る前に聞くのは歌詞のないヒーリングミュージックがおすすめです。

コーヒーは日中に飲みましょう。コーヒーには、カフェインが多く含まれます。カフェインには脳を活性化させる作用があるので、夕方以降に飲むと眠りに就きにくくなります。寝る前に何か飲みたくなったら、おすすめなのはハーブティーです。ハーブティーにもいろいろと種類があります。その中でもノンカフェインでリラックス効果が高いカモミールティーは、気持ちを和らげて眠りに就きやすくしてくれるでしょう。

毎日のちょっとした心がけで眠りに就きやすくし、睡眠の質を上げることができます。そうは言っても、心に不安がある時は、いくら寝ようと努力していても反対に目が冴えてしまうものです。そんな時は、睡眠薬を利用して健康を維持するのもひとつの方法です。眠れないことを嘆きながら一晩過ごすのは、かなりの精神的苦痛を伴います。翌日にも悪い影響を与えますし、眠れない日が続けば健康にまで害を与えることになります。睡眠薬は用法用量を守ってきちんと服用すれば、眠れないことに対する苛立ちや不安を取り除き、健康的な生活を送るのに役立ちます。テジャスメディシンなら、通販で睡眠薬を購入することが可能です。是非ご利用ください。
2021/03/11
不眠症とは?どうやって改善すればいいの?
「ベッドに入っても眠気が来ない」「眠りが浅く、いったん目が覚めたらもう眠ることができない」といった睡眠に関するトラブルを抱えている人が増えています。質の良い睡眠を取ることができないと、体内の免疫機能が弱くなって体調を崩しやすくなるだけでなく、メンタルにもネガティブな影響を及ぼします。また、仕事のクオリティーが低下してしまうリスクも大いにあるでしょう。こうした不眠の症状が起こる原因は複数あり、それぞれ対処法も異なります。

不眠の症状を引き起こす原因の1つは「強いストレス」です。仕事場で人間関係にトラブルを抱えていたり、家族の誰かが難しい病気を患っていたりという状況は、関係しているすべての人に強いストレスを感じさせます。あるいは、大切な誰かが亡くなったことに起因して、眠れなくなるという人も珍しくありません。こうした状況は長期間続くことが多いため、問題が解決してストレスの原因が無くなった後でも不眠の症状は継続してしまうことが多いのです。また、直接的な原因がなくても、将来に対する不安な気持ちなどがきっかけとなって不眠に繋がるということもあります。

不眠に繋がりやすい2つ目の要因は「体調不良」です。高血圧などの生活習慣病を患っていると眠りが浅くなる傾向にあります。また、特に血圧が高い人は睡眠時無呼吸症候群を発症することが多く、その結果寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりすることが多いのです。また、なかなか眠れないという症状を改善しようとして就寝直前に飲酒をすることも良くありません。アルコールを摂取することで眠りに入りやすくはなるものの、眠りそのものは非常に浅いため、2、3時間すると目が覚めてしまうことが多いのです。こうして質の良くない睡眠が続き、体内の免疫が弱くなってさらに体調が悪化するという悪循環になってしまいます。

不眠の症状を改善するうえで役立つポイントの1つは「睡眠前の習慣を改善すること」です。ベッドに入る前はできるだけゆっくりと過ごすことを心がけましょう。お気に入りの音楽をかけたり、アロマディフューザーを使ったりしてリラックスできる環境を作ることが大切です。また、就寝直前に覚醒効果のあるカフェインを含む飲料や、アルコールを摂取するのは控えるのが賢明です。ホットミルクやノンカフェインのハーブティーなどを選ぶと良いでしょう。加えて、ベッドへスマホやタブレットなどの端末を持ち込まないことも大切です。これにより、メールや着信音などが気になってせっかくの眠りが妨げられてしまうという事態を避けることができるでしょう。

「規則正しい生活を心がけること」も不眠の症状を改善するうえで助けとなります。就寝と起床の時間は毎日同じタイミングになるよう気を付けましょう。特に、何時間眠ったかに関わりなく、起床の時間を揃えることは助けになります。これにより、体内時計が徐々に調整されて、毎日決まった時間に休むというルーティーンが脳へインプットされていくので、より眠りに入りやすくなるはずです。また、朝起きたタイミングで可能であればカーテンを開けて直射日光を浴びるようにしましょう。これにより、睡眠と密接に関連している「メラトニン」というホルモンが活発に産生されて、しっかりと目覚めることができるようになります。

不眠を改善するうえで役立つ3つ目のポイントは「適度な運動を行うこと」です。ジョギングやスイミングなどを定期的に行って体に疲労を感じさせることで、脳は体に「休息を取りなさい」という指令を出すようになるので、睡眠の質は改善しやすくなるでしょう。もちろん、室内でできるストレッチやスクワットなどを行うだけでも一定の効果が期待できます。また、運動をして筋肉に刺激を与えると、成長ホルモンが活発に産生されます。この成長ホルモンが分泌されると、人体はより深い眠りであるノンレム睡眠に入りやすくなるのです。結果として、ぐっすりと気持ちよく眠ることができるようになるでしょう。加えて、有酸素運動を継続して行うことで、体脂肪の減少や血圧の低下という効果が期待できます。その結果、睡眠時無呼吸症候群などの症状が改善して、睡眠の質も良くなるでしょう。こうした理由から、不眠で悩んでいる人は、体調を考慮しつつ短時間でも運動を行うことが推奨されています。

しかし、生活スタイルの見直しや改善をしたものの、思うように不眠の症状が良くならないということは起こり得ます。寝つきは良くなったものの、夜中に何度も目が覚めてしまうという人も少なくありません。そんな時には、睡眠薬を活用するのも1つの方法です。通販サイト「テジャスメディシン」では、独自のルートで仕入れた高品質の睡眠薬を取り扱っています。申し込みから決済までとてもスムーズですから、不眠の症状を何とかしたいという人はぜひ問い合わせてをしてみましょう。
2021/03/08
不眠症だけではない!睡眠障害の種類について紹介
睡眠障害と言われると、不眠症をイメージする人もいるでしょう。眠りたくても眠れない状態ですが、睡眠障害は何も不眠症だけではありません。なかなか眠れない人は不眠症だと思っているかもしれませんが、実際には異なる症状だったということもあり得ます。

睡眠障害と言ってもいろいろなパターンがあります。まずはなかなか寝付けないという人です。ベッドに入ったはいいけれどもなかなか眠れない、眼が冴えてしまうなどです。一般的に、ベッドに入ってから30分以上眠れない状況が続いている人は入眠障害かもしれません。なかなか眠れず、それが苦痛になってしまう人も入眠障害の可能性があります。実は、不眠症を訴える人の中で最も多いのがこの障害です。緊張しているなど、何らかの不安があるときに入眠障害が起こりやすいと言われています。

中途覚醒という睡眠障害もあります。これは、眠れるは眠れるけれども、夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。しかも夜中に目が覚めてしまうと、そこから寝付くことができずに朝を迎えてしまって、寝不足の状態が慢性的になるわけです。これは、日本人の不眠症の中で最も多いと言われています。しかし、年齢が上になればなるほど起こるのは致し方ないと考えられます。加齢によって、眠りが浅くなってしまうからです。中高年から高齢者の方でこのような症状があれば、ある意味、仕方のないことと受け入れることも妥当です。

3つ目の症状は早朝覚醒です。眠るときに「よし明日は何時に起きよう」と思って、アラームなどをかける人も多いでしょう。ところが、予定していた起床時刻よりもかなり早く起きてしまう症状が早朝覚醒です。一般的に、予定よりも2時間以上も早く起きてしまうと早朝覚醒と言えます。こちらも加齢による症状の一種と考えられています。年齢を重ねると、体内時計のリズムがどんどん前倒しになると言われていますし、若かったころと比較して、夜遅くまで起きていられなくなる人が多いです。その結果、早寝早起きになってしまうのです。しかし、一部うつ病を原因として早朝覚醒してしまっている人もいるので、注意が必要です。

最後に、熟眠障害という睡眠障害があります。睡眠時間はたっぷりなのに、朝起きるのがつらい、日中ぼーっとした感じになる症状です。睡眠時間が長くても睡眠の質が悪いために起こります。つまり、ずっと浅い眠りのままなので、きちんと眠れていると本人は思っていますが、実際はきちんと眠れてはいないわけです。これは、病気の可能性があるので注意が必要です。

まずは睡眠時無呼吸症候群です。聞いたことがあるかもしれませんが、眠っているときに息が止まってしまって、きちんと眠れていない状態です。大きないびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群に罹患している可能性があります。もう一つは周期性四肢運動障害です。これは、眠っている間に無意識のうちに足がぴくぴくと動く症状です。いずれも眠っているときに起きるので、本人に自覚のないことが多いです。よく眠ったつもりなのに眠い、意識を失うような症状があれば、注意が必要です。

睡眠障害についてですが、決して珍しい病気ではありません。日本人で見ると、だいたい5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。だいたい20~30代から不眠症に悩まされている人が多いです。ですから、決してあなた一人が苦しんでいるわけではないということを理解しましょう。20代から症状を訴える人がいて、年齢を重ねるにつれ徐々に増えていきます。

ちなみに高齢者になると、朝早く起きてしまう、夜中何度も目覚めてしまうという人が多くなります。「睡眠障害の対応と治療ガイドライン」というデータによると、60歳以上で中途覚醒を訴える人は全体の22.6%、早朝覚醒は13.3%いました。さらに、入眠障害を抱えている人も9.7%いました。60歳以上になると、45%以上の人が何らかの睡眠障害を抱えている計算になります。20~30代の方でも、24%以上の方が何らかの睡眠障害を抱えています。ですから、一人で悩みを抱える必要はありません。

もしなかなか眠れずに苦しんでいるのであれば、睡眠薬を使うのも一つの方法です。睡眠薬を使うと、副作用があったり、手放せなくなったりするのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、睡眠薬は安全なものが多く、依存性もありません。特に入眠障害の場合、心因性のものが多いと言われています。なかなか眠れない経験を何度かして、「また今日も眠れないのでは?」と自分でプレッシャーをかけてしまうことで起きているパターンが多いです。睡眠薬を飲んでしっかり眠れれば、それが一種の成功体験になります。そして、薬なしでも眠れるようになるかもしれません。

睡眠薬は通販サイトでも購入可能です。テジャスメディシンは睡眠薬などを多数取り扱っているので、一度サイトをチェックしてみましょう。
2021/03/04
お風呂の入り方や枕の選び方など!快眠を得るための方法
誰もが快眠を望みますが、現実には熟睡できずに悩む人が多いです。そんなよく眠れなくてお悩みの方のために、快眠のためのポイントを考えてみましょう。

まず、快眠とはどんな状態なのか知っておくことが大切です。といっても難しいものではなく、言葉通り、快適な睡眠と捉えてよいでしょう。では、どんな睡眠が快適な睡眠なのでしょうか?それは、目が覚めた時にスキッと起き上がれるような状態です。時間の長さはたいして関係なく、起きた時に「快適に眠れたなー!」と気持ちよい感覚があればそれは快眠と言えます。

とはいえ、なかなかそんな快眠は体験できないという方が大多数でしょう。では、どんなポイントに気をつけて眠れば快眠が得られるのでしょうか?まず、眠りの仕組みを知っておくことが大切です。睡眠中は常に同じ状態ではなく、レム睡眠という浅い眠りとノンレム睡眠という深い眠りを一定の周期で交互に繰り返しています。快眠を得るにはノンレム睡眠の質が大切なのです。

質の良いノンレム睡眠を得る方法として、眠る前の入浴が挙げられます。帰宅が遅くなると、時間がなくてシャワーで済ませるという人もいますが、快眠のためには時間を取ってお風呂に浸かることが大切です。こうすることで体の芯から温まります。人が眠くなるのは、いったん温まった体の深部の温度が下がっていくタイミングです。シャワーでは体の深部まで温まらないので、快眠したいなら入浴が必須です。

入浴の他にも質の良いノンレム睡眠を得る方法があります。それはお使いの枕を見直すことです。枕にはさまざまな種類がありますが、今お使いの枕は本当にあなたに合っているでしょうか?実は、相性の悪い枕なのに、慣れているからといって使い続けている人がたくさんいます。自分と相性の悪い枕を使っていると、徐々に肩や首に負担がかかって凝りや痛みにつながってしまうのです。

一方、自分に適した枕を使うと、体に余計な負担がかかりません。寝ている間の姿勢を適切に保ち、睡眠の質を高めてくれます。なぜなら、自分に合った枕というものは、寝ている時の肩や首にかかる圧力を適度に分散してくれるからです。

ただ、人の寝姿勢というものは千差万別ですので、誰かが良いといった枕だからといって、必ずしもあなたに合うとは限りません。人それぞれ最適な枕が違います。ですので、枕を選ぶ時は、通販で購入するのではなく、実際に寝具店に行って寝心地を確かめてから購入するべきなのです。

とはいえ、店頭にはいろんな枕があるので、いろいろ試しているうちにどれがよいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。そこで、今度枕を買いに行く時は、以下のポイントを基準に選んでみてください。

まずは枕の高さです。枕によってさまざまな高さがありますが、人には適した高さというものが決まっています。人の身長や体型が異なるのと同じで、適した枕の高さも人によって異なるのです。

では、どうやって自分に適した枕の高さを知るのかですが、高さ自体より頭を載せた時の顔の角度に注目してください。寝姿勢の理想は、仰向けの状態で顔が5°ぐらい傾斜している状態とされています。まっすぐ上を向いているのではなく、心持ち下を向くような角度です。枕の高さが何センチなのかということより、顔がやや下向きに傾斜するかどうかに注目してみましょう。

次に、枕の感触です。枕にはさまざまな素材があるため、素材が異なれば当然横になった時の感触も全然違います。人によって眠りやすい枕の感触は異なるので、これも実際に試して選ぶべきでしょう。ここでは枕の素材のおもな種類を挙げておくので、これを参考に自分に適した特徴を持つ素材を選んでみましょう。

頭を載せるとゆっくり沈み込むような感触なのが、低反発ウレタンを素材とした枕です。点ではなく頭の重さを面で支えてくれるので、頭に余計な負担がかかりません。

逆に、頭を載せてもあまり沈み込まないのが高反発ウレタンの枕です。低反発ウレタンの枕は、頭に負担がかからない一方で、寝返りしづらいというデメリットがあります。その点、高反発ウレタンの枕なら寝返りがしやすいため、肩こり持ちの人におすすめです。

布団によく使われる羽毛や羽根を使った枕もあります。値段は高いですが、触り心地が上質でラグジュアリーな気分で眠れるのがメリットです。

枕の素材として定番なのがポリエステル綿です。クッション性が高く、頭を載せると首までやわらかくフィットします。洗濯機で洗える点もメリットです。

昔ながらのそば殻枕にもメリットがあります。通気性や吸湿性が高いため、寝汗を吸い取ってくれるのが特徴です。蒸し暑い夏場には重宝するでしょう。

快眠を得るための枕を紹介しましたが、枕だけで睡眠が改善されないのであれば、他の方法も試してみましょう。試したことがない人は、一度睡眠薬も試してみてください。睡眠薬に対して必要以上に恐れる必要はありません。適切に使えば快眠をサポートしてくれる便利なアイテムとなります。通販サイト「テジャスメディシン」で手軽に購入できるのでぜひ検討してみてください。
2021/03/01
質の良い睡眠を体に入れるための体内時計のリセットの方法
日本人は特に睡眠時間が短い国民だと言われています。厚生労働省の調べによると、5人に1人の割合で日本国民は睡眠に何らかの障害を持っているとのことです。また、睡眠時間が単に不足しているだけでなく、睡眠の質にも問題があると指摘されています。睡眠が悪いと、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの病気のリスクが高まるため、睡眠に関しては時間、質ともに見直す必要がありそうです。

先ほど日本人の睡眠時間は短いと述べましたが、正確には総務省の調べで、男性7時間49分、女性7時間36分というデータが出ています(平成23年「社会生活基本調査」より)。やや前の調査ですが、現在、男女ともにこれよりも長くなっているとは考えにくいでしょう。むしろさらに短くなっているのではないでしょうか。

経済協力開発機構(OECD)では、世界の主要各国の国民の睡眠時間を調査しています。それを見ると、日本人が際立って睡眠時間が短いことが明らかです。2011年のデータですが、たとえばアメリカ人の平均睡眠時間は男性が8時間29分、女性が8時間42分、イタリア人は男性8時間40分、女性8時間46分と、どちらも日本人よりかなり長いことがわかります。

ここで注目すべきなのが男女の睡眠時間の違いです。実は日本のように女性の方が男性より睡眠時間の短い国はほとんどありません。上の調査ではメキシコと韓国のみです。しかし、メキシコは男性8時間16分、女性8時間8分と男女とも8時間以上の睡眠時間を確保していますし、睡眠時間の少ない韓国でも、男性7時間52分、女性7時間42分と、男女とも日本人より長くなっています。

「睡眠時間が短くても、質の良い睡眠を取れていれば問題ないだろう?」と言いたい人がいるかもしれませんが、実際、質の良い睡眠を取れている人がどれだけいるでしょうか、疑問です。

ご存じかもしれませんが、人間は睡眠中にレム睡眠とノンレム睡眠を周期的に繰り返しています。レム睡眠とは浅い眠りのことで、身体は眠っていても脳は活動中です。もう一つのノンレム睡眠は深い眠りのことで、この間は脳も休息しています。つまり、脳もしっかり休ませるためにはノンレム睡眠の時間をしっかり確保しなければならないのです。

ところが、ノンレム睡眠には眠り始めから約3時間でようやく達するというように、短い睡眠時間では得られにくいという特徴があります。また、同じく就寝から3時間程度で成長ホルモンの分泌が活発になります。これも質の良い睡眠には欠かせません。脳をしっかり休ませ、成長ホルモンをしっかり分泌させるには、ある程度の睡眠時間を確保する必要があるのです。

「もう成長期じゃないから成長ホルモンなんて関係ないのでは?」という意見が聞こえそうです。ところが、成長期を過ぎた大人だからといって成長ホルモンが必要ないというわけではありません。成長ホルモンには、疲労回復や細胞の修復などの働きがあります。古い細胞を新しい細胞に入れ替えるのに必要なホルモンですので、これがしっかり分泌されないと皮膚や内臓がどんどん老化してしまうのです。寝起きに肌のコンディションが悪い方は、成長ホルモンがちゃんと分泌されていないことを疑ってください。

では、どうやって睡眠の質を高めればよいのでしょうか。まず、体内時計を毎日決まった時間にリセットすることです。体内時計が24時間ぴったりではないのはご存じでしょう。以前は25時間などと言われていたこともありましたが、24時間11分が体内時計の周期だというふうに最新の研究では言われています。つまり、人間は誰でも1日11分ずつ、地球の時間と体内時計がズレていっているのです。これを修正しないと、ズレはどんどん大きくなり、やがて昼夜逆転の生活になってしまいます。

体内時計のリセットには、朝目覚めた時に日光を浴びるのが最も効果的です。日光を浴びると体内時計が目覚めるのですが、体の内部にまで光が届いていないので、日光プラス朝食で体の内部から目覚めさせる必要があります。つまり、体内時計のリセットには、起きたらまずカーテンを開けて日光を浴び、あまり間を空けずに朝食にするのがよいということです。

質の良い睡眠のためには日中の過ごし方も大切です。ここでは夕食から就寝までの過ごし方に焦点を当てます。まず、夕食は就寝の3時間以上前に終わらせるようにしましょう。人はいったん上がった体温が下がるタイミングで眠くなるので、胃腸を休ませたら入浴することをおすすめします。シャワーではなくぬるめのお湯にしっかり浸かるのが効果的です。

最近では、睡眠の質を高める快眠グッズもいろいろあります。寝具やパジャマ、目覚まし時計など気になるものは試してみてはいかがでしょうか。もしそれでも睡眠に問題があるようなら、今度は睡眠薬の活用も検討してみましょう。睡眠薬を過度に恐れる必要はありません。もちろん濫用はおすすめしませんが、しっかり眠れるようになるまでは、睡眠改善のためにもっと気軽に生活に取り入れられてしかるべきものです。
2021/02/23
不眠症は心のケアと生活習慣の見直しと睡眠薬による3つのケアで対処しましょう!
日常生活から様々なストレスを抱え込んで、それらが原因で十分な睡眠がとれなくなっている方がたくさんいます。そのような状態が何日も何カ月も続くようなら、慢性的な不眠症となってしまうかもしれません。

ちなみに『眠ろうとしてもなかなか眠れない』とか「睡眠不足で生活に支障がでる』といった状態が3カ月以上も続いていれば、医師はこれを不眠症と判断して、不眠症治療を始めると言います。現代社会では、成人の30%以上・3人に1人が不眠症を患っているとあり、睡眠障害の治療で通院している人も少なくありません。

睡眠障害・不眠症は日頃からの心のメンテナンスが十分ではないためにおこる精神的な疾患で、精神的プレッシャーなどが神経系器官を緊張状態にしてしまうために生じます。ですから対処法としては、この緊張状態をほぐすようにします。そして神経系器官の緊張をやわらげるために、睡眠導入剤・睡眠薬や精神安定剤が処方されます。

もちろん、根本的に精神圧迫の原因やストレスのもとを解消しなければ完治することは難しいのですが、少なくとも薬の投与で症状を緩和させることができます。これで、生活がたちゆく程度までの睡眠を確保することはできるのです。その意味でも、とりあえず睡眠薬を利用して睡眠できる状態にします。睡眠が取れるようになれば体調も良くなっていきますので、ストレスや精神的プレッシャーに対抗する力(免疫力)もわいてくるでしょう。

睡眠障害の治療では、まず生活習慣の見直しから始めましょう。生活リズムを整えて、自然に睡眠に入れるような生活習慣をつけるようにサポートします。そして睡眠を邪魔する精神的ストレスやプレッシャーがどこにあるのか、カウンセリングをして問題解決の道も探ります。この治療レベルで睡眠がとれるようになるケースもありますが、複雑な理由・原因で不眠症になっている場合は簡単には治癒しないかもしれません。

そこで、いわゆる睡眠薬を利用して、薬の作用で睡眠に入れるようにケアします。現在使用されている睡眠薬は4種類、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬があります。これらはそれぞれ作用が異なりますから、自分の症状が何なのかを確認し、それに応じて薬を選ばなければなりません。

『友人からもらった睡眠薬が全然効果がなかった』という話がよく聞かれますが、それは友人と自分とでは症状に違いがあるからで、症状に合っていない睡眠薬を飲んだからにほかなりません。ここがもっと肝心なところでしょう。むやみに睡眠薬を服用しても無駄になってしまうことがあるのです。

それから、睡眠薬の服用には効果的な使用法があります。不眠の状態が軽度の場合は、『眠れない日が数日続いた』とか、『明日は大事な日なのでしっかり眠りたい』と、その時々で単発に服用するケースがあります。ですが、これでは効果が得にくいでしょう。睡眠薬は毎日連続して適量を服用し、不眠の症状が改善したのを確認してから徐々に減らしていくのがセオリーだとされています。ですから、突然服用してもすぐに効くとは限りませんし、いきなり服用をやめると症状が戻ってしまうこともあるのです。

また、睡眠薬の服用では、定期的に減薬したり休薬したりする必要もあります。先にも言いましたが、不眠症の症状が軽減されてきたら薬の量を減らすのが一般的です。また、平時に倦怠感やうつの症状が出ていないことも減薬のサインとなります。

減薬では少しずつ服用の量を少なくしていくのがポイントで、急に減らすと不眠症の症状がリバウンドしたり、逆に重篤化したりというリスクがあるので注意しなければなりません。それから、定期的に休薬して体調を整える必要もあります。これらのことは専門サイトの解説を読むなどしてしっかり判断するようにおすすめします。

なお不眠症の改善には、睡眠ができたという経験を積み重ねるのが重要です。自分はちゃんと寝られるという経験が、やがて安心感へと変わっていきます。反対に、眠れないという不安が残っているうちは、いくら睡眠薬で眠るようにしていても自然には睡眠ができません。

そこで不眠症を改善させるポイントですが、一つは規則正しく睡眠できる時間を確保すること。毎日同じ時間に布団に入って眠る体制を整える習慣をつけます。次に精神的ストレス・プレッシャーのもとを見つけて、原因を解消するように取り組みます。

この間はなかなか寝付けずに、不眠状態が頻繁に出てくるでしょう。そこで睡眠薬でとにかく十分な睡眠を確保して、体調を整えます。体力(とくに免疫力)を回復させ、疲労回復や緊張状態の緩和を睡眠薬でケアする感じです。このケアがうまくいけば、精神力や体力も回復していって、徐々に不眠が解消されることでしょう。

そこで、症状にあった睡眠薬が決まっている方などは、自分で睡眠薬の購入をしたいと望むことでしょう。通販サイト・テジャスメディシンでは、インドの良品質なジェネリック睡眠薬などが格安で提供されています。サイト内には役立つ情報もたくさん掲載されていて参考になります。不眠症でお悩みの方は、一度こちらのサイトをチェックしてみてください。
2021/02/19
睡眠薬を怖がらずに睡眠健康を得る心構え
眠りたいのに眠れない。それは毎日の生活を営んでいく上で、とてもつらいことですね。人間は深い眠りを得ることで明日への活力を得られるものですから、その睡眠を十二分に取れないことは、日々の疲労の回復も行えずに慢性的にエネルギーが足りていない状態とも言えますね。そして、そうした状態を表す「不眠症」という言葉がありますが、その定義はあいまいではないでしょうか。不眠症の定義は、本人に眠りたいという希望も意思もあるのに眠れない、または眠れない影響から日中の活動する時間帯に眠気が襲ってきて、生活習慣への支障がでているという状態が3カ月続くこととされています。もし不眠症であるとわかれば専門的な治療が必要ですが、まずは専門家から生活環境の改善および睡眠習慣を身に付ける指導が行われます。しかし、それで改善が見込めなければ、この段階で睡眠薬の服用が検討されることになるでしょう。

人間は知識があいまいではっきりしない物事には必然的に恐れを抱きます。知らないからこその疑いや勘繰りに基づく感情ですが、睡眠薬についても正確な知識がなければ「副作用があるのではないか」「健康に悪いのではないか」という負の印象を持つかもしれません。しかし、近年の睡眠薬は、より身近に使用することが可能で、安全性の高い4種類が主に使われています。脳の神経活動を抑えるベンゾジアゼピン系は、日本において長年使用されてきた実績と作用の持続時間の長さを選べるというメリットを持ち、ふらつきなどの副作用と使用を中断しにくいというデメリットも持ち合わせます。次に非ベンゾジアゼピン系は、不眠改善作用に特化し、そのふらつきなどを緩和しています。3つ目のメラトニン受容体作動薬は、睡眠時間が不規則な人の睡眠習慣の改善に効果があり、最新のオレキシン受容体拮抗薬は脳を目覚めさせるホルモンを抑えることで睡眠につなげる睡眠薬です。

もう一つ、睡眠薬について知っておくべきことは、その使用方法です。自分の不眠症が重度なのか軽度なのかによっても、その服用の頻度と量、服用を中止するタイミングまで、さまざまな要素によって変わってきますので注意が必要です。症状として、寝つきが悪く、いつまで経っても眠りが訪れないというタイプの場合は、睡眠薬の種類はより短時間に作用するものである必要があります。逆に寝つきは悪くないけれども、夜中に何度も目が覚めたり、起きる予定の時刻よりも数時間も早く目が覚めてしまい、二度寝ができない、または寝ているとは思うのに一向に熟睡したという実感を得られないという場合は、睡眠薬も長時間作用するタイプが向いていると考えられます。こうした違いに適切に対応するためにも、睡眠薬の種類と自分の症状を自覚して服用すべきなのです。もし、症状に合っていないタイプの睡眠薬を服用しても、得たい効果は得られずに、ふらつきなどの副作用のリスクだけを取ることになってしまいます。この観点からもう一点注意すべき点は、自分用に処方された睡眠薬を他の誰かとシェアしてはいけないという事です。仮に他の誰かが睡眠障害を抱えていたとしても、自分の症状と同じとは限りませんので、良かれと思って睡眠薬をあげても、合わなければただのリスクを負わせる行為となってしまいます。ですので、睡眠薬の譲渡という行為は、法律でもしっかりと禁止されているのです。

最近の睡眠薬は基本的には安全ですが、症状がしっかりと合っていない場合などには、注意力が散漫になったり、運動機能の低下が見られるなどの副作用が生じる可能性もあります。他にも日中に眠くなったり、ふらつきや頭痛がする、倦怠感があるという症状も見られます。こういう場合は、慣れるまでは我慢しようと思わずに、すぐにどういうタイプの睡眠薬が自分に向いているかをもう一度考えてみましょう。睡眠薬と睡眠健康について考える上では、とても大切なことです。本来は必要以上に怖がる必要のない睡眠薬も、無知からくる不必要な心配や不安が誤った結論を導きかねません。不眠の症状の改善に睡眠薬は安全かつ有効であるという前提を自ら壊してしまうことにつながりますので、自分の不眠の症状をしっかりと自覚し、最適な種類の睡眠薬を服用しましょう。

そして、こうした睡眠薬は、自分で購入することも可能です。一般的には、海外から個人輸入という形で購入しますが、初めての人や英語に苦手意識のある人にとっては少し難易度が高いかもしれません。そういった場合は、睡眠薬をはじめとする医薬品の個人輸入代行通販サイト「テジャスメディシン」がお勧めです。「テジャスメディシン」は、そうした個人輸入に関する面倒な手続きの全てを引き受けてくれます。長い実績と突出した口コミ評価を誇る輸入代行サイトですので、より安全に、より確実に海外からの定期的な購入を考えているのであれば最適なサービスを受けられるでしょう。
2021/02/15
毎日の睡眠で健康を手に入れよう!どうすれば良い?
毎日の睡眠は、私達の健康と大きな関係があります。睡眠時間は短い人もいれば長い人もいますし、グッスリ熟睡できる人もいれば、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう人もいるでしょう。健康的な体を手に入れるためには、どんな睡眠をどんな風に取るのが良いのでしょうか?

睡眠時間は、毎日どのぐらい確保するのが良いのでしょうか?世界各国で平均的な睡眠時間は異なりますが、日本は他の国と比べて、平均睡眠時間は短い傾向にあります。男性の平均睡眠時間は7時間41分で、女性はそれよりも短い7時間36分です。この時間は老若男女全ての年齢における平均で、働き盛りの年齢だと平均時間はもっと短くなります。30代から40代にかけては平均睡眠時間が最も短くなり、男性は7時間18分から24分程度、女性は6時間48分から7時間22分程度です。

睡眠は、短いよりも長い方が体の疲れが取れますし、目覚めもスッキリすることが多いです。しかし、長ければ必ずしも良い睡眠と言えるわけではありません。理想的な睡眠時間は毎日7時間程度と言われていて、この時間だけを見れば、睡眠不足な傾向にある日本人でも十分な睡眠時間を確保しているように見えます。しかし、睡眠時間が満足でも、必ずしも質の良い睡眠というわけではありません。睡眠の質は、睡眠時間と同じぐらい大切な要素です。それでは、睡眠の質を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか?

睡眠の質を高めるためには、いくつかの方法があります。1つ目は、睡眠の時間帯を見直すというものです。同じ7時間の睡眠時間を確保する場合でも、夜10時に就寝して翌朝5時に起きる人と、深夜1時に就寝して8時に起床する人とでは、目覚めた時のスッキリ感に大きな差があります。これは、眠っている時間帯には体内ではホルモンが分泌されるためです。夜10時から深夜2時にかけての4時間は疲労回復に効果的なホルモンが活発に分泌される時間帯なので、できるだけこの時間帯に熟睡していることがおすすめです。もしも、普段夜更かしをして仕事や趣味に没頭している人は、夜型の生活をやめて、早寝早起きに切り替えてみることをおすすめします。

2つ目は、規則正しい生活をするという方法です。毎日の就寝時間をできるだけ同じにするだけでなく、起床時間も規則正しくして、食事の時間やお風呂の時間を決めるということもまた、規則正しい生活につながります。生活を規則正しくすることで体内時計がそのリズムを記憶し、眠る時間になると脳から眠りのホルモンであるメラトニンが分泌されやすくなります。布団に入ると、自然にスッと入眠しやすくなるでしょう。

3つ目は、眠る際の環境づくりを工夫するという方法です。光や音をできるだけシャットアウトすることで、安眠しやすい環境を整えることができます。そのためには、遮光機能や遮音機能が付いたカーテンを使って、寝室をできるだけ暗く、静かにすると良いでしょう。また、シーツやパジャマは、寝ている間の汗をしっかり吸収してくれるコットン製を選ぶのがおすすめです。冷え性の人の中には靴下を履いて寝る人がいますが、体を締め付けるような靴下や厚着は、寝返りを打ちづらくなったり血行が悪くなったりする点で、あまりおすすめではありません。

生活習慣を工夫しても睡眠トラブルを抱えている人は、どうすれば良いのでしょうか?まずは体内環境やホルモンバランスを整えるサポートをするサプリメントを使ってみると良いでしょう。ただし、サプリメントはあくまでも栄養補助食品なので、必ずしも満足できる効果が出るわけではありません。それに、飲んでも効果を実感できるまでにかかる時間が異なります。さらに、慢性的な睡眠トラブルやストレスを抱えている人だと、効果を実感できない可能性もあります。

サプリメントでもダメならどうすればよいか分からないという人におすすめなのは、医薬品の睡眠導入剤や睡眠薬を使うという方法です。大きな効果が期待できる医薬品はドラッグストアなどで販売されているわけではないため、購入の際には海外からの個人輸入がおすすめです。体内に摂取する医薬品なので、海外からの輸入に対しては不安や抵抗がある人はいるでしょう。そのため、どの個人輸入サイトを利用するかはできるだけ慎重に、これまでたくさんの日本人ユーザーが利用していて満足度の高いサイトを選ぶと良いでしょう。

例えば、インドを拠点とするテジャスメディシンは、インド国内では医薬品の輸出業者として正規のライセンスを取得しているため、商品の品質では信頼できます。また、日本にもたくさんのユーザーがいて、これまでにたくさんの人が利用していますし、大満足という口コミもあります。取り扱っている睡眠薬の種類が豊富ですし、価格もリーズナブルなので、長期間服用を継続したい人にとっては、お財布のためにも魅力的な個人輸入サイトと言えるでしょう。
2021/02/08
眠れないことを気にすると眠れなくなる!改善のための方法とは
不眠に悩む人は、通院中の人はもちろん、潜在的な患者も含め数多くいるとみられています。軽度の状態を放置しておくと、悪化してしまいます。また、眠れないという症状を放置していると、体調に影響を及ぼす可能性があるうえ、日常生活に支障をきたす恐れがあります。まずは、「眠れない」という事実をきちんととらえて、睡眠改善を心がけていきましょう。【もしかしたら不眠?】というように、不眠症などと診断される以前の眠れない状態が気になる人に向けた改善方法は次の通りです。

まずは環境を見直しましょう。ワンルームマンションに住む方の中には、ベッドの上が居住空間という人も見られます。ベッドの上で食事をする、テレビを見るというように、日常生活の定位置となってしまっていることがあるようです。不眠を改善するためには、オンとオフを切り替えることが重要になってきます。ベッドの上は眠るだけの場所と位置づけ、起床後は必ずベッドから出ることを意識しましょう。一度ベッドから出たら、就寝時までベッドに入らないと決めることをおすすめします。

また、起床時はすぐにカーテンを開けること。朝の光を浴びれば体内時計がリセットされます。体内時計は1日25時間設定がなされています。眠りの状態がバラバラだと、毎日1時間ずつ覚醒の時間が遅くなっていく状態になってしまいます。結果、夜になると眠くならないという状態に陥ります。不眠症の場合、この体内時計が狂っている可能性も否めません。体内時計のリセットは、朝の光を浴びること以外にも、朝食を必ず食べることなどもかかわってきます。朝は食欲がないという時でも、おなかにたまりやすいポタージュスープなどを飲むなどの工夫をしていくと、「朝が来た」ということを体が認識しやすくなります。

このほか、軽い運動も必要です。疲労感は睡眠を促す大切な要素となります。慢性的に疲れている状態は逆に睡眠のリズムを妨げてしまう可能性がありますが、睡眠時間で疲労を回復させるように工夫をしていくと、深い眠りにつけるようになります。運動をするときは、競争やタイムトライアルというような、自分を追い込むようなものではなく、ヨガやピラティスというような深い呼吸を伴いながら体のストレッチをするものを取り入れていきましょう。深い呼吸は自律神経を整える力を持っています。不眠は自律神経の乱れも関係しているので、トリートメントしていくことが大切になります。

また、入眠儀式のクセ付けもしていくとよいでしょう。入眠儀式というと、幼い子供が眠り入るために必要なルーティーンと考えられていますが、大人にも入眠儀式が必要です。体に「これから眠るよ」という信号を出していくことで、体が眠りの態勢に入りやすくなります。
入眠儀式といっても、難しいものではありません。入浴は食事後、眠る少し前に浴室に入ることから始めましょう。湯船にぬるめのお湯を張り、ゆっくり時間をかけて入浴します。全身リラックスさせることで、眠りにつきやすくなります。また、これから眠りに入るためのトリガーを作ることも大切です。白湯をコップ1杯飲む、トイレに行くといった新しいルーティーンを作ることで、「これから眠ります」というスイッチをオンにできるメリットがあります。あとは決まった時間に必ずベッドに入り、部屋を暗くしましょう。

「眠れないことを気にすると眠れなくなる」と言われています。まさしくその通りで、不安が不安を呼んでしまうために、眠ることに恐怖心を抱いてしまうことが考えられています。ベッドに入り、部屋を暗くした後はスマホを見ることやパソコンでインターネットに接続することはNGです。時間つぶしに検索を始めてしまうと、不眠に関する検索をはじめてしまう可能性があります。また不安に陥って眠れなくなるという悪循環を招いてしまいます。また、スマホなどが放つ光が脳を刺激してしまうので、さらに眠れなくなるという可能性も生まれます。ベッドに入ったら、スマホなども持ち込まないことも大切です。

いろいろな改善策を取り入れても眠れない、日常生活に支障をきたしているという場合は、睡眠導入剤などを取り入れながら治療をしていくことも視野に入れる必要があります。一時的な不眠の症状が続く場合、耐性が付きにくいエスゾピクロンなどを1日1回就寝前に服用することをおすすめします。日本では、商品名「ルネスタ」で販売されているものと同じ成分ですので、安心して服用できるのではないでしょうか。

睡眠導入剤などは依存性が怖いという声も聞かれます。エスゾピクロンは、不眠症全般に適応があるだけではなく、長期間服用しても依存性は生まれません。服用後にベッドに入ることで、睡眠に対する不安がなくなります。落ち着いた気持ちで眠れるようになるので、朝の目覚めもすっきりします。まずは1回2mgのエスゾピクロンを飲み始めるとよいでしょう。先に挙げた生活改善を取り入れながら、1ヶ月ほど続けてみると状況が変わってくることでしょう。
2021/02/04
中間、長時間型の睡眠薬の特徴と効果について
睡眠薬には超短時間型、短時間型、中間、長時間作用型の種類がありますが、いずれも睡眠に問題を抱える方には心強い味方です。短時間型はデパスが有名で、先にご紹介した通りの効果を得やすい睡眠薬です。中間、長時間作用型はそれよりも効果が長めで、短時間型では効果が薄い状態の人の選択肢として適しています。

超短時間型、短時間型の特徴は似ています。必要に応じて選択することになります。超短時間型はハルシオン、短時間型はデパスが代表的な存在です。いずれも服用してから短い時間で効果が期待できる種類の睡眠薬です。超短時間型は入眠障害、短時間型は入眠障害と中途覚醒への効果が期待できます。

中間作用型は、「入眠までに障害がある(入眠障害)」「一度眠っても何度も覚醒する、早朝に目が覚めてしまう(中途覚醒・早朝覚醒)」といった睡眠障害があるときに利用を考えることが多い種類です。超短時間型や短時間型の睡眠薬よりも深い効果が考えられます。

また、安定して効果を感じるまでに多少の日数が必要になる性質があります。中間作用型の場合は4~5日ほど必要です。

長時間作用型は中間作用型と同じく、の前段階の型では効果が薄かった人が選択するタイプの睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に対する効果だけではなく、成分が血中に長くとどまるため、日中の不安感にも効果を発揮することがあります。

中間作用型もそうですが、長時間作用型は効果が出るまでに一定の日数を必要とします。おおむね1週間程度で効果の実感が期待できます。

中間作用型、長時間作用型は、超短時間型や短時間型と比較すると、「強い薬」という立ち位置になります。しかし、睡眠障害が起きている人にとって、速やかな入眠と一定時間の睡眠は非常に重要です。良い睡眠は良い生活に繋がります。睡眠に困難を抱えている人は、自分に適したタイプの薬を選択するべきです。

ただ、利用するときには作用型ごとの特徴を理解しておく必要があります。そのほうがより適切な使い方ができます。

中間作用型と長時間作用型は「持ち越し」と呼ばれる状態が出る可能性があります。起床後も薬が影響し、起きるのがつらい、起きても日中ぼうっとしてしまうなどの状態を指します。これには「半減期」というものが関係しています。

半減期とは血液中の薬の濃度が半分量になるまでの時間です。超短時間型のハルシオンは半減期まで2.9時間、短時間型のデパスは6.3時間になっています。

一方、中間作用型のエリミンは21時間、長時間作用型のベノジールは23.6時間です。いずれも超短時間型、短時間型よりずいぶん長いことが分かります。

半減期になっていない状態で起きると、つらい、ぼうっとするという「持ち越し」の状態が出やすくなることも中間作用型や長時間作用型の特徴です。特徴とライフスタイル、自分の睡眠障害がどの程度であるかをバランス良く考えた上で選択していく必要があります。

睡眠薬は症状や作用の違いで選択するものが異なります。最適な睡眠薬を選ぶのはなかなか難しいのですが、自分で判断しきれないと思ったときには専門家のアドバイスを受けることも大切です。

症状に適していないものを選んでしまうと、適切な睡眠健康を実現することができなくなってしまいます。入眠障害の状態、ほかにも中途覚醒や早朝覚醒、熟眠覚醒など、自分の症状を把握した上で選択と決定を行っていくべきです。

睡眠薬は頼りになる眠りのお供ですが、同時に睡眠のサポートをしてくれるものを生活に取り入れていくのも良い方法です。心をリラックスさせられるものあがれば、ナイトルーチンに取り入れてみると効果が期待できます。

今日も入眠できないのでは…中途覚醒や早朝覚醒をしてしまうのでは…という心配がストレスになり、余計に睡眠を妨げてしまっては、睡眠健康を得るまでさらに時間がかかってしまいます。

リラックス効果を感じるものは人それぞれです。穏やかな音楽や温かいお茶といったスタンダードなものから、自分なりの個性的なものもOKです。

かといって、もしも効果が感じられなくても落ち込まないように気を付ける必要があります。「効果がなかった!でもまあ、こんなものだよね!」と笑うくらいの気持ちで取り入れてみると、案外それがリラックスに導いてくれる可能性があります。

睡眠薬は半減期や症状で選択していきますが、どれも上手に使いこなせれば睡眠健康に近づける可能性があります。睡眠は人間にとってこの上なく必要なもので、眠れないことによってストレスを感じるのなら、早急に解決したほうが良い状態です。

そのサポートとして、睡眠薬を使うのは良い選択です。また、睡眠薬を使う前に精神安定剤を試してみる人もいます。安定した睡眠を手に入れたいと言う人に対して、今は多くの選択肢がある時代なのです。ぐっすり眠れる時間を楽しみに、自分に合った睡眠薬を探していきたいものです。
2021/02/01
ふつうの人がショートスリーパーに変身することは可能なのか?
毎晩しっかり睡眠を取れている人はどのぐらいいるでしょうか。誰でも健康維持のために十分な睡眠を取ることが大切であることは知っていますが、忙しい現代のビジネスパーソンは、なかなか思うように睡眠時間を確保することができないのではないでしょうか。しかし、睡眠不足で頑張っても何の益もありません。逆に、不足した睡眠は負債のように蓄積し、あなたの心身に悪影響を及ぼすことになるのです。

ところで、ときどき「自分はショートスリーパーなので3~4時間寝れば十分」という人がいます。こういう人は本当に存在するのでしょうか?さまざまな調査によると、実際、ショートスリーパーと呼ばれる1日3時間程度の睡眠で健康に過ごせる人は一定数存在するようです。一説には、その割合は5~10%と言われています。

逆に、1日10時間以上寝ないと調子が悪いという、ショートスリーパーとは逆のロングスリーパーの人もいます。その割合もショートスリーパーと同じぐらいなので、大多数の人はその中間の睡眠時間ということになります。

1日3時間程度の睡眠で健康に過ごすことができたら、これまで眠っていただけの時間を他の活動に生かせるのではないかと期待してしまいます。そのため、「自分もショートスリーパーになりたい」と思って努力している人もいますが、残念ながら努力や根性でふつうの人がショートスリーパーになるのは不可能なようです。

睡眠に関してはわからないこともまだ多いので絶対とは言えませんが、生まれつきショートスリーパーでない人が努力によってショートスリーパーに変身することは不可能だと考えられています。たとえば、カリフォルニア大学のフー・インスイ教授の研究グループの研究結果によると、ショートスリーパーの人は生まれつきそういう遺伝子を持っているから、短時間睡眠でも健康に活動できるのだとのことです。

つまり、変異したショートスリーパーの遺伝子を持っている人だけが、1日3時間程度の睡眠でも健康に問題なく元気に過ごせるということです。遺伝子が原因ですので、「両親はロングスリーパーなのに、その子どもはショートスリーパー」というようなことはありません。

ネット上ではときどき、「誰でもショートスリーパーを目指せる!」のような文句のセミナーや情報商材を見かけることがありますが、あまり鵜呑みにしない方がよいでしょう。ショートスリーパーの遺伝子を持っていない人が無理に短時間睡眠を続けると、健康に大きな害を及ぼすリスクがあります。

では、ショートスリーパーでない人は、何時間ぐらいが適切な睡眠時間なのでしょうか。これも個人差が大きいことなので確たることは言えません。ただ、同じ人でも年齢によって最適な睡眠時間が変わるということは言えるでしょう。

国立衛生研究所やアメリカ睡眠医学アカデミーなどの情報によると、推奨される睡眠時間は世代ごとに違います。それによると、たとえば17歳ぐらいまでのティーンエイジャーなら、8~10時間が最適な睡眠時間とのことです。大人の場合は、26歳から64歳までで7~9時間とされています。もしそれが難しい場合でも、最低6時間は眠るようにという注意付きです。

ところが、日本人の場合、実際の睡眠時間はこの推奨時間より大幅に足りていないことがわかっています。厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成30年)によると、成人で男性の36.1%、女性の39.6%が睡眠時間の平均が6時間を切っているとのことです。つまり、多くの日本人が圧倒的な睡眠不足ということになります。

日本人の4割近くが1日の睡眠時間が6時間以下ということですが、このうち、先に見たようにショートスリーパーがいくらかの割合を占めているのであれば、本当の睡眠不足の人はそれほど多くないという見方も可能です。ただ、先に述べた5~10%というショートスリーパーの割合は、実はそれほど信憑性がありません。単に実際の睡眠時間が短い(3~4時間程度)人の割合が5~10%とういことであって、遺伝的にショートスリーパーという人はもっとわずかではないかという説もあるのです。

アメリカの遺伝に関する研究機関によると、遺伝子の突然変異の確率は2.5万人に1人程度で起こると言われています。それを考えると、ショートスリーパーも遺伝子の変容が原因と考えられますから、ショートスリーパーの遺伝子を持つ人が人口の5~10%もいるとは考えにくいでしょう。

ただ、睡眠の研究はまだまだ途上の分野です。今後、新たな発見がされる可能性もありますし、遺伝子の性質を変えることができるようになって、そうではない人もショートスリーパーになれる日が来るかもしれません。ただ、現在のところ、無理して短時間睡眠を目指すのは健康に悪いばかりですので、自分が快適に過ごせる睡眠時間を確保するように努めましょう。

とは言え、現代の多くの人たちは睡眠に問題を抱えています。独力で質の良い睡眠を確保できないのであれば、睡眠薬等の力を借りることも検討してみてはいかがでしょうか。
2021/01/28
夜中に目が覚める…中途覚醒の原因と対処法
睡眠障害と言われると、なかなか寝付けない人をイメージする人も多いでしょう。しかし、寝入りについてはスムーズだけれども、夜中に目が覚めてしまう人もいます。夜中に目が覚めてしまうことを、医療の世界では「中途覚醒」と呼びます。夜中に目が覚めてしまうのにはいくつか原因があります。

まずは加齢です。年齢を重ねるにつれ、眠りが浅くなっていくと言われています。若いころと比較してよく眠れなくなった、朝早く目が覚めてしまうという人はいませんか?これは加齢現象の一つかもしれません。その他に、ストレスが関係している可能性があります。明日、入試や大事なプレゼンがあると、うまくいくか心配でしょう。このようなストレスを抱えていると、なかなか眠れない、寝れてもすぐに目が覚めてしまうことも起こります。ストレスというと、嫌なことがあるときに発生する心理状態というイメージがあるかもしれません。しかし、楽しいことに対するストレスもあります。例えば子供のころ、明日遠足だとわくわくして眠れなかった経験はありませんか?これも一種のストレスによる睡眠障害です。

あと、お酒を飲む人は、アルコールが中途覚醒の原因かもしれません。お酒を飲むと酔っぱらって、すぐに眠ってしまうでしょう。アルコールには寝つきをよくする半面、利尿作用があるので、夜中に尿意を催して目が覚めてしまうのです。アルコールを摂取すると、肝臓で分解・代謝されます。個人差がありますが、だいたいアルコールが代謝されるまでに3~4時間はかかります。ですから、お酒を飲んで眠っても、3~4時間後には尿意を催して目が覚めてしまう可能性が高いわけです。ちなみに、この利尿作用はお酒のほかにも、コーヒーや緑茶、紅茶にもあります。夜ぐっすり眠りたければ、このような飲み物を摂取するのは避けたほうがいいでしょう。

中途覚醒を起こさないようにするための対策はいろいろとあります。まずは睡眠サイクルを毎日できるだけ同じようにすることです。人間の体は規則正しいサイクルを刻むようにできています。そこで、まず起床時間を一定にしましょう。人間の体は目が冷めてから14~16時間経過すると、睡魔が襲ってくるようにできています。例えば、7時起床すれば14~16時間後、夜の9~11時になると眠気が襲ってくるはずです。これが毎日ばらばらの時間となると、睡魔がなかなか訪れにくくなります。よく、いつもは仕事で朝早く起きるけれども、休日には遅く起きようとする人もいるでしょう。しかし、あまり平日と休日で起床時間に差をつけるのは良くないことです。

一定の睡眠サイクルを作るためには、就寝時間も一定にすることも大事です。すると、私たちの体も「この時間になったら眠るのだな」と認識するようになります。何もしなくても、自然とその時間になると眠気が誘発されます。その結果、質の良い睡眠がとれるわけです。

眠る前にスマホやパソコン、テレビを見ている人はいませんか?これも中途覚醒を引き起こす要因の一つです。いずれも強い光を発する電子機器です。人間は、強い光を浴びると脳が覚醒するようにできています。寝つきが悪くなり、眠れても脳が覚醒しているので、夜中に目が覚めやすくなります。ですから、眠ろうと思ってベッドに入ったら、テレビやパソコン、スマホはできるだけ見ないように心がけましょう。部屋の明かりを薄暗くして、リラックスすることで眠りやすくなります。

深い眠りに入ってから中途覚醒しにくくするためには、体温を下げることが大事です。実は、私たちが眠気を催すのは、深部体温という体の内部の体温が下がるからです。そこでおすすめなのが、眠る前に入浴することです。しかもシャワーだけでなく、湯船につかって体の芯まで温めることです。すると、お風呂から出た直後は深部体温がかなり上がっています。深部体温は高くなると、元に戻ろうと急激に下がっていく傾向があります。この過程の中で眠気を呼び起こします。深部体温がいったん上がると、だいたい90分くらいかけて下がっていくと言われています。つまり、眠ろうと思っている時間の90分前に入浴を済ませておくと、その時間にちょうど眠気がマックスに達して寝つきも良くなりますし、熟睡しやすいので夜中に目の覚めることも少なくなります。

いろいろと対策を講じても、どうしても夜中に目が覚めてしまうというのであれば、そのほかの対策を講じる必要があります。特に、夜中に何度も目が覚めることで、日中急に睡魔が襲われる、意識を失うような状況であれば、深刻です。その場合には、睡眠薬や睡眠導入剤のしようも検討してみるといいでしょう。睡眠薬を使用すると、依存症のようなことになってしまうのではないかと心配している人もいるでしょう。しかし、睡眠薬には依存性のないことは実証されています。睡眠障害に陥っているのであれば、睡眠薬の活用も検討してみる価値はあります。睡眠薬を使って深い眠りにつけるようになれば、徐々に正しく減らしていくことで、依存する心配もありません。
2021/01/25
睡眠薬が効かない…それは飲み方に問題があるから?
不眠症など、睡眠障害を抱えている人の中には、睡眠薬を服用している方もいるでしょう。しかし、時折「睡眠薬を服用しているけれども効かない」という話も聞かれます。睡眠薬が自分に合っていないと思っているかもしれませんが、実は服用方法が正しくないから効いていない可能性もあります。

睡眠薬を飲むタイミングは就寝前です。だいたい睡眠薬の多くは服用してから30分から1時間も経過すると、成分の血中濃度が高まります。このタイミングを逃してしまうと、結局寝つきが悪いままになってしまうのです。例えば、確実にベッドに入ってすぐ眠りたいと思っている人は、これよりももっと前に服用している人もいるかもしれません。しかし、そうなると就寝するころにはせっかくの睡眠薬の効果が薄まってしまっているのです。また、薬なしでベッドに入ったけれども眠れない、だから睡眠薬を服用した、でもすぐに効果が現れないのでますます脳が覚醒して眠れなくなる、といった負のスパイラルにはまってしまうことも考えられます。

また、血中濃度が高まる30分から1時間というのは、万人に当てはまるわけではなく、個人差があって、より早いタイミングで血中濃度が上がってしまう人も一部にはいます。就寝する30分から1時間前に睡眠薬を服用して、就寝前に何か活動しようと思ったら早く効果が出てしまって、意識障害を起こし、転倒するといったことも考えられます。ですから、睡眠薬を服用したら、他の活動は控えたほうがいいでしょう。

中には、昼寝など仮眠をとる時に睡眠薬を服用したいと思っている人もいるでしょう。しかし、そのタイミングで睡眠薬を服用するのは望ましくないと言われています。ちょっと仮眠をとるために睡眠薬を服用すると、薬の種類によっては、起きても眠気の残っている可能性があります。いつもよりも早い時刻で眠りたくて睡眠薬を服用すると、無理やり入眠に導く形になってしまいます。その結果、「眠気はあるけれども眠れない」「眠ることはできても夜中に目が覚めてしまって、そこから眠れなくなる」といったトラブルが起こりやすくなります。

睡眠薬を服用するにあたって絶対に忘れてはならないのは、決められた用量・用法を守るということです。よく聞くのは、通常の量では眠れないので勝手に用量を増やしてしまうというものです。睡眠薬を飲んで眠ったけれども寝付けないので、あとからもう1錠、睡眠薬を追加して飲んだという人もいるでしょう。しかし、このような飲み方は非常に危険です。用量が増えると、成分の血中濃度が必要以上に急激に高まります。すると、呼吸抑制や記憶障害、意識障害を引き起こすこともあり得ます。最悪の場合、死に至ることもゼロではありません。眠れないからと言って、あとになって睡眠薬を追加して飲むと、朝起きた時にまだ睡眠薬が効いている状態になる恐れもあります。薬が効かないからと言って、自己判断で勝手に飲む量を増やすのは避けるべきです。

中には、睡眠薬とお酒を一緒に飲んでしまう人もいるようです。アルコールにも睡魔を催す効果があるので眠りやすくなりそうですが、アルコールと睡眠薬の組み合わせも危険です。特に、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系のような鎮静型睡眠薬と呼ばれる種類とお酒を一緒に飲んでしまうと、作用の仕組みが似ているので、より大きな効果が現れます。必要以上に神経に作用してしまうので、副作用の危険性が高まってしまいますから、お酒と一緒に服用するのはやめてください。

睡眠薬を飲みたいけれども、依存症になってしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。睡眠薬をひとたび飲み始めると、ずっと飲み続けなければならないというのは単なる誤解です。眠れるようになれば睡眠薬を飲み続ける必要がないですし、睡眠薬なしでも入眠できるようになります。しかし、中には眠れるようになったからと自分勝手に睡眠薬の服用をやめてしまう人もいます。突然、睡眠薬をパタッとやめてしまうと、依存性を高める結果になりかねません。服用前よりもさらに不眠が強まってしまうこともあり得ます。素人が勝手に判断して薬の服用を止めるのは避けたほうがいいです。

睡眠薬は通販サイトでも取り扱っていて、ネットを使って簡単に注文できます。睡眠薬通販サイトを探しているのであれば、テジャスメディシンを利用するのがおすすめです。テジャスメディシンはいろいろな睡眠薬を取り扱っているので、自分にぴったりの薬の見つかる可能性も高いです。テジャスメディシンで取り扱っている薬は、いずれもインド国内で正規に取り扱われている医薬品ばかりです。副作用の危険性も低く、安心して服用できます。しかもリーズナブルな価格で販売しているので、お財布の中身を気にすることなく購入できるのもメリットの一つです。睡眠薬を購入するなら、まずはテジャスメディシンをチェックしましょう。
2021/01/22
【睡眠薬の活用法】睡眠不足がもたらす健康への影響
睡眠不足は、単に疲労の蓄積や仕事・学業の能率の低下だけにとどまりません。慢性化すると、心身の健康に深刻な被害をもたらしてしまう可能性もあります。たかが寝不足、されど寝不足、ふさわしくない睡眠環境が知らず知らずのうちにあなたの健康を蝕んでしまっている可能性もあるのです。そういう意味では、現代人は睡眠健康について、もっと意識して改善に取り組む必要があると言えるのかも知れません。

睡眠不足や睡眠環境の乱れがもたらす健康への影響に関しては、大きく2つのタイプに分けることができます。もともと健康に問題があるために睡眠環境が乱れてしまうケースと、睡眠不足が健康に問題をもたらしてしまうケースです。厄介なのは前者の影響で睡眠不足に陥ったあげく、後者の問題を抱えてしまう可能性も出てくる点です。

前者の筆頭として挙げられるのが睡眠時無呼吸症候群です。メディアなどでも取り上げられたのでご存じの方も多いと思いますが、睡眠中に喉にある気道がふさがってしまうことで、一時的に呼吸が止まってしまう状態を言います。

1回につき無呼吸に陥る時間は10~20秒程度が一般的ですが、それが就寝中に何度も繰り返されることで、心拍数の増加、血圧の上昇といった問題を引き起こすとともに、熟睡の妨げになってしまうことで睡眠不足になり、さらには質の高い睡眠の妨げになってしまうのです。

一方、後者のケースも気になります。日頃、食生活などで健康に留意しているにもかかわらず、睡眠環境の影響で病気になるリスクを抱えてしまっているのではないか?そんな不安がつきまとう方もいるはずです。

後者のパターンで厄介なのが、睡眠不足がもたらす免疫の低下です。これは単に風邪やウイルス性疾患にかかりやすいだけの問題ではありません。血行が悪化し、腎臓の体内の老廃物をろ過して排出を促す機能に影響を及ぼします。

そんな状況が蓄積していくことで、ある日心筋梗塞や脳梗塞が急に発生したり、狭心症やむくみ、頻尿といった問題を抱えてしまうこともあります。体内の老廃物や不要物がうまく排出されないと疲労が蓄積しやすくなります。「最近なかなか疲れがとれない」と感じている方は、単に睡眠不足によるものだけでなく、こうした睡眠不足がもたらす体内の問題も潜んでいるのかもしれません。

もうひとつ、現代社会において注意したいのがうつ病との関係です。うつ病の症状として不眠・睡眠障害が現れやすい一方、不眠がますますうつを悪化させてしまう面もあるのです。ストレスや不安定な精神状態が自律神経を乱して脳がリラックスする環境を阻害してしまうと睡眠不足に陥り、うまく睡眠が取れないことで脳も含めた心身の疲労を回復できず、ストレスの解消や精神の安定の回復ができないといった問題が出てきます。

仕事でストレスを感じて不眠になってしまい、疲労とストレスを解消できずに仕事の能率が低下してしまうと、ますますストレスが蓄積して睡眠障害が慢性化します。その結果、うつ病になってしまったり、就寝時にアルコールに頼ってしまったり、といった状態に陥ってしまいかねません。

こうした睡眠健康の悪化を予防・改善するためには、なによりも睡眠をしっかりとれる環境づくりが欠かせません。ですが、忙しく不規則になりやすい生活、ストレスの蓄積を一気に解消して、質の高い睡眠を手に入れるのは難しいものです。そんな時には睡眠薬の導入も検討してみましょう。

なかなか眠れず、眠れない原因を解消するのが難しい環境では、いつまで経っても改善されない恐れがあります。いろいろな対策をしても結果が出ないことそのものが、ストレスの原因になってしまうケースも出てくるでしょう。だったら、まず睡眠薬で確実に眠れる環境を取り入れ、まずぐっすり眠ることで心身の疲労を回復しましょう。これもひとつの対策方法になるはずです。

もちろん、睡眠薬に頼り切りではよくありませんが、睡眠薬で深い眠りを導入することで心身の疲労の回復を図り、ストレス解消や仕事の能率アップに結びつけることができれば、不眠の原因を少しずつ取り除いていくこともできるでしょう。そして、最終的には睡眠薬を使わなくても質の高い睡眠を得られる環境を手に入れるのが理想です。睡眠薬は、そんなステップアップの第一歩になるでしょう。

睡眠薬を入手するには個人輸入代行業者の利用がおすすめです。例えば、デジャスメディシンでは海外製のジェネリック医薬品の睡眠薬がラインナップされており、決して高くはない価格で入手することができます。しかも即効性に優れたものから依存症や耐性の低下といったリスクが少ないものまで、特徴や目的に合わせて通販感覚で選んでいくことができます。

眠れない悩みはとてもつらいもので、それが慢性化してしまうと精神面への影響も避けられません。心身両面の睡眠健康の改善のために、睡眠薬の導入を検討してみませんか。そして、脳を活性化させてしまう就寝前のカフェインの摂取やスマホ・パソコンの利用を避けるといった日常生活での対策も並行しつつ、規則正しい生活を実行していきましょう。
2021/01/18
睡眠健康を向上させよう~睡眠薬の導入も一考
睡眠薬は思ったように眠れない時に使用する薬、とのイメージが強いものです。こうした薬が必要とされているということは、睡眠の悩みを抱えている人が現代には非常に多いことを示していると言えるでしょう。

現代は睡眠環境が乱れやすいと言われています。忙しい生活の中で睡眠時間を確保できない、仕事などの都合で睡眠環境が乱れやすい、さらには夜遅くまで外食をしたり、パソコンやスマホをしたりなどで夜ふかしする、といった理由からです。こうした睡眠環境の問題が、健康に大きな影響を及ぼしてしまっていることも少なくありません。現代人にはこれまでになく、睡眠健康が求められていると言えるでしょう。

睡眠障害とは、簡単に言えば「睡眠を十分に確保できないことで生じる健康上の問題」です。多くの方は、睡眠不足の問題と言えば、疲れが抜けない、集中力が乱れる、頭痛に悩まされるといった、わかりやすい症状を思い浮かべるのではないでしょうか?仕事が忙しくて睡眠不足になり、そのせいで仕事に集中できず能率が落ちてしまう、それが仕事の時間を長くしてますます睡眠不足をもたらしてしまう…そんな悪循環に陥ってしまっている方もいらっしゃるはずです。また、睡眠不足が慢性化した結果、特に病気を抱えているわけではないのに、いつも「なんとなく調子が悪い」という、いわゆる「未病」の状態の方も多いと言われています。

このように、睡眠環境の悪化がもたらす睡眠健康への影響は、自覚しやすい部分と「なんとなく調子が悪い」程度で自覚するのが難しい部分があります。おそらく睡眠不足が慢性化している方は、本人が思っている以上に睡眠健康が損なわれており、体の内部でいろいろな問題が進行している可能性があります。

こうした知らず知らずのうちに進行する睡眠障害の問題として、よく挙げられるのが高血圧や動脈硬化、さらに糖尿病などです。現代人に増えている生活習慣病の悩みは運動不足や食生活の乱れが原因としてよく指摘されますが、実は睡眠環境の問題が潜んでいる可能性もあるわけです。

そうなると、睡眠環境をどう改善するのかが、私たちが健康を維持する上でとても重要な意味を持ってくると言えるでしょう。そもそも睡眠不足で疲労が蓄積している状態では、運動するのは難しいです。健康的な体づくりの土台として、睡眠環境の改善が欠かせないのです。

しかし、わかっていても難しいのが現状です。例えば、よく言われるのが「できるだけ毎日同じ時間に就寝・起床して、睡眠環境のリズムを整えること」ですが、残業続きなどで生活が不規則になっている場合には、やりたくてもなかなかできないものです。睡眠時間の確保もなかなか難しい、という方も多いでしょう。日本人の平均的な睡眠時間は、欧米諸国に比べると短めの水準にあり、それが健康にマイナスの影響を及ぼしてしまっている可能性も指摘されています。

このように、現代の日本人は、そもそも睡眠健康を維持するのが難しい環境で暮らしていると言えます。そんな中でどうやって睡眠健康を改善・維持していくことができるのでしょうか?

まず重要なポイントとなるのが睡眠の「質」です。長く眠ればよいというわけではなく、限られた時間のなかでぐっすりと深い眠りにつくことができるかです。睡眠障害をかかえていると、ベッドに入ってもなかなか寝つけず、眠りについたと思うと夜中に途中で起きてしまう、といった状態に陥りがちです。これでは、睡眠時間そのものを確保できたとしても睡眠健康の向上には結びつきません。

睡眠は、眠りの浅い「レム睡眠」と深い「ノンレム睡眠」のサイクルによって成り立っているとよく言われます。このサイクルをうまく取り入れられるかが、質のよい睡眠を取るための鍵と言えるでしょう。

その対策としてよく挙げられるのが、睡眠前に脳を刺激しない、心地よい疲労を感じる程度の適度な運動をする、あるいは就寝前に心身のリラックスを心がけるなどです。しかし、生活環境によってはこれらを毎日実践するのは難しいという方もいるはずです。そんな時には睡眠薬の導入も検討してみましょう。

睡眠薬というと、不安を感じる方もいらっしゃるかも知れません。それは「安易に睡眠を導入する薬」という世間のイメージが強いからでしょう。睡眠障害に悩まされている人を深い睡眠へと導く作用を備えています。単に眠らせるだけでなく、質の高い睡眠をもたらす面も持ち合わせているわけです。

「薬は不健康」とのイメージはいったん脇において、睡眠薬に頼り切るのではなく、あくまで健康維持の手段としてうまく活用する…そんな姿勢で睡眠薬を導入すれば、睡眠環境だけでなく、睡眠健康を向上させるのにも役立てることができるでしょう。睡眠薬でよい睡眠を取れれば疲労を回復することもできますし、仕事の能率アップにより残業が減少、睡眠時間が確保できます。さらには適度な運動を取り入れることができるようになり、自分で深い睡眠を確保できる環境づくりにも役立つでしょう。睡眠薬をうまく活用することで、睡眠薬に頼らない睡眠環境を手に入れることも可能になるはずです。
2021/01/14
不眠症はなぜ起こる?健康にどんな影響が出るの?
「夜中に何度も目が覚めてしまう」「ベッドに入ってもなかなか寝付けない」といった悩みを抱えている人は非常に多くなっています。こうした症状は「睡眠障害」もしくは「不眠症」と呼ばれるもので、慢性的になってしまうとフィジカルだけでなく、メンタルの健康も損なってしまうリスクが高まります。実際、慢性的な不眠が原因で集中力や意欲が低下したり、食欲不振になったりするというケースは珍しくありません。ですから、原因を知って、必要な対策を講じることが不可欠です。

不眠症を引き起こす原因には様々なものがあります。1つ目としては「強いストレスを感じていること」が挙げられるでしょう。ビジネスパーソンであれば、仕事の締め切りが迫っていたり、重要な商談が佳境に入っていたりすると、そのことで強いストレスを感じて、思うように寝付けなくなるということが起こり得ます。また、人間関係でトラブルを抱えていたり、家族の成員が重い病気や高齢のために介護を必要としていたりといった状況も、不眠症のきっかけとなり得るでしょう。特に、ストレスの原因となっている事柄が短期間で解決する見通しが立っていないというケースでは、慢性的な不眠になってしまうことが多いのです。

2つ目の要因としては「体調不良」が考えられます。例えば、高血圧が原因となって無呼吸症候群を発症していたり、腎臓の疾患で頻尿になっていたりすると、夜中に目覚めてしまうことが多いでしょう。痛みやかゆみを伴う疾患を抱えている人も、苦しさに耐えかねて目が覚めてしまうということが起こり得ます。また、体内でメラトニンと呼ばれるホルモンの働きが乱れると、眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりすることが知られています。加えて、うつ病を患っている人も不眠症になることが少なくありません。

不眠症につながる3つ目のファクターとしては「不規則な生活による体内時計の乱れ」が挙げられます。2交代や3交代の仕事をしている人は、就寝する時間が不規則になるため、眠りたいと思ったタイミングで眠ることができないというケースが見られます。こうしたケースでは、職場の上司へ正直に状況を相談して、勤務時間を固定してもらうのが最善でしょう。生活が不規則になりやすいという点では、FXトレードをしている人なども同様です。眠る時間が毎日決まっていないため、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、往々にして睡眠障害を抱えることになってしまいます。

不眠症の改善を図るためには、生活リズムを整えることが不可欠です。例えば、毎朝決まった時間に起きて、日光を浴びるのはとても良い方法です。これにより、自律神経の働きが安定するので、「朝起きて夜眠る」という信号をきちんと出してくれるようになります。また、日中はしっかりと体を動かすようにしましょう。体を動かすことが好きなら、スポーツジムで汗を流すというのも効果的です。そうして疲労感を覚えると、脳は体に対して休息が必要という信号を発してくれます。

夜は眠る前にゆっくりとした時間を確保することを心がけましょう。半身浴などで体を十分にリラックスさせることは大切です。また、寝室にアロマディフューザーを設置して好きな香りを楽しんだり、リラックスできる音楽をかけたりするのも良いでしょう。入浴してから30分ほどすると、上昇した体温がゆっくりと下がっていきます。このタイミングでベッドに入ると、心地よく眠ることができるでしょう。

睡眠導入剤としてアルコールを飲む人は少なくありません。確かに、アルコールを摂取することで一時的に眠りやすくなるのは事実です。とはいえ、その効果は2、3時間程度で、その後は眠りが浅くなってしまいます。また、アルコールには利尿作用があるため、大量に摂取すると夜中にトイレへ行きたくなってしまうことでしょう。ですから、夕食時にリラックス効果を得るためにアルコールを少量摂取するのは問題ないものの、就寝直前に大量のお酒を飲むというのは避けるのが賢明です。

スマートフォンやタブレットをベッドへ持ち込まないことも大切です。こうした端末のディスプレイから出るブルーライトは脳を覚醒させてしまうので、睡眠導入の妨げとなってしまいます。また、メールやSNSが気になってしまい、それがストレスとなって眠りが浅くなってしまうという人も珍しくありません。ですから、スマートフォンなどは音が聞こえないモードにしておき、就寝時は他の部屋で保管しておきましょう。

生活スタイルの見直しなどを行っても睡眠の質がなかなか改善しないため、睡眠導入剤や精神安定剤などの医薬品を使うことにしたという人は少なくありません。通販サイト「テジャスメディシン」では、睡眠導入剤などを始めとして数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。サイト内にはそれぞれに関する分かりやすい説明もあるので、自分に合ったものを選びやすいでしょう。不眠症のお悩みを持っているならぜひ活用してください。
2021/01/01
悪いイメージを払拭!適切に使用すれば、睡眠薬は怖くない
睡眠薬と聞いて「怖い」というネガティブなイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。しかし、睡眠薬は決して怖い薬ではありません。

睡眠薬を服用する主な原因は、主に睡眠障害の改善のためです。現在広まっている市販の睡眠薬は、安全で誰でも比較的簡単に手に入りやすくなっています。それだけ睡眠薬を常時求める人も多くなったという証でもあります。

では、そもそも「怖い」というイメージはどのようなことから「怖い」と思われているのでしょうか。この「怖い」のメカニズムを知っていれば、逆に「怖くない」存在になりますので、是非知っておいてください。

睡眠薬の悪いイメージとして、「副作用が強そう」「体に悪影響が出そう」「睡眠薬を一度でも服用すると、ずっと飲んでいないといけない」「体が睡眠薬に慣れるため、どんどん飲む量が増えそう」などがあります。

「副作用」に関しましては、そもそも睡眠薬は読んで字のごとく、「睡眠を促す薬」です。効果として眠気を発生させ、身体を睡眠状態にすることが目的とされています。つまり、「体を眠らせるために脳の働きを抑え、注意力、集中力の低下させる」「身体の動きを抑えるため、運動機能を低下させる」などの影響が出てきます。これらの影響が副作用と言え、睡眠薬を飲むと頭がふらふらしたり、上手く体が動かなくなったりするといったネガティブ要素へ繋がっていると言われています。

あくまで身体を眠らせるために出てくる状態のため、そこまで問題視する程のことではありません。しかし、注意しないといけないことは、睡眠薬を服用すると注意力、集中力、運動機能が低下するとわかっているにも関わらず、車の運転をしようとしたり、外出しようとしたりすることです。よく車の運転事故で運転手が睡眠薬を服用していたなどの報道が流れますが、これらの事故の場合、運転手が誤った服用方法をしているから起きてしまった事故なのです。睡眠薬を服用した場合は飲んだ後の行動も制限する必要がありますので、車の運転や外出を控えたり、何時でも眠れるように準備したりなど、危険を避けるよう注意してください。

次に「体への悪影響」ですが、これも副作用と同じように、あらゆる力が低下していくため、悪影響が出たと勘違いされているパターンです。更に言いますと、倦怠感や脱力感を感じることにもなりますが、これらの状態も体を眠らせようとしていることの現れで、正しい睡眠薬の効果ですので、問題になることはありません。しかし、人によっては睡眠薬を服用すると、頭痛や吐き気を訴える人もいます。その場合は、すぐに医者や薬剤師と相談してください。身体に合わない睡眠薬を服用した可能性があるため、どの睡眠薬を服用したかをきちんと報告し、自分に合った睡眠薬を処方してもらいましょう。

また、「睡眠薬を一度服用すると、ずっと飲まないといけない」ということはありません。睡眠薬は睡眠障害の改善を図るための医薬品です。睡眠障害が改善した場合、それ以降の服用する必要はありません。もちろん、一度服用を辞めてしまって、また睡眠障害が発生する場合もあります。その際は再び睡眠薬を服用することになりますが、何度も同じようなことが繰り返されるようであれば、現在服用している薬の使用を止め、別の薬を試すか、専門家への相談も選択肢に入れてください。
なお、睡眠薬の服用を止めて一時的に睡眠障害が改善される場合もありますが、個人差があるため全く改善されない場合もあります。少しでも早い改善を希望される場合、専門家に聴いてみましょう。

「だんだん睡眠薬の量を増やさないといけない」ということに関しましても、間違った認識となります。現在市販されている睡眠薬は安全性も効果も高く、身体に耐性がつくようなことはありません。以前の睡眠薬は多くが「バルビツール酸系睡眠薬」等で、こちらは繰り返し使用することで、薬の効き目が減少したり、依存性が多少あったりと問題となっていました。しかし、現在では「ベンゾジアゼピン系」や「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」等の睡眠薬が主流のため、効き目が減少することも、依存性が出ることもなくなりましたので、安心してください。むしろ睡眠障害の改善のため、一度睡眠薬を服用したら、だんだんと服用回数や量を控えるように言われています。

このように、昔から言われている悪いイメージは、実際のところ、現在ではほとんどなくなりなりました。しかし、睡眠薬はあくまでも薬です。眠れないからといって大量に摂取したり、中途半端な知識で服用を続けてしまったりすると、身体に悪い影響が出る可能性があります。これは睡眠薬に限らず、全ての薬に言えることなので、間違った服用方法は絶対にしないようにしてください。

睡眠薬は正しく服用すれば睡眠障害の改善へと繋がり、日常生活をスムーズに暮らしていける手助けをする医薬品です。服用の際は正しい知識を覚え、正しく服用するようにしましょう。
2020/12/28
睡眠薬には「睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」がある!その違いとは
夜ぐっすりと眠りたいのに眠れない…と感じている人は、実は多いです。日本人の割合から言いますと、なんと5~6人に1人の割合で、眠れない、眠りにくい等の何らかの睡眠障害を患っていると言われています。

そんな睡眠障害に悩んでいる人の心強い味方に「睡眠薬」がありますが、実は睡眠薬には2種類のパターンがあります。通常、皆さんが知っているのは「睡眠薬・睡眠導入剤」で、もう一つはあまり聞きなれないと思われる「睡眠改善薬」になります。

「睡眠薬・睡眠導入剤」は医療用医薬品です。通常では入手する事はできません。「睡眠改善薬」はOTC医薬品(一般用医薬品)と言われており、こちらはお近くの薬局やドラッグストアで、誰でも何時でも購入することができる医薬品となります。

睡眠薬・睡眠導入剤は慢性的な不眠症状の際に服用する強めの医薬品です。具体的な効果として、脳の機能を低下させ、神経活動を抑えることで睡眠作用をもたらします。脳の機能が低下すると、自然と身体が「疲れた」状態に近くなります。そこで、身体を休ませるため、強制的に眠ろうと働きかけます。この強制的に眠ろうとする作用が、薬が強い証拠にもなります。

一方、睡眠改善薬は一時的な不眠症状の際に使用することを目的としており、比較的薬の成分としても弱く、効果もゆるやかで、自然に近い眠りへと導いてくれます。具体的な作用として、普段から自然と人は疲れたり、身体が休みたいと思うと、脳から睡眠と覚醒に関係する物質へ信号が送られ、睡眠と起床の調整を行います。その睡眠と起床を司る物質に対して薬が作用し、自然と睡眠状態の方向へシフトさせます。この働きは身体に本来備え付けられている「眠気」を徐々に強めていく働きになるため、強い薬の作用ではなく、弱くて継続的な薬の作用となります。

この睡眠改善薬は一時的な不眠症状ではない場合にも服用でき、例えば普通に生活している場合でも、明日のために早めに寝たい場合などで服用することも可能です。他にも、普段から寝つきが悪い場合や眠りが浅くて何度も起きてしまう場合などにも効果があります。

生理的な物質に作用する睡眠改善薬ですが、良い点として、依存性が極めて少ないと言われています。何度も服用しないといけない…ということはないでしょう。逆に悪い点を言いますと、睡眠薬と違い、強くないため、効果に個人差が出てしまったり、副作用に関しても人によっては軽いものから酷いものまで、幅広く出てしまう恐れがあることが挙げらます。一般的なドラッグストアやネットショッピングでも購入でき、簡単にお試しできてしまうので、薬の種類や成分、服用方法によっては効果が出ない場合や、逆に効果が出すぎることもあり得ます。注意して服用しましょう。

睡眠薬と睡眠改善薬ですが、選ぶ際に、共通して必要な要素が2つあります。それは「作用時間」と「強さ」です。「作用時間」は服用して何時頃に眠気が来るのかを表し、「強さ」はその効き目です。

特に気を付けていただきたい項目は「強さ」であり、薬の効き目が強ければ強いほど、身体への負担も大きくなってしまいます。購入した睡眠薬や睡眠改善薬のパッケージや説明書には服用時の注意がきちんと記載されていますので、必ず読むようにしてください。

睡眠は健康的に生活していく上で特に重要な要素であり、睡眠の質により、簡単に健康を害することもあります。眠りが浅かったり、夜何度も起きてしまったりして全然眠れない場合、身体の疲れが取れず、翌日の活動に支障をきたす可能性が高くなります。また、眠らないことで体の抵抗力が回復せず、風邪を引きやすくなる等、様々な症状が出てきます。

普段から眠りに関しても意識して活動していると、薬に頼らずとも眠ることは可能です。しっかりと意識してみましょう。

一番体に良いのは、薬に頼らずに規則正しい睡眠ができる環境を整えることです。普段から寝る前にお酒を飲んだり、休みの日に遅くまで眠っていて生活のリズムを崩したりしている人は要注意です。寝る前のお酒を避け、生活のリズムを正しくしていれば、自然と眠れるようになります。

他にも、眠る前にスマホを見るのを控え、脳を休ませたり、お風呂に入って体をリラックスさせたり、カフェインの摂取を控えたり、方法はいろいろとあります。しかし、中にはすべてを試してみたが、それで眠りにつくことが難しい人もいます。そんな時は、無理に寝ようとせず、自然と眠れるようになるまで待つか、または睡眠改善薬や睡眠薬を服用して何とか眠るようにしましょう。

多くの場合、一度眠ってしまうと、脳がその眠った時間を記憶し、次回からは以前眠った時間帯でまた寝ようと働きます。それを何日も繰り返すことにより、身体が完全に眠るタイミングを覚え、薬に頼らなくても眠れるようになります。睡眠改善薬を服用したからといって生活のリズムは崩さず、規則正しい生活ができるように努めましょう。
2020/12/24
不眠症を改善する睡眠導入剤エスゾビクロンや精神安定剤デジレル・リフレックスとは
日本は長い平成不況の影響もあって、ますますストレス社会として弊害が強まっています。とくに『引きこもり・ニート』になる方が年代を問わず増えていますし、学校での共同生活や社会人としての活動が困難になるケースも拡大しています。その結果、自殺をしてしまう人も増加傾向にあるとのことです。

そこで注意したいのは、日頃からの心のメンテナンスです。慢性的なストレス状態を回避するために、筋肉と神経の緊張を解すためのケアが必要となります。誰もがすぐに実践できる解決法として、昔からしっかり汗をかくレベルの運動を習慣化するのが良いとされています。また、カラオケで大声で歌う習慣もストレス解消に効果がありますし、『わざと大笑いを繰り返す』なんて方法でも心身の緊張を解す効果があります。

ですが、精神が鬱屈している状態の方にとって、たったこれだけの行動を継続することが難しくなってしまいます。やるべき課題を与えられるとストレスが増してしまう人もいるのです。このような精神状態ですと、知らずうちに肉体的な疲労が蓄積してしまって、十分に睡眠も取れなくなってきます。

そこで不眠症と疲労困憊・精神衰弱の症状が自覚できるレベルなら、やはり精神科などで治療してもらう必要があるでしょう。この場合の治療ではカウンセリングと並行して、睡眠導入剤や精神安定剤が利用されます。現代の日本社会では、成人の3割以上が不眠症を患っているとも言われていて、睡眠導入剤や精神安定剤の服用は頻繁におこなわれていると言います。

〇睡眠導入剤
不眠症に効果が高いとされているのが『ルネスタ(エスゾピクロン)・マイスリー(ゾルピデム)・アモバン(ゾピクロン)』などの睡眠導入剤です。この3種類の睡眠薬は超短時間型と呼ばれていて、服用して3時間ほどで薬の効果が弱まってきます。つまり、眠りについたあとは薬の作用が弱くなるので、睡眠中は自然な状態に戻るのです。薬に弱い方でも安心して利用できる睡眠薬としても評判が高いです。なお、服用して6時間ほどで消化されるため、寝覚めもスッキリする点もポイントです。

このルネスタ(エスゾピクロン)は、ベルソムラやロゼレムと並んで新世代の安全性が高い睡眠導入剤としても高い評価を得ています。と言いますのも、このエスゾピクロンは生体時計に働きかけて、いわゆる睡眠のリズムを正常に整える作用を持っています。無理やり脳を睡眠状態へ誘導する従来の睡眠薬とは効き目のメカニズム自体が違うわけです。それゆえに、睡眠剤がもつ強い体への影響が大幅に緩和されています。睡眠薬や精神安定剤の服用に慣れていない方には十分な効き目を発揮し、安心して服用できる薬とも言われています。

ただし、睡眠薬を常用する方の中には効果が小さいという声もありますので、自分に有効かどうかはお試しで確認するようにしてください。

〇抗うつ薬・精神安定剤
睡眠薬の常用を継続すると、絶えず体に睡眠剤が残留することになって、いつも頭がぼーっとしてしまうことがあります。これでは平時の生活にいろいろと支障が出てしまうかもしれません。それに長期服用によって、徐々に睡眠剤に体が反応しにくくなるという弊害もよくあります。そうなりますと、服用する量を増やすとか、もっと効き目の強い薬に変えていくなどの問題が生じてきます。

そこで、睡眠薬の効き目が落ちてきた場合、日中の緊張状態を緩和させ、精神をリラックスさせるために抗うつ薬・精神安定剤を追加して服用するケースもあります。これは精神科の治療でも頻繁に利用される治療法で、睡眠薬の服用量を抑制することと同時に、日中の精神状態がおだやかになって生体リズムが徐々に整っていく効果が期待できます。

この場合に服用する抗うつ剤・精神安定剤として、デジレル(トラゾドン)やテトラミド(ミアンセリン)や リフレックス(ミルタザピン) があります。これら抗うつ剤を服用すると、脳内でセロトニンとノルアドレナリンの働きが活性化して、短時間で精神がリラックスします。なお、睡眠中に目が覚めて眠れなくなる症状・中途覚醒起の症状がある方にも有効な薬です。その理由は、中途覚醒には抑うつ状態が大きくかかわっていて、抗うつ剤によって症状が緩和するとされているからです。

ここで説明したエスゾビクロン・デジレル・リフレックスですが、オリジナル薬は高価ですのでジェネリック薬を利用すると費用負担が軽減されるでしょう。もちろん、ジェネリック薬にはピンからキリまであって、オリジナルと全く同じ成分で品質管理が徹底されているものを選ぶことが肝心です。そこで、ジェネリック薬のトップブランドと評価されるインド製をおすすめします。国内の医薬品系通販サイトでも扱っていますが、品質の良し・悪しを見分けるのは難しいでしょう。安心・安全なインド製ジェネリック睡眠導入剤・抗うつ剤をお求めでしたら、インドの個人輸入代行サイト・テジャスメディシンがおすすめです。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。
2020/12/22
睡眠の質を向上させる方法
なかなか疲れが抜けない、たくさん寝ているはずなのにいつも眠い、そもそもあまり眠れない、そのような悩みを抱える人は意外と多いです。もしかすると、睡眠の質に問題があるのかもしれません。良い睡眠とは、量つまり何時間寝るという時間だけでなく、質にも注意を払わないといけません。では、睡眠の質を高めるためにどのようなことができるのでしょうか。

良い睡眠とは、「寝つき」「寝ているとき」「寝起き」の三つともがスッキリした状態であることです。例えば、お酒を飲めば寝つきは良いでしょう。でも、寝ているときに何度もトイレに起きたり、寝起きにダルさが残っていれば、それは決して良い睡眠とは言えません。このことからもわかるように、良い睡眠を得るためには、表面的な解決策ではなく、生活習慣全体に関わる根本的な解決策が必要になります。良い睡眠を得ることには、ストレスの緩和、仕事や勉強のパフォーマンスの向上、美容や健康の促進、と良いことがたくさんあります。良い睡眠のために努力する価値は大いにあるわけです。

では、どのように睡眠の質を向上させることができるのでしょうか。多くの人が行う習慣に「寝だめ」というものがあります。休日にお昼くらいまで寝て、睡眠を貯蓄する、つまり「寝だめ」しておくわけです。しかし、この習慣は良い睡眠を奪いかねないものなので、寝だめの習慣がある人は、まずこの生活習慣を改善することが大切です。睡眠は、人の体内時計と関係があります。朝、起きて朝日を浴びたときに体内時計はリセットされ、体が「起きた」状態になります。この時間から約14時間後に、体内時計は「夜になった」と判断し、体に休息の必要性を訴え始めるわけです。つまり、起きる時間が遅くなればなるほど、体にとっての「夜」はどんどん遅くなり、それが体内時計のリズムを狂わせてしまいます。それで、たくさん寝たのに眠いとか、その日だけはスッキリできたけど、月曜日からは毎日が眠く、体もダルい、という症状が出てしまいます。難しいことかもしれませんが、一日最低6時間の睡眠、そして休日の朝もなるべくいつもと同じの時間に起きるようにしましょう。

他にも、睡眠の質を上げるために、眠りにつく前に意識できることがいくつかあります。それは、寝る前にパソコンやスマホの使用を避けることです。特に、スマホは眠くなるまで布団の中で使っている人が多いのではないでしょうか。このような電子機器を使っているとき、わたしたちの目はたくさんの刺激を受けている状態になっています。それは脳を活性化させてしまうので、眠くなったと感じても、実は脳は全然休める状態になっておらず、むしろ活発な状態にあるわけです。寝つきがたとえ良かったとしても、体は休めていない状態になっているため、早く寝たのに次の日が眠かったり、疲れが取れていなかったり、ということになってしまいます。

このように、良い睡眠のためには、眠っているときの体の状態を気にかけてあげることと大きく関係があります、ですから、食べ物にも注意を払いましょう。なぜなら、寝ているときに消化活動が活発に行われていたら、それは体が休まっていないことになってしまうからです。そのため、寝る3時間前までには夕食を済ませるようにしましょう。同じ理由で、寝る直前にアルコール類を飲むのもあまり良くありません。眠りにはつきやすくなりますが、体がアルコール分解のために働いている状態になってしまうからです。たまにある飲み会などは仕方がないかと思いますが、毎晩遅い時間帯に夕食を取り、お酒を飲んですぐに床に就く習慣がある方は見直しが必要でしょう。

また、眠気は体の体温が下がったときに生じます。そのため、寝る前に温かい飲み物を飲むことで、良い就寝リズムを作ることができます。寝る前のおすすめドリンクは、生姜湯です。生姜は体を温める効果があるため、体が芯から温まりますし、手先や足先などの末端までも温かくなります。また、白湯は胃腸に負担をかけないので、就寝前、そして起床後にも飲むことがおすすめできる飲み物です。注意すべき点として、カフェインを多く含む飲み物、コーヒーや紅茶だけでなく、緑茶も就寝前に飲むことは控えた方が良いでしょう。カフェインに弱い人はコーヒーを飲んだら眠れなくなると言いますが、眠れるという人も要注意です。カフェインが体に作用すると、眠ることができていても、深い睡眠の妨げとなってしまうからです。

このように、普段の生活習慣を見直すことで睡眠の質を向上させることができます。生活習慣の見直しは体全体に良い影響を与えるので、より健康になるのを実感できるかもしれません。しかし、現代社会には様々なストレスや問題があることも事実です。生活習慣を改善する余裕がない、または改善したのに眠れないという場合には、睡眠薬の使用も検討するといったことが必要かもしれません。
2020/12/17
最適な睡眠時間とはどのくらい?眠れない場合睡眠薬を使用するのは?
健康のために睡眠が必要であることは、多くの人が何となくわかっているでしょう。ところで健康的な睡眠時間は、何時間なのかご存知ですか?睡眠習慣を改善するためには、まずは自分の睡眠時間が理想と比較してどうなのか、現状を把握することが大事です。

結論から言ってしまうと、「これ!」という答えはありません。年齢や性別、体質などいろいろな要因によって、それぞれの理想的な睡眠時間があります。逆に「毎日何時間眠らないといけない」と思ってしまうと、それがプレッシャーになって不眠症を誘発する危険性もあります。睡眠時間にはあまりこだわらなくてもいいです。もし日中眠気が襲ってこなければ、しっかり眠れていると思っていいでしょう。

睡眠時間の面でよく間違われやすいのは、「長く眠れば眠るほど健康に良い」というものです。しかし長時間眠り続けると健康を損ね、死亡リスクが高まるとみられています。あるアメリカの研究によると、10時間以上眠ると3時間の睡眠よりも死亡リスクはむしろ高くなるというデータも出ているほどです。アメリカの調査の結果、睡眠時間7時間という人が死亡率は最も低かったです。そして8時間以上眠ると、徐々に死亡リスクの高まることもわかりました。前に1日8時間眠るのが理想という話を聞いたことはありませんか?昔言われていたことなのですが、この結果を見る限り、学術的な根拠のないことが判明しました。

また睡眠時間が年齢によって変化していることもわかります。夜間の睡眠時間を見てみると、15歳までは8時間程度眠るのが一般的です。しかしこれが45歳になると6時間半、65歳で6時間が平均ということで年齢が上になればなるほど、睡眠時間が短くなることがわかっています。また高齢者になると、早寝早起きになる傾向も判明しています。これは加齢に伴い体内時計が変化したものとみられています。年齢を重ねると、生体機能リズムは前倒しになりがちです。また高齢者の方が睡眠も浅くなる傾向も見られます。ちょっと尿意を催したり、物音でもすぐに目覚めてしまうのです。若いころと比較して眠れなくなったと悩んでいる人はいませんか?しかしこれは加齢に伴う当たり前の現象です。あまり深く思い悩む必要はないでしょう。

眠りすぎるのは良くありませんが、睡眠不足も健康にとっては良くありません。睡眠不足の状態が慢性的になっている、不眠に悩まされているのであれば、その習慣を変えたほうがいいです。もし仕事が忙しくて睡眠時間が確保できていなければ、日々のスケジュールを見直してみることです。無駄遣いしている時間はないか見直して、できるだけ長く睡眠時間を確保できるように生活習慣を見直してみましょう。

睡眠障害を改善するために、生活習慣を見直すことは大事です。しかしいろいろと試みてみたけれども、なかなか眠りにつけないというのであれば、睡眠薬の使用も検討してみるといいでしょう。しかし睡眠薬といわれると、なんだか怖いというイメージを持っている人も多いかもしれません。「副作用があるのではないか?」「体に良くないのではないか?」というイメージが先行しているようです。しかし睡眠薬は正しい用法で服用していれば、睡眠問題を改善できる可能性のある薬です。睡眠薬に関する誤解を取り除いて、正しい知識を身につけましょう。

まず睡眠薬には副作用があると思っている人は多いでしょう。確かに睡眠薬に副作用のリスクはあるにはあります。しかしこれは睡眠薬に限ったことではありません。どの薬にも基本副作用のリスクは多かれ少なかれあります。また最近では睡眠薬の開発も進んでいます。副作用リスクの低い、安全性の高い薬もいろいろと出てきています。

薬によって異なりますが、睡眠薬の副作用として考えられるのが集中力の低下、注意力散漫になる、頭痛、倦怠感などです。しかし正しい用法・用量に従ったうえで睡眠薬を服用すれば、このような副作用の起きる可能性はかなり低いです。

また睡眠薬はいったん使い始めると手放せなくなる、同じ量では満足できなくなって量が多くなると思っている人も多いかもしれません。確かに過去の睡眠薬にはそのような傾向はありました。過去に使われていたバルビツール酸系の睡眠薬は使い続けると耐性がついて、止められなくなると言われていました。しかし今使われているのはベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。これらは非常に安全性が高く、何度使い続けてもだんだんきかなくなって量を増やさないといけないという事態は起こりにくいです。

このように睡眠薬の中には安全性の高いものも少なくありません。なかなか眠れずに困っているのであれば、睡眠薬の使用も検討しましょう。睡眠薬は通販サイトでも取り扱っています。手軽に注文でき購入できるので、お試し感覚で使ってみるのもいいでしょう。睡眠薬通販サイトの中でも、テジャスメディシンは多くの睡眠薬を取り扱っているのでおすすめです。
2020/12/11
夜勤で働く人が質の良い睡眠を確保する方法
仕事の都合上、夜勤が避けられない方も少なくないはずです。最近では24時間営業のコンビニや飲食店が増えていますし、そのほかにも、医療や介護、警備、工場など、24時間交代制で働く分野は以前からたくさんあります。そのため、夜勤に携わる人もかなりいると考えられますが、そのうちの少なくない人が悩んでいるのが生活リズムの乱れです。

夜勤で働く人は、通常、夜勤明けの日中に眠って仕事の疲れを回復するものです。しかし、夜通し朝まで働いて神経が高ぶってしまい、いざ寝ようと思ってもなかなか寝付けないこともあります。夜勤明けと次の休日は一日中ぼんやり過ごしてしまい、仕事の日になってから日中に睡魔に襲われてしまうなんてこともよく聞く話です。こんな状態では睡眠リズムが崩れるだけでなく、慢性疲労の状態にもなってしまいます。そこから発展して、より深刻な病気にかかるリスクもあるため、夜勤で働く人はいかに質の良い睡眠を確保するかを真剣に考えなければなりません。

では、どうやって質の良い睡眠をしっかり確保できるのでしょうか。もちろん日勤しかない職場に転職して、每日規則正しい生活を送るのがベストではありますが、ここでは夜勤で働きつつできることを考えてみましょう。

まず考えたいのは、バイオリズムの規則性をなるべく保つようにすることです。人間は、サーカディアンリズムという周期の生体リズムで生活しています。ただ、このリズムは正確には24時間ではなく、ほぼ25時間周期となっています。ですので、普通にしていると、朝に目が覚めて夜に眠くなるというサイクルから徐々にずれていき、やがて昼夜逆転の生活リズムになってしまうのです。

では、私たちはどうやってそのリズムを地球の24時間周期に合わせているのかというと、キーとなるのが太陽光です。朝が目が覚めた時に一定時間全身に太陽光を浴びることで、サーカディアンリズムはリセットされ、そこからまた新たなリズムが作られます。ですので、目が覚めても日光を浴びないでいると、生活リズムは夜型へと徐々にずれていってしまうのです。

とはいえ、夜勤の場合、皆が目を覚ます朝に仕事を終えて、それから眠ろうとするわけですから、なかなか簡単にはいきません。日光を浴びてしまうと目が冴えて眠れなくなってしまいます。それでも日中にしっかり眠ろうとするのであれば、多少なりとも強引に生体リズムを自分で調整しなければなりません。

日中によく眠るには、寝室から光をシャットアウトすることが大切です。人間は日光を浴びると目が覚めてしまう性質なのですから、寝室は真っ暗にしておく必要があります。できれば遮光カーテンを用意し、外の光を完全にシャットアウトしてしまいましょう。そこまで完全にシャットアウトできない場合は、アイマスクなども併用します。

また、音にも注意してください。日中は外部からの生活音などが聞こえてくることもありますが、それも耳栓などを使ってシャットアウトします。

あとは寝室の温度にも注意してみましょう。人間には眠りやすい温度というものがあり、暑すぎても寒すぎても質の良い睡眠が取れません。夏場でも28℃以下に室温を保てるよう、エアコンで調節してください。

なお、真っ暗にして静かに横になっていても、なかなか寝付けないこともありますが、そこであきらめて起きてしまっては、結局眠れないままです。眠れなくてもそのまま目をつぶったまま、横になって過ごしましょう。眠れないと焦ってくるかもしれませんが、こうやって横になっているだけでも休息効果は得られます。

起きてからは食事の時間に注意してください。一日の食事の時間や回数は、常に一定である方が体内時計には良いです。夜勤明けではたくさん食べられないかもしれませんが、少量でも良いのでいつもと同じように朝食を食べ、起きてからはちゃんと昼食や夕食のタイミングで食事を摂るようにしましょう。

ここまで対策しても、いつも同じように過ごせるとは限りません。夜勤が延びて帰るのが昼近くになることもあれば、夜勤明けでも日中に活動しなければならないこともあるでしょう。そんな時でも、睡眠時間をなんとか3時間は確保しましょう。また、眠るのはなるべく一日の早いうちにし、遅くとも昼の2時や3時には目を覚ますようにします。また、先ほど述べたように、起きた時に太陽光を浴びることで生体リズムが調整されるので、夜勤明けの仮眠明けでも、目が覚めたら窓際に移動してしっかり日光を浴びてください。

それでも夜勤を続けている以上、どうしても生活リズムが崩れることもあります。眠るべき時にどうしても眠れないというのであれば、睡眠薬を検討することも考えてみてください。睡眠薬は癖になるから飲みたくないという意見もありますが、肝心の睡眠が取れていないようでは、そちらの弊害の方が大きくなってしまいます。

なかなか寝付けない時は睡眠導入剤を使ってみるなど、できることを試してみましょう。自力で何とかしようという気持ちも大切ですが、まずはしっかり眠ることが健康にとって大切です。
2020/12/08
夜グッスリ眠るためにおすすめの生活習慣とは?
快適な眠りを手に入れるためには、普段の生活習慣を見直すことが大切です。例えば、適度な運動を日常生活の中へ取り入れることにより、質の良い眠りを得やすい体内環境を作ることができます。体内環境が正常な状態へと近づけば、体内時計のリズムを整えることができ、決まった時間になると眠くなるので、不眠という睡眠トラブルを解消できます。では、具体的に心がけると良い生活習慣を見てみましょう。

1つ目の方法は「運動を習慣付ける」というものです。運動を毎日の生活へ取り入れることは、簡単そうで意外と難しいものです。特に、運動が嫌いな人にとっては、運動をしなければいけないと考えるだけでストレスとなってしまうでしょう。また、毎日忙しく過ごしている人からすると、仕事の後に運動をする時間も気力も体力も残っていないと感じることでしょう。とはいえ、質の良い眠りを手にするため必要な運動は、ハードな筋トレや長時間かかる有酸素運動ではありません。むしろ、日常生活の中で、適度に体を動かすという程度でも十分なのです。

例えば、通勤時間を利用して、運動効果を得るというのは良い方法でしょう。自宅から駅まで歩いたり、出勤の際に一つ手前の駅で降りて歩いたりするだけでも、大きな運動効果が期待できます。また、駅や外出先で階段を使うように心がけることや、バスや電車ではあえて座らないというのもおすすめです。

2つ目の方法は「入浴方法を工夫する」というものです。普段シャワーだけで済ませている人は、質の良い睡眠を得るため湯船に浸かる習慣を作りましょう。湯船に浸かることで筋肉の凝りがほぐれて心身共にリラックスでき、それが快眠へとつながります。気持ちよく眠るために、入浴は就寝時間の2時間ぐらい前までに済ませると良いでしょう。また、お湯の温度はあまり高くせず、のぼせることなく30分ぐらい浸かっていられる程度に設定することをお勧めします。

3つ目の方法は「食生活を見直す」というものです。寝る直前の食事は快眠を妨げるだけでなく、肥満になるリスクを高めるという点からも望ましくありません。ですから、夕食を取るタイミングは、食べたものがしっかり消化されてから就寝できるように、ベッドへ入る3時間ないし4時間前までに済ませておくのが理想的です。

寝る前には神経を興奮させる栄養成分は控えると良いでしょう。例えば、チョコレートやコーヒー、緑茶などは覚醒作用のあるカフェインが含まれています。ニコチンも神経を刺激する作用がありますから、夕食後の喫煙は控えるのが賢明です。

アルコールはリラックス効果があるので、夕食に少量摂取することは基本的に問題ありません。とはいえ、睡眠薬代わりに深酒をするというのは避けるべきです。というのも、アルコールは利尿作用があるため、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまう可能性が高くなります。

4つめの方法は「日光浴」です。太陽の光を浴びることには、体内時計のリズムを正常な状態へ近づける効果があります。人間の体内時計は1日24時間よりも若干長めの周期となっているものの、太陽の光を浴びることによってこの周期を1日24時間に調整することができます。もちろん、一日中太陽の光を浴びる必要はありません。普段の生活に支障が出ない範囲で、積極的に日光浴をする機会を設けましょう。

こうした4つの工夫をする事で、睡眠の質を高めることができます。とはいえ、慢性的なストレスや心配事を抱えていると、生活習慣を工夫しても、不眠のトラブルが改善しないという可能性はあります。そうしたケースでは他の方法を試してみると良いでしょう。

1つ目の解決策は「寝室の環境を改善する」というものです。外部からの光を遮断するために遮光カーテンを使ったり、外の音をブロックするためにベッドを窓から離したりと良いでしょう。また、寝室の温度と湿度を調整することで、眠りやすい環境を作ることができます。

2つ目の解決策は「アロマを使うこと」です。アロマテラピーはヨーロッパでは民間療法として確立されていて、リラックス効果を持つハーブがたくさんあります。ラベンダーやカモミールなどのアロマオイルを入浴剤として使ったり、寝室にアロマディフューザーを置いたりして、神経をリラックスさせることで眠りやすい環境になるでしょう。

3つ目の解決策は「睡眠薬を使うこと」です。睡眠薬は医薬品で、深い眠りをサポートするホルモンの分泌を促進してくれます。布団に入ってもなかなか寝付けない人や、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう人は、睡眠薬を使うことによって睡眠の質を大きく改善できるでしょう。睡眠薬を購入するなら、自宅のパソコンで気軽に購入できる通販サイト「デジャスメディシン」を利用するのがおすすめです。海外で販売されている正規の医薬品をリーズナブルな価格で購入できます。24時間注文ができるので、忙しい人にとっても便利です。
2020/12/03
理想的な睡眠時間は何時間?
毎日の睡眠時間は人によって個人差があります。3時間程度が普通という人もいれば、8時間寝ないとスッキリしないという人もいるでしょう。それぞれライフスタイルが違うため、睡眠時間も異なるわけです。とはいえ、健康にとって最適な睡眠時間とはどれほどなのでしょうか。

理想的な睡眠時間は、男女ともに平均7時間程度です。これはアメリカで行われた睡眠時間と死亡リスクの関係を調べる研究によって分かったことで、睡眠時間は短すぎても長すぎても死亡リスクは高くなります。死亡リスクが最も低くなるのが、男女ともに7時間程度の睡眠なのです。

この死亡リスクには、さまざまな疾患や死亡原因が含まれています。例えば、糖尿病や高血圧などの生活習慣病リスクは、睡眠時間によって大きく変動します。睡眠時間が減ることによって自律神経やホルモンがバランスを崩すと、食欲が増大して太りやすくなったり、活性酸素が細胞の老化を早めたりします。また、うつ病をはじめとする精神疾患や、認知症のリスクも睡眠時間に応じて高くなったり低くなったりします。

睡眠時間や睡眠の質は年齢によっても変化します。10歳ぐらいまでの子供なら、毎日8時間から9時間ぐらいの睡眠時間が必要となります。一方、25歳前後になると毎日7時間程度の睡眠時間で十分です。また、45歳前後になると1日6.5時間ぐらいの睡眠時間でも健康を維持することができます。65歳になると最適な睡眠時間はさらに短くなり、毎日6時間程度となります。もちろん個人差はあるものの、年齢を重ねることによって睡眠時間は少しずつ短くなると考えられています。とはいえ、年齢に関わりなく1日当たり6時間から7時間ぐらいは必要となりますから、生活習慣の改善を考えている人はこの点を銘記しておきましょう。

年齢によって変化するのは必要な睡眠時間だけではありません。睡眠の質も年齢とともに少しずつ変化します。特に、加齢に伴って睡眠はどんどん浅くなります。中高年になると、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めるという人が多くなります。それは加齢によって眠りが浅くなり、わずかな尿意でも目が覚めやすくなってしまうためと考えられています。

起床した時に「よく眠れた」と感じる睡眠時間は、季節によっても変化します。昼の長さは季節によって変わります。春から夏にかけて長くなり、秋から冬にかけて短くなります。こうした季節の変動に応じて、私達の体内時計も変化し続けているのです。春から夏にかけては、通常よりも短い睡眠時間でも十分に眠ったと感じやすくなります。一方、秋から冬にかけてはよく眠っても朝起きるのが辛いと感じることが多くなるでしょう。1年の中で最も長い睡眠時間を必要とするのは、12月から1月にかけてです。ですから、冬期は普段よりも意識して睡眠時間を確保するようにしましょう。

健康を維持するため特に大切なことは、睡眠時間を確保することと、体内時計のリズムを整えることです。夜になったら眠くなり、朝になるとすっきり目覚められる体内環境を作るためには、毎日十分な睡眠時間を確保することが必要です。慢性的な睡眠不足になってしまうと、起床したものの疲れがまったく取れていないという事態になりかねません。また、睡眠不足が続くとお昼前後から猛烈な眠気が襲ってくるということも起こり得ます。

睡眠不足が続くと、体の免疫力が低下するために、風邪などを引きやすくなります。また、食事と関係するホルモンの分泌も不安定となってしまうために、糖尿病や高血圧のリスクが高くなってしまうのです。ですから、睡眠時間を毎日きちんと確保することは、健康を維持するうえでも重要な要素と言えます。

各自が理想的な睡眠時間を確保するためにできることはたくさんあります。1つ目は「日中できるだけアクティブに動き、体を適度に疲れさせる」という方法です。一日中PCや書類に向かってデスクワークをしていると、どうしても運動不足の状態になりがちです。脳が疲れていても体が疲れていないため、ベッドへ入っても眠れない状態に陥ってしまう可能性があります。そうならないように、昼間はできるだけ意識して体を動かすことで、仕事終わりには適度に疲労を感じられるよう心がけると良いでしょう。

2つ目は「ストレスを上手に発散する」という方法です。ストレスや疲労を感じると、体内では活性酸素が大量に発生します。これは、細胞を老化させる原因となる他、自律神経やホルモン分泌のバランスを崩す原因にもなってしまいます。不眠の原因となることも多いため、ストレスはできるだけ溜めこまず、意識して発散することが大切です。

3つ目は「睡眠薬を使う」という方法です。どうしても眠れないという人や、短時間の睡眠時間でも質を高めたいという人なら、睡眠薬を使うことによって効率的な睡眠効果を得ることができます。人気の通販サイト「デジャスメディシン」なら、超短時間型から長時間型まで幅広いタイプの睡眠薬を取り扱っているので、これまで睡眠薬を服用したことがないという人にもおすすめです。
2020/11/30
睡眠は健康にどんな影響があるのか?
健康を維持するためには、毎日十分に睡眠時間を確保することが必要不可欠です。では、具体的にどのような睡眠を取ることで、健康を増進する効果が期待できるのでしょうか。

私達の体は、朝になると自律神経の一つである交感神経の働きが活発になり、心身ともに活動できる状態となります。一方、夜になると副交感神経が優勢となり、心身ともにリラックスした状態となって眠くなります。ストレスなどの要素によって自律神経がバランスを崩しそうになっても、睡眠時間を毎日きちんと確保していれば、良いバランスを維持することは可能です。一方、慢性的な睡眠不足が続いてしまうと、自律神経が乱れてしまい、夜になっても交感神経が過敏な状態となって眠れなくなり、不眠のトラブルが起こりやすくなります。

不眠が続くことはさまざまな健康リスクの原因となります。例えば、慢性的な不眠が続くと、日中は眠気に襲われた状態で長い時間を過ごすことになります。そうすると、集中力や判断力、注意力が低下し、作業効率やミスにつながるでしょう。また、体内ではホルモン分泌や自律神経がバランスを崩してしまい、正常に機能できなくなってしまいます。

慢性的な不眠になると、食欲を抑える作用を持つレプチンというホルモンが減少し、食欲が高まります。その結果、不眠でない時と比べると不規則に食事をしたり、間食が増えたりしてしまうのです。また、不眠によって日中にはやる気が低下するため運動不足になりやすく、肥満のリスクが高まります。

自律神経は、全身のホルモン分泌や血管の状態を管理しています。そのため、不眠で自律神経がバランスを崩してしまうと、血糖値をあげるホルモンが過剰に分泌されたり、代謝異常が起こったり、血管が酸化したり炎症を起こしたりするなど、さまざまな疾患のリスクが高くなります。

睡眠時間を毎日きちんと確保することは、体の健康だけではなく心の健康にもプラスの影響があります。慢性的な不眠が続くと、認知機能が低下することによってメンタルのバランスが崩れやすくなります。そうすると、うつ病など精神的な疾患を発症するリスクが高まるのです。

健康維持のために、睡眠時間を確保する具体的な方法が4つあります。1つ目は「毎日の睡眠時間をできるだけ規則正しくすること」です。眠るタイミングが毎日同じになっていると、体内時計を正常に維持しやすくなります。その結果、決まった時間になると眠くなり、朝も決まった時間になると目が覚めるという習慣ができるのです。就寝のタイミングとしては、遅くても夜10時前後には布団に入るようにすると良いでしょう。夜更かしをして仕事や趣味に時間を使うことが多かった人は、早寝早起きを徹底して朝型の生活に切り替えることで、睡眠効果を高めることができます。

理想的な睡眠時間は、一日当たり7時間から8時間程度です。忙しい毎日を過ごしている人にとってこれほどの時間を確保するのは容易ではないでしょう。とはいえ、十分な睡眠は毎日の生活を支える基盤であるということを念頭に置いて調整を図りましょう。

2つ目の方法は「睡眠の質を高めること」です。同じ長さの睡眠時間でも、睡眠の質が良い人とそうでない人とでは、睡眠によって得られる健康効果が大きく異なります。睡眠の質が良い人は、朝起きた時の目覚めが良く、リフレッシュした気分で朝を迎えられます。一方、眠りが浅い人や夜中に何度も目が覚めてしまうような人は、朝起きても疲れが取れておらず、眠った気がしないということもあるでしょう。特に、毎日の睡眠時間を十分に確保できない人は、睡眠の質を高める眠り方を意識することが大切です。

3つ目は「昼に仮眠をする」という方法です。人は眠りに入ると、最初にノンレム睡眠と呼ばれる熟睡モードとなります。これは、夜眠る場合でも昼に仮眠をする場合でも同様で、短時間でも疲れを取る効果があります。慢性的に夜の睡眠時間が短くなってしまっている人は、昼に仮眠を取ることによって、心身の疲れを軽減するという対処法がおすすめです。

仮眠を取るタイミングとしては、ランチ直後など午後の早い時間がおすすめです。午後3時以降になると、仮眠をしたことによって夜の睡眠にマイナスの影響が及ぶ可能性がありますので注意しましょう。仕事をしている人なら、ランチの後で少しだけ仮眠をするという方法が良いでしょう。

4つ目は「睡眠薬を使う」という方法です。どうしても忙しくて睡眠時間が短くなってしまう人や、眠りの質が良くない人なら、睡眠薬を使うことによって短時間で効率的に睡眠を取ることができ、高い健康効果を得られます。日本では20人に1人は睡眠薬を使っているという厚生労働省の調査があります。睡眠薬を使って高品質な睡眠を手に入れている人は少なくありません。

睡眠薬にはいろいろな種類があります。人気の通販サイト「デジャスメディシン」を利用すれば、海外で販売されている睡眠薬の中から自分にあったものを選ぶことができます。決済も簡単なので忙しい人にもピッタリです。
2020/11/27
睡眠薬にはいろいろな種類があります
毎日の健康を維持するためには、毎晩グッスリ眠ることが必要不可欠です。とはいえ、忙しくてまとまった睡眠時間を確保できないという人は多く、ストレスなどが原因で不眠というトラブルを抱える人もたくさんいます。厚生労働省の調査によると、日本においては約30%の人が不眠の悩みを抱えていて、約20人に1人は睡眠薬を日常的に服用しています。

眠れないというトラブルを解消する方法は、たくさんあります。体が疲れていても脳が興奮しているために眠れないなら、脳の興奮を鎮めることで眠りやすい体内環境を整えることができるでしょう。また、外の音や光が睡眠を妨げているのなら、寝室の環境を改善することによって眠りやすくなります。消灯する2時間ぐらい前にお風呂へ入り、全身の筋肉や神経をリラックスすることも、よく眠るための対策として効果的です。

日常生活の中でこうした工夫を行い、その結果として眠れるようになるのなら、睡眠薬は必要ありません。一方、疲れているのに眠れない時や、ストレスや心配事があって眠れない日が何日も続いてしまう時には、不眠を解消する効果のある睡眠薬を使うというのも選択肢の一つです。

睡眠薬には様々な商品があります。大きく分類すると、睡眠薬と睡眠導入剤、および睡眠改善薬の3つです。このうち睡眠薬と睡眠導入剤は医薬品に分類されます。多くの場合、睡眠薬の中で作用時間が短いものを睡眠導入剤と呼びます。一方、睡眠改善薬はサプリメントなので、ドラッグストアでも気軽に購入することが可能です。

サプリメントである睡眠改善薬は、ハーブや漢方など医薬品以外の成分を配合しており、夜になったら眠りやすい体内環境を作るサポートをしてくれます。睡眠薬を服用する前に試してみると良いでしょう。ドラッグストアなどで販売されているものが多いので、店舗に足を運んで購入したい人にもおすすめです。

睡眠薬は、基本的にドラッグストアなどでは販売されていません。この医薬品には睡眠を促す作用を持つ成分が配合されており、特定のホルモン分泌を促進することで眠りを促す効果が期待できます。有効成分がどのぐらいの時間作用するかに応じ、「超短時間型」「短時間型、」「中時間型」そして「長時間型」に分類されます。初めて睡眠薬を使う人であれば、まずは作用時間が短い超短時間型のものを使い、どれほど深く眠ることができるか確認してみましょう。あまり症状が改善しないなら、作用時間が長めの薬へと切り替えるというのがおすすめです。

有効成分の作用時間にはそれぞれ目安があるとはいえ、実際にどのぐらいの時間作用するかについては個人差があります。そのため、作用時間が長めの睡眠薬を初めて服用する時は、翌朝仕事がない日を選ぶようにしましょう。有効成分が作用している間は、起きようと思ってもなかなか起きることが難しいものです。また、無理に起床しても頭が働かず、何も手につかない状態になってしまうこともあります。そうなると日常生活にもマイナスの影響が出てしまうでしょう。そうならないために、睡眠薬は作用時間が短いものからスタートすることが大切です。

睡眠薬に使われている有効成分もいろいろなものがあります。超短時間型では、ゾルビデムやソビクロン、トリアゾラムなどがあります。なかなか寝付けないという人や、慢性的な不眠ではない場合には、このタイプがおすすめです。

夜中に目が覚めてしまいそこから眠れなくなってしまう人や、朝早くに目が覚めてしまう人、あるいは常に眠りが浅いという人は、プロチゾラムやロルメタザバムなどの有効成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

睡眠導入剤は、睡眠薬の中でも服用してから作用するまでの時間が短く、有効成分が作用する時間も2時間~4時間程度と比較的短いものを指します。購入する際には、それぞれ作用時間の目安が明記されているので、自分が必要とする睡眠時間に合わせて選びましょう。

睡眠薬には医薬成分が入っているため、服用する際には注意が必要です。サプリメントのように、毎日飲むことによって体内環境が改善され快適に眠ることができるようになるというわけではありません。服用してから15分ないし30分程度で有効成分が効き始め、突然眠くなります。ですから、睡眠薬を服用するのは、布団に入る15分ほど前が良いでしょう。いつでも就寝できる準備をした上で服用することを心がけるのが大切です。

「睡眠薬を服用してみたいけれど、どこで購入できるのか分からない」という人やリーズナブルに購入したい人、購入したことを周囲の人に知られてしまうのが心配という人は、自宅のパソコンからネットショップの様に購入できる「デジャスメディシン」がおすすめです。このショップはクオリティーの高い睡眠薬をとてもリーズナブルな価格で販売しています。個人情報保護もしっかりしているので、周囲の人に知られてしまうリスクもまずないというのも魅力です。
2020/11/20
健康維持のために欠かすことができない睡眠
グッスリ眠れた翌朝は、目覚めと同時にとてもすがすがしく感じます。また、疲れが取れてリフレッシュできたという幸せな気持ちになるものです。毎日、そんな睡眠だったら良いのにと思う人は多いことでしょう。

1日どのぐらいの睡眠時間を取っているかは、個人差があります。健康維持のために良いと言われている睡眠時間は、1日当たり7時間から8時間程度で、これは1日の3分の1に当たります。つまり私たちは、実質人生の3分の1を眠りに費やしているのです。

私達が眠っている間には、体内で新陳代謝が活発に行われています。新陳代謝が行われることによって、心身の疲労が回復したり免疫力が向上したりします。また、ストレスを解消することもできます。さらには、美肌効果や脳の若返り効果なども期待できます。

睡眠不足な状態が毎日続くと、私達の体はさまざまな部分に異常が起こります。朝起きても疲れていたり、頭がボーっとして集中力や判断力が欠けてしまったりすることもあるでしょう。また、持久力が欠けることによって、一つのことをまとまった時間続けられなくなってしまいます。そうすると、仕事にもマイナスの影響が出るでしょう。そうならないため、睡眠不足は慢性化しないうちに解消するのがベストです。

現代社会において、睡眠不足は多くの人に共通する悩みです。日本では30%以上の人は慢性的な不眠で悩んでいるとされています。また、日本以外の国でも不眠は大きな問題となっています。眠っているつもりでも睡眠の質が悪ければ、朝起きた時の爽快感を得ることはできません。また、日常生活が忙しすぎて睡眠時間を十分確保できない人も大勢います。

睡眠に関するトラブルのパターンは、大きく4つのタイプに分類できます。1つ目は、布団に入ってもなかなか寝つけない「入眠障害」です。体は疲れているのに脳が興奮しているために眠れないという人や、布団に入ってから眠りにつくまでに1時間以上かかってしまうという人は、このタイプに分類されます。

2つ目は、夜中に何回も目が覚めてしまう「中途覚醒」です。夜中に目が覚めると、そこから再び眠ることができずに朝を迎えてしまうのは、このタイプに分類されます。年齢を重ねると、夜中にトイレに行きたくなって目が覚める人が多くなります。これも一種の中途覚醒と言えます。

3つ目のタイプは、起きる予定の時間よりも早くに目が覚めてしまい、そこから眠れなくなる「早朝覚醒」です。他の睡眠トラブルと比較すると、それほど深刻なトラブルではありません。とはいえ、毎朝3時や4時に目が覚めてしまうことで、睡眠時間が慢性的に短くなってしまいます。

4つ目のタイプは、眠っているものの睡眠の質が良くない「熟眠障害」です。睡眠時間は十分確保しているはずなのに朝起きても疲れているという人や、眠りが浅くちょっとした音でも起きてしまうという人、あるいは眠っているのに眠っている気がしないという人は、熟眠障害の疑いがあります。

こうした睡眠障害は、普段の生活習慣を改善することで、ある程度解消することが可能です。例えば、眠る前にパソコンやスマホなど、脳を興奮させるような電子機器は使わないようにしましょう。また、寝室に遮光カーテンを設置してできるだけ暗くしたり、温度と湿度を調整して眠りやすい環境づくりをしたりするのも良いでしょう。また、アロマなどを使って神経をリラックスさせるのも効果的です。

睡眠不足の原因には様々な要素が挙げられています。その中でも特に多いのはストレスです。ストレスが原因で不眠に陥っている場合には、その原因をなくす努力を払わない限り根本的な解決にはなりません。もちろん、部屋の模様替えなどで睡眠の質を高めることはできるとはいえ、劇的な改善は難しいでしょう。

ですから、ストレスの原因解消に取り組むことが最善の方法です。とはいえ、社会生活において常に理想的な方法でストレスを解消できる人は少ないでしょう。そこでお勧めするのは、ストレスを発散する方法やルーティンを見つけておくことです。具体的には、運動やトレーニングをして汗をかく、感動できる映画を見る、あるいは趣味に没頭して嫌なことを忘れるといった方法が挙げられます。

そうしたストレス解消法と並行しておすすめなのが、睡眠薬を使った睡眠トラブル解消です。睡眠薬にはいろいろな種類があり、使われている有効成分も様々です。数ある選択肢の中から自分にピッタリの睡眠薬を見つけるなら、テジャスメディシンがおすすめです。ネットショップの感覚で自宅に居ながらショッピングができ、多種多様な睡眠薬の中から、自分にピッタリの薬を見つけることが可能です。しかも、海外で販売されている正規の医薬品をリーズナブルな価格で購入できるという利点があります。テジャスメディシンは、インドで正規に販売されている医薬品を中心として輸出業を行っている業者なので、安心感という点でもおすすめです。
2020/11/16
睡眠の質を下げ健康上の問題も引き起こすいびきについて
男性だけでなく、女性のなかにも睡眠中のいびきに悩まされている方は少なくないのではないでしょうか。ただ、女性の場合、あまり自分からいびきをかくことを人に言わないため、男性の方がいびきのイメージが強いと言えます。しかし、実際はいびきに男女差は関係なく、いびきをかきやすい人は女性にも多くいるものです。いびきが問題なのは、睡眠の質や健康にもかかわるからであって、単に外聞が悪いからではありません。ですので、いびきにお悩みの女性はしっかり対策して睡眠の質の向上を目指しましょう。

そもそもどうしていびきをかくのでしょうか。いびきの原因は上気道にあります。上気道とは鼻から喉頭までの呼吸器全体です。つまり、われわれが呼吸するたびに空気が上気道を通り、それ以下の肺側の器官へと出入りしています。いびきが発生するのは、空気がこの上気道を通る際に、上気道の狭い部分に当たって振動するからです。上気道は寝る時の姿勢や筋肉の緩みなどが原因で狭くなることもありますが、慢性的にいびきをかく人は上気道が常に狭くなっていることが考えられます。

上気道が常に狭くなっているのは、いびきだけでなく健康上大きな問題です。呼吸によって出入りする空気は必ず上気道を通り抜けるわけですから、その通り道が狭くなっているということは、十分な呼吸がしにくくなっている状態でもあります。起きている時ならともかく、睡眠中は呼吸がしっかりできないために、睡眠の質が低下したり睡眠時無呼吸症候群になったりなどの問題も起こりやすいのです。特に睡眠時無呼吸症候群には注意が必要で、この症状では文字通り睡眠中に呼吸が止まってしまいます。心筋梗塞や脳卒中などの病気の原因になることもありますし、居眠りしやすくなり運転中の事故の引き金になることもありますので十分な注意が必要です。

いびきに健康上の問題があることはわかりましたが、いびきをかきやすい人には何らかの特徴があるのでしょうか。実際、いびきをかきやすい人は男女ともに見た目からもある程度推測できます。まず、首が太く短い人はいびきをかきやすいです。いびきとは上気道が狭いために起こると述べたことからもわかるように、首周りに脂肪が付いていたり、もともと首が短かったりすると、上気道が塞がれやすいためにいびきもよくかきます。

また、いびきをかきやすい人は顎と舌の大きさの割合にも特徴があります。舌の大きさのわりに顎が小さい人は、気道の中に舌が落ち込みやすいため、それが上気道を塞いでいびきをかきやすいです。外見では、歯並びが悪くて顎の小さい人がこれに当たります。これは首の太さや短さとは関係ない特徴ですので、痩せている女性でもいびきをかきやすいことはあるということです。また、女性の場合、女性ホルモンの分泌量の影響で、加齢に伴っていびきをかきやすくなるとも言えます。この傾向は特に閉経後に顕著です。

外見的な特徴だけでなく、生活習慣からもいびきのかきやすさはわかります。たとえば、喫煙や飲酒の習慣がある人ほどいびきをかきやすいものです。飲酒の場合、アルコールの作用で筋肉が弛緩するため、睡眠中に上気道が狭くなってしまいます。喫煙の場合は、鼻や喉の粘膜が弱って、わずかな刺激で炎症を起こしてしまうからです。喉が腫れると上気道が狭くなっていびきをかきやすくなることは容易に推測できるでしょう。

また、喫煙や飲酒の習慣がない人のなかにも、睡眠中の姿勢によってはいびきをかきやすい場合があります。いつも仰向けで寝返りが少ない人はその傾向が強いです。また、仰向け寝の場合、鼻ではなく口で呼吸しやすくなるため、そのせいでますますいびきをかきやすいとも言えます。目が覚めた時にいつも喉がカラカラという人は注意してください。

このように、いびきのかきやすさは男女関係ないのですが、放置しておいても問題のないいびきもあれば、健康上重大なリスクがあるいびきもあるので注意が必要です。疲れている時にたまにかくだけなら特に心配はいりませんが、常にいびきをかき、いつも目覚めが悪い人は睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。

では、どうやっていびきをかかないようにできるのでしょうか。手軽にできるところでは、枕を変える方法があります。高すぎる枕では首が曲がって上気道が圧迫されやすいので、今よりも低い枕に変えてみましょう。特に、現在7センチ以上の高さの枕を使っている人は要注意です。

首が太っていて上気道が狭くなっている人はダイエットも検討してみましょう。余計な贅肉が落ちて首周りがすっきりすれば、いびき改善の可能性も高いです。

いびきのために慢性的に寝不足など睡眠障害のある方は、睡眠薬の使用も検討してみましょう。いびきだけでなく、誰でも何らかの原因で睡眠障害になることがあります。ストレスの多い現代社会では睡眠に問題を抱えることは珍しくありませんので、最近よく眠れずに困っているという方は試してみてください。睡眠薬は効果の持続時間によって選べるようになっています。
2020/11/12
不眠の改善に役立つ?GABAを摂取して質の良い睡眠を
睡眠の健康にお悩みの方は、GABAにも注目してはいかがでしょうか。最近ではグミやチョコレートなどのお菓子にもGABAを含有した商品があるように、今ではGABAの寝付きを良くする効果やストレス解消の効果などが知られるようになってきました。ただ、GABAとはどんなものなのでしょうか。本当に不眠の改善に役立つ効果があるのでしょうか。

GABAが発見されたのは1950年ごろとそれほど昔のことではありません。哺乳類の動物の脳の中から発見されました。それ以降、研究が進み、今では医療用医薬品においても重要な成分になっています。

GABAとは「Gamma-Aminoburyric Acid」というアミノ酸の一種です。哺乳類の脳の中にある成分ということは、われわれ人間も哺乳類なので当然体内にGABAは存在しています。また、体内で生成されるだけでなく、食べ物からも摂取できる成分です。われわれがよく食べる食べ物では、ミソや発芽玄米に多く含まれています。ふつうの白米よりも玄米の方がGABAを摂取するにはおすすめということです。

では、そんなGABAにストレス解消の効果があるとされる理由はなんでしょうか。それはGABAが脳波に与える影響が関係しています。GABAを摂取すると、われわれの脳内ではα波という種類の脳波が出るのですが、このα波とはリラックスしている時によく出る種類の脳波です。α波が出ると副交感神経を優位にします。副交感神経が優位な状態とは、日常では食後や寝る直前などです。つまり、GABAを摂取するとそのような精神状態に近くなります。食後や寝る前にリラックスしやすいことからもわかるように、GABAを摂取するとそのような状態に自ら持っていけるわけです。

体内のGABAはストレスを受けると大量に消費されます。ストレスを解消するために消費される成分なので、ストレス過多の人ほどGABAがたくさん必要です。大量に消費されると体内に存在するGABAだけでは足りなくなります。そのため、食事からもしっかり摂取することがストレス解消には大切なのです。

GABAにリラックスさせストレスを解消する働きがあることからも、これが不眠にも役立つことがおわかりでしょう。GABAは副交感神経を優位にさせます。副交感神経が優位な状態とは、寝る直前と似たような状態であることは先ほども述べた通りです。わかりやすくいうと、GABAには興奮を抑える作用があります。ケンカしてカッカしている状態ではなかなか眠れないですが、これは脳が興奮しているからです。GABAにはその状態を鎮めて、私たちをリラックスさせ、眠りやすい状態に導くのに効果があることが認められています。

実際、GABAによる寝付きの良さの効果は実験でも証明されています。ギャバ・ストレス研究センターによると、GABAを日中に摂取した場合、その夜はふだんより5~7分ほど早く寝付け、また、起きた時の目覚めも良くなり、睡眠中の質も上がったように感じたという人の割合が多数を占めました。

GABAに寝付きを良くして睡眠の質を改善する働きがあるのなら、不眠に困っている方は積極的に摂取したいと思うものです。では、どうやってGABAをしっかり摂取できるのでしょうか。ふつうに食事しているだけでもある程度は摂取できますが、より大量に摂取したいのであれば、GABA含有の食品を摂取することです。冒頭でも述べたように、今ではGABA含有のグミやチョコレートなども販売されています。コンビニでも簡単に買えるお菓子でGABAがしっかり摂取できるのです。

できれば、GABA含有のお菓子だけでなく、ミソや発芽玄米などの食品からも摂取するのが理想でしょう。お菓子の場合、GABAだけでなく糖分が気になります。GABAは1日30~50mgぐらい摂取するのが良いとされていますが、ストレス解消や寝付きを良くする効果を高めるには100mgほど摂取した方が良いとのことです。もちろんお菓子でもいいですが、カロリーや糖分の摂りすぎにならないように量を調節してください。白米を玄米に切り替え、ミソや漬物などをしっかり食べるのがおすすめです。

なお、体内でもGABAは生成されると述べましたが、生成されるにはそのための材料がいります。その材料とは、マグロやカツオなどの魚に多く含まれるビタミンB6です。魚以外ではニンニクやトウガラシにたくさん含まれています。体内に吸収されたビタミンB6は、たんぱく質を分解してアミノ酸にする働きを担います。GABAの生成に欠かせない存在です。

GABAは睡眠の質を高めるのに効果的な成分だということがわかりましたが、不眠に悩む方の場合、より即効性を求めることもあるのではないでしょうか。そういう場合は睡眠薬も検討してみましょう。睡眠導入剤なら服用したその晩に早速効果が表れます。効果の持続時間によっても選べるので、ライフスタイルに合わせやすいのも睡眠薬の良いところです。睡眠健康のためにもぜひ検討してみてください。
2020/11/09
うつにならないためにも睡眠薬で不眠の改善を
睡眠とうつには大きな関係があることをご存じでしょうか。うつに悩む人の多くが、「早く目覚めてしまう」、「なかなか寝付けない」など睡眠の問題を抱えています。睡眠に問題を抱えた状態が長く続くと、今度はそのことでうつを悪化させることもあるように、睡眠とうつには相関関係があるのです。

不眠もうつも、精神的だけでなく肉体的にも何らかの機能障害をもたらします。どちらの場合も脳が正常に働かなくなって、疲労感の増加、集中力や活力の低下などの生活上の問題をもたらすのです。単に眠れないだけでなく、不眠はうつと同じく生活に支障をきたす病気であることを認識してください。

うつ病の要因はさまざまですが、身体的であれ精神的であれ何らかのストレスが要因となって脳に問題を起こします。具体的には、ドーパミンやセロトニン、また、ノルアドレナリンといった脳の神経伝達物質のバランスが崩れた状態です。そのせいで脳の機能がうまく働くなり、気分が沈みがちになったり、何をしても楽しくなくなったりといった状態になってしまいます。それが一定期間続くようなら、うつ病と診断されるでしょう。ですので、うつ病とは単に一時的に気分が落ち込む状態とはまったく異なります。ちょっと気分が優れなかったり、不安を抱えた状態でうつと言う人もいますが、実際のうつ病はそうした精神的な症状だけでなく、倦怠感や食欲の減退、さらには睡眠障害などの肉体的な影響も大きいのです。

不眠イコールうつではありませんが、うつを引き起こす睡眠障害として気をつけるべき症状です。不眠と一口に言っても、なかなか寝付けない、寝付いてもすぐに目が覚めてしまう、熟睡できないなどさまざまな症状があります。ただ、不眠と診断される場合は、その状態が1か月以上続き、さらには日中にもめまい、食欲不振、抑うつといった症状が表れるのが特徴です。不眠が長期間続くと、睡眠だけでなくふだんの生活の質も著しく下がってしまうため、社会生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

先ほど、不眠によって抑うつ症状が表れることを述べましたが、逆に、うつ病の人が不眠を訴えるケースも多いです。十分に眠ることができない生活が続くと、それが精神的にも不安などのストレスとなって、さらにうつを悪化させることがあります。うつが悪化すればさらにそれが不眠を加速させ、その不眠がさらにうつを…というふうに、不眠とうつのスパイラルに陥ってしまう人も珍しくありません。「自分は不眠だけでうつではない」という人も、場合によってはうつ病を発症させる恐れがありますので、眠れない日が続くようなら早めに対策を取るようにしましょう。

このように不眠とうつが関係していることから、睡眠状態の改善によってうつの改善も期待できます。また、一度うつを患ったことのある方は、ふだんの睡眠に注意を向けてみましょう。「最近あまり眠れないな」と感じる時は要注意です。その状態がうつの再発にもつながることがあるため、再発防止のためにも日ごろから睡眠状態のチェックを欠かさないようにしましょう。

うつには、すぐに寝付けないなどの睡眠障害の症状が見られることが多いです。なかなか寝付けなくて翌日のことが不安になるなど、ネガティブ思考になる傾向もあります。また、寝付けてもすぐに目が覚めて、疲労が取れないなどの問題も大きいです。うつがひどくなると生活リズムも乱れてしまい、社会生活を送ることもままならなくなってしまいます。悪循環に陥る前に不眠の改善からでも始めましょう。

不眠にはおもに3つの症状があります。一つは入眠障害です。文字通りなかなか入眠できないのが特徴で、布団に入ってから30分も1時間も眠れずに過ごしてしまいます。人によって寝付きの良さは違いますが、寝付けないことが苦痛になり、それが長期間続くなら入眠障害と思ってよいでしょう。

いったん眠っても夜中に目が覚め、一度目が覚めたらもう一度眠ることができなくなる状態を中途覚醒と言います。睡眠は加齢とともに浅くなるため、高齢者に多く見られるのが特徴です。うつの人によく見られる症状ですので注意しましょう。

もう一つが早朝覚醒です。早朝に目が覚めてしまうことですが、単なる早起きではなく、予定時間より大幅に早く起きてしまい、二度寝したくても寝付けなくなってしまう状態のことを言います。なお、早朝に覚醒しても、日中を問題なく過ごせるようなら問題ありません。

不眠とうつには深い関係があることがわかりましたが、眠れないことが悩みの原因と思うのであれば、睡眠の改善を目指しましょう。それには睡眠薬が有効です。最初からあれもこれもすべて解決しようと思ってもできるものではないですし、うつの場合、頑張りすぎるとかえって症状を悪くしてしまいます。ですから、まず睡眠薬で夜しっかり眠れるようになることを目指し、それから日常生活においてもさまざまな感覚を正常に取り戻せるようにマイペースで進んでいきましょう。
2020/11/06
睡眠と美容の関係!睡眠不足が改善しない場合は睡眠薬の検討も
睡眠不足が美容に良くないということは一般的によく知られています。ということは、しっかり睡眠を取ることができれば、それは美容にも良い影響があるということです。では、そもそもなぜ睡眠が美容に良い効果をもたらすのでしょうか。

私たち人間の肌は、およそ6週間ですべて入れ替わっていることをご存じでしょうか。いわゆる「肌のターンオーバー」と言われるサイクルですが、このターンオーバーが活発になるのが眠っている時です。睡眠中には浅い睡眠の「レム睡眠」と深い睡眠の「ノンレム睡眠」が繰り返されることはよく知られていますが、後者のノンレム睡眠のときに成長ホルモンが活発に分泌され、それが肌のターンオーバーを促進します。

また、夜になると人間の脳では、松果体という部位からメラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されるようになっています。また、メラトニンには、睡眠を促すだけでなく成長ホルモンの分泌も活発化する働きがあるほか、老化を防ぐ抗酸化作用も強いのが特徴です。ですので、お肌の美容やアンチエイジングのためにはメラトニンをしっかり分泌させることが大切なのですが、メラトニンの分泌を正常に促すには、睡眠時間が重要になります。

睡眠不足でお肌の調子が悪くなることは多くの人が実感していることですが、実際、睡眠不足の美容への悪影響は実験によっても明らかになっています。イギリスのある寝具メーカーは、被験者を6時間睡眠と8時間睡眠を取る2つのグループに分けて、美容や精神状態にどのような影響が出るかを調べました。その結果、6時間睡眠を続けたグループは、わずか数日で8時間睡眠のグループよりもシワやシミが増加したそうです。また、肌の赤みも8時間睡眠のグループより増しました。さらには、精神状態にも大きな変化が表れ、6時間睡眠のグループは、8時間睡眠のグループよりも自尊心の低下や気分の落ち込みが見られたことがわかっています。

よく「適切な睡眠時間は何時間か?」といったことが論じられますが、実際は、適切な睡眠時間は個人差が大きいため、一概に何時間とは言えません。ただ、自分のベストの睡眠時間よりも実際の睡眠時間が短くなるほど美容や精神状態に悪影響を及ぼすことは、上記の実験からもおわかりいただけるのではないでしょうか。

美容の基本はお肌を健康に保つことです。その健康は睡眠によってもたらされるわけですから、もし睡眠に問題を抱えていると、いくら高価な化粧品やスキンケアアイテムを使っても根本的な改善には至らないことが明らかでしょう。もし最近お肌の調子が良くないと感じるのであれば、最近の睡眠時間を振り返ってみてください。寝不足が続いているという自覚があるなら、睡眠時間を延ばすだけでもお肌の感じが違ってくるはずです。

ここまで睡眠と美容の関係を見てきましたが、睡眠によって良い影響が及ぼされるのは美容面だけではありません。質の良い睡眠が肥満の防止にも役立つことをご存じでしょうか。これも実験で報告されたことですが、睡眠時間が短くなるほど、脂質や糖分を多く含む食べ物を食べたくなるとのことです。夜遅くまで活動しているとお腹が空くのは当然ですが、日中にお腹が空く時と比べてより太りやすい食べ物が欲しくなるわけです。また、早く寝れば夜食を食べることもなくなるので、単純に摂取カロリーの関係で肥満の予防になります。ダイエットに励んでいる方は、まずはご自身の睡眠を見直してみましょう。

質の良い睡眠には死亡リスクを下げる作用があることも知られています。上で述べたように、睡眠不足は肥満を引き起こしやすいわけですが、肥満になるとリスクが高まるのが糖尿病や高血圧の発症です。たとえば高血圧が脳卒中や心筋梗塞の原因になることはよく知られているように、睡眠不足から肥満につながり、その肥満が今度は死亡リスクの高い病気を引き起こすことがあります。ですので、美容や精神の健康はもちろんですが、肥満を防ぎ死亡リスクを下げるためにも、質の良い睡眠をしっかり取れるように努めてください。

とはいえ、努力だけではなかなか思うようにならないのが睡眠です。「努力して眠れるなら不眠症なんかで困らない」なんて方は少なくないのではないでしょうか。不眠症にはさまざまな原因が考えられ、ふだんの生活習慣が大きく関係しているので生活習慣の見直しが必要なのは確かですが、それでも改善しない場合は睡眠薬を検討するべき段階に入っています。

睡眠薬には入眠を促す働きがあります。不眠で困る人の多くはなかなか寝付けないことに悩んでいる方も多いはずです。睡眠薬で寝付きが良くなれば、それだけでも睡眠時間の確保につながるでしょう。しっかり睡眠時間が確保できるようになれば眠りの質も高まりやすくなるため、美容や精神状態への良い影響、さらには健康リスクの軽減などの良い効果が期待できます。自力で睡眠不足を改善できない場合は、ぜひ睡眠薬を試すことも考えてみてください。
2020/11/04
睡眠薬を使用する前にチェックしておきたいこと
夜なかなか寝付けないことが続くと、睡眠薬という選択肢も検討することになるでしょう。しかし、これまで睡眠薬を一度も使ったことがない方の場合、誤ったイメージを抱いている可能性もありますし、そもそも効果があるものなのかと疑問に思っている場合も多いはずです。

そもそも何をもって不眠症と言うのでしょうか。その定義はともかく、日本人には不眠症で悩んでいる人が非常に多く、一説には国民病とも呼ばれています。ある調査によると、およそ5人に1人の人が自分の睡眠に何らかの問題を自覚しているとのことです。この傾向は年齢を重ねるほど顕著になり、60歳以上となると不眠症に悩む人が3人に1人もの高い割合になることが知られています。

そこで改めて不眠症の定義を確かめてみると、入眠障害や中途覚醒、また、寝付けても熟睡できないなどの睡眠に関する問題が1か月以上続いており、そのせいで起きている間の集中力や意欲の低下、倦怠感などが見られる状態であることとされています。1か月以上という期間がポイントですから、数日よく眠れないだけでは医学的に不眠症とはみなされないということです。実際、数日で改善するようなら、睡眠薬の力に頼る必要もないでしょう。

とはいえ、数日程度ならともかく、睡眠に問題を抱えたまま何週間も過ごしていると、日常生活にもさまざまな問題が起こってくるものです。こうなると睡眠薬も検討する段階ですが、その前に何が睡眠の問題になっているか原因に心当たりがあるかどうかをよく考えてみましょう。毎晩コーヒーをガブガブ飲んでいるようなら、コーヒーに含まれるカフェインの影響であることが明らかです。また、夜遅くまでパソコンやスマホのブルーライトを浴びていると、それが睡眠を阻害する原因となることもよく知られています。

このような例はわかりやすい方ですが、実際は、ふだんの生活習慣のなかで思わぬことが睡眠の邪魔をしていることもあるものです。それを見落としたまま睡眠薬に頼っても十分な効果が期待できませんから、まずはふだんの生活を見直し、一日のスケジュールがどうなっているかを確認しておきましょう。

生活習慣に直接睡眠を阻害するような要因が見当たらないようなら、いよいよ睡眠薬の検討を始めます。ただ、やみくもに購入する前に、睡眠薬と一般に言われるものには睡眠改善薬と睡眠導入剤という2つの種類があることに注意しましょう。睡眠改善薬とは、その名の通り睡眠を改善するためのもので、おもに一過性の不眠に対して用いられます。ドラッグストア等でも見つかるでしょう。一方の睡眠導入剤とは、それ以外の種類の睡眠薬のことです。ドラッグストア等では市販されていません。

一過性の不眠ならドラッグストアで購入できる睡眠改善薬で対応できますが、睡眠の問題が長期間続くようなら睡眠導入剤を検討するべきです。ただ、睡眠導入剤にも種類がいくつかあります。おもに薬の作用する時間によって種類が分かれており、作用する時間の短い方から、短時間作用型、中間作用型、そして、長時間作用型という分類です。どれもベンゾジアゼピン系の薬ですが、具体的な名前としてはデパスが短時間作用型、サイレースが中間作用型の睡眠導入剤としてよく知られています。

睡眠導入剤は作用する時間に合わせて選ぶことになりますが、服用する前に注意しておくべきことも事前に確認しておきましょう。特に作用時間の長い睡眠導入剤を服用して眠った場合、起きた後も十分に覚醒していないことがあります。そのため、眠気が続いたり、眠気のせいでふらついたり転倒したりといった危険性もありますので、その点はよく注意しておいてください。

また、睡眠以外にも健康に問題を抱えていて、そのための薬も服用しているという方はより注意が必要です。他の種類の薬と併用して睡眠導入剤を服用すると、副作用が強く表れる危険があります。ですので、自分で購入して服用する際は、パッケージや説明書の注意書きをよく読み、用法と用量をよく守って服用することを心がけてください。

睡眠薬は正しい方法で用いれば、睡眠の問題を解消して健康な生活をもたらしてくれます。ただ、生活のどこかに問題があって、それが不眠を引き起こしていたのだとしたら、睡眠薬で一時的に症状が改善したとしても、それはあくまで一時的なものであり、問題の根本解決とはなりません。睡眠薬で眠れるようになったからといって安心してしまわずに、ご自身の生活を振り返り、改善できるところはちゃんと改善するようにしましょう。

たとえば、お酒が好きな方によくありますが、寝る直前まで深酒していないでしょうか。アルコールは少量なら睡眠導入の働きをもたらしますが、量が過ぎると脳を覚醒させてしまいます。また、アルコールが体内に残っている状態で睡眠薬を服用すると、効果や副作用が強く表れるリスクも考えられます。不眠でお悩みならなるべくアルコールを避け、少なくとも夜遅くまで飲むことは控えるようにしてください。
2020/10/30
睡眠による健康効果とサポートに用いられる睡眠薬について
上手く眠ることができない、しっかり寝ているはずなのに朝起きてもスッキリしない、そうした症状が見られる場合には、まず薬で治療を始めるよりも前に、生活習慣の見直しや睡眠時の環境改善を検討することでスムーズに眠りを導入ための対策を行うことが先決です。
しかしながら、それでも快適な睡眠を得ることができなかった場合には、我慢をせずに睡眠薬によるサポートをおすすめします。

日本人の平均睡眠時間は欧米と比較しても短く、男女ともに7時間半前後です。その上で5人に1人は何らかの睡眠時の不調や障害を抱えていると言われており、睡眠時間が短いだけではなくその質も問題視されています。
こうした睡眠不足は血圧の上昇や糖尿病の罹患リスクを高め、動脈硬化などの生活習慣病の要因になるともされているため、健康を意識して早めに布団に入ることを習慣づけようとするかたも少なくないでしょう。
しかし、睡眠時間が十分であれば休息もしっかり取れるとは言えないのが問題です。

睡眠はより深い眠りとなる「ノンレム睡眠」、浅い眠りとなる「レム睡眠」が一晩で4回から5回ほど繰り返されています。
ノンレム睡眠は脳下垂体からは骨格形成や疲労回復、細胞の修復やホルモンバランス調整に欠かすことができない成長ホルモンが多く分泌され、身体の調子を整える効果が見込める睡眠です。
疲れている時や前日の睡眠が不足している時にも回復のためにノンレム睡眠が出やすくなり、いつもよりもよく眠れることを自覚しているかたも少なくないでしょう。
この時、脳は休息状態に移行しますが、筋肉の活動は活発になるため、寝返りを打つのもこのタイミングです。
特に疲労が溜まっている部位を動かすことで回復が促され、熟睡することで心身ともにリフレッシュすることができます。
そんなノンレム睡眠の中でも、一番深い眠りについているのが1周目に訪れる90分間です。
スムーズな睡眠の導入こそ質のいい睡眠をとるポイントとされているのも、こうした理由があります。

もう1つのレム睡眠中は、逆に脳が活動し筋肉が休息を得ている状態で、夢を見るのもレム睡眠時です。
情報を整理して記憶として定着させる重要な時間で、脳の発達と精神安定を得るために必要でもあります。
覚醒が近づくとレム睡眠が増えていき、身体も温まって快適な朝を迎えることが可能。
双方の睡眠時間をバランスよく取り、ぐっすりと眠れたと満足感を覚えられるように、快適でな睡眠を得ることこそ健康維持に不可欠なのです。

単純に睡眠時間の不足を感じている場合には、なるべく長く布団に入っていられるように生活を改めること。
寝ているはずなのに疲れが取れない、スッキリとしないいう場合には、質のいい睡眠を取れるように工夫をすることをおすすめします。
就寝前の食事は3時間前には済ませておき、胃腸の活動が落ち着いてから寝るように心がけましょう。
なるべく身体を冷やさないように温かいものを食べ、軽いストレッチを行い、お風呂にも入って体温を上げることでスムーズな入眠を促せます。
放熱しようとして血管が開かれることで副交感神経が優位になるため、リラックスしやすいのです。
快眠をもたらす寝具にもこだわるの効果的です。

一方で、対策しているにも関わらずに入眠が困難であったり質が改善しない場合には、医師に相談をして睡眠薬の利用も検討してみてください。
睡眠薬にはいくつか種類がありますが、近年利用されているものの多くが鎮静型のべンゾジアゼピン系のものです。
こちらは脳の活動を鎮静させる効果があり、元々は抗不安薬として作られました。
同様の効果を得られるものには麻酔薬として開発されたバルビツール酸系もありますが、こちらは睡眠薬としては現在あまり使用されていません。

他にも、眠気自体が訪れにくいかたには、メラトニン受容体作動薬も使われています。
脳にある松果体という部位から発生し、体内時計を整えたり睡眠の誘発に深く関係しているホルモンであるメラトニン。
これが正常に作られなくなってしまうと不眠の症状が出るため、不足分を補うように同様の働きをする薬を利用することで改善を目指すことができます。

もう1つがオレキシン受容体拮抗薬です。
こちらは覚醒維持に関係する神経伝達物質、オレキシンの働きを抑えることで眠気を促す薬で、依存性が低いのが特徴になります。
近年でもどんどん眠りのメカニズム解明が進められており、個々の不眠の原因を細かく分類、特定した上でそれぞれの症状に合った薬が使われるようになってきました。
治療も際にもどういった症状が出ているのか入念なカウンセリングが行われていますし、薬の効果を十分に理解するだけではなく、同時に快適な睡眠を得るための工夫についても、専門家にアドバイスを受けて改善を試みることができます。
生きていく上では必ず取らなければならない睡眠だからこそ、バランスのいい睡眠サイクルを維持できるように、自分に合った対策を行っていきましょう。
2020/10/29
一般的な睡眠薬の種類や仕組み、効果について
人間は、その生涯のうちの3分の1~4分の1を寝て過ごすという生き物で、睡眠は健康な体や精神を維持するためには必要不可欠なものです。
しかし、現代社会ではストレスなどでその睡眠が正しく行われないという方も増えていて、睡眠障害を解消する手助けとして眠剤・睡眠導入剤といったいわゆる睡眠薬を使用している方もいます。
正しく服用することで健康維持に大きな効果を発揮するこれらは、ただ一言に睡眠薬と言っても様々な種類・効能があるのです。

・睡眠薬の分類

睡眠薬は、その作用時間や薬の種類、作用メカニズムの違いから様々な種類に分類されています。
まず、作用時間による分類は次のようになっています。

1.超短時間型(半減期が2~4時間程度)
2.短時間型(半減期が6~12時間程度)
3.中時間型(半減期が12~24時間程度)
4.長時間型(半減期が24時間以上)

次に、薬の作用メカニズムによる違いでの分類は次の通りです。

1.非ベンゾジアゼピン系
2.ベンゾジアゼピン系
3.メラトニン受容体作動薬
4.オレキシン受容体拮抗薬
5.バルビツール酸系

これらの種類によって作用が違い、「脳の機能低下を誘発する作用」と「自然な眠気を強力にする作用」の2つがあります。
上記の5つのメカニズムのうち、脳の機能低下を誘発する作用を持つのがベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系の3つで、自然の眠気を強力にする作用が、メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬となっています。

・睡眠薬の商品名と一般名

睡眠薬と言えば、ハルシオンやマイスリーといったものが有名で、これらの名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。
これらは製薬会社から販売されている商品名で一般名とはまた別の名前なのですが、一般名としてはハルシオンはトリアゾラム、マイスリーは ゾルピデムとして知られています。
現在主に使用されている睡眠薬の一般名(商品名)は次の通りです。

ゾルピデム(マイスリー):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型
トリアゾラム(ハルシオン):ベンゾジアゼピン系・超短時間型
ゾピクロン(アモバン):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型

エスゾピクロン(ルネスタ):非ベンゾジアゼピン系・超短時間型
ブロチゾラム(レンドルミン):ベンゾジアゼピン系・短時間型
ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール):ベンゾジアゼピン系・短時間型

リルマザホン(リスミー):ベンゾジアゼピン系・短時間型
フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース):ベンゾジアゼピン系・短時間型
ニトラゼパム(ベンザリン、ネルボン):ベンゾジアゼピン系・中間型

エスタゾラム(ユーロジン):ベンゾジアゼピン系・中間型
ニメタゼパム(エリミン):ベンゾジアゼピン系・中間型
クアゼパム(ドラール):ベンゾジアゼピン系・長時間型

フルラゼパム(ダルメート、ベノジール):ベンゾジアゼピン系・長時間型
ハロキサゾラム(ソメリン):ベンゾジアゼピン系・長時間型
ラメルテオン(ロゼレム):メラトニン受容体作動薬

メラトニン(メラトベル):メラトニン受容体作動薬
スボレキサント(ベルソムラ・デエビゴ):オレキシン受容体拮抗薬

・睡眠障害の症状と適した睡眠薬の選び方

睡眠障害にはいくつかの種類があって、それに合わせた睡眠薬を使用するのが効果的です。

超短時間型は、効果のピーク時間は1時間未満、効果自体は2~4時間程度とされています。
普段は睡眠障害が起きていない一過性の時や布団に入ってもなかなか寝付けないような入眠困難の時に利用するのが効果的です。

短時間型は、効果のピークが1~3時間、効果自体は6~10時間と続くため、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒の方などに適しています。

中間型は、効果のピークは短時間型と同じく1~3時間ですが、作用時間は20~24時間と倍以上となっています。
中途覚醒であったり、早朝に目覚めてしまって眠れなくなる早朝覚醒の方などに適していると言えるでしょう。

長時間型は、効果のピークは3~5時間、作用時間は24時間以上です。
中途覚醒や早朝覚醒、熟睡出来ない熟眠障害などに適していて、慢性的な睡眠障害が続く場合に利用するのが最適です。

・睡眠薬と睡眠の質の関係

睡眠には2種類あって、体は休んでいるが脳は起きているレム睡眠と脳も体も休んでいるノンレム睡眠の2種類があります。
ノンレム睡眠には4つの深度に分けられていて、睡眠薬の種類によってはこの睡眠の質が変わってきます。

一番多く使われているベンゾジアゼピン系は、浅い眠りを増やす効果があり、熟睡しづらくなる性質があります。
非ベンゾジアゼピン系は、レム睡眠や浅い睡眠には影響ありませんが、熟睡しやすくなる性質です。
オレキシン受容体拮抗薬は、レム睡眠を増やしつつ熟睡しやすくするといった性質があり、メラトニン受容体作動薬は自然な眠気を誘い、本来の睡眠の質に近づける性質があります。

・最後に

睡眠薬を効果的に使うためには、自身の睡眠障害の度合いや期間をしっかり把握して、それに合う物を選ばなくてはいけません。
上手に利用すれば睡眠の質を確保して健康に過ごす事が可能になりますので、利用の際にはどんな薬なのかを知った上で利用しましょう。
2020/10/26
睡眠薬が効かない?正しい使い方とコツを教えて!
眠れないという事は、人間にとって一番辛いことかもしれません。現代社会では、色々なストレスに見舞われるので眠れなくて睡眠薬を使うという方も多いかもしれません。

睡眠薬は、上手に使えば睡眠をコントロール出来て日常生活を快活に送る手助けになるものなのでしっかりと使い方をコツを知ることも大切です。

今回は、睡眠薬が効かない場合の正しい使い方とコツをご紹介します。

まず一番大切なポイントは服用時間です。睡眠薬は、一番効果を発揮するのが服用後30~60分後なのでその時間に眠れる体制を整えて置くことが重要です。

それを逃してしまうと逆に睡魔が去ってしまい眠れない状態に陥ります。一旦睡眠薬を飲んでしまっているのでしばらくは飲めないので結局眠れないスパイラルに陥ってしまうのです。

そのため、この時間に寝るとまず決めてから睡眠薬を服用したらそのまま安全に眠れる体制の場所で横になりましょう。これをすることで体内リズムも整ってきて次第にこの体制になると眠くなるという身体の癖がついて来る場合もあります。

もう一つ、初めて睡眠薬を使う場合や今まで飲んだ事はあっても新しく少し効き目が強い物を使う時には効き目が強すぎて起きたい時間に起きられなくなる可能性や起きたとしてもふらついてしまう事があるので注意が必要です。

相談する必要がありますが睡眠薬を半量にして服用するなど慣れるまで調整する事でうまく活用できる場合が多いです。

先ほどお話しした睡眠薬が効きすぎてのふらつきにも初期は特に注意です。体質によって薬の効きには、個人差があります。服用後にふらつきにより眠れなくなる前に寝る場所に居る事が大切です。

そこらへんも注意ポイントになります。

そして、次に基本的な事ではありますがお薬の容量は守りましょう。睡眠薬の効きが弱いからと言って自己判断で増やしてしまう人がいますがこれは実はとても危険な事です。

前回大丈夫だったから今回も大丈夫という事でもなくその時の体調やコンディションによっては危険な状態になることもあります。


睡眠剤を使いたい時には、神経が高ぶっている事が多いのでリラックスしたいためにもお酒を飲む方もいるかもしれません。

もしかしたら、お酒で睡眠薬を服用する人もいるかもですがこれは、大変危険な行為なのでやらないでください。

基本的にお酒を飲むとリラックスして寝つきが良くなる場合もあるのですがその後の睡眠が長く続かないつまり途中覚醒する事が多いのです。

さらに、お酒の成分と睡眠剤の成分が合わさることで色々な意識障害やふらつきなどの影響が身体に出ることがあるのです。

そしてアルコール依存症になる可能性も高まるので一緒に飲むことは控えましょう。

ここまでは、睡眠薬を服用する時の注意点を挙げました。次に、睡眠薬を生活にうまく使うコツについてお伝えします。うまく使えば危険も無く逆に生活を楽にしてくれるので覚えておくと便利ですよ。

まず色々なタイプのものがあるのでご自分の生活パターンに合わせて主治医としっかり相談する事がうまく使うコツになります。

あなたが寝つきのみが悪いタイプでしたら本来は、超短時間型を使うのが推奨されますが服用する薬が長時間型だった場合は、あなたの生活にマッチしているとは言えません。

寝つきだけを良くしたいのに起きる時間になってもぼんやりが抜けない1日中ぼーっとしてしまいミスが多く起きるなんてことになれば社会生活に支障が出る場合もあるからです。

そのため、自分の使う睡眠剤をしっかりと選択する事が必要です。

使いはじめには、どんな効き目が出るか予想がつかない部分があるので出来れば翌日は予定のない日で眠気が取れなくても支障が無い日を実験日として設けておくと安心感から使い方の研究が出来ます。

睡眠剤を使う時に大事なのは、使う方の安心感でもあるのです。この薬を使えばしっかりと眠ることが出来るからと考えることも入眠にとてもいい影響を及ぼすからです。

いずれ自分のリズムで眠れるようになるためにも上手にお付き合いして自分なりの体質や薬の効果の現れ方を掴むことも大事なのです。

それでも何だか効き目が良くないと感じる場合、下記の様な事がないか考えてみてください。

昼間にカフェインや煙草を摂り過ぎている事は無いかです。カフェインや煙草には、ニコチンが含まれています。

ニコチンは、目を覚まさせる効果がありカフェインに弱い人が夕方にコーヒーを飲んだら夜眠れなくなったなんて話は良く聞きますが折角眠剤を飲んでもニコチンの効果で相殺されて効き目が出ないという事があるのです。

なので、思い当たる方は、カフェインや煙草を減らしてみると効果があらわれるかもしれません。

他にも、自分のリラックスする空間を作っておくことで入眠の気持ちが高まる事も知られています。アロマオイルや癒しの音楽を流してリラックスするという事も非常に効果的な場合があります。

人によって、リラックス効果は個人差があるので自分の効果的な方法をみつけるのも睡眠薬を上手に使うコツになります。
2020/10/23
「睡眠薬の効果や睡眠健康について」
「睡眠薬の効果や睡眠健康について」詳しく解説していきたいと思いますので、参考になれば幸いと考えております。

「睡眠薬とは?」
睡眠薬とは簡単にわかりやすく説明すると「なかなか眠ることができない」「寝つきが悪い」と睡眠障害を抱えている方の、症状を改善するために用いられるのが睡眠薬です。
睡眠薬は大きく分けると2つに分類されます。

・「超短時間作用型」

この「超短時間作用型」というのは、寝つきをよくするための薬と考えてください。睡眠導入のためのお薬です。
この系統のお薬で眠ることができれば徐々にお薬の量を減らして、自然と眠ることができるようになります。

・「短時間、中間、長時間作用型」
「短時間、中間、長時間作用型」の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬に該当します。
このように短時間と中間、長時間と分類されており症状によって時間が長くなっていくのです。
このように睡眠薬の効いている時間が長い、=薬が強いということになってきます。

「短時間作用型の睡眠剤デパスの効果」
これは自分が体験したことなのですが、睡眠剤のデパスの効果を解説していきたいと思います。
あれは6年前の事です。この時の僕は中々眠りにつくことができずに悩んでおりました。
早く寝るようにしてもダメ、ストレスを溜めないようにしてもダメ、好きなものを食べてもダメという状態でした。
おかげで1日の睡眠時間が2時間や3時間。ひどい時は30分や1時間しか眠れないというものでした。この状態で仕事や生活をするものですから、仕事や生活の質は下がるばかりでした。

悩みに悩んでから、自分ではどうしようもないと判断してから、母親に悩みを相談しました。
悩みを相談したところ母親から、「不眠症じゃん。デパスでも使ってみたら?結構、症状は良くなると思うよ」と教えられて、デパスに関してネットで調べてからデパスを用意しました。
因みに母親も昔、睡眠障害を経験したらしくその時にデパスを使って症状が改善されて快眠できているとのことでした。
デパスは1日3回1錠ずつというものでした。この通り飲んでみたところ、精神的にもなんだか楽になりましたし、肩こりも少々ですが改善されました。
そして、睡眠に関しての効果ですが、その日の夜からすっと眠りにつくことができるようになったのです。
しかもきちんと8時間ガッツリと睡眠が取れるようになり、仕事面でもメンタル面でも生活が充実したものとなりました。
もちろんですが、睡眠がガッツリと8時間取れているので疲れというものがなくなり、アクティブに活動するようになりました。

デパスの他にもサイレースやマイスリー、何日も何時間も眠れないという人はコントミン等の睡眠薬(睡眠導入剤)が用いられるようです。
因みにコントミンは劇薬に分類されるようなので、特に用法用量を守るようにしてください。
このように軽い睡眠障害ならば短時間作用型のデパスを用いれば僕のように改善して、今ではデパスいらずで眠ることができるようになりました。
デパスは睡眠障害への効果のほかにも、向精神薬や肩こりに関しても効果があるとのことでした。
僕の場合ですが、デパスを使ってみて本当に良かったと思っております。
また睡眠障害に悩まされることがあれば、デパスを用いてみたいと思っております。

「睡眠健康について」
最後に睡眠健康について解説をしていきたと思います。
基本的に人間の1日の最適な睡眠時間は8時間とされております。しかしながら、加齢と共に睡眠時間が短くなるというのも事実のようです。
これは体内時計が加齢によって変化します。よって体温やホルモンが睡眠を支える機能が前倒しになるために、睡眠時間が短くなります。
各個人によって最適な睡眠時間というのは違ってくるというのも事実なのです。
よって1日8時間というのは目安であり、30代~40代だと約6時間~7時間。50代~60代となると約5時間~6時間という睡眠時間になります。
このように年齢によって睡眠時間の変動はあれど、睡眠時間をきちんと確保をして、質の高い睡眠を心掛けることで身体の健康は保たれます。

いつでもフレッシュでベストコンディションな状態の方は、質の良い睡眠をしていると考えて良さそうですね。
質の高い睡眠をとることで仕事面でのパフォーマンス等があがります。記憶力や処理力、感情のコントロール等も良くなるのです。
このように睡眠というのは我々の身体の健康を司る重要な役割を担っています。
あまりにも睡眠時間が短いと、身体の健康面にもメンタル面にも良い影響はありませんので注意したいところです。

高血圧になったりする方もいらっしゃるので気を付けましょう。
現在、睡眠障害等でお悩みの方がいればこの記事を参考にしていただきまして、必要であれば睡眠薬(睡眠導入剤)等を用いて睡眠障害と向き合い、徐々に睡眠障害を改善していきましょう。
必ず睡眠薬(睡眠導入剤)の用法用量は守りましょう。
睡眠障害や睡眠不足を上手に解決しながら、自分の身体の健康をコントロールして充実した日々を過ごせるようにしていきましょう。
2020/10/21
睡眠薬の服用によって得られる健康
睡眠はある意味食事よりも大切な健康に関わる行動です。
人間の欲求のひとつとされていますが、睡眠時に脳が休まることによって脳内の不要な物質が除去されることが近年判明し、これはアルツハイマーとも大きな関係があるともされて医学界では大変な注目を集めています。
またアルツハイマー以外にも日々を生きていく上で疲労感を取り除く睡眠と言う行為は大変重要です。食事と違ってサプリメントで代用することはできません。

睡眠とはレム(急速眼球運動)睡眠という夢を見ている時の睡眠とノンレム睡眠といった種類がありますが、脳の不要な物質を除去するノンレム睡眠が大切と言われています。
ノンレム睡眠とは端的に言えば「ああ、よく眠った」という気持ちの良い目覚めを迎えた時はノンレム睡眠を取れていますし、眠り足りない等翌朝の疲労感が残っている時はほとんどノンレム睡眠を取れていません。
そして睡眠障害になるとこのレム睡眠とノンレム睡眠がごちゃごちゃになる、ほとんど眠れなくなる等してノンレム睡眠によって脳の不要な物質を除去することが出来なくなってしまいます。
そうすると睡眠負債と近年呼ばれているものがどんどん溜まってしまい、生活における質(QOL)が極端に下がってしまいます。
それによって日常生活に支障をきたしてしまう恐れがある恐ろしい病気なのです。

場合によっては睡眠障害由来の事故なども起こる可能性があります。
そしてそれはストレスの多い現代社会で生きる私たちには大変身近な病気でもあり、決して他人事ではありません。
特に睡眠負債といわれる睡眠の借金は、日本では年々増加傾向にあるとされ危惧されています。
そこで薬を服用して眠気を誘い十分な睡眠を摂る必要があるのです。

薬で眠るなんて不自然という見方もありますが、上記のように睡眠負債を貯めてしまうことの方がより不自然で危険です。
どうしても自力で眠れることが出来ないなら薬を飲むということは不自然ではありません。
頭痛のある人が頭痛薬を服用したり、花粉症の人が抗ヒスタミン剤を服用することのように、睡眠障害で薬を服用することは全く持って自然なことなのです。
薬を服用する罪悪感や恐怖感を取り除くことも、睡眠障害の改善には大変重要なことです。

よく、運動不足で寝付けないのだから本当に疲れたら泥のように眠れるはずだといった意見もありますが、これは全くの誤解です。
どんなに運動をしたりフルで仕事をしても発症する時には発症してしまうのです。
その睡眠不足の状態でそれらのような仕事を続けることはあまりにも酷で本人にしか分からないつらさという孤独に近い病気でもあります。
そしてその心理的ストレスによってより睡眠障害を悪化させてしまう可能性もあります。

そもそも睡眠障害と言うと不眠症といった全く眠れないイメージがありますが、それだけではなく入眠することが困難になる、折角寝付いたのに夜中に目が覚めてしまう、早朝に目が覚めてしまいそのまま寝付くことが出来ずに朝を迎えてしまうなど、多岐に渡ります。
そのため自分の症状はどのようなものか、一口に「自分は不眠症だ、睡眠障害だ」と言わずにどんな症状なのかを自分なりに分析する必要があります。

睡眠障害は、そのそれぞれの症状にあった睡眠薬を飲まないと症状を抑えることはできません。
睡眠障害には睡眠導入剤といった服用直後に急速に眠くなるタイプ、夜間や早朝に不必要に目が覚めないように徐々に一定の間隔で眠くなる長時間タイプなど、様々な症状に合わせた睡眠薬が発売されています。
また、薬の強さも精神安定剤に近いごく弱い物から麻酔前に服用するような強い物もあります。
症状によって強さや効果持続時間を厳選する必要があります。
特に入眠に時間がかかるタイプには睡眠導入剤と呼ばれるものがファーストチョイスとして処方される場合がほとんどです。

睡眠導入剤の場合は本当にすぐに効果が現れますので、寝る直前に服用することが大切です。
また持続性は無いため翌朝まで効果が残ってしまうというリスクもありません。
長時間タイプのものはその効果の持続時間が広範囲に渡りますが、それに合わせて効果時間も様々な薬が発売されていますので、自分のライフスタイルに合わせたものを服用しましょう。

前述した通り、睡眠障害の症状は人それぞれです。
また、ストレス社会である現代では誰しもが罹る可能性がある大変身近な病気でもあります。
万が一睡眠障害を発症してしまった場合には、自分の症状やライフスタイルに合った睡眠薬を選ぶようにしましょう。また、周囲に睡眠障害を発症している人がいる場合はその症状が治まるまで無知なことを言ったりせず、優しく気長に付き合うようにしましょう。
すぐに治るような病気ではありませんが、周囲の理解と温かい支えは症状を改善させる大きな手助けとなります。
睡眠障害は決して一人で抱え込むような悲しい病気ではありません。
2020/10/20
睡眠薬のリスクも頭に入れておく
睡眠薬の多くは服用後30分から1時間程度で成分の血中濃度とても高まります。
そのタイミング逃してしまえば、結局寝つき悪くて、睡眠薬の効果得られなくなるケースがあります。
そして、血中濃度高まりは個人差ありますが、より速いタイミングで上がってしまうこともあります。
服用後にも活動してれば、軽い意識障害などが出てきて、転倒などリスクが高まります。

そして、睡眠薬は記憶障害が副作用で出たりして、服用後の活動の記憶がなくなってしまう問題も出かねないです。
なので、効果得るためには、こうしたトラブル避けるため就寝直前に服用してすぐ横になりましょう。
そして、就寝は大事なのですが、仮眠前、日常生活での就寝時間と異なるタイミングで服用しても望ましくないです。

仮眠前飲んだ時は、目覚めた後にも眠気残ることもあってとても危険で、通常23時に就寝される人が20時飲んだとしても、本来の体のリズムと事案るタイミングで無理やり入眠させることになりますから、眠気感じるもののねつけないといった状況になりかねないです。
そして、よく寝たいといった理由で用量を増やしたり追加したりしてはいけません。血中濃度の急激な高まりや薬によっては呼吸抑制を引き起こし死亡してしまうこともあります。
そうでなくても記憶障害が強く出てきて危険です。追加で飲むことで血中濃度高いまま維持されて、翌朝睡眠薬の影響がのこってしまうケースがあります。
さらに睡眠薬の一部は精神依存症などリスクもあり、一度量を増やせば減薬難しかったりします。睡眠薬は依存症があり、急に服用止めれば、かえって不眠症状出たり、不安つよくなってしまうことが起きたりします。
そして、薬減らしたいとき、心配事あれば、自分で判断するのでなく遠慮なく医師に相談して下さい。

また、睡眠薬の副作用気になれば、作用の穏やかな漢方薬を取り入れる方法があります。
即効性については西洋薬に劣りますが、体質改善され、体への負担少なく自然な形の睡眠改善効果を期待できます。
漢方薬は寝れない時飲むのでなく朝昼夜、定期的にしっかり飲むことが大事です。
しっかりのみ体の不調改善して眠りのサイクル取り戻し、不眠解消していきます。
症状により体質改善、即効性同時に得るため漢方薬、西洋薬の併用必要なこともおります。

漢方薬は市販されてるのがありますが、飲む種類など医師と相談して治療を進めていきましょう。
そして、漢方医学の考えについて、気の流れ滞り寝れない時、気の流れスムーズにする漢方薬、イライラして寝れない時は気分落ち着かせる漢方など不眠おこしてる原因に対して処方されます。
そして、精神的依存は寝れない恐怖から睡眠薬服用しないことが考えられないようになって、不安を感じて服薬してしまいます。
身体的依存は一部の睡眠薬の効能が脳神経に作用して、常に神経刺激続ければ、その状況が普通となって、やがて同じ量では効果弱まることから服薬止められなくなることを指します。

身体的依存状態になれば、今までの量で効果弱くて、1回用量が増え、服薬頻度が増します。
この状況で怖いのは副作用です。食欲不振や頭痛などあります。
依存を伏せずには必ず気絵mられた量を服薬しましょう。医師、薬剤師から薬もらうとき、ほかに飲んでる薬などあれば、その情報をしっかり伝えて、飲み合わせを確認してもらいましょう。

睡眠薬は飲み合わせの悪い薬剤が多くあって、飲み合わせの相性が悪いと予想してた効果増減してしまうケースがあります。
そして、睡眠薬は急激に服薬中止すれば、以前より症状悪化してしまいます。
自己判断での中止しないで、医師の指示を仰いで下さい。
中止するなら、通常徐々に量減らす方法が取られ、1~2週間かけ睡眠状況チェックして量を減らしましょう。
そして、睡眠剤の効果見られるのは大体服用後30~60分後となります。

はやくきいてもらいたいと何時間も前に飲んでしまっても自分が寝たい時間より薬きくピーク速く来てしまって、眠れないことがあります。
睡眠剤飲んで、動いてれば、せっかく効き目出てきても眠気が飛んでしまいます。
テレビなど見ないで、飲んだら横になってください。
そして自分本来の生活パターンを考えて、いつも寝る時間にあわせ睡眠剤の見ましょう。
きかないといって一度にたくさん飲んだりするのは避けて下さい。ふらつき出たり、次の日ひどく眠気残ったりします。
飲んで1~2時間がこうかよく出る時間であり、その時間まで効き目出るの待って下さい。
そしてお酒一緒に飲めばふらつきなど出てしまうことがあります。
かえってな無理も浅くなって睡眠の質が悪くなります。
お酒はかなり依存性が強くて、睡眠剤のかわりに使えば、癖になってどんどん量が増えていきます。
コーヒーに含まれるカフェイン、たばこに含まれてるニコチンは脳にとって刺激物で眠り妨げる効果があります。
夕方以降お茶などは控えてください。
2020/10/19
睡眠薬で快眠を目指す
誰にとっても大切なことが、毎日の睡眠です。
もし、睡眠時間がかなり短ければ、身体に大きな悪影響を及ぼし、病気を招く可能性が高まります。
そのため、私たちにとって非常に重要なのが睡眠です。
しかし、中にはなかなか眠ることができず、毎日の睡眠が快適でないという人や、疲れているにもかかわらず、眠るまでにかなりの時間がかかるという人も少なくありません。
その場合、睡眠薬の力に頼ってみるのもおすすめです。
睡眠薬を摂取することでぐっすりと眠れる可能性が高まるため、なかなか眠りにつけない人であれば、試してみる価値があるでしょう。

やはり、睡眠をしっかりと取らなければ疲れを取り除くことが難しいですし、身体のことを考えても悪影響が非常に多いです。
そのために、そのようなことがないように、睡眠薬を飲んで快眠となるようにするのも方法になります。
睡眠時間は私たちの健康にかなり大切なので、1日に7時間は睡眠を取れるようにするのが理想です。
できるだけ日付が変わるころには睡眠を取るようにし、翌朝7時には起床できるようにしてください。
毎日の規則正しい生活こそが生活バランスを改善させ、快眠へとつながるのです。その結果、仕事がうまくいくようになったり、身体の快調へとつながっていきます。

もし、睡眠時間について悩んでいるのであれば、睡眠薬を摂取し、快眠となるようにしてみてはいかがでしょうか?
睡眠時間が1日3時間前後しかないという方も少なからずいますが、それだと身体に良くありません。
そのために、最低でも5時間以上は睡眠に充てられるようにしてください。
多くの人たちが経験する睡眠不足ですが、そのような睡眠不足で悩んでいるときには睡眠薬を活用することにより、悩みを解決できる可能性が高いです。
やはり、人間にとって大きな役割を果たす睡眠なので、寝ないというのはデメリットが大きいのです。
しっかりと眠れるように、睡眠薬を使って快眠となるようにしましょう。

そうすることで、身体に良い効果をもたらすでしょう。いくら仕事が忙しくて徹夜が続いたとしても、睡眠時間を削るというのはリスクが高いのです。
そこで、睡眠時間をちゃんと確保できるように、睡眠薬を飲んでぐっすりと眠れるようにしてください。
寝不足の人に多いのが、目の下にくまを作り、それが他の人にわかってしまうことです。
目の下にくまがあると表情が暗く見えるなど、何かとマイナスなことが多くあります。
第一印象を悪くしてしまうことも考えられるために、そのようなことがないように、十分に睡眠を取ることが必要です。

もちろん、寝すぎるのは良くありませんが、それでも寝ないよりはマシです。
理想として1日に7時間の睡眠を取り、眠れない場合は睡眠薬を摂取してください。
そうすることで、あなたに良い影響をもたらしてくれる可能性が高くなるのです。
不眠障害という言葉もあるように、悩み、心配事があって眠るのが難しいケースもありますが、その場合も睡眠薬を摂取することで、悩みを解決できるかもしれません。
睡眠のことで悩んでいるのはあなただけではありませんし、睡眠薬に頼ってみるのも方法です。
しっかりと眠ることができれば気持ちの面でも全然違い、さらには、身体も楽になります。
睡眠時間が少なければその分だけ身体に負担をかけてしまうのです。

病気の予防にもつながるのが睡眠のため、毎日しっかりと眠るというのは非常に大切です。
あまり無理をせずに、十分な睡眠を取れるようにするのがベストでしょう。
中には、自分は寝なくても平気という方もいるでしょうが、若いころはそれで平気でも、年齢を重ねてくると悪影響が出てくる確率が高いです。
そのこともあり、睡眠時間を削らず、毎日ちゃんと7時間寝るのが理想です。
そのほうが脳にとっても良いため、勉強や仕事が捗ります。
やる気のアップにもなるために、日々の睡眠はとても大事です。
あなたが睡眠不足で悩んでいる場合、睡眠薬を摂取し、快適に眠れるようにしてはいかがでしょうか。
世の中にまったく寝ない人は存在しないため、いくら寝るのは嫌でも必ず睡眠を取る必要性があります。

しかし、眠れなくて悩んでいる人も大勢います。
そこで、睡眠薬を飲んでその悩みを解決できるようにしてください。
寝ることで気持ちがリラックスできたり、身体の疲れを取り除くことができたりと、何かとメリットがあります。
あなたが疲れやすい体質なのは、それは日頃の睡眠に問題があるのかもしれません。
なので、睡眠の質を向上させ、疲れが取れやすい体質にすることが大切です。
睡眠薬を使うことで、そのような疲れが取れやすい体質になることも考えられるために、使ってみる価値があります。
毎日たっぷりと眠れるように、あなたも睡眠薬を有効的に活用してみましょう。
毎日7時間眠れるように、睡眠薬を摂取し、快眠を目指してください。人間にとって睡眠はかなり大きな役割を果たすのです。
2020/10/14
睡眠薬の効果や睡眠と健康の関係
睡眠薬を使う目的はなかなか寝られなくて困っているときに眠れるようにするためで、睡眠導入剤と睡眠改善薬の2種類があります。
市販されている睡眠薬は睡眠改善薬のほうになり、睡眠導入剤は病院で処方をしてもらうことが必要です。
睡眠導入剤は作用する時間によって種類があり、超短時間作用型はすぐに寝れるようになりますが効果が出る時間は非常に短いです。
短時間や長時間になるとベンゾジアゼピン系になり、効果が出る時間が長くなります。
超短時間作用型は非ベンゾジアゼピン系で、マイスリーなどが該当し睡眠導入のために使われることが特徴です。
短時間作用型はデパス、中間作用型はサイレースがあり、効く時間が長くて作用が強くなっています。
ベンゾジアゼピン系は分子構造がベンゾジアゼピン骨格と呼ばれ、脳のベンゾジアゼピン受容体と結合して作用をする仕組みです。
脳内には抑制性の神経伝達物質であるGABAがあり、その働きを助けて落ち着いて眠れるようになります。

一方の非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン骨格がなく、ω1受容体のみに作用するためややマイルドで筋弛緩作用などになりにくいです。
以前の睡眠薬はバルビツール酸系が多く用いられてきましたが、現在では安全性が高いベンゾジアゼピン系または非ベンゾジアゼピン系が使われるようになっています。
超短時間作用のマイスリーは主成分としてゾルピデムが含まれ、寝付きが悪く入眠障害がある人向けで服用して15分から20分程度で効果を出せ依存性も少なく安全性が高いです。
短時間作用型のレンドルミンはブロチゾラムを主成分とし、ベンゾジアゼピン系で服用して15分から30分で眠気が出始めて効果と安全性の高さのバランスがあります。ハルシオンはマイスリーと同じく超短時間作用型ですが、トリアゾラムを主成分として使っています。
ただし、依存性が高くなるため、マイスリーと比べるとあまり使われていないことが特徴です。

服用の仕方は単剤で飲むことが多いですが、複数の睡眠障害があれば複数の種類を同時に内服することもあります。
また、医師の処方をした容量を守っていれば毎日飲んでも大丈夫ですが、自己判断をしたり市販のものを続けて服用しないようにすることが大事です。
不眠症で悩んでいるときは薬以外に睡眠サプリメントもあり、タイプ別にケアできて安心して使えます。
効果は抗不安薬や精神安定剤としての作用を併せ持つものも多く、不安を和らげて精神を安定させることができます。
睡眠薬を服用するときは効果が出ない場合には種類や量を増やしても逆効果になり、医師と相談してから指示されたとおりにする必要があります。
また、睡眠薬の効果がまったく出ないときは医師と相談し、同じ作用や効果の薬を併用すると耐性が形成されるためよく考えることが大事です。
お酒と一緒に飲む方法はお互いの作用を増強するため睡眠にはマイナスになり、眠りが浅くなったり利尿作用があって何度も起きることになります。
また、薬が効いて眠れるようになった場合は途中で辞めるtリバウンドが起き、急に眠れなくなるため注意が必要です。

睡眠は不足したり質が低くなると生活習慣病になりやすく、しないように注意する必要があります。
生活習慣病は高血圧や糖尿病、動脈硬化などがあり、睡眠障害があればなりやすく避けるようにすることが大事です。
睡眠は時間が長ければ必ずしも健康になれるわけでなく、質を高めるようにしないと逆効果になります。
睡眠のメカニズムは深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を繰り返し、基本的に一晩でそれぞれ4~5回繰り返す仕組みです。
レム睡眠は脳が活動しているため夢を見ているため、寝入ってからノンレム睡眠までの時間を短くすれば脳や体を休ませることができます。

成長ホルモンは寝入ってから2~3時間後に分泌され、成長を促進させることだけでなく細胞の修復や疲労回復にも役立っていることが特徴です。
ターンオーバーは成長ホルモンによって行われますが、明け方になるとコルチゾールに代わり体内の脂肪をエネルギーに変えて体が目覚めます。
このため、睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されず、逆にコルチゾールの分泌が高くなり肌のコンディションが良くないと感じやすくなる仕組みです。
人間には体内時計があり1日の24時間とズレているため、睡眠にも影響が出ると言われています。
このため、きちんとリセットできるよう朝起きたら太陽の光を浴び親時計を目覚めさせ、朝食を摂って体の奥深くにある子時計を目覚めさせることが大事です。
その後は、睡眠や入浴、食事などを計画的に行い、1日のリズムを作るようにすると効果があります。
食事は就寝の3時間前に済ませるようにすると胃腸を休めてから寝入ることができ、体を温めるようにすると効果的です。
入浴はシャワーで済ませずに40度程度のぬるま湯にゆっくり浸かり、リラックスした状態にすると寝付きが良くなって健康な体を作れます。

睡眠薬のレビュー ★★★★★ (145)